【年収/就職偏差値別】NTTデータの子会社ランキング一覧 | ランキング上位5社も詳しく解説

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • NTTデータの子会社について解説
  • 年収編】NTTデータの子会社ランキング一覧
  • 就職偏差値編】NTTデータの子会社ランキング一覧
  • 【詳しく解説!】おすすめのNTTデータの子会社5選
  • 「IT業界の優良企業に就職したい!」という方はレバテックルーキーを使うのが一番おすすめ

皆さんこんにちは。「就活の教科書」編集部の竹井です!

今回はNTTデータの子会社の年収ランキング・売上ランキングについて解説します。

就活生の皆さんは、「NTTデータの子会社ってどんな会社があるの?」「NTTデータの子会社の年収ランキングは?」など疑問に思っているのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 竹井

就活生くん

僕は、NTTデータの子会社に興味を持っています。

もうすぐ就活が始まるので、NTTデータの子会社について詳しく教えてほしいです

就活生ちゃん

私は、NTTデータに興味があります。

NTTデータの子会社はどのような会社があるのか知りたいです。

また、なるべく年収が高い子会社に行きたいので、年収ランキングも知りたいです。

そうですよね。

NTTデータの子会社の実態はどうなのか、どんなNTTデータの子会社があるのか気になりますよね。

「就活の教科書」編集部 竹井

そこで、この記事では、NTTデータの子会社について解説します。

さらに、「NTTデータの子会社ランキング」を、気になる「年収編」「就職偏差値編」に分けて詳しく紹介します。

そして最後に、「おすすめのNTTデータの子会社5社」をピックアップして詳しく解説します。

「NTTデータの子会社はどんな会社があるの?」「NTTデータの子会社の年収は?」などの疑問を持っている就活生はぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

 

「IT業界に就職したいけど、ブラック企業は避けたい…」という方はレバテックルーキーを使うのが一番おすすめです。

「レバテックルーキー」を使うと、大手~ベンチャーの隠れ優良IT企業を紹介してもらえるので、学歴に自信が無くてもホワイトIT企業に出会えます。

また、IT企業の選考に特化したES添削・面接対策をしてもらえるため、選考でかなり有利になりますよ。

就活アドバイザー 京香

>> 「レバテックルーキー」を見てみる

 

 

そもそもNTTデータの子会社とは?

就活生の皆さん。

そもそも、NTTデータの子会社ってどんな会社か知っていますか??

「就活の教科書」編集部 竹井

就活生くん

そうですね。。。

あまりピンときませんね。

就活生ちゃん

私もあまり知りません。

NTTデータ アイは聞いたことありますけど。。。

そうですよね。

意外と知らないですよね。

まずは、そもそもNTTデータの子会社とは?について解説しますね!

「就活の教科書」編集部 竹井

NTTデータの子会社とは、実質的な会社の支配権をNTTデータが握っている会社をNTTデータの子会社といいます。

NTTデータは、「NTTデータ」「親会社」「子会社(75社)」「関連会社(22社)」で構成されています。

システムインテグレーション、ネットワーク システムサービス、その他、の3つを主な事業として運営しています。

 

NTTデータと子会社の関係

NTTデータを主とした子会社は国内に多数ありますが、親会社と子会社の関係には大きく2種類あります。

1つ目は、親会社が中核事業を担い、それを子会社が支える形の「親会社>子会社」となる関係です。

2つ目は、親会社の事業自体を子会社に分社化する形で企業に譲渡しているという関係です。

これらは、親会社が出資をし、新しい会社を設立するという形になります。

NTTデータの場合は、事業自体を子会社としていくつかに分け、それぞれを企業として扱っている形式になります。

このような場合は、力関係として親会社が強くなっているものではなく、子会社の集合体がNTTデータという考え方になります。

NTTデータはとても大きな企業なので、経営を効率化させるためや、税金対策のために多くの子会社を持っています。

「就活の教科書」編集部 竹井

就活生くん

NTTデータの子会社は75社もあるんですね!

でも、具体的にどんなNTTデータの子会社があるんですか?

これから、NTTデータの子会社の一覧を、「年収ランキング」と「就職偏差値ランキング」で解説しますね!

「就活の教科書」編集部 竹井

 

【年収編】NTTデータの子会社ランキング一覧

ではまず、NTTデータの子会社ランキング【年収編】を紹介します!

「就活の教科書」編集部 竹井

 

順位 会社名 年収
1 (株)NTTデータ 828万円
2 (株)NTTデータ経営研究所 750万円
3 NTTデータMSE 703万円
4 (株)NTTデータシステム技術 700万円
4 NTTデータ先端技術 700万円
6 (株)NTTデータCCS 680万円
7 (株)NTTデータソフィア 650万円
7 (株)NTTデータ・フロンティア 650万円
9 (株)NTTデータビジネスシステムズ 600万円
10 (株)NTTデータ・フィナンシャルコア 500万円

参考:CAREERMEDIA

これは、あくまで推定値によるランキングになります!

同じNTTデータの子会社とは言え、1位の「NTTデータ経営研究所の750万円」と10位の「NTTデータ・フィナンシャルコアの500万円」では、250万円ほど差がありますね!

「就活の教科書」編集部 竹井

就活生くん

こんなにも差があるのですね!

では、やはり1位のNTTデータグローバルソリューションズの就職偏差値は高いんでしょうか。。。

気になりますよね。

次は、それぞれのNTTデータの子会社の就職偏差値ランキングを紹介します!

「就活の教科書」編集部 竹井

 

【就職偏差値編】NTTデータの子会社ランキング一覧

次に、NTTデータの子会社ランキング一覧【就職偏差値編】を紹介します!

「就活の教科書」編集部 竹井

順位 会社名 就職偏差値
1 NTTデータ 68
2 NTTデータ先端技術 62
3 NTTデータ経営研究所 61
4 NTTデータシステム技術 60
4 JSOL 60
6 NTTデータセキスイシステムズ 59
7 NTTデータアイ 58
8 NTTデータジェトロニクス 57
8 NTTデータウェーブ 57
8 NTTデータフィナンシャルコア 57
9 NTTデータMSE 56
9 クニエ 56
10 NTTデータグローバルソリューションズ 55
10 NTTデータ関西 55
10 NTTデータビジネスブレインズ 55

本調査は、「IT業界転職のススメ-ブラック企業から転職して年収アップを図る!」様を参考にさせていただきました。。

1位のNTTデータは就職偏差値が68と、いわゆるSランク企業になっています。

NTTデータの子会社とは言え、難関企業が名を連ねていますね。

「就活の教科書」編集部 竹井

就活生ちゃん

NTTデータの子会社でもそんなに就職偏差値が高い企業があるのですね!

子会社だからって油断できないですね。

少し不安です。。。

そうなんですよね。

少しでも不安が無くなるようにNTTデータの子会社のおススメ5社をピックアップしました。

それぞれのNTTデータの子会社について詳しく解説します!

「就活の教科書」編集部 竹井

 

就活アドバイザー 京香

IT業界の優良企業やホワイト企業に内定を貰いたい就活生の方はレバテックルーキーを利用するのがオススメです。

レバテックルーキーを使うと、大手~ベンチャーの隠れ優良企業を紹介してくれるので、学歴に自信がなくても優良IT企業に就職できるサービスを無料で受けられます。

IT就活に特化したアドバイザーが、ES添削・面接対策を親身に行ってくれるので、隠れホワイトIT企業に就職できる力が身に付きます。

また、利用者の内定率は85%以上であり最短1週間で内定を獲得した就活生もいます。

就活生なら無料で利用できるので、「学歴に自信ないけど、内定がもらいやすいIT業界の優良企業に就職したい!」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

>> レバテックルーキーを見てみる

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

【詳しく解説!】おすすめのNTTデータの子会社5選

では、これからおすすめのNTTデータの子会社5社をピックアップして、それぞれのNTTデータの子会社について詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 竹井

NTTデータ子会社おすすめ5選
  • 子会社➀:NTTデータシステム技術
  • 子会社②:NTTデータMSE
  • 子会社③:NTTデータアイ
  • 子会社④:NTTデータ先端技術
  • 子会社⑤:NTTデータ経営研究所

それでは、それぞれのNTTデータの子会社について詳しく解説していきます。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

子会社①:NTTデータシステム技術

まずは、子会社1つ目のNTTデータシステム技術について解説します。

「就活の教科書」編集部 竹井

NTTデータシステム技術の企業情報

基本情報

  • 平均年収:654万円
  • 売上  :279億円
  • 従業員数:約1000人

社風

  • のんびりした社風
  • サークルなどの業務外活動も頻繁に実施している
  • 年功序列は残っている

特徴

  • NTTデータグループ内で、もっとも長い歴史を持ち、重要な役割を担う
  • 「情報未来を”カタチ”にする」を企業コンセプトにしている

強み

  • NTTデータグループの金融部門のとして他には無い、事業分野への知識・スキルを持っている
  • 企業として安定していて、このまま継続することでも存続することができる

NTTグループの中で、最も長い歴史を持つのがこのNTTデータシステム技術です。

企業として安定しているのは強いですね。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

子会社②:NTTデータMSE

次は、子会社2つ目のNTTデータMSEについて解説します。

「就活の教科書」編集部 竹井

NTTデータMSEの企業情報

基本情報

  • 平均年収:500万円
  • 売上  :329億円
  • 従業員数:1,113人

社風

  • 昔ながらの年功序列な社風だが、風通しが悪いわけではない
  • イノベーションタイムという時間があり、既存業務にとらわれずに物事を考える時間がある

特徴

  • 「Smart Life Community​®」をコーポレートビジョンと位置づけている
  • いろいろなモノが手軽にネットワークでつながる、豊かで安心できる生活スタイルの実現に取り組んでいる

強み

  • フットワークの軽さを活かした営業が得意
  • 中規模の案件を、安定した力で確実にこなせる人材が揃っている

フットワークの軽さが持ち味のNTTデータMSEは、中規模案件に強い人材が集まっているという強みがあります。

子会社の特徴である部分的な強みを持っている企業です。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

子会社③:NTTデータアイ

次に、子会社3つ目のNTTデータアイについて解説します。

「就活の教科書」編集部 竹井

NTTデータアイの企業情報

基本情報

  • 平均年収:576万円
  • 売上  :560億円
  • 従業員数:約2000人

社風

  • 部署によって異なるが、基本的に風通しの良い社風
  • 若手の意見も比較的通りやすい

特徴

  • 社会基盤を支える大規模システムの開発、運用に長年携わっている
  • 中央省庁における大規模システムや地方自治体の各種システム、医療・福祉分野のシステム等を扱っている

強み

  • 社会情報システムの社会のインフラを支える重要なシステムを扱っている
  • 公共分野のシステムづくりと、安定したシステム運用保守、これらの豊富な実績とお客様からの厚い信頼がある

社会基盤を支える大規模システムの開発、運用に長年携わっているNTTデータアイは、社会情報システムにおいて重要な役割を担っています。

社会にとっても、とても重要な企業ですね。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

子会社④:NTTデータ先端技術

続いて、子会社4つ目のNTTデータ先端技術に詳しく解説します。

「就活の教科書」編集部 竹井

NTTデータ先端技術の企業情報

基本情報

  • 平均年収:663万円
  • 売上  :571億円
  • 従業員数:約1000人

社風

  • 上下関係もあまりない
  • ただ、部署によっては丸投げを文化している

特徴

  • 基幹業務情報の設計、統合、運用および最新技術上構築された通信システムプラットフォームを通じて、ビジネスに価値を提供する専門的な企業
  • 企業文化はNTTデータの影響が強い

強み

  • ベンダーにこだわらず、その顧客要件にとって最適なインフラ基盤を組み合わせていくことができる
  • コンサルティングから設計、構築、保守までの工程をワンストップで提案できる

NTTデータの影響を強く受けるNTTデータ先端技術は、コンサルティングから設計、構築、保守までの工程をワンストップで提案できるという大きな強みを持っています。

NTTデータ先端技術ならではの強みですね。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

子会社⑤:NTTデータ経営研究所

最後に、子会社5つ目のNTTデータ経営研究所について解説します。

「就活の教科書」編集部 竹井

NTTデータ経営研究所の企業情報

基本情報

  • 平均年収:750万円
  • 売上  :非公開
  • 従業員数:300~400人

社風

  • 「自由」な社風
  • 自主性を重んじる

特徴

  • 自社ではシステム開発は行わずにコンサルティングに特化している
  • NTTデータとの関係として、コンサルティングファームとしての独立性と中立性を保つために、子会社という位置付けになっています。

強み

  • NTTデータの営業力を利用して仕事を受注できる
  • 案件が安定的に入る
  • 官公庁からの案件が多い

「自由」な社風であるNTTデータ経営研究所は、良くも悪くも自由で、指示待ちの社員が多いです。

ただ、企業としては、NTTデータの営業力を利用して仕事を安定的取れるので、企業としても安定していますね。

「就活の教科書」編集部 竹井

 

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:NTTデータの子会社でも年収が高い企業がある

この記事のNTTデータの子会社については、いかがだったでしょうか?

このページでは、「NTTデータの子会社ランキング」を、「年収編」と「就職偏差値編」に分けて解説をしました。

さらに、「おすすめのNTTデータの子会社5社」についても解説しました。

この記事をまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 竹井

今回の記事で学んだこと

◆そもそもNTTデータの子会社とは?

  • NTTデータと子会社の関係

◆【年収編】NTTデータの子会社ランキング一覧

◆【就職偏差値編】NTTデータの子会社ランキング一覧

◆【詳しく解説!】おすすめのNTTデータの子会社5選

  • 子会社①:NTTデータシステム技術
  • 子会社②:NTTデータMSE
  • 子会社③:NTTデータアイ
  • 子会社④:NTTデータ先端技術
  • 子会社⑤:NTTデータ経営研究所

◆まとめ:NTTデータの子会社でも年収が高い企業がある

NTTデータの子会社でも年収が高い企業があるということが分かりました。

この記事を参考に、就職活動を頑張ってくださいね!

就活の教科書には、まだまだ就職活動に役立つ情報があるので、是非見てください!

「就活の教科書」編集部 竹井