>> 内定者が選んだ就活に役立つサービス15選 <<

【内定者が教える】特別選考枠の獲得方法とデメリット | 落ちたら本選考はどうなる?

この記事で分かること
  • 特別選考とはなんなのか
  • 特別選考の評判
  • 特別選考に落ちたら一般選考に影響するのか
  • 特別選考のメリット/デメリット
  • 特別選考を獲得する方法

 

こんにちは。「就活の教科書」編集部の西川です。
皆さんは特別選考枠について知っていますか?

「就活の教科書」編集部 西川

就活生くん

特別選考は気になってはいますが詳しくは知らないです。

就活生ちゃん

特別選考枠を受けようと思っているのでメリットやデメリットについて詳しく知りたいです。
分かりました。ではこの記事で特別選考について詳しく解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

就活を進めていると、特別選考枠という気になる単語によく出会います。

内定が欲しい僕たちからすると、どこかに怪しさを秘めている、とても気になる言葉です。

そこでこの記事では、特別選考について調査した「就活の教科書」編集部の西川が、
特別選考の評判から、落ちたら一般選考に影響するのか、特別選考を受けるメリット/デメリット、特別選考ルートのもらい方について詳しく説明していきますね。

この記事を読めば、特別選考枠がどういう意味を持っているのか正しく理解でき、就活で上手く利用できますよ。

ぜひ最後まで読んでみて下さいね。

特別選考枠ってなんだろう

就活生くん

そもそも特別選考って何ですか?

一般選考とは何が違うのでしょうか。

そうですね。まずは、特別選考とは何なのかについて説明していきます。

「就活の教科書」編集部 西川

 

そもそも特別選考とは

特別選考とは、インターンシップや就活エージェント・就活イベントを利用した際に紹介される、一般選考とは異なる選考ルートです。

特別選考ルートの案内がされた場合、エントリーシートの提出やグループワーク選考などが免除される場合が多いです。

また近年では就活の早期化に伴ってインターンシップからの内定が多くなっており、特別選考ルートへの案内も多くなっています。

ただし、インターンシップから特別選考ルートへ案内されるには、企業から高い評価を受ける必要があります。

そのため、就活エージェントや就活イベントから特別選考ルートを受ける場合が多いです。

 

特別選考枠の評判 4選

就活生ちゃん

なるほど。やはり一般選考よりも特別な選考なのですね。

まだ何となく特別選考のイメージができていないのですが、実際には特別選考を受けた方が得するのでしょうか。

特別選考を受けた方がいいのか判断するために、まずは一般選考の評判を見てみましょう。

以下にTwitterから集めてきた特別選考の評判を紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 西川

 

評判①:「早期選考は特別選考が多い」

この方は、早期選考は競争率が高い一般企業やインターンシップからの特別選考が多いと述べていますね。

早期選考に乗りたい就活生の方は、インターンシップからの特別選考ルートを狙うにもアリですね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

評判②:「特別選考で11月に内定もらった」

この方は友人がある企業の夏インターンシップから特別選考ルートに案内され、3年生の11月に内定を貰ったと述べられていますね。
3年生の11月に内定は驚異的な速さです。

「就活の教科書」編集部 西川

 

評判③:「メディア系は特別選考からの本採用が多い」

この方はテレビ局、広告代理店、新聞社等はインターンシップからの特別選考ルートで本採用を考えているようです。

もしこれが本当なら大手メディア企業を志望する就活生はインターンシップに参加した方が良いかもしれないですね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

評判④:「特別選考でもSPI受験を求められた」

この方は特別選考ルートに案内されたものの、SPIの受験を求められたようですね。

このように特別選考ルートと言いつつも内容は様々です。

同じ会社でも就活生によって特別選考の内容が違う場合があるので、注意が必要です。

「就活の教科書」編集部 西川

ここまで特別選考ルートの評判について説明してきました。

特別選考ルートは企業や就活生によって内容や意味合いが異なる様です。

期待しすぎず、注意しながら選考に臨んでみてくださいね。

 

特別選考枠に落ちたら一般選考に影響するの?

就活生くん

特別選考に招待されたので受けてみようと思うのですが、もし特別選考に落ちたら一般選考にも影響が出るのでしょうか。
確かに特別選考を受けて、一般選考も受けられるのかは確認しておきたいですよね。

この項目で特別選考に落ちた後、一般選考を受け直せるのか説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

結論:一般選考を受け直せるかは企業による

特別選考に落ちた後、一般選考を受け直せるのかは、企業ごとに異なります。

もし第一志望の特別選考を受ける場合は、内定を貰える実力がついているか判断した上で特別選考に挑みましょう。

特別選考の後に、一般選考を受け直せるかについては、企業の新卒採用担当に問い合わせることで確認できます。

僕は大手広告代理店のアサツーディ・ケイの早期選考に落ちましたが、その後の一般選考で再受験できました。

僕の場合は早期選考で失敗からの一般選考受け直しのパターンでしたが、僕のように企業の選考を2回受けられるパターンもあります。

早期選考について他にも知りたい方は、以下の記事で早期選考を受けるメリットや落ちた原因が分かるので、ぜひ参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 西川

 

特別選考枠を利用するメリット3つ

就活生ちゃん

特別選考には様々な特徴があるのですね..

なんだか特徴が多すぎるので簡単に特別選考の特徴をまとめて欲しいです。

分かりました。

では、ここまで紹介してきた特別選考のメリット/デメリットなどをまとめて紹介しますね。
特別選考で得られるメリットは以下の3点です。

「就活の教科書」編集部 西川

特別選考を利用するメリット
  • 選考を免除される
  • 自己分析・業界研究なしで選考を受けられる
  • 早期内定を貰えるチャンス

 

メリット①:選考を免除される

特別選考で得られるメリットの1つ目は、「選考を免除される」点です。

免除される選考は、企業や就活生の実力によって異なりますが、以下の3点の選考が免除されやすいです。

免除されやすい選考3つ
  • エントリーシート
  • 適正検査
  • 一次選考(グループワークや面接)
面倒なエントリーシートや適性検査をスキップできるのはありがたいですね!

「就活の教科書」編集部 西川

 

メリット②:企業研究なしで選考を受けられる

特別選考で得られるメリットの2つ目は、「企業研究なしで選考を受けられる」点です。

就活エージェントや就活イベントでは、その日に出会った企業に特別選考ルートに招待されます。

そのため、就活生に志望動機が無いことは企業も分かっており、志望動機は求められません。

就活エージェントや就活イベントからの特別選考ルートの場合、志望動機よりも企業との適正の度合いを見られています。

声をかけられたという事は、ある程度適正があると判断されているはずなので、自分を偽らず正直に勝負してみましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

メリット③:早期内定を貰えるチャンス

特別選考で得られるメリットの3つ目は、「早期内定を貰えるチャンス」がある点です。

特別選考ルートでは選考免除されるパターンが多いため、通常よりも早いペースで選考が進みます。

例えば通常選考では4月にESを提出して6月に内定を貰う、2カ月間のスパンが一般的ですが、特別選考の場合は最短で1週間で内定をもらえる場合もあります。

早く内定が欲しい就活生の方は特別選考を狙うのも戦略の1つですね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

特別選考枠を利用するデメリット3つ

では次に特別選考を利用するデメリットについて説明していきます。

この項目で紹介する特別選考を利用するデメリットは以下の3点です。

「就活の教科書」編集部 西川

特別選考を利用するデメリット
  • 誇大表現の企業がある
  • 落ちたら再受験できるか不明
  • 選考慣れできない

 

デメリット①:誇大表現の企業がある

特別選考を利用するデメリットの1つ目は、「誇大表現の企業がある」点です。

「特別選考ルートがある」というフレーズは、就活イベントの宣伝文句としてよく使われています。

しかしこのフレーズは、イベントによっては学生を集客するために軽々しく使っている可能性があるので注意が必要です。

当サイト「就活の教科書」では、特別選考ルートを紹介してくれて信頼できる就活イベントとして、「Meets Company」をおすすめしています。

「就活の教科書」編集部 西川

 

デメリット②:落ちたら再受験できるか不明

特別選考を利用するデメリットの2つ目は、「落ちたら再受験できるか不明」です。

インターンシップから特別選考ルートで選考に参加する場合、就活の時期自体が速く、まだ就活生の対策が完成していない場合が多いです。

もし特別選考ルートに参加する場合は、「次のチャンスは無い」という意気込みで全てをぶつけられるよう対策していきましょう。

基本的には、特別選考ルートで落ちたら通常選考は受けられないという認識を持って準備するのがオススメです。

「就活の教科書」編集部 西川

 

デメリット③:選考慣れできない

特別選考を利用するデメリットの3つ目は、「選考慣れできない」です。

特別選考では、一次面接が免除される場合もあります。

通常選考を受ける就活生は、一次面接で企業の雰囲気を掴んでから二次面接を受けられます。

しかし、特別選考で一次面接を免除された就活生はいきなり二次面接を受けることになり、心の準備が整わないまま面接が終わる可能性もあります。

ここまで特別選考のメリットとデメリットについて説明してきました。

まとめとして言えることは、「特別選考は有利に就活を進められる」ということです。

特別選考のデメリットとして3点あげましたが、選考の準備ができているなら、特別選考を受けることは基本的にはメリットです。

しっかり準備して選考に備えましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

特別選考枠を獲得する方法

就活生ちゃん

特別選考は就活を有利に進められることは理解できました!

では特別選考ルートにはどうやったら入れるのでしょうか。

特別選考ルートについて理解して頂けて良かったです!

特別選考ルートを獲得する方法は以下の2つの方法があります。

「就活の教科書」編集部 西川

特別選考ルートを獲得する方法 2選

 

方法①:インターンシップに参加して高評価を得る

特別選考ルートを獲得する方法の1つ目は、「インターンシップに参加して高評価を得る」です。

近年の就職活動の早期化により、インターンシップで目ぼしい就活生に声をかけたいという企業のニーズは高まっています。

そのためインターンシップに参加して社員から高評価を受けた就活生は、特別選考ルートに招待されます。

インターンシップの種類は長期インターンシップだけではなく、1Dayインターンシップでも特別選考ルートに招待される可能性はあります。

特別選考ルートで内定を狙いたい就活生の方は、まずはインターンシップに参加してみるにも戦略の1つです。

「就活の教科書」編集部 西川

 

方法②:特別選考が得られるサービスを利用する

特別選考ルートを獲得する方法の2つ目は、「特別選考が得られるサービスを利用する」です。

特別選考が得られるサービスとは、以下の3種類のサービスです。

特別選考が得られるサービス
次の項目でそれそれのおすすめのサービスについて説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

特別選考枠が得られるサービスおすすめ 12選

この項目では、特別選考枠が得られるサービスについて説明していきます。

この項目で紹介する特別選考枠が得られるサービスは、以下の12個です。

「就活の教科書」編集部 西川

特別選考枠が得られるサービス 12選

特別選考が得られるイベント おすすめ5選

特別選考が得られるエージェント おすすめ5選

特別選考が得られる逆求人サイト おすすめ2選

これらのサービスの中でそれぞれおすすめを1つずつ紹介すると、
イベントは、Meets Company
エージェントは、キャリアチケット
逆求人サイトは、OfferBoxです。

「就活の教科書」編集部 西川

 

特別選考が得られるイベント おすすめ5選

それでは、特別選考が得られるイベントについて説明していきます。

「就活の教科書」編集部 西川

 

イベント①:Meets Company

ミーツカンパニー 写真

特別選考が得られるおすすめイベントの1つ目は、ミーツカンパニー(Meets Company)です。

Meets Company(ミーツカンパニー)は、当サイト「就活の教科書」で最もオススメしている就活イベントです。

Meets Companyの特徴は、一日で最大8社の選考を同時に受けられる点です。

グループワークの後に座談会もあるので、普段の説明会では聞けないような質問もできます。

Meets Companyに関しては、こちらの記事で詳しく説明しています。

「就活の教科書」編集部 西川

 

イベント②:Premium Startup Seminar

プレミアムスタートアップセミナー(Premium Startup Seminar)

特別選考が得られるおすすめイベントの2つ目は、「Premium Startup Seminar」です。

Premium Startup Seminarは、株式会社ネオキャリアが運営する過去180回以上の開催歴を誇るマッチングイベントです。

Premium Startup Seminarの特徴は、一日で5社と出会えるだけでなく、面接力を上げるためのスキルを個別で教えてくれる点です。

有名企業と出会える上に、面接力も上げられます。

Premium Startup Seminarに関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

「就活の教科書」編集部 西川

 

イベント③:digmee

特別選考が得られるイベント

特別選考が得られるおすすめイベントの3つ目は、「digmee」です。

digmeeの最大の特徴は、「LINEで簡単に選考やイベントの予約ができる」点です。

digmeeだけの特別選考ルートをLINEで確認し、トーク画面内で予約までできます。

また、digmee tryoutという人気企業の選考を最大8社まで受けられる選考イベントもあります。

digmeeに関しては、こちらの記事で詳しく説明しています。

「就活の教科書」編集部 西川

 

イベント④:Goodfind

特別選考が得られるイベント

特別選考が得られるおすすめイベントの4つ目は、「Goodfind」です。

Goodfindの特徴は、本当に成長している優良ベンチャー企業だけを紹介している点です。

紹介している有名企業としては、ディー・エヌ・エーやビズリーチなどがあります。

Goodfindに関してはこちらの記事で詳しく説明しています。

「就活の教科書」編集部 西川

 

イベント⑤:type就活

type就活エージェント2

特別選考が得られるおすすめイベントの5つ目は、type就活です。

type就活のスカウトイベントでは、「100名以上がここをきっかけに内定を獲得した」と公式サイトで謳われています。

参加する企業は、20代が活躍する成長企業が集められており、入社してすぐに活躍したい就活生におすすめのイベントです。

type就活は就活エージェントのサービスも行っています。

type就活の就活エージェントに関しては、こちらの記事で詳しく説明しています。

「就活の教科書」編集部 西川

 

就活イベントに関しては、こちらの記事で詳しくまとめています。

ぜひ参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

特別選考が得られるエージェント おすすめ5選

続いて、特別選考が得らえるおすすめの就活エージェントについて紹介します。

特別選考が得らえるおすすめの就活エージェント以下の5個です。

「就活の教科書」編集部 西川

おすすめの就活エージェント

 

エージェント①:キャリアチケット

キャリアチケット

特別選考が得らえるおすすめの就活エージェントの1つ目は「キャリアチケット(career ticket)」です。

キャリアチケットは、当サイト「就活の教科書」が最もおすすめする就活エージェントです。

キャリアチケットの特徴は、就活の5人に1人が利用しているという支持率の高さです。

また、キャリアチケットで紹介される企業は、実際に取材された上で厳選された企業のみなので、ブラック企業を高い確率で避けられます。

キャリアチケットに関しては、こちらの記事で詳しく説明しています。

「就活の教科書」編集部 西川

 

エージェント②:JobSpring

ジョブスプリング

特別選考が得らえるおすすめの就活エージェントの2つ目は「JobSpring」です。

JobSpringの特徴は辞めない会社に出会え、納得できる企業に出会える点です。

JobSpringでは、「AIによるマッチング」と「エージェントによるヒアリング」を活かすことで、早期退職率0.1%という驚異的なマッチング率を誇っています。

JobSpringに関しては、こちらの記事で詳しく説明しています。

「就活の教科書」編集部 西川

 

エージェント③:DiG UP CAREERDiG UP CAREER

特別選考が得らえるおすすめの就活エージェントの3つ目は「DiG UP CAREER」です。

DiG UP CAREERの特徴は、サポートする就活生の数を絞り、限定した人数に手厚いサービスを行っている点です。

この手厚いサービスの結果、就活生の「満足度90%超え・友人紹介率60%超え」という圧倒的な満足度を誇っています。

DiG UP CAREERに関しては、こちらの記事で詳しくまとめています。

ぜひ参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ここまで特別選考ルートを紹介してくれるおすすめの就活エージェントについて説明してきました。

次の項目では、おすすめの逆求人サイトについて紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 西川

 

特別選考が得られる逆求人サイト おすすめ2選

それでは最後に、特別選考が得られる逆求人サイトを紹介していきます。

この項目で紹介するおすすめの逆求人サイトは以下の2つです。

「就活の教科書」編集部 西川

おすすめの逆求人サイト

 

サイト①:OfferBox

Offer Boxの適性診断AnalyzeU+

特別選考が得らえるおすすめの逆求人サイトの1つ目は「OfferBox (オファーボックス)」です。

OfferBoxの特徴は大手や外資、ベンチャーまで5,080社を超える優良企業からオファーを貰える点です。

また、OfferBoxでは企業が自分のプロフィールにアクセスした形跡を確認できるため、良質なプロフィールを作りやすく、オファーを貰いやすいです。

OfferBoxに関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

「就活の教科書」編集部 西川

 

サイト②:キミスカ

キミスカ適性検査

特別選考が得らえるおすすめの逆求人サイトの2つ目は「キミスカ」です。

キミスカの特徴は登録学生人数が8万1451人と、多くの学生が利用している点です。

また、キミスカでは逆求人のサービスだけでなく就活コンサルタントからの就活相談も受けられます。

キミスカに関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ここまで特別選考を得られるサービスについて紹介してきました。

あなたの気になるサービスは見つけられたでしょうか。

以下の記事で、それぞれのサービスについて詳しく紹介います。

ぜひ参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

まとめ:特別選考を利用して内定を獲得しよう!

今回の「【特別選考のすべて】特別選考枠の獲得法からデメリットまで完全解説 | 落ちたらどうなる?評判は?」かいかがだったでしょうか。

この記事では、特別選考について調査した「就活の教科書」編集部の西川が、

特別選考の評判から、落ちたら一般選考に影響するのか、特別選考を受けるメリット/デメリット、特別選考ルートのもらい方について詳しく説明してきました。

この記事で紹介してきた内容についておさらいします。

この記事で紹介してきた内容

特別選考とは
⇒インターンシップや就活エージェント・就活イベントを利用した際に紹介される、一般選考とは異なる選考ルート

特別選考枠に落ちたら一般選考に影響するのか
⇒企業による

特別選考枠を利用するメリット

  • 選考を免除される
  • 企業研究なしで選考を受けられる
  • 早期内定を貰えるチャンス

特別選考枠を利用するデメリット

  • 誇大表現の企業がある
  • 落ちたら再受験できるか不明
  • 選考慣れできない

特別選考枠を獲得する方法

  • インターンシップに参加して高評価を得る
  • 特別選考が得られるサービスを利用する

特別選考が得られるイベント おすすめ5選

特別選考が得られるエージェント おすすめ5選

特別選考が得られる逆求人サイト おすすめ2選

 

特別選考について知りたいことを知れたでしょうか。

当サイト「就活の教科書」では、他にも役立つ記事をたくさん更新しています。

ぜひまた読みに来てくださいね。

あなたの就職活動が上手くいくことを心から願っています。

「就活の教科書」編集部 西川