>> 内定者が選んだ就活に役立つサービス15選 <<

【高学歴なのに無い内定(NNT)】内定が出ない理由と3つの対策 | 学歴優遇に惑わされるな!

高学歴の無い内定(NNT)のアイキャッチ画像

こんにちは!「就活の教科書」編集部の松村です。

この記事では、高学歴の学生の無い内定の理由と対策を紹介します。

「就活の教科書」編集部 松村

就活生ちゃん

高学歴の大学に通っているのに無い内定(NNT)なのはどうして?

就活生くん

就活終盤にまだ無い内定(NNT)の僕がどうやったら内定獲得できますか?

そんなあなたに、この記事では高学歴学生の無い内定(NNT)の理由3つと対策3つを紹介しています。

この記事を読めば、大学卒業までに無い内定(NNT)を抜け出せます。

無い内定(NNT)で困っている高学歴の方は、ぜひ最後まで読んでください。

 

そもそも、無い内定(NNT)とは

就活生くん

”無い内定”って何ですか?

内々定の間違いですよね?

いいえ、実際に「無い内定(NNT)」という言葉があるんですよ。

最近できた造語ですけどね。

「就活の教科書」編集部 松村

「無い内定」とは、”内定が無い”と”内々定”をかけて使われる、内定をもらっていない状態のことです。

さらに、無い内定を略して「NNT」(Nai Nai Tei)と表します。

近年、インターネットやSNSで発生したスラングです。

造語ができるほど、無い内定で悩んでいる学生が増えていることがわかります。

「無い内定(NNT)」は、内々定と同じ発音で反対の意味の言葉なので、自虐的に用いられることが多いです。

無い内定は、高学歴の学生も例外ではありません。

「就活の教科書」編集部 松村

 

高学歴でも無い内定に苦しんでいる

無い内定(NNT)で苦しんでいる就活生は、高学歴の学生も同様で、偏差値の低い学生だけではありません。

10月1日の内定式までに内々定をもらえなかった高学歴学生も少なくないはずです。

確かに、僕の知り合いは、先輩たちに比べると無い内定の学生が多いです。

「就活の教科書」編集部 松村

 

高学歴就活生の近年の傾向

近年の就活市場では、優秀な学生は多くの内定を獲得し、優秀でない学生は一つも内定を獲得できないという「二極化」現象が起こっています。

好景気により、就活生が内定を獲得しやすい「売り手市場」だと言われてきたのに、なぜ二極化現象が起こるのでしょうか?

 

二極化現象が起こるのは、日本の景気が右肩下がりであることが理由です。

就活市場も同様に、日本の景気に影響を受けて内々定をもらいづらくなっています。

高学歴の就活生は、高学歴の慢心から、景気が悪くても簡単に内々定をもらえると思っています。

僕がインターンシップや説明会に参加したとき、人事や社員の方から「売り手市場だから~」とか「内定いっぱいもらえるよ」などという声をたくさん耳にしました。

ただ、それは景気の良かった去年までの話でした。

「就活の教科書」編集部 松村

 

「学歴フィルター」は過去のもの

「学歴フィルター」という言葉をご存知でしょうか。

学歴フィルターとは、高学歴の学生を実際よりも高く評価してしまう世の中の偏見のことです。

昔は、学歴フィルターが、学生にも企業にも大きく影響を与えていました。

何か一つ良い特徴を持っている人のほかの特徴もつられて良く見えてしまう現象を、心理学的に「ハロー効果」といいます。

「就活の教科書」編集部 松村

就活で高学歴が優遇される時代は少しずつ終わりに向かっています。

企業が求めているのは、高学歴の就活生ではなく、会社のために役に立つ人材だからです。

近年は、「高学歴 ≠ 役に立つ」とする企業が増えてきたので、学歴フィルターは弱まりまりつつあります。

ただ弱くなったとしても、自分の無い内定(NNT)を日本に景気や学歴フィルターのせいにしても前には進めません。

しっかり無い内定(NNT)理由を分析しましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

 

就職活動での「学歴フィルター」については、こちらの記事で解説していますので、合わせて参考にしてください。

 

高学歴無い内定の理由3つ

自分が高学歴だと自覚があるのに、無い内定(NNT)の学生には理由があります。

高学歴ではない学生にも無い内定の学生はいますが、この記事で紹介するのは高学歴の学生特有の理由です。

高学歴学生の無い内定理由は、以下の3つです。

  • 高学歴の慢心
  • 周りのように自分も優秀だと思い込む
  • 有名大手企業しか受けていない

今から選考を受け始める高学歴の学生は、この理由に注意して就活をしてください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

理由①:高学歴の慢心

高学歴就活生が無い内定(NNT)の理由1つ目は、「自分は高学歴だから大丈夫」だという慢心です。

慢心があると必要な努力を怠ってしまいます。

昔の風潮に惑わされて学歴に頼っている人が陥りやすいです。

 

企業は優秀な学生を獲得するために、学歴を重視するのをやめました。

自分を表現するものが学歴しかない就活生はエントリーシートや面接で困ります。

偏差値の高い大学に進学して、水準の高い教育を受けることは素晴らしいことです。

しかし、就活で大切なのは、良い教育環境で何を学んだかです。

高学歴という慢心は今すぐ捨ててください。

さらに、慢心のせいで謙虚さを失った学生は、無意識のうちに面接で態度に出るので、気を付けてくださいね。

「就活の教科書」編集部 松村

 

理由②:周りのように自分も優秀だと思い込む

高学歴就活生が無い内定(NNT)の理由2つ目は、自分も周りのように優秀な学生であると勘違いしてしまうことです。

高学歴の大学にはやはり優秀な学生が多いですが、みなが優秀だというわけではありません。

確かに、友達や先輩など身近なところに優秀な学生はいると思います。

しかし、あなたも同様に優秀でしょうか?

 

自分も優秀だと思い込んでいる就活生は、自己分析が疎かになりがちです。

優秀な友達と一緒にいるだけで自己評価が高くなり、自己分析をしなくても内々定がもらえると勘違いしてしまいます。

優秀な友達を持つことは良いことですが、その友達に流されると就活で失敗してしまいます。

就活で全滅してしまう理由はこの記事で紹介しているので、参考にしてみてください。

 

理由③:有名大手企業しか受けていない

高学歴就活生が無い内定(NNT)の理由3つ目は、有名大手企業しか受けていないことです。

有名大手企業しか受けないのは、周りの目を気にしているからです。

無名の企業しか内定をもらえなかったら、親や友達に顔向けできないと思っているのでょうか。

 

周りの評価を気にしながら生きていては、人生そのものが豊かではなくなっていきます。

どの企業に行くかは非常に重大な決断のなので、知名度だけで企業を探すのは効率の良い就活とはいえません。

有名企業に憧れる気持ちもよくわかります。
人の目を気にしていては、視野が狭くなるので気を付けてください。

有名企業・大企業ばかり受けてきたという就活生は、ベンチャー企業や中小企業を検討してみてもいいかもしれません。
「ベンチャー企業ってぶっちゃけどうなの?」という就活生には、【内定者が教える】ベンチャー企業ってどうなの? デメリットや就職先の選び方もが参考になります。

「就活の教科書」編集部 松村

また、無い内定になってしまう原因は以下の記事で詳しく紹介しているので、読んでみてください。

 

高学歴が無い内定から抜け出すための対策3つ

高学歴就活生が無い内定(NNT)になる理由を説明してきましたが、そんな就活生が無い内定を抜け出すにはどうしたらよいか説明していきます。

高学歴就活生が無い内定にから抜け出すための対策は3つあります。

  • 大学名に頼らない
  • 優秀な層の猿真似をしない
  • 自己分析をやり直して最適な道を選ぶ

焦りは禁物です。

一つずつ見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

 

対策①:大学名に頼らない

高学歴就活生が無い内定(NNT)を抜け出す対策1つ目は、大学名に頼らないことです。

人事が見ているのは、出身大学ではないからです。

人事はあなた個人を見ています。

人事は面接であなた個人について知りたいのに、何も出てこなければ当然落とされます。

 

あなた自身をどうアピールするか考えていくことが選考対策に繋がっていきます。

就活において、学歴フィルターはなくなったのだと肝に銘じてください。

選考で大切なのは、個人としてどう見られるかです。

就活で学歴を自慢する学生は、人として中身が無い証拠です。

「就活の教科書」編集部 松村

 

対策②:優秀な層の猿真似をしない

高学歴就活生が無い内定(NNT)を抜け出す対策2つ目は、優秀な層の猿真似をしないことです。

高学歴で無い内定の就活生は、優秀な学生と同じことをしていれば内定がもらえる、と勘違いしていることが多いです。

何も考えず優秀な学生の真似をする猿真似は、返って逆効果です。

自分に合った就活をしなければ内定はもらえません。

僕も、優秀な学生みたいにたくさんインターンシップに参加したり、志望動機を真似したりしていました。

今思えば意味なかったです。

「就活の教科書」編集部 松村

優秀な学生が内々定をたくさんもらえるのは、学歴のおかげではなく、本人のスキルや経験のおかげです。

優秀な就活生のように貴重な経験値やスキルがあれば、選考対策をしなくてもどんどん内定をもらえることがあります。

無い内定(NNT)の学生にはユニークな経験がないので、猿真似では内定を獲得できる就活はできません。

人の真似ではなく、主体的動くことが無い内定脱出のカギになります。

「就活の教科書」編集部 松村

 

対策③:自己分析をやり直して最適な道を選ぶ

高学歴就活生が無い内定(NNT)を抜け出す対策3つ目は、自己分析をやり直して最適な道を選ぶことです。

高学歴で無い内定の学生は、もともと優秀なので、自己分析をするだけで劇的に上手くいくことがあります。

しっかり自己分析をすると、自分に合った企業がどういう企業なのか理解できます。

知名度とフィーリングだけで企業を選んでしまうと内定の獲得は困難になります。

「就活の教科書」編集部 松村

くれぐれも、自分の特徴を理解せずに企業選びの軸を作るのは、やめましょう。

たとえ、内定が獲得できて入社しても、ミスマッチが起こり早期に退社する可能性が高くなります。

一度しっかり時間を使って自己分析をしてみてください。

立ち止まったら自己分析です。

「就活の教科書」編集部 松村

自己分析のやり方はこちらの記事で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

 

まとめ:無い内定でも気にするな

いかがだったでしょうか。

この記事では、高学歴就活生の無い内定(NNT)の理由3つと高学歴無い内定(NNT)を抜け出すための対策3つを紹介しました。

無い内定(NNT)でも落ち着いてください。

無い内定でも人生が終わるわけではありません。

辛い時もあると思いますが、根気よく就活を続けてみてください。

もし、就活を諦めて卒業するとどうなるか【無い内定で卒業はアリ?】就活せずに大学卒業するとどうなるのか | 進路,デメリットもで紹介しているので読んでみてください。

 

自分が納得できるまでとことん就活をしてくださいね。

就活の教科書では、就活に役立つ様々な記事を掲載しています。

ぜひ他の記事も読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

\ すでに400人以上の21卒が参加!! /
内定者が経験した就活情報をLINEにお届け
無料登録はコチラ