>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【すぐに内定】就活を早く終わらせる方法 | メリット,デメリットも

この記事を読めばわかること
  • 就活を早く終わらせるために準備をしよう
  • 就活を早く終わらせる方法9選
  • 就活を早く終わらせるメリットは残りの学生生活を長く過ごせる
  • 就活を早く終わらせるデメリット
  • 就活を早く終わらせたいのに長引く理由3つ

 

皆さんこんにちは!「就活の教科書」編集部の谷川です。

この記事では、「就活を早く終わらせる方法」について紹介していきたいと思います。

就活生の皆さんは、「できるなら早く就活を終わらせたい!」って思った経験はありませんか。

「就活の教科書」編集部 谷川

就活生くん

就活をしているんですけど、なかなか内定をもらえません。

就活つらいので早く終わらせたいです。

就活生ちゃん

これから就活するんですけど、早く終わらせて残りの学生生活を遊びたいです。

早く終わらせる方法ってあるのかな。

就活をするのはめんどくさいし、大変なのはわかります。

就活を早く終わらせて、有意義な学生生活を送りたいですよね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

そこでこの記事では、「就活を早く終わらせる方法」についてご紹介します。

合わせて、就活を早く終わらせるメリットやデメリットについても説明します。

この記事を読むことで、就活を早くスムーズに終わらせることができます。

「就活を早く終わらせたい!」という就活生は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

目次

 

就活を早く終わらせるための準備をしよう

就活生くん

就活を始めたんですけど全く順調に進まないです。

就活生ちゃん

就活を早く終わらせるために準備しておくことってありますか?

就活を早く終わらせようと思っても、何から始めたらいいかわかりませんよね。

次に紹介する3つをしておくと就活をスムーズに進められますよ。

「就活の教科書」編集部 谷川

  • 準備①:自己分析
  • 準備②:業界・企業研究
  • 準備③:筆記・面接試験対策

 

筆記・面接試験は特に企業に対してアピールできる項目なので、しっかり対策しておきたいですね。

就活を早く終わらせる準備は、就活を行う上で必ずやらなければならない項目なので、早めに対策しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

就活を早く終わらせるための具体的な方法9選

就活生ちゃん

全然内定がもらえなくて就活が終わらないです。

スムーズに就活が終わる方法を教えてください。

効率よく就活を終わらせたいですよね。

それでは、就活を早く終わらせる具体的な方法を9つ紹介していきたいと思います。

「就活の教科書」編集部 谷川

就活を早く終わらせる具体的な方法9選
  • 方法①:複数企業を同時に選考を進める
  • 方法②:内定直結イベントに参加する
  • 方法③:就活エージェントに登録する
  • 方法④:周りよりも早く大量のESを出す
  • 方法⑤:志望業界を決めて、知名度で企業を選ばないようにする
  • 方法⑥:早期から採用活動を行っている企業を受ける
  • 方法⑦:長期インターンシップに参加する
  • 方法⑧:早期内定のインターンシップに参加する
  • 方法⑨:企業からスカウトを受ける

上記の9つの方法を実践することで、就活を早く終わらせることができます。

それでは、就活を早く終わらせる具体的な方法9つについてそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

方法①:複数企業を同時に選考を進める

就活を早く終わらせる具体的な方法1つ目は、「複数企業を同時に選考を進める」です。

複数企業を同時に選考を進めることで、1社ずつ選考を進めるよりも効率よく就活を進められるからです。

1社ずつ選考を受けている間に、他の企業の選考のエントリーが終わってしまえば、その後の就活に対してのモチベーションが維持できなくなってしまいます。

複数企業を同時に選考を進めて、効率的に就活を進めていきましょう。

同時に選考を進めているうちに、面接や筆記試験などの慣れも出てきて、気分が楽になってきますよ。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

方法②:内定直結イベントに参加する

就活を早く終わらせる具体的な方法2つ目は、「内定直結イベントに参加」です。

内定直結のイベントに参加すれば、すぐに内定を獲得できるからです。

内定直結イベントは、企業と学生が内定を目的としているため、細かい面接・筆記試験はありません。

時間をかけて選考していないため、ミスマッチが起こってしまうことも多々ありますので、内定直結のイベントだけに参加しておくのは注意が必要です。

就活生くん

イベントに参加するだけで内定ってもらえるのかな。

内定直結イベントでは、東証一部上場企業から新進気鋭のベンチャー企業まで参加しています。

内定直結イベントへ参加したい学生は、下記の記事を読むと早期内定イベントへの参加方法がわかります。

合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

方法③:就活エージェントに登録する

就活を早く終わらせる具体的な方法3つ目は、「就活エージェントの登録」です。

就活エージェントは、あなたと一緒に企業を探してくれるからです。

就活に関する「ES添削」や「面接対策」をサポートしてくれるので、着実に就活を進められます。

あなたの抱えている問題を就活エージェントに登録して、解決しましょう。

就活生ちゃん

就活を一緒に進めてくれるってありがたいですね!

でも就活エージェントってたくさんありそうでどれを選べば良いんだろう・・・

就活エージェントが知りたい就活生は、以下の記事を読むことで、あなたにあった就活エージェントを見つけることができます。

合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

方法④:周りよりも早く大量のESを出す

就活を早く終わらせる具体的な方法4つ目は、「周りよりも早く大量のESを出す」です。

周りよりも早く大量のESを出して、数を打つことができるからです。

数を打っていく中で、ESを書くコツなどが見つけられます。

周りよりも早くESを出して、1歩突き抜けましょう。

就活生くん

ES書くのって難しいイメージがあるな・・・

ESを書き始める段階では、書き方もわからず不安ですよね。

ESの正しい書き方が知りたい方は、以下の記事を読むと、ESを書くコツがわかるようになります。

合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

方法⑤:志望業界を決めて、知名度で企業を選ばないようにする

就活を早く終わらせる具体的な方法5つ目は、「志望業界を決めて、知名度で企業を選ばない」です。

業界を決めてしまうことで、志望動機なども作りやすいからです。

就活が長引いている学生の特徴は、「志望業界を決めきれていない」「大企業ばかり受けている」が原因です。

大企業以外にも優良企業はたくさんありますので、あなたも視野を広げて就活を進めましょう。

就活生ちゃん

今まで大企業ばかり受けていました。

大手企業や有名企業だけを受けるのはやめたほうが良いのかな。

たしかに、就活では大手企業を選びたくなりますよね。

ですが、自分の納得できる就活を行うことが大切なので、視野を広く持ってみてください。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

方法⑥:早期から採用活動を行っている企業を受ける

就活を早く終わらせる具体的な方法6つ目は、「早期から採用活動を行っている企業を受ける」です。

早期から採用を行っている企業を受ければ、自然と就活を早く終わらせられるからです。

外資系・日系企業や経団連に属していない企業が選考を開始するのが早いです。

上記の企業は就活が始まるのが早く、内定時期も早い特徴があります。

早期採用をしている企業へエントリーすることで、通常より早めの内定をもらうことができます。

下記の記事を読むと、早期内定を出す企業がわかるので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

方法⑦:長期インターンシップに参加する

就活を早く終わらせる具体的な方法7つ目は、「長期インターンシップに参加する」です。

長期インターンシップに参加することで、企業側に認められると内定に直結するからです。

インターンを経験した学生の場合、即戦力になるという企業側のメリットもあります。

長期インターンシップに参加して、企業側への評価を上げましょう。

長期インターンシップに参加することで、事業の成長過程を間近で実感できたり、同じ価値観の社会人や学生と知り合いになれるのも大きなポイントです。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

インターンシップに興味のある学生は、下記の記事で、インターンシップの探し方がわかります。

合わせて読んでみてくださいね。

 

方法⑧:早期内定のインターンシップに参加する

就活を早く終わらせる具体的な方法8つ目は、「早期内定のインターンシップに参加する」です。

早期内定のインターンシップに参加することで、インターンシップ後に内定がもらえるからです。

早期内定のインターンシップは、中小企業・ベンチャー企業に多くみられる特徴があります。

本命の企業が他にある方は、「内定が内定を呼ぶ」という言葉もあるので、ぜひ早期内定インターンシップに参加してみてください。

就活生くん

確かに内定が1つあることによって、安心感が生まれてその後の就活もスムーズに進められる気がします!

内定があるだけで精神的安定がとれますよね。

まずは、早期内定のインターンシップより内定を獲得することを目指しましょう。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

方法⑨:企業からのスカウトを受ける

就活を早く終わらせる具体的な方法9つ目は、「企業からのスカウトを受ける」です。

企業からスカウトをもらってしまえば、就活を早く終わらせることができるからです。

企業から学生をスカウトするといった、逆求人のサイトもあります。

サイトによっては、スカウトできる回数が決まっているものもあり、企業側も考え抜いてスカウトしてきているので、内定に直結しやすいです。

就活生ちゃん

オススメの逆求人のサイトがあれば教えてください。

私がオススメする逆求人サイトは、就活生の4人に1人が使っているOfferBox(オファーボックス)です。

下記の記事を読むと、OfferBoxのメリットや登録方法がわかるので合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

就活を早く終わらせるメリット3つ

就活生ちゃん

インターンシップは経験を得るだけでなく、内定にも直結するイベントなのですね。

就活を早く終わらせるメリットってありますか?

就活を早く終わらせるメリットはあるのか気になりますよね。

ここでは、就活を早く終わらせる3つのメリットについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 谷川

就活を早く終わらせるメリット3つ
  • メリット①:残りの学生生活を長く過ごすことができる
  • メリット②:就職前の準備ができる
  • メリット③:内定者インターンシップによって早く企業に携われる

それでは、就活を早く終わらせるメリット3つについてそれぞれ説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

メリット①:残りの学生生活を長く過ごせる

就活を早く終わらせるメリット1つ目は、「残りの学生生活を長く過ごせる」です。

学生生活を過ごせるのは大学生が最後だからです。

社会人になると自由な時間がなくなってしまうため、就活を終えたタイミングで趣味や旅行に時間を使うのはすばらしいです。

有意義な学生生活を過ごして、良い社会人スタートを迎えましょう。

就活生ちゃん

就活を早く終わらせて、残りの学生生活楽しみます!

学生にしかできないことも多いので、就活を早く終わらせられるといいですね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

メリット②:就職前の準備が確保できる

就活を早く終わらせるメリット2つ目は、「就職前の準備が確保できる」です。

就職前の準備をしておくと、新卒生活に余裕が生まれるからです。

入社前に必要な資格を先に勉強しておくことで、キャリア形成において1歩先に進むことができます。

だらだらと残りの学生生活を過ごすのではなく、有意義に過ごしましょう。

就活が終わってしまうとついつい気が抜けてしまいますが、将来のことを考えて少しでも前に進めるように頑張りましょう。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

メリット③:内定者インターンシップによって早く企業に携われる

就活を早く終わらせるメリット3つ目は、「内定者インターンシップによって早く企業に携われる」です。

企業によっては、内定者インターンシップを行っている企業もあるからです。

内定者インターンシップを通じて、内定者の早期の教育を行ったり、企業の社風に慣れてもらうのが企業側の目的です。

会社のことを知る点では、学生側にとっても良い体験になるでしょう。

入社時に他の学生に差をつけておくと、その後のキャリア形成も有利ですね!

「就活の教科書」編集部 谷川

 

就活を早く終わらせるデメリット3つ

就活生くん

就活を早く終わらせるメリットは有意義な時間が過ごせることですね。

就活を早く終わらせるデメリットもあれば教えてください。

もちろん就活を早く終わらせることは、メリットだけでなくデメリットもあります。

ここでは、就活を早く終わらせる3つのデメリットについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 谷川

就活を早く終わらせるデメリット3つ
  • デメリット①:早期の就活は周りのレベルが高くなる
  • デメリット②:志望業界が変わってしまう可能性がある
  • デメリット③:周りの友達がまだ就活をしている

それでは、就活を早く終わらせるデメリット3つについてそれぞれ説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

デメリット①:早期の就活は周りのレベルが高くなる

就活を早く終わらせるデメリット1つ目は、「早期の就活は周りのレベルが高くなる」です。

理由として、早期の就活は、優秀な学生が多いからです。

結果として、グループディスカッションなどを通じて周りのレベルが高くなる傾向にあります。

早期から就活を始めたからと言って、就活が早く終わるとは限りません。

就活生くん

優秀な学生と一緒に課題に取り組むって緊張します。

そんなに気負う必要はありませんよ。

優秀な学生と一緒に課題を解決する中で、あなたが成長できるとポジティブに考えましょう。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

デメリット②:志望業界が変わってしまう可能性がある

就活を早く終わらせるデメリット2つ目は、「志望業界が変わってしまう可能性がある」です。

就活が早くに終わっていて、志望業界が変わってしまうと取り返しのつかない可能性があるからです。

友達の内定先を聞いて、志望業界が変わってしまうという状況は起こらないように、あなたの納得のいく就活をやりましょう。

大学生の就活はたくさんの業界をみるチャンスです。

志望業界が変わってしまう可能性をなくすコツとしては、企業・業界研究をしっかり行うことです。

業界研究が苦手な学生は、下記の記事で、企業・業界研究の方法がわかるので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

デメリット③:周りの友達がまだ就活をしている

就活を早く終わらせるデメリット3つ目は、「周りの友達がまだ就活をしている」です。

あなたが早期に就活が終わっていても、周りの友達はまだ就活している可能性があるからです。

就活の終わっていない友達に、内定したことを伝えるのは友達関係を悪化させることにも繋がるので控えておきましょう。

就活を早く終えられてプレッシャーから開放されますが、その分周りの友達を気遣えるといいですね。

あなたが逆の立場だったら、どう思うのか考えてから行動しましょう。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

就活を早く終わらせたいのに長引く理由3つ

就活生くん

周りの友達は就活終わってるのに、僕は一向に終わる気配がありません。

原因があれば教えてください。

周りの友達が就活終わっているのに、あなたが就活終わらないのは不安になりますよね。

ここでは、就活を早く終わらせたいのに長引いてしまう理由3つについて紹介します。

「就活の教科書」編集部 谷川

就活を早く終わらせたいのに長引く理由3つ
  • 理由①:大手・有名企業ばかり受けている
  • 理由②:あなたに合わない業界・企業ばかり受けている
  • 理由③:書類・面接対策が疎かになっている

それでは、就活を早く終わらせたいのに長引く理由3つについてそれぞれ説明していきます。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

理由①:大手・有名企業ばかり受けている

就活を早く終わらせたいのに長引く理由1つ目は、「大手・有名企業ばかり受けている」です。

大手・有名企業は採用人数が限られており、倍率が高いため内定がもらえにくいからです。

大手・有名企業以外にも、あなたの能力を活かせる職場はあるはずです。

大手・有名企業ばかり受けていると、内定が手に入りにくくなってしまいます。

就活を早く終わらせるためには、企業に対して幅広い視野を持つのが大切です。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

理由②:あなたに合わない業界・企業を受けている

就活を早く終わらせたいのに長引く理由2つ目は、「あなたに合わない業界・企業を受けている」です。

関心のない業界・企業を受けていては魅力的な志望動機が書けないからです。

もう一度細かく自己分析・企業研究をしてみましょう。

むやみに受け続けるのは、時間がかかるだけです。

就活生くん

何回も自己分析・企業研究をする方が時間かかるんじゃないんですか?

自己分析と企業研究はやればやるほど深掘りできるので、終わりはないです。

一見遠回りに思えますが、自己分析・企業分析するのが1番の近道です。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

自己分析のやり方がわからない学生は、下記の記事を読むと自己分析ができるようになります。

合わせて読んでみてくださいね。

 

理由③:書類・面接対策が疎かになっている

就活を早く終わらせたいのに長引く理由3つ目は、「書類・面接対策ができていない」です。

書類・面接は、いかに企業に対してあなたをアピールできるかがポイントになるからです。

書類は身近の人に添削していただいたり、面接は基本的なマナーが身についているか確認しておきましょう。

書類・面接を丁寧に見直すことで、就活がスムーズに進められるようになります。

就活生くん

同じ業界ばかり受けていたので、今まで同じ書類を使い回していました。

就活生ちゃん

面接のマナーが身についていなかったので、これから勉強していきます。

書類を書く時は、各企業の事業内容を書いて同業他社との差別化をするといいですよ。

面接のマナーに自信のない学生は、下記の記事で、面接のマナーをマスターすることができます。

合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 谷川

 

36個の質問に答えて、自己分析をしよう

就活は、あなた自身を企業に売り込む場。だから、自己分析をして、自分の強みを理解しておく必要があります。ただ、そんな時間がない方も多いはず。

そんな時は、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして、あなたの本当の強み・適職を発見しましょう。

 

まとめ:就活を早く終わらせるために、同時選考を進めよう

この記事の、「【すぐに内定】就活を早く終わらせる方法 | メリット,デメリットも」はいかがでしたか。

このページでは、就活を早く終わらせる方法についてご紹介しました。

合わせて、就活を早く終わらせるメリット・デメリットについても解決しました。

この記事で学んだことをまとめると以下の通りです。

この記事のまとめ

就活を早く終わらせる具体的な方法9選

  • 方法①:複数企業を同時に選考を進める
  • 方法②:内定直結イベントに参加する
  • 方法③:就活エージェントに登録する
  • 方法④:周りよりも早く大量のESを出す
  • 方法⑤:志望業界を決めて、知名度で企業を選ばないようにする
  • 方法⑥:早期から採用活動を行っている企業を受ける
  • 方法⑦:長期インターンシップに参加する
  • 方法⑧:早期内定のインターンシップに参加する
  • 方法⑨:企業からのスカウトを受ける

就活を早く終わらせるメリット3つ

  • メリット①:残りの学生生活を長く過ごせる
  • メリット②:就職前の準備が確保できる
  • メリット③:内定者インターンシップよって早く企業に携われる

就活を早く終わらせるデメリット3つ

  • デメリット①:早期の就活は周りのレベルが高くなる
  • デメリット②:志望業界が変わってしまう可能性がある
  • デメリット③:周りの友達がまだ就活をしている

就活を早く終わらせたいのに長引く理由3つ

  • 理由①:大手・有名企業ばかり受けている
  • 理由②:あなたに合わない業界・企業を受けている
  • 理由③:書類・面接対策が疎かになっている

就活は早く終わらせられると、残りの学生生活を有意義に過ごせますよね。

ご紹介した9つの方法を実践することで、就活を早く終わらせることができますよ。

「就活の教科書」は、他にも就活に役立つ記事がたくさん用意されています。

他の記事もぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 谷川