【最新版】おすすめの職業ランキング一覧 | 男女別人気の仕事,ならない方がいい職業も

本ページはプロモーションを含みます

【男女別】人気の仕事/職業おすすめランキング一覧

この記事でわかること
  • 大学生に人気な職業の特徴は、
    ①安定性に優れている ②ワークライフバランスが良い ③社会貢献性が高い
  • 大学生に人気のなりたい職業/職種/仕事おすすめランキング一位は、
    地方公務員・国家公務員
    一覧はこちら
  • 避けた方が良い仕事の特徴は、
    ①自分に合っていない仕事 ②残業が多い仕事 ③将来性のない仕事
  • 大学生に人気の職業/職種/仕事に就く方法は、
    「専門スキルを身に付ける」など→一覧はこちら
  • 自分に合う業界や企業を診断できるおすすめツール
\ すでに180,000人以上が利用中! / あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

就活生の皆さん、こんにちは!「就活の教科書」編集部です。

この記事では、「人気の仕事・職業」について詳しく解説します。

就活生の皆さんは、「どの仕事・職業が人気なのか」「職業によって年収は大幅に違うのか」など思っているのではないでしょうか。

「就活の教科書」編集部

就活生ちゃん

私は、まだやりたい職業が決まっていないため、人気の職業を参考にしたいです。

なので、人気の職業を教えてください!

就活生くん

僕は、人気の職業を参考に自分に合っていそうな職業、さらに企業を見つけたいです。

なので、男性に人気の仕事・職業を教えてください!

なるほど・・

たしかに、人気の仕事・職業を参考にすればやりたいことや自分に合っている仕事や職業が見えてきそうですね。

ぶっちゃけ結論を伝えると「自分に合う働き方ができる仕事を教えて欲しい!」という方はLINE適職診断を使うのがおすすめです。

12問の質問で簡単にあなたの強みを活かせる仕事が分かりますよ。

「就活の教科書」編集部

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

この記事では、「大学生に人気のなりたい仕事・職業」について詳しく解説していきます。

また、男女別に人気の仕事・職業をおすすめランキング、さらに、仕事満足度が高い人気の仕事・職業についてもランキングで紹介していきます。

加えて、人気のない仕事のランキング、最後に、人気の職業に就く方法についても詳しく解説します。

この記事を読めば、将来なりたい職業・就きたい仕事の参考にすることができます。

さらに、自身の志望職業についても再度よく考える機会にもなります。

なので、「人気の職業が知りたい」「なりたい職業を探している」就活生の方はぜひこの記事を最後まで読んでみてください!

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断、人気No.1の「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! / あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

目次

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

おすすめの職業や職種を紹介!

そもそも職業と職種の違いは何?

就活生くん

職業と職種って似ていますが、違いはあるのでしょうか?

はい、違いはあります。

職業と職種には以下の違いがあります。

また、職業や職種以外にも間違って理解されやすい業種についても解説しているので、この機会にぜひ違いを理解できるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部

意味
職業 会社や社会人などの肩書のこと。生計維持のために日常従事する仕事。
職種 実際に従事している職務。職業の種類のこと。
業種 事業や営業の種類。取り扱う消費にゃサービスの種類によって分類される。

 

安定した職業・WLBが良い職業がランクイン

今回のランキングでな、上位には公務員、ITエンジニア系、難関資格系の仕事が数多くランクインしています。

このランキングから、現在の大学生に人気の職業には、以下のような特徴があることがわかります。

大学生に人気な職業の特徴
  • 安定性に優れている(職を失う可能性が低い)
  • ワークライフバランスが良い(自分の時間が取りやすい、働き方を調整しやすい)
  • 社会貢献性が高い(自分の仕事が社会の役に立っていると実感しやすい)

特に安定性は大学生が最も注目しているポイントのようです。

この安定性には2種類あり、「所属した企業や団体が潰れない」という安定性と、「転職先が見つかりやすく、職を失う可能性が低い」という安定性があります。

最近では、後者の安定性に注目する学生も多く、プログラマーやWebマーケターといったIT系の職種やコンサルタントといった転職市場での評価が高い職業が上位にランクインする要因となっているようです。

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【大学生に人気】おすすめの職業ランキングTOP12

大学生に人気のなりたい職業・仕事おすすめランキングTOP10

就活生ちゃん

私は、大学生に人気の職業が知りたいです。

なので、人気の職業のおすすめランキングを教えてください!

では、以下で大学生に人気のなりたい職業・仕事おすすめランキングを紹介していきます。

「就活の教科書」編集部

 

安定性・楽さ・将来性・給料の観点でおすすめの職業を選定!

これから紹介するランキングは、それぞれの職業の安定性・楽さ・将来性・給料の度合いも参考にしながら作成しています。

安定性は、給与が高い状態で安定し、昇給できる・リストラ離職が少ない・業界の経営が安定しているなどのことです。

楽さは、残業が少ない・テレワーク可能などのことです。

将来性は、人がいないと成り立たない・市場がある程度成熟しているなどのことです。

これらの指標を参考にランキングを作成しています。

では、以下で大学生に人気のなりたい職業おすすめランキングを紹介します。

「就活の教科書」編集部

おすすめの職業ランキングTOP12
  • 人気の職業 第1位:地方公務員・国家公務員
  • 人気の職業 第2位:プログラマー
  • 人気の職業 第3位:Webマーケター
  • 人気の職業 第4位:システムエンジニア(SE)
  • 人気の職業 第5位:MR(医薬情報担当者)
  • 人気の職業 第6位:コンサルタント
  • 人気の職業 第7位:建築士
  • 人気の職業 第8位:大学教授
  • 人気の職業 第9位:公認会計士
  • 人気の職業 第10位:看護師
  • 人気の職業 第11位:保育士
  • 人気の職業 第12位:薬剤師

ではこれから、それぞれの職業・仕事について詳しく解説していきます。

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

「就活の教科書」編集部

 

1位:地方公務員・国家公務員(安定、残業が少ない)

おすすめの職業ランキング第1位は、「地方公務員・国家公務員」です。

それぞれの指標
  • 安定性:安定した収入
  • 楽さ:肉体的にも精神的にも疲労が少ない
  • 将来性:人を介在しなければならない
  • 給料 : 安定的かつ高い収入

大学生にとって、公務員は安定した収入が得られるという印象があるため第1位にランクインしています。

地方公務員と国家公務員の違いは、簡単にいうと、採用先の違いです。

地方公務員の採用先は、採用された地域に密着した行政サービスを行う地方自治体である一方、国家公務員の採用先は、立法、司法、行政という政府の根幹を支える国の機関です。

地方公務員の平均年収は663万円国家公務員の平均年収は667万円とそこまで違いはありません。

ここでは、地方公務員と国家公務員の平均年収の平均で665万円としています。

公務員になれば、安定した高い収入が得られるため、人気があります

公務員になるのは、すごく大変だと言われますが、大変なだけあって安定性や将来性もあるため人気があります。
また、公務員のことに関しては以下の記事でも詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

2位:プログラマー(ワークライフバランスがとりやすい)

おすすめの職業ランキング第2位は、「プログラマー」です。

それぞれの指標
  • 安定性:ワークライフバランスの安定(働き方が自由な場合が多い)
  • 楽さ:専門的な知識を要するが、肉体労働はない
  • 将来性:人手不足なので需要あり
  • 給料:キャリアアップとともに、高収入が狙える

プログラマーは、給与は高いイメージがあり、働き方が自由なことからワークライフバランスが安定しているため、人気の職業となっています。

また、専門的な知識を要し、プログラミング教育などが普及している現在、プログラマーが不足しているので、プログラマーの需要は非常に高いです。

なので、プログラマーになることは、将来的に安定した生活様式と多くの知識を得られ、そして、職を失うリスクが少ないです。

また、給料の面も将来性が高いと言えます。

IT業界は現在成長段階にあり、プログラマーとしてのキャリアを積むことで、収入増加が見込めます。

さらに、海外ではプログラマーが非常に不足しており、プログラミング言語も世界共通言語のため、プログラマーになれば、海外で働くことのハードルが低くなります

プログラマーは、スキルによって給与が変わりやすい職業ですが、知識を付ければ付けるほどスキルを磨いていける職業です。

海外で働くことのハードルが低い職業なんて、魅力的ですよね。

ちなみに「自分の強みを活かせる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

3位:Webマーケター(需要が高い)

おすすめの職業ランキング第3位は「Webマーケター」です。

それぞれの指標
  • 安定性:安定した収入(スキル次第)
  • 楽さ:肉体労働はない
  • 将来性:人手不足のため需要あり
  • 給料:他の職業に比べ、高く安定

Webマーケターの仕事は、Web上に売れる仕組みを造り、オンラインで商品・サービスの販売をサポートすることです

インターネット広告市場は年々拡大しており、今後も需要があると言えます。

また、Webマーケターは人材不足であるので、他の職業に比べて平均年収が高く、安定していると言えます。

 

4位:システムエンジニア(これから伸びる職業)

おすすめの職業ランキング第4位は、「システムエンジニア(SE)」です。

それぞれの指標
  • 安定性:安定した収入(スキル次第)
  • 楽さ:専門的な知識を要するが、肉体労働はない
  • 将来性:人手不足のため需要あり
  • 給料:高い需要に伴い、安定した収入

システムエンジニアは、特別な資格が不要でスキルさえあれば活躍できる仕事代表格と言えます。

システムエンジニアは、少子高齢化に伴い、高齢のエンジニアが多くなっており、若いエンジニアが少ない状況なので、システムエンジニアの需要は高いです。

将来的には、システムエンジニアは常に新しい技術が求められるため、それに適応できれば、年収も安定させることができます

安定性や将来性は、システムエンジニアになった際の自身の専門性に委ねられるということです。

システムエンジニアの需要は非常に高く、これからは今以上に需要が高くなる可能性があるため、職を失うリスクなどは少なそうです。

会社に所属して働いてもよし、フリーランスエンジニアとして活躍するもよし、とキャリアを自由に選べるところも魅力の一つです。

システムエンジニアは実力次第で、給与の安定を目指すことができます

実力主義の方には、システムエンジニアは、非常にオススメの職業です。

また、SEの優良企業やなり方についても以下の記事で解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

5位:MR(需要が高く、給料も良い)

おすすめの職業ランキング第5位は、「MR(医薬情報担当者)」です。

それぞれの指標
  • 安定性:高い収入(スキル次第)
  • 専門性:資格はいらないがほとんどのMRは「MR認可証」取得
  • 将来性:年々MRが減少傾向にあるため、需要はある
  • 給料:高収入

MR(医薬情報担当者)は、高い収入を得られることが魅力的です。

また、専門的な知識がいるものの、資格が必須というわけではないので、目指しやすい職業ですね。

将来性の面では、年々MR(医薬情報担当者)で「MR認可証」取得者の数は減っているため、相対的にみて、MR(医薬情報担当者)の数も減っていると考えられます。

なので、現在、MR(医薬情報担当者)は狙い目だとも考えられます。

MR(医薬情報担当者)は、高い収入を得られ、将来性のある職業として、第5位にランクインしています。

資格はいらないですが、MRとして活躍したいなら「MR認可証」を取得した方がよいでしょう。

また、「この職業の他に自分に向いている仕事を知りたい…」という方は、LINE適職診断を利用してましょう。

LINE適職診断では、8つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに向いている職業を紹介してくれるので、忙しい方にもおすすめです。

「就活の教科書」編集部

 

6位:コンサルタント(給料が高い)

おすすめの職業ランキング第6位は、「コンサルタント」です。

それぞれの指標
  • 安定性:スキル次第で高い給料をもらえる
  • 楽さ:専門的な知識を要するが、肉体労働はない
  • 将来性:需要あり
  • 給料:平均年収1000万越えの企業も多数あり

コンサルタントとは、クライアント企業の経営課題を明らかにし、課題解決のための戦略を立案・逓減することによって企業の成長や業績改善を支援する仕事です。

コンサルタントと言っても業界ごとにかなりの違いがあり、自分の興味がある業界のコンサルタントに就くことができるのもおすすめポイントです。

特に人気のコンサルタントは、ITコンサルタント、シンクタンク系、ビジネス系などです。

これらは文系学生でもなることができるのでおすすめです。

 

7位:建築士(給料・将来性が高い)

おすすめの職業ランキング第7位は、「建築士」です。

それぞれの指標
  • 安定性:高い収入
  • 専門性:資格必須
  • 将来性:建物がなくならない限り需要あり
  • 給料:高い収入が見込める

一級建築士は、年収が高く、一級建築士という資格を持っているだけでも日本人の平均年収以上を狙うことができます

また、建築士は建物が有る限り需要があるため、将来性も心配ありません

一級建築士は、設計できる建物に制限がないため、高層マンションや競技場など建物の種類に関係なくあらゆる設計が認められています

一級建築士は、さまざまな建物を設計でき、建物は形に残るので非常にやりがいを感じられる職業と考えられます。

一級建築士は、年収が高く、やりがいを感じられる点からも非常に魅力的な職業です。

ちなみに「自分の強みを活かせる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

8位:大学教員(好きなことを仕事にできる)

おすすめの職業ランキング第8位は、「大学教員」です。

それぞれの指標
  • 安定性:副業可能なので給料を増やせる
  • 楽さ:テストの採点等は忙しいが、基本的に楽
  • 将来性:教員になるのは難しいが、なれると安定
  • 給料:教授になると1000万円を超える

大学教員の主な仕事は、研究活動と学生への教育です。

少子化による大学数の減少に伴い、教員の需要は減少してきています。

しかし、一度教員になってしまえば、長く働くことができる環境であるので、安定しているといえるでしょう。

また、非常勤講師などの契約方法もあるため、副業が可能で、比較的自由に働ける職業であると言えます。

そのため、女性も働きやすいと言えるでしょう。

さらに、自分が好きな分野の研究をすることができるので、大学在学中だけでは研究が物足りなかったという方にはおすすめの職業です。

「就活の教科書」編集部

 

9位:公認会計士(将来性が高く、給料が良い)

おすすめの職業ランキング第9位は、「公認会計士」です。

それぞれの指標
  • 安定性:仕事がなくならない(独占業務)
  • 専門性:資格必須
  • 将来性:人の介在
  • 給料:独立すれば平均年収1000万越え

公認会計士は、医師、弁護士と並ぶ三大資格と言われており、就職難易度は高いですが、仕事に一生困ることはありません。

大手の監査法人に就職したり、個人で会計事務所を立ち上げたりと、幅広いキャリア選択ができるところも魅力です。

公認会計士は、財務諸表監査という独占業務があるため、他に代わりがいないという点からも必要とされています

また、財務諸表監査は、上場企業・大企業において法律で義務づけられているため、景気に左右されることなく、常に安定した需要があります。

さらに、働き方の自由度女性も働きやすいなどの利点があります。

加えて、公認会計士になることで、企業分析に強くなる、多くの業種の成功例た失敗例を知ることができます

公認会計士になれば、業務をする中で多くの知識をつけられることも魅力の一つです。

さらに、公認会計士になれば、独立の道も拓くことができます。

「就活の教科書」編集部

 

10位:看護師(給料が安定しており、女性が働きやすい)

おすすめの職業ランキング第10位は、「看護師」です。

それぞれの指標
  • 安定性:給与の安定
  • 専門性:資格必須
  • 将来性:これからの需要の高さ(人の介在)・復職しやすい
  • 給料:全体の平均年収は超える

看護師という職業は、安定した収入を得られ、これからの需要の高さから将来性もあるため、第10位にランクインしています。

看護師には、資格が必要であるという専門性、さらに、安定した給与が得られるという安定性これから医療の需要が高まるという将来性から看護師が人気の理由が分かります。

看護師は医師と比べれば年収は低めですが、20代・30代の社会人の平均年収は優に超えるお給料を貰える、高年収な職業なのです。

看護師になれば、安定した収入を得られ、リストラなどで職を失うということはないでしょう。

看護師が人気の理由は、給与や需要の関係と言えます。

看護師になるのにも、多くの時間や努力が必要です。

その分、将来性があり、安定しています。

「就活の教科書」編集部

11位:保育士(安定性、将来性が良い)

それぞれの指標
  • 安定性:収入の安定
  • 専門性:資格必須
  • 将来性:勤務先の増加による保育士の需要は高い
  • 給料:全体平均よりはやや低め

保育士は、収入は高いと言えませんが安定はしています。

また、子どもの数が減っているので保育士の需要は低くなっていると思われがちですが、一人の保育士がみる子どもの数が減り、働きやすくなっています

さらに、子どもが好きな方なら、楽しい職業だという実際の保育士の方の意見も多くあります。

保育士で、子どもの世話を経験しておけば、自身に子どもができたときにも対応しやすいという意見もありました。

一人の保育士がみる子どもの数が少なくなることで、質の良い保育ができることもこれから保育士になるメリットです。

保育士は、意外にも将来性のある職業です。

保育所のニーズは下がったとしても、保育士のニーズが下がるわけではないので、保育士という職業も魅力的な職業の一つです。

「就活の教科書」編集部

12位:薬剤師(安定性・将来性・給料の高さが高水準)

それぞれの指標
  • 安定性:就職先が多い・高い収入
  • 専門性:資格必須
  • 将来性:人手不足のため需要あり
  • 給料:安定して高い

薬剤師は、高い収入を得られ、さらに就職先が多いため、人気の職業第6位にランクインしています。

資格が必須な上に、就職先が多い点では、競争率は低いと考えられます。

さらに、定年後も働くことができ、医療なので景気に左右されにくいなど安定性があり、人手不足のため将来性もあります。

加えて、雇用形態が豊富であったり、中途でも採用されやすいという利点もあります。

国家資格を要する薬剤師は、高い収入や豊富な働き方が非常に魅力的です。

国家資格の取得は、相当な時間と努力を要しますが、それだけ良い待遇を受けられることにつながります。

「就活の教科書」編集部

 

また、20代で400万~1000万円ほど稼げる仕事については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

その他のおすすめの職業ランキング

これまでに紹介しなかった職業でおすすめの職業についても以下にまとめました。

「就活の教科書」編集部

就活生におすすめの職業ランキング一覧
  • 融資審査/契約審査
  • 医療機器メーカーの営業
  • ITコンサルタント(インフラ)
  • 構造設計
  • データベース/セキュリティエンジニア
  • 積算
  • Web ・モバイル・ソーシャル・ゲーム制作/開発
  • リサーチ/市場調査
  • 財務
  • 意匠設計
  • 薬事
  • 秘書/受付
  • 基礎研究・先行開発・要素技術開発(機械・電気)
  • 研究開発/R&D (IT/通信)
  • 編集/記者/ライター(出版/広告/Web )
  • 学術/メディカルサイエンスリエゾン
  • 経営企画
  • 研究(医療系)
  • 臨床開発関連
  • 医師・薬剤師
  • 保育士

出典:https://doda.jp/guide/manzokudo/

このランキングを見るだけで、世の中には多種多様な職業があることが分かりますね。

薬剤師・保育士について解説します!

「就活の教科書」編集部

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【男子大学生編】人気のなりたい職業/職種/仕事ランキング

【男子大学生編】人気のなりたい職業/職種/仕事ランキング

就活生くん

僕は、やりたいことが分かりません。

なので、男性に人気のなりたい職業・職種・仕事を知りたいです。

ではこれから、男子大学生に人気のなりたい職業・職種・仕事ランキング一覧を紹介していきます。

「就活の教科書」編集部

 

人気のなりたい職業/職種/仕事ランキング一覧

【男子大学生編】人気のなりたい職業ランキング一覧
順位 職業/職種/仕事 平均年収
1 医師 1,169万円
2 航空機操縦士 1,584万円
3 弁護士 1,026万円
4 公務員 665万円
5 システムエンジニア 508万円
6 研究者 357万円
7 一級建築士 653万円
8 公認会計士 992万円
9  大学教授 1,112万円
10  商社マン 1,000万円

では、これからいくつか人気の職業・職種・仕事について解説していきます。

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

「就活の教科書」編集部

 

仕事①:医師(収入が高い)

男子大学生に人気のなりたい職業1つ目は、「医師」です。

三大資格の一つである医師は、言わずと知れた高年収な職業の一つです。

大学病院で出世したり、独立して開業医としてやっていくなど様々な道がありますが、いずれの場合も安定した収入は期待できます。

医師は多くいますが、産婦人科・救急科・小児科など、地域によっては人手不足なので、専門分野や地域によっては将来性が期待できます

医師という職業はイメージだけでも、収入が高い印象がありますが、その通りです。

医師は多いですが、医師の数は減少傾向にあり、一人一人が医師になるための時間が非常にかかるので、医師の需要は高まっています

医師の資格を取得するのは、簡単なことではありませんが、将来性や安定性のある職業に変わりないので、人気な職業となっています。

医師という職業は、資格を要しますが、年収や将来性の面からそれだけの価値がある職業と考えられます。

年収が1,000万円を超えているので、それだけ見ても魅力的な職業だと言えますね。

「就活の教科書」編集部

 

仕事②:エンジニア

男子大学生に人気のなりたい職業2つ目は、「エンジニア」です。

上記のランキング一覧でいうと、第5位にランクインしている「システムエンジニア」に該当します。

エンジニアが人気な理由は、特別な学歴や資格がなくても目指しやすい職業だからです。

プログラミングのスキルさえあれば、エンジニアの仕事をすることができ、さらに、働く場所も自由な場合が多いのも人気な理由の一つです。

エンジニア自体、現在需要が高いので、将来性もある職業だといえます。

働き方も自由な場合が多いので、現代らしい職業ですね。

ちなみに「自分の強みを活かせる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事③:公務員

男子大学生に人気のなりたい職業3つ目は、「公務員」です。

上記のランキング一覧では、第4位にランクインしています。

公務員が人気な理由は、安定した職業だからです。

国や地方自治体で働くので、リストラの心配はほとんどないため、将来性もあります

さらに、年齢に応じて、給与や賞与が増えるのも人気な理由の一つです。

加えて、休みの取りやすさ残業の少なさも公務員という職業の魅力です。

公務員が人気な理由は、安定性と将来性があるためです。

たしかに、休みが取りやすい、残業が少ないのはすごく魅力的です。

「就活の教科書」編集部

 

                                                   

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【女子大学生編】人気のなりたい職業/職種/仕事ランキング

【女子大学生編】人気のなりたい職業/職種/仕事ランキング

就活生ちゃん

私は、どんな仕事に就くかまだ決まっていません。

なので、女性に人気の職業を参考にしたいです。

では以下で、女子大学生に人気のなりたい職業/職種/仕事ランキングを紹介していきます。

「就活の教科書」編集部

 

人気のなりたい職業/職種/仕事ランキング一覧

【女子大学生編】人気のなりたい職業ランキング一覧
順位 職業/職種/仕事 平均年収
1 MR(医薬情報担当者) 684万円
2 Webデザイナー 443万円
3 広報・PR 425万円
4 コンサルタント 486万円
5 経理 426万円
6 Webマーケター 433万円
7 事務職 329万円
8 客室乗務員 550万円
9 システムエンジニア 508万円
10 公務員 665万円

以上が、女子大学生に人気のなりたい職業/職種/仕事ランキングです。

以下で、いくつかの人気職業について解説していきます。

「就活の教科書」編集部

 

仕事①:MR

女子大学生に人気のなりたい職業3つ目は、「MR」です

公務員は、上記のランキング一覧では、第1位にランクインしています。

MRは、高い収入を得られる安定性、さらに職を失いにくい将来性から男女問わず人気が高いです。

ただし、専門性が高く、1日に何件ものクリニックや病院を訪問しなければならないため、難易度は高いです。

MRは資格がなくてもなれる職業ですが、「MR認定証」という資格を持っていれば有利になるのでMRになりたいという就活生は挑戦してみるのもおすすめです。

 

仕事②:Webデザイナー

女子大学生に人気のなりたい職業2つ目は「Webデザイナー」です。

Webデザイナーとはウェブサイトのデザインを制作する職業です。

IT化が進んでいるため、かなり受容に高い職業であると言えます。

独立しフリーランスとして働けば、自由な時間に働くことができ、家庭を持っている女性の方でも働きやすいというメリットがあります。

ちなみに「自分の強みを活かせる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事③:公務員

女子大学生に人気のなりたい職業3つ目は、「公務員」です

公務員は、上記のランキング一覧では、第10位に、男子大学生に人気のなりたい職業ランキングでも第4位にランクインしています。

公務員は、高い収入を得られる安定性、さらに職を失いにくい将来性から男女問わず人気が高いです。

また、結婚・出産後にも働きやすい環境が整っている場合がほとんどです。

さらに、休みの取りやすさや残業の少なさなど、ワークライフバランスを実現したい女性には非常にオススメの職業です。

公務員は、安定性や将来性の面から、男女問わず人気の職業です。

職種にもよりますが、ワークライフバランスを実現するには最適な職業です。

また、女性に人気のおしゃれな仕事女性におすすめの稼げる仕事に関しては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

避けた方がいい仕事一覧

就活生くん

逆に、ならない方がいい仕事もあるんですか?

同じ仕事だとしても、個人の性格や会社の性質によって避けた方がよいか決まるので、一概にどの職業にならない方がいいかは断言できません。

そこで次に、自分はその職業にならない方がいいのかを判断する指標として、避けた方が良い仕事の特徴を3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部

避けた方が良い仕事の特徴
  • 特徴①:自分に合っていない仕事
  • 特徴②:残業が多い仕事
  • 特徴③:将来性のない仕事

 

特徴①:自分に合っていない仕事

避けた方が良い仕事1つ目は「自分に合っていない仕事」です。

仕事が自分に合っているかを見分けるには、特に、性格面と働き方に注目してください。

性格面では、例えば、営業や人事はコミュニケーションが好きな人に向いていますし、経理や技術職はミスなく作業ができる人に向いています。

働き方では、転勤をしたくない人は総合職を避け、事務職に就いた方が良いです。

それぞれの仕事について、自分に合っているか判断したい時は、その仕事の業務内容を詳しく調べてみましょう

自分に合った仕事の見つけ方については、次の記事で解説しています。

「就活の教科書」編集部

 

特徴②:残業が多い仕事

避けた方が良い仕事2つ目は「残業が多い仕事」です。

残業が多い仕事の特徴は、人手不足の仕事や、繁忙期と閑散期の差が大きい仕事です。

人手不足の仕事には、エンジニア、運輸業、介護職などがあります。

また、繁忙期と閑散期の差が大きい仕事は、サービス業に多いです。

残業が多いかは企業によって異なるので、Openworkなどの企業口コミサイトを用いて調べるのがおすすめです。

残業の多い仕事については、次の記事で解説しています。

「就活の教科書」編集部

 

特徴③:将来性のない仕事

避けた方が良い仕事3つ目は「将来性のない仕事」です。

IT技術の進歩により、一部の仕事が将来なくなる可能性があります。

スーパー・コンビニ店員や、運転手など、既に自動化が進んでいる仕事に関しては、将来性が少ないと言えます。

将来性の無い仕事については、次の記事で解説しています。

「就活の教科書」編集部

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【指標別】人気の高いおすすめの職業/職種/仕事ランキング

ここからは3つの指標から、人気の高いおすすめの職業/職種/仕事ランキングを紹介します。

就活アドバイザー 京香

【指標別】人気の高いおすすめの職業/職種/仕事ランキング
  • 楽な仕事(残業時間が少ない)ランキング
  • 給料が高い仕事ランキング
  • 仕事満足度が高い仕事ランキング

 

楽な仕事(残業時間が少ない)ランキング

就活生くん

僕は仕事よりも自分の時間を大切にしたいです。

残業時間が少なく、楽な仕事を教えてください。

では、これから、残業時間の少ないおすすめの職業/職種/仕事ランキングを紹介します。

「就活の教科書」編集部

【楽な仕事】残業時間の少ないおすすめの職業/職種/仕事ランキング
順位 職種 残業時間/月
1位 秘書/受付 10.0時間
2位 美容関連職(理美容/エステ/マッサージ) 10.4時間
3位 営業事務アシスタント 11.0時間
4位 薬事 11.6時間
5位 医療事務アシスタント 12.2時間
6位 金融事務アシスタント 12.8時間
7位 学術/メディカルサイエンスリエゾン 12.9時間
8位 一般事務アシスタント 13.3時間
9位 企画/マーケティング関連事務アシスタント 13.7時間
10位 金融業界の個人営業 15.0時間

以下の記事でさらに詳しく解説しています。

ぜひ、読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

給料が高い仕事ランキング

就活生くん

僕はお金をいっぱい稼ぎたいです!

では、これから、【給料が高い】おすすめの職業/職種/仕事ランキングを紹介します。

「就活の教科書」編集部

【給料が高い】おすすめの職業/職種/仕事ランキング
順位 職業/職種/仕事 平均年収
1 医師 1248万
2 大学教授 1069万円
3 航空機操縦士 1056万円
4 その他の経営・金融・保険専門職業従事者 1005万円
5 法務従事者 938万円
6 大学准教授 852万円
7 管理職業従事者 830万円
8 機械技術者 816万円
9 歯科医師 773万円
10 小中学校教員 733万円

参照:令和3年賃金構造基本統計調査

また、以下の記事では男性向け・女性向けに分けて給料の高い仕事を紹介しています。

ぜひ、参考にしてください。

「就活の教科書」編集部

 

仕事満足度が高い仕事ランキング

仕事満足度が高い人気のなりたい職業/職種/仕事ランキング

就活生くん

僕は、やりがいのある仕事をしたいです。

なので、仕事の満足度が高い人気の職業を教えてください。

では、これから、仕事満足度が高い人気のなりたい職業/職種/仕事ランキングを紹介します。

「就活の教科書」編集部

順位 職業/職種/仕事 満足の理由
1 融資審査/契約審査(金融系専門職) 専門性があり、自身の知識を役立てられる
2 MR(医薬情報担当者) 自身が採用した薬で、患者の病状が良くなった
3 医療器メーカー(営業) 患者からの満足度が高かった
4 ITコンサルタント(IT・通信系エンジニア) 仕事を通して多くの知識をつけられる
5 構造設計(建築) 自身の設計したものが形に残る
6 ゲーム制作(クリエイティブ) 自身が開発したゲームが多くのユーザーに利用される
7 財務(企画/管理) ワークライフバランスの実現
8 秘書/受付(事務・アシスタント) 残業が少ない
9 経営企画(企画/管理) 自身の意見で大型投資が決定されるなど
10 研究(医療系) 自身のしたい研究ができる

以上が、仕事満足度が高い人気のなりたい職業/職種/仕事ランキングです。

また、以下の記事でも仕事満足度が高そうな仕事や職業について解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

就活生におすすめの職種ランキング一覧

就活生くん

職業についてはわかりました!

今度は職種について知りたいです!

それでは、就職先でおすすめの職種ランキングを紹介しますね!

「就活の教科書」編集部

 

就職先でおすすめの職種別ランキング一覧

就職先でおすすめの職種ランキングは以下の通りです。

「就活の教科書」編集部

就活生におすすめの職種別ランキング一覧
  1. 総務職
  2. 経理職
  3. 研究開発職
  4. 購買職
  5. 技術職
  6. 生産技術職
  7. 営業職
  8. エンジニア職
  9. 販売職
  10. 広報職
  11. 企画職
  12. 経営企画職

ちなみに、私が就活を始めたての頃は、営業職と経理職ぐらいしか知りませんでした。

これから特におすすめの職種について詳しく解説していきますね。

「就活の教科書」編集部

 

職種①:総務職

就活生におすすめの職種1つ目は、総務職です。

総無職は一言で言えば、「何でも屋」です。

労働環境の整備や社内の備品・設備管理、社内のレクリエーションを企画など、会社の環境を良くするためにあらゆる業務を行います。

「総無職=事務職」のようにイメージされることも多いですが、一概に事務作業ばかりとは言えないのです。

企業によって部署の分け方は異なりますが、総務部が人事を担当する場合もあります。

「就活の教科書」編集部

 

職種②:経理職

就活生におすすめの職種2つ目は、経理職です。

経理職の主な仕事は、その名の通り「会社の経営管理」です。

予算の編成をしたり、営業経費や給与の支払いをしたり、預金の出納管理をしたりと、企業内のお金に関する業務を一手に引き受けます。

数字がちょっとでも違えば大きなミスになりかねない、緊張感のある職種と言えます。

経理職を希望する人は、簿記の資格勉強をしておくのがおすすめです!

「就活の教科書」編集部

 

職種③:研究・開発職

就活生におすすめの職種3つ目は、研究・開発職です。

企業の製品開発のための研究に従事するのが、研究・開発職です。

主に理系学部出身者が就く職種で、メーカーには営業と並んで欠かせない人材と言えます。

大学で学んだことを社会人になっても活かしたい理系の方にはおすすめの進路です。

私は文系学部出身なので全く縁はありませんでしたが、就職してからも自分の好きな研究ができるのはうらやましいです!

「就活の教科書」編集部

 

職種④:営業職

就活生におすすめの職種4つ目は、営業職です、

営業職の業務内容は、自社のサービスや商品の購入を促し、契約を取り付けるというものです。

営業職では高い語学力やコミュニケーション能力が必要なので、デキる人という印象がつきやすいようです。

男性に限らず、デキる人と思われるのは、すごく気持ちがいいですよね。

営業職は、経験を積めば積むほど成果が出るものなので、やりがいもすごく感じられる職種です。

「就活の教科書」編集部

 

職種⑤:事務職

就活生におすすめの職種5つ目は、「事務職」です

事務職が人気な理由は、ワークライフバランスを実現しやすいからです。

業務内容は、会社の書類作成・管理や電話応対などだけでなく、営業事務や社長秘書など専門的なスキルを磨くこともできます

残業も少なく、仕事と家事育児の両立がしやすいです。

なので、仕事もプライベートも大切にしたい女性には特にオススメの職種です。

事務所は、肉体労働とはかけ離れた職種なので、体力的にもきつくない点も人気な理由の一つです。

ワークライフバランスの実現がしたい女性は、事務職を視野に入れてもいいと思います。

「就活の教科書」編集部

 

職種⑥:企画・マーケティング職

就活生におすすめの職種6つ目は、「企画・マーケティング職」です

企画・マーケティング職が人気な理由は、顧客の反応がPV数やいいね数など数字で実感しやすいためやりがいを感じやすいからです。

特に女性は共感力やコミュケーション力が高いことから、企画・マーケティング職に向いているとも言われています。

さらに、企画・マーケティング職は、働き方が柔軟である点でも人気を得ています

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

その他のおすすめの仕事一覧

その他のおすすめの仕事一覧

これまでにもいろいろな仕事を紹介してきましたが、世の中にはまだまだたくさんの仕事があります。

以下にもいろいろな仕事を紹介しておくので、自分の気になる仕事/職業があればクリックしてぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

就活生におすすめの就職先企業ランキングTOP100

就活生におすすめの就職先企業ランキングTOP100

就活生ちゃん

おすすめの職業や職種は分かりました!

就活生におすすめの就職先も教えてほしいです。

それでは、就活生におすすめの就職先企業ランキングTOP100を紹介します。

「就活の教科書」編集部

2024年版

就活生におすすめの就職先企業ランキングTOP100
  1. 損害保険ジャパン
  2. 三菱UFJ銀行
  3. 東京海上日動火災保険
  4. みずほフィナンシャルグループ
  5. 三井住友銀行
  6. 伊藤忠商事
  7. 三井住友海上火災保険
  8. NTTデータ
  9. Sky
  10. 日本生命保険
  11. 三菱商事
  12. アクセンチュア
  13. ソニーグループ
  14. トヨタ自動車
  15. 三井物産
  16. 野村総合研究所
  17. サントリーグループ
  18. 楽天グループ
  19. 日本郵政グループ
  20. あいおいニッセイ同和損害保険
  21. 三菱UFJ信託銀行
  22. 日立製作所
  23. 三井住友信託銀行
  24. 丸紅
  25. 日本航空(JAL)
  26. 日本アイ・ビー・エム
  27. NTTドコモ
  28. りそなグループ
  29. 第一生命保険
  30. 東海旅客鉄道
  31. 味の素
  32. バンダイ
  33. 全日本空輸(ANA)
  34. 明治安田生命保険
  35. 東日本旅客鉄道
  36. 住友商事
  37. 富士通
  38. PwCコンサルティング
  39. 住友生命保険
  40. ホンダ
  41. ニトリ
  42. SCSK
  43. 博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ
  44. 凸版印刷
  45. 三井不動産
  46. 日本放送協会(NHK)
  47. パナソニック
  48. 三菱電機
  49. KDDI
  50. アイリスオーヤマ
  51. 旭化成グループ
  52. 農林中央金庫
  53. 三菱重工業
  54. 講談社
  55. 富士フイルムグループ
  56. 野村證券
  57. カゴメ
  58. 三菱地所
  59. NTT東日本
  60. 日本電気(NEC)
  61. アビームコンサルティング
  62. バンダイナムコエンターテインメント
  63. ソフトバンクグループ
  64. 明治グループ(明治・Meiji Seika ファルマ)
  65. キヤノン
  66. レバレジーズ
  67. ソニーミュージックグループ
  68. JTBグループ
  69. 集英社
  70. 資生堂
  71. デロイトトーマツコンサルティング
  72. 日産自動車
  73. オリックスグループ
  74. 関西電力
  75. 花王
  76. キーエンス
  77. 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
  78. アイシン
  79. 川崎重工業
  80. ロッテ
  81. サイバーエージェント
  82. 日本郵船
  83. アサヒビール
  84. 伊藤忠テクノソリューションズ
  85. ジェーシービー
  86. 任天堂
  87. コーセー
  88. NTTデータ・アイ
  89. 日本政策投資銀行
  90. デンソー
  91. キオクシア
  92. 日鉄ソリューションズ
  93. アマゾンジャパン
  94. オリエンタルランド
  95. 双日
  96. 中外製薬
  97. 大日本印刷
  98. SMBC日興証券
  99. 大和証券グループ
  100. ポニーキャニオン

出典:キャリタス 就職希望企業ランキング

 

2023年版

就活生におすすめの就職先企業ランキングTOP100
  1. 損害保険ジャパン
  2. 伊藤忠商事
  3. 東京海上日動火災保険
  4. 楽天グループ
  5. ニトリ
  6. 三井住友海上火災保険
  7. ソニー
  8. 三井住友銀行
  9. 三菱UFJ銀行
  10. 三菱商事
  11. 講談社
  12. 味の素
  13. サントリーグループ
  14. トヨタ自動車
  15. 三井物産
  16. アクセンチュア
  17. 資生堂
  18. 住友商事
  19. 東日本旅客鉄道
  20. 東海旅客鉄道
  21. 野村総合研究所
  22. みずほフィナンシャルグループ
  23. バンダイ
  24. ジェーシービー
  25. 旭化成グループ
  26. 日本生命保険
  27. NTTデータ
  28. 日立製作所
  29. パナソニック
  30. 富士フイルムグループ
  31. Sky
  32. 第一生命保険
  33. 博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ
  34. キリン
  35. 明治グループ(明治・Meiji Seika ファルマ)
  36. りそなグループ
  37. 三井不動産
  38. 丸紅
  39. 集英社
  40. コーセー
  41. ベネッセコーポレーション
  42. ホンダ
  43. 花王
  44. 三井住友信託銀行
  45. 凸版印刷
  46. NTTドコモ
  47. ソニーミュージックグループ
  48. バンダイナムコエンターテインメント
  49. 三菱地所
  50. ロッテ
  51. 日本航空(JAL)
  52. 日本放送協会(NHK)
  53. 富士通
  54. アサヒビール
  55. 鹿島建設
  56. 大和証券グループ
  57. 明治安田生命保険
  58. 三菱電機
  59. 日本郵船
  60. 日本郵政グループ
  61. JTBグループ
  62. キヤノン
  63. NTT東日本
  64. 住友生命保険
  65. 小学館
  66. PwCコンサルティング
  67. 三井住友カード
  68. 清水建設
  69. デンソー
  70. 双日
  71. 大林組
  72. 日本アイ・ビー・エム
  73. あいおいニッセイ同和損害保険
  74. 関西電力
  75. セキスイハイムグループ
  76. サイバーエージェント
  77. 東レ
  78. 野村證券
  79. SCSK
  80. 大成建設
  81. KADOKAWA
  82. 森永乳業
  83. 日清食品グループ
  84. 任天堂
  85. カネカ
  86. 大日本印刷
  87. 日本政策投資銀行
  88. 村田製作所
  89. 全日本空輸(ANA)
  90. 日本電気(NEC)
  91. みずほ証券
  92. キーエンス
  93. 川崎重工業
  94. ソフトバンクグループ
  95. 西日本旅客鉄道
  96. 住友化学
  97. 京セラ
  98. 東宝
  99. オリックスグループ
  100. カゴメ

出典:キャリタス

どの企業も一般的な知名度も高く、優良な企業ばかりですね。

「就活の教科書」編集部

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

就活生におすすめできる就職先の見つけ方3STEP

就活生におすすめできる就職先の見つけ方3STEP

就活生ちゃん

いろんな就職先、職種、職業があるんですね!

早速自分でも探してみようと思うんですけど、どうやって探せばいいですか?

就活生におすすめできる就職先の見つけ方は以下の3STEPです。

「就活の教科書」編集部

就活生におすすめできる就職先の見つけ方3STEP
  • 自己分析をして自分に合う職業を見つける
  • 自分に合う職業の業界について調べる
  • 調べた業界にはどんな企業があるのかを調べる

それでは、一つずつ解説していきますね!

「就活の教科書」編集部

 

STEP①:自己分析をして自分に合う職業を見つける

就活生におすすめできる就職先の見つけ方STEP1は、自己分析をして自分に合う職業を見つけるです。

自分に合った就職先というのは「働いていて満足のいく就職先」のこと。

そして、自分が満足するためには「自分はどんなことをしているときに満足するのか」を知る必要があります。

「自分は何を求めているのか」「どんな目標があるのか」を徹底的に自己分析することから始めましょう。

自己分析は蔑ろにされがちですが、絶対にやるべきです!

自己分析の必要性について詳しく知りたい方は、下記の記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

STEP②:自分に合う職業の業界について調べる

就活生におすすめできる就職先の見つけ方STEP2は、自分に合う職業の業界について調べるです。

自己分析が完了すると、ある程度自分の志望業界・職業が見えてくるので、さらに選択肢を絞るためにしっかりと調査を行います。

具体的には、企業のホームページを見て事業内容を調べたり、『就職四季報』を読んだりしながら、なるべく多くの情報を集めます。

地道な作業ですが、就活ではいかに多くの情報を手に入れられるかが重要なので、ここで手を抜いてはいけません。

一週間ぐらい時間を作って、業界研究の時間に充ててもいいかもしれませんね!

業界研究におすすめのサイトについて知りたい方は、下記の記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

STEP③:調べた業界にはどんな企業があるのかを調べる

就活生におすすめできる就職先の見つけ方STEP3は、調べた業界にはどんな企業があるのかを調べるです。

業界を研究しても、どんな企業がシェアを取っているのか、どんな企業が成長しているのかなど、企業についても詳しく調べなければ納得のいく就職先を見つけることはできません。

やり方は業界研究と同じで、『就職四季報』を見たり、企業のホームページを見ましょう。

加えて、企業研究の段階ではOB・OG訪問を行えば、企業の選考情報など、一般には出回らない裏情報を入手することも可能です。

OB訪問は初心者にはハードルが高く感じるかもしれませんが、他の就活生と差をつけるためにはおすすめです!

Ob訪問のツテの探し方について知りたい方は、下記の記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

大学生に人気の職業/職種/仕事に就く方法

大学生に人気の職業/職種/仕事に就く方法

就活生くん

僕は、なりたい職業はまだ決まっていません。

しかし、就きたい仕事に就く方法について知っておきたいです。

では以下で、大学生に人気の職業/職種/仕事に就く方法について紹介していきます。

「就活の教科書」編集部

大学生に人気の職業/職種/仕事に就く方法
  • 方法①:専門スキルを身に付ける
  • 方法②:早くから就活を始める
  • 方法③:業界研究・企業研究を誰よりも行う

 

方法①:専門スキルを身に付ける

大学生に人気の職業/職種/仕事に就く方法1つ目は、「専門スキルを身に付ける」ことです。

職業によっては、特定の学歴を有さないと目指せない職業、一方で、勉強してスキルを身に着けることで目指せる職業もあります。

実際に、業務に関わる際にも、知識があるのとないのとでは大きな差が生まれます。

なので、なりたい職業がある方は、その職業の専門的な知識やスキルを身につけることが重要です。

たしかに、どの職業も専門知識がないと、業務に携わるのは正直きついです。

なので、「なりたい」と口にするだけでなく、知識やスキルを着実につけていきましょう。

また、スキルが必要な専門職に関しては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

方法②:早くから就活を始める

大学生に人気の職業/職種/仕事に就く方法2つ目は、「早くから就活を始める」ことです。

就活を早く始めることは、早めになりたい職業に出逢うことができ、さらに、それからすぐに行動にうつすことができます。

一般的に、就活のスタートは4年生の春からとされていますが、それよりも前の時期(3年の夏や冬など)から就活を始めている学生は数多くいます。

さらに運が良ければ、早くから就活を始めることで、就活の競争率が低い間に、人気の仕事の内定をもらえる可能性もあります。

就活はいかに経験を積むかが成功のカギになるため、早く始めれば始めるほど成功しやすくなります。

なので、大学生に人気の職業/職種/仕事に就きたい方は、早くから就活を始めることをオススメします。

早くから就活を始めることは、やりたい仕事に就くことへの近道です。

なので、すでになりたい職業がある方は、できるだけ早く就活を始めましょう。

就活で何から始めればいいのかを知りたい方は、下記の記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

方法③:業界研究・企業研究を誰よりも行う

大学生に人気の職業/職種/仕事に就く方法3つ目は、「業界研究・企業研究を誰よりも行う」ことです。

業界研究・企業研究を細部まで行うことで、自身が就きたい職業の情報をたくさん取り入れることができます

自身がなりたい職業に必要なものがわかるため、そのあとに行動がしやすくなります

さらに、業界研究・企業研究を行っていれば就活の面接も、そんなに怖いものではありません。

業界研究・企業研究など就きたい職業について調べることは、面接対策などにも大いに役立ちます

なので、就きたい職業のために業界研究・企業研究はしっかりと行いましょう。

業界研究・企業研究の大切さが改めて分かりましたね。

業界研究・企業研究は面接にも役立つので絶対にやっておいた方がいいです!

「就活の教科書」編集部

 

方法④:逆求人サイトを利用する

大学生に人気の職業/職種/仕事に就く方法4つ目は、逆求人サイトを利用するです。

逆求人サイトとは、企業から就活生に選考のオファーが届くサイトのことです。

自分の個人情報を登録しておくだけで企業から自動的にオファーが来るため、まだ明確に企業・業界選びができていない就活生でも、就活を進めることができます。

今まで全く興味がなかった業界・企業でも、オファーがきっかけで興味が湧いてくる可能性も十分にあります。

一度使ってみれば分かりますが、逆求人サイトは本当に便利です!

また、おすすめの逆求人サイトについては以下の記事でも詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

方法⑤:就活エージェントの力を借りる

大学生に人気の職業/職種/仕事に就く方法5つ目は、就活エージェントの力を借りるです。

就活エージェントとは、無料で企業の紹介や選考対策を行ってくれるサービスのこと。

就活エージェントは就活に精通しているため、就活生の悩みや疑問に親身になって答えてくれます。

一人きりの戦いである就活において、自分の味方になってくれる就活アドバイザーの存在は就活の成功を大きく引き寄せてくれます。

私も就活生時代、就活エージェントを使ってました!

また、おすすめの就活エージェントについては以下の記事でも詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

就活生におすすめできる就職先に関するよくある質問

就活生におすすめできる就職先に関するよくある質問

就活生ちゃん

なんか、自分の行きたい企業に行ける気がしてきました!

けど、やっぱり企業選びには自信がなくて、他の就活生がどんなところに疑問を持っているのか知りたいです。

就職先に関して、就活生からよくある質問は下記の3つです。

「就活の教科書」編集部

 

質問①:就職先としておすすめできる業界はどこ?

就職先としておすすめできる業界に関しては、以下の記事で詳しく解説しています!

「就活の教科書」編集部

個人的にはメーカーがおすすめです。
優良メーカーに関しては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ハルキ

 

質問②:女子学生におすすめできる就職先はどこ?

女子学生におすすめできる就職先に関しては、以下の記事で詳しく解説しています!

「就活の教科書」編集部

 

質問③:逆におすすめしない就職先はどこ?

おすすめしない就職先に関しては、以下の記事で詳しく解説しています!

「就活の教科書」編集部

 

質問④:おすすめの職業を診断できるツールは?

おすすめの職業は人の性格や企業に求めるものなどによって異なります。

そのため、適職/職業診断を受けて自分に向いている職業を知るのがおすすめです。

無料の適性/職業診断については以下の記事で紹介しているのでぜひ参考にしてください。

 

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

まとめ:大学生に人気の職業/職種/仕事おすすめランキングをもとに志望業界を決めよう

この記事では、「大学生に人気のなりたい仕事・職業」について詳しく解説しました。

また、男女別に人気の仕事・職業をランキング、さらに、仕事満足度が高い人気の仕事・職業についてもおすすめランキングで紹介しました。

加えて、人気のない仕事のランキング、最後に、人気の職業に就く方法についても詳しく解説しました。

では以下で、この記事を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆大学生に人気のなりたい職業・仕事おすすめランキングTOP10

  • 1位:地方公務員・国家公務員(平均年収:665万円)
  • 2位:看護師(平均年収:482万円)
  • 3位:プログラマー(平均年収:437万円)
  • 4位:システムエンジニア(平均年収:508万円)
  • 5位:MR(平均年収:684万円)
  • 6位:薬剤師(平均年収:548万円)
  • 7位:医師(平均年収:1,169万円)
  • 8位:公認会計士(平均年収:992万円)
  • 9位:保育士(平均年収:314万円)
  • 10位:一級建築士(平均年収:653万円)

◆【男子大学生編】人気のなりたい職業/職種/仕事ランキング

  • 仕事①:営業職
  • 仕事②:エンジニア
  • 仕事③:公務員

◆【女子大学生編】人気のなりたい職業/職種/仕事ランキング

  • 仕事①:事務職
  • 仕事②:企画・マーケティング職
  • 仕事③:公務員

◆仕事満足度が高い人気のなりたい職業/職種/仕事ランキング

◆大学生に人気の職業/職種/仕事に就く方法

  • 方法①:専門スキルを身に付ける
  • 方法②:早くから就活を始める
  • 方法③:業界研究・企業研究を誰よりも行う

◆まとめ:大学生に人気の職業/職種/仕事ランキングをもとに志望業界を決めよう