>> 内定者が選んだ就活に役立つサービス15選 <<

【東京で働きたい!】新卒で上京するメリット/デメリット | 向いてない人の特徴も

【東京で働きたい就活生必見】東京で働く3つのメリット _ デメリット,向いている人の特徴も

みなさんこんにちは、「就活の教科書」編集部の堀本です。
就活をしていると、「東京で働きたいけど、地元に残るべきかどうか」を一度は考えたことがある人は多いのではないでしょうか。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生ちゃん

東京で働きたいけど、家族と離れ離れになるのは寂しい…

就活生くん

僕は東京で働きたいのですが、親からは地元で働いてほしいと言われて悩んでいます。

東京で働きたいけど、地元を離れて働くのは大きな決断で悩みますよね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

そこでこの記事では、東京で働くメリット・デメリットを解説します。

合わせて、東京で働くことが向いている人の特徴や、向いていない人の特徴も紹介します。

この記事を読めば、「東京で働きたいけど、東京で働くとどんないいことがあるんだろう…。」と悩まずに済みます。

ぜひ、最後まで読んでください。

 

東京で働く5つのメリット

東京で就職したいと考える理由を教えてください。
「東京にただ憧れがあるから」という就活生は、東京で働くメリットについて考えてみましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

なんとなく、東京で働きたいと思っていたけど、メリットはあまり考えていませんでした。
東京で働くメリットは、こちらの5つです。

「就活の教科書」編集部 堀本

東京で働く5つのメリット
  • メリット①:キャリアの選択肢が広がる
  • メリット②:面白い人との出会いが多い
  • メリット③:給料の水準が高い
  • メリット④:大きな仕事ができる
  • メリット⑤:プライベートが充実する
それでは、東京で働く5つのメリットをそれぞれ見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

メリット①:キャリアの選択肢が広がる

東京で働くメリットの1つ目は、キャリアの選択肢が広がることです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

将来は様々な仕事を経験して、自分の市場価値を高めていきたい僕にとっては、東京で働くのはすごいメリットです。
人が多い分、東京には仕事がたくさんあり、業種も様々です。
地方では経験できないような仕事もたくさんあり、キャリアの選択肢を広げたい就活生は、東京で働くするのも良いでしょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

メリット②:面白い人との出会いが多い

東京で働くメリットの1つ目は、面白い人との出会いが多いことです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

僕は会ったことのない人と出会うことが大好きで、人と会うことが良い刺激になります。
東京は、日本国内で優秀な人材が最も集まる都市です。
日本全国から野心を持った人が東京に出てきているため、様々な人と出会えます。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

メリット③:給料の水準が高い

東京で働くメリットの3つ目は、給料の水準が高いことです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生ちゃん

私は社会に与える価値の対価として給料が出ると考えているので、給料はたくさん欲しいです。
東京の給料水準は、日本国内で最も高いです。
そのため、若いうちからばりばり働いて稼ぎたいという就活生は、東京で働くのも良いでしょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

メリット④:責任のある仕事もできる

東京で働くメリットの4つ目は、責任のある仕事もできることです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

僕は規模感の大きな仕事をして、社会に大きなインパクトを与えられる人になりたいです。
このような就活生は、東京で活躍して規模感の大きな仕事を任されるようになりましょう。
地方と比べると、人口も、動くお金の金額も桁が違います。

「就活の教科書」編集部 堀本

大きな仕事をするということは、それだけ責任も大きくなりますが、社会に与えるインパクトも大きいです。

仕事で一旗揚げたいなんて就活生は、東京で就職することをおすすめします。

 

メリット⑤:プライベートが充実する

東京で働くメリットの5つ目は、プライベートが充実することです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

僕は新しい物好きですし、色んなところで出かけるのが大好きです。
日本の流行の最先端をいく東京には、トレンドものやお洒落なものが溢れています。
そして東京内にはたくさんの観光地があるので、プライベートが充実します。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

東京で働く3つのデメリット

就活生ちゃん

東京で働くメリットについては、だいたいわかりました。
でも、メリットだけを聞いて「東京で働きたい」と思うのは心配です。
それでは、東京で働くデメリットも解説していきます。
東京で働くデメリットは、こちらの3つです。

「就活の教科書」編集部 堀本

東京で働く3つのデメリット
  • デメリット①:物価が高い
  • デメリット②:競争が激しい
  • デメリット③:通勤が大変

デメリット3つの、それぞれについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

デメリット①:物価が高い

東京で働きたい就活生が知っておくべきデメリット1つ目は、物価が髙いことです。

「就活の教科書」編集部 堀本

東京は給料が高い分、物価が髙く、野菜や家賃などは地方と比べると大違いです。

しかし工夫次第ではコストを抑えられるため、「東京で働きたい」と思う就活生は、気にしすぎる必要はありません。

とはいえ、僕の知り合いの社会人は、「東京で働くには年収100万ぐらい上げてくれないと割に合わない。」とおっしゃっていました。
遊びに使うお金も含めての額でしょうが、物価が高いのは事実です。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

デメリット②:孤独を感じる

東京で働きたい就活生が知っておくべきデメリット2つ目は、孤独を感じることです。

「就活の教科書」編集部 堀本

これは今まで、実家から出たことがなく一人暮らしをしたことの無い就活生が感じることです。

東京へ出て友達ができるまでは、「家に帰っても、自分以外誰もいない」ことを寂しく感じてしまいます。

家に帰っても誰もいない感覚に慣れるまで、少し時間がかかることを頭に入れておきましょう。

 

デメリット③:通勤が大変

東京で働きたい就活生が知っておくべきデメリット3つ目は、通勤が大変なことです。

「就活の教科書」編集部 堀本

東京はとにかく人が多く、ほとんどの電車が満員です。

さらに線の数が多く、ややこしいため、慣れるまでに時間がかかります。

東京で働きたくても、満員電車がどうしても耐えられないという就活生には、東京で働くのは向いていません。

僕も東京で就働きたいと考えていたため、就活で東京へ数回行きましたが、あまりの電車の複雑さに30分~1時間ほど余裕をもって行動していました。

東京で働きたい就活生が知っておくべきメリットについて紹介したところで、続いては地方で就職するメリットについて解説します。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

地方で就職する3つのメリット

就活生ちゃん

東京で働くメリット・デメリットはだいたいわかりましたが、地方で就職するメリットは何ですか?
地方で就職するメリットは、こちらの3つです。

「就活の教科書」編集部 堀本

地方で就職する3つのメリット
  • 地方のメリット①:家族の近くで働けるから安心
  • 地方のメリット②:知り合いたちと離れなくて済む
  • 地方のメリット③:ハードな働き方をする会社が少ない
それでは、地方で働くメリット3つについてそれぞれ説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

地方のメリット①:家族の近くで働けるから安心

地方で働くメリット1つ目は、家族の近くで働けるから安心ということです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生ちゃん

私は東京で働きたい気持ちもあるけど、実家から通える職場の方が安心できそう。
やっぱり地方就職に向いてるかもしれません。
家から会社に通えなくても、何かあった時にすぐ実家に帰れるところに住んでいると、安心ですね。
あなたが安心なだけでなく、家族も安心させられます。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

地方のメリット②:知り合いと離れなくて済む

地方で働くメリット2つ目は、知り合いと離れなくて済むことです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生ちゃん

東京で働きたいと思っていたけど、地元の幼馴染と離れなくて済むなら、地元でそのまま就職しようかな。
地元で就職すると、昔から遊んでいた友人と、社会人になってからも気軽に会えます。
社会人で、お金を持って幼馴染と遊ぶと、大人になったことが実感できるのも楽しいでしょうね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

地方のメリット③:子育てがしやすい

地方で働くメリット3つ目は、子育てがしやすいことです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生ちゃん

私はできるだけ早く結婚したいと考えているので、子育てがしやすい環境はとてもありがたいです。
東京で働きたいと思っていたけど、考え直そうかな。
東京にはたくさんの待機児童がいて、問題となっています。
しかし地方では保育園の児童受け入れに余裕があり、共働きもできる環境です。

続いては、東京で働くことが向いている人の特徴3つについて紹介します。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

東京で働くことが向いている人の特徴3つ

就活生ちゃん

東京で働くメリットを見ていると、東京で働きたいと思えてきました。
でも、自分が東京で働くことが向いてるのかどうかは別ですよね。
東京で働くことが向いている人の特徴を教えて下さい。

東京で働くことが向いている人の特徴は、こちらの3つです。

「就活の教科書」編集部 堀本

東京で働くことが向いている人の特徴3つ
  • 特徴①:新たな出会いを楽しく感じる
  • 特徴②:向上心が高い人
  • 特徴③:ホームシックにならない人

それでは、東京で働くことが向いている人の特徴3つについて、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

特徴①:新たな出会いを楽しく感じる

東京で働くことが向いている人の特徴1つ目は、新たな出会いを楽しく感じるです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

僕は、東京で働きたいと思っていた理由の1つが、いろいろな人と出会って交流したいからです。
どんな人とでも仲良くなれる自信はありますし、東京で働きたいです。
新しい環境で、誰とでもすぐに仲良くなれる就活生は、東京で就職しても人間関係に困ることはないでしょう。
新たな出会いを楽しいと感じる就活生は、東京で働くことに向いています。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

特徴②:向上心が高い

東京で働くことが向いている人の特徴2つ目は、向上心が高いことです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

僕は20代のうちにばりばり働いて、仕事で成果を残したり、成長したいです。
だから、すごい人がたくさんいそうな東京で働きたいです。

素晴らしい心構えですね。
東京は地方よりもチャンスの多い環境で、その分スキルの高い人が集まります。
そのため、競争が激しい中でもやっていける、向上心の高い人は東京で働くことが向いています。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

特徴③:ホームシックにならない

東京で働くことが向いている人の特徴3つ目は、ホームシックにならないです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生ちゃん

私は大学から一人暮らしを始めたため、家族の元から離れて暮らす生活には慣れています。
また長期留学したときも、ホームシックにはなりませんでした。
たとえ東京で働きたいと思っても、一人暮らしができないほどホームシックになる人は、東京で働くことは向いていません。
特に新人のうちは、慣れない仕事で疲れますが、家に帰っても落ち着かなければ、気が休まりません。

続いては、東京で働くことが向いていない人の特徴3つについて、解説します。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

東京で働くことが向いていない人の特徴3つ

就活生ちゃん

東京で働きたいですが、自分が向いているのかどうかわかりません。
東京で働くことが向いていない人の特徴ってなんですか?

東京で働くことが向いていない人の特徴3つは、こちらです。

「就活の教科書」編集部 堀本

東京で働くことが向いていない人の特徴3つ
  • 特徴①:人混みが苦手
  • 特徴②:新しい環境に馴染むのに時間がかかる
  • 特徴③:家族や友達の近くにいたい
それでは、東京就職に向いていない人の特徴3つについて、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

特徴①:人混みが苦手

東京で働くことが向いていない人の特徴1つ目は、人混みが苦手です。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生ちゃん

私は地方出身で、何度か東京に行ったことがありますが、人混みに酔って気分が悪くなってしまった経験があります。
東京で働きたいんだけどな…
東京はどこへ行っても人混みで、電車には乗り切れないほどの人が乗ってきます。
そんな満員電車に毎日乗るわけですから、通勤ですら苦痛に感じるかもしれません。

「就活の教科書」編集部 堀本

人混みが苦手だけど、東京で働きたいという就活生は、就活中に東京へ何回か行って慣れましょう。

それでも人混みに慣れない就活生は、東京で働いても人混みがストレスになり、仕事に支障をきたす可能性があるため、地方就職を検討してみましょう。

 

特徴②:新しい環境に馴染むのに時間がかかる

東京で働くことが向いていない人の特徴2つ目は、新しい環境に馴染むのに時間がかかるです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生ちゃん

私は学校やバイト先など、どんな環境でも、馴染むまで相当時間がかかります。
東京で働きたいけど、職場で馴染めずに働き続けるのは怖いな。

地方と東京では、環境がまったく違うため、慣れるまでに時間がかかります。

そのため、今まで新しい環境に飛び込んで、なかなか慣れず苦労した経験が多い就活生は、東京で働くことは向いていません。

 

特徴③:家族や友達の近くにいたい

東京で働きたい東京で働くことが向いていない人の特徴3つ目は、家族や友達の近くにいたいです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

僕は大学の友達が多いですが、地元の友達ともよく遊びます。
また実家から離れるのは不安で、なかなか勇気が出ません。

東京で働くと、家族や地元の友達と会う回数は激減するため、家族や地元の友達との関係が希薄になりかねません
東京で働きたくても、地元を離れる覚悟があるかどうかを考えてみましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

 

まとめ:東京で働きたい就活生は相当な覚悟が必要

この記事では、東京で働くメリット・デメリットを解説しましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、東京で働くことが向いている人の特徴や、向いていない人の特徴も紹介しました。

それでは、今回の記事の内容のおさらいをしましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

東京で働きたい就活生が知っておくべきことまとめ

東京で働く5つのメリット

  • メリット①:キャリアの選択肢が広がる
  • メリット②:面白い人との出会いが多い
  • メリット③:給料の水準が高い
  • メリット④:責任のある仕事もできる
  • メリット⑤:プライベートが充実する

東京で働く3つのデメリット

  • デメリット①:物価が高い
  • デメリット②:孤独を感じる
  • デメリット③:通勤が大変

地方で働く3つのメリット

  • 地方のメリット①:家族の近くで働けるから安心
  • 地方のメリット②:知り合いと離れなくて済む
  • 地方のメリット③:子育てがしやすい

東京で働くことが向いている人の特徴3つ

  • 特徴①:新たな出会いを楽しく感じる
  • 特徴②:向上心が高い
  • 特徴③:ホームシックにならない

東京で働くことが向いていない人の特徴3つ

  • 特徴①:人混みが苦手
  • 特徴②:新しい環境に馴染むのに時間がかかる
  • 特徴③:家族や友達の近くにいたい

東京で働くことには、メリットがある分、デメリットもあります。
そして、地元を離れるというのは、自分以外にも親や親しい友達にも影響が出ることです。
特に親からは、あなたが家を離れる寂しさなどから、東京での就職を反対されるかもしれません。
それでも覚悟を決めて、「東京で働きたい!」と思うのであれば、後悔しないよう全力で頑張ってください。
就活生のみなさんの成功を、心より願っています!
「就活の教科書」では、就活に役立つ記事を他にもたくさん掲載しています。
読んで、ぜひ就活に役立ててください。

「就活の教科書」編集部 堀本