>> 内定者おすすめの就活支援サービス15選 <<

【イケメン/美女は有利?】顔採用を乗り切る5つの対策方法 | 理由,業界も

企業が顔採用をする3つの理由

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

こんにちは。「就活の教科書」編集部のコータです。
この記事では、就活の顔採用について解説します。
就活生のみなさんは、就活はイケメンや美人が有利になりやすいと聞いたことはありますか?

「就活の教科書」編集部 コータ

就活生くん

人の第一印象は見た目でほとんどが決まるって聞いたことあるし、イケメンや美女は就活でも有利になりやすい気がします。
しかし実際のところ、就活で顔採用ってあるのでしょうか?

就活生ちゃん

私は自分の見た目に自信がないけど、顔採用をなんとか乗り切りたいです。
就活で顔採用を乗り切るためには、どのような対策をすれば良いのでしょうか?

顔採用では自分が不利になるのではないか等、不安に感じる就活生は多いですよね。
結論から述べると、就活において顔採用は実在します。
しかし上手に対策をすれば、顔採用で落とされにくくなりますよ。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

そこでこの記事では、就活で顔採用を乗り切る対策方法3つを解説します。

合わせて、企業が顔採用をする理由や、顔採用が行われやすい業界も紹介します。

この記事を読めば、就活の顔採用について理解でき、上手に対策できるようになります。

「顔採用があるのは知ってるけど、なんとか乗り切って内定をもらいたい!」そんな就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

画像タップでページ内に飛びます

企業が顔採用をする3つの理由>> 顔採用をする理由

顔採用の対策方法>>顔採用の対策方法3つ

 

就活で「顔採用」は存在する

就活生くん

そもそも就活で顔採用って存在するのでしょうか?
僕は別にイケメンではないから、顔採用では不利かもしれないです…

結論から言うと、就活で顔採用は存在します。

「就活の教科書」編集部 コータ

人の第一印象は見た目だけで55%が決まると言われており、イケメンや美女は就活では有利になりやすいです。

また身だしなみや服装が綺麗に整っている人も、就活では有利になります。

しかし見た目が良いというのは、単なる加点要素に過ぎません。

そのため、イケメンや美人だからと言って、それが採用に直接つながるとは言い難いでしょう。

基本的にその学生に清潔感があるか仕事ができそうかと思える学生を企業は採用します。
つまり、たとえイケメンや美人でなくとも、企業が一緒に働きたいと思える学生は見た目に関係なく採用されます。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

企業が顔採用をする理由

企業が顔採用をする3つの理由

就活生くん

企業はなぜ顔採用をするのでしょうか?
顔採用をしても仕事ができなければ、メリットはないように思えます。

企業がなぜ顔採用をするのか、気になりますよね。
企業は次の3つの理由があって、顔採用をしています。

「就活の教科書」編集部 コータ

企業が顔採用をする3つの理由
  • 理由①:営業で結果が出やすいから
  • 理由②:モチベーションが上がるから
  • 理由③:顔が重視される仕事内容だから

それでは、企業が顔採用する理由3つをそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

理由①:営業で結果が出やすいから

企業が顔採用をする理由1つ目は、営業で結果が出やすいからです。

人はイケメンや美女など、容姿の優れた人に対して好感を得やすいため、見た目の良い人ほど営業や接客で高い結果を出しやすいです。

企業も利益目的で運営しているため、より結果を出してくれる人材を採用したいと考えています。

そのため企業は自社に利益をもたらしてくれるようなイケメンや美女などを採用しています。

もちろん人柄も見られてはいますが、見た目の良さは大きな強みになるため、企業は顔採用をしています。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

理由②:モチベーションが上がるから

企業が顔採用をする理由2つ目は、モチベーションが上がるからです。

身近な環境に素敵な男性や女性がいれば、一緒に仕事をすることが楽しみになりますよね。

社員のモチベーションが上がれば、結果として企業の営業成績向上にもつながる可能性があるため、企業は顔採用をしています。

企業にとって、社員のモチベーション管理は非常に難しいです。
顔採用をして社員のモチベーションが管理できると思えば、企業にとって安上がりなので、企業は顔採用をしています。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

理由③:顔が重視される仕事内容だから

企業が顔採用をする理由3つ目は、顔が重視される仕事内容だからです。

テレビアナウンサーやキャビンアテンダント(CA)など、多くの人に見られる職業は、見た目で企業の印象が決まることもあります。

考えてみれば、モデルや社長秘書なども、容姿の整った人が多いですよね。

そもそも見た目や表情が重視されるような業界では、顔採用をされることが多いです。

さて、企業が顔採用をする理由について理解できましたね。
見た目の良い人の方が第一印象で高評価を得やすいため、人事も意識していて顔採用をしているわけではありません。
ではどうすれば顔採用を上手に乗り切ることができるのか、気になる就活生も多いと思います。

そこで次に、顔採用を乗り切る対策方法3つを紹介します。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

顔採用を乗り切る5つの対策方法

顔採用の対策方法

就活生ちゃん

私の志望する業界では顔採用が多いのですが、自分の見た目に自信がなくとても不安です。
どうしてもその業界に就職したいです、どうやって対策すれば良いでしょうか…?

顔採用は対策をすれば、なんとか乗り切れることもあります。
顔採用を乗り切るためには、次の5つの対策方法を試してみましょう。

「就活の教科書」編集部 コータ

顔採用を乗り切る5つの対策方法
  • 対策①:服装を清潔にする
  • 対策②:顔周りと髪型を整える
  • 対策③:笑顔を意識する
  • 対策④:ハキハキと喋る
  • 対策⑤:証明写真をプロに撮ってもらう

それでは、顔採用を乗り切る5つの対策方法をそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

対策①:服装を清潔にする

顔採用を乗り切る対策方法1つ目は、「服装を清潔にする」です。

服装を清潔にすることで、第一印象が良くなりやすいため、顔採用を乗り切れる可能性があります。

ワイシャツにはアイロンをかけて綺麗にし、靴はピカピカに磨いておきましょう。

ネクタイも適度な長さに整えていると、面接官に好印象を与えられます。

スーツはシワがないように手入れをしておき、あまりアクセサリーは身につけないようにしましょう。

社会人にとって清潔感は非常に大切です。
清潔感がない人とは、一緒に仕事をしたくないですよね。
選考を受ける時から、清潔感を大切にしましょう。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

就活の服装については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

 

対策②:顔周りと髪型を整える

顔採用を乗り切る対策方法2つ目は、「顔周りと髪型を整える」です。

顔周りと髪型が整えられていることも、第一印象に関わります。

男性と女性で分けて解説しますね。
まずは男性の場合から解説していきます。

「就活の教科書」編集部 コータ

男性は、ヒゲは剃り残しがないように整え、髪型は爽やかさを意識しましょう。

髪は眉毛や耳にかからないように散髪しておきましょう。

ワックスやジェルなどで髪型を整えると、爽やかな印象を与えやすいのでオススメです。

次に、女性の場合を解説します。

「就活の教科書」編集部 コータ

女性は、目・眉毛・口などのパーツの印象を強められるメイクがオススメです。

髪型は、ショートヘアの場合は軽くワックスなどをつけて、ハネがないように抑えておきましょう。

ロングヘアの場合は、おでこが見えるように前髪を後ろまでもっていき、ヘアゴムで結んでまとめましょう。

髪の毛がボサボサの人に会っても、あまり良い印象は受けませんよね。
顔採用を乗り切るためには、顔周りや髪型など、簡単に手入れできることは普段から心がけておきましょう。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

対策③:笑顔を意識する

顔採用を乗り切る対策方法3つ目は、笑顔を意識する」です。

笑顔を意識することで、面接官に良い印象を与えやすくなります。

面接や証明写真など、相手に表情を見られる際には笑顔を意識することが大切です。

大学で友達や先生と話す時、アルバイトで接客をする時など、普段から笑顔で話す練習をしてみましょう。

とは言っても、笑顔をキープするのは難しいですよね。
軽く口角をあげるだけでも、あなたの印象は格段に良くなりますよ。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

対策④:ハキハキと喋る

顔採用を乗り切る対策方法4つ目は、「ハキハキと喋る」です。

ハキハキと喋ることで、話の内容が面接官に伝わりやすくなり、好印象を与えやすくなります。

反対にボソボソと小さい声で話してしまうと、何を言っているのかが伝わらず、低評価をされてしまいます。

ハキハキと話す人は魅力的にも見えるので、顔採用を乗り切るための重要なポイントです。

最近ではコロナウイルスの影響で、録画面接や動画面接など、オンラインで就活をする機械も多いと思います。
動画を撮る際にも、大きな声で話す表情を大きく動かすなどの工夫をすることで、顔採用を乗り切れるかもしれませんよ。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

対策⑤:証明写真をプロに撮ってもらう

顔採用を乗り切る対策方法5つ目は、「証明写真をプロに撮ってもらう」です。

履歴書やエントリーシート(ES)に提出する証明写真をプロに撮影してもらうことで、写りが良くなり、好印象を与えられます。

もちろんスマホの自撮りや、証明写真機などで撮影した写真を使うのも悪くはありません。

しかしメイクやヘアセットをしてもらい、プロが上手に加工した証明写真を提出した方が、企業に高評価されやすくなります。

履歴書やエントリーシート(ES)に提出する証明写真については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

顔採用が行われやすい業界

就活生くん

業界によって、顔採用が行われやすい業界、行われにくい業界があると聞いたことがあります。
そもそも顔採用って、どんな業界で行われているんでしょうか?

どんな業界で顔採用が行われているのか、事前に知っておきたいですよね。
顔採用が行われやすい業界は、次の4つです。

「就活の教科書」編集部 コータ

顔採用が行われやすい業界4つ
  • 業界①:マスコミ業界
  • 業界②:航空業界
  • 業界③:美容業界
  • 業界④:広告業界

それでは、顔採用が行われやすい業界4つをそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

業界①:マスコミ

顔採用が行われやすい業界1つ目は、マスコミ業界です。

マスコミ業界は人に見られる機会が多いため、容姿が非常に重視されやすく、顔採用も多く行われています。

マスコミ業界の中でも特にアナウンサー職は、テレビ番組などを通して多くの人に見られるため、顔採用が行われやすいです。

マスコミ業界の対策方法については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

業界②:航空業界

顔採用が行われやすい業界2つ目は、航空業界です。

航空業界の中でも特にキャビンアテンダント職は、乗客に安心と信頼を与える必要があります。

美女など容姿の良い人の方が、乗客に安心と信頼を与えやすくなるため、顔採用が行われやすいです。

また航空業界は顔採用だけでなく、マナーや礼儀作法にも非常に厳しいです。
そのため航空業界を志望している就活生は、キャビンアテンダントスクールに通うなどして、あらかじめ対策をしておきましょう。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

業界③:美容業界

顔採用が行われやすい業界3つ目は、美容業界です。

百貨店や専門店などで美容製品を販売する人には、製品の良さを際立たせるために、見た目の綺麗さが求められます。

消費者は綺麗な店員さんに憧れを抱くことで、「あの製品を買いたい!」と心を動かされるものです。

そのため美容業界を志望する就活生は、普段から化粧品などの美容製品を使い、清潔感を意識することが大切です。

 

業界④:広告業界

顔採用が行われやすい業界4つ目は、広告業界です。

広告業はクライアントがいて初めて成り立つ仕事なので、多くのクライアントを獲得する必要があります。

前述した通り、イケメンや美女などの容姿が綺麗な人が営業することで、多くの契約獲得につながります。

そのため、広告業界では顔採用が行われやすいです。

広告業界の対策方法については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

今回紹介した4つの業界以外にも、顔採用を行っている業界・企業があるかもしれません。
また業界全体では顔採用をしていなくても、一つ一つの企業では顔採用をしているケースもあります。
顔採用を上手に乗り切るために、顔採用をしている業界かどうかを事前に調べておきましょう。

「就活の教科書」編集部 コータ

 

 

まとめ:顔採用は対策をすれば、上手に乗り切れる!

この記事では、

「就活の教科書」編集部 コータ

今回の記事で学んだこと

そもそも顔採用ってあるの?

  • 顔採用をしている企業も一部ある

企業が顔採用をする理由

  • 理由①:営業や接客で結果が出やすいから
  • 理由②:社員のモチベーションが上がるから
  • 理由③:そもそも顔が重視される仕事内容だから

顔採用を乗り切る5つの対策方法

  • 対策①:服装を清潔にする
  • 対策②:顔周りと髪型を整える
  • 対策③:笑顔を意識する
  • 対策④:ハキハキと喋る
  • 対策⑤:証明写真をプロに撮ってもらう

顔採用が行われやすい業界

  • 業界①:マスコミ業界
  • 業界②:航空業界
  • 業界③:美容業界
  • 業界④:広告業界

顔採用は、すべての企業が実施しているわけではありません。
見た目で選考を落とされることがないように、日頃から身だしなみに気をつけておきましょう。

「就活の教科書」編集部 コータ