>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【内定者が教える】就活エージェントはいつから登録すべき?どの時期でも使えるエージェント4選も

【内定者が教える】就活エージェントはいつから登録すべき?どの時期でも使えるエージェント3選も

この記事で分かること
  • 就活エージェントには、多くの就活生が3年生の1月から登録する
  • 就活エージェントには、遅くても3年生3月までに登録する
  • 就活エージェントに早めに登録するメリットは、早めに自己分析を終えられるため
  • 就活エージェントに早い時期から登録するデメリット

 

こんにちは。「就活の教科書」編集部の天野です。
今回は、就活エージェントに登録する時期について解説します。
就活生の皆さんは、いつから就活エージェントに登録しようと思っていますか?

「就活の教科書」編集部 天野

就活生くん

もう就活が始まってしまっているのに、自己分析が終わっていません。
今からでも就活エージェントに登録して間に合いますか?

就活生ちゃん

私は逆に大学3年生から就活エージェントに登録したいと思っています。
就活まではまだ時間があるけど、就活エージェントに登録しても迷惑じゃないですか?
就活エージェントに登録すべき時期はありません。
就活エージェントは就活の裏技のようなものです。
早ければ早いほど周りの就活生に差をつけられるし、遅すぎることもありません。
大学4年生の冬からでも内定を取らせてくれる就活エージェントもあります。

「就活の教科書」編集部 天野

そこでこの記事では、「就活の教科書」編集部の天野が、就活エージェントに登録すべき時期、就活エージェントに早くから登録するメリットとデメリットを解説します。

さらに、どの時期からでも使えるおすすめ就活エージェント4選も紹介します。

この記事を読めば、就活エージェントに早くから登録して周りの就活生に差をつけられます

「就活エージェントに登録するには早すぎるんじゃないか?」そんな就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

画像タップでページ内に飛びます

就活エージェント いつから 登録時期>> エージェント登録時期

就活エージェント いつから 登録メリット>> 早めに登録のメリット

就活エージェントはいつから登録すべき? 目的別の登録時期一覧表

就活エージェントを登録する時期はいつから?

就活生くん

就活エージェントって大学4年生の春から登録するイメージがあります。
就活エージェントはいつから登録すべきですか?

就活エージェントへは早い時期から登録すべきですが、いつからでも遅すぎることはありません。

早い時期から就活エージェントに登録した方が、周りの就活生に差をつけられます。

また、大学4年生の冬からでも内定を狙える就活エージェントもあります。

就活生の目的別に就活エージェントに登録する時期を具体的にまとめたので、以下のリストをご覧ください。

「就活の教科書」編集部 天野

目的別の就活エージェント登録時期

登録の目的①:選考対策をするため

  • 3年生11月頃:余裕を持って早めに就活の対策をしたい就活生向け
  • 3年生1月頃:多くの就活生が就活エージェントに登録する期間
  • 3年生3月頃:遅くてもこの時期までに就活エージェントに登録する

登録の目的②:内定を取るため

  • 3年生3月頃:自分の就活に危機感があり誰かの助けが必要と感じたとき
  • 4年生5月頃:自分の実力を知り就活が思うようにいかなくなったとき
  • 4年生7月頃:自分の納得がいく内定が取れてないとき

※【注意点】時間が経つほど選考を終える企業が増えるので、就活に不安や焦りを感じたら早めに利用しよう

▼ おすすめ就活エージェント4選 ▼

 

早い時期から就活エージェントに登録し、自己分析を手伝ってもらいながら面接対策をすることをおすすめします。

大抵の学生は就活に対して、大学3年生の1月から考えるようになります。

しかし、大学3年生の3月中にはエントリーシート(ES)の提出期限があり、自己分析が間に合わない就活生が多いです。

自己分析が終わっていない状態で面接まで進み、深堀りができていないため選考に落ちてしまうことが多いです。

就活エージェントの方々も人数は限られていて3月になると一気にエージェントが忙しくなりエージェントのサポートが最大限に活用できないこともあります。

準備万全で就職活動を始めたい就活生は、早めに就活エージェントに登録して選考の対策を済ませておきましょう。

 

また、上記より少し早めに就活エージェントに登録して、就活の対策を立て周りの就活生よりも早めに就活をスタートさせて自分の納得する就活ができるように準備を済ませましょう。

近年就職活動の流れが早くなってきている影響で、22卒の就職活動の動きはさらに早くなると予想されています。

さらに、いつからでも就活エージェントへの登録が遅すぎることはありません。

就活エージェントが管理している求人の中には、就活生自身だけでは探し出せない秋採用や冬採用を行っている企業が存在します。

「納得できる内定がまだない」「就活諦めようかな」という就活生でも、就活エージェントはあなたの就活を最後までサポートしてくれるので心強いですね。

「就活の教科書」編集部 天野

▼ おすすめ就活エージェント4選 ▼

 

就活エージェントに早い時期から登録するデメリット

就活生くん

就活エージェントに早い時期から登録しておくと、場数も踏めて、周りの就活生に優位に立てるんですね。
逆に、就活エージェントに早い時期から登録するデメリットはありますか?
基本的に就活エージェントに早い時期から登録するデメリットはありません。
強いて言うなら「紹介してもらえるインターンシップは多くない」ことです。

「就活の教科書」編集部 天野

就活エージェントは企業(お客様)に就活生を紹介して利益を得ているため、企業が求める学年の就活生しか、インターンシップに招待できません。

ほとんどの企業は大学3〜4年生の就活生を求めています。

そのため大学1〜2年生は、自己分析やES添削、面接対策は手伝ってもらえても、インターンシップや企業紹介はできない場合があります。

ただ、自己分析やES添削、面接対策を手伝ってもらうだけでも大きな差ができるため、大学1〜2年生も就活エージェントに登録することをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 天野

 

就活エージェントに早い時期から登録する3つのメリット

就活エージェントに早い時期から登録する3つのメリット

就活生くん

就活エージェントはいつからでも利用して良いんですね。
大学1年生でも、大学4年生の冬からでも使えるのには驚きました。
就活エージェントに早い時期から登録するメリットには、具体的にどんなものがありますか?
それでは次に、就活エージェントに早い時期から登録する3つのメリットを解説します。
就活エージェントに早い時期から登録するメリットには以下の3つがあります。

「就活の教科書」編集部 天野

就活エージェントに早い時期から登録するメリット
  • 早くから自己分析を終えられる
  • 早くからインターンシップを紹介してもらえる
  • 面接やグループディスカッションの場数を踏める
それでは就活エージェントに早い時期から登録するメリットを1つずつ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

メリット①:早い時期から自己分析を終えられる

就活エージェントに早い時期から登録するメリットの1つ目は「早い時期から自己分析を終えられる」です。

就活エージェントでは希望すれば時期に関係なく何度も面談をしてくれるため、自己分析を手伝ってもらえます。

自己分析は就活の入り口であり、自己分析なしでは選考は通過できません。

しかし大半の就活生は自己分析に苦戦し、結局自己分析を終えられずに面接に挑み、落ち続けてしまいます。

そのため、早い時期から就活エージェントに手伝ってもらい、大学4年生の3月までに自己分析を終わらせておくと、周りの就活生に大きな差をつけられます。

大学4年生の春に就活が解禁して、早い時期に何もしてこなかった分、時間がなくて焦っている就活生は多いです。

「就活の教科書」編集部 天野

 

メリット②:早い時期からインターンシップを紹介してもらえる

就活エージェントに早い時期から登録するメリットの2つ目は「早い時期からインターンシップを紹介してもらえる」です。

就活エージェントでは、企業に直接エントリーシート(ES)を出さなくても、時期に関係なくインターンシップを紹介してくれます。

登録する就活エージェントによっては中小企業やベンチャー企業だけではなく、大企業のインターンシップも紹介してくれる場合もあります。

そのため、自分でエントリーしなくても、いつからでも楽にインターンシップに参加することができます。

時期に縛られず、いつからでもインターンシップを紹介してもらえるのはありがたいですね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

メリット③:面接やグループディスカッションの場数を踏める

就活エージェントに早い時期から登録するメリットの3つ目は「面接やグループディスカッションの場数を踏める」です。

就活エージェントでは、多くの企業を紹介してもらえるため、面接やグループディスカッション(GD)の場数を踏めます。

また、通年採用を行なっている企業も多く、時期に関係なく、いつからでも練習できます。

そのため本命企業で、面接やグループディスカッション(GD)をする前に、早い時期から対策することができます。

また、模擬面接してくれる就活エージェントもあるため、場数を踏みまくって周りの就活生に差をつけられます。

「就活の教科書」編集部 天野

 

時期を問わずいつからでも使える!おすすめ就活エージェント4選

就活生くん

就活エージェントでは早い時期から登録しておいて損はなさそうですね。
でも結局どの就活エージェントに登録すれば良いのかわかりません。
おすすめの就活エージェントを教えてください。
「就活の教科書」編集部の僕が、どの時期からでも使えるおすすめの就活エージェントを4つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 天野

会社名 特徴 実績 面談地域
キャリアチケット ・ブラック企業を避けられる
・関東に加えて関西/九州/東海も面談可能

・最短2週間のスピード内定
・就活生5人に1人が登録 主要都市9箇所
東京(渋谷/秋葉原/池袋)、大阪、横浜、福岡、名古屋、京都、神戸
DiG UP CAREER ・LINEを使って密にサポート
・就活生から高評価
・友達紹介率60%以上
・満足度90%以上
東京(渋谷)のみ
JobSpring ・辞めない会社に出会える
・1000社からAIマッチング
・早期退職率0.1%
・満足度95%
東京(神保町)のみ
レバテックルーキー ・リアルな企業情報が分かる
・ITエンジニア就活のプロが相談
・最短2週間で内定獲得
・利用者数15万人
全国(オンライン)
それでは、どの時期からでも使えるおすすめの就活エージェントを1つずつ紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

おすすめ①:キャリアチケット(ホワイト企業紹介、地域都市で面談)

就活エージェントおすすめ「キャリアチケット」

「就活の教科書」編集部の僕が最もおすすめする、どの時期からでも使える就活エージェントは、キャリアチケット(career ticket)です。

キャリアチケットを運営するのは、今勢いのある人材系ベンチャー企業 レバレジーズ株式会社です。

ブラック企業を避けられ、利用した就活生の内定率も高いため、就活エージェントの中でも特に人気があります。

また、キャリアチケットでは最短2週間で内定を獲得できるため、遅い時期からでも内定を獲得できます。

 

メリット/デメリット

キャリアチケットのメリット/デメリット
  • メリット①:ブラック企業を限りなく避けられる
  • メリット②:最短2週間でスピード内定できる
  • メリット③:地方都市でも面談できる
  • デメリット①:紹介企業数が多くはない

キャリアチケットで紹介してもらえる企業は、実際に取材した上で厳選された企業(170社以上)のみです。

そのため、キャリアチケットを利用すれば、あなたに合ったホワイト企業が見つかりやすいです。

また、キャリアチケットでは、東京(渋谷/秋葉原/池袋)、横浜、大阪、福岡、仙台、名古屋、京都で面談ができます。

面談できる場所は、他の就活エージェントに比べて圧倒的に多いです。

 

また、キャリアチケットが紹介している企業は170社と他の就活エージェントに比べて少なめです。

厳選された企業のみを紹介してもらえるので、ブラック企業に就職することを避けられます。

キャリアチケットでは最短2週間で内定を獲得できます。
そのため、遅い時期からでも内定を取ることができます。

「就活の教科書」編集部 天野

 

こんな就活生におすすめ

キャリアチケットがおすすめな就活生
  • 自分に合った企業に就職したい就活生
  • 早めに内定を確保したい就活生
  • 関東・関西・東海・九州に住んでいる就活生

「キャリアチケット」は最短3日で内定が出るという早期内定に実績がある就活エージェントです。

さらに、紹介先企業を厳選しているため、ホワイト企業が多いです。
そのため「なるべく早くホワイト企業から内定がほしい!」という就活生にオススメです。

またキャリアチケットは、就活エージェントには珍しく東京に加えて、横浜・大阪・京都・名古屋・福岡でも利用可能。
すでに就活生13万人以上が登録しており、就活生の4人に1人が登録しています。

登録後はいつでも退会できるので、早速「キャリアチケット」を試して、最速でホワイト企業からの内定を獲得しましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

\あなたに合った優良企業を紹介/

キャリアチケット(career ticket)

* 登録無料、1分で参加できます

 

 

「キャリアチケット」のリアルな口コミや評判を知りたい就活生は、こちらの記事も見てみてくださいね。

 

おすすめ②:DiG UP CAREER(少数精鋭、LINEで密にサポート)

就活エージェントおすすめ「DiG UP CAREER(ディグアップキャリア)」

「就活の教科書」編集部の僕がおすすめする、どの時期からでも使える就活エージェント2つ目は、DiG UP CAREER(ディグアップキャリア)です。

「DiG UP CAREER」は、DiG(ディグ)株式会社が運営する就職支援、新卒紹介のエージェントサービス。

就活生一人一人に対するサポートが手厚いため、利用者から高い評価を受けています(満足度90%超、友達紹介率60%超)。

 

メリット/デメリット

DiG UP CAREERのメリット/デメリット
  • メリット①:サポートが手厚く、満足度90%以上、友人紹介率60%以上
  • メリット③:LINEでの相談に対応しているから、リクルーターに気軽に相談できる
  • メリット②:他社ナビにはない非公開求人がある
  • デメリット①:対面の面談は、東京渋谷のみ

 

「DiG UP CAREER」の1番の特徴は、就活生一人一人に対するサポートが手厚いことです。

「DiG UP CAREER」がサポートした2019年卒の就活生は約1,000人と他の就活エージェントに比べ少ない方です。

「DiG UP CAREER」では、サポートする就活生の人数を絞り、限られた人数だからこそできる手厚い支援で就活生をサポートしています。

この結果が、「満足度90%超」「友人紹介率60%超」という数字に表れています。

「手厚いサポートを受けたい」そんな就活生にはぜひ利用してほしい就活エージェントサービスです。

「就活の教科書」編集部 天野

 

こんな就活生におすすめ

DiG UP CAREERがおすすめな就活生
  • 就職活動をしっかりサポートしてほしい就活生
  • 自分に合った会社を一緒に考えてほしい就活生
  • 関東地方に住んでいる就活生
DiG UP CAREERは就活相談やES添削から、面接対策や企業紹介まで、就活に関するサポートを一貫して行ってくれる就職エージェント。

DiG UP CAREERがサポートした20卒の就活生は約1,000人で比較的少なく、入社後にもサポートしてくれるほど手厚いです。

今後、DiG UP CAREERの利用者が増えると予想されるため、手厚いサポートが受けられるのは今のうちですよ。

「就活の教科書」編集部 天野

\ 少数精鋭の手厚いサポートを受けられる!! /

DiG UP CAREER(ディグアップキャリア)

* 登録無料、1分で参加できます

 

 

「DiG UP CAREER」のリアルな口コミや評判を知りたい就活生は、こちらの記事も見てみてくださいね。

 

おすすめ③:JobSpring(AIマッチングで早期退職率0.1%、東京で面談)

就活エージェントおすすめ「JobSpring(ジョブスプリング)」

「就活の教科書」編集部の僕がおすすめする、どの時期からでも使える就活エージェント3つ目は、JobSpring(ジョブスプリング)です。

JobSpringは、株式会社Roots(ルーツ)が運営する就活エージェントです。

JobSpringでは、独自のAIマッチングを行っており、自分に適した企業が見つかります。

そのため、遅い時期からでも最速で自己分析を終わらせることができます。

 

メリット/デメリット

JobSpringのメリット/デメリット
  • メリット①:「AIマッチング」で自分に適した企業が見つかる
  • メリット②:早期離職率がわずか0.1%
  • メリット③:ビデオ通話面談でサービスを受けられる
  • デメリット①:関東の学生しか対面での面談ができない

JobSpringでは、「適性検査Cubic(AIマッチング)」「就活エージェントのヒアリング」の両方を活用することで精度の高いマッチングを行います。

その結果、1年間の平均離職率が15%と言われる中、JobSpring利用者の3年間の離職率はわずか0.1%の水準となっています。

また、担当のエージェントと対面で面談をするためには、東京(神保町)に足を運ばないといけません。

そのため、JobSpringは関東の学生しか対面での面談ができません。

JobSpringでは、独自のAIマッチングで就活生それぞれに適した企業を紹介してもらえます。
1000社以上の企業の中から就活生一人一人にあった企業を選んでくれるので安心です。

「就活の教科書」編集部 天野

 

こんな就活生におすすめ

JobSpringがおすすめな就活生
  • AIマッチングで自分に合った企業を見つけたい就活生
  • 入社してからも楽しく働きたい就活生
  • 手厚いサポートを受けたい就活生

JobSpringでは、AIマッチングで1000社以上の企業から、就活生それぞれに適した企業を紹介してもらえます。

AIマッチングでの結果に基づいているため、紹介される企業のマッチ度が高く、紹介されてから内定までのスピードが早く、遅い時期からでも内定を獲得できます。

JobSpringには就活生と企業とのミスマッチをできるだけ減らす工夫がたくさんあります。

「入社したら終わり」ではなく、入社後のキャリアまで一緒に考えてくれるのはありがたいですね。

「就活の教科書」編集部 天野

\ AIマッチングで内定獲得!! /JobSpring(ジョブスプリング)

* 登録無料、1分で参加できます

 

 

「JobSpringの口コミ、評判ってどうなの?」という就活生は、こちらの記事をご覧ください。

 

おすすめ④:レバテックルーキー(ITエンジニア就活のプロに面談可)

レバテックルーキー

「就活の教科書」編集部の僕が、登録するおすすめの就活エージェント4つ目は、レバテックルーキーです。

レバテックルーキーは、レバテック株式会社が運営する就活エージェントです。

レバテックルーキーでは、ITエンジニアを中心に数々のキャリア支援を行ってきた経験豊富な就活のプロが在籍しているので、レバテックルーキーを使えば、自分だけでは気づかなかった適正と強みを活かせる企業が見つかります。

 

メリット/デメリット

レバテックルーキーのメリット/デメリット
  • メリット①:ITエンジニア就活のプロに相談できる
  • メリット②:早期内定を獲得できる
  • メリット③:リアルな会社の口コミを知ることができる
  • デメリット①:IT業界以外には向かない

レバテックルーキーの登録者数は、15万0000人です。

そのため、キャリアチケットを利用すれば、あなたに合ったホワイト企業が見つかりやすいです。

また、レバテックルーキーでは、オンライン対応しているため、全国の学生がITエンジニア専門アドバイザーと面談ができます。

ITエンジニアに特化した面談を行えるのは、他の就活エージェントに比べてもレバテックルーキーの強みです。

 

こんな就活生におすすめ

JobSpringがおすすめな就活生
  • ITエンジニア専門アドバイザーからサポートを受けたい就活生
  • 就活解禁前に早期内定獲得を目指したい就活生
  • 口コミサイトにはない、リアルな企業情報を知りたい就活生

レバテックルーキーは、ITエンジニアを目指す学生に特化したサービスなので、専門性がより高くよりあなたにぴったりの企業と出会える機会が豊富です。

ITエンジニアを目指しているけど、相談できる人がいない学生にとってはとても便利なサービスですね。

そのため、就活エージェントを使いたい就活生には、レバテックルーキーもおすすめです。

「就活の教科書」編集部 天野

\ ITエンジニア特化の就職支援!! /

レバテック ルーキー

* 登録無料、1分で参加できます

 

「レバテックルーキーの口コミ、評判ってどうなの?」という就活生は、こちらの記事も見ていってくださいね。

 

就活エージェントのサポート内容と、無料で利用できる仕組み

就活生くん

そもそも「就活エージェント」って何のことですか?
「就活支援サービス」は、就職活動のプロ(エージェント)が内定までサポートしてくれる無料のサービスのことですよ。
就活エージェント(就活エージェント)と呼ばれることもあります。

「就活の教科書」編集部 天野

就活生ちゃん

えっ、どうして無料なんですか?

「就活エージェント」は企業からお金をもらっているため、就活生は無料で利用できます。

「就活エージェント」を利用すると、以下のようなサポートを受けられることが多いです。

  • 就職相談(カウンセリング)
  • 厳選された求人の紹介
  • 履歴書やエントリーシートの添削
  • 面接の対策
  • 企業への推薦
  • 内定後のフォロー など

全ての就活エージェントがこれらを網羅しているわけではありませんが、就活生にとって魅力的なサポートばかりですよね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

また、先ほども述べましたが就活エージェントが無料で使える仕組みは、企業から報酬を得ているため、就活生は無料で使得るのです。

就活エージェントの仕組みをもっと知りたいという就活生は、以下の記事で紹介してます。

「就活エージェントを上手に活用する方法」なども解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

 

就活生くん

一人で就活するの不安だ…

就活生ちゃん

効率的に就活を進めたい!

就活に不安を抱えている大学生には、就活エージェントの利用をおすすめしています。

就活エージェントについては、こちらのまとめ記事でおすすめのエージェントを詳しく比較しています。

「就活の教科書」編集部 天野

 

ちなみに、他にも就活エージェントに関する質問を以下の記事で紹介しているので、合わせて参考にしてくださいね。

 

まとめ:就活エージェントには早い時期から登録しよう

今回は、就活エージェントに登録すべき時期、就活エージェントに早くから登録するメリットとデメリットを解説しましたが、いかがだったでしょうか。

さらに、どの時期からでも使えるおすすめ就活エージェント3選も紹介しました。

今回の記事をまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 天野

今回の記事のまとめ

就活エージェントへの登録時期は?
→多くの就活生が3年生の1月から登録するが、早ければ早いほど余裕が生まれる

どの時期からでも使えるおすすめの就活エージェント

就活エージェントに早い時期から登録するメリット

  • 早い時期から自己分析を終えられる
  • 早い時期からインターンシップを紹介してもらえる
  • 面接やグループディスカッションの場数を踏める

就活エージェントに早い時期から登録するデメリット

  • 紹介してもらえるインターンシップは多くない

僕は実際に大学3年生の9月から就活エージェントを利用し始めました。

業界分析もできていなかったため、様々な業界を紹介してもらい、ESも書かずに合計10社ほどのインターンシップに参加できました。

就活の流れも何も知らなかったのに、僕を就活成功への軌道に乗せてくれ、大学3年生の2月には第一志望から内定を頂きました。

就活エージェントは就活の裏技のようなものです。

就活エージェントを上手く利用して、効率的に就活を終わらせましょう!