>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【知って安心!】エントリーシート提出時期はいつから?準備はいつまでに始める?準備スケジュールも

この記事を読めばわかること
  • エントリーシート(ES)提出時期は基本的には3月以降だが、実際は企業によって違う
  • エントリーシート(ES)の提出時期が早い業界一覧
  • エントリーシート(ES)を書く準備は余裕をもって夏から始めるべき
  • エントリーシート(ES)の準備の進め方・手順(時期別)

みなさんこんにちは、「就活の教科書」編集部のカタです。

突然ですが、エントリーシート(ES)はいつから提出するのか、いつまでに準備を始めればいいのか把握できていますか?

「就活の教科書」編集部 カタ

就活生くん

エントリーシート(ES)の提出時期がいつからなのか分からないです。

エントリーシート(ES)の提出がいつからなのか分からず、締め切りに遅れたりしそうで心配です。

就活生ちゃん

エントリーシート(ES)を書くのにすごく時間がかかるし、やることが多いって聞きました。

エントリーシート(ES)をいつから準備を始めれば、余裕をもってエントリーシート(ES)が書けるのか教えてほしいです。

エントリーシート(ES)って、結局いつから提出するものなのか、いつから準備し始めればいいのかよくわからないものですよね。

僕もエントリーシート(ES)の提出時期準備の時期については、いつも不安を抱いていました。

「就活の教科書」編集部 カタ

そこで、この記事ではエントリーシート(ES)の提出時期はいつからか、準備を始めるべき時期はいつからかについて解説していきます。

合わせて、エントリーシート(ES)を書くための必要な準備の進め方についても解説していきます。

この記事を読めば、「エントリーシート(ES)の提出時期がいつからか分からず、締め切りに遅れてしまった、しっかり書く時間がなかった」など後悔することを避けられます。

エントリーシート(ES)提出の時期はいつからなのか」準備を始めるべき時期はいつからなのか」をしっかり把握して、就活をうまく進めたいという人はぜひ最後まで読んでみてください。

エントリーシート(ES)の提出時期はいつから?基本は3月以降だが、実際は企業によって違う

就活生くん

本選考のエントリーシート(ES)の提出っていつからなんですか?

具体的な時期について知りたいです。

一般的な就活解禁は3月で、基本的には、エントリーシート(ES)の提出を3月から4月の間で提出を求める企業が多いです。

しかし、近年の選考は早期化しています。

早期化によって、外資系やベンチャー企業に限らず、3月の就活解禁を待たずエントリーシート(ES)の提出を求めてくる企業も多いです。

「就活の教科書」編集部 カタ

本選考のエントリーシート(ES)は、基本的に、面接を受ける前など、選考の最初の段階で提出をする場合が多いです。

企業によって選考を始める時期は、それぞれ違います。

選考の時期が異なるため、エントリーシート(ES)の提出がいつから始まるのかも異なるため注意が必要です。

余裕を持った準備をするために、自分が志望する企業の選考時期やエントリーシート(ES)の提出時期はいつからなのかしっかり把握しておく必要があります。

就活生くん

基本的には3月以降提出だけど、選考が早い業界もあるんですね。

具体的にどんな業界がいつから選考を始めているのか教えてください。

ここでは、選考時期の早い業界をいくつか挙げておきます。

以下の業界の中には10月など年内から選考を始めている業界もあります

「就活の教科書」編集部 カタ

選考時期の早い業界
  • 外資系企業
  • 広告業界
  • テレビ業界
  • 人材業界
  • IT業界
  • ベンチャー企業

選考時期の早い業界に興味のある人は、選考時期はいつからなのかしっかりチェックしておきましょう。

また、選考時期に合わせて、いつからエントリーシート(ES)を準備し始めるのかなど予定を立てておきましょう。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

エントリーシート(ES)はいつから準備すれば間に合う?

就活生くん

選考時期に合わせてエントリーシート(ES)を準備する必要があるのは分かりました。

具体的に、いつからエントリーシート(ES)を準備しておけばいいのか教えてください。

エントリーシート(ES)を書く前に、まずは自分のことを知る必要があるため、夏くらいからは自己分析を始めておきましょう。

しかし、選考時期の早い業界を受けたい就活生の方は、夏よりも前から準備しておくのをオススメします。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

夏ごろからエントリーシート(ES)に向けて準備を始めておく

余裕をもってエントリーシート(ES)を書くには、夏くらいからは自己分析をはじめましょう。

そして、自己分析が終わったら11月くらいからエントリーシート(ES)の下書きを始めるスケジュールが理想的です。

エントリーシート(ES)提出する前に、自己分析業界分析エントリーシート(ES)の添削など多くの手順を踏まないといけません。

あまりにも提出ギリギリで下準備を始めると間に合わなくなります。

余裕を持ってエントリーシート(ES)を準備するために、夏くらいからは自己分析を始め、11月頃からエントリーシート(ES)の下書きを始めましょう。

就活生ちゃん

エントリーシート(ES)を書くには、いろいろ段階を踏まないといけないんですね。

夏からは、自己分析を始めて準備しておきます。

 

エントリーシート(ES)の提出時期は企業により違う

エントリーシート(ES)の提出時期は企業により異なるため、スケジュール管理はしっかりしておきましょう。

企業ごとに選考を開始する時期エントリーシート(ES)の提出を求めてくる時期は違います。

もし、スケジュール管理を怠っていると、「A社の締め切りは来週までだったのに、B社は昨日までだった」など提出期限を逃してしまいます。

エントリーシート(ES)提出の締め切りは徹底的に管理しておきましょう。

就活生くん

エントリーシート(ES)提出の期限を逃してしまうのは、本当にもったいないですね。

しっかりスケジュール管理しておきます。

 

エントリーシート(ES)の準備の進め方(時期別)

就活生ちゃん

先輩からエントリーシート(ES)「書くのに時間がかかるし、難しい」って聞きました。

具体的に準備を進める時期や順番を教えてください。

ここでは、3月以降にエントリーシート(ES)の提出をすることを前提として、いつから何をすればいいのかについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 カタ

エントリーシート(ES)の準備の進め方
  • 3年生夏~11月:自己分析、業界研究、OB訪問
  • 3年生11月~2月:エントリーシート(ES)下書き、添削

それでは、それぞれ見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

3年生夏~11月:「自己分析」「業界研究」「OB訪問」

3年生の夏から11月ごろは「自己分析」「業界研究」「OB訪問」を行いましょう。

11月くらいまでは「エントリーシート(ES)を書くための情報収集」に時間を割きましょう。

エントリーシート(ES)では、「なぜ、この業界や会社で働きたいのか?」「志望動機は?」などの質問に答えなければなりません。

業界分析や自己分析が不十分で企業選びの軸が定まっていないと、志望理由をうまく伝えられません。

また、業界分析や自己分析が十分でないと、面接官に「ほかの業界でもいいのでは?」と思われてしまいます。

そのため、3年生の夏から11月ごろは、自己分析、業界研究、OB訪問を行いましょう。

ここで大切なのは「11月までに情収集報を終わらせるには、効率的な情報収集が大切」だということです。

効率的な自己分析業界研究OB訪問のやり方についての記事を以下に載せておくので、ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

3年生生11月~2月:エントリーシート(ES)下書き、添削

3年生の11月から2月には、エントリーシート(ES)の下書きを始め、必要ならば、第3者からの添削もお願いしましょう

3年生の11月から、エントリーシート(ES)の下書きを始めておくと、本番の提出までに余裕をもって準備することができます。

また、客観的な意見も取り入れるために第三者からの添削もお願いしましょう

エントリーシート(ES)を書き進めている途中で、自分の就活の軸や志望業界のことが分からなくなることもあるはずです。

就活の軸が分からなくなった時には、軸の確認のために再び自己分析や業界研究に戻りましょう。

余裕を持つために、3年生の11月からエントリーシート(ES)の下書きを始めておきましょう。

今回紹介したのは、3月提出を前提としたものなので、必要に応じて、時期を早めるなどして、余裕を持った準備をするようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 カタ

 

エントリーシート(ES)で聞かれる内容一覧と書き方のポイント

ここでは、エントリーシート(ES)で聞かれる内容書き方のポイントについて紹介していきます。

エントリーシート(ES)で書くことを求められる内容は、以下のようなものが多いです。

エントリーシート(ES)で聞かれる内容
  • 特技、趣味
  • ゼミでの活動
  • 自己PR
  • 長所、短所
  • 性格
  • 将来の夢
  • 志望動機

 

これらの質問に対するエントリーシート(ES)の書き方のポイントは、基本的には以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 カタ

エントリーシート(ES)書き方ポイント
  • 結論先行で書く。
  • エピソードでは、具体的な数値や成果などを示す。
  • 入社後にその会社で働いているイメージを読み手に持たせる。

エントリーシートには、聞かれる項目別に書き方のコツがあります。

以下に、質問別にエントリーシート(ES)の書き方のコツを紹介した記事を紹介しておきますので、ぜひ、参考にしてみてください!

「就活の教科書」編集部 カタ

 

エントリーシートの通過率を上げるために、内定者のESを参考にしよう

就活生くん

頑張ってエントリーシートを書いてるんだけど、あんまりうまく書けない・・・

エントリーシートを上手に書くコツってあるんですか?

エントリーシートを上手く書くなら、合格した内定者のESを参考にするのがおすすめです。

知らない就活生も多いですが実は、エントリーシートはネット上で無料で公開されているんです。

通過したエントリーシートを参考にしてESを書けば、通過率がグッと上がりますよ。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート無料サイトは、unistyle(ユニスタイル)です。

ユニスタイルでは、エントリーシートが業界別/企業別/選考別にまとめられており、全て無料で見ることができます。

公開されているエントリーシート数は17,000件と、他のサービスと比べても圧倒的です。

エントリーシート無料 ユニスタイル

unistyleの無料エントリーシート画面

unistyleの評判や使い方については、【unistyle(ユニスタイル)の評判は?】実際に利用した僕の感想 | 就活生の口コミもという記事で紹介しているので、参考にしてくださいね。

人事さん

 

エントリーシート「自己PR」を書いた後は、ES添削に出してみよう

就活生ちゃん

エントリーシートの自己PRをとりあえず書いてみたけど、これで合ってるかわからないです。

この自己PRで本当にエントリーシート通過するのかな? 正直不安・・・

エントリーシートの自己PRを一旦書き終えたら、客観的な意見を加えるために、一度人に添削してもらいましょう。

こちらの記事に自己PRを添削してくれる就活サービスをまとめましたので、自分に合ったものを利用してみましょう。

就活アドバイザー

 

メモ

ちなみに、就活の教科書がおすすめするエントリーシート「自己PR」の添削サービスは、就活エージェント「キャリアチケット」です。

キャリアチケットは、就活生1人1人にアドバイザーが付いてくれるサービスで、ES添削に加えて、就活相談や面接練習などで内定まで無料サポートしてくれます。

10,000人以上の就活生が利用した、新しい就活サービスです。

キャリアチケットの評判や使い方については、【キャリアチケットの評判は?】就活生の体験談,口コミまとめ | 実際に利用した20卒にもインタビューという記事で紹介しているので、参考にしてください。

人事さん

 

まとめ:エントリーシート(ES)の提出期限を把握して、余裕をもって準備しよう!

この【知って安心!】エントリーシート提出時期はいつから?準備はいつまでに始める?準備スケジュールもの記事はいかがだったでしょうか?

この記事では、エントリーシート(ES)を提出するのはいつからなのかいつから準備を始めるべきなのかについて解説してきました。

合わせて、エントリーシート(ES)を書くために必要な準備の進め方についても紹介しました。

この記事の内容をまとめると以下の通りです。

この記事まとめ

◆エントリーシート(ES)の具体的な締め切りは企業によって違う

◆エントリーシート(ES)は選考の最初の段階で提出することが多い

◆夏ごろからエントリーシート(ES)に向けて準備を始めておく

◆企業ごとにエントリーシート(ES)の締め切りは違うためスケジュール管理は大切に

◆3年生夏~11月:自己分析、業界研究、OB訪問

◆3年生生11月~2月:エントリーシート(ES)下書き、添削

エントリーシート(ES)の提出日をしっかり把握して、余裕を持って、計画的に準備を進めるようにしましょう。

「就活の教科書」には、就活の役に立つ記事が他にもたくさんあるのでぜひ、読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 カタ