>> 内定者おすすめの就活支援サービス15選 <<

【最後はなんとかなる】就活を不安に感じないための3つの方法 | 証拠,対処法も

【就活なんとかなる?】就活を不安に感じないための3つのポイント _ 対処法も

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

こんにちは。「就活の教科書」編集長の岡本恵典です。
この記事では、「就活はなんとかなる」と前向きに考えることの大切さを解説します。
あなたは、就活について不安を感じた経験はありますか?

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

就活生くん

僕は就活でうまく内定をもらえるのか、とても不安です。
先輩から「就活はなんとかなるよ」と言われたのですが、なんとかならない気がします…

就活生ちゃん

私は「どうせ、就活はなんとかなるだろう」と考えて、就活で大手企業ばかり受けていたら、全滅してしまいました…
これから先、就活がうまくいくのか、とても不安です。

就活は大変そうで、うまく内定をもらえるのか不安になりますよね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

そこでこの記事では、就活を不安に感じないための方法を紹介します。

合わせて、就活がなんとかならない場合の対処法も解説します。

この記事を読めば、「就活はなんとかなる」と前向きに考えられるようになります。

「就活って本当になんとかなるのかな、不安…」そんな就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

 

「就活はなんとかなる」データから見る証拠

就活生くん

周りの友達や大学の先生は、「就活くらいなんとかなる」というけど、そう思えないです。

確かに、励まされているだけで、なんとかんる保証がないですよね。

しかし、下にある表を見ると「就活はなんとかなる」と思うことができます。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

平成30年 就職率

 

就活生ちゃん

就職希望者の約98%以上が就職が決まっているんですね。

データで見ると、就活に対する不安がなくなりますよね。

でも、残りの約2%に入ったらどうしようと思う人もいると思います。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

「就活はなんとかなる」と考えることは大切

「就活はなんとかなる」と考えるだけで、良いことはたくさんあります。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

「就活はなんとかなる」と考えることは、非常に大切です。

なぜなら、「なんとかなる」と前向きに考えることで、自信が出て、面接官にも自信があるように見えるからです。

自信のなさそうな就活生よりも、自信のある就活生の方が、面接官は「採用したい!」と思うものです。

しかし、「なんとかなる」とだけ考えて、就活に向けて何も対策をしないと、もちろん内定はもらえません。

したがって、「就活はなんとかなる」と前向きに考えながら、きちんと行動をすることが大切です。

「就活はなんとかなる」と考えることの大切さがわかりましたね。
では次に、就活を不安に感じないための方法を紹介しますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

就活を不安に感じないための方法

就活生くん

僕は「就活はなんとかなる」と考えるようにしていますが、それでも不安です。
就活を不安に感じないための方法を教えてください。

就活を不安に感じないための方法は、次の3つです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

就活を不安に感じないための方法
  • 方法①:早い時期から就活準備をする
  • 方法②:就活イベントに参加する
  • 方法③:楽しく就活できるよう自分のルールを作る
  • 方法④:逆求人サイトを使ってみる

それでは、就活を不安に感じないための方法をそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

方法①:早い時期から就活準備をする

就活を不安に感じないための方法1つ目は、「早い時期から就活準備をする」です。

早い時期から就活に向けて準備をしておくことで、いざ就活が始まった頃には、不安に感じることも少なくなります。

具体的には、大学3年生の4月頃から就活に向けて準備をしておくと、就活が本格化した頃には、周りの就活生と差をつけられているはずです。

就活に向けてすべき準備については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

方法②:就活イベントに参加する

就活を不安に感じないための方法2つ目は、「就活イベントに参加する」です。

就活イベントに参加することで、業界・企業研究を深められたり、自己分析を深められたりします。

就活イベントには、「選考対策イベント」「早期内定イベント」など、様々な種類があるので、自分に合ったものを選んで参加してみましょう。

 

「就活の教科書」編集長の僕がおすすめする就活イベントは、Meets Company(ミーツカンパニー )です。

Meets Companyは、全国各地で開催されている内定直結型の合同説明会です。

1日最大8社の選考を受けられるので選考対策にもなり、不安が少し減りますよ。

就活イベントおすすめについては、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

方法③:楽しく就活できるよう自分のルールを作る

就活を不安に感じないための方法3つ目は、「楽しく就活できるよう自分のルールを作る」です。

楽しく就活できるよう自分なりのルールを作ることで、落ち込むことなく就活を進められます。

例えば、「就活イベントに参加した後はカフェに行く」「面接の後にはご飯を食べに行く」のように、楽しく就活を進められるよう、自分なりのルールを作りましょう。

これら3つの方法を踏まえて就活を進めれば、不安になることなく、「就活はなんとかなる」と前向きに考えられるようになります。
しかし就活生の中には、どうしても「就活はなんとかなる」と考えられない人もいますよね。
そこで次に、「就活はなんとかなる」と考えられない場合の対処法を紹介します。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

方法④:逆求人サイトを使ってみる

就活を不安に感じないための方法4つ目は、「逆求人サイトを使ってみる」です。

就活で疲れたと感じる人が今すぐ取り組めるおすすめの方法2つ目は「逆求人サイトを使ってみる」ことです。

就職活動では、自分にあった企業を自分自身で探さないといけないので大変ですよね。

「全部自分でやらないといけない…」こんな風に感じると就活に疲れてしまいます。

そんなときに役に立つのが逆求人サイトです。

逆求人サイトでは企業からスカウトを受けることができるので、就活生は待っておくだけで就活を進められます。

 

逆求人サイト/アプリでは「OfferBox」が最もおすすめです。

OfferBoxはスカウトアプリの中でも参加企業数が5,080社と最も多く、たくさんのスカウトをもらえるため不安が少し解消しますよ。

自分から行動しなくても、企業の人からスカウトをもらえます。
また、そのまま選考も受けることができ、内定も狙えるので「就活なんとかなる」と思えますよ。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

OfferBoxの詳しい評判や使い方、他の逆求人サイトについては、こちらの記事をが参考になります。

 

就活の教科書公式LINEで、学歴では測れない「就活戦闘力」を測ろう!

実は、学歴が高くても就活で苦戦する就活生が毎年多くいます。

原因の一つとして、自分の就活戦闘力がわかっていない状態でレベルの高すぎる企業の選考を受けてしまうことがあります。

自分の就活戦闘力を測るには、就活の教科書公式LINEの機能である「就活力診断」が役立ちます!

「就活力診断」では、あなたの現状や足りていないところを見つけ、あなたにあったアドバイスを受け取ることができます。

アドバイスを実践することで内定に近づけるので、気軽にこちらから診断してみてください。

>> 就活力診断を試してみる

 

「就活はなんとかなる」と考えられない場合の対処法

就活生ちゃん

私は前向きに考えたいのですが、「就活はなんとかなる」と思えず、不安です。
「就活はなんとかなる」と考えられない場合の対処法を教えてください。

「就活はなんとかなる」と考えられない場合の対処法は、次の3つです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

「就活はなんとかなる」と考えられない場合の対処法
  • 対処法①:友達に相談する
  • 対処法②:とにかく行動する
  • 対処法③:自己分析をする
  • 対処法④:就活エージェントを利用する

それでは、「就活はなんとかなる」と考えられない場合の対処法を、それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

対処法①:友達に相談する

「就活はなんとかなる」と考えられない場合の対処法1つ目は、「友達に相談する」です。

友達に相談することで、就活の悩みが解決したり、やる気をもらえたりします。

例えば、「友達と一緒にカフェに行く」「友達と電話する」のように、話しやすい雰囲気を作って、友達に就活相談をしてみましょう。

とりあえず誰かに話してみることで、「就活はなんとかなる」と考えられるようになります。

就活の相談相手に関して悩んでいる人は、相談相手のおすすめが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

対処法②:とにかく行動する

「就活はなんとかなる」と考えられない場合の対処法2つ目は、「とにかく行動する」です。

就活に向けてとにかく行動することで、実力がつき、「なんとかなる」と考えられるようになります。

例えば、「午前中は説明会に参加する」「13時から就活イベントに参加する」「夕方はESを書く」のように、1日のスケジュールを詰めてみるのも良いでしょう。

とにかく行動してみることで、就活に対する不安を取り除けることもあります。

「どうしても就活が不安」という就活生は、以下の記事も合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

対処法③:自己分析をする

「就活はなんとかなる」と考えられない場合の対処法3つ目は、「自己分析をする」です。

「就活はなんとかなる」と考えられない方は、自分のなりたい姿が明確ではないからかもしれません。

自己分析をすると、自分のなりたい姿や今やるべきことがわかり不安はなくなりますよ。

しかし、自分一人で、昔のことを思い返しながらやりたいことを探すのは大変ですよね。

 

そんなしんどい自己分析を簡単にできるツールが自己分析ツールです。

自己分析ツールでは、いくつかの簡単な質問に答えるだけで自己分析が完了します。

おすすめの自己分析ツールには、OfferBoxの提供する適性検査「適性診断AnalyzeU+(アナライズユー プラス)があります。

適性診断AnalyzeU+は仕事力を6タイプ25項目で診断してくれるため、自分に向いている仕事がわかり「就活はなんとかなる」と思えますよ。

自己分析ツールは無料かつ短時間で取り組めるのでおすすめです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

適性診断AnalyzeU+の詳しい評判や使い方、他の自己分析ツールについては、こちらの記事をが参考になります。

 

対処法④:就活エージェントを利用する

「就活はなんとかなる」と考えられない場合の対処法4つ目は、「就活エージェントを利用する」です。

就活エージェントとは、就職活動のプロ(エージェント)が内定までサポートしてくれるサービスのことです。

就活エージェントは、無料で利用できて、さらに企業紹介や選考対策も手伝ってもらえます。

「どうしても内定が欲しい!」「面接対策をしてほしい」そんな就活生は、ぜひ就活エージェントを利用してみてください。

「就活の教科書」編集長の岡本が最もおすすめする就活エージェントは、キャリアチケット(career ticket)です。
就活エージェントおすすめについては、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

この記事を読んでもまだ「就活が怖い」「面接が怖い」と感じている場合は、就活恐怖症や面接恐怖症になっているかもしれません。

恐怖症の原因によって克服する方法が違うので、「就活恐怖症かも・・・」と感じた就活生はぜひ読んで克服できるようにしてください。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

 

まとめ:「就活はなんとかなる」と前向きに考えて、とにかく行動しよう

この記事では、就活を不安に感じないための方法を紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、就活がなんとかならない場合の対処法も解説しました。

この記事で学んだ内容は、以下の通りです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

「就活はなんとかなる」と考える大切さまとめ

就活を不安に感じないための方法

  • 方法①:早い時期から就活準備をする
  • 方法②:就活イベントに参加する
  • 方法③:楽しく就活できるよう自分のルールを作る
  • 方法④:逆求人サイトを使ってみる

「就活はなんとかなる」と考えられない場合の対処法

  • 対処法①:友達に相談する
  • 対処法②:とにかく行動する
  • 対処法③:自己分析をする
  • 対処法④:就活エージェントを利用する

就活は、案外なんとかなるものです。
どれだけ就活に不安を抱いていても、案外内定はもらえます。
したがって、「就活はなんとかなる」と前向きに考えて、行動するよう心がけましょう。

「就活の教科書」では他にも、就職活動に役立つ記事をたくさん掲載しています。
合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

最後に、就活はなんとかなると思いたい人に、ぜひ読んでほしい他の記事を紹介しておきます。

納得のいく就活を目指している人は、あなたのためになる情報が載っていますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。