【話すことが好き!】人前に立つ仕事一覧17選 | 向いている人,デメリットも

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
  • 人前に立つ仕事の特徴は、
    ①目立つ ②コミュニケーション能力・話術が求められる
  • 人前に立つ仕事は、「司会業」「観光バスガイド」など一覧はこちら
  • 人前に立つ仕事に向いている人は、「気持ちの切り替えが早い人」など
  • 人前に立つ仕事のメリットは、
    ①自分らしさを活かせる ②コミュニケーションスキルが磨ける
  • 人前に立つ仕事のデメリットは、
    ①ストレスが溜まりやすい ②相手の感情に左右されやすい
  • 自分に合う業界や企業を診断できるおすすめツール
\ すでに180,000人以上が利用中! / あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

はじめに

 この記事では人前に立つ仕事について紹介していきます

あわせて、人前に立つ仕事のメリット/デメリット人前に立つ仕事に関するよくある質問についても解説していきます。

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

この記事を読めば人前に立つ仕事に関する理解が深まります。

人前に立つ仕事って何があるのかな…」「人前に立つ仕事に向いている人は?」など疑問に思っている就活生はぜひ最後まで読んでください。

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断、人気No.1の「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! / あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

人前に立つ仕事の特徴とは?

人前に立つ仕事の特徴

就活生くん

僕は、人前に立つ仕事につきたいと考えています!

そもそも、人前に立つ仕事ってどんな仕事なんですか?

そうですよね!

ではまず、人前に立つ仕事の特徴から解説していきますね。

就活アドバイザー 京香

特徴①:目立つ仕事が多い

人前に立つ仕事の特徴1つ目は、「目立つ仕事が多い」です。

人前に立つ仕事は、文字通り人の前に立って仕事をする仕事です。

そのため、人目に触れやすくアナウンサーやリポーター、企業受付など目立つ仕事が多い特徴が挙げられます。

特徴②:コミュニケーション能力・話術が求められる

人前に立つ仕事の特徴2つ目は、「コミュニケーション能力・話術が求められる」です。

人前に立つ仕事は、ツアーガイドのような「人前に立って話す」仕事やお笑い芸人・落語家といったような「人前でパフォーマンスする」仕事など話術やコミュニケーション能力が必須になってくる仕事が多い傾向にあります。

そのため、人前に立つ仕事に就くには、必然的にコミュニケーション能力が求められます。

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【話す仕事も】人前に立つ仕事17選

人前に立つ仕事一覧

就活生ちゃん

人前に立つ仕事は目立つ仕事が多いんですね。目立つことが好きな私にはぴったりなので興味があります!

でも、実際に人前に立つ仕事はどんな仕事があるんですか?

それでは、人前に立つ仕事をいくつか紹介していきますね!

就活アドバイザー 京香

人前に立つ仕事18選
  • 仕事①:アナウンサー
  • 仕事②:リポーター
  • 仕事③:芸能人
  • 仕事④:司会業
  • 仕事⑤:お笑い芸人
  • 仕事⑥:落語家
  • 仕事⑦:予備校講師
  • 仕事⑧:イベントMC
  • 仕事⑨:キャビンアテンダント
  • 仕事⑩:企業受付
  • 仕事⑪:ツアーガイドー
  • 仕事⑫:販売員
  • 仕事⑬:舞台俳優
  • 仕事⑭:動画クリエイター
  • 仕事⑮:インスタグラマー
  • 仕事⑯:イベントコンパニオン
  • 仕事⑰:語学教師
  • 仕事⑱:弁護士
ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

就活アドバイザー 京香

仕事①:アナウンサー

人前に立つ仕事の1つ目は、アナウンサーです。

アナウンサーは、自分の声を使って情報を伝える仕事です。

人前に出て情報を伝えることや、テレビ出演も多い目立つ仕事であるため女性からの人気も高い職業になっています。

アナウンサーになるためには、大学や短大、専門学校を卒業後テレビ局やラジオ局の採用試験を受けます。

人気な職業であるため、採用倍率は非常に高いです。

就活アドバイザー 京香

仕事②:リポーター

人前に立つ仕事の2つ目は、リポーターです。

リポーターの仕事は、事件現場や事故現場、災害現場など現地に赴いて現状をリポートする仕事です。

実際に人に取材をしてカメラの前で現状を簡潔にわかりやすくレポートすることが求められるので、人前に立つ仕事として分類することが出来るでしょう。

前述した通り、現地に出向く必要があるので動き回る仕事がしたい方におすすめです。

また、リポーターの仕事は、分かりやすく伝える文章力冷静さが必要になってきます。

そのため、人前に立つ仕事の中でも上記の強みを生かしたい人にも向いている職業です。

ちなみに「自分の強みを活かして、楽しめる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事③:芸能人

人前に立つ仕事の3つ目は、芸能人です。

芸能人は、テレビや映画、雑誌など人前に出ることを仕事とする人のことです。

そのため、人目に触れる機会が非常に多く目立つ仕事であるとも言えます。

また、華やかである点や売れると非常に高収入が見込める点から憧れる人も多い職業です。

ただ、プライベートが制限されてしまう点や常にみんなの視線を集めるのでストレスになり兼ねませんね。

また、「この職業の他に自分に向いている仕事を知りたい…」という方は、LINE適職診断を利用してましょう。

LINE適職診断では、8つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに向いている職業を紹介してくれるので、忙しい方にもおすすめです。

就活アドバイザー 京香

仕事④:司会業

人前に立つ仕事の3つ目は、司会業です。

司会業の主な仕事は、人前に立って様々なシャンルのイベント進行を担うことです。

フリーランスとして活動している人が多い職業でもあります。

また、司会業はその場の雰囲気を作る大切な役目を担うので、お客様を見ながら臨機応変に対応し場を進行するスキルが求められます。

仕事⑤:お笑い芸人

人前に立つ仕事の5つ目は、お笑い芸人です。

お笑い芸人は、漫才・コントなどのネタを演じ、見る人を笑わせる仕事です。

人前に出て/立ってパフォーマンスをする仕事なので代表的な人前に立つ仕事として分類できるでしょう。

話すことが好きな人や、目立ちたがりな人におすすめの仕事です。

仕事⑥:落語家

人前に立つ仕事の6つ目は、落語家です。

落語家は、江戸時代から続く日本伝統芸能の話芸「落語」を披露する仕事です。

舞台に座って落語を演じるため人前に立つ仕事であると言えます。

落語家になるには、落語協会や落語芸術協会から「真打」として認定された師匠の弟子になり、修業を積む必要があります。

寄席や落語会に足しげく通って、入門したい師匠を探す流れが一般的なようです。

就活アドバイザー 京香

仕事⑦:予備校講師

人前に立つ仕事の7つ目は、予備校講師です。

予備校講師は、生徒に各教科の指導とアドバイスを行う人のことを指します。

生徒の前に立って授業を行うので典型的な人前に立つ仕事であると言えます。

また、受験生は受験に対する不安などを持っていることが多いため、精神的にサポートしていくことなど仕事内容は多岐にわたります。

そのため、共感力アドバイス力、また受験生に対してわかりやすく指導していく力が求められます。

ちなみに「自分の強みを活かして、楽しめる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事⑧:イベントMC

人前に立つ仕事の8つ目は、イベントMCです。

イベントMCは、各種イベントでの司会を進行していく仕事です。

イベントMCの仕事は、人前に立って場を盛り上げながら進行していく仕事のため目立つ仕事でもあります。

しかしその一方で、イベントMCは主役ではないため、あくまで縁の下の力持ち的ポジションであることを忘れないようにする事も大切です。

イベントMCの仕事は、アルバイトや派遣スタッフの求人が多いうようです。

就活アドバイザー 京香

仕事⑨:キャビンアテンダント(CA)

人前に立つ仕事の9つ目は、キャビンアデンダント(CA)です。

キャビンアテンダントは、飛行機に搭乗するお客様に対しての機内サービス業務を主に行います。

華やかな制服を着て、笑顔でお客様を接客するので、人前に立つ目立つ仕事として分類されるでしょう。

英語を使う機会が多かったり、様々な人と出会うことが出来る点が大きな魅力として挙げられます。

そのため、語学力が高い人コミュニケーション能力に長けている人はおすすめの仕事です。

キャビンアテンダントは皆が憧れる職業という事もあり、倍率は100倍を超えることも。

興味がある学生は、エアラインスクールなどに通い事前準備をしっかりするようにしましょう。

就活アドバイザー 京香

仕事⑩:企業受付

人前に立つ仕事の10つ目は、企業受付です。

企業受付の仕事は、主に来訪されたお客様を出迎え対応することです。また、電話対応や郵便物対応などを行う場合もあります。

企業の顔となるため、ビジネスマナーはもちろん常に笑顔でいることが求められます。

また、外資系企業や外国人のお客さまが多い企業では、英会話スキルが必要なこともあります。

仕事⑪:観光バスガイド

人前に立つ仕事の10つ目は、観光バスガイドです。

観光バスガイドは、お客様と一緒に観光バスに乗り、旅の案内をして利用者を楽しませる仕事です。

バスの中でお客様の前に立ってガイドすることになるので、代表的な人前に立つ仕事として分類できます。

観光バスガイドには、移動時間中でも楽しんでもらえるようカラオケやビンゴゲーム、じゃんけん大会と言ったようなレクリエーションを考える必要もあります。

そのためクリエイティブな方や、場を盛り上げる事が得意な方に特におすすめな仕事です。

仕事⑫:販売員

人前に立つ仕事の12つ目は、販売員です。

販売員は、お客様を接客して商品を販売するのが主な仕事です。

お客様が求めている商品をヒヤリングし、提案することで購入に繋げます。

そのため、話術営業トーク説得力場を巻き込む力など様々なスキルが求められる仕事です。

言葉の選び方ひとつで商品の購入に繋がるので、やりがいの大きな仕事ですね。

ちなみに「自分の強みを活かして、楽しめる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事⑬:舞台俳優

人前に立つ仕事の13つ目は、舞台俳優です。

舞台俳優の仕事は、舞台や映画などに出演し役を演じることです。

演じるキャラクターに合わせ増量したり、時にはダイエットをして体重を減らしたりと人前に立って演技をするからこその厳しい役作りが求められます。

芸能事務所や劇団に所属している人や、養成所に通いながら自身でオーディションを受け舞台俳優を目指す人などがいます。

有名舞台俳優になれる人は一握りで、多くの人が二足のわらじ状態でアルバイトと掛け持ちしているそうです。

就活アドバイザー 京香

仕事⑭:動画クリエイター

人前に立つ仕事の14つ目は、動画クリエイターです。

動画クリエイターは、動画を撮影・編集し動画サイトにアップしてお金を稼ぐ珍しい仕事です。

アップロードした動画は、不特定多数の大勢の人の目に触れるため人前に立つ仕事に近いのではないでしょうか。

動画撮影をした後は、パソコンにて編集・アップロードまでを行います。

動画のクオリティは再生数に大きく関わってくるため、高度な編集スキルは欠かせません。

人気クリエイターにもなれば、月収が何百万単位にもなり高収入が狙える仕事となっています。

ただ、人気動画クリエイターになるまでに諦めてしまう人も多いことから、成功する事は簡単でない事が分かります。

アップロードした動画がバズれば、一気に人気動画クリエイターの仲間入りができる可能性も秘めています。

なんだかワクワクしますね。

就活アドバイザー 京香

仕事⑮:インスタグラマー

人前に立つ仕事の15つ目は、インスタグラマーです。

インスタグラマーとは、インスタグラムアカウントを運用することによって収入を稼ぐことを指します。

インスタグラマーには、芸能人はもちろん一般人も含まれ、美容や料理、ガジェット系など様々なジャンルでインスタグラムを運営しています。

インスタグラマーとして活動するためには、1万人フォロワーが目安と言われており、企業側から商品やサービスのPR依頼を受けることで収入を得る仕組みになっています。

働き方は、事務所に属する、フリーランスで働く2つの方法があります。

仕事⑯:イベントコンパニオン

人前に立つ仕事の16つ目は、イベントコンパニオンです。

イベントコンパニオンは、商品の横に立ったり、実際に手に持つことでお客様に製品をPRをする仕事です。

多くの人々の注目を集め商品をよりよく見せる事が求められるため、モデル並みの容姿・スタイルが求められます。

仕事を獲得するには非常に厳しい選考を突破しなければならず、イベントコンパニオンとして働くことはハードルが高いと言えるでしょう。

仕事⑰:語学教師

人前に立つ仕事の17つ目は、語学教師です。

語学教師の仕事は、生徒の前に立って言語を教える仕事です。

語学教師は幅広く、日本語教師や英語教師、韓国語教師など様々な言語を対象とする教師がいます。

語学を勉強したい生徒の成長をサポートを出来る仕事でもあります。

オンライン語学スクールも増えてきており、需要が非常に高い職業です。

ちなみに「自分の強みを活かして、楽しめる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事⑱:弁護士

人前に立つ仕事の18つ目は、弁護士です。

弁護士は、法律の専門家としてトラブルなどを解決することで、人の生活をサポートができる社会貢献度の高い仕事です。

弁護士は、人前で弁護をするため人前に立つ仕事として分類しています。

弁護士になるためには、弁護士の資格を取得しなければなりません。

しかし、弁護士資格は3大国家資格と言われており難易度も高く簡単に取得できるわけではありません。

ただし、誰でもできる仕事ではないからこそ、年収が高い傾向にあります。

弁護士になる自信のない方は、弁護士の下で事務・サポート業務を行うパラリーガルがおすすめです。

就活アドバイザー 京香

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【人前に立つ仕事】向いている人の特徴3選

人前に立つ仕事に向いている人

就活生くん

僕は人前に立つ仕事に就きたいと思っていますが、自分が本当に向いているのか分かりません。

なので、人前に立つ仕事に向いている人を教えて欲しいです!

分かりました!

では以下で、人前に立つ仕事に向いている人の特徴を紹介していきますね。

就活アドバイザー 京香

【人前に立つ仕事】向いている人の特徴3選

特徴①:目立つ事が好き

特徴②:気持ちの切り替えが早い

特徴③:一人よりも人といる方が好き

特徴①:目立つことが好き

人前に立つ仕事に向いている人の特徴1つ目は、「目立つ事が好き」です。

人前に立つ仕事は、人目に触れることが大前提なので目立つ仕事である場合が非常に多いです。

そのため、目立つことが好きな人にはぴったりであると言えます。

特徴②:気持ちの切り替えが早い

人前に立つ仕事に向いている人の特徴2つ目は、「気持ちの切り替えが早い」です。

人前に立つ仕事は、人目に触れる機会が非常に多いためどうしてもクレームを言われたりする事があります。

そうした時に、嫌な気持ちを態度に出さず切り替える事ができる人は、仕事に支障を来たすことがないため人前に立つ仕事にはぴったりです。

また、何を言われても気にしない能天気な人にも向いていると言えるでしょう。

特徴③:一人よりも人といる方が好き

人前に立つ仕事に向いている人の特徴3つ目は、「一人よりも人といる方が好き」です。

人前に立つ仕事は、必ず相手が存在する、人との交流がある仕事です。

そのため、コミュニケーション能力や対人関係が必須であり人といる方が好きな人に向いています。

反対に、一人の時間が好きな人にとっては、人との交流を苦痛に感じてしまい早期退職に繋がる可能性があります。

                                                   

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

人前に立つ仕事のメリット2選

人前に立つ仕事のメリット

就活生ちゃん

やはり私には、人前に立つ仕事が向いている事が分かりました!

次に、人前に立つ仕事のメリット/デメリットについて教えてください。

分かりました!

では初めに、人前に立つ仕事のメリットから紹介していきますね。

就活アドバイザー 京香

人前に立つ仕事のメリット2選

メリット①:自分らしさを活かせる

メリット②:コミュニケーションスキルを磨く事ができる

メリット①:自分らしさを活かせる

人前に立つ仕事のメリット1つ目は、「自分らしさを活かせる」です。

人前に立つ仕事には、イベントMCや司会業など自分らしさを活かせる仕事が沢山あります。

どんなに待遇の良い仕事でも、自分らしさを発揮できない仕事は息苦しく感じ長く働いていく事ができません。

そのため、人前に立つ仕事は、「自分らしさを活かせる」や「個性を生かせる」という点においてメリットであると言えるでしょう。

メリット②:コミュニケーションスキルを磨くことができる

人前に立つ仕事のメリット2つ目は、「コミュニケーションスキルを磨くことができる」です。

人前に立つ仕事は、必ず相手が存在する、人との交流がある仕事です。

そのため、コミュニケーションスキルが求められるため必然的に伸ばしていく事ができます。

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

人前に立つ仕事のデメリット2選

人前に立つ仕事のデメリット

では次に、人の前に立つ仕事のデメリットについて紹介していきますね。

就活アドバイザー 京香

人前に立つ仕事のデメリット2選

デメリット①:ストレスが重なってしまうことがある

デメリット②:相手の感情に左右されやすい

デメリット①:ストレスが重なってしまうことがある

人前に立つ仕事のデメリット1つ目は、「ストレスが重なってしまうことがある」です。

人前に立つ仕事は、人目に触れる機会が非常に多いためクレームを言われたりする事も多くあります。

そのため、嫌に感じることが多くストレスが重なりやすい傾向にあります。

デメリット②:相手の感情に左右されやすい

人前に立つ仕事のデメリット2つ目は、「相手の感情に左右されやすい」です。

人前に立つ仕事は、どうしても人との交流が避けられない仕事です。

そのため、人と関わっていく中で相手の感情に左右されてしまうことも少なくありません。

なので、共感性の高い人は、相手の悲しい感情や嫌な感情に影響されてしまう可能性があります。

なので、仕事は仕事と切り替えができる人に向いている仕事です。

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

人前に立つ仕事に関するよくある質問3選

就活生くん

人前に立つ仕事のメリット/デメリットが分かりました。

他に人前に立つ仕事について知っておいたほうが良いことがあれば教えて下さい。

分かりました。

それでは、人前に立つ仕事に関するよくある質問3選を紹介します!

就活アドバイザー 京香

人前に立つ仕事に関するよくある質問3選
  • 質問①:人前に立つ仕事で高収入が狙えるのはどの職種?
  • 質問②:人前に立つ仕事の求人はどうやったら見つかるの?
  • 質問③:女性におすすめの人前に立つ仕事は?

質問①:人前に立つ仕事で高収入が狙えるのはどの職種?

人前に立つ仕事に関するよくある質問1つ目は、「人前に立つ仕事で高収入が狙えるのはどの職種?」です。

結論として、資格が必要な弁護士やアナウンサーなどが高収入を狙える職種であると言えます。

そもそもの話として、専門的なスキルや資格が必要な仕事は代替が効かないため高収入な場合が多いです。

また、アナウンサーや芸能人といったような芸能・マスコミ業界の職種は市場規模そのものが大きく収入が高い傾向にあることが言えます。

そのため、上記で紹介した職種は特に高収入を狙えるでしょう。

質問②:人前に立つ仕事の求人はどうやったら見つかるの?

人前に立つ仕事に関するよくある質問2つ目は、「人前に立つ仕事の求人はどうやったら見つかるの?」です。

結論として、求人に特化した検索エンジンで「人前に立つ仕事」と検索してみましょう。

例えば、indeedで検索してみると、企業受付やイベントスタッフ・MCなど様々な種類の人目に立つ仕事が出てきます。

質問③:女性におすすめの人前に立つ仕事は?

人前に立つ仕事に関するよくある質問3つ目は、「女性におすすめの人前に立つ仕事は?」です。

結論として、CAがおすすめです。

その理由としては、平均年収の高さ福利厚生の充実さが挙げられます。

CAは、他の職種に比べて平均月収37万円と高くなっています。

また、JALでは、育休が最長3歳まで取れたりと女性が多いからこその福利厚生も整っています。

そのため、女性におすすめな人前に立つ仕事です。

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

まとめ:目立ちたがり屋なら人前に立つ仕事がおすすめ

いかがだったでしょうか。

この記事では、「人前に立つ仕事」について詳しく解説しました。

また、人前に立つ仕事一覧や人前に立つ仕事のメリット/デメリットについても紹介しました。

加えて、人前に立つ仕事に向いている人の特徴、よくある質問についても紹介しました。

では以下で、この記事を簡単にまとめていきます。

この記事のまとめ

◆人前に立つ仕事の特徴とは?

  • 特徴①:目立つ仕事が多い
  • 特徴②:コミュニケーション能力・話術が求められる

◆【話す仕事も】人前に立つ仕事18選

  • 仕事①:アナウンサー
  • 仕事②:リポーター
  • 仕事③:芸能人
  • 仕事④:司会業
  • 仕事⑤:お笑い芸人
  • 仕事⑥:落語家
  • 仕事⑦:予備校講師
  • 仕事⑧:イベントMC
  • 仕事⑨:キャビンアテンダント(CA)
  • 仕事⑩:企業受付
  • 仕事⑪:観光バスガイド
  • 仕事⑫:販売員
  • 仕事⑬:舞台俳優
  • 仕事⑭:動画クリエイター
  • 仕事⑮:インスタグラマー
  • 仕事⑯:イベントコンパニオン
  • 仕事⑰:語学教師
  • 仕事⑱:弁護士

◆就活を効率よく進める方法

  • 方法:スカウトアプリを使って直接オファーを受け取る
  • 方法:就活のプロに内定までサポートしてもらう
  • SPIやWebテストは短期間で対策する
  • 方法:あなたの適職を診断する
  • 方法:プログラミング経験を活かしてITエンジニアとして就職する

◆【人前に立つ仕事】向いている人の特徴3選

  • 特徴①:目立つことが好き
  • 特徴②:気持ちの切り替えが早い
  • 特徴③:一人よりも人といる方が好き

◆人前に立つ仕事のメリット2選

  • メリット①:自分らしさを活かせる
  • メリット②:コミュニケーションスキルを磨くことができる

◆人前に立つ仕事のデメリット2選

  • デメリット①:ストレスが重なってしまうことがある
  • デメリット②:相手の感情に左右されやすい

◆人前に立つ仕事に関するよくある質問3選

  • 質問①:人前に立つ仕事で高収入が狙えるのはどの職種?
  • 質問②:人前に立つ仕事の求人はどうやったら見つかるの?
  • 質問③:女性におすすめの人前に立つ仕事は?

◆まとめ:目立ちたがり屋なら人前に立つ仕事がおすすめ