>> 内定者おすすめの就活支援サービス15選 <<

【これで安心】エントリーシート「ゼミ名」の書き方,例文 | 所属してない人はどうする?(履歴書)

【これで安心】エントリーシート「ゼミ名」の書き方,例文 _ 所属してない人はどうする?(履歴書)

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事で分かること
  • 「ゼミ名」を書くポイントは、相手に伝わりやすい内容を書く
  • 「ゼミ名」に所属してない人は、ゼミに入らなかった理由を考えておこう
  • 「ゼミ名」は、教授の名前or研究概要どっちを書けばいい?
  • 「ゼミ名」が就活で重要になる場合3パターン

 

皆さんこんにちは、「就活の教科書」編集部の森山です。

この記事では、エントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」の書き方について解説します。

就活生のみなさんは、エントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」欄を書いてるときに困った経験はありませんか?

「就活の教科書」編集部 森山

就活生くん

僕は、エントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」の書き方が分からず困っています。

エントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」ってどうやって書いたらいいのでしょうか?

就活生ちゃん

私は、ゼミに所属していません。

エントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」に何を書いたらいいのか困っています・・・

エントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」欄の書き方って、難しいですよね。

どんな内容をエントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」に書けばいいか分からずに悩む就活生も多いです。

「就活の教科書」編集部 森山

 

そこでこの記事では、エントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」の書き方を例文と一緒に解説します。

また、エントリーシート(履歴書)に「ゼミ名」を書くときの注意点やゼミに所属していない就活生の書き方についても解説します。

さらに、ゼミ名の欄には「教授の名前or研究概要」どちらを書いたらいいのかも解説していきます。

この記事を読めば、「エントリーシート(履歴書)のゼミ名の欄の書き方がわからない・・・」と悩むこともなくなります。

「エントリーシート(履歴書)のゼミ名の欄を完璧に仕上げたい!」そんな就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

目次

 

エントリーシート(履歴書)の「ゼミ欄」の書き方と例文

就活生くん

エントリーシート(履歴書)の「ゼミ欄」に何を書いたらいいの分かりません・・・。

他のみんなは「ゼミ欄」をどうやって書いているのかな?

エントリーシート(履歴書)の「ゼミ欄」に何を書いたらいいの分からない就活生は意外に多く間違った書き方をしている人もいます。

「ゼミ欄」の書き方を間違えないためにも、正しい書き方を知る必要があります。

「就活の教科書」編集部 森山

 

「ゼミ欄」には、ゼミの研究テーマとゼミでの概要を1~2行程度で書きましょう。

エントリーシート(履歴書)の「ゼミ欄」は枠がコンパクトなため、採用担当者にあなたのゼミ活動を簡潔にまとめて伝えなければなりません。

だらだらと、細かい字で研究の専門用語やゼミでの課題を書いても読みにくくなるだけです。

エントリーシート(履歴書)の「ゼミ欄」はテーマと概要を書いて簡潔に仕上げましょう。

簡潔に書けば採用担当者にも伝わりやすいので、以下の例文を参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 森山

【例文】テーマ:中小企業がもたらす日本の産業の恩恵

日本の経済を支えている中小企業の人手不足など多くの課題を考察して、僕たち学生にしかできない形で企業が抱える課題を解決する活動を行っていました。

また、エントリーシートのガクチカでのゼミ活動の書き方について詳しく書かれた記事を以下に載せておくので、ガクチカでゼミについて書きたいという就活生は参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 森山

 

エントリーシート(履歴書)の「ゼミ欄」を書くときの3つのポイント

就活生くん

エントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」の書き方が分かりません。

「ゼミ名」の欄を書く時のポイントがあれば教えてほしいです。

初めは、エントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」欄に何から書いたらいいか分からないことだらけですよね。

早速、エントリーシート(履歴書)に「ゼミ名」のことを書くときに抑えてほしいポイントを以下のリストにまとめますね。

「就活の教科書」編集部 森山

ESにゼミを書く時のポイント
  • ポイント①:相手に伝わりやすい内容を書く
  • ポイント②:仕事に活かせそうな内容を書く
  • ポイント③:ゼミの活動を通して学んだことを書く

それでは、エントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」を書くときの3つのポイントをそれぞれ説明しますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ポイント①:相手に伝わりやすい内容を書く

エントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」を書くときのポイント1つ目は「相手に伝わりやすい内容を書く」です。

「ゼミ名」の欄は、なるべく分かりやすい表現を使って書きましょう。

エントリーシート(履歴書)に「ゼミ名」の活動のことを書いていると、自分でも気づかないうち専門用語が多くなりがちだからです。

エントリーシート(履歴書)のゼミ欄は、あなたの知識を披露する項目ではありません。

採用担当者にストレスなく読んでもらえるよう、伝わりやすい表現を心がけましょう。

エントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」が採用担当者にとって読みにくい文章だと、印象が悪くなるので気をつけましょうね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ポイント②:仕事に活かせそうな内容を書く

エントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」を書くときのポイント2つ目は「仕事に活かせそうな内容を書く」です。

ゼミでの活動が、仕事に活かせることを書きましょう。

企業が就活生に求めているのは、「仕事で活躍できるか」「企業に貢献できるか」を求めています。

ゼミの活動で素晴らしい実績があったとしても、それが仕事に活かせそうにないと判断されると、企業の選考を通過するのは難しくなります。

自分のゼミでの活動内容と仕事との共通点を探して、仕事に活かせそうな内容を心掛けてください。

エントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」欄でのアピールは、最終的にすべて仕事に繋がります。

企業の仕事とゼミの活動をリンクさせてアピールしましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ポイント③:ゼミの活動を通して学んだことを書く

エントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」を書くときのポイント3つ目は「ゼミの活動を通して学んだことを書く」です。

ゼミの活動から、あなたが何を得たのかを明確にして書きましょう。

エントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」から採用担当者の高評価を獲得するには、ゼミ活動でどのような研究をしていたのかだけではなく、あなたがゼミの活動から何を得たのかが大切です。

ゼミの活動を通して、「協調性を学んだ」「諦めずに挑戦することの大切さを知った」などといった、活動を通して学んだことを分かりやすくエントリーシート(履歴書)に書きましょう。

ゼミの概要は簡単に済ませて、あなたがゼミの取り組みから得たものを重視してエントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」欄でアピールしましょう。

ゼミでの取り組みを伝えるだけでは、良いアピールにならないので注意しましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

エントリーシート(履歴書)の「ゼミ欄」を書くときに注意すべき3つのこと

就活生くん

早速エントリーシート(履歴書)を書いてみようと思います。

エントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」を書くときに注意した方がいいことってありますか?

それでは、最後にエントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」を書くときの注意点を紹介しますね。

注意点は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 森山

ES「ゼミ名」を書く時の注意点
  • 注意点①:専門的なことを書きすぎる
  • 注意点②:取り組んだことだけを伝える
  • 注意点③:嘘の活動内容を書く

エントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」を書くときに注意すべき3つのことをそれぞれ説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

注意点①:専門的なことを書きすぎる

エントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」を書くときの注意点1つ目は、「専門的なことを書きすぎる」です。

研究内容に登場するような難しそうな専門的な用語を書いても、採用担当者には伝わりません

あなたは、日頃からゼミで専門用語を聞き慣れているかもしれませんが、研究などで使用される用語はほとんどの人が理解できません。

エントリーシート(履歴書)に専門的な事ばかり書かれていたら、採用担当者は読む気を無くしてしまいます

そのため、内容を理解しやすい言葉に置き換えるなどを意識して、専門的なことを書きすぎないことを心掛けましょう。

日頃から、ゼミの活動を友達に伝わりやすいように、工夫して話すといいかもしれませんね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

注意点②:取り組んだことだけを伝える

エントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」を書くときの注意点2つ目は、「取り組んだことだけを伝える」です。

採用担当者は、エントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」欄から、学生の専門性や取り組みを知りたいわけではありません。

何度も説明したように、人柄や人間性を把握して企業とマッチしているのかを判断したいのです。

エントリーシート(履歴書)は学会や取り組みの発表の場ではないので、ゼミでの取り組みだけが書いてあると採用担当者は「だからなに?」と感じてしまいます

エントリーシート(履歴書)「ゼミ名」欄は、ゼミでの取り組みが企業の聞きたいことではないので、何が問われているのか質問の意図を考えてエントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」を書き上げましょう。

エントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」欄は、取り組みを書いただけで満足してしまう就活生が多いので気をつけましょう。

履歴書に関して不安が残っている人は、履歴書添削サービスが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

注意点③:嘘の活動内容を書く

エントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」を書くときの注意点3つ目は、「嘘の活動内容を書く」です。

自分を良く見せようと思いゼミの活動内容をや実績を盛って書いても、簡単にバレるのでやめましょう。

最近は、ゼミの活動報告をインターネットに掲載しているゼミも多く、採用担当者が調べればすぐにバレてしまいそのまま選考に落ちてしまいます。

エントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」は活動を通してなにを学んだのかが重要ですので、エントリーシート(履歴書)に嘘をついてまで書く必要は一切ありません

仮に嘘を書いてバレなかったとしても、面接でゼミのことを聞かれ深堀りされたら簡単にバレます。

ゼミの内容は嘘を書かずに正々堂々と書いて、エントリーシート(履歴書)を提出しましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ゼミ名の欄には「教授の名前or研究概要」どちらを書くのが正解?

就活生ちゃん

エントリーシートにある「ゼミ名」の欄で、教授の名前を記入するかゼミの概要を記入するか悩んでいます…

一体どっちを書くのがゼミ名の正しい書き方なのかな?

ズバリ、結論から伝えます!

実は、教授の名前・研究概要どちらで書いても問題ありません。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ゼミ名には、「教授の名前or研究概要」どちらを記入しても問題ありません

採用担当者は、ゼミ名の欄からあなたがゼミに所属していたかが知りたいだけなのです。

ゼミで学んでいた内容自体が評価に関わることはありません。

そのため、ゼミ名に悩んだら迷わず「教授名・研究概要」好きな方を記入しましょう。

理系の学生で、所属ゼミの教授が有名な先生であればアピール材料になります。

教授が有名な場合は、教授の名前を書くと高評価に繋がるきっかけになりますよ。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ゼミに所属していない就活生の「ゼミ欄」の3つの書き方

就活生ちゃん

私は、部活動やアルバイトが忙しくてゼミに所属しませんでした。

やっぱり、ゼミに所属していない人は就職活動で不利になりますか・・・?

ゼミに入っていないと就職活動で不利になってしまうかと不安になってしまいますよね。

ですが、実はゼミに所属していなくても就活で不利になることはありません。

「就活の教科書」編集部 森山

ゼミに入っていないことであなたの就職活動が不利になるようなことはありません。

エントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」についての項目があるので、就活における「ゼミ名」の重要度は気になると思います。

「ゼミに入っていない私は他の人よりも不利になるのでは?」と不安になる人も少なくないでしょう。

ですが、ゼミはアピールのあなたのことを判断する1つの指標にはなりますが、ゼミに所属していても企業はあまり気にしていません。

大切なのはあなたが「どう取り組んだのか」ということです。

取り組みの工夫や努力、熱意を伝えられれば、ゼミの話である必要はないのです。

では、ゼミに所属していない就活生がゼミ欄に何を書いたらいいのかを紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 森山

「ゼミ名」に所属していない人の書き方
  • 書き方①:ゼミ以外の時間に費やしたことをアピールする
  • 書き方②:空欄ではなく何かを書きアピールする
  • 書き方③:ゼミに入らなかった理由を答えられるようにしておく

それでは、ゼミに所属していない就活生の「ゼミ欄」の書き方をそれぞれ解説しますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

書き方①:ゼミ以外の時間に費やしたことをアピールする

ゼミに所属していない就活生の書き方1つ目は、「ゼミ以外の時間に費やしたことをアピールする」です。

ゼミ活動に匹敵するような理由をエントリーシート(履歴書)に書けば採用担当者も納得するので、良い印象を与えることができます。

「部活で全国大会を目指し練習に精一杯取り組んだ」「インターンシップに行き自分のスキルアップを目指した」などの、学生時代に真摯に取り組んだ内容をエントリーシート(履歴書)に「ゼミ名」欄に書きましょう。

ゼミに入っていなかった時間をどのように使ったか、そこでどのような活動を行ったかについて説明できれば、ゼミに入っていなかった理由として説得力が生まれます。

ゼミ以外の時間に費やしたことを上手くアピールできれば、採用担当者に好意的な印象を持ってもらえます。

「就活の教科書」編集部 森山

 

書き方②:空欄ではなく何かを書きアピールする

ゼミに所属していない就活生の書き方2つ目は、「空欄ではなく何かを書きアピールする」です。

「ゼミに所属していない学生は記入しなくてもよい」などの但し書きがないのであれば、空欄ではなく何か書きましょう。

エントリーシート(履歴書)に空欄があると、企業に対しての志望度が低いと思われてしまっても仕方がありません。

できる限り、「留学にいっておりゼミに入れなかったが、その分留学に真面目に取り組んだ」など「ゼミ名」という内容に関連するようなことを書きましょう。

採用担当者はエントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」から、学生時代の経験からその就活生の人柄を知りたいのです。

ゼミに所属していないなら、ゼミに関連することをを書いて採用担当者に上手くアピールしましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

書き方③:ゼミに入らなかった理由を答えられるようにしておく

ゼミに所属していない就活生の書き方3つ目は、「ゼミに入らなかった理由を答えられるようにしておく」です。

あなたがなぜゼミに入らなかった理由を採用担当者にアピールできるようにしておきましょう。

「ゼミは忙しそうだから」では、採用担当者の印象はよくないし、アピールにもなりません。

例えば、「学校と自宅が遠くゼミには所属していませんが、部活ではこういう目的意識を持って取り組んでいます」などプラスになる言葉が出てくるか出てこないかで、あなたの印象は変わります

なぜゼミに入らなかったのかを考えて、自分の印象が良くなるような理由を用意しておきましょう。

企業も大学生が全員ゼミに入っているとは思っていません。

ゼミに入っていないなら、その分アピールできる理由を用意しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ちなみに、ゼミ欄以外にもエントリーシート(履歴書)(ES)の書き方が分からないと悩む就活生のために、以下の記事でESの書き方を解説しています。

就活生が実際に使用していたESも例として載っているので、合わせて参考にしてくださいね。

 

【番外編】:就活でゼミが重要になってくる場合

ゼミに所属していないことが不利になることはありませんが、ゼミが就活で重要になってくることもあります。

「就活の教科書」編集部 森山

ゼミが重要になる場合
  • ケース①:理系学生の場合
  • ケース②:選考でグループワークやプレゼンをする場合
  • ケース③:OB・OG訪問をする場合

それでは、ぞれぞれ説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ケース①:理系学生の場合

就活でゼミが重要になってくるケースの1つ目は、「理系学生の場合」です。

企業により専門職を志望する場合、入社時にある程度の知識や技術が必須とされることがあります。

その場合はエントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」欄に、採用担当者にゼミの活動の詳細をしっかりと伝えなければなりません

「ゼミの活動でどんな知識やスキルを習得したのか」「ゼミの活動でこんな研究をして実績を残した」という具体性がある内容が望ましいでしょう。

理系学生は、自分のの専門分野をそのまま仕事として働きたい場合は、ゼミでの研究が選考における判断材料になることがあることを把握しておきましょう。

機械や薬品などの専門的な仕事を志望する場合は、ゼミの活動内容を全面的に書きましょう。

また、就活での理系学生の強みは他にも多くあります。

以下の記事では、 理系の強みを活かす方法について分かるので理系学生の人は、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

ケース②:選考でグループワークやプレゼンをする場合

就活でゼミが重要になってくるケースの2つ目は、「選考でグループワークやプレゼンをする場合」です。

数ある選考方法の中には、面接官に向けてある商品をプレゼンするといったものもあります。

この場合には、ゼミに所属している学生なら必ず経験しているグループワークやプレゼンテーションが活かせます。

学生の「発言力」「説得力」に関する能力に注目する企業では、ゼミで学んだことが重要になるでしょう。

ディスカッションにおける発言力、説得力、コミュニケーション力などは社会人になったときに存分に活かせます。

「就活の教科書」編集部 森山

 

また、グループディスカッションで上手く話せない人や、いまいちコツが掴めていない人は少なくないと思います。

以下の記事で、グループディスカッションを克服したい人に向けての記事を紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ケース③:OB・OG訪問をする場合

就活でゼミが重要になってくるケースの3つ目は、「OB・OG訪問をする場合」です。

ゼミに入っているとOB・OGの方との繋がりがあることがあります。

エントリーシート(履歴書)を添削してほしいときには、添削をOB・OGの方にお願いすることもあります。

場合によっては、ゼミのOB・OGの方が社内選考を有利に進めてくれることもあります。

そのため、ゼミに入ればOB・OGの方のおかげで就職が有利になる場合もあるのです。

OB・OGの方が社内選考を有利に進めてくれるなんて、夢のような話ですよね!

もちろん、ゼミに入ってなくてもOB・OG訪問をする方法はたくさんあります。

以下の記事で「OB・OG訪問のやり方」「OB訪問に使えるおすすめアプリ」などを紹介しています。

OB・OG訪問に悩みがある就活生は、ぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

エントリーシートの通過率を上げるために、内定者のESを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

エントリーシートを上手に書くコツってあるんですか?

エントリーシートを上手く書くなら、合格した内定者のESを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にしてESを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

エントリーシートを書く前に、自分の強みを理解しよう

就活生くん

内定者のエントリーシートを参考にしてみたけど、自分の強みがいまいちわかりません・・・

どうやればエントリーシートにも書ける自分の強みを見つけられるのかな。

自分の強みを見つける最も効率的なやり方は、自己分析診断をすることです。

キミスカ適性検査」では、統計データをもとに性格の傾向や職務適性など9つの観点からあなたの強みを分析できます。

人事さん

たった5分で診断できるので、強みを見つけたい人は試してみてくださいね。

人事さん

>> キミスカ適性検査で強みを診断してみる

 
メモ

ちなみに、自分の強みをエントリーシートに活かして突破率をあげたいなら、複数の自己分析診断で精度の高い分析結果がわかります。

たとえば「適性診断AnalyzeU+」「適性検査GPS」を使って、強みを武器にしたエントリーシートを書いてみましょう。

 

エントリーシートを書いてみた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

このエントリーシートで本当に選考通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事にエントリーシートを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

また、ガクチカは人事が注目するポイントですが、志望動機や自己PRなども回答によって評価が大きくわかれます。

特に自己PRを作る際は、自分の性格・特性を理解した上でアピールしなければなりません。

そこで就活の教科書公式LINEでは参加者限定特典として5問の設問からあなたの性格・特性を診断できる動物診断を無料で用意しています。

自分の性格・特性を理解して人事に刺さる自己PRを作りたい就活生は、ぜひ動物診断を利用してみてくださいね。

>> 「動物診断」を試してみる

 

まとめ:エントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」は、あなたの強みを書こう!

この記事の、「【入っていないと不利なの?】ESの「ゼミ名」の書き方 | 所属していない人の書き方も」はいかがだったでしょうか?

このページでは、エントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」の書くときのポイントを解説しました。

合わせて、ゼミに所属してない人の書き方や、エントリーシート(履歴書)に「ゼミ名」を書くときの注意点も解説しました。

「就活の教科書」編集部 森山

 

この記事で学んだことを以下でまとめます。

この記事のまとめ

◆ゼミに所属していなくても就活で不利にはならない

 

◆エントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」を書くときの3つのポイント

  • ポイント①:相手に伝わりやすい内容を書く
  • ポイント②:仕事に活かせそうな内容を書く
  • ポイント③:ゼミの活動を通して学んだことを書く

 

◆ゼミの欄には「教授の名前or研究概要」どちらを書くのが正解?

 

◆ゼミに所属していない就活生の3つの書き方

  • 書き方①:ゼミ以外の時間に費やしたことをアピールする
  • 書き方②:空欄ではなく何かを書きアピールする
  • 書き方③:ゼミに入らなかった理由を答えられるようにしておく

 

◆エントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」を書くときに注意すべき3つのこと

  • 注意点①:専門的なことを書きすぎる
  • 注意点②:取り組んだことだけを伝える
  • 注意点③:嘘の活動内容を書く

 

◆【番外編】:就活でゼミが重要になってくる場合

  • ケース①:理系学生の場合
  • ケース②:選考でグループワークやプレゼンをする場合
  • ケース③:OB・OG訪問をする場合

 

◆まとめ:エントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」は、あなたの強みを書こう!

 

エントリーシート(履歴書)の「ゼミ名」は、あなたの強みをアピールできる良い機会です。

ゼミの活動から学んだ内容を基にして、あなたの強みを書き出して選考を上手く進めていきましょう!

また、就活において、ゼミはアピールの手段での1つなのでゼミに入っていなくても不利になることはありません。

スキルを身につけたり、資格を取得したり、大学では「ゼミ名」以外で頑張れることはいくらでもあります。

ゼミに所属していなくても、ゼミに匹敵するような経験で、あなたの強みをアピールしていきましょう。

「就活の教科書」編集部 森山