【大手/中小/ベンチャー】秋採用を募集している企業一覧 | 探し方,応募する際の注意点も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること

こんにちは。
「就活の教科書」編集部のもりぴーです。
この記事では、「秋採用」に応募する際の注意点や募集している企業を解説します。
就活生の皆さんは、秋採用に関して何か悩みや不安はありませんか。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

就活生くん

そもそも秋採用って何ですか?
普通の採用と秋採用の違いを教えてほしいです。

就活生ちゃん

事情があって秋採用に応募しようと考えています。
秋採用に応募する際の注意点や募集している企業を教えていただきたいです。

新卒就活の秋採用に関してはあまり情報も出回っておらず、よくわからないですよね。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

そこでこの記事では、大手・中小・ベンチャーで秋採用を行っている企業一覧について解説していきます。

合わせて、秋採用を行っている企業の探し方や、秋採用に応募する際の注意点秋採用を受けるメリット・デメリットなどについても紹介していきます。

この記事を読めば「秋採用を行っている企業はどこなの…」「秋採用の企業はどうやって探せばいいの…」という悩みを解消できます。

秋採用に関してわからない就活生や、秋採用を行っている企業・探し方について知りたい就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

「自分に合った納得できる企業に就職したい!」という方は「OfferBox(オファーボックス)」を使うのが一番おすすめです。

OfferBoxを使うと、あなたのプロフィール次第で人気ホワイト企業からもスカウトが来るので、自分に合った企業を簡単に探せます。

「学歴に自信がないけど、企業選びで後悔したくない!」という方は「OfferBox」を利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBoxを使ってみる

 

目次

そもそも秋採用とは?

就活生くん

そもそも秋採用って何ですか?
就活の採用は6月ごろにピークだと思っていました。

秋採用についてわからない就活生は多いですよね。
そこでここでは、秋採用について以下の2つの観点から解説していきます。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

秋採用とは?
  • 秋採用の時期
  • 秋採用の特徴
秋採用についての理解を深めたい就活生は、以下の2つの観点についてもぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

また「秋採用を募集している企業」について、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!

【まだ採用してるのはここだ!】秋採用を募集している企業一覧 | 大企業/中小企業ベンチャーまとめ【就活:転職】

 

秋採用とは就活生を9月~12月に採用すること

秋採用とは、秋季にかけて新卒採用を募集する求人のこといいます。

秋採用と呼ばれる採用活動期間は夏休み明け(9月初旬)~12月初旬までの約3ヶ月間です。

通常の新卒採用は春(4月)からスタートして就職先が決まるまでの期間が活動期間になります。

秋採用は春・夏採用と比べて採用枠が少ない傾向にあります。
少ない採用枠を争うことになるため、春・夏採用のとき以上の対策が必要です

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

もし秋採用に応募するのが「就活をやり直したいから」なら、まずは本当にやり直しても大丈夫なのかを考えましょう。

以下の記事は「就活をやり直すならいつまでなのか」「どういう人ならやり直すべきなのか」について解説してるので参考にしてください。

やり直したのにまた公開するような事態を防げるようになりますよ。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

秋採用の特徴【通常採用とは何が違う?】

就活生くん

秋採用の特徴は何なのでしょうか?
通常の採用と何が違うのかを知りたいです。
わかりました。
通常の採用とは何が違うのか、秋採用の特徴について以下にまとめたので、参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

秋採用の特徴
  • 基本的には秋の時点で就活が上手くいっていない学生が多い
  • 公務員志望から民間企業志望へ変更した学生もいる
  • 競争倍率は高くなる
  • 採用枠は少ない
  • 選考のペースが早い
  • 秋採用ならではの質問をされる
  • 真面目で目標意識が高い就活生が内定を取る可能性が高くなる
秋採用では、上記のような特徴があります。
しかし、最終的には、しっかりと対策をし、真面目に準備してきた学生が内定を取れる可能性が高くなります。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

【大手/中小/ベンチャー】秋採用をしている企業一覧

就活生くん

秋採用についての理解は深まりました。
でも実際に秋採用を行っている企業は、どのような企業なのでしょうか?
そうですよね、どのような企業がいるのか気になりますよね。
そこでここでは、秋採用を行っている企業について、大手・中小・ベンチャー企業ごとに紹介してきます。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

秋採用を実施している大手企業一覧

まず初めに、秋採用を実施している大手企業について紹介します。
秋採用を実施している大手企業一覧は以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

大企業の中でも規模が大きめの企業でも秋採用を募集しているみたいですね。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

秋採用を実施している中小企業一覧

次に、秋採用を実施している中小企業について紹介します。
秋採用を実施している中小企業一覧は以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

マイナーな企業から結構知名度のある企業までさまざまありますね。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

秋採用を実施しているベンチャー企業一覧

次に、秋採用を実施しているベンチャー企業について紹介します。
秋採用を実施しているベンチャー企業一覧は以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

秋採用は皆さんが知っている企業も行っています。

そのため、秋採用だから大手に就職できない…と思わないようにしましょう。

次は、秋採用をしている企業の探し方について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

秋採用をしている企業の探し方5つ

就活生くん

どんな企業が秋採用を実施しているのかはわかりましたが、自分で探すときはどうすればいいのでしょうか?

秋採用をしている企業を探す方法を教えてほしいです。

自分の希望の勤務地や業界の企業で、秋採用を実施している企業を探すためにも、秋採用をしている企業を探したいですよね。

そこで、この記事では秋採用を実施している企業の探し方を5つ紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

秋採用をしている企業の探し方5つ
  • 探し方①:就活エージェントを使う
  • 探し方②:逆求人サイトを使う
  • 探し方③:大学のキャリアセンターを使う
  • 探し方④:企業のホームページを確認する
  • 探し方⑤:就活サイトを使う

以上の5つに分けて、秋採用企業の探し方について解説していきますね!

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

探し方①:就活エージェントを使う

秋採用企業の探し方1つ目は「就活エージェントを使う」です。

就活エージェントは就活生に担当のメンターが付き、相談に乗ってくれたり、企業を紹介してくれるサービスです。

就活生は無料で利用できる場合も多く、自分にあった企業を紹介してくれるため、多くのメリットがありますね。

そこで、就活生におすすめの就活エージェントはDiG UP CAREERです。

DiG UP CAREERをおすすめする理由
  • サポートが手厚く、満足度90%以上、友人紹介率60%以上
  • LINEでリクルーターに気軽に相談できる
  • 他社ナビにはない非公開求人がある

 

このように、DiG UP CAREERを使うことで、秋採用の企業にも就職できるチャンスが増えます。

「秋まで内定がなくて不安…」「自分に合った優良企業を早く知りたい」と悩んでいる就活生もいますよね。

登録も1分でできるので、気軽に登録してみてくださいね。

>> DiG UP CAREERを試してみる

 

\ LINEで密なコミュニケーションが取れる!! /

DiGUPCAREER

* 登録無料、1分で参加できます

就活エージェントはいい評判・悪い評判どちらも聞くので判断が難しいと思います。

DiG UP CAREERの評判や、他の就活エージェントについて知りたい就活生は、以下の記事をぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

探し方②:逆求人サイトを使う

秋採用企業の探し方2つ目は「逆求人サイトを使う」です。

「OfferBox」「キミスカ」などの逆求人サイトは、プロフィールを登録すれば企業からオファーが来る仕組みです。

春採用に比べて秋採用の企業を探すのは骨が折れますが、逆求人サイトではこちらから企業を探す必要がありません。

逆求人サイトは以下の3つのサイトを同時に利用することで、就活の効率や内定取得効率を高められます。

同時に使うべき逆求人サイト3選
  • OfferBox
    ー オファーの質が良く、上場企業からもスカウトが来る
    ー 人気No.1、利用学生数125,000人
  • キミスカ
    ー オファーの量が多く、多様な企業からスカウトが来る
    ー かなり詳細な自己分析ができる
  • dodaキャンパス
    ー オファー受診率98%、大手企業からもスカウト
    ー 利用学生数35,6000人、企業数6,200社

 

これらの逆求人サイトからくるオファーは優良企業が多いです。

労力を削減して効率的に選考を受けるためにも、逆求人サイトに登録しておくことをおすすめします。

実際に僕も利用していますが、ほぼ毎日オファーが来ています。
また、書類選考免除やSPI免除、一次面接免除が多い印象です。
各サイトの評判や感想が知りたい就活生は、ぜひ以下の記事も読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

探し方③:大学のキャリアセンターを使う

秋採用企業の探し方2つ目は「大学のキャリアセンターを使う」です。

大学のキャリアセンターにはハローワークなどと同様に、企業から「求人票」が送られてきています。

大学に直接「求人票」を送っている企業は、大学との結びつきも強く内定を得られる可能性も高いです。

秋採用の時期であってもキャリアセンターには求人票が多数存在しているので、まずはキャリアセンターに行ってみましょう。

大学のキャリアセンターが頼りにならないと感じている人もいるかも知れません。

確かに、就活のアドバイスが頼りない場合もあるかもしれませんが、求人を探すの

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

探し方④:企業のホームページを確認する

秋採用企業の探し方4つ目は「企業のホームページを確認する」です。

就活サイトに掲載されていないけど、まだ募集を行っている企業もあるからです。

そのため、一度自分で行きたい企業を見つけて、企業のホームページを確認してみてください。

就活サイトに掲載されていない場合でも、諦めないようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

探し方⑤:就活サイトを使う

秋採用企業の探し方5つ目は「就活サイトを使う」です。

春採用に比べて秋採用の時期は掲載企業数が減っていますが、それでも1万社以上の企業が掲載されています。

秋採用で同時に使いたい就活サイトは、以下の4つです。

登録しておきたい就活サイト4選
  • マイナビ
    ー 就活生の2人に1人が利用している
    ー 企業掲載数は約26000社
  • リクナビ
    ー マイナビと同等数のインターンシップ掲載数がある
    ー 企業掲載数は約24500社
  • キャリタス
    ー 大手企業や優良企業を探しやすい
    ー 企業掲載数は約18500社
  • あさがくナビ
    ー 中小企業やベンチャー企業の掲載数が多い
    ー 企業掲載数は約2200社

 

基本中の基本ですが、リクナビやマイナビなどの就活ナビサイトを使うことも忘れないでおきましょう。

自分に合った1/1万分を見つけるためにも、ナビサイトを定期的にチェックすることをおすすめします。

自分に合った企業を見つけるためにも、定期的にチェックは欠かさないようにしたいですね。

また、上記で紹介した就活サイトの評判や口コミについて書いた記事があるので、ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

秋採用を狙う就活生におすすめの就活サービス3選

就活生ちゃん

絶対に秋採用で就職活動を終わりにしたいです。
秋採用での就活を成功させるために何かおすすめのサービスはありませんか。

そこで、秋採用を狙う就活生におすすめの就活サービスを3つ紹介します。

就活サービスをうまく利用すれば秋採用でも焦らずに、就職活動を成功させることができますよ。

秋採用を狙う就活生におすすめの就活サービスは以下の3つです。

秋採用を狙う就活生におすすめの就活サービス

それでは、秋採用を狙う就活生におすすめの就活サービスを一つずつ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

サービス①:逆求人サイト「OfferBox」

秋採用を狙う就活生におすすめの就活サービス1つ目は、逆求人サイト「OfferBox(オファーボックス)」です。

就活では、エントリーシートやグループディスカッションなど選考が多くて大変です。

そんな選考をスキップしつつ、企業側から連絡をもらえるのが逆求人サイトです。

逆求人サイトでは、就活生はプロフィールを入力しておくだけで企業からのお誘いである「スカウト」を受けられます。

逆求人サイトでスカウトを受けると、企業の方との面談を受けられたり早期選考に参加することができます。

 

逆求人サイトの中でも最もおすすめなのは、「OfferBox(オファーボックス)」です。

逆求人サイトの中でも登録企業数はかなり多く、大企業も多く紹介してもらえるので就活生に合った企業を紹介してもらえますよ。

逆求人サイトに登録すると、今までに出会えなかった優良企業とも出会えます。
秋採用を狙う就活生にとっては自分から企業を探す手間が減るのでおすすめです。
逆求人サイトについてもっと知りたい人は、こちらの記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

サービス②:自己分析ツール「適性診断AnalyzeU+」

秋採用を狙う就活生におすすめの就活サービス2つ目は、自己分析ツール「適性診断AnalyzeU+(アナライズユー プラス)」です。

就活生ちゃん

就活では自己分析がとても大事とよく聞きます。
でも、秋採用で時間がない中どうやったら効率よくできるのかわかりません…

こんな気持ちになる秋採用を狙う就活生の方は多いはずです。

いきなり自分の人生を全て振り返る自己分析に取り組むのがハードルが高いと感じるかもしれません。

そんな自己分析を簡単に終わらせることができるのが自己分析ツールです。

自己分析ツールを使えば、問題に回答していくだけで自己分析が完了し、自分の強みや自分に合った会社がわかります。

 

自己分析ツールでおすすめなのは、OfferBoxの提供する適性検査「適性診断AnalyzeU+(アナライズユー プラス)です。

適性診断AnalyzeU+では、仕事力を6タイプ25項目で診断できるので、秋採用を狙う就活生でも簡単に自己分析をできますよ。

適性診断AnalyzeU+を受験すると先ほど紹介したOfferBox(オファーボックス)で自分に合った会社からオファーが受けられますよ。
無料で利用できるのでぜひ一度使ってみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

おすすめの自己分析ツールについてもっと知りたい人は、こちらの記事も読んでみてくださいね。

 

サービス③:就活エージェント「DiG UP CAREER」

秋採用を狙う就活生におすすめの就活サービス3つ目は、就活エージェント「DiG UP CAREERです。

就活エージェントとは、プロの就活アドバイザーが内定まで個別サポートをしてくれるサービスのことです。

就活エージェントでは、就活生一人ひとりに合った企業紹介や選考対策もしてくれるので、秋採用を早く終わらせることができます。

 

就活エージェントの中では、NaS株式会社が運営する就活エージェント「DiG UP CAREER最もおすすめです。

DiG UP CAREERには人事出身のキャリアアドバイザーがいるため、就職活動のあらゆる悩みを解決してくれます。

そのため、就活生一人一人に対するサポートが手厚く、利用者から高い評価を受けています。(満足度90%超、友達紹介率60%超)

「就活エージェント何にしよう…」と悩んでいる就活生は、登録も1分でできるので気軽に試してみてくださいね。

>> DiG UP CAREERを試してみる

 

\ LINEで密なコミュニケーションが取れる!! /

DiGUPCAREER

* 登録無料、1分で参加できます

 

就活エージェントを利用すれば、秋採用での就職活動を効率的かつ納得して終えられますよ。
「DiG UP CAREERの口コミ、評判ってどうなの?」という就活生は、こちらの記事をご覧ください。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

秋採用を実施している企業は?

就活生くん

秋採用を実施している企業はどのようなものがあるのですか。

秋採用を行う企業の考え方が、すべて一緒であることはありません。

それぞれの企業が異なる目的をもって、春、夏に続いて秋採用を実施します。

具体的には以下のような企業が秋採用を実施しています。

秋採用を実施している企業
  • 企業①:大手企業の子会社
  • 企業②:ベンチャー企業
  • 企業③:内定辞退が出た会社

秋採用を実施する企業の考えを知ることで、就職活動の対策がしやすくなるというメリットもあります。
秋採用で後悔しないためにも、対策を十分にするようにしてください。

それでは、秋採用を実施している企業を一つずつ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

企業①:大手企業の子会社

秋採用を実施している企業1つ目は、「大手企業の子会社」です。

大手企業の子会社は、他の企業と比べて遅い時期まで募集をしていることが多いです。

そのため、秋採用で内定を目指す就活生にとっては、狙い目の企業といえます。

大手企業に比べるとエントリー数は少なく、給与や福利厚生等の待遇が親会社に準じて設定されているため、秋採用を狙う就活生にとって非常に魅力的な企業の一つといえます。

しかし、海外留学や部活動、各種試験といった事情で春・夏に就活ができなかった学生も同じ土俵で戦います。
大手企業の子会社でも高い倍率であることは間違いありませんので、志望する際には対策が必須となります。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

「秋採用で大手子会社に就職したいけど不安しかない…」という方は、DiG UP CAREERを使うのが一番おすすめです。

「DiG UP CAREER」を使うと、大手~中小、ベンチャーの隠れホワイト企業を無料で紹介してくれるでので、大手子会社でかつホワイトな企業も簡単に見つけられます。

「秋採用でホワイトな大手子会社に就職したい!」という方は、DiG UP CAREERも合わせて使ってみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

企業②:ベンチャー企業

秋採用を実施している企業2つ目は、「ベンチャー企業」です。

ベンチャー企業は勢いのある企業が多く、事業の大幅な拡大を目指している企業もたくさんあります。

そのため、新規事業を立ち上げるにあたって、大量募集をかけていることもあります。

ベンチャー企業では自由な社風であることも多く、年間を通して採用活動をしていることが多く、秋採用であっても充分にチャンスは残されています。

選考の難易度が低いわけではなく、ベンチャー企業こそ高い能力が求められることも考えられます。
採用されるためには、念入りな準備をおこなってから選考に臨むことが大切です。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

企業③:内定辞退が出た会社

秋採用を実施している企業3つ目は、「内定辞退が出た会社」です。

春・夏に採用した学生が内定を辞退したため、秋採用に再募集をおこなうという企業は少なくありません。

むしろ、秋採用をおこなう多くの企業がそのような理由から秋採用を実施していることが多いです。

多くの企業は秋採用を、春・夏の就活で確保しきれなかった優秀な人材を採用する機会として捉えています。
そのため、企業の採用担当者は春・夏の採用と同等の採用基準で就活生を見ているため注意しましょう。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

今からエントリーできる企業一覧をまとめています。

合わせて、狙い目大手企業の見つけ方も紹介しているので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

ちなみに、人気企業から内定をもらいたいならスカウトサイトがおすすめです。

たとえば「OfferBox」は、プロフィール登録をするだけで、あなたの人柄に関心のある企業から直接オファーが届きます。

大手からベンチャー企業まで7,700社以上の中から、興味ある企業へすぐに選考を受けられますよ。

就活アドバイザー 京香

OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

当サイトがおすすめするスカウトサイトは以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

たった30秒の就活力診断で人事からの評価を一気に上げるポイントが分かります。

こちらの就活力診断では、あなたの就活戦闘力(Sランクは約2%)や、あなたが今するべき就活対策の全てがわかります。

診断結果から自分の足りていないところがわかり、一気に人事からの評価を上げることができます。

もし「このままで内定取れるのかな」「今、何をするべきか分からない」と悩んでいるなら就活力診断を試してみてください。

>> 就活力診断をしてみる(LINEで無料診断)

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

秋採用に応募する際の注意点3つ

就活生ちゃん

秋採用に応募することも視野に入れて就活を進めています。
秋採用に応募する際に何か注意すべきことはありますか?

気持ちを切り替えて秋採用にに臨む必要がありますが、注意点を把握して就活を進めることも大切です。

秋採用に応募する際の注意点は以下の3つです。

秋採用に応募する際の注意点3つ
  • 注意点①:就活の軸を作る
  • 注意点②:求人情報を丁寧に探す
  • 注意点③:たくさん出せばいいものではない

それでは秋採用に応募する際の注意点について解説していきます。

 

注意点①:就活の軸を作る

秋採用に応募する際の注意点1つ目は、「就活の軸を作る」です。

就活の軸とは「自分のやりたいこと」「働くうえで重視していること」「譲れない条件」などを指します。

就活の軸を定めておかなければ、自分に絶対に合わない企業も受けることになってしまいます。

就活の軸を作ることで、業種を絞り、企業をしぼり、自分の軸をきっちりと定めてから秋採用に挑むようにしましょう。

秋採用は採用人数も少なく求人を出している企業も多くはないため、就活する時間はかなり大切です。
就活の軸を用いて自分に合わない企業はどんどん省いて、素早く行動できるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

注意点②:秋採用の求人情報を丁寧に探す

秋採用に応募する際の注意点2つ目は、「秋採用の求人情報を丁寧に探す」です。

先ほどもお話しましたが、秋採用は春夏の採用に比べて、大々的に求人を募集はしていません。

そのため、自分から調べて秋採用の求人を入手しなければなりません。

自分が少しでも興味がある業界や企業についてはリストアップしておき、漏れがないようにしましょう。

具体的には、ナビサイトよりも企業の採用HPに詳しい情報が掲載されていることが多いです。
自分から積極的に秋採用の求人を探すようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

注意点③:たくさん出せばいいものではない

秋採用に応募する際の注意点3つ目は、「たくさん出せばいいものではない」です。

秋採用となれば卒業まで時間も迫っているため、焦ってしまう就活生が多いです。

しかし、秋採用は期間が短いため、たくさんエントリーしても選考に力をかけられず中途半端になる可能性があります。

選考対策や業界研究が中途半端になると、選考に落ちてしまうことが多いです。

やみくもにエントリーせず、落ち着いて本当に志望する企業だけに絞ってエントリーしていきましょう。

秋採用が終われば就職のチャンスは限りなく少なくなります。
秋採用がラストチャンスだと考えて、就職活動に全力を注ぎましょう。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

秋採用はどんな就活生が応募するの?

就活生ちゃん

秋採用にはどのような就活生が秋採用に応募するのですか?

具体的には以下の学生が秋採用に応募することが多いです。

秋採用に応募する就活生
  • 4月に研究室に配属されてからは学業が忙しくなかなか就職活動を始めることができなかった理系学生
  • 公務員志だったが民間企業志望に変更した就活生
  • 試合などに出ていたために就職活動ができていなかった体育会系学生

など

基本的には、秋の時点で就職活動を継続しており、就職活動がうまくいっていない延長戦組の就活生が多いです。

また、海外の大学は9月に卒業となるため、海外に留学している日本人留学生も秋採用に応募する場合があります。

さまざまな理由で就職活動を続けている就活生が秋採用に応募しています。
そのため、秋採用でも春夏の採用と同じくしっかりと対策をしなければ内定をとることが難しいです。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

夏採用・冬採用についても知りたい人は、採用している企業の見つけ方や内定する方法が分かるので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

秋採用に応募するデメリット2つ

就活生ちゃん

自分は事情があって、秋採用に応募してみようと思います。
秋採用に応募するデメリットは何かありますか。

秋就活に応募する際に、考えられるデメリットはいくつかあります。

その中でも、就活を進める際に意識しておくべきデメリットをお伝えします。

秋就活に応募するデメリットは大きく以下の2つです。

秋就活に応募するデメリット2つ
  • デメリット①:そもそも秋採用をしている企業が少ない
  • デメリット②:優秀な学生と戦うことになる

それでは秋就活に応募するデメリット2つを解説していきます。

 

デメリット①:そもそも秋採用をしている企業が少ない

秋就活に応募するデメリット1つ目は「そもそも秋採用をしている企業が少ない」です。

秋採用では、内定辞退が出た会社など少ない会社が募集をしています。

大手企業や人気企業ではすでに春夏の採用で採用活動を終えていることが多いです。

そのため、「自分は絶対にこの企業に入りたい!」といった企業と出会えないこともあります。

秋採用では、採用活動をしている企業が少ないため枠も少ないことも事実です。
特別な理由がない就活生の方は、春夏の採用で就職活動を終えることをオススメします。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

デメリット②:優秀な学生と戦うことになる

秋就活に応募するデメリット2つ目は「優秀な学生と戦うことになる」です。

秋採用は春夏で就職活動がうまくいかなかった就活生だけが受けるものではありません。

司法試験、公認会計士試験など資格取得に勤しんでいた学生や留学帰りの学生など優秀な学生も秋採用を受けます。

そのため、秋から就職活動を始める学生にも、非常に優秀な学生が多くいます。

そんな優秀な就活生と同じフィールドで戦うことになるのが秋採用の大きなデメリットです。

採用枠が狭いことに加え、優秀な学生の中に入って自分をアピールしていかないといけません。
秋採用には魅力的な求人があることは確かですが、デメリットもいくつかあるのでしっかり頭に入れておきましょう。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

秋採用に応募するメリット3つ

就活生ちゃん

秋就活に応募するデメリットについては詳しくわかりました。
では、秋就活に応募するメリットはどんなものがあるのですか。

デメリットもありますが、秋就活に応募するメリットはかなり大きいです。

秋就活に応募するメリットは以下の大きく3つがあります。

秋就活に応募するメリット3つ
  • メリット①:競争率が低い
  • メリット②:隠れた優良企業と出会える
  • メリット③:即戦力として募集していることもある

それでは秋就活に応募するメリット3つを解説していきます。

 

メリット①:競争率が低い

秋就活に応募するメリット1つ目は「競争率が低い」です。

春の採用活動で十分な人材を確保できた企業は秋には採用活動を終了しています。

その結果、秋採用をおこなう企業は春採用のときに比べてかなり減ります。

したがって、秋採用をおこなう企業が少なくなるため、競争率が下がるというメリットがあります。

春夏採用より競争率が低くなるため、少し楽に就活ができます。
しかし、採用枠自体も減っていることには注意してくださいね。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

メリット②:隠れた優良企業と出会える

秋就活に応募するメリット2つ目は「隠れた優良企業と出会える」です。

大手企業の子会社などは、春夏採用を実施せずに秋採用から採用活動を始める場合もあります。

秋採用に応募することで、春夏に出会えなかった隠れた優良企業と出会えることもあります。

そのため、普通の就活生の方でも、秋採用まで就職活動を続けるのも一つの作戦です。

秋採用では知名度は少し低いかもしれませんが、優良企業の求人の割合は多い印象です。
春夏採用でうまくいかなくても、秋採用まで就活を続けるのもオススメです。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

メリット③:即戦力として募集していることもある

秋就活に応募するメリット3つ目は「即戦力として募集していることもある」です。

特に、ベンチャー企業や外資系企業などで、即戦力としての募集をしている場合があります。

このような企業では人材の流動性が高いため、人員が足りなくなる場合があるからです。

「即戦力募集」のように表記があれば、会社に入ってから大きな仕事を任せてもらえる可能性が高いです。

春夏の採用よりも秋採用の方が求人数が少ないのは事実です。
しかし、秋採用だからと言って全てがデメリットではなく、メリットもたくさんあります。
自分がどのようになりたいかを考えながら就活の戦略をたててみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 もりぴー

 

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

【企業の方へ】当サイトへの情報掲載について

企業様向け 広告掲載のお問い合わせ

当サイト「就活の教科書」では、100以上の就活サービス1000社以上の企業情報を掲載しています。

サービス掲載・企業掲載のご希望や、情報修正のご依頼などありましたら、下記リンクよりお気軽にお問い合わせください。

「就活の教科書」への問い合わせはこちら

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

まとめ:秋採用に応募するなら徹底的な対策が必要!

今回の「【最後のチャンス】”秋採用”に応募する際の注意点は?募集している企業も」はいかがだったでしょうか。

この記事では「就活の教科書」編集部のもりぴーが秋採用に応募する際の注意点や募集している企業について詳しく解説してました。

また、秋採用を受けるメリットやデメリット、秋採用に応募する就活生についても紹介しました。

ここで今回の記事をおさらいします。

今回の記事のまとめ

そもそも秋採用とは秋季にかけて新卒採用を募集する求人のこと

秋採用に応募する際の注意点3つ

  • 注意点①:就活の軸を作る
  • 注意点②:求人情報を丁寧に探す
  • 注意点③:たくさん出せばいいものではない

秋採用を狙う就活生におすすめの就活サービス

秋採用を実施している企業

  • 企業①:ベンチャー企業
  • 企業②:大手企業の子会社
  • 企業③:内定辞退が出た会社

秋採用に応募する就活生

  • 4月に研究室に配属されてからは学業が忙しくなかなか就職活動を始めることができなかった理系学生
  • 公務員志だったが民間企業志望に変更した就活生
  • 試合などに出ていたために就職活動ができていなかった体育会系学生

など

秋就活に応募するデメリット2つ

  • デメリット①:そもそも秋採用をしている企業が少ない
  • デメリット②:優秀な学生と戦うことになる

秋就活に応募するメリット3つ

  • メリット①:競争率が低い
  • メリット②:隠れた優良企業と出会える
  • メリット③:即戦力として募集していることもある

秋採用にはメリットもデメリットも存在します。
もし、秋採用に応募する場合でも早めからの準備をしておきましょう。

「就活の教科書」編集部 もりぴー