【内定者が教える】特別選考枠の獲得方法とデメリット | 落ちたら本選考はどうなる?

【内定者が教える】特別選考枠の獲得方法とデメリット | 落ちたら本選考はどうなる?

サイト監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career)

この記事で分かること

 

こんにちは。「就活の教科書」編集部です。
皆さんは「特別選考枠」について知っていますか?

「就活の教科書」編集部

就活生くん

特別選考は気になってはいますが詳しくは知らないです。

就活生ちゃん

特別選考枠を受けようと思っているのでメリットやデメリットについて詳しく知りたいです。
分かりました。ではこの記事で特別選考について詳しく解説していきますね。

「就活の教科書」編集部

 

就活を進めていると、特別選考枠という気になる単語によく出会います。

内定が欲しい僕たちからすると、どこかに怪しさを秘めている、とても気になる言葉です。

そこでこの記事では、特別選考について調査した「就活の教科書」編集部が、
特別選考の評判から、落ちたら一般選考に影響するのか、特別選考を受けるメリット/デメリット、特別選考ルートのもらい方について詳しく説明していきますね。

この記事を読めば、特別選考枠がどういう意味を持っているのか正しく理解でき、就活で上手く利用できますよ。

ぜひ最後まで読んでみて下さいね。

 

先に伝えておくと「早期選考を受けて早く就活を終わらせたい!」という方は「キャリアチケットスカウト」を使うのが一番おすすめです。

「キャリアチケットスカウト」を使うと、早期選考がある優良企業からオファーが来るので、早い時期から隠れホワイト企業の内定をもらえます。

また「自分に合う優良企業を紹介してほしい」なら、あなたに合う隠れ優良企業をプロから教えてもらえる「スタキャリ(24卒)レバテックルーキー(ITエンジニア就活特化)がおすすめですよ。

ホワイト企業の早期選考を受けたい!」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

就職活動に役立つサイト(無料)

\ 早期選考企業が見つかるサイト /

\ 優良企業探しに役立つサイト /

\ 早期内定に役立つおすすめサービス /

*参考:就活サイトおすすめ40選

「どのサービスを使えば良いかわからない…」という方は「キャリアチケットスカウト」で早期内定をGETでき優良企業からスカウトをもらうのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

目次

特別選考枠ってなんだろう、そもそも特別選考とは

就活生くん

そもそも特別選考って何ですか?

一般選考とは何が違うのでしょうか。

そうですね。まずは、特別選考とは何なのかについて説明していきます。

「就活の教科書」編集部

特別選考とは、インターンシップや就活エージェント・就活イベントを利用した際に紹介される、一般選考とは異なる選考ルートです。

特別選考ルートの案内がされた場合、エントリーシートの提出やグループワーク選考などが免除される場合が多いです。

また近年では就活の早期化に伴ってインターンシップからの内定が多くなっており、特別選考ルートへの案内も多くなっています。

ただし、インターンシップから特別選考ルートへ案内されるには、企業から高い評価を受ける必要があります。

そのため、就活エージェントや就活イベントから特別選考ルートを受ける場合が多いです。

 

ちなみに「学歴に自信はないけど、ホワイトな大手子会社に就職したい!」という就活生には、ITエンジニア職として就職するという選択肢もあります。

ITエンジニア職は、プログラミング未経験OKな会社も多く、①学歴より実力が評価される、②プログラミング経験がスキルとして身につく、③需要があるので仕事に困りにくいという大きなメリットがあります。

実際にITエンジニア職を目指して就活する場合、レバテックルーキーのような、ITエンジニアに詳しい就活エージェントを活用するのがおすすめです。

レバテックルーキーを使うと、IT業界の優良企業5,000社の中からあなたに合った企業を無料で紹介してくれますよ。

就活アドバイザー 京香

>> レバテックルーキーを見てみる


特別選考枠に落ちたら一般選考に影響するの?

就活生くん

特別選考に招待されたので受けてみようと思うのですが、もし特別選考に落ちたら一般選考にも影響が出るのでしょうか。
確かに特別選考を受けて、一般選考も受けられるのかは確認しておきたいですよね。

この項目で特別選考に落ちた後、一般選考を受け直せるのか説明していきますね。

「就活の教科書」編集部

 

結論:一般選考を受け直せるかは企業による

特別選考に落ちた後、一般選考を受け直せるのかは、企業ごとに異なります。

もし第一志望の特別選考を受ける場合は、内定を貰える実力がついているか判断した上で特別選考に挑みましょう。

特別選考の後に、一般選考を受け直せるかについては、企業の新卒採用担当に問い合わせることで確認できます。

僕は大手広告代理店のアサツーディ・ケイの早期選考に落ちましたが、その後の一般選考で再受験できました。

僕の場合は早期選考で失敗からの一般選考受け直しのパターンでしたが、僕のように企業の選考を2回受けられるパターンもあります。

早期選考について他にも知りたい方は、以下の記事で早期選考を受けるメリットや落ちた原因が分かるので、ぜひ参考にしてください。

「就活の教科書」編集部

 

「早期選考を受けて早く就活を終わらせたい!」という方は「キャリアチケットスカウト」を使うのが一番おすすめです。

「キャリアチケットスカウト」を使うと、早期選考がある優良企業からオファーが来るので、早い時期から隠れホワイト企業の内定をもらえます。

ホワイト企業の早期選考を受けたい!」という方は「キャリアチケットスカウト」を利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 「キャリアチケットスカウト」を使ってみる


特別選考枠を獲得する方法

就活生くん

就活を早く終わらわせたいです。

内定を早くもらうには具体的にどんな行動をすればいいのでしょうか。

早期内定を獲得するにはどうすれば良いのでしょうか?

就活を早く終わらせたいと考える就活生は非常に多いですよね。

そこで早期内定や早期選考を受けられる方法を紹介しますね。

就活アドバイザー 京香

【結論】早期内定を獲得する時に使うべきおすすめサービス

◆ あなたに合う優良企業からスカウトをもらって早期選考に進みたい

◆ インターンシップに参加して早期内定をもらいたい

◆ 就活のプロにあなたに合う企業紹介+内定までサポートしてもらいたい

◆ 優良IT企業から早期内定をもらいたい

どのサービスも多くの就活生が利用しており、早期内定や早期選考がもらえるサービスばかりなので、使っておいて損はないですよ。

就活アドバイザー 京香

早期内定を獲得する方法
  • 方法:逆求人アプリを使って優良企業からスカウトをもらう
  • 方法:インターンシップに参加して早期内定をもらう
  • 方法:就活のプロにあなたに合う企業紹介してもらう
  • 方法:IT業界志望なら優良IT企業から早期内定をもらう
  • 方法:早期選考イベントに参加する
  • 方法:小規模の合同説明会(合説)に参加する
  • 方法:OB/OG訪問をする
  • 方法:コネを使う

それでは早期内定を獲得する方法を1つずつ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部

 

方法:逆求人アプリを使って優良企業からスカウトをもらう

早期内定を獲得する方法は、「逆求人アプリを使って優良企業からスカウトをもらう」です。

逆求人アプリで企業からオファーが来た場合、早期選考やインターンシップの案内もされることが多いです。

逆求人アプリでは企業からオファーをしているため、通常の選考よりも内定率が高くなります

イベントや就活エージェントのハードルが高く感じる就活生の方は、逆求人サイトなら気軽に始められるのでオススメです。

数あるスカウトアプリの中でも特におすすめなのが、キャリアチケットスカウトです。

キャリアチケットスカウトには以下のような特徴があります。

「自分らしく働きたい!」と思っている方は、ぜひ利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

キャリアチケットスカウトのおすすめポイント
  • 「あなたの価値観に合った企業」を紹介してくれる
  • スカウトから短期選考やインターンシップへの優先招待などがある
  • あなたの価値観を考えたかなり詳しい自己分析診断ができる

>> キャリアチケットスカウトを試してみる

「スカウトがもらえるか不安…」「キャリアチケットスカウトって実際どう?」など不安な方は、ぜひ以下の記事も参考にしてみてくださいね。

キャリアチケットスカウトを利用すべき就活生の特徴や、利用するメリットなどについて詳しく解説しています。

就活アドバイザー 京香

 

ちなみに僕も、逆求人サイト経由で早期選考を3社ほど受けていました。

エース級の社員が登場する「特別説明会」などに呼ばれることも多いため、オススメです!

以下の記事でおすすめの逆求人サイトを紹介しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

 

方法:インターンシップに参加して早期内定をもらう

早期内定を獲得する方法は「インターンシップに参加して早期内定をもらう」です。

外資、内資系企業問わず、早期選考ルートへ乗り内定をもらうには、インターンシップに参加し、インターン選考ルートに進むのがベストです。

企業は優秀な就活生を早期に引き込むために、インターンシップを実施しています。

ただ注意点として、インターンシップに参加するだけでは、早期選考に呼ばれません。

インターンシップに参加して優秀だと判断された人のみ、早期選考ルートに乗れることが多いです。

また、インターンシップの情報は、ネットで「◯月 メガベンチャー インターン」などと検索すればヒットしますよ。

インターンシップを探すならインターンシップガイドを使うのが一番おすすめです。

日本最大の掲載企業数なので、大学1年生から利用可能で、有給・長期・職種・業界なども検索でき、早期選考につながるインターンを探せます。

大手などの有名企業や隠れ優良企業のインターンもあります。

インターンシップガイドは意外と知られていないサイトなので、他の就活生よりも早くに利用するのが良いですよ。

就活アドバイザー 京香

長期おすすめ③:インターンシップガイド

インターンシップガイドのおすすめポイント
  • 日本最大のインターン掲載企業数
  • 超大手~ベンチャー企業のインターンシップを探せる
  • 大学1年生や2年生からでもインターンを探せる

>> インターンシップガイドを試してみる

 

実際に僕も、3年生の夏頃からインターンシップに参加をし、インターン選考ルートに進んだ結果、早期内定をもらうことができました。

インターンシップ参加は業界・企業研究にも役立つため、早期内定を狙う方には非常におすすめです。

インターンシップについては、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

また、インターンシップに参加した場合、その経験をガクチカでアピールすることもできます。

インターンシップ経験を上手にアピールする方法は、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

方法:就活のプロにあなたに合う企業紹介してもらう

早期内定を獲得する方法は「就活のプロにあなたに合う企業紹介してもらう」です。

就活エージェントに頼ると就活のプロが内定までサポートしてくれ、あなたに合う企業を紹介してくれます。

就活のプロに頼ることで、早期選考を受けられる企業紹介だけでなく、ES添削や面接対策まで行ってくれるので、内定獲得率もUPしますよ。

そこで、24卒就活生が首都圏の優良企業を探すならスタキャリを使うのがおすすめです。

スタキャリは、就活プロが首都圏での就活を内定までフルサポートしてくれる就活エージェントです。

スタキャリを使えば、また、首都圏の成長・優良企業700社の中から自分の志向にあった企業紹介もしてくれ、特に成長企業・ベンチャー企業に興味がある方は相性が良いです。

初回面談時に、担当キャリアアドバイザーを自分で選べるので 自分にぴったりのアドバイスももらえますよ。

ちなみに、ベンチャー企業から早期選考・早期内定をもらいたいならゼロキャンバスもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

スタキャリのおすすめポイント
  • 自分では見つけられない、隠れた首都圏の優良企業と出会える
  • 就活状況 / 自分の性格に合わせて、キャリアアドバイザーを選べる
  • 企業探し・選考対策~内定まで、完全無料でフルサポート
  • LINEで、就活のプロに気軽に相談できる

>> スタキャリで首都圏の優良企業を紹介してもらう

 

他にも就活エージェントはたくさんあります。

以下の記事で、オススメの就活エージェントを紹介しているので、興味のある方は、ぜひ比較してみて下さい。

「就活の教科書」編集部

 

方法:IT業界志望なら優良IT企業から早期内定をもらう

早期内定を獲得する方法は「IT業界志望なら優良IT企業から早期内定をもらう」です。

ITエンジニアやWebエンジニア、AIエンジニアになれる優良企業を目指すなら、IT就活に特化した就活のプロに頼るのが良いです。

IT就活のプロに任せることで、あなたが生き生きと働ける優良IT企業を紹介してくれ、IT企業特有の選考対策まで対応してくれます。

そのため、ITの優良企業を探すなら、ITエンジニア就職を目指せるサービスを使ってみてくださいね。

数ある就活サービスの中で、優良IT企業に一番強いのはレバテックルーキーです。

レバテックルーキーは、レバテック株式会社が運営するITエンジニア就活に特化した就職エージェントです。

ITエンジニア就活のプロが、あなたに合った優良IT企業を紹介してくれます。

レバテックルーキーを使うと、Fラン就活生でもIT未経験でも、選考を突破できる対策もしてくれるので、優良IT企業に就職できる可能性が高くなりますよ。

就活アドバイザー 京香

レバテックルーキーのおすすめポイント
  • ポイント①:5,000社以上の大手~優良IT企業の中からあなたに合う企業を紹介してくれる
  • ポイント②:IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • ポイント③:IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • ポイント④:志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる

>> レバテックルーキーで優良IT企業を紹介してもらう

 

「レバテックルーキー」の就活生の評判についてはこの記事で紹介していますので、合わせて参考にしてください。

 

方法:早期選考イベントに参加する

早期内定を獲得する方法は「早期選考イベントに参加する」です。

早期選考イベントの中には、企業が複数集まり、就活生のグループワークを見て、早期選考ルートに勧誘するイベントがあります。

一般的には企業説明、グループディスカッション(GD)、座談会、早期選考の案内の流れでイベントが進められます。

ここでは、早期内定へ繋がりやすいという理由から、早期選考イベントの「ミーツカンパニー(Meets Company」(株式会社DYM運営)をオススメします。

ミーツカンパニーは1年中、年1000回以上、全国32か所で開催されています。

「就活の教科書」編集部

ミーツカンパニーは、企業の社長や人事と直接話せる座談会形式で、業界大手の企業やトップベンチャー企業が1日最大2~8社参加します。

ミーツカンパニーには、早期選考の案内に意欲的な企業が多く参加しています。

また、合同説明会後には就活アドバイザー(リクルーター)と面談でき、そこで早期選考の案内を受けることも出来ます。

さらに、ミーツカンパニーは、就活エージェントのサービスも行っています。

「1日でも早く優良企業から内定が欲しい…」という方はぜひ使ってみてくださいね。

ミーツカンパニーは、全国32か所で開催されているため、地方の人でも早期選考を受けるチャンスがあります。

早期選考を効率的に探したい人は、ミーツカンパニーに参加してみましょう。

「就活の教科書」編集部

ミーツカンパニー(Meets Company)を見てみる

ミーツカンパニーについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事を読んでみて下さい。

以下の記事では、ミーツカンパニーの評判についてまとめてあります。

「就活の教科書」編集部

早期選考の就活イベントについては、以下の記事におすすめをまとめていますので、合わせて参考にしてください。

「就活の教科書」編集部

 

方法:小規模の合同説明会(合説)に参加する

早期内定をもらう具体的な方法は、「合説に参加する」です。

小規模の合説には、経団連に所属していない中小企業が参加しています。

学校や人材サービスの企業、学生団体が開催している小規模の合説に参加し、中小企業とコンタクトしてみてください。

中小企業から早期内定をもらいたい場合は、小規模の合説に参加をすることで、合説ルートで選考に進むことができます。

また、他にも一年中どの時期でも採用活動をしている通年採用している企業も存在するので確認してみてください。

僕も実際に中小企業が集まる小規模な合説に参加したことがあります。

どこの企業も、それから選考ルートが用意されており、早期内定をもらうことができます。

「就活の教科書」編集部

メモ

ちなみに、高学歴の就活生にはレクミー(Recme)がおすすめです。

一流企業の合同説明会を、1回10名ほどの少人数で行うので近い距離で話すことができます。

東一工や早慶など、大学別にイベントが開催されているのでぜひ参加してみてくださいね。

レクミー(Recme)を見てみる

また他にも、早期選考を受ける方法が知りたい就活生の方は、以下の記事で紹介します。

「早期選考を受けるメリット」なども分かるので、合わせて参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部

 

方法:OB/OG訪問をする

早期内定を獲得する方法は「OB/OG訪問をする」です。

OB/OG訪問をして社員に推薦してもらい特別な選考ルートに進むことができれば、早期内定をもらうことができます。

デベロッパーなどでは、社員による推薦制度も存在します。

社員からの推薦を受けると、本選考でインターンの参加者や優秀者と同じ優遇ルートに案内されます。

また、OB/OG訪問で有名なサービスはVISITS OBというサービスです。

VISITS OBでは、コンサルやメーカー、IT企業といった様々な企業のOB/OGの方と話すことができますよ

VISITS OBを利用して、特別選考ルートに進んだ友人がいます。

OB/OG訪問を活用して、早期内定をもらうことができるようです。

OB/OG訪問やVISITS OBに関して、体験談や使い方などをまとめた記事がありますので、そちらも合わせてぜひチェックしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

 

方法:コネを使う

早期内定を獲得する方法は「コネを使う」です。

俗に言う「コネ入社」は昔と比べればかなり減りましたが、それでも企業によっては今もなお一定数の人がコネで入社をしています。

具体的には、サークルの先輩や親戚の紹介などがコネ入社の典型例です。

コネ入社は元々持っている人脈が全てなので、チャンスがあればラッキーぐらいに考えておくのが無難です。

コネ入社について詳しく知りたい方は、下記の記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

また、早期内定を獲得したいなら「就活の教科書公式LINE」がおすすめです。

「就活の教科書公式LINE」は、毎日あなたに合った就活情報をお届けしています。

登録すると、「就活完全マニュアル」が貰え、自己分析の仕方や就活の軸の決め方についての配信を毎日受け取れます。

「就活の教科書公式LINE」のLINE講座を受けると、早期選考を獲得するために必要なことが理解できるでしょう。

「早期選考を受けたいけどどうすればいいかわからない」という就活生は、「就活の教科書公式LINE」に登録してみてくださいね。

「就活の教科書公式LINE」の配信内容や特典内容については、こちらの記事にまとめています。

どんな情報を受け取れるのか気になる就活生は、ぜひチェックしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

 

\あなたは強者?それとも就活苦手? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

【必見】特別選考枠が得られるサービスおすすめ11選

この項目では、特別選考枠が得られるサービスについて説明していきます。

この項目で紹介する特別選考枠が得られるサービスは、以下の11個です。

「就活の教科書」編集部

特別選考枠が得られるサービス 11選

特別選考が得られるイベント おすすめ5選

特別選考が得られるエージェント おすすめ3選

特別選考が得られる就活サイト おすすめ3選

 

特別選考が得られるイベント おすすめ5選

それでは、特別選考が得られるイベントについて説明していきます。

「就活の教科書」編集部

 

イベント①:ミーツカンパニー(Meets Company)

特別選考が得られるおすすめ最もオススメのイベントはミーツカンパニー(Meets Company)」(株式会社DYMです。

ミーツカンパニーは、座談会形式のイベントで1日で最大2~8社参加します。

ミーツカンパニーには、特別選考枠の案内に意欲的な企業が多いのが特徴です。

そのため、実際にイベント内で、「特別選考をやっているけど、受けてみませんか?」と直接オファーされることも多いです。

仮に、特別選考の案内が受けられなくても、イベント後にプロのリクルーター別の企業の特別選考を紹介してくれることもあるので安心ですね。

こんな就活生にオススメ
  • 1回で多数の企業の選考を受けてみたい
  • リクルーターに相談してみたい
  • 本当に自分に合う企業を見つけたい

たくさんの就活生が利用しているミーツカンパニーに、まずは参加してみましょう。

「就活の教科書」編集部

ミーツカンパニー(Meets Company)を見てみる

 

ミーツカンパニーに関しては、こちらの記事で詳しく説明しています。

 

イベント②:キミスカLIVE!

kimisukalive

特別選考が得られるおすすめイベント2つ目は、「キミスカLIVE!」です。

キミスカLIVE!とは、逆求人サイト「キミスカ」に登録すると参加できるようになる就活イベントのことです。

イベントでは、企業説明会や学生でグループワークを行い、最後に企業の方が気になった学生と面談したり、特別選考に案内したりします。

キミスカLIVE!は、企業4~5社、学生30人程度の少人数で開催されるので、企業との距離が近いのが特徴です。

こんな就活生にオススメ
  • 少人数でじっくり企業の話を聞きたい
  • グループディスカッションの練習もしてみたい
  • 企業からスカウトをもらってみたい

キミスカLIVE!は少人数で行われるので、本当に自分に合った企業から特別選考を案内される可能性が高いです。

また、プロフィールを記入するだけで、イベントとは別に企業から直接スカウトもきます。

まずは「キミスカ」に登録して、イベントに参加してみましょう。

「就活の教科書」編集部

キミスカLIVE!を見てみる

 

「そもそも逆求人サイト『キミスカ』ってどうなの?」と気になる就活生の方は、以下の記事を参考にしてみて下さい。

 

イベント④:Goodfind

特別選考が得られるイベント

特別選考が得られるおすすめイベントの4つ目は、「Goodfind」です。

Goodfindの特徴は、本当に成長している優良ベンチャー企業だけを紹介している点です。

紹介している有名企業としては、ディー・エヌ・エーやビズリーチなどがあります。

Goodfindを見てみる

Goodfindに関してはこちらの記事で詳しく説明しています。

「就活の教科書」編集部

 

イベント⑤:type就活

type就活エージェント2

特別選考が得られるおすすめイベントの5つ目は、type就活です。

type就活のスカウトイベントでは、「100名以上がここをきっかけに内定を獲得した」と公式サイトで謳われています。

参加する企業は、20代が活躍する成長企業が集められており、入社してすぐに活躍したい就活生におすすめのイベントです。

type就活を見てみる

 

type就活は就活エージェントのサービスも行っています。

type就活の就活エージェントに関しては、こちらの記事で詳しく説明しています。

「就活の教科書」編集部

 

就活イベントに関しては、こちらの記事で詳しくまとめています。

ぜひ参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部

 

特別選考が得られるエージェント おすすめ3選

続いて、特別選考が得らえるおすすめの就活エージェントについて紹介します。

特別選考が得らえるおすすめの就活エージェント以下の5個です。

「就活の教科書」編集部

おすすめの就活エージェント

 

エージェント:DiG UP CAREER

DiG UP CAREER

特別選考が得られるおすすめの就活エージェントは「DiG UP CAREER」です。

DiG UP CAREERの特徴は、サポートする就活生の数を絞り、限定した人数に手厚いサービスを行っている点です。

この手厚いサービスの結果、就活生の「満足度90%超え・友人紹介率60%超え」という圧倒的な満足度を誇っています。

DiG UP CAREER見てみる

DiG UP CAREERに関しては、こちらの記事で詳しくまとめています。

ぜひ参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部

 

エージェント:キャリアチケット

特別選考が得られるおすすめの就活エージェントは「キャリアチケット」(レバレジーズ株式会社運営)です。

キャリアチケットは、当サイト「就活の教科書」が最もおすすめする就活エージェントです。

キャリアチケットなら、特別選考を積極的に案内してくれます。

また、ホワイト企業の中から自分の希望する条件に合った企業を紹介してもらえるのもおすすめポイントです。

例えば、カウンセリングであなたの就活軸などをヒアリングした上での企業紹介なので、マッチングの精度も高いですよ。

こんな就活生にオススメ
  • 勢いのあるベンチャー/成長企業を見てみたい
  • 自分に合う特別選考を受けたい
  • ホワイト企業・優良企業と出会いたい

キャリアチケットは選考対策も充実していて、内定が確実に決まるようにサポートしてくれます。

その充実のサポート内容が評価されて、オリコンで1位を獲得した実績もあります。

特別選考を探したい就活生は、キャリアチケットを使ってみましょう。

「就活の教科書」編集部

キャリアチケットを見てみる

 

キャリアチケットに関しては、こちらの記事で詳しく説明しています。

 

エージェント:JobSpring

ジョブスプリング

特別選考が得られるおすすめの就活エージェントは「JobSpring」です。

JobSpringの特徴は辞めない会社に出会え、納得できる企業に出会える点です。

JobSpringでは、「AIによるマッチング」と「エージェントによるヒアリング」を活かすことで、早期退職率0.1%という驚異的なマッチング率を誇っています。

こんな就活生にオススメ
  • AIによるマッチングをしてもらいたい
  • 複数のエージェントからアドバイスをもらいたい
  • 最短2週間で内定をもらいたい

JobSpringを見てみる

JobSpringに関しては、こちらの記事で詳しく説明しています。

「就活の教科書」編集部

 

特別選考が得られるサイト おすすめ

それでは最後に、特別選考が得られる逆求人サイトを紹介していきます。

この項目で紹介するおすすめの逆求人サイトは以下の3つです。

「就活の教科書」編集部

おすすめのサイト

 

サイト:キャリアチケットすくと(逆求人サイト)

特別選考が得られるおすすめのサイトは、逆求人サイトのキャリアチケットスカウトです。

キャリアチケットスカウト(career ticket)は、レバレジーズ株式会社が運営するマッチングサイトです。

キャリアチケットスカウトは、自己分析の結果から企業のスカウトが来ます。

自己分析の質問内容は、「ガクチカ・自分の強み・就活の軸・自己PR」の4種類ありそれぞれに回答していきます。

記述形式の問題なので、自分の価値観や強みを言葉で表現することができます。

またアプリ版キャリアチケット・スカウトもあるので気軽に試してみて下さいね。

「就活の教科書」編集部

キャリアチケットスカウトを見てみる

 

キャリアチケットスカウトについては、こちらの記事で詳しく解説されていているので、興味のある方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

サイト:キミスカ(逆求人サイト)

キミスカ適性検査

特別選考が得られるおすすめのサイトは、逆求人サイトの「キミスカ」です。

逆求人サイトとは、就活生が記入したプロフィールを企業の方が見て、気になった学生をスカウトするサービスのことです。

キミスカの特徴は、サイト内の「キミスカ適性検査」で、職務適性ビジネス戦闘力まで分かる所です。

職務適性まで分かるので、本当に自分に合った企業からオファーをもらいやすいです。

他にも、キミスカがあなたを企業に推薦してくれたり、選考状況を書いておくことで選考をスキップできる場合もあります。

キミスカは、本当に自分に合う企業とマッチングしたい人に、特に向いています。

マッチングの精度が高いため、その分選考にも通りやすく、内定も貰いやすくなっています。

「就活の教科書」編集部

キミスカを見てみる

 

キミスカについては、こちらの記事で詳しく解説されていているので、興味のある方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

サイト:キャリアパーク(就活情報サイト)

キャリアパーク

ここでは、マッチングイベントが探せるサイトの「キャリアパーク」を紹介します。

キャリアパークは、ポート株式会社が運営する就活情報サイトです。

キャリアパークなら、全国の就活イベントをまとめて検索して、そのまま申し込みが出来ます。

キャリアパークには、随時、特別選考が追加されているので、特別選考を探しやすいです。

キャリアパークでは、地域別や目的別に検索できるので、自分に合った特別選考が見つかりますよ。

また、他にもサイト内で内定者のESを無料で閲覧など、役立つ就活情報も手に入り、便利なので登録しておきましょう。

「就活の教科書」編集部

キャリアパークで特別選考を探してみる

 

キャリアパークについてはこちらの記事で詳しく解説しているので、興味のある方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

ここまで特別選考を得られるサービスについて紹介してきました。

あなたの気になるサービスは見つけられたでしょうか。

以下の記事で、それぞれのサービスについて詳しく紹介います。

ぜひ参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部

 

「人事が考えていることを知りたい…」「他の就活生と差をつけて、早めに内定を獲得したい!」人は、後悔しない就活の方法がすぐわかる”就活の教科書公式LINE”がオススメです。

「就活の教科書」編集部

【就活の教科書LINE】内定者が"本当の就活情報" をLINEにお届け

就活の教科書公式LINE」は、このサイトが配信しているメルマガです。

就活の流れ他の就活生と差別化するにはどうすべきか、内定を獲得するまでにすべきことなどを配信しています。

さらに今、特典として「就活完全マニュアル(3年生)」「就活逆転マニュアル(4年生)」をプレゼントしているので、ぜひこちらから登録してください。

就活の教科書公式LINEの配信内容や特典内容については、下記の記事にまとめています。

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

特別選考枠の評判 4選

就活生ちゃん

なるほど。やはり一般選考よりも特別な選考なのですね。

まだ何となく特別選考のイメージができていないのですが、実際には特別選考を受けた方が得するのでしょうか。

特別選考を受けた方がいいのか判断するために、まずは一般選考の評判を見てみましょう。

以下にTwitterから集めてきた特別選考の評判を紹介していきます。

「就活の教科書」編集部

 

評判①:「早期選考は特別選考が多い」

この方は、早期選考は競争率が高い一般企業やインターンシップからの特別選考が多いと述べていますね。

早期選考に乗りたい就活生の方は、インターンシップからの特別選考ルートを狙うにもアリですね。

「就活の教科書」編集部

 

評判②:「特別選考で11月に内定もらった」

この方は友人がある企業の夏インターンシップから特別選考ルートに案内され、3年生の11月に内定を貰ったと述べられていますね。
3年生の11月に内定は驚異的な速さです。

「就活の教科書」編集部

 

評判③:「メディア系は特別選考からの本採用が多い」

この方はテレビ局、広告代理店、新聞社等はインターンシップからの特別選考ルートで本採用を考えているようです。

もしこれが本当なら大手メディア企業を志望する就活生はインターンシップに参加した方が良いかもしれないですね。

「就活の教科書」編集部

 

評判④:「特別選考でもSPI受験を求められた」

この方は特別選考ルートに案内されたものの、SPIの受験を求められたようですね。

このように特別選考ルートと言いつつも内容は様々です。

同じ会社でも就活生によって特別選考の内容が違う場合があるので、注意が必要です。

「就活の教科書」編集部

ここまで特別選考ルートの評判について説明してきました。

特別選考ルートは企業や就活生によって内容や意味合いが異なる様です。

期待しすぎず、注意しながら選考に臨んでみてくださいね。

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

特別選考枠を利用するメリット3つ

就活生ちゃん

特別選考には様々な特徴があるのですね..

なんだか特徴が多すぎるので簡単に特別選考の特徴をまとめて欲しいです。

分かりました。

では、ここまで紹介してきた特別選考のメリット/デメリットなどをまとめて紹介しますね。
特別選考で得られるメリットは以下の3点です。

「就活の教科書」編集部

特別選考を利用するメリット
  • 選考を免除される
  • 自己分析・業界研究なしで選考を受けられる
  • 早期内定を貰えるチャンス

 

メリット①:選考を免除される

特別選考で得られるメリットの1つ目は、「選考を免除される」点です。

免除される選考は、企業や就活生の実力によって異なりますが、以下の3点の選考が免除されやすいです。

免除されやすい選考3つ
  • エントリーシート
  • 適正検査
  • 一次選考(グループワークや面接)
面倒なエントリーシートや適性検査をスキップできるのはありがたいですね!

「就活の教科書」編集部

 

メリット②:企業研究なしで選考を受けられる

特別選考で得られるメリットの2つ目は、「企業研究なしで選考を受けられる」点です。

就活エージェントや就活イベントでは、その日に出会った企業に特別選考ルートに招待されます。

そのため、就活生に志望動機が無いことは企業も分かっており、志望動機は求められません。

就活エージェントや就活イベントからの特別選考ルートの場合、志望動機よりも企業との適正の度合いを見られています。

声をかけられたという事は、ある程度適正があると判断されているはずなので、自分を偽らず正直に勝負してみましょう。

「就活の教科書」編集部

 

メリット③:早期内定を貰えるチャンス

特別選考で得られるメリットの3つ目は、「早期内定を貰えるチャンス」がある点です。

特別選考ルートでは選考免除されるパターンが多いため、通常よりも早いペースで選考が進みます。

例えば通常選考では4月にESを提出して6月に内定を貰う、2カ月間のスパンが一般的ですが、特別選考の場合は最短で1週間で内定をもらえる場合もあります。

早く内定が欲しい就活生の方は特別選考を狙うのも戦略の1つですね。

「就活の教科書」編集部

 

\あなたの性格,強みが分かります/

>>性格適性診断を受けるには(無料)<<

特別選考枠を利用するデメリット3つ

では次に特別選考を利用するデメリットについて説明していきます。

この項目で紹介する特別選考を利用するデメリットは以下の3点です。

「就活の教科書」編集部

特別選考を利用するデメリット
  • 誇大表現の企業がある
  • 落ちたら再受験できるか不明
  • 選考慣れできない

 

デメリット①:誇大表現の企業がある

特別選考を利用するデメリットの1つ目は、「誇大表現の企業がある」点です。

「特別選考ルートがある」というフレーズは、就活イベントの宣伝文句としてよく使われています。

しかしこのフレーズは、イベントによっては学生を集客するために軽々しく使っている可能性があるので注意が必要です。

当サイト「就活の教科書」では、特別選考ルートを紹介してくれて信頼できる就活イベントとして、「Meets Company」をおすすめしています。

「就活の教科書」編集部

 

デメリット②:落ちたら再受験できるか不明

特別選考を利用するデメリットの2つ目は、「落ちたら再受験できるか不明」です。

インターンシップから特別選考ルートで選考に参加する場合、就活の時期自体が速く、まだ就活生の対策が完成していない場合が多いです。

もし特別選考ルートに参加する場合は、「次のチャンスは無い」という意気込みで全てをぶつけられるよう対策していきましょう。

基本的には、特別選考ルートで落ちたら通常選考は受けられないという認識を持って準備するのがオススメです。

「就活の教科書」編集部

 

デメリット③:選考慣れできない

特別選考を利用するデメリットの3つ目は、「選考慣れできない」です。

特別選考では、一次面接が免除される場合もあります。

通常選考を受ける就活生は、一次面接で企業の雰囲気を掴んでから二次面接を受けられます。

しかし、特別選考で一次面接を免除された就活生はいきなり二次面接を受けることになり、心の準備が整わないまま面接が終わる可能性もあります。

ここまで特別選考のメリットとデメリットについて説明してきました。

まとめとして言えることは、「特別選考は有利に就活を進められる」ということです。

特別選考のデメリットとして3点あげましたが、選考の準備ができているなら、特別選考を受けることは基本的にはメリットです。

しっかり準備して選考に備えましょう。

「就活の教科書」編集部

 

早期内定をもらいたいならスカウトサイトを活用しよう

就活生くん

僕は3年生の早い時期から就活を始めて、早めに内定をもらっておきたいです。

どうやれば早期内定ってもらえるのかな。

早期内定をもらう方法として、スカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは選考時期に関わらず、あなたに興味を持った企業からスカウトが直接届きます。

キャリアチケットスカウト」は5つの質問に答えるだけであなたのキャリアに対する考えがわかり、あなたらしく働ける優良企業に出会えるスカウトサイトです。

多くの就活生が利用しているキャリアチケットスカウトを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> キャリアチケットスカウトを見てみる

メモ

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」があります。

同時活用で、早めに内定を持って有利に就活を進めましょう。

また早期内定をもらえるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

 

\あなたは強者?それとも就活苦手? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

まとめ:特別選考を利用して内定を獲得しよう!

今回の「【特別選考のすべて】特別選考枠の獲得法からデメリットまで完全解説 | 落ちたらどうなる?評判は?」かいかがだったでしょうか。

この記事では、特別選考について調査した「就活の教科書」編集部が、

特別選考の評判から、落ちたら一般選考に影響するのか、特別選考を受けるメリット/デメリット、特別選考ルートのもらい方について詳しく説明してきました。

この記事で紹介してきた内容についておさらいします。

この記事で紹介してきた内容

特別選考とは
⇒インターンシップや就活エージェント・就活イベントを利用した際に紹介される、一般選考とは異なる選考ルート

特別選考枠に落ちたら一般選考に影響するのか
⇒企業による

特別選考枠を獲得する方法

  • インターンシップに参加して高評価を得る
  • 特別選考が得られるサービスを利用する

特別選考が得られるイベント おすすめ5選

特別選考が得られるエージェント おすすめ5選

特別選考が得られる逆求人サイト おすすめ3選

特別選考枠を利用するメリット

  • 選考を免除される
  • 企業研究なしで選考を受けられる
  • 早期内定を貰えるチャンス

特別選考枠を利用するデメリット

  • 誇大表現の企業がある
  • 落ちたら再受験できるか不明
  • 選考慣れできない

 

特別選考について知りたいことを知れたでしょうか。

早期選考を網羅的に知りたいという方は、【内定ほしい】早期内定を獲得する方法4選 | 企業一覧,時期,内定時期,辞退方法,保留方法,僕の体験談もを読むことをおすすめします。

また、当サイト「就活の教科書」では、他にも役立つ記事をたくさん更新しています。

ぜひまた読みに来てくださいね。

あなたの就職活動が上手くいくことを心から願っています。

「就活の教科書」編集部