>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【例文あり】「あなたを採用するメリットは?」面接で好印象な答え方 | 質問意図,注意点も

この記事を読めばわかる事
  • 面接「あなたを採用するメリット」の質問意図は、就活生の自信を確認している
  • 面接「あなたを採用するメリット」を答えた例文3つ
  • 面接「あなたを採用するメリット」は企業の方向性と自分の強みを合わせて答えよう
  • 面接「あなたを採用するメリット」を答える際の注意点2つ

 

みなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部のツジです。

この記事では面接で「あなたを採用するメリット」を質問されたときの答え方について書いていきます。

あなたは、面接官に「あなたを採用するメリットってなに?」と変わった質問をされた経験はありませんか?

「就活の教科書」編集部 ツジ

就活生くん

僕は前の面接で「あなたを採用するメリットは?」を聞かれたのですが、上手く答えられませんでした。

正直、まだ会社で働いた経験もないので何を伝えれば良いのか分かりません。

就活生ちゃん

私は面接対策中に「あなたを採用するメリットは?」という質問があることを知りました。

適切な答え方や答え方のポイントがあれば知りたいです。

「あなたを採用するメリットは?」は難しい質問ですよね。

私も就活生の時ときに質問されて、答えに詰まっちゃいました。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

そこでこの記事では、「面接であなたを採用するメリットを伝える際の例文」を解説します。

合わせて、面接であなたを採用するメリットを聞く意図あなたを採用するメリットを上手く答えるポイントも解説しています。

この記事を読めば、「あなたを採用するメリットは答えやすくて得意な質問!」だと感じられるようになります。

あなたを採用するメリットを質問されても上手く伝えて、無事に就活を成功させたい就活生は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

 

面接で「あなたを採用するメリット」を質問する意図って?

就活生ちゃん

そもそも、面接官はなんで「あなたを採用するメリット」なんて質問するんだろう…?

採用するメリットなんて自分で分かるわけないのに!

 

面接官が「あなたを採用するメリット」を聞く意図は、就活生の自信を確認する意図があります。

就活生の自信の有無を確認し、今後新規事業など新たな挑戦を行うときに、引っ張っていける人物か確認するためです。

また、「あなたを採用するメリット」を聞き、就活生の適応能力やストレス耐性を見ている企業もあります。

「あなたを採用するメリット」は答えづらい挑発的な質問であるため、質問されても冷静に答えるようにしましょう。

気の短い就活生には、「逆にあなたは就活生の時どう考えていましたか」という答えをする就活生がいます。

質問に対する逆質問は面接でマイナス印象に繋がるので、冷静に対処しましょう。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

面接で「あなたを採用するメリット」を上手に答えた例文3つ

就活生くん

正直、まだ働いていないので「あなたを採用するメリット」が分かりません。

「あなたを採用するメリット」を上手に答えた例文などありませんか?

確かに、実際に働いてみないとわからないですよね。

では、今から答え方の例文を3つ紹介するので参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 ツジ

面接で「あなたを採用するメリット」を上手に答えた例文3つ
  • 例文①:ヒューマンスキル
  • 例文②:目標達成にこだわるところ
  • 例文③:コミュニケーション能力

それでは、面接で「あなたを採用するメリット」を上手に回答した例文を1つずつ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

例文①:周りの人の感情を読み取り、サポートする力

御社が私を採用する際のメリットは「周りの人の感情を読み取り、サポートする力」を持った社員を獲得できることです。

私が長期インターンに参加していたベンチャー企業では、社員やインターンの新メンバーのほとんどが早期で離職することが課題でした。

インターンを含む新しいメンバーのマインドサポートが十分に行われておらず、新規メンバーは既存メンバーの名前を知らないことがほとんどで、新しいメンバーは馴染みにくい空気が社内では蔓延していたのが原因でした。

そこで私は、自分がメンバーに馴染むのに時間がかかった経験を基に、新規メンバーが加わった際には積極的に食事会を行い、既存のメンバーとの交流が出来るイベントを開催するようにしました。

その後、新メンバーが馴染めずに辞めていくことはなくなり、私がインターンを卒業するまでの1年間は、1人の離職者も出ませんでした。

また、私が卒業する際にはメンバー全員のメッセージ付き色紙を頂き、〇〇さんのおかげで居場所が見つかり楽しく働ましたというメッセージを頂きました。

どのような組織でも、現状に不満や悩みを抱えている社員は存在していると思います。

そんな中で、私のこのような強みは、離職率の低下やメンバーのモチベーションの向上などの観点から、御社にメリットを与えられると考えています。

例文①では、「周りの人の感情を読み取り、サポートする力」をアピールしています。

能力ではなく人間性をアピールすることで、面接官も就活生の人柄を見ることができ高評価に繋がります。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

例文②:目標達成にこだわるところ

私の、「目標達成にこだわるところ」が御社への貢献に繋がると考えます。

御社は多角経営であることを活かし、社員が成長するための人事異動が多いとお聞きしています。

また、部署ごとに四半期ごとに目標を立て、それを実現することを重要視しているともお聞きしています。

私の目標達成への意欲は、どんな仕事でもパフォーマンスを発揮できる強みになると思います。

御社は今後さらなる新規事業を展開していく中で、より強固な収益の柱を築いていく必要があると思うので私の目標達成への意欲は御社にメリットを与えると思っています。

例文②では「目標達成にこだわるところ」をアピールしています。

企業次第ではありますが、ノルマ必達を掲げる企業では目標達成力は非常に重要視されます。

そのため、目標必達力を持つ就活生は現場適応力が高く、すぐに慣れるため企業の採用するメリットに繋がります。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

例文③:コミュニケーション能力

結論を言いますと、御社へ入社後に即戦力となる強みが思いつきません。

しかし、私には前のアルバイトの訪問販売で培った「高いコミュニケーション術」があります。

そのコミュニケーション術を武器に、販売成績は西日本トップを獲得したこともあります。

そのため、御社の営業では、初対面でも取引先の担当者の懐に入り込み、信頼関係を構築し営業成績を上げることが出来ると考えています。

また社外だけでなく、社内における人間関係も良好に保つ自信があります。

営業先企業と信頼関係を構築し、今以上に企業の信頼性を獲得し営業力を教科することが御社の成長には必要だと思うので、私の高いコミュニケーション力は御社のメリットになると考えています。

例文③では、「高いコミュニケーション術」をアピールしています。

どれだけ優秀な人材でも、人間関係のストレスで能力を発揮できない人は多くいるので、非常にアピールポイントとなります。

また、初めに「入社後に即戦力となる強みが思いつきません」と伝えることは、素直で高評価になる可能性が高いです。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

面接で「あなたを採用するメリット」を答える際のポイント3つ

就活生くん

「あなたを採用するメリット」はサポート力やコミュニケーション力などの例文があるんですね。

ちなみに、面接で「あなたを採用するメリット」を魅力的に伝えるポイントはありますか?

抑えておけば、他の就活生と差をつけられるポイントがあります。

3つあるので紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ツジ

面接で「あなたを採用するメリット」を答える際のポイント3つ
  • ポイント①:ヒューマンスキルをアピールする
  • ポイント②:企業の方向性と自分の強みを合わせる
  • ポイント③:メリットが思いつかなかければ意欲を示す

それでは、面接で「あなたを採用するメリット」を答える際のポイントを1つずつ見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

ポイント①:ヒューマンスキルをアピールする

面接で「あなたを採用するメリット」を答える際のポイント1つ目は、「ヒューマンスキルをアピールする」です。

ヒューマンスキル以外をアピールすると、「具体的にどのように〇〇するの?」と聞かれてしまうからです。

例えば、私を採用することで御社の新商品を必ずヒットさせます。と言うと具体的にどのようにするのですか。と聞かれてしまい、答えに詰まってしまうなどです。

ヒューマンスキルであれば、面接官もあなたの性格を評価できますし、答えに詰まることもないのでヒューマンスキルをアピールしましょう。

私も大それたことを言おうとして、具体的にどうするのか教えて欲しいと言われ、答えに詰まったことがあります。

大それたことは特にいう必要はないので、自分のレベルにあった発言をしましょう。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

ポイント②:企業の方向性と自分の強みを合わせる

面接で「あなたを採用するメリット」を答える際のポイント2つ目は、「企業の方向性と自分の強みを合わせる」です。

企業の目指すビジョンと自分の強みを合わせて話すことで、今後必要な人材だと面接官に説得力を持って話せるからです。

また、企業研究もしっかり行っていると評価されます。

例えば、海外市場に力を入れようとする企業なら留学経験もあり、英語力や外国人の考えを理解しているので御社の海外進出に貢献できますなどです。

企業の方向性と自分の強みを合わせて話すことで、面接官は一緒に働きたいと思ってくれるでしょう。

「あなたを採用するメリット」は難しい質問であるため、多くの就活生は苦戦します。

しかし、逆に良い回答をすることで、他の就活生に差を付け、内定獲得に大きな一歩となります。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

ポイント③:メリットが思いつかなかければ意欲を示す

面接で「あなたを採用するメリット」を答える際のポイント3つ目は、「メリットが思いつかなかければ意欲を示す」です。

無理に実現不可能なことや、その場の思いつきで発言すると、掘り下げられた際に悪影響を及ぼすからです。

例えば、正直現在の能力で御社の即戦力となるメリットはありません。ただ、サークルで会長をしていたのでチームの関係性を良好にできます。などです。

面接官は素直で正直であることを評価し、またその上で人間性も把握でき好印象を感じるでしょう。

私もそうでしたが、就活で「自分をよく見せようとしすぎること」は返ってマイナス評価です。

ありのままの自分を見せることを意識しましょう。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

面接で「あなたを採用するメリット」を答える際の注意点2つ

就活生くん

他の就活生と差をつけるためには、企業と自分の方向性を示すことなどがポイントなんですね。

面接で「あなたを採用するメリット」を答えるときに、やってはいけないことはありますか。

確かに、少しのミスで悪印象を残したくないですよね。

やってはいけないことは2つあるので紹介します。

「就活の教科書」編集部 ツジ

面接で「あなたを採用するメリット」を答える際の注意点2つ
  • 注意点①:テクニカルスキルをアピールする
  • 注意点②:汎用的なワードは避ける

それでは、面接で「あなたを採用するメリット」を答えるときの注意点を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

注意点①:テクニカルスキルをアピールする

面接で「あなたを採用するメリット」を答える際の注意点1つ目は、「テクニカルスキルをアピールする」です。

あなたの能力は社会から見ると、まだまだ未熟なので、テクニカルスキルはアピールしないようにしましょう。

例えば、大学でプログラミングの勉強をしていたので、僕を採用する事で素晴らしいサービスが作れますなどです。

テクニカルスキルを伝えて、自分がなんでも出来るスーパーマンであるかのような表現はやめましょう。

実は、私もよくこの失敗をしていました。

自分では謙虚のつもりでも、上から発言をしている可能性があるので、友人や家族に一度聞いてもらいましょう。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

注意点②:汎用的なワードは避ける

面接で「あなたを採用するメリット」を答える際の注意点2つ目は、「汎用的なワードは避ける」です。

ありきたりなワードを使いすぎる事は、面接官の印象にも残らず、他の就活生との差別化にならないからです。

例えば、頑張って成長します、一生懸命成長します。などです

企業はあなたを成長させるために、採用するわけではありませんし、多くの就活生が使うワードなため、面接官を呆れさせてしまうので気をつけましょう。

もちろん、独特な表現のみを行えというわけではありません。

適度にオリジナリティのある表現を使い、面接官の印象に残るようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 ツジ

 

面接力診断で、苦手な分野を見つけよう

今年の就活は、web面接で選考を行う企業も増え対策法がわからず、戸惑っている方も多いはず。

そんな時は、「面接力診断」を活用してみましょう。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、自分の面接力をグラフで見える化し、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で分かります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考の突破しましょう。

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

就活アドバイザー

 

まとめ:「あなたを採用するメリット」を正しく答えて内定を勝ち取ろう

「【例文あり】面接で「あなたを採用するメリットは?」の正しい答え方!ポイントも!」の記事はいかがでしたか?

この記事では面接で「あなたを採用するメリット」を聞かれたときの答え方を解説しました。

合わせて、面接で「あなたを採用するメリット」を答える際の例文伝え方のポイントも解説しました。

 

最後に、この記事のまとめをおさらいしましょう。

「就活の教科書」編集部 ツジ

この記事のまとめ

◆面接で「あなたを採用するメリット」を聞く意図

 

◆面接で「あなたを採用するメリット」を上手に答えた例文3つ

  • 例文①:周りの人の感情を読み取り、サポートする力
  • 例文②:目標達成にこだわるところ
  • 例文③:コミュニケーション能力

 

◆面接で「あなたを採用するメリット」を答える際のポイント3選

  • ポイント①:ヒューマンスキルをアピールする
  • ポイント②:企業の方向性と自分の強みを合わせる
  • ポイント③:メリットが思いつかなかければ意欲を示す

 

◆面接で「あなたを採用するメリット」を答える際の注意点2つ

  • 注意点①:テクニカルスキルをアピールする
  • 注意点②:汎用的なワードは避ける

 

「あなたを採用するメリット」を伝える時はヒューマンスキル、企業の方向性と自分の強みを合わせてアピールすることが大切でしたね。

また、メリットが思いつかなかければ意欲を示す事が大切でしたね。

あなたが面接で「あなたを採用するメリットを上手く答え、納得のいく内定をもらえることを心から祈っています。

この記事が良いなと思った人は、ぜひ友人や後輩にもシェアしてあげてくださいね!

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事が他にもたくさんありますよ。

他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ツジ