【内定者が教える】OpenES「文字数」の基準は何割くらい? | 注意点,ギリギリまで書くメリットも

openes_文字数_はどれぐらい書けばいいの?

サイト監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career)

この記事を読めばわかること

こんにちは!

「就活の教科書」編集部のすなさんです。

みなさん、OpenES(オープンES)を書くときにこんな悩みはありませんか?

「就活の教科書」編集部 すなさん

就活生ちゃん

OpenESの文字数が埋められなくて困ったことがあります。
OpenESって文字数の何割くらいまで書いた方がいいんですか?

就活生くん

OpenESの文字数が少なすぎるとやっぱりまずいかな・・・。
OpenESの文字数を埋めたいんだけど、どう埋めたらいいでしょうか。

そこで、今回の記事では、OpenESでどのくらいの文字数を書けばいいかを解説します。

加えて、OpenESで文字数ギリギリまで書くときの注意点も説明します。

この記事を読めば、OpenESでどのくらいの文字数を書けばいいか悩むことはなくなります。

OpenESを書くときに文字数で悩んでいる就活生はぜひ最後まで読んでみてください。

「エントリーシートを上手く書けない…落ちるかも…」という方は、ES回答集100選(公式LINEで配布)」「unistyle同時に使うのが一番おすすめです。

同時に使うと、難関企業~ベンチャー企業内定者のESや、面接での質問と回答が無料で見放題になるので、評価してもらえる回答が簡単に作れるようになります。

「ESなんかで落とされたくない!」という方は、ぜひ同時に利用して内定者のESを参考にしてみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

就職活動に役立つサイト(無料)

\ ES通過に役立つおすすめサービス /

\ 自己PR,ガクチカ作りに役立つ! /

*参考:就活サイトおすすめ40選

「結局どのサービスを使えば良いかわからない…」という方は、ES回答集100選(公式LINEで配布)」「unistyle同時に使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

 

「OpenES」で文字数の指定はどれくらいか

就活生くん

そもそもOpenESの指定の文字数ってどれくらいですか?

OpenESでは項目によって指定文字数が異なります。
以下にまとめて紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 すなさん

OpenESで必要になる文字数は項目によって違います。

OpenESの文字数指定
  • 趣味・特技:120字以内
  • 学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容:250字以内
  • 自己PR:400字以内
  • 学生時代に最も打ち込んだこと:400字以内
「自己PR」と「学生時代に最も打ち込んだこと(ガクチカ)」が一番文字数が多いです。
この2つが他の就活生と差がつく項目ですので、力を入れて書きましょう。

「就活の教科書」編集部 すなさん

 


「OpenES」は文字数ギリギリ、最低でも8割までは書くべき!

就活生ちゃん

OpenESでどれくらいの文字数を書くべきかはわかりました。
趣味・特技で「120字」も書けないんですけど、ギリギリまで書くべきなのですか?

結論から言うと、OpenESでは文字数ギリギリまで書くことがオススメです。

具体的には、OpenESの文字数はどんなに少なくても最低で8割、できれば残り10文字以下まで埋めたほうがいいでしょう。

つまり、OpenES各設問の必要な文字数は以下のようになります。

OpenESでギリギリまで埋めるときに必要な文字数
  • 趣味・特技:96字以上(できれば110字以上)
  • 学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容:200字以上(できれば240字以上)
  • 自己PR:320字以上(できれば390字以上)
  • 学生時代に最も打ち込んだこと:320字以上(できれば390字以上)

各項目ごとに、埋めるべき文字数と文字数を稼ぐために書く内容について解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 すなさん

 

【趣味/特技】:必要文字数96字以上

趣味・特技は指定文字数が120文字なので、必要文字数は96文字以上になります。

趣味欄を埋めるためには主に2つの方法があります。

  • 方法①:箇所書きにして複数の趣味について記述する
  • 方法②:1つの趣味について好きな理由を含めて書く

複数趣味がある人は方法①を使って、複数の趣味の概要について書きましょう。

一方で、趣味が1つしかない人は方法②を使いましょう。

方法②では、以下のような内容で文字数を稼ぐことができますよ。

  • 趣味
  • 趣味を始めた理由
  • 趣味を継続している理由
  • 趣味で残した成果(特技)

例えば、映画鑑賞なら映画にハマったきっかけ、好きなジャンル、最近よかった映画を話すといいですね。

「就活の教科書」編集部 すなさん

 

【学業・ゼミなど】:必要文字数200字以上

学業・ゼミは指定文字数が200文字なので、必要文字数は96文字以上になります。

学業・ゼミでは以下のような内容を書くと文字数を稼げますよ。

  • 専攻している内容
  • 興味をもったきっかけ
  • ゼミでの研究内容
  • 研究内容を決めたきっかけ
  • 具体的に研究すること

3年生の段階であれば具体的な研究内容は決まっていないかも知れません。

まだ決まっていない場合でも、これから研究したいことを話せば大丈夫ですよ。

「就活の教科書」編集部 すなさん

 

自己PR:320字以上(できれば390字以上)

自己PRは指定文字数が400文字なので、必要文字数は96文字以上になります。

自己PRはどの企業のESでも必ず聞かれる必須項目なので、可能な限り完成度を高めて9割以上の文字数のテンプレを作りましょう。

自己PRで書く内容としては、以下のような内容があります。

  • 自分の強み・長所
  • 強みが発揮された具体的なエピソード
  • 入社後にどのように強みを活かすかを書く

自己PRの書き方がわからない人は、解説した記事があるのでぜひ読んでみてください。

例文もあるので、どのような内容で文字数を稼げば良いのか理解できますよ。

「就活の教科書」編集部 すなさん

 

学生時代に最も打ち込んだこと:320字以上(できれば390字以上)

学生時代に最も打ち込んだことは指定文字数が400文字なので、必要文字数は320文字以上になります。

自己PRと同じくどの企業のESでも聞かれる内容なので、390文字以上埋めた完成度の高いテンプレを作成しておきましょう。

学生時代に最も打ち込んだことで書く内容としては、以下のような内容があります。

  • 学生時代に力を入れた活動
  • 活動を始めた理由
  • 活動する上での目標
  • 目標を立てた理由
  • 目標達成する中での困難
  • 困難をどのように乗り越えたか
  • 結果はどうなったのか
  • 経験から学んだこと

以上の書く内容について、さらに詳しく解説した記事があるので紹介しておきますね。

「ガクチカ」の書き方が1から説明されているので、文字数が足りずに悩むことも無くなります。

「就活の教科書」編集部 すなさん

 


「OpenES」で文字数ギリギリまで書く2つのメリット

就活生ちゃん

文字数ギリギリまで書いたほうがいいと言われても、そんなに書くことってなくないですか。
それなのに、どうしてわざわざギリギリまで文字数を埋めなければいけないんでしょうか・・・。
結論から言うと、OpenESは文字数ギリギリまで埋めたほうが、選考に有利になるからです。
OpenESで文字数ギリギリまで書くのには2つのメリットがあります。

「就活の教科書」編集部 すなさん

OpenESで文字数ギリギリまで書くメリット
  • メリット①:自分の情報をより詳しく伝えられる
  • メリット②:真剣さが伝わる

それではOpenESで文字数ギリギリまで書くメリットをそれぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 すなさん

 

メリット①:自分の情報をより詳しく伝えられる

OpenESで文字数ギリギリまで書くメリット1つ目は、「自分の情報をより詳しく伝えられる」です。

OpenESで文字数を多く書けば書くほど、相手に多くの情報量を与えることができます。

次の2つの文章を比べてみてください。

「私はジュースが飲みたい。」

「私はオレンジ味のジュースが飲みたい。」

たった数文字増えただけですが、より具体的に伝わることが分かります。

逆に文字数が少ないと、抽象的で印象に残らない自己PRやガクチカになってしまいますね。

文字数ギリギリまで書くと、企業に自分がどんな人物なのか伝わりやすいです。
ただし、指定文字数を超えないように注意してくださいね。

「就活の教科書」編集部 すなさん

 

メリット②:真剣さが伝わる

OpenESで文字数ギリギリまで書くメリット2つ目は、「真剣さが伝わる」です。

例えば、OpenESで文字数指定が400字以内の項目があったとします。

それに対して、半分の200字しか書かれていないOpenESと400字ギリギリまで書かれているOpenESがあるとします。

もし、あなたが人事であれば、どちらのOpenESに真剣さを感じますか?

半分の200字しか書かれていない、文字数の少ないOpenESを見たら、人事はこう感じるに違いありません。

人事さん

この学生はかなり適当にOpenES書いたんだろうなあ…
あなたの熱意を伝えることためにも、指定文字数ギリギリまで書きましょう。
具体的に、自己PRを文字数400字で書く時の方法は以下の記事でまとめられているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 すなさん

 

 

\あなたは強者?それとも就活苦手? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

「OpenES」で文字数ギリギリまで書く時の注意点

就活生くん

「OpenES」を書くときは、文字数ギリギリまで書こうと思います!
書くときに何か注意することはありませんか?

「OpenES」で文字数ギリギリまで書くときに注意すべきことは二つあります。

OpenESで指定文字数ギリギリまで書く時の注意点
  • 注意点①:説明文が多い
  • 注意点②:無駄な言葉が多い

それでは、注意点を一つずつ解説しますね。

「就活の教科書」編集部 すなさん

 

注意点①:説明文が多い

OpenESで文字数ギリギリまで書く時の注意点1つ目は、「説明文が多い」です。

例えば、「所属していた部活でリーグ優勝に導いた」というエピソードを書くとします。

その際、チーム状況の説明や取り組み内容をダラダラ書いて文字数を増やしても、内容が薄くなるだけで意味がありません。

企業側が知りたいのは、あなたが「どんなことを考え、どんな行動を取れるのか」です。

文字数を増やすためにダラダラと説明するのではなく、あなたの考えや行動をなるべく多く書くようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 すなさん

 

注意点②:無駄な言葉が多い

OpenESで文字数ギリギリまで書く時の注意点2つ目は、「無駄な言葉が多い」です。

次の2つの文章を見てください。

  • その時、私は部員に〇〇ということを伝えました。
  • その時、私は部員に〇〇と伝えました。

同じ内容ですが、下の文章の方が文字数が5文字少ないことがわかると思います。

限られた文字数の中であなたの人柄をより伝えるために、無駄な言葉は減らしましょう。

無駄な言葉を省いて、濃い内容を書くように意識してくださいね。

「就活の教科書」編集部 すなさん

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

最後に、OpenESを簡単におさらい

最後に、OpenESを簡単におさらいしておきますね。

「就活の教科書」編集部 すなさん

OpenESは、普通のエントリーシートと違い、複数の企業に同じエントリーシートを提出できるサービスです。

OpenESはリクナビに登録することで無料でサービスを使えます。

OpenESは一度完成度の高いものを仕上げると、多くの企業で選考通過できる一方で、完成度が低いと全滅の可能性もあります。

 

以下にOpenESのメリット、デメリットをまとめておきますね。

OpenESのメリット、デメリット
  • メリット:OpenESの完成度が高ければ、多くの企業で選考通過できる。
  • デメリット:OpenESの完成度が低ければ、全滅の可能性もある。
OpenESは時間をかけて完成度の高いものに仕上げましょう!

「就活の教科書」編集部 すなさん

OpenESの書き方についてはこの記事で解説しているので、参考にしてみてください。

 

【無料でできる!】エントリーシートを添削してくれるおすすめサービス

就活生ちゃん

エントリーシートの添削をしてもらいたいけど、添削してくれる友達や先生がいないし、自分が書いたESに自信がない…

誰かエントリーシートを添削してくれる人いないかな…

エントリーシートの添削をしてもらえる人がいない就活生は多いですよね。

だからと言ってESの添削をしてもらわないのは、書類選考で落ちる可能性が高まるだけです。

そこで、無料で質の高いES添削をしてもらえるおすすめのサービスを特別に紹介するので、併用して使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

キャリアチケット

キャリアチケットのおすすめポイント
  • スピーディーにES添削に対応してくれる
  • 1社ずつ選考対策を行ってくれる
  • 年間10,000人以上の就活生をサポートする就活のプロからアドバイスをもらえる
  • 最短2週間で内定を獲得できる

>> キャリアチケットを見てみる

「ESが上手く書けない…」「ES書いたけど自信がない…」という方は、上記のサービスを利用するのが一番おすすめです。

また、ES添削は出来るだけ多くの人にしてもらう方が良いので、上記のサービスを併用すると、あなたのESがどうなのかがよくわかりますよ。

就活アドバイザー 京香

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

まとめ:「OpenES」は文字数ギリギリまで書いて、自分の熱意を伝えよう

いかがだったでしょうか。

今回の記事では、OpenESでどのくらいの文字数を書けばいいかを解説しました。

加えて、OpenESで文字数ギリギリまで書くときの注意点も解説しました。

今回のまとめがこちらになります。

今回の記事のまとめ

OpenESのメリット、デメリット

  • メリット:OpenESの完成度が高ければ、多くの企業で選考通過できる。
  • デメリット:OpenESの完成度が低ければ、全滅の可能性もある。

OpenESで文字数の指定はどれくらいか

  • 趣味・特技:120字以内
  • 学業、ゼミ、研究室などで取り組んだ内容:250字以内
  • 自己PR:400字以内
  • 学生時代に最も打ち込んだこと:400字以内

OpenESは文字数ギリギリ、最低でも8割までは書くべき!

OpenESを文字数ギリギリまで書くメリット2つ

  • メリット①:自分の情報をより詳しく伝えられる
  • メリット②:真剣さが伝わる

OpenESを文字数ギリギリまで書く時の注意点

  • 注意点①:説明文が多い
  • 注意点②:無駄な言葉が多い

また、OpenESの各項目の書き方は以下の記事で解説しているので参考にしてみてください。

この記事で紹介したポイントを意識して、実際にOpenESを文字数ギリギリまで書いてみてください!

「就活の教科書」では就活に役立つ記事をたくさん載せています。
ぜひ他の記事も読んでみてください!

「就活の教科書」編集部 すなさん