【不安…】働きたくない人に向いている仕事13選 | 原因,対処法も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ すでに180,000人以上が利用中! / あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

皆さんこんにちは。

「就活の教科書」編集部です。

本日は皆さんが就活をしている際に、直面してしまいやすいお悩みについて考えてみたいと思っています。

就活アドバイザー 京香

就活生ちゃん

私は今、自己分析や企業研究などをして就活に励んでいるつもりなのですが…。

心のどこかで、「働きたくないな」という気持ちになってしまっているんだと思います…。

就活生くん

僕は就活をそろそろ始めなくてはならないと思いつつ、「働きたくない」気持ちがあって憂鬱な気分になってしまって…。

どうしたらいいのかわからず不安で困っています。

「働きたくない」と思ってしまうこと、これが今回の話題にしたいお悩みです。

皆さんも、就活をしている際に「働きたくないな」と思ってしまったこと、ありませんか?

就活アドバイザー 京香

というわけで、この記事では「働きたくない」という気持ちを抱えた方にお勧めしたい仕事をいくつかご紹介させていただきます。

併せて、働きたくないと思ってしまう原因や、働きたくない時の対処法もご紹介します。

◆この記事を特に読んでほしい就活生の皆さん

  • 就活に励みつつも「働きたくない」と感じて憂鬱な気分になってしまう就活生の皆さん
  • 「働きたくない」気持ちがあることに不安を感じたり、どうしたらいいのかわからないという就活生の皆さん

ぜひ最後までこの記事をご覧ください。

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断、人気No.1の「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! / あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

働きたくない気持ちがあるけど、大丈夫?

就活生ちゃん

「働きたくない」と思ってしまうことがあって…。

周りの友だちは就活に熱心な子たちが多くて、「働きたくない」と思ってしまう自分はダメなのかな…と悩んでしまうこともあります。

確かに不安な気持ちになってしまいますよね。

就活アドバイザー 京香

 

働きたくないのは「甘え」ではなく「自然」なこと

就活生ちゃん

やはり「働きたくない」と思ってしまうことは「甘え」なのでしょうか…。

実は、「働きたくない」と思ってしまうことは「甘え」ではなく「自然」なことなんです。

となりのいろはが20歳~49歳の男女602人を対象に行った調査によると、76%の人が働きたくないと感じたことがあると回答しているようです。

また、そもそも人の脳は本来的に困難を後回しにして楽をしたがる性質を持っているようです。

そのため、「働きたくない」と思ってしまうことは誰にでも起こりうることであり、起こって当然の自然なことなのです。

就活アドバイザー 京香

就活生ちゃん

「働きたくない」と思ってしまうのは私だけじゃないんですね!

 

なぜ働きたくないのかを自己分析することが大事

就活生ちゃん

「働きたくない」と思ってしまうことは「自然」なことだと分かりましたが、それではどうすればいいのでしょうか?

ここで大切なことは、「なぜ働きたくないのか」を分析することです。

「なぜ働きたくないのか」を考えることで、どのように対処すればいいのかを考えることができるようになります

就活アドバイザー 京香

就活生ちゃん

「働きたくない」と感じる原因が分かれば、その原因を解消する手立てを探すことができるということですね。

その通りです。

「働きたくない」と思うことは「自然」なことです。

自分を責めてしまうのではなく、自分が少しでも働きやすい環境を作るために、「働きたくない」という気持ちに気づいてその原因を探ることが重要なのです。

就活アドバイザー 京香

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【人と関わりたくない人へ】働きたくない人に向いている仕事5選

ここからは、「働きたくない」と感じる原因ごとにおすすめの仕事をご紹介させていただこうと思います。

「働きたくない」と思う原因についてはこの後ご紹介する予定ですが、「先に知りたい」という方はこちらからご覧になってくださいね。

就活アドバイザー 京香

就活生くん

僕は人と関わることが苦手で、仕事をすることを考えると職場の人間関係や顧客との関係を築くことに不安を覚えてしまいます。

だから「仕事に行きたくないな」と思ってしまうんだと思います…。

それでは、人と関わることが苦手な方にお勧めの仕事をいくつかご紹介させていただきますね。

就活アドバイザー 京香

◆人と関わるのが苦手な人におすすめの仕事5つ

  • 仕事①:プログラマー
  • 仕事②:WEBライター
  • 仕事③:トラックドライバー
  • 仕事④:検針員
  • 仕事⑤:警備員
ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

就活アドバイザー 京香

仕事①:プログラマー

人と関わることが苦手で働きたくない人におすすめの仕事1つ目は、プログラマーです。

プログラマーの仕事は、プログラミング言語を駆使して様々なシステムやアプリケーションを構築することです。

システムエンジニア(SE)が作成した全体のプログラムの設計書に基づいて、システムが作動するようプログラミングを行います。

パソコンがあればできる仕事が多いため、契約内容によっては在宅で仕事をする形式である場合も少なくありません。

職場に赴いたとしても、パソコンを相手に仕事をしている時間が多いと考えられるため、他の人を気にせずに一人で黙々と作業をすることができるでしょう。

自らが携わったアプリケーションやシステムが実際に様々な人に使用されていることを実感したり、世の中で役立っていると感じたりしたときには、やりがいを感じることができる職業と考えられます。

 

仕事②:WEBライター

人と関わることが苦手で働きたくない人におすすめの仕事2つ目は、WEBライターです。

Webライターとは、Webに掲載する記事を執筆する職業です。

WEBライターとして活躍する方法は、企業にライティング担当者として就職する方法、フリーランスとして自分の好きな記事を書いたり、依頼を受けて執筆したりする方法の2種類があります。

パソコンがあればどこでも記事を執筆できる場合が多いため、在宅で仕事をしている方も多くいらっしゃるようです。

文章力に加えて、Webライターには検索エンジンやSNS経由の集客を意識したライティングが求められ、雑誌や新聞などの紙面のライターとは異なる知識・スキルが必要となります。

自分が書いた記事によって誰かを助けることができると感じた時や、PV数が多く取れた時には喜びを感じることができるでしょう。

近年では、クラウドソーシングサイトを利用して、容易に依頼を見つけられる仕組みも整ってきているようです。

未経験でも挑戦しやすい職種ということができるでしょう。

また、「Webライターに興味があるけど自分に向いているか分からない…」という方は、LINE適職診断を利用して自分に向いている職業を見つけましょう。

LINE適職診断では、8つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに向いている職業を紹介してくれるので、忙しい方にもおすすめです。

就活アドバイザー 京香

 

仕事③:トラックドライバー

人と関わることが苦手で働きたくない人におすすめの仕事3つ目は、トラックドライバーです。

トラックドライバーの仕事は集荷作業・荷積み・荷下ろし・配送・配達などです。

トラックドライバーの仕事の時間の大部分はトラックを一人で運転することになりますので、他の人や他のことを気にせずに安全運転を心がけることが重要になります。

トラックドライバーの長時間労働が社会問題となっている点には注意が必要です。

年間労働時間は全産業の平均が2,100時間なのに対し、大型トラックドライバーで2,532時間、中型トラックドライバーは2,484時間となっています。

現在はトラックドライバーの労働条件を改善しようと国土交通省、厚生労働省、全国トラック協会が協力して労働時間のルールなどを作成しています。

今後の動きに注目することが重要ですね。

就活アドバイザー 京香

 

仕事④:検針員

人と関わることが苦手で働きたくない人におすすめの仕事4つ目は、検針員です。

検針員の仕事は担当地域の顧客の住宅を回り、水道、電気、ガスなどのメーター(計量器)の数字を読み取って情報端末に入力し、使用量を算出した検針票を顧客に渡すことです。

基本的に一人で行動する仕事が多いので、自分のペースで落ち着いて仕事を進めることができるでしょう。

 

仕事⑤:警備員

人と関わることが苦手で働きたくない人におすすめの仕事5つ目は、警備員です。

警備員の仕事は施設や人の警備や警護をすることです。

不審な人や物がいないかどうか周囲に気を配りながら施設の前に立っていたり、モニターのチェックや施設内の巡回が主な仕事内容となります。

警護対象の規模にもよりますが、一人で警備したり巡回したりする場合は、あまり人間関係を気にせずに自分の仕事に集中できる職種であるといえるでしょう。

以下の記事では、人と関わることが苦手な方にお勧めしたいより多くの仕事をご紹介しています。

こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【通勤が面倒な人へ】働きたくない人に向いている仕事3選

就活生ちゃん

朝早く起きて、ぎゅうぎゅうの電車に乗って通勤するととても疲れてしまうんです。

働く前に疲れてしまって、働きたくないなと感じてしまうのだと思います…。

朝早くの通勤がネックになってしまう場合もありますよね。

それでは、通勤が面倒と感じてしまう人におすすめの、在宅でできる仕事をご紹介させていただきますね。

就活アドバイザー 京香

◆通勤が面倒と感じてしまう人におすすめの仕事3つ

  • 仕事①:システムエンジニア(SE)
  • 仕事②:翻訳家
  • 仕事③:WEBデザイナー
ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

就活アドバイザー 京香

仕事①:システムエンジニア(SE)

通勤が面倒と感じてしまう人におすすめの仕事1つ目は、システムエンジニア(SE)です。

システムエンジニアとは、クライアントからヒアリングした要望をもとにコンピュータで作動するシステムを設計する技術者を指します。

システムエンジニアには、社内SEと社外SE、フリーランスの3つの働き方があります。

社内SEは、自社システムの企画や開発を行ったり、社内システムの管理、ITヘルプデスクなどの業務に就いたりするシステムエンジニアを指します。

社外SEは、自社以外のクライアント企業から依頼を受けてシステムの企画や開発を担当します。

そのため、プロジェクトごとに異なる現場で異なる人たちと働くことになります。

このほか、企業などに属さずクライアントを自ら選択して仕事をするフリーランスエンジニアとして働いている方々もいらっしゃいます。

システムエンジニアの仕事は、オンライン上で打ち合わせを行ったり、パソコンを使ってシステムの設計図を作成したりと、場所を選ばないですることができる場合もあります。

システムエンジニアには、プログラミング関係の知識の他クライアントから要望を聞き出したり、プログラマーと連携を図るために重要なコミュニケーション力が求められます

 

仕事②:翻訳家

通勤が面倒と感じてしまう人におすすめの仕事2つ目は、翻訳家です。

翻訳家の仕事は、外国語で表現された本や映像を日本語に訳したり、日本語で表現された文章を外国語に訳したりすることです。

翻訳する対象としては、文学作品や論文、ビジネスの書類、映画やドラマなど様々なものがあります。

一般企業や法律事務所などに所属して、主に契約書や申請書類、マニュアル作成に従事する方法や、翻訳会社に所属して翻訳業務に従事する方法、フリーランスの翻訳家として案件ごとに業務を請け負う方法の3つの働き方があります。

翻訳家として働くためには、高い語学力を示すために語学検定を受けておくことが望ましいでしょう。

翻訳する外国語への高い理解力のほか、その言語が使われている地域の文化やトレンドに精通していること、高い表現力なども求められます。

 

仕事③:WEBデザイナー

通勤が面倒と感じてしまう人におすすめの仕事3つ目は、WEBデザイナーです。

Webデザイナーは、「Webクリエイター」「ホームページデザイナー」と呼ばれることもあります。

企業や個人などのクライアントから依頼されたWebサイト・サービスのデザインをすることが仕事となります。

パソコン1つあればできる仕事が多いため、場所を選ばない仕事の一つということができるでしょう。

クライアントの希望どおりのWebサイト・サービスを制作するためには、クライアントの趣味嗜好や要望に寄り添ったデザインを心がけたり、クライアントと足取りを合わせて作業を行うことが重要です。

以上のような仕事以外でも、企業によっては在宅勤務形式をとっているところがあります。

自分の気になる職種で、在宅勤務形式をとっている企業があるかどうか、確認してみましょう。

就活アドバイザー 京香

 

                                                   

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【仕事をしたくない人へ】働きたくない人に向いている仕事5選

就活生くん

どうして働きたくないかを考えたのですが、僕には仕事が楽しそうと思うことがどうしてもできないため、働きたくないと感じてしまうようです…。

働きたくないと考えてしまう僕におすすめの仕事は…ありますか?

それでは、趣味感覚でしやすい仕事、仕事を通して楽しみを見出しやすいと考えられる仕事をご紹介させていただきますね。

就活アドバイザー 京香

◆仕事をしたくない人におすすめの仕事5つ

  • 仕事①:ゲームテスター
  • 仕事②:ブログ運営
  • 仕事③:Youtuber
  • 仕事④:ハンドメイド販売
  • 仕事⑤:イラストレーター
ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

就活アドバイザー 京香

仕事①:ゲームテスター/ゲームデバッカー

仕事をしたくない人におすすめの仕事1つ目は、ゲームテスター/ゲームデバッカーです。

ゲームテスターとは、スマホアプリやテレビのゲームを販売前にプレイし、不具合や意図しない挙動がないかをテストする仕事です。

完成までに、あらゆる動作の確認をしてバグを洗いだし、合わせて難易度などのも確認も行います。

1人でゲームをすることが主な仕事なので、黙々と作業をすることが可能です。

ゲーム開発に関する知識を保有しておけば、さらにゲームテスター/ゲームデバッカーとして需要を高めることができると考えられます。

ゲームが好きな人であれば、趣味感覚で仕事を行うことができると考えられますね!

また、ゲームの完成度を高めることに貢献できると考えると、ゲーム好きの方であればやりがいも感じやすいのではないでしょうか?

就活アドバイザー 京香

 

仕事②:ブログ運営

仕事をしたくない人におすすめの仕事2つ目は、ブログ運営です。

ブログ運営とはブログを書く仕事を指し、ブログについた広告によって収入を得る人々を「ブロガー」「アフィリエイター」と呼びます。

どんなことをブログの記事として書くかはあなたの裁量次第です。

したがって、自分の得意分野や趣味について書いたり、自分の思いを綴ったりすることを仕事にできるため、文章を書くことが苦でなければ楽しみながらできる仕事の一つと考えられます。

また、ブログに書いた情報が誰かの役に立ったり、悩みに寄り添ったりすることができる場合もあります。

好きなことを書いて、書いたものが誰かの役に立つならばこんなにうれしいことはありませんよね。

私も皆さんに役立つ記事をお届けできるよう頑張りますね!

就活アドバイザー 京香

 

仕事③:Youtuber(ユーチューバー)

仕事をしたくない人におすすめの仕事3つ目は、Youtuber(ユーチューバー)です。

Youtuberとは、YouTubeという動画配信サイトで動画を継続的に配信している人々を指す言葉です。

動画を撮影・編集してYouTube上に公開し、動画についた広告によって収入を得ています。

お気に入りのメイク道具やスキンケア用品などを紹介したものや、おすすめの観光地を紹介したもの、おいしいご飯の作り方を教えるものなど、それぞれのYoutuberは各々で様々な動画を作っています。

そのため自分の好きなものに関する動画の作成であれば、楽しみつつ行うことができると考えられます。

視聴者の方々から「役に立った」「同じものを使ってみたらすごくよかった」などのコメントを受け取った際には、やりがいを感じることもできるでしょう。

 

仕事④:ハンドメイド販売

仕事をしたくない人におすすめの仕事4つ目は、ハンドメイド販売です。

ハンドメイド販売とは、アクセサリー、家具、生活雑貨、食品など自分で作った商品をネットショップなどを介して販売する仕事を指します。

アクセサリーやぬいぐるみなど、モノ作りが好きな方であれば、楽しみながら商品を作成することができるでしょう。

また、自分が作った商品を誰かに買ってもらうことができれば、やりがいや喜びを感じることができると考えられます。

ハンドメイドマーケットであるminneや、フリマアプリとして有名なマーケットプレイスであるメルカリなど、近年ではハンドメイド販売をすることができるサイトやアプリが多数出てきました。

アクセサリー作りや手芸などを趣味にしている方であれば、だれでも簡単に始められるようになっていますので、ぜひ試してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

 

仕事⑤:イラストレーター

仕事をしたくない人におすすめの仕事5つ目は、イラストレーターです。

イラストレーターの仕事は、雑誌などの紙媒体やWeb、ゲームなどで使われるイラストを制作することです。

現在ではパソコンでの制作環境が進歩するにつれて、多くのイラストレーターはパソコン上のソフトでイラストを制作・納品しています。

イラストレーターは、クライアントの要望をヒアリングしながらWebやゲームの顔となり得るイラストを作成しなければなりません。

そのため、絵が上手なことだけでなくクリエイティビティも求められます

イラストレーターの働き方は多様化しており、最近ではTiktokでイラストを上げ依頼を獲得する方法などがあります。

その他、広告代理店やゲーム制作会社などで活躍する方法もあります。

イラストを描くことが好きな人であれば、楽しみながらイラストを作成し、納品することができるでしょう。

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

働きたくないと思ってしまう原因5選

就活生ちゃん

「働きたくない」と折々に思ってしまうのですが…。

どうしてなのでしょうか?

先程も申し上げましたが、なぜ「働きたくないのか」を考えることはとても重要ですね。

それでは、「働きたくない」と思ってしまう原因として考えられるものをいくつかご紹介しますので、ご自身の原因として当てはまるものがないか確認してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

◆「働きたくない」と思ってしまう原因

  • 原因①:仕事にやりがいを感じない
  • 原因②:通勤が大変
  • 原因③:職場の人間関係に悩んでいる
  • 原因④:頑張っても評価されない
  • 原因⑤:働くことに疲れてしまった/働く意欲がない

 

原因①:仕事にやりがいを感じない

「働きたくない」と思ってしまう原因1つ目は、仕事にやりがいを感じないことです。

自分の頑張りの結果が形として見えにくかったり、自分のやっていることが世の中で役立っている、誰かのためになっていると実感することが難しい場合など、仕事にやりがいを感じることが難しいと働く意欲がなくなってしまうことが考えられます。

仕事にやりがいを感じることができるということは、自分の仕事に意味を見出すことができるということです。

例えば、歩いて駅に向かうとき、私たちは「歩けば駅にたどり着く」ので歩いているのであって、駅という目標がないときにただ歩くのは面倒に感じてしまいますよね。

目標が場所にない場合、例えばダイエットのために歩いている場合は「歩くと痩せる」から歩いているのであって、歩いても痩せないなら歩くのをやめたくなってしまいませんか?

このように考えることが、行動に意味を見出すということです。

就活アドバイザー 京香

自分の仕事に意味を見出すことができなければ、仕事を面倒に感じてしまったり、仕事をしたくないと思ってしまうと考えられます。

 

原因②:通勤が大変

「働きたくない」と思ってしまう原因2つ目は、通勤が大変であることです。

  • 毎日朝早く起きるのが大変
  • ぎゅうぎゅうに詰まった電車に乗っていくので会社に着くころには疲れてしまう

上記などの理由で、通勤が大変だと仕事に集中したり、仕事で本領発揮することが難しく「働きたくない」と感じてしまうことが考えられます。

就活生ちゃん

確かに、私は体力がないので通勤が大変だと「働きたくないな」と感じてしまいそうです。

仕事の内容や職場環境以外にも考えられる要因はあるんですね

 

原因③:職場の人間関係に悩んでいる

「働きたくない」と思ってしまう原因3つ目は、職場の人間関係に悩んでいることです。

仕事は一日のうち多くの時間を占めるものであるため、職場での人間関係の悩みはとても大きなストレスとなると考えられます。

令和3年に厚生労働省が実施した「労働防衛安全調査」によると、「職場において強いストレスとなっていると感じる事柄がある」と答えた人のうち、25.7%の人が「対人関係」を強いストレスの内容に挙げていました

また、実際に人間関係がうまくいかずに仕事を辞めたという方も少なくはありません。

職場の人間関係に悩んでいる場合、職場の人間関係をうまく構築できるか不安に思っている場合は、「働きたくない」と感じてしまいやすいと思われます。

 

原因④:頑張っても評価されない

「働きたくない」と思ってしまう原因4つ目は、頑張っても評価されないことです。

頑張っても上司や会社からそれが認められなかったら、仕事に対するモチベーションが下がってしまいますよね。

実際に「ほめるべきか、叱るべきか」の研究を集めてメタ分析した結果によると、ネガティブなフィードバック(叱る)よりもポジティブなフィードバック(ほめる)方が、ポジティブな心理的・行動的な反応をもたらすと確認されています。

就活アドバイザー 京香

参照:「「やる気が出るのは叱られた時? 褒められた時?」心理学が明らかにした意外な事実」/ダイヤモンドオンライン

そのため頑張りを認めてもらうことができなければ、モチベーションを保っていることが難しくなり、「働きたくない」と感じてしまうと考えられます。

 

原因⑤:働くことに疲れてしまった/働く意欲がない

「働きたくない」と思ってしまう原因5つ目は、働くことに疲れてしまった/働く意欲がないことです。

「なぜ働かなくてはならないのか」「働く意味が分からない」と考えてしまうようになる事で、「働きたくない」と思ってしまう場合もあります。

令和4年10月に行われた「国民生活に関する世論調査」によると、働く目的について「お金を得るために働く」という回答が63.3%を占め、次いで「生きがいを見つけるために働く」(14.1%)「社会の一員として務めを果たすために働く」(11.0%)という回答が多く挙げられました。

平成13年~令和4年の結果を見てみると、「お金を得るために働く」という回答をしている人の割合は平成13年には49.5%だったのに対し、徐々に増加していることが分かります。

そのため、自分の仕事に対してその重要性や意義を感じることができず「働きたくない」と思ってしまう人が増えているのではないかと考えられます。

仕事の内容に意味を見出したり、仕事で生きがいを感じることができると思っている方が少なくなっているのかもしれませんね…。

就活アドバイザー 京香

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【どうすれば働くことに前向きになれる?】働きたくない時の対処法

就活生くん

働くことに前向きになれない時はどうしたら良いのでしょうか?

何か行動を起こさなければと思いつつ、結局はじめの一歩が踏み出せずにいます…。

前に進もうとする、その心意気が素晴らしいと思います。

それでは、働きたくないと思ったときの対処方法をいくつかご紹介させていただきますね。

就活アドバイザー 京香

◆働きたくない時の対処法

  • 対処法①:小さなことから始めてみる
  • 対処法②:休みを取って気分転換をしてみる
  • 対処法③:周りの人に相談してみる

 

対処法①:小さなことから始めてみる

働きたくない時の対処法1つ目は、小さなことから始めてみることです。

今すぐ大きなことをやろうとすると、怖気づいてしまったり、やるべきことが多くて参ってしまう場合があります。

一度に大きな物事を成そうとすることを思い切ってやめて、今出来そうと思うことができる小さなことから始めてみましょう

小さなことも少しずつ行えば、大きな物事を達成することができます。

小さなことでも「何かを始めてみること」が一番大切なんです。

始めの第一歩を踏み出すことが一番難しく、勇気の必要な局面であると私は考えています。

就活アドバイザー 京香

 

対処法②:休みを取って気分転換をしてみる

働きたくない時の対処法2つ目は、休みを取って気分転換をしてみることです。

思い悩みながら仕事や就活を続けることで、さらなるストレスを抱えてしまう場合もあります。

働きたくないと感じたときには、一度仕事や就活から離れて気分転換をしてみることもお勧めです。

気分転換には以下の様なものがあります。

◆おすすめの気分転換方法とその効果

  • 運動して体を動かす:ネガティブな気分を発散させたり、こころと体をリラックスさせ、睡眠リズムを整える作用がある
  • 読書:イギリス・サセックス大学の研究結果によると、6分間の読書がストレスレベルを68%軽減した
  • 音楽鑑賞:ドーパミンの分泌を促す作用があり、自律神経のバランスを整えてくれる
  • 旅行する:コルチゾールというストレスホルモンを軽減することができる
  • コーヒーを飲む:カフェインには強いリラックス効果がある

 

対処法③:周りの人に相談してみる

働きたくない時の対処法3つ目は、周りの人に相談してみることです。

悩んでいる時、人は狭い範囲でしか物事を考えられなくなってしまいます

「今働いている仕事以外に自分にできるものはない」と感じてしまったり、「自分が今知っている仕事の中から仕事を選んで就職しなければならない」と感じてしまいます。

しかし、世の中には本当に様々な仕事があります。

そのため、周りの人がどのように働いているのかを知ることで新しい発見があるかもしれません。

「自分が今働いていた場所だけが働く場所ではない」と知ること、「自分が知らない仕事があるかもしれない」と思うことが重要です。

「働きたくない」と感じて悩んでしまったら、一人で悩まずに、ぜひ周りの人々に相談してみてください。

会話の中であなたが知らない働き方や、社会の見方などの新たな発見がきっとあると思います。

また、就活で悩んだ場合には就活エージェントなどの就活サポートサービスを利用してみるのもお勧めですよ。

就活アドバイザー 京香

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

「働きたくない向いてる仕事」に関するよくある質問

就活生ちゃん

どうして自分が「働きたくない」と感じているのか、おすすめの仕事にはどんなものがあるのか少しずつ理解できて来たと思います。

他に知っておくべきことはありますか?

それでは最後に、「働きたくない向いている仕事」に関するいくつかのよくある質問にお答えしていきますね。

就活アドバイザー 京香

◆「働きたくない向いてる仕事」に関するよくある質問

  • 質問①:ルーティンワークではない仕事ってどんな仕事がある?
  • 質問②:自分に向いている仕事はどうやって見つければいい?

 

質問①:ルーティンワークではない仕事ってどんな仕事がある?

「働きたくない向いてる仕事」に関するよくある質問1つ目は、「ルーティンワークではない仕事ってどんな仕事がある?」です。

ルーティンワークとは、日常生活の中で同じ作業を繰り返すことや仕事での定型業務を指します。

ルーティンワークではない仕事としては、臨機応変な対応が求められる仕事やクリエイティビティが求められる仕事が当てはまるでしょう。

例えば以下の様な仕事があります。

◆ルーティンワークではない仕事

  • 臨機応変な対応が求められる仕事⇒コンサルタント業、教師、介護士
  • 専門知識が必要な仕事⇒弁護士、データサイエンティスト、税理士、医師、看護師
  • 論理的思考が必要な仕事⇒プログラマー、建築士、セキュリティアナリスト
  • クリエイティブな仕事⇒システムエンジニア(SE)、WEBデザイナー、小説家、イラストレーター、ネイリスト、ゲームクリエーター

以下に、顧客に合わせて仕事をする必要があったり、仕事をする際に論理的に考える必要がある仕事に関する記事をまとめてみました。

ぜひ一度ご覧になってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

 

質問②:自分に向いている仕事はどうやって見つければいい?

「働きたくない向いてる仕事」に関するよくある質問2つ目は、「自分に向いている仕事はどうやって見つければいい?」です。

以下の記事で、自分にぴったりな仕事を見つけるためのツールや書籍をご紹介しています。

すぐにできるものもありますので、ぜひ試してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

まとめ:自分に合ったスタイルで働ける仕事を見つけよう!

いかがでしたか。

今回は「働きたくない」と感じる人におすすめの仕事を、「働きたくない」と感じる原因ごとにご紹介させていただきました。

併せて、働きたくないと思う原因と、働きたくないと思ったときに前向きになるための対処法をご紹介しました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

就活アドバイザー 京香