【学歴フィルターはある?】Googleの採用大学ランキング|就職難易度,倍率も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事からわかること
  • Googleの採用は非常に倍率が高い
  • Googleの採用大学/学歴一覧
  • Googleに学歴フィルターは存在しない
  • Googleの選考対策は「リーダーシップを発揮した」などの経験をアピール
  • Googleの選考フロー
  • 「IT業界の優良企業に就職したい!」という就活生は、レバテックルーキーを使うのが一番おすすめ

みなさんこんにちは!「就活の教科書」編集部の井上です!

本記事では、Googleの採用大学や学歴フィルターについて紹介していきます!

就活生の皆さん中には、「Googleには学歴フィルターはあるの?」「Googleに採用されるためにはどうしたらいいの?」など様々な疑問があるのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 井上

就活生くん

僕はGoogleに興味があるのですが、何から始めたらよいでしょうか?

就活生ちゃん

私はGoogleの採用大学が気になっています。学歴フィルターはあるのでしょうか?

たしかに、Googleの選考はどのように行われているのか?学歴フィルターは存在するのか?気になりますよね!

「就活の教科書」編集部 井上

そこでこの記事では、Googleの採用大学と就職難易度を紹介していきます。

合わせて、Googleの選考フローや学歴フィルターについても答えていきます。

この記事を読めば、Google選考対策法や、Googleの採用大学一覧がわかります。

Googleに採用されるのって難しいの?」「Googleに就職したいけど、自分の学校から行けるの?」などの疑問や不安を持っている就活生は、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください!

 

「IT業界に就職したいけど、ブラック企業は避けたい…」という方は、レバテックルーキーを使うのが一番おすすめです。

「レバテックルーキー」を使うと、大手~ベンチャーの隠れ優良IT企業を紹介してもらえるので、学歴に自信が無くてもホワイトIT企業に出会えます。

また、IT企業の選考に特化したES添削・面接対策をしてもらえるため、選考でかなり有利になりますよ。

就活アドバイザー 京香

>> 「レバテックルーキー」を見てみる

 

【ざっくり解説】Googleの採用について

就活生ちゃん

私はGoogleの仕事に興味があります。Googleの採用について知りたいです!

就活生くん

Googleはとても有名な企業ですが、やっぱり採用倍率は高いんでしょうか??

たしかにGoogleの採用はどのように行われているのか気になりますよね。

そこでGoogleという企業について少し説明した後、Googleの採用について解説していきます!

「就活の教科書」編集部 井上

google

Googleは、インターネット関連サービスの製品に特化したアメリカ合衆国の主要なIT企業です。

Amazon、Facebook、Appleと並び、世界中で影響力をもつIT企業群「GAFA」の一つです。

Googleが扱っているサービスで、有名なものだと検索サイト「Google」や動画サービス「YouTube」があります。

以下が日本のGoogle支社であるGoogle合同会社の概要です。

名称

グーグル合同会社

本社所在地

〒150-0002東京都渋谷区渋谷3丁目21番3号渋谷ストリーム

代表

PeterFitzgerald

設立

1998年05月

従業員数

約1300人

 

Googleが掲げる採用基準として、とても重視されているものは、重要性が高い順に次の5つです。

Googleが重視していること
  1. 学ぶ力
  2. リーダーシップ
  3. 謙虚さ
  4. 自発性
  5. 専門知識

就活生ちゃん

Googleは専門知識よりも本人の性格を重視しているんですね

そうなんです!

Googleがどんな企業なのかがわかったところで、次は採用について見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 井上

Googleの採用について

①:採用人数について

50人程度

②:採用の男女比について

男性:女性=7 : 3 ほど

③:採用倍率について

⇒きわめて高い

 

①:採用人数について

Googleの新卒採用人数は毎年50名程度となっているようです。

Googleは採用人数を公表しておらず、また世界中から採用を行っています。

そのため、日本の就活生の採用人数を正確に知ることはできませんが、日本の大学から就職している人をおおよそで数えると50人程度になります。

②:採用の男女比について

Googleの採用の男女比は男性:女性=7:3程度となっているようです。

Googleは前述の通り採用についての情報を公表していませんが、従業員数では男性:女性=7:3程度となっています。

従業員の男女比と新卒採用の男女比はあまり変わらないと考えられます。

したがって、Googleの採用の男女比は男性:女性=7:3程度といえます

③:採用倍率について

結論としては、Googleの採用倍率は、1000倍ほどにまでなると考えられます。

Googleは過去の採用についての情報を公開していないので、具体的な数はわかりません。

日本で最も採用倍率が高いといわれている企業は明治の採用倍率2000倍超えですが、Googleもこれくらい倍率は高いと考えられます。

ですから、Googleの採用倍率は1000倍にまでおよび、非常に高いと考えられます。

 

「文系からでもエンジニアになりたい!」「エンジニアとしての就活って?」という方には、IT系に特化した就活サイト/エージェントの利用をおすすめします。

【内定者が選んだ】ITエンジニアのおすすめ就活サイト/エージェント10選では、IT就活に特化した就活サイト/エージェントを知れます。

ちなみに、未経験からエンジニアなりたい就活生はレバテックルーキーを使うのが一番おすすめです。

サイトやエージェントによっては、無料プログラミング学習や逆求人などのサポートもありますよ。

就活アドバイザー 京香

>> レバテックルーキーを利用してみる


【出身大学はどこ?】Googleの採用大学/学歴一覧

就活生くん

Googleに採用されるためには、やっぱり学歴が必要なんでしょうか

Googleに採用されるのに高い学歴が必要なのか気になりますよね。

そこで、以下でGoogleの採用大学/学歴一覧を紹介します!

「就活の教科書」編集部 井上

Googleの主な採用大学一覧

東京大学、京都大学、東京工業大学、一橋大学、大阪大学、神戸大学、名古屋大学、東北大学、九州大学、北海道大学、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、東京理科大学、学習院大学、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学、筑波大学、横浜国立大学、千葉大学、東京外国語大学、電気通信大学、お茶の水女子大学、信州大学、日本大学、駒澤大学

Googleは、さまざまな大学から採用を行っているようです。

「就活の教科書」編集部 井上

難関IT企業からの内定が欲しいならエンジニア就活に特化したレバテックルーキーがおすすめ!

レバテックルーキーを利用すれば、5,000社以上のIT企業のネットにはない情報が得られたり、面接やカウンセリングをオンラインで受けられます。

また、選考対策も行ってくれるので、上手く活用できれば、最短2週間で難関IT企業からも内定を獲得できます!

IT業界の就活サポートに特化しており、IT企業志望の就活生からも高く評価されているので、あなたもぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> レバテックルーキーを利用してみる

 

Google採用大学で学歴フィルターは存在するの?

就活生ちゃん

私は、Googleを受けたいと考えているのですが、正直学歴には自身がないです・・・

やはり、Googleのような人気企業は学歴フィルターが存在するのでしょうか?

Googleは非常に人気な企業ですから、学歴フィルターがないか気になりますよね。

そこで、Googleの学歴フィルターについて以下で説明していきます!

「就活の教科書」編集部 井上

結論:Googleに学歴フィルターは存在しない

結論としては、Googleには学歴フィルターが存在しません。

つまり、「書類選考の段階で学歴で落とされることはない」と考えてよいでしょう。

以下で、Googleに学歴フィルターが存在しない理由を説明します。

理由①:産近甲龍・日東駒専レベルからも採用があるから

Googleに学歴フィルターが存在しないと言える理由の1つ目は、大学群として産近甲龍・日東駒専レベルからも採用があるからです。

上記のGoogleの主な採用大学一覧を見ると、「大東亜帝国」レベルの大学からも採用があることが分かります。

したがって、Googleでの採用において、学歴フィルターで落とされることはないと考えられます。

理由②:Googleの人事チームが「学歴は関係ない」と言っているから

Googleに学歴フィルターが存在しないと言える理由の2つ目は、人事チームが「学歴は関係ない」と結論付けているからです。

Googleは、独自の調査で社員の学歴と仕事のパフォーマンスについて調べた結果、これに相関がなかったからです。

グーグルは当初、著名大学を卒業している若者を優秀な人材と考えて採用してきた。しかし2006年、人事のプロとしてゼネラル・エレクトリック(GE)のグループ企業からグーグルにやって来たボック氏と人事チームはデータを集め、社員の学歴とグーグルでのパフォーマンスの相関関係を調べた。

その結果、大学のブランドと仕事のパフォーマンスにはまったく関係がなかった。大学の成績も参考にならなかった。

引用:Yahoo!ニュース「これがグーグルの採用術だ!「学歴は関係ない」人事トップが語った10の鉄則

ですから、Googleの採用に学歴フィルターは存在しません。

このように、Googleに学歴フィルターはありませんが、一方で学歴フィルターが存在する企業もあります。

学歴フィルターのある企業・ない企業に関しては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 井上

 

IT業界の優良企業やホワイト企業に内定を貰いたい就活生の方はレバテックルーキーを利用するのがオススメです。

レバテックルーキーを使うと、大手~ベンチャーの隠れ優良企業を紹介してくれるので、学歴に自信がなくても優良IT企業に就職できるサービスを無料で受けられます。

IT就活に特化したアドバイザーが、ES添削・面接対策を親身に行ってくれるので、隠れホワイトIT企業に就職できる力が身に付きます。

また、利用者の内定率は85%以上であり最短1週間で内定を獲得した就活生もいますよ。

就活アドバイザー 京香

>> レバテックルーキーを見てみる

 

当サイトがおすすめする就活エージェントは以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

Googleに採用されるための対策法

就活生ちゃん

学歴関係なくGoogleを受けられることがわかりました!

ではどんな対策をすればGoogleに採用してもらえるんでしょうか??

はい!

Googleに採用されるためには、選考対策が必須となってきます。

それでは次にGoogleに採用されるための対策法を紹介します。

「就活の教科書」編集部 井上

 

Googleに採用されるための対策法
  • 対策法①:「unistyle」を使って内定者のESや面接回答を把握しておく
  • 対策法②:「リーダーシップを発揮した」などの経験をアピールできるエピソードを探しておく
  • 対策法③:インターンシップに参加して選考を有利に進められるようにしておく
  • 対策法④:「なぜGoogleなのか」を明確にしておく
  • 対策法⑤:OBOG訪問などをして他の就活生と差別化する

 

対策法①:「unistyle」を使って内定者のESや面接回答を把握しておく

Googleに採用されるための対策法の一つ目はunistyle」を使って内定者のESや面接回答を把握しておくことです。

unistyleとは、大手企業の内定者のESが64077枚も見られるサイトです。

unistyleを使えば、Googleの内定者がどのようなESを書いていたのか、さらには面接でどんなことを聞かれたのかを詳細に知ることができます。

ぜひunisyleを参考にして、Googleの選考対策を進めていきましょう。

ユニスタイルについては、以下の記事でより詳しく解説しているので、こちらもぜひ読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 井上

 

対策法②:「リーダーシップを発揮した」などの経験をアピールできるエピソードを探しておく

Googleに採用されるための対策法の4つ目は、「リーダーシップを発揮した」などの経験をアピールできるエピソードを探しておくことです。

このようなリーダーシップを発揮した経験などは、ESなどで必ず聞かれるからです。

また、リーダシップについては、初めに述べたGoogleの採用基準の一つとなっています。

したがって、Googleに採用されるために、「リーダーシップを発揮した」などの経験をアピールできるエピソードを探しておきましょう。

 

対策法③:インターンシップに参加して選考を有利に進められるようにしておく

Googleに採用されるための対策法の3つ目は、インターンシップに参加して本選考を有利に進められるようにしておくことです。

Googleでは世界中でインターンシップを募集していて、次のような職種があります。

  • ビジネス インターンシップ (Googleの業務について多種)
  • MBA インターンシップ (MBAプログラムの学生対象)
  • BOLD インターンシップ (マーケティング)
  • リーガル インターンシップ (法科系の学生対象)

募集時期は業種によって様々ですが、大体9月から10月あたりとなっています。

インターンシップに参加することで、Googleでの仕事のイメージが湧き、ESや面接で話すべき内容も思いつきやすくなります。

インターンシップに参加して本選考を有利に進められるようにしておきましょう。

 

対策法④:「なぜGoogleなのか」を明確にしておく

Googleに採用されるための対策法の4つ目は、「なぜGoogleなのか」を明確にしておくことです。

Googleの選考では、「なぜ他社ではなくSMBCなのか」ということが必ず聞かれます。

これらの質問に答えられると、面接官に志望度の高さをアピールできます。

ですから、Googleと他社を差別化できるように、面接の前の準備として、入念にGoogleの企業研究を行っておきましょう。

上でまとめた「unistyle」などの就活サイトを使って、「なぜ他社ではなくSMBCなのか」など、過去の就活生が面接でどんなことをアピールしたかをチェックするのがおススメです!

「就活の教科書」編集部 井上

 

対策法⑤:OBOG訪問などをして他の就活生と差別化する

Googleに採用されるための対策法の5つ目は、OBOG訪問などをして他の就活生と差別化することです。

実際に働いているOBOGから話を聞いてみることで、上でも述べた「なぜ他社ではなくGoogleなのか」等といった自分で考えるのが難しい質問にも答えられるようになります。

また、OBOG訪問をすることで、他の就活生が知らないような事業内容も聞くことができます。

したがって、GoogleのOBOG訪問をして、選考を有利に進められるようにしましょう。

知り合いにOBOGが居なくても、OBOG訪問をすることはできます!

OBOG訪問のやり方やするべき質問に関しては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 井上

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

Googleの新卒採用選考フロー

就活生くん

次はGoogleの選考フローについて教えてもらえますか??

わかりました!

それでは、以下でGoogleの主な選考フローについて説明します。

「就活の教科書」編集部 井上

三井住友銀行(SMBC)の主な選考フロー
  1. 説明会
  2. エントリーシート提出
  3. 適性検査・筆記試験
  4. グループディスカッション
  5. 1次面接、2次面接、3次面接・・・

面接は、2次面接の人がいたり、長くて5次面接まである人もいたりするそうです。

「就活の教科書」編集部 井上

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

Googleの採用に関するよくある質問

最後に、Googleの採用に関するよくある質問を、3つ紹介します!

「就活の教科書」編集部 井上

Googleの採用に関するよくある質問
  • 質問①:Googleには新卒採用はあるの?
  • 質問②:Googleの従業員の平均年齢が低いけどなぜ?
  • 質問③:Googleの就職難易度

質問①:Googleに新卒採用はあるの?

結論から言うと、Googleは新卒採用を行っています。

Googleは幅広い業種で求人を行っているので、学生からも採用があります。

また、Googleの求人サイトに学生向けのページがあり、新卒採用があることがわかります。

したがってGoogleに新卒採用は存在します。

 

質問②:Googleは従業員の平均年齢が低いけどなぜ?

Googleの従業員の平均年齢が低い理由は、離職率が高いためです。

社員が優秀な分、早く退職することが多いというわけです。

優秀な人は他の企業でも活躍したり、起業したりすることもあります。

したがって、Googleの社員の平均年齢が若い理由は、離職率が高いからです。

就活生ちゃん

逆に、平均年齢が低いということは新卒採用は行われていそうですね!!

そうなんです!

Googleの従業員の平均年齢は30歳ほど。

アメリカのコンピュータ関連会社の平均年齢は40歳くらいですから、非常に若いですね。

「就活の教科書」編集部 井上

 

質問③:Googleの就職難易度は?

Googleの就活難易度は極めて高いと考えられます。

Googleは、世界中で採用を行っているので、就活で求められるスキルや能力はかなりレベルが高いからです。

また、前述の通り世界中からの競争となるので、Googleの採用倍率は非常に高くなっています。

ですから、Googleの就職難易度は非常に高いと言えます。

 

   

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

まとめ:Googleに入って、就活勝者になろう

今回は、Googleの採用大学と企業概要について紹介しました。

合わせて、Googleの選考フローや学歴フィルター、採用されるための対策法についても詳しく解説しました。

Googleに入って、就活勝者になりましょう。

最後に、今回の内容を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆【ざっくり解説】Googleの採用について

  • ①:採用人数について
  • ②:採用の男女比について
  • ③:採用倍率について

◆【出身大学はどこ?】Googleの採用大学/学歴一覧

◆Google採用大学で学歴フィルターは存在するの?

  • 結論:Googleに学歴フィルターは存在しない
  • 理由その1:産近甲龍・日東駒専レベルからも採用があるから
  • 理由その2:Googleの人事チームが「学歴は関係ない」と言っているから

◆Googleに採用されるための対策法

  • 対策法①:「unistyle」を使って内定者のESや面接回答を把握しておく
  • 対策法②:「リーダーシップを発揮した」などの経験をアピールできるエピソードを探しておく
  • 対策法③:インターンシップに参加して選考を有利に進められるようにしておく
  • 対策法④:「なぜGoogleなのか」を明確にしておく
  • 対策法⑤:OBOG訪問などをして他の就活生と差別化する

◆Googleの新卒採用選考フロー

◆Googleの採用に関するよくある質問

  • 質問①:Googleに新卒採用はあるの?
  • 質問②:Googleは従業員の平均年齢が低いけどなぜ?
  • 質問③:Googleの就職難易度は?

◆まとめ:Googleに入って、就活勝者になろう