【AIに奪われる?】将来なくなる仕事/職業ランキング一覧 | 将来なくらない仕事/職業も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

 

皆さん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の久保です。

この記事では、「将来AIに奪われる仕事/職業」について紹介していきます!

就活生の皆さんの中には、「AIに奪われない仕事/職業って何なんだろう?」「10年後、なくなる仕事/職業ってなんだろう?」など、様々な疑問があるのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 久保

就活生くん

僕は、将来が安定している仕事に就きたいです!

でも、どんな仕事があるんでしょうか?

就活生ちゃん

私は、将来なくなると言われている仕事が気になります!

10年後、AIに仕事を奪われると言われてますよね・・・

確かに、将来安定している仕事に就きたいですよね!

また、10年後AIに仕事を奪われると聞いて不安に思っている人もいると思います。

「就活の教科書」編集部 久保

この記事では、「将来AIに奪われる仕事」を紹介していきます

合わせて、「AIに将来奪われない仕事/職業ランキング」や、AIによって将来奪われる可能性の高い仕事/職業の特徴も紹介していきます!

「将来が安定している仕事/職業が知りたい就活生」や、「AIに奪われない仕事/職業を知りたい就活生」は、ぜひこの記事を最後まで読んで自分の就職活動に活かしてください。

この記事を最後まで読めば、将来なくなる仕事/職業について理解が深まります。

自分に合う業界がわからないから、業界研究ができない…」という方は適性診断AnalyzeU+適職診断(就活の教科書公式LINE)同時利用して、まずは長所を知るのが一番おすすめです。

自己分析ツールを複数使うことで、自分の強みが活かせる業界を簡単に見つけやすくなるので、業界研究もスムーズにできるようになりますよ。

業界選びで後悔したくない…」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>>「適性診断AnalyzeU+」を使ってみる

>> 「適職診断」を受けてみる(就活の教科書公式LINE)

 

目次

 

【10年後!】AIによって将来どれくらいの仕事/職業が奪われるの?

就活生くん

久保さん、10年後、AIによって仕事が少なくなると言われてますよね!

でも、どれくらいの仕事がなくなるんでしょうか?

教えてください!

わかりました!

それでは、AIによって将来奪われると思われている仕事/職業についてお話します!

「就活の教科書」編集部 久保

 

2015年に、オックスフォード大学と野村総研によって、「日本の労働人口の49%がAIやロボット等で代替可能になる」と発表されました。

AI化が難しいと思われていた仕事も、だんだん代替が始まっていっているのです。

人為的なミスの喪失や、労働時間管理が必要でなくなるなど、AI化が進むメリットは多くあります。

ですが、AIでも行代替することが出来ない仕事/職業があります。

AIによって奪われる仕事はありますが、代替できない仕事とそれに伴う雇用の増加もあるので、一概に仕事がなくなっていくとは言いづらいです。

約半分の仕事が、AIに奪われる可能性を秘めているんですね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

【AIに奪われる?】将来なくなるかもしれない仕事/職業ランキング一覧

就活生ちゃん

将来なくなるかもしれない仕事/職業にはどんなものがあるんでしょうか?

久保さん、教えてください!

わかりました!

それでは、将来なくなるかもしれない仕事/職業を紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 久保

将来なくなるかもしれない仕事/職業
  • 仕事①:電車運転士
  • 仕事②:一般事務員
  • 仕事③:路線バス運転手
  • 仕事④:警備員
  • 仕事⑤:スーパー・コンビニ店員
  • 仕事⑥:タクシー運転手
  • 仕事⑦:銀行員
  • 仕事⑧:プログラマー
  • 仕事⑨:工場勤務者

 

仕事/職業①:電車運転士(平均年収:681万円)

将来なくなるかもしれない仕事/職業の1つ目は、電車運転士です。

電車などは、すでにATO(自動列車運転装置)が導入され始めているからです。

非常事態の対応のために完全に無人化にすることは難しいですが、電車運転士の仕事は大きく減ることになります。

なので、今後ATO(自動列車運転装置)の精度が上がっていくことを考えると、電車運転士は将来なくなるかもしれない仕事/職業の1つです。

ATO(自動列車運転装置)は、事故も起こっています。

まだ完全に実現することは難しいかもしれませんね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

仕事/職業②:一般事務員(平均年収:302万円)

将来なくなるかもしれない仕事/職業の2つ目は、一般事務員です。

データの入力作業や処理業務は、AIの最も得意とする分野だからです。

一昔前までは書面で行っていたことが、デジタル化し始めています

データの入力作業や処理業務のようなルーティンワークは、AIの方が早く正確に遂行できるのです。

また、人件費や労働時間管理なども行う必要がなくなるので、効率が良いこともあります。

なので、一般事務員は将来なくなるかもしれない仕事/職業の1つです。

ExcelやWordが効率化されていくたびに、事務員の業務は減っていくように感じますよね。

「就活の教科書」編集部 久保

 

仕事/職業③:路線バス運転手(平均年収:350万円)

将来なくなるかもしれない仕事/職業の3つ目は、路線バス運転手です。

自動車の運転技術が進むことで、運転手の需要がなくなると考えられるからです。

最近では、人を感知して勝手にブレーキをかけてくれる自動ブレーキ搭載の自動車も販売され始めています。

自動運転に対応した法律が整備されていないので、すぐになくなるとは言えません。

ですが、法律が整備され始めると、運転手は需要がなくなることになります。

なので、路線バス運転手は将来なくなるかもしれない仕事/職業の1つです。

トヨタのスマートシティが、最近話題になっていましたよ!

気になる人はぜひご覧ください!

「就活の教科書」編集部 久保

 

仕事/職業④:警備員(平均年収:329万円)

将来なくなるかもしれない仕事/職業の4つ目は、警備員です。

監視カメラやセンサー技術の向上によって、警備員がいなくても24時間365日監視することが可能になったからです。

また、ルートをインプットして巡回させるAI警備ロボットもすでに稼働し始めています。

AI警備ロボットは、人間と違ってミスを犯すことが少なく、精度も低下しません。

なので、警備員は将来なくなるかもしれない仕事/職業の1つです。

警備システムがよりよくなっていくほど、警備員の必要性は低下しますよね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

仕事/職業⑤:スーパー・コンビニ店員(平均年収:370万円)

将来なくなるかもしれない仕事/職業の5つ目は、スーパー・コンビニ店員です。

最近では、電子マネーの浸透や自動レジの導入によって、無人での対応が可能になってきているからです。

単純なレジや品出しはAI化され、必要な従業員数は減っていくのです。

また、インターネットの通販が一般化することで、コンビニやスーパーマーケットの店舗数が減ることも考えられます。

よって、スーパー・コンビニ店員は将来なくなるかもしれない仕事/職業の1つです。

ローソンなどが試験的に無人コンビニを営業していましたよね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

仕事/職業⑥:タクシー運転手(平均年収:354万円)

将来なくなるかもしれない仕事/職業の6つ目は、タクシー運転手です。

こちらもバスの運転手と同じく、自動車の運転技術が進むことで、運転手の需要がなくなると考えられるからです。

自動運転技術が進化し、人を感知して止まる自動ブレーキ搭載の車も販売され始めています。

タクシーのAI化は、バス停などがない分、路線バスよりも実現が難しいかもしれません。

ですが、法整備が整ってAIによる自動運転技術が上がっていけば、確実にタクシー運転手は将来なくなるかもしれない仕事/職業の1つになります。

タクシーを待っている人を判断するなど、路線バスとは違った技術が必要になりますよね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

仕事/職業⑦:銀行員(平均年収:608万円)

将来なくなるかもしれない仕事/職業の7つ目は、銀行員です。

AIによるフィンテック化やキャッシュレス化が進み、銀行員の作業量が減っているからです。

フィンテック化で銀行業務が合理化され、ほとんどがインターネット上で完結するようになりました。

そして、AIが処理するビッグデータの方が、人のノウハウよりも圧倒的な情報量と正確さがあります

人間にしかできない業務もあるので、一概には言えません。

ですが、AIが進歩していくと、銀行員は将来なくなるかもしれない仕事/職業の1つになっていきます。

銀行員は、融資なども考えなければならず、AIだけでできる仕事も多くはありません。

「就活の教科書」編集部 久保

 

仕事/職業⑧:プログラマー(平均年収:438万円)

将来なくなるかもしれない仕事/職業の8つ目は、プログラマーです。

2013年9月にックスフォード大学のフレイ&オズボーンが発表した論文によると、機械学習と移動ロボット工学の進歩によって、米国において10年~20年以内(2023年~2033年以内)に多くの職業がなくなる(機械に代替される)とされています。

プログラムのコーティングや、AIの台頭によって、プログラマーの仕事がなくなってきているのです。

また、人件費の安い海外に仕事を外注するオフショア開発も進んできています

日本国内では、プログラマーは将来なくなるかもしれない仕事/職業の1つになる日も近いのかもしれません。

プログラミングを身に付ければ手に職であるという常識は、変わってきているのかもしれません!

「就活の教科書」編集部 久保

 

仕事/職業⑨:工場勤務者(平均年収:300万円)

将来なくなるかもしれない仕事/職業の9つ目は、工場勤務者です。

工場勤務のようなルーティンワークは、AI化しやすいからです。

AI技術の発達によって、不良品や異物混入の発見、検品や在庫管理などを自動化することで品質向上やコスト削減、安全性の向上などが実現されていきます。

無人の工場が誕生する日も近いのかもしれません。

なので、工場勤務者は将来なくなるかもしれない仕事/職業の1つです。

工場勤務者は、AIが台頭することによってなくなる業務の代名詞のようなものですよね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

その他の仕事一覧

その他にも、将来AIに奪われるかもしれないと言われている仕事/職業を紹介しておきます!

将来AIに奪われるかもしれないと言われている仕事は、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 久保

将来AIに奪われるかもしれないと言われている仕事

経理事務員 / 包装作業員 / じんかい収集作業員 / 郵便外務員 / 学校事務員 / ビル清掃員 / 銀行窓口係 / 計器組立 / 工金属製品検査工 / 給食調理人 / 弁当・惣菜類造工 / 新聞配達員 / マンション管理人 / 通関士 / ホテル客係 / 自動車組立工 / 測量士 / 刑務官 / 秘書 / 航空管制官 / 税務職員 / 行政書士 / 税理士 / 航空自衛官etc…

 

AIがあっても将来なくならない仕事/職業ランキング一覧

就活生くん

将来AIに奪われるかもしれないと言われている仕事/職業はわかりました!

なので逆に、将来奪われない仕事/職業について教えてください!

わかりました!

それでは、AIがあっても将来なくならない仕事/職業ランキング7選を紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 久保

AIがあっても将来なくならない仕事/職業
  • 仕事①:AIエンジニア
  • 仕事②:看護師
  • 仕事③:医師
  • 仕事④:データサイエンティスト
  • 仕事⑤:コンサルタント系
  • 仕事⑥:営業職
  • 仕事⑦:クリエイター系

 

仕事①:AIエンジニア(平均年収:587万円)

AIがあっても将来なくならない仕事/職業の1つ目は、AIエンジニアです。

AIは、進歩しているものの機械自体を開発できるようなレベルにはなっていません

AIエンジニアは、学習機能の分野を担う「プログラマー」と、データ解析を基にプログラムを改善する「データサイエンティスト」の2つに分かれます。

そして、AIの需要が高まっている今、AIエンジニアのニーズも上がっていっているのです。

AIを管理できる人間は、AIが進歩している世の中で重要な役割を持つことになります。

なので、AIエンジニアはAIがあっても将来なくならない仕事/職業の1つと言えます。

AIエンジニアは、これから需要が増していきますね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

仕事②:看護師(平均年収:492万円)

AIがあっても将来なくならない仕事/職業の2つ目は、看護師です。

看護師は、AIが代替することができない対応が求められる仕事だからです。

看護師は常に患者や利用者の状態を把握し、ちょっとした変化にも気づいて判断し、対処する必要があります。

そして、精神的ケアも担う必要があるのです。

業務の一部をAIに任せることはあっても、看護師の業務はなくならないと思われます。

なので、看護師はAIがあっても将来なくならない仕事/職業の1つと言えます。

精神的ケアは、人にしかできない病気を克服する大きな力の一つです!

「就活の教科書」編集部 久保

 

仕事③:医師(平均年収:1169万円)

AIがあっても将来なくならない仕事/職業の3つ目は、医師です。

医師は、人の命にかかわるため責任が大きくある仕事だからです。

手術には専用の機器を使った繊細で複雑な手作業が求められます

また、AIが信じ切られていない今の時代では、AIに診断されることに対する患者の心理的抵抗感も大きいのです。

看護師と同じく、医者のサポート役としてAIは活用されていくでしょう。

なので、医師はAIがあっても将来なくならない仕事/職業の1つと言えます。

医師は、AIの力を借りて病気を治せるようになる時代になってきていますね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

仕事④:データサイエンティスト(平均年収:697万円)

AIがあっても将来なくならない仕事/職業の4つ目は、データサイエンティストです。

データサイエンティストは、ビジネスとITの両方の知識が求められる専門職だからです。

データサイエンティストは、AIが集めてくれたデータを解析し、情報を活用する仕事です。

データを構造化して戦略的に活用することは、AIが行うことの出来ない仕事になります。

なので、データサイエンティストはAIがあっても将来なくならない仕事/職業の1つと言えます。

AIには、クリエイティブな面では人間に勝てない部分がまだありますね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

仕事⑤:コンサルタント系(平均年収:607万円)

AIがあっても将来なくならない仕事/職業の5つ目は、コンサルタントです。

コンサルタントは、「相談に乗る」力と「提案する」力が必要だからです。

問い合わせに対して24時間自動応答するAI搭載のチャットボットの精度はどんどん上がっています。

しかし表情や会話などからニーズをくみ取って提案する力、状況に合わせて相談する力など、きめ細やかなサポートに必要なものがAIには欠けているのです。

なので、コンサルタントはAIがあっても将来なくならない仕事/職業の1つと言えます。

AIが戦術を立てられる時代は、まだ遠いですね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

仕事⑥:営業職(平均年収:480万円)

AIがあっても将来なくならない仕事/職業の6つ目は、営業職です。

営業職は、コミュニケーション能力が求められる仕事であり、対応力が求められる仕事だからです。

営業職は、顧客とコミュニケーションを取り、ニーズを理解して商品を販売する必要があります。

ですが、AIには理解できない商品の性質や、顧客のニーズも存在するのです。

自分で考えて会話、行動することが難しい現代のAIには営業職は難しい職業になります。

なので、営業職はAIがあっても将来なくならない仕事/職業の1つといえます。

自分で考えて行動しなければならない仕事は、AIには難しいですね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

仕事⑦:クリエイター系(平均年収:518万円)

AIがあっても将来なくならない仕事/職業の7つ目は、クリエイターです。

AIは、人間のように新しいものを生み出すことが得意ではないからです。

現代のAIは、感情を持ち合わせていません。

さらに、独自のアイデアを生み出すこともAIにはできないのです。

発想力、想像力、感性は、AIが持ち得ない人間のセンスです。

なのでクリエイターは、AIがあっても将来なくならない仕事/職業の1つです。

最近で言う「バズる」ものは、AIでは生み出せないものですよね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

その他の仕事一覧

その他にもAIがあっても将来なくならない仕事と言われている仕事/職業を紹介しておきます!

AIがあっても将来なくならない仕事と言われている仕事/職業は、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 久保

AIがあっても将来なくならない仕事と言われている仕事/職業

精神科医 / 言語聴覚士 / 中学校教員 / 教育カウンセラー / バーテンダー / 助産師 / ゲームクリエイター旅行会社カウンター係 / フードコーディネーター / 小学校教員 / 経営コンサルタント / ネイルアーティスト / 保育士 / スポーツインストラクター / 雑誌編集者 / エコノミスト / グラフィックデザイナー / 観光バスガイド / ディスクジョッキー / ファッションデザイナー / ペンション経営者アロマセラピスト / ツアーコンダクター / 警察犬訓練士 / ソムリエ / 報道カメラマン / インテリアコーディネーター / 映画監督 / 舞台演出家 / 俳優 /アナウンサー / 芸能マネージャー

 

たった10分で自分の強みと弱みがわかる!就活生の4人に1人が使っている自己分析法

「自分に合った業界や企業がわからない…」という方は適性診断AnalyzeU+を使って自己分析をするのが一番おすすめです。

適性診断AnalyzeU+を使うと、5分~10分で自分の強みや弱みが正確にわかるので、自分の長所を活かせる業界や企業を簡単に見つけられます。

「業界/企業選びや仕事選びで後悔したくない!」という方は、ぜひ適性診断AnalyzeU+を利用してみてくださいね。

診断結果は次のようにかなり詳しく分析されます。

就活アドバイザー 京香

自分の強みや弱みが詳しく分析されるので、自己分析や自己PRにも十分使えます。

例えば、ESや面接で「あなたの長所は?短所は?」なんて聞かれた時も簡単に答えられるようになります。

就活生の4人に1人が利用しているので「強みを活かせる業界や企業を見つけたい!」「自分に合う仕事に就きたい!」という方は、せひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 適性診断AnalyzeU+を使ってみる

 

当サイトがおすすめする自己分析のやり方は以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

AIによって将来なくなる可能性の高い仕事/職業の特徴

就活生ちゃん

AIによって将来奪われる可能性の高い仕事/職業の特徴ってあるんでしょうか?

久保さん、教えてください!

ありますよ!

それでは、AIによって将来奪われる可能性の高い仕事/職業の特徴を紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 久保

 

AIによって将来奪われる可能性の高い仕事/職業の特徴
  • 特徴①:単純なデスクワークの仕事
  • 特徴②:機械操作がメインの仕事
  • 特徴③:決まった作業を行う仕事

 

特徴①:単純なデスクワークの仕事

AIによって将来奪われる可能性の高い仕事/職業の特徴の1つ目は、単純なデスクワークの仕事です。

AIでも行うことが出来るようなルーティンワークの仕事は、将来AIによってなくなる可能性が高いです。

一般事務員が行っているような書類作成や、計算業務はその仕事の1つといえます。

それは、人為的ミスが起こることもなく、人件費の削減にもなるからです。

よって、単純なデスクワークの仕事は、AIによって将来奪われる可能性の高い仕事/職業の特徴の1つといえます。

プログラミングによって、人間の行う仕事が楽になっている業務は、将来人間が行わなくてもいい業務かもしれませんね。

「就活の教科書」編集部 久保

 

特徴②:機械操作がメインの仕事

AIによって将来奪われる可能性の高い仕事/職業の特徴の2つ目は、機械操作がメインの仕事です。

機械を操作するような業務は、人間ではなくAIの方が得意だからです。

また既に、工場の設備異常の検知や検品、機械の自動制御が行われ始めています。

AIが人間に変わって、工場のすべてを管理する日も近いかもしれません。

よって、機械操作がメインの仕事は、AIによって将来奪われる可能性の高い仕事/職業の特徴の1つといえます。

機械操作も、人為的ミスがない方が正確性がありますよね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

特徴③:ルーティンワークを行う仕事

AIによって将来奪われる可能性の高い仕事/職業の特徴の3つ目は、ルーティンワークを行う仕事です。

ルーティンワークを行っている仕事は、AIでも行うことが出来るからです。

コミュニケーションは、AIが行うことが出来ない人間のスキルです。

ですが、そのコミュニケーションを必要としない仕事は、AIに奪われてしまいます

よって、ルーティンワークを行う仕事は、AIによって将来奪われる可能性の高い仕事/職業の特徴の1つといえます。

ルーティンワークは、AIが最も得意とする業務ですよね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

将来AIに奪われる仕事/職業に就かないための対策法

就活生くん

将来AIに奪われる仕事/職業に就かないためにはどうすればいいでしょうか?

久保さん、教えてください!

わかりました!

それでは、将来AIに奪われる仕事/職業に就かないための対策法を紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 久保

 

将来AIに奪われる仕事/職業に就かないための対策法
  • 対策法①:AIが持てないスキルが身につく仕事/職業に就職する
  • 対策法②:資格を取得する
  • 対策法③:将来性のある業界に就職する

 

対策法①:AIが持てないスキルが身につく仕事/職業に就職する

将来AIに奪われる仕事/職業に就かないための対策法の1つ目は、「AIが持てないスキルが身につく仕事/職業に就職する」です。

AIが持てないスキルを身につけることで、仕事を奪われることがないからです。

AIが持てないスキルとは、想像力やコミュニケーション力などです。

AIは、ルーティンワークやデータ分析は得意ですが、感情がなく発想力もありません

なので、想像力やコミュニケーション力が必要な仕事は、人間にとってかわることが出来ないのです。

よって、AIが持てないスキルが身につく仕事/職業に就職することは、将来AIに奪われる仕事/職業に就かないための対策法の1つです。

自分で考えて行動することが、AIが持てないスキルを身につける第一歩ですね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

対策法②:資格を取得する

将来AIに奪われる仕事/職業に就かないための対策法の2つ目は、「資格を取得する」です。

AIが人間の仕事/職業を奪っていく時代でも使える資格を取得することで、AIに職を奪われなくなるからです。

フードコーディネーターや精神科医、スポーツインストラクターなどは今後も必要とされる資格と言われています。

このような今後も必要とされる資格を取得することは、将来AIに奪われる仕事/職業に就かないための対策法の1つです。

就くために資格を習得する必要がある仕事/職業は、AIに奪われにくい仕事ですね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

対策法③:将来性のある業界に就職する

将来AIに奪われる仕事/職業に就かないための対策法の3つ目は、「将来性がある業界に就職する」です。

将来性がある業界に就職することで、AIに仕事を奪われる可能性が少なくなるからです。

また、先述したAIがあっても将来なくならない仕事/職業に就くことも効果的かもしれません。

AIを開発、管理する仕事は、将来性がある職業といえそうですね!

「就活の教科書」編集部 久保

 

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

まとめ:AIによって将来奪われるかもしれない仕事/職業は多い

本記事「【AIに奪われる?】将来なくなる仕事/職業ランキング一覧 | 将来なくらない仕事/職業も」はいかがだったでしょうか?

就活生の皆さんの悩みを少しでも解決できたならば幸いです!

「就活の教科書」編集部 久保

この記事では、「将来AIに奪われる仕事」を紹介しました。

合わせて、「AIに将来奪われない仕事/職業ランキング」や、AIによって将来奪われる可能性の高い仕事/職業の特徴も紹介しました。

最後にこの記事を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆【10年後!】AIによって将来どれくらいの仕事/職業が奪われるの?

◆【AIに奪われる?】将来なくなるかもしれない仕事/職業ランキング9選

  • 仕事/職業①:電車運転士(平均年収:681万円)
  • 仕事/職業②:一般事務員(平均年収:302万円)
  • 仕事/職業③:路線バス運転手(平均年収:350万円)
  • 仕事/職業④:警備員(平均年収:329万円)
  • 仕事/職業⑤:スーパー・コンビニ店員(平均年収:370万円)
  • 仕事/職業⑥:タクシー運転手(平均年収:354万円)
  • 仕事/職業⑦:銀行員(平均年収:608万円)
  • 仕事/職業⑧:プログラマー(平均年収:438万円)
  • 仕事/職業⑨:工場勤務者(平均年収:300万円)
  • その他の仕事一覧

◆AIに将来奪われない仕事/職業ランキング7選

  • 仕事/職業①:AIエンジニア(平均年収:587万円)
  • 仕事②:看護師(平均年収:492万円)
  • 仕事③:医師(平均年収:1169万円)
  • 仕事④:データサイエンティスト(平均年収:697万円)
  • 仕事⑤:コンサルタント系(平均年収:607万円)
  • 仕事⑥:営業職(平均年収:480万円)
  • 仕事⑦:クリエイター系(平均年収:518万円)
  • その他の仕事一覧

◆AIによって将来奪われる可能性の高い仕事/職業の特徴

  • 特徴①:単純なデスクワークの仕事
  • 特徴②:機械操作がメインの仕事
  • 特徴③:ルーティンワークを行う仕事

◆将来AIに奪われる仕事/職業に就かないための対策法

  • 対策法①:AIが持てないスキルが身につく仕事/職業に就職する
  • 対策法②:資格を取得する
  • 対策法③:将来性のある業界に就職する

◆まとめ:AIによって将来奪われるかもしれない仕事/職業は多い