【情報収集できる!】就活で役立つおすすめのSNS9選 | 注意点,おすすめの使い方

【使い方に要注意】就活中にSNSを利用する注意点 _ SNSの活用法も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかる事
  • 就活で人事はSNSをチェックしていて、最悪の場合不採用に
  • 就活で役立つおすすめの最新SNSアプリ9選
  • 就活の情報収集に役立つサービス5選
  • まだ間に合うSNSの対策法(Facebook、Instagram、Twitter)
  • 就活でSNSを利用するときの注意点3つ
  • SNSで就活の情報収集する方法3つ
  • 「就職活動、何したら良いかわからない!」という就活生は、就活力診断で自分の実力を一度診断してみるのがおすすめ

 

皆さんこんにちは。就活の教科書「編集部」の森山です。

この記事では「就活におすすめのSNS・おすすめのサービス」について解説していきます。

就活生のみなさんは、どのSNSを使って、どうやって情報収集をしたらよいのか疑問に思った経験はありませんか?

「就活の教科書」編集部 森山

就活生ちゃん

就活で情報収集をするにはSNSが必須だと聞きました。

けど、どのSNSを使って情報収集をすればいいのかわかりません・・・。

おすすめのSNSでの就活情報の収集の仕方を教えてほしいです。

就活生くん

周りの友達が就活サイトやSNSを活用して、就活を行っているのですが、多すぎてどれを使っていいのか分かりません・・・

就活で使えるオススメのSNSやサイトを教えてください!

やはり皆さん、「就活でSNS」を利用することについて様々な疑問を感じているみたいですね。

就活を成功させるには、情報収集がとても重要です。

マイナビやリクナビは、ほかの就活生も使っていてみんなが知っている情報しか収集できないので、就活を有利にする効果はあまり期待できません。

「就活の教科書」編集部 森山

 

そこでこの記事では、就活で役立つおすすめの最新SNSアプリ9選について解説していきます。

合わせて、「就活でSNS」を活用する方法や企業がSNSを確認しているのか、今すぐにすべきSNSの対処法3つを紹介します。

また、就活で情報収集が重要な理由・就活の情報収集の注意点定番の就活の情報収集方法も解説します。

この記事を読めば、就活中のSNSとの付き合い方が分かり、SNSを駆使して就活を行うことができるようになりますよ。

「就活中はSNSアカウントを消した方がいいのかな・・・?」など「就活でSNS」に関する悩みがある就活生のみなさんは、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

「就職活動、何したら良いかわからない!」という方は、就活力診断で自分の実力を診断してみるのがおすすめです。

「就活力診断」を使えば、あなたの就活力をS,A,B,Cランクで診断してくれ、今すべき就活対策も分かりますよ。

すでに75,000人以上が登録していますので、ぜひ活用してみてください。

就活アドバイザー 京香

>> 「LINE適職診断」を受けてみる

 

目次

 

就活生のSNSを見ている企業は多く、最悪の場合不採用になる

就活生くん

就活中にSNSを気にする必要ってありますか?

僕はSNSを普段通り使っていますが、周りの就活生に人事がSNSをチェックしていると聞き驚いているんですけど。

そうですね。

驚くかもしれませんが、実は人事が就活生のSNSチェックしている場合もあります。

「就活の教科書」編集部 森山

 

最近ではほとんどの就活生がSNSを利用しているため、人事も就活生のSNSアカウントをチェックすることがあります

SNSは見ようと思えば簡単に誰でもアクセスできるため、採用担当者に見られてはよくないと感じる内容は、アップしないように心がけるのが大切です。

最悪の場合、過去に未成年飲酒や犯罪を起こしていたら、面接の結果が良くても不採用に繋がります。

就活生くん

え!どうしよう・・・

人事が見てるかもしれないなんて知らなかった。

もうSNSになにもアップできなくなるじゃん・・・

まさかエントリーシートや面接以外にSNSまで確認されてる可能性があるなんて、驚きますよね。

ましてや、SNSが原因で不採用になってしまったら本当にショックですよね。

では、そもそもなぜ人事がSNSをチェックするのか、次はその理由をお伝えします。

「就活の教科書」編集部 森山

 

人事がSNSをチェックする意図

人事がSNSをチェックする意図は面接の短い時間では判断することができなかった、就活生の普段の人柄や価値観などを参考にするためです。

就活生は面接中に本音を隠して企業に合わせたり良い自分を見せようとするので、人事は就活生の素の部分を測り切れないからです。

例えば、

就活生くん

今日は〇〇さんと話せて良かったです。と言いながら

〇〇さんと話すのは時間の無駄だった。などとTwitterで投稿するなどです。

 

人事は今後一緒に働く仲間を探しているので、裏表のない誠実な人か、過去に未成年飲酒などしていないかSNSでチェックします。

皆さんの周りでも、話しているときは普通でも、SNSを見ると愚痴やネガティブな発言ばかりしてる人はいませんか。

人事がSNSをチェックするのは外面の良さに騙されないようにするためです。

「就活の教科書」編集部 森山

 


就活で役立つおすすめの最新SNSアプリ9選

就活生くん

就活で使えるSNSアプリの中で便利なアプリってありませんか?

もしあるなら、教えてほしいです。

「就活でSNS」アプリを利用する際には、次の9つのアプリが便利ですよ。

「就活の教科書」編集部 森山

就活でおすすめのSNSアプリ
  • おすすめアプリ②:Matcher(マッチャー)
  • おすすめアプリ③:NewsPicks(ニュースピックス)
  • おすすめアプリ④:Twitter(ツイッター)
  • おすすめアプリ⑤:Instagram(インスタグラム)
  • おすすめアプリ⑥:Tiktok(ティックトック)
  • おすすめアプリ⑦:Youtube(ユーチューブ)
  • おすすめアプリ⑧:LINE@
  • おすすめアプリ⑨:Facebook(フェイスブック)

では、就活で使えるおすすめのSNSアプリをそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

おすすめアプリ②:Matcher(マッチャー)

就活で使えるおすすめのSNSアプリの2つ目は、「Matcher(マッチャー)」です。

「Matcher」とは、誰でも簡単にOB訪問ができる就活専用のアプリです。

自己分析や企業分析など就活で悩んだ時に、アプリでOB訪問ができるのが最大の特徴です。

所属大学に関係なく登録さえすれば誰でもOB訪問ができるため、就活生の間では「OB訪問をするならこのアプリ!」というほどの人気があります。

最近では、「Matcher」を使ってオンラインでもOB訪問ができるようになり、さらに便利になってきているのでおすすめのSNSアプリなのです。

どんどん活用して、企業分析や就活で困ったことを社会人の方型に相談してみましょう!

「就活の教科書」編集部 森山

 

おすすめアプリ③:NewsPicks(ニュースピックス)

就活で使えるおすすめのSNSアプリの3つ目は、「NewsPicks(ニュースピックス)」です。

「NewsPicks」とは、主に就活生やビジネスパーソンを対象にした、国内外のニュースが厳選され取り扱われているニュースアプリです。

多くの就活中は、就活が忙しく世間が注目しているニュースに関心が薄くなってしまいがちです。

面接では「最近で気になるニュースはありますか?」という質問もあり、日頃からニュースに関心が薄いと質問にうまく返せずに困ってしまいますよね。

そのため「NewsPicks」を日頃から目にしておくことで、そういった難しい面接質問にも柔軟に対応でき採用担当者に好印象を与えられます

「NewsPicks」は、最新のニュースを新聞いらずでチェックできるSNSアプリです。

就活中でも効率的に情報収集が行えるためおすすめですよ。

ちなみに、「最近の気になるニュースの答え方」を解説している記事も紹介しておくので、参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

おすすめアプリ④:Twitter(ツイッター)

就活で使えるおすすめのSNSアプリの4つ目は、「Twitter」です。

Twitterは就活の最新情報をインプットするだけでなく、自らアウトプットすることができるからです。

多くの就活生が様々な就活情報を発信しているので、自分が今まで知らなかったリアルな就活情報をインプットすることができます。

また、自ら得た就活情報をアウトプットすることで、より自身の理解を深めることにもつながります。

同じ就活生の考えや新たな就活情報をインプットすることで、モチベーションも向上するので、Twitterはオススメのアプリです。

また、就活情報を発信しているおすすめのツイッターアカウントは以下にまとめました。

おすすめの就活系ツイッターアカウント

Twitterは同じような環境の就活生と繋がることもできるので、就活仲間が欲しい方にもおすすめです。

Twitterを活用して就活を進めたい方は、下記の記事を参考にアカウントを作ってみましょう!

「就活の教科書」編集部 森山

 

おすすめアプリ⑤:Instagram(インスタグラム)

就活で使えるおすすめのSNSアプリの5つ目は、「インスタグラム」です。

インスタグラムは情報が画像にまとめられているため、画像を見るだけで就活の知識を得ることができます。

また、インスタグラムでは投稿できる写真の数が決まっているため、就活の情報がコンパクトにまとまっていることが多いです。

就活情報を発信しているおすすめのインスタグラムアカウントは以下にまとめました。

おすすめの就活系インスタグラムアカウント

「画像で就活の知識を得たい」「素早く就活の情報が得たい」そんな就活生にはインスタグラムがおすすめです。

「就活の教科書」編集部 森山

 

おすすめアプリ⑥:Tiktok(ティックトック)

就活で使えるおすすめのSNSアプリの6つ目は、「Tiktok」です。

Tiktokでは動画の長さが1分以内に収まっているため、短い時間で就活の知識を得られます

また、画面をスワイプすれば次の動画に移れるため、スムーズにいろいろな動画を見ることができます。

また、就活情報を発信しているおすすめのTiktokアカウントは以下にまとめました。

次の動画にスワイプだけで移れるのがとても楽なのがTiktokのメリットです。

「就活の教科書」編集部 森山

 

おすすめアプリ⑦:Youtube(ユーチューブ)

就活で使えるおすすめのSNSアプリの7つ目は、「Youtube」です。

Youtubeは動画なので、文字を読む必要がない点がメリットです。

また、Youtubeでは模擬面接の動画が見れるので、面接対策におすすめのアプリです。

就活情報を発信しているおすすめのYoutubeチャンネルは以下にまとめました。

おすすめの就活系Youtubeチャンネル

今やYoutubeで就活の情報を得るのも当たり前になっていますよ。

また、おすすめの就活系Youtubeチャンネルについては以下の記事でさらに詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 森山

 

おすすめアプリ⑧:LINE@

就活で使えるおすすめのSNSアプリの8つ目は、「LINE@」です。

LINE@は指定のLINEに登録すると、情報がもらえるサービスです。

LINE@は登録したLINE@のアカウントから情報が届くため、他のアプリをいれる必要がありません

また、近年では、LINE@を使って採用を行う会社も増えています。

就活の教科書公式LINEが、「就活で後悔したくない」「今から内定を取りたい」という就活生の悩みを解決します。

公式LINEでは、後悔しない就活の方法今から内定を取る方法を配信しています。

さらに参加者限定コンテンツとして、3年生には就活完全マニュアル、4年生には就活逆転マニュアルをプレゼントしています。

1000人以上の就活生が登録しており、ありがたいメッセージが届いています。

就活の教科書公式LINEが就活であなたの力を100%引き出しますので、こちらから登録してくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

>> LINE@に登録して有益な情報を手に入れる

 

おすすめアプリ⑨:Facebook(フェイスブック)

就活で使えるおすすめのSNSアプリの9つ目は、「Facebook」です。

FacebookはOB・OG訪問をする際に有効なアプリです。

企業の人事や社員の方のほとんどがFacebookを行っているため、接点を持つことができるアプリです。

また、同じ就活生とも繋がることができるので、人脈を広げたい方にはオススメのアプリです。

僕自身も就活生の時はfacebookでOB・OG訪問を良く行ってしました。

facebookには役員クラスの方もいるので、役職が高い人と話したい方は、特におススメです。

「就活の教科書」編集部 森山

 

facebook以外にもOB・OG訪問を行う方法はたくさんあるので、OB・OG訪問を行いたい方は、下記の記事を読んでみてください。

 

就活で情報収集をする手段としてSNSはとても便利ですが、実はSNS以外にも効率的に情報収集ができるサービスが存在しています。

「情報収集の仕方がよくわからない」という就活生は、情報収集ができるサービスについて解説した記事を紹介するので、ぜひ読んでみてください。

情報収集が効率的にできると、早期内定に一歩近づけますよ。

「就活の教科書」編集部 森山

 

 

たった30秒の就活力診断で人事からの評価を一気に上げるポイントが分かります。

こちらの就活力診断では、あなたの就活戦闘力(Sランクは約2%)や、あなたが今するべき就活対策がわかります。

診断結果から自分の足りていないところがわかり、一気に人事からの評価を上げることができます。

もし「このままで内定取れるのかな」「今、何をするべきか分からない」と悩んでいるなら就活力診断を試してみてください。

>>就活力診断をしてみる(LINEで無料診断)

 

 

【要チェック】就活の情報収集に活用すべき4つのサービス

就活生ちゃん

就活の情報収集と言われても、何から始めれば良いのかまったくわかりません。

就活の情報収集は、次の4つのサービスをチェックしておけば、とりあえずはOKですよ。

「就活の教科書」編集部 森山

就活の情報収集に活用すべき5つのサービス
  • サービス①:unistyle(ユニスタイル)⇒ 内定者のESを無料で閲覧
  • サービス②:カイシャの評判 ⇒ 会社の評判を無料で閲覧
  • サービス③:合説どっとこむ ⇒ 全国の合説イベントを網羅
  • サービス④:就活の教科書LINE ⇒ 就活マニュアルを無料でゲット

それでは、就活の情報収集に活用すべき4つのサービスを、詳しく解説します。

どのサービスも無料で使えるうえ、ほかの就活生にあまり知られていない就活の有益情報を収集できますよ。

ほかの就活生と差をつけて、就活を有利に進めたい人は、一度はチェックしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

サービス①:unistyle(ユニスタイル)⇒ 内定者のESを無料で閲覧

就活の情報収集に活用すべきサービス1つ目は「unistyle(ユニスタイル)」です。

「unistyle」は、人気企業に内定した先輩のES(エントリーシート)や選考レポートを無料で閲覧できるサービス。

志望先の企業がどんなESを通過させているのかや、どんな選考をしているのかを事前に情報収集できます。

自己流でESを書いたり、選考内容を知らずに本番にのぞんだりするよりも、内定者が書いたリアルな情報を持っている方が、圧倒的に選考で有利

特に大手企業や有名企業にエントリーする人は、ぜひ登録して選考前に情報収集をしておきましょう。

「unistyle」を実際に体験した人の感想を以下の記事で紹介しています。

「unistyle」のサービス内容や評判を知りたい人は、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

サービス②:カイシャの評判 ⇒ 会社の評判を無料で閲覧

就活の情報収集に活用すべきサービス2つ目は「カイシャの評判」です。

「カイシャの評判」は、実際に企業で働いている社員の口コミが無料で見られるサービス。

匿名性が守られているので、企業の採用ページにはないリアルな内部情報を収集できます。

志望先企業で働いている人の口コミを見たり、企業分析レポートから口コミの良い企業を検索したり、使い方はいろいろ。

内定先がブラック企業でないかを判断したいときにも便利です。

「カイシャの評判」には、250万人以上の社員の口コミが掲載されており、大手有名企業だけでなく、中小企業の情報収集もできるのでおすすめですよ。

「カイシャの評判」のメリット・デメリットを以下の記事で紹介しています。

「カイシャの評判」の詳しいサービス内容や評判を知りたい人は、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

サービス③:合説どっとこむ ⇒ 全国の合説イベントを網羅

就活の情報収集に活用すべきサービス3つ目は「合説どっとこむ」です。

「合説どっとこむ」は、合同説明会を始めとした就活関連のイベント情報を収集できるサービス。

「マイナビ」や「リクナビ」などの大手就活サイトでは情報収集が難しい、中・小規模の就活イベント情報まで網羅されているのが最大の特徴です。

掲載している就活イベントの数は4,000件以上と日本最大級なので、就活イベントの情報収集は「合説どっとこむ」だけでもOK。

「合説どっとこむ」を活用すれば、就活イベントの情報収集に時間をかけなくて済み、ESや面接対策などにじっくり取り組めますよ。

「合説どっとこむ」を実際に体験した人の感想を以下の記事で紹介しています。

「合説どっとこむ」の評判やメリット・デメリットを知りたい人は、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

サービス④:就活の教科書LINE ⇒ 就活マニュアルを無料でゲット

就活の情報収集に活用すべきサービス4つ目は「就活の教科書LINE」です。

「就活の教科書LINE」は、LINEで友だち追加をするだけで、就活を上手に進める方法が毎日届くサービス。

情報を配信する順番も徹底的に考えられているので、届いた情報を順番に読むだけで、就活で役に立つノウハウが正しく身につきます。

メルマガ感覚で、すきま時間に届いた情報に目を通すだけで、就活に必要な情報収集が効率良くできるので便利です。

また「就活の教科書LINE」の参加特典として、無料でもらえる「就活完全マニュアル」「就活逆転マニュアル」は就活生必見。

就活の流れや、ほかの就活生との差別化の方法、内定獲得のためのノウハウが、分かりやすくマニュアル化されています。

参加特典は人数限定なので、ほかの就活生が持っていない就活ノウハウを手に入れたい人は、早めにチェックしてくださいね。

「就活の教科書LINE」の詳細は、以下の記事で詳しく解説しています。

参加特典の「就活完全マニュアル」「就活逆転マニュアル」が欲しい方は、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

まだ間に合う、今すぐにすべきSNSの対処法3つ

就活生くん

確かに、面接の短い時間よりもSNSの方が素の就活生が出ていますもんね。

SNSに見られたくない情報を載せている場合はどうしたらいいんでしょうか。

では、就活生が使うSNSの代表的なFacebook、Twitter、Instagramそれぞれの対処法を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 森山

まだ間に合う、今すぐにすべきSNSの対処法3つ
  • Facebook編
  • Twitter編
  • Instagram編

それではまだ間に合うFacebook、Twitter、Instagramそれぞれの対処法を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

Facebook編

まだ間に合う、今すぐにすべきSNSの対処法1つ目はFacebookです。

Facebookは実名で登録されていることから人事が最もチェックするSNSになります。

Facebookは写真や投稿の閲覧可能範囲を友人のみに設定しましょう。

他人に見られることはなくなりますが、過去の投稿を消さずに人事の目から逃れられることができます。

僕の友人も就活中に閲覧可能範囲を友人だけに絞ってましたよ、就活を終えた後は元通りでしたけどね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

Twitter編

まだ間に合う、今すぐにすべきSNSの対処法2つ目はTwitterです。

TwitterはどのSNSよりも気軽に呟きやすいので、自分の素が最も現れているSNSになります。

Twitterはアカウントに鍵をかけて、閲覧可能範囲を既にフォローしている人に絞りましょう。

または自分と関係のないアカウント名にするか、就活用アカウントを作りましょう。

私の友人は就活用のアカウントを作成してましたが、アカウントから就活仲間が増えて、就活の情報共有などを行っていましたよ。

「就活の教科書」編集部 森山

 

Instagram編

まだ間に合う、今すぐにすべきSNSの対処法3つ目はInstagramです。

InstagramはFacebook、Twitterほど見られる可能性は低いSNSです。

InstagramはTwitter同様に自分のアカウントに鍵をかけておきましょう。

近年ではSNSの不適切なストーリーや投稿をきっかけに、痛い目に会う人が多いので、SNSは情報収集に使う程度に使用を控えておくことが最もリスク管理になります。

「就活の教科書」編集部 森山

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

SNSで収集すべき就活情報の具体例5選

就活生くん

「就活の情報収集をしよう」と言われても、具体的にどんな情報を収集すれば良いのか分かりません。

「就活の情報収集」ではざっくりしすぎて、どんな情報が必要なのか分かりにくいですよね。

そこで、就活で収集すべき情報の具体例5選を解説します。

「就活の教科書」編集部 森山

就活で収集すべき情報の具体例5選
  • 具体例①:就活ノウハウ
  • 具体例②:選考過程の情報
  • 具体例③:就活イベントの情報
  • 具体例④:志望先の企業情報
  • 具体例⑤:未知の企業情報

それでは、就活で収集すべき情報の具体例をひとつずつ解説します。

どんな就活の情報を収集すれば良いのか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

具体例①:就活ノウハウ

就活で収集すべき情報の具体例1つ目は「就活ノウハウ」です。

就活ノウハウとは、

  • 就活の進め方・ESの書き方・面接の練習方法など、就活生は必ず知っておくべき知識
  • 内定率アップの秘訣・優良企業の探し方など、就活を有利にする情報

のことを言います。

新卒の就活生は、就職浪人をしていない限り、みんな就活の初心者です。

そのため、自己流で就活を進めるのではなく、就活の経験者や専門家からノウハウを収集すれば、簡単にほかの就活生と差をつけられますよ

「就活ノウハウ」を情報収集できるおすすめのサービスは「就活の教科書LINE」です。

「就活の教科書LINE」の詳細は、以下の記事で解説しています。

「就活の教科書」編集部 森山

 

具体例②:選考過程の情報

就活で収集すべき情報の具体例2つ目は「選考過程の情報」です。

志望度の高い企業ほど、選考通過率をアップするために、事前に選考過程の情報収集をしておくことをおすすめします。

具体的には、

  • どんなESが選考通過するのか
  • 筆記テストはあるのか
  • 面接は何回あるのか・どんな質問をされるか
  • グループワークはあるのか
  • 独自の選考はあるのか

を情報収集しましょう。

事前に情報収集しておけば対策も可能なので、ほかの就活生よりもグッと有利になりますよ。

「選考過程の情報」を収集できるおすすめのサービスは「unistyle」です。

「unistyle」の詳細は、以下の記事で解説しています。

「就活の教科書」編集部 森山

 

具体例③:就活イベントの情報

就活で収集すべき情報の具体例3つ目は「就活イベントの情報」です。

合同説明会や業界説明会、就活セミナーなどの就活イベントの情報収集も大切。

就活イベントに参加することで、より多くの企業と出会えるうえ、企業の人と直接話すチャンスもあるからです。

ただし、就活が進むにつれ、就活イベントに参加する時間の余裕はなくなります。

「あれもこれも」と適当にならず、自分なりの目的を持ち、参加する就活イベントを絞るようにしましょう。

「就活イベントの情報」を収集できるおすすめのサービスは「合説どっとこむ」です。

「合説どっとこむ」の詳細は、以下の記事で解説しています。

「就活の教科書」編集部 森山

 

具体例④:志望先の企業情報

就活で収集すべき情報の具体例4つ目は「志望先の企業情報」です。

志望先の企業情報は、ESや面接などの選考において必要不可欠なもの。

企業のホームページや採用ページを確認すれば、基本的な情報の収集はできます。

さらに、ほかの就活生と差をつけたいなら、OB訪問やインターンシップでネットにない情報を収集するのも良いですね。

また、自分とマッチする企業かどうかや、ブラック企業でないかを判断するために、企業内部の人の口コミチェックもしておくと安心です。

「志望先の企業の内部情報」を収集できるおすすめのサービスは「カイシャの評判」です。

「カイシャの評判」の詳細は、以下の記事で解説しています。

「就活の教科書」編集部 森山

 

具体例⑤:未知の企業情報

就活で収集すべき情報の具体例5つ目は「未知の企業情報」です。

世の中には数えきれないほどたくさんの企業があるので、すべての企業を自分でチェックすることはできません。

しかし、自分では見逃してしまった企業の中に、相性の良い企業隠れた優良企業が残っている可能性もあります。

そこで、自分が企業を探すのとは反対に、企業から自分を探してもらうことで、自分のまだ知らない企業の情報を収集するのがおすすめ。

逆求人サイトに登録しておけば、未知の企業の情報を自動的に収集できますよ。

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

「就活でSNS」を利用する注意点

就活生くん

さっきの説明を聞いて自分のSNSの使い方は大丈夫なのか不安になりました・・・

就活でSNSとの正しい付き合い方をするために、就活中にSNSを利用するときの注意点を教えてほしいです。

自分のSNSの使い方が間違っていないか不安ですよね・・・

「就活でSNS」を利用するときの注意点は、以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 森山

「就活でSNS」を利用する注意点

  • 注意点①:選考中に知った企業の情報を書かない
  • 注意点②:細かい個人情報は書かない
  • 注意点③:自社や他社の悪口を書かない

それでは、「就活でSNS」を利用するときの注意点についてそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

注意点①:選考中に知った企業の情報を書かない

「就活でSNS」を利用するときの注意点の1つ目は、「選考中に知った企業の情報を書かない」です。

面接・インターンシップ・会社説明会で知り得た企業の情報を自分のことのようにSNSに投稿するのはやめましょう。

書き込む内容次第では、その企業にとってのイメージや評判などを傷つけてしまうことに繋がる可能性があるためです。

確かに、世間が知らない情報を知っていたら優越感から誰かに話したくなり、SNSに投稿してしまう気持ちは共感できます。

ですが、その投稿をライバル企業がたまたま見つけてしまったら責任を取れますか?

軽はずみな行動で取り返しがつかないことにならないためにも、SNSに選考中で知った企業の情報を書くのは控えましょう。

SNSのせいで訴えられるなんて、誰だって嫌ですよね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

注意点②:細かい個人情報は書かない

「就活でSNS」を利用するときの注意点の2つ目は、「細かい個人情報は書かない」です。

SNSに個人の特定ができるような情報をプロフィールなどに書くのは控えましょう。

採用担当者も、誰もが閲覧できるSNSに自分のプライバシーを載せているような、リテラシーに関心が薄い人を採用担当者したいとは思いません。

そのため、就活中はSNSアカウントやSNS上でのやり取りなどには個人を特定できるような投稿はしないように心がけましょう。

鍵をかけておけば不特定多数の人に見られる危険性は低くなるため、自分のSNSが不安な就活生はとりあえず鍵をかけるのがおすすめです。

「就活の教科書」編集部 森山

 

注意点③:モラルの欠けた投稿はしない

「就活でSNS」を利用するときの注意点の3つ目は、「モラルの欠けた投稿はしない」です。

就活は、やることが多くさらに上手くいかないことも増えるため、悩みが発散できずにSNSに書き込んでしまう就活生は少なくはありません。

ですが、企業の悪口や非常識な発言は、かなりのマイナスイメージを持たれてしまいます。

仮に、就活が順調で内定をもらえそうな企業があっても、「企業の方や関係者」がその投稿を見てしまった場合には全ての頑張りが水の泡になってしまいます。

ネガティブな投稿をするときは、一度考え直して親や友達に相談したり他の方法でストレスを発散しましょう。

「モラルに欠けた投稿」というのは、悪口だけでなくインターンシップや選考の内容をインスタやTwitterに上げてしまうことも含まれています。

よくいる「意識高い系就活生」もモラルの欠けている人ですが、実は周囲から見ると自分が「意識高い系就活生」になっているかもしれません。

周りにウザがられたり、選考で不利にならない為にも「意識高い系就活生」にならない為のポイントを解説している記事を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

就活の情報収集ができるSNSの活用法

就活生ちゃん

「就活でSNS」を利用するときの注意点は理解できたのですが、「就活でSNS」を上手に活かすことはできるのでしょうか?

SNSを駆使して就活に活かす方法を教えてほしいです。

では次に、SNSをフル活用して就活をする方法を紹介します。

「就活でSNS」を活用する方法は、以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 森山

就活でのSNSの活用法

  • 活用法①:簡単に企業の情報収集ができる
  • 活用法②:OB・OGとの繋がりができる
  • 活用法③:同じモチベーションの就活仲間ができる

それでは、就活でのSNSの活用法をひとつずつ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

活用法①:簡単に企業の情報収集ができる

就活でのSNSの活用法の1つ目は、「簡単に企業の情報収集ができる」です。

実は近年のSNS情勢に適応して、企業側もSNSを利用しています。

SNSを通じて、会社の雰囲気を知ってもらったり、説明会の日程を告知する企業もかなり多いです。

自分の志望業種・志望企業の幅が広がりますし、情報収集の役にも立ちます

マイナビやリクナビなどの、大手就活サイトには掲載されていない中小企業なども、簡単に知ることができるため、新たな世界が広がるきっかけが溢れているのがSNSの魅了の1つですね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

活用法②:OB・OGとの繋がりができる

就活でのSNSの活用法の2つ目は、「OB・OGとの繋がりができる」です。

SNSを活用すれば、OB・OB訪問もスムーズにできるようになります。

OB・OBの方々も就活に悩んだ人が大半で、就活生を様々な形でバックアップしたい気持ちの人も多く、SNSでOB・OG訪問を受け入れてる方も大勢いらしゃいます。

最近では、OB・OG訪問専用のアプリやサイトなども人気で、就活のスタイルも5年や10年前とは全然違うものになってきているのです。

OB・OG訪問がSNSでもできるなんてすばらしいですよね。

おすすめのSNSアプリやOB・OG訪問で気をつけることについて解説した記事を以下に貼っておくので、新しいスタイルのOB・OG訪問の参考にしてみてください!

「就活の教科書」編集部 森山

 

活用法③:同じモチベーションの就活仲間ができる

就活でのSNSの活用法の3つ目は、「同じモチベーションの就活仲間ができる」です。

SNSでは、就活生同士のコミュニティーも進んでいます。

SNSの特徴の誰とでもすぐに繋がれることを活かして、簡単に就活の仲間を見つけることができるからです。

本アカウントとは別の就活アカウントで就活仲間を作り情報共有をしている就活生も最近では珍しくありません。

プロフィールに目指す企業や職種などを書き込んでおくことで、コミュニティーから誘いを受けることもあります。

SNSで他の就活生がどんなことをしているのかをリアルタイムで知れたり、仲良くなって就活の相談もできるため、就活に対する意識も高まりおすすめですよ。

「就活の教科書」編集部 森山

 

就活仲間ができなくて悩んでいたり、就活でモチベーションが下がっている人は、以下の記事で就活相談すべき相手やモチベーションが上がる音楽がわかります。

合わせて読んでみてくださいね。

 

この記事では就活でSNSを活用する方法を解説しましたが、SNSは自分から情報を集る必要があるため、時間がかかってしまいます。

就活の教科書では就活生が時間をかけずにリアルな情報を知れるように、内定者が書いた「本当の就活情報」をLINEで配信しています。

「時間をかけずに情報を集めたい」という就活生は、ぜひ以下の記事を読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 森山

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

就活で情報収集が重要な理由3選

就活生ちゃん

就活を成功させるために、情報収集が必要なのは何となく分かります。

でも、就活の情報収集って、そんなに重要なことなんでしょうか。

はい!就活において、情報収集はとても重要です。

就活で情報収集が重要な理由は3つあります。

「就活の教科書」編集部 森山

就活で情報収集が重要な理由3選
  • 理由①:ESや面接でほかの就活生と差をつけられるから
  • 理由②:競争率の低い優良企業に出会える確率が上がるから
  • 理由③:就活のコツが分かれば内定をもらいやすくなるから

それでは、就活で情報収集が重要な理由を詳しく解説します。

「就活の教科書」編集部 森山

 

理由①:ESや面接でほかの就活生と差をつけられるから

就活で情報収集が重要な理由1つ目は、ESや面接で他の就活生と差をつけられるから。

就活の選考の中でも、特にESや面接は情報収集が重要です。

なぜなら、求めている人材は、企業によってある程度の傾向があるため。

内定者のESや選考レポートを参考にすれば、通過しやすいESの書き方や面接の受け答え方が分かるので、ほかの就活生を一歩リードできます。

内定者のESや選考レポートは「選考通過のための最適解」です。

「就活の教科書」編集部 森山

 

理由②:競争率の低い優良企業に出会える確率が上がるから

就活で情報収集が重要な理由2つ目は、競争率の低い優良企業に出会える確率が上がるから。

企業から内定をもらうには、競争率の高い大企業だけでなく、競争率の低い企業にもエントリーしておくことが大切。

しかし、競争率の低い優良企業を探すのは簡単なことではないため、常に情報収集する必要があります。

逆求人サイトを活用して、自分の知らない企業の情報が自動的に入る状態にしておけば、競争率の低い優良企業に出会える確率が上がりますよ。

自分だけで探せる企業の数は限界があるので、就活サービスを上手く活用しましょう。

逆求人サイトのほか、就職エージェントに企業を紹介してもらう方法もあります。

「就活の教科書」編集部 森山

 

理由③:就活のコツが分かれば内定をもらいやすくなるから

就活で情報収集が重要な理由3つ目は、就活のコツがわかれば内定をもらいやすくなるから。

就活終盤でひとつも内定をもらえない人がいる一方で、あっという間に複数の企業から内定をもらう人もいますよね。

限られた選考時間の中で、学生の優劣を判断するのは不可能に近いのに、なぜ内定の数に差が出ると思いますか。

実は、内定を左右するのは、就活生の優劣ではなく、就活のコツを押さえられているかどうかだからです。

たくさんの内定をもらう就活生は、意識的または無意識のうちに、就活のコツを理解して選考にのぞんでいます。

そのため、就活のコツさえ分かれば、内定をもらう確率を上げることが可能です。

「就活の教科書LINE」に参加して、毎日届く就活講義をチェックすれば、自然に就活のコツが身につきますよ。

「就活の教科書」編集部 森山

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

就活の情報収集をするときの注意点3選

就活生くん

就活の情報収集をするときに、注意すべきことはありますか。

就活の情報収集をするときの注意点は3つあります。

「就活の教科書」編集部 森山

就活の情報収集をするときの注意点3選
  • 注意点①:みんなが知っている情報で満足しない
  • 注意点②:今の自分に合わない情報収集はしない
  • 注意点③:情報収集元をひとつに絞らない

それでは、就活の情報収集をするときの注意点を解説します。

これから就活の情報収集を始める人は、注意点を参考にやってみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

注意点①:みんなが知っている情報で満足しない

就活の情報収集をするときの注意点1つ目は「みんなが知っている情報で満足しない」です。

大手の就活サイトや就活本に掲載されているような、みんなが知っている情報には、あまり価値はありません

就活生のほとんどが知っている基本的な就活のルールやテクニックを実践したところで、大きな差がつくことはないからです。

ほかの就活生と差をつけたいなら、みんなが知っている情報で満足せず、あまり知られていない情報を収集しましょう。

この記事で紹介した5つのサービスを活用すれば、ほかの就活生が知らない情報が収集できますよ。

「就活の教科書」編集部 森山

 

注意点②:今の自分に合わない情報収集はしない

就活の情報収集をするときの注意点2つ目は「今の自分に合わない情報収集はしない」です。

就活の情報収集は、やみくもにすれば良いというわけではなく、適切なタイミングで適切な情報を収集することが大切。

例えば、これからESの選考が始まる段階で面接の情報を収集するのは早すぎます。

落ちてしまった企業の口コミを調べるのも、気になる気持ちはわかりますが、時間がもったいないです。

収集した情報を最大限生かして就活を成功させるには、今の自分に合わない情報はスルーして、必要な情報だけに的を絞りましょう。

自己分析、ES対策、面接対策…。

時期によって収集すべき情報は変わるので、最初に就活の大体の流れを把握しておくと良いですね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

注意点③:情報収集元をひとつに絞らない

就活の情報収集をするときの注意点3つ目は「情報収集元をひとつに絞らない」です。

就活の情報収集元は、就活サービス・インターネット・身近な先輩・大学のキャリアセンターなどさまざま。

それぞれに持っている情報や得意分野が違うので、より幅広い情報を収集するためには、情報収集元をひとつに絞らない方が良いです。

また、情報収集元がひとつだけの場合、間違った情報や偏った情報を掴んでしまうリスクもあります。

ひとつの情報収集元を過信することなく、複数の場所から情報を収集するように心がけましょう。

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

定番の就活の情報収集方法3選

就活生ちゃん

就活サービスを使う以外にも、就活の情報収集をする方法はありますか。

就活の情報収集をする方法はいろいろ考えられますが、ここでは定番の就活の情報収集方法を3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 森山

定番の就活の情報収集方法3選
  • 方法①:身近な先輩や大学のキャリアセンターに相談
  • 方法②:SNSで就活関連アカウントをフォロー
  • 方法③:就活イベントに参加

それでは、定番の就活の情報収集方法を詳しく解説します。

まだやったことのない情報収集の方法があれば、ぜひ試してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

方法①:身近な先輩や大学のキャリアセンターに相談

定番の就活の情報収集方法1つ目は、身近な先輩や大学のキャリアセンターに相談すること。

就活の経験者や就活の専門家が持っている情報は、就活生にとって貴重なものです。

身近な先輩や大学のキャリアセンターなら、気軽に話を聞けるうえ、ほかの就活生は知らない情報が手に入ることも。

何より、顔見知りの就活生に頼られれば、先輩もキャリアセンターの人も、喜んで就活の情報を教えてくれるでしょう。

志望先の企業に内定をもらっている先輩がいる場合は、大チャンスですよ!

ぜひ就活の話を聞いてみましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

方法②:SNSで就活関連アカウントをフォロー

定番の就活の情報収集方法2つ目は、SNSで就活関連アカウントをフォローすること。

就活関連のアカウントは、特にTwitterに多く見られます。

SNSを使った情報収集のメリットは、最新情報をいち早く得られること。

就活ノウハウをつぶやくアカウントはもちろん、同じ就活生や、志望先企業のアカウントをフォローして情報収集すると良いですよ。

就活でSNSを活用するのは今では普通のことになりました。

「情報がない」「情報が伝わるのが遅い」と悩まない為にも、SNSで就活を活用することをお勧めします。

就活で活用すべきSNS・SNSの活用方法について解説した記事があるので、まだ就活でSNSを活用していない就活生は選考を有利に進めるためにぜひ読んでください。

「就活の教科書」編集部 森山

 

方法③:就活イベントに参加

定番の就活の情報収集方法3つ目は、就活イベントに参加すること。

就活イベントには次のようなメリットがあります。

  • 企業から直接話を聞ける
  • 企業に質問ができる
  • ほかの就活生と情報交換できる
  • 就活に役立つセミナーが企画されることもある

特に、企業で働く人と直接会話をすることで収集できる情報はとても貴重です。

志望度の高い企業や、興味のある業界の企業が参加している就活イベントがあれば、ぜひ参加してみましょう。

この記事で紹介した5つのサービスのひとつ「合説どっとこむ」を使えば、全国の就活イベントをチェックできますよ。

「就活の教科書」編集部 森山

 

   

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:SNSの危険性を知った上で、SNSを使いこなして就活を行おう!

この記事の、「【SNSで不採用】就活で人事はチェックしている | 対処法,情報収集の方法も」は、いかがだったでしょうか。

このページでは、「就活の教科書」編集部の森山が、「就活でSNS」を利用するときの注意点について紹介しました。

合わせて、「就活でSNS」を活用する方法企業がSNSを確認しているのか就活で使えるおすすめのSNSアプリについても解説しました。

 

これらをまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 森山

この記事のまとめ

◆就活生のSNSを見ている企業は意外と多い!

  • SNSをチェックする人事の意図

◆まだ間に合う、今すぐにすべきSNSの対処法3つ

  • Facebook編
  • Twitter編
  • Instagram編

◆「就活でSNS」を利用する注意点

  • 注意点①:選考中に知った企業の情報を書かない
  • 注意点②:細かい個人情報は書かない
  • 注意点③:モラルの欠けた投稿はしない

◆就活の情報収集ができるSNSの活用法

  • 活用法①:簡単に企業の情報収集ができる
  • 活用法②:OB・OGとの繋がりができる
  • 活用法③:同じモチベーションの就活仲間ができる

◆就活で役立つおすすめの最新SNSアプリ3選

  • おすすめアプリ②:Matcher(マッチャー)
  • おすすめアプリ③:NewsPicks(ニュースピックス)

◆まとめ:SNSの危険性を知った上で、SNSを使いこなして就活を行おう!

ほとんどの就活生が利用している「SNS」は、私たちの生活の一部に貼るほど便利な反面、就活では企業の採用担当者にあなたのSNSアカウントを見られる可能性があります。

せっかく選考では上手く行っていたのに、SNSで悪い印象を持たれ採用に影響してしまうのは非常にもったいないですよね・・・。

そのため、就活中はSNSと正しい付き合い方をして、就活が不利にならないよう注意しながら就活を行いましょう!

また、「就活の教科書」からは「就活の教科書LINE」というサービスを提供しています。

参加特典の「就活完全マニュアル」「就活逆転マニュアル」が欲しい方は、以下の記事をぜひ読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山