>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【これで安心】ガクチカの最適な文字数は? 少ない文章の増やし方も

この記事を読めばわかること
  • ガクチカで文字数指定されている場合は9割以上書く
  • ガクチカの文字数が少ない場合は感情を盛り込む
  • ガクチカの文字数がオーバーする場合の削り方3つ
  • ガクチカを最適な文字数で伝える例文

 

皆さん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の田畑です。

この記事では、ガクチカで書く文字数について解説します。

就活生の皆さんは、ガクチカを書くときにどのくらいの文字数にすればいいのか、悩んだことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 田畑

就活生くん

僕は、文字数指定のないガクチカを書きました。

でも、適切な文字数がわからなかったから不安だな。

就活生ちゃん

私は、ESで300字指定のガクチカを書いています。

300字のうち何割くらい埋めればいいのかな・・・

ガクチカや自己PRでどのくらいの文字数を書けば良いのかは悩みますよね。

特に字数制限のない自由度の高いガクチカほど、何文字が正解なのかわからなくなりますね。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

そこでこの記事では、ガクチカで書く最適な文字数について解説します。

合わせて、文字数が少ない場合の増やし方や、オーバーした場合の削り方についてご紹介します。

この記事を読むことで、ガクチカの文字数に対する不安がなくなり、自信を持ってガクチカを書くことができるようになります。

「ガクチカの平均文字数って何文字・・・?」「字数指定に対して少なくなったけど大丈夫かな」と感じている就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

 

ガクチカで書く文字数ってどのくらいが適切?

就活生くん

ガクチカの文字数ってどのくらい書けば良いのかな。

いつも正解がわからなくて不安だな・・・

学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)を書くときは文字数にも気をつけなければならないので不安ですよね。

それでは、ガクチカの最適な文字数についてご紹介します。

「就活の教科書」編集部 田畑

ガクチカで書く最適な文字数
  • ケース①:文字数指定されている場合は、9割以上書く
  • ケース②:文字数指定されていない場合は、300〜400字書く
  • ケース③:少ない場合は増やし、オーバーはしないようにする

上記3つのケースを知っておくことで、文字数で不安になることがなくなります。

それでは、上記3つの場合についてそれぞれ見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

ケース①:文字数指定されている場合は、9割以上書く

ガクチカで文字数指定されている場合は、指定文字数の9割以上を書きましょう。

9割以上だと適切なボリュームで、採用者へ好印象になるからです。

たとえば、「400字指定」の場合は360字以上を書くといいですね。

文字数指定されているときは指定の9割以上を目指して書いてみましょう。

就活生くん

字数指定がある場合は8割を埋めればいいと聞きました。

指定文字数の8割ではダメなのでしょうか・・・?

一般的には指定数の8割を目指すというのは聞きますよね。

ただ、500字指定で8割を書くとすると、400字になってしまい、最大で100文字も差ができてしまいます。

8割というのは意外に少ないので、9割以上を書くことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

ケース②:文字数指定されていない場合は、300〜400字書く

ガクチカで文字数指定されていない場合は、300〜400字を目安に書きましょう。

理由は、300〜400字の文字数を書くことで、伝えたいことを適切な文章量で伝えることができるからです。

ガクチカでは次のことを伝えると、わかりやすい文章になります。

  • 学生時代に力を入れたことは何か
  • どんな課題があったのか
  • 課題に対してどのように取り組んだのか
  • 取り組んだ結果どんな成果を出したのか
  • 取り組みから何を学んだのか、どのように仕事に活かすのか

上記の項目を書くことで、ガクチカが魅力的に伝わります。

そして、上記の項目を簡略化しすぎず、ダラダラとしない適切な文字数は300〜400字なのです。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

ケース③:少ない場合は増やし、オーバーはしないようにする

ガクチカでの文字数が少ない場合は増やし、オーバーはしないようにしましょう。

指定されている文字数の8割以下の場合は、文字数を増やすことでよりガクチカを魅力的に伝えることができます。

また、指定された文字数をオーバーすることはNGです。

指定範囲内で文字数を調整することで、採用者からマイナス評価を避けることができますよ。

就活生ちゃん

文字数はオーバーしちゃいけないんだ。

でも具体的に、どうやって文字数を増やしたり減らしたりすればいいんだろう・・・

文字数の増やし方や減らし方を知ることで、ガクチカでも文字数を調整できますよね。

それでは、具体的な文字数の増やし方や減らし方についてご紹介します。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

ガクチカの文字数が少ない場合の増やし方

ガクチカを書くときに文字数の増やし方を知ることで、調整が簡単にできるようになります。

それでは、ガクチカの文字数が少ない場合の増やし方についてご紹介します。

「就活の教科書」編集部 田畑

ガクチカの文字数が少ない場合の増やし方
  • 増やし方①:具体的な体験を深堀りする
  • 増やし方②:当時の感情や思いを盛り込む
  • 増やし方③:仕事へどのように活かしたいのかを明確にする

上記3つの増やし方を実践することで、文字数が少ないことで悩むことがなくなります。

それでは、上記3つの増やし方を順番に見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

増やし方①:具体的な体験を深堀りする

ガクチカでの文字数が少ない場合の増やし方1つ目は、具体的な体験を深堀りすることです。

具体的な体験を多く盛り込むことで、字数が足りない問題を解消できます。

「飲食アルバイトの集客をあげるためにSNS運用をはじめた」のように具体的なアクションや、プロセスを入れてみましょう。

体験談を深堀りすることで、文章の足りない部分を補うことができますよ。

次に紹介する、感情や思いと組み合わせて書くことで、ガクチカの説得力がアップします。

次の項目の要素も盛り込むと、文字数が足りない事態にも対応することができますよ。

以下の記事で、体験やエピソードの深堀り方がわかるので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

増やし方②:当時の感情や思いを盛り込む

ガクチカでの文字数が少ない場合の増やし方2つ目は、当時の感情や思いを盛り込むことです。

感情や思いを入れることで、より具体的な内容となり、文字数を増やすことができます。

加えて、機械的でない個性あるガクチカになりますね。

具体的に見ていきましょう。

私が学生時代に力を入れたことは、国際交流サークル活動です。

異文化に興味を持ったきっかけは、高校生の頃に、道端で外国人に声をかけられ何も答えられなかったことです。

その瞬間に、英語の実践力のなさを痛感しました。

(以下略)

上記の例は、「そもそも何でそのサークルに入ったのか」という具体的なエピソードや思いが書かれています。

文字数が少ない場合は、上記のように「どんな思いで力を入れていたのか」を書くといいでしょう。

個性が出ると、それだけ採用者への興味を惹くこともできますね。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

増やし方③:仕事へどのように活かしたいのかを明確にする

ガクチカでの文字数が少ない場合の増やし方3つ目は、仕事へどのように活かしたいのかを明確にすることです。

ガクチカでは、最後に、どのように仕事へ活かしたいかを書くのが一般的となっています。

しかし、「貢献したい」の一言を加えればいいというものではありません。

「初めは失敗の連続かもしれませんが、挑戦を後押しする文化のある貴社で挑戦し続け、必ず成果を出す営業になりたいと主ます」のように、確固たる意志をアピールするといいでしょう。

仕事へ活かすことをより具体的に書くことで、足りない文字数も補うことができますね。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

ガクチカの文字数がオーバーする場合の削り方3つ

就活生くん

感情を入れると、差別化も図れるし、文字数も増やすことができるのですね。

逆にガクチカの文字数がオーバーしたときの削り方はあるのかな。

少ない場合に加えて、オーバーしたときの削り方も知りたいですよね。

それでは、ガクチカの文字数がオーバーしたときの削り方についてもご紹介します。

「就活の教科書」編集部 田畑

ガクチカの文字数がオーバーする場合の削り方
  • 削り方①:なくても意味が伝わる文章を削る
  • 削り方②:語彙表現を変える
  • 削り方③:文末表現を変える

上記3つの削り方を実践すれば、文章の魅力を落とすことなく文字数を減らすことができます。

それでは、上記3つの削り方について順番に解説します。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

削り方①:なくても意味が伝わる文章を削る

ガクチカでの文字数がオーバーする場合の削り方1つ目は、なくても意味が伝わる文章を削ることです。

なくても意味が伝わる文章は、積極的に削っていきましょう。

具体例を見てみます。

私が学生時代に力を入れたことは、塾講師のアルバイトです。

塾講師は、理解しやすい教え方と、質問しやすい雰囲気のある人柄が求められます。(なくても意味が伝わる文)

私は、誰にでもわかりやすい説明と親しみやすい態度で接することを心がけました。

(以下略)

就活生くん

たしかに2文目がなくても、文章の流れをおかしくせずに文字数を削ることができるかも!

でも、なくても意味のある文章ってどうやって探せばいいのかな。

削れる文章を探すのは意外と難しいですよね。

前の文の補足的な文章や、誰にでも当てはまる一般的な意味の文章は省いても大丈夫です。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

削り方②:語彙表現を変える

ガクチカでの文字数がオーバーする場合の削り方2つ目は、語彙表現を変えることです。

語彙表現を変えることで、長い文章でも意味を変えずに短くすることができます。

「コミュニケーション」のような長い単語も、「対話」と言い換えることで文字数を削ることができますね。

文章が長くなってしまう場合は、類語を意識して語彙表現を変えてみましょう。

語彙表現を考えると、不要となる表現も探すことができます。

無理に言い換えをしなくても、無駄な文字を減らせるので語彙表現は常に考慮しながら文章を書きましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

削り方③:文末表現を変える

ガクチカでの文字数がオーバーする場合の削り方3つ目は、文末表現を変えることです。

文末表現や助詞を削ると、確実に文字数を削ることができます。

具体的な表現をみていきましょう。

  • 〜として → 〜は
  • 〜することができます → 〜できます
  • 〜ということです → 〜です
  • 〜するのです → 〜します
  • 〜における → 〜で

就活生くん

たしかに、「〜することができました」みたいな表現よく使っちゃうかも・・・

文末表現を意識してみます!

文末表現を変えるだけであれば、文章を削ったり、語彙表現を考えたりするよりも簡単に文字数を削れるので実践してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

ガクチカを最適な文字数で魅力的に伝える例文

就活生ちゃん

誰にでも当てはまる一般論の文章は積極的に削って大丈夫なのですね。

ガクチカを書くときに最適な文字数の例文を見て、イメージを膨らませたいな。

イメージができれば、ガクチカも書きやすくなりそうですね。

それでは、文字数指定アリとナシの場合に分けて例文を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

ガクチカを最適な文字数で伝える例文
  • 例文①:エントリーシートで字数指定がある場合
  • 例文②:エントリーシートで字数指定がない場合

上記2つの例文を参考にすることで、ガクチカの文字数に関して自信を持って書くことができるようになります。

それでは、上記2つの例文を順番にご紹介します。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

例文①:エントリーシートで字数指定がある場合

ガクチカでの最適な文字数で伝える例文1つ目は、エントリーシートで字数指定がある場合です。

「就活の教科書」編集部 田畑

【300字指定】

私が、学生時代に力を入れたことはテニスサークルの幹事長での活動です。

サークル活動では、よく参加する人としない人とのコミュニケーションがうまくとれない状況でした。

そこで私は、サークル員が参加したくなる雰囲気作りしました。

具体的な施策として、チーム制による活動・懇親会の計画などを積極的に取り入れ、クローズドな環境を作りました。

施策の結果、およそ9割のサークル員が普段から参加するようになり、サークル全体の活気が上がりました。

リーダーとして、全体・個別の状況を見ながらバランスを取ることの大切さを学びました。

貴社でも、人と仕事の流れを把握して、最善策を立てられるリーダーになれるよう邁進したいです。(297字)

上記の例は、300字指定のガクチカを書いた例になります。

ケース②で紹介した要素を入れながら、指定された文字数の9割以上を埋めていますね。

もし、指定文字数よりオーバーしてしまう場合は文章を削ったり、言い換え表現を積極的に使いましょう。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

例文②:エントリーシートで字数指定がない場合

ガクチカでの最適な文字数で伝える例文2つ目は、エントリーシートで字数指定がない場合です。

「就活の教科書」編集部 田畑

【字数指定なし】

私が、学生時代に力を入れたことは飲食店でのアルバイトです。

うちの飲食店では、コロナの影響で客足が激減してしまいました。

新規顧客どころか、既存顧客まで減ってしまった状況の中、私はSNSによる集客を提案し、運用しました。

しかし、SNSを始めたものの、なかなか認知されず結果が出ませんでした。

何度も心が折れかけましたが、自分から提案した手前、諦めることはしませんでした。

分析を重ねた私は、宣伝だけではなく、おもしろコンテンツも発信するようにしました。

すると、少しずつSNSからの来客が増え始めました。

PDCAサイクルを常に意識して、戦略を練ったことが功を奏した瞬間の喜びは格別でした。

結果が出なくても、諦めることなく分析を重ねることの重要性を学びました。

仕事においてもうまくいかない場合は、冷静に分析をすることで問題を解決できる活躍をしたいと思います。(373字)

上記の例文は、小さな成功をするための努力が見えるガクチカとなっていますね。

400字弱書くことで、内容の不備もなく適切な情報量をのせることができます。

また、ガクチカの書き方に不安のある方は、以下の記事を読むことで、ガクチカを魅力的に書くことができるようになります。

合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 田畑

 

エントリーシートの通過率を上げるために、内定者のESを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

エントリーシートを上手に書くコツってあるんですか?

エントリーシートを上手く書くなら、合格した内定者のESを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にしてESを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

エントリーシート「ガクチカ」を書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートのガクチカをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

このガクチカで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートのガクチカを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事にガクチカを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート「ガクチカ」の添削サービスは、就活エージェント「キャリアチケット」です。

キャリアチケットは、就活生1人1人にアドバイザーが付いてくれるサービスで、ES添削に加えて、就活相談や面接練習などで内定まで無料サポートしてくれます。

10,000人以上の就活生が利用した、新しい就活サービスです。

キャリアチケットの評判や使い方については、【キャリアチケットの評判は?】就活生の体験談,口コミまとめ | 実際に利用した20卒にもインタビューという記事で紹介しているので、参考にしてください。

人事さん

 

まとめ:ガクチカの文字数は指定なければ300〜400字が最適

この記事の「【これで安心】ガクチカの最適な文字数は? 少ない文章の増やし方も」はいかがでしたか。

このページでは、ガクチカの最適な文字数について解説しました。

合わせて、ガクチカの文字数が少ない場合の増やし方や、オーバーする場合の削り方についてもご紹介しました。

このページで学んだことをまとめると、以下のとおりです。

「就活の教科書」編集部 田畑

この記事のまとめ

◆ ガクチカで書く文字数ってどのくらいが適切?

  • ケース①:文字数指定されている場合は、9割以上書く
  • ケース②:文字数指定されていない場合は、300〜400字書く
  • ケース③:少ない場合は増やし、オーバーはしないようにする

◆ ガクチカの文字数が少ない場合の増やし方

  • 増やし方①:具体的な体験を深堀りする
  • 増やし方②:当時の感情や思いを盛り込む
  • 増やし方③:仕事へどのように活かしたいのかを明確にする

◆ ガクチカの文字数がオーバーする場合の削り方3つ

  • 削り方①:なくても意味が伝わる文章を削る
  • 削り方②:語彙表現を変える
  • 削り方③:文末表現を変える

◆ ガクチカを最適な文字数で魅力的に伝える例文

  • 例文①:エントリーシートで字数指定がある場合
  • 例文②:エントリーシートで字数指定がない場合

ガクチカの文字数でどのくらいが適切なのか悩むことはありますよね。

文字指定されていない場合は300〜400字に収めることで、適切な情報量を書くことができます。

また、指定されている場合は、指定文字数の9割以上を埋められると好印象になりますよ。

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事が他にもたくさんありますよ。

他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 田畑