【例文あり】自己PR「分析力」の魅力的な伝え方 | 言い換え一覧も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ 就活生2人に1人が利用! / 人気No.1の性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

 

はじめに

この記事では、分析力をアピールする自己PRについて解説していきます。

合わせて、分析力の定義や言い換表現、自己PRで使う際の例文などについても解説しています。

ちなみに、「自分に合った業界が知りたい」「自分の強みがわからない…」という方は、100万人のデータからあなたの強みや性格を分析する適性診断AnalyzeU+などで自己分析を終わらせましょう。

この記事を読めば「そもそも分析力とは?」「分析力を自己PRに使ってもいいの?」といった悩みを解決できます。

分析力が自己PRに使えるのかについて知りたい!」「分析力をアピールできる自己PRの例文が知りたい!」という方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

「自分の強みを知って上手く自己PRを書きたい!」という就活生は、適性診断AnalyzeU+で性格診断をし、「就活の軸」「強み」などを知るのがおすすめです。

ちなみに適性診断AnalyzeU+以外にも、5つの質問で就活の軸を診断できる「キャリアチケットスカウト診断」、性格テスト90問で長所や適職を診断できる「Lognavi適性診断」、あなたの適職を16タイプで診断できる「LINE適職診断もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生向け】無料診断で自分の短所を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 就活生2人に1人が利用! / あなたの強みを徹底診断
適性診断AnalyzeU+

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

「結局どのサービスを使えば良いかわからない…」という就活生は、人気No.1の【就活生】適性診断AnalyzeU+であなたの強みを正確に診断するのがおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

自己PRでアピールできる強みが見つからない…という時は?
 

「自己PRで言える強みが見つからない…」「自分の強みを知りたい」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの強みを見つけるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

「自分の強みがわからない…」という方こそ、強みを見つけてくれ、企業からのスカウトにつながる適性診断AnalyzeU+を受けてみてくださいね。

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

そもそも分析力とは?自己PRに使えるの?

就活生くん

僕はもうすぐ就活が始まります。

分析力とは何か気になります。

分析力は自己PRに使えますか?

就活生ちゃん

私は、この前面接で自己PRの時間があったのですが、うまく説明できませんでした。

そもそも分析力は自己PRに使えるのでしょうか?

分析力を強みにする就活生にとって、分析力をどう自己PRに使うかは悩むポイントですよね。

まずは、「分析力とは何か」「分析力は自己PRに使えるのか」について見てみましょう。

ちなみに、「自分に合った業界が知りたい」「自分の強みがわからない…」という方は、100万人のデータからあなたの強みや性格を分析する「適性診断AnalyzeU+などで自己分析を終わらせましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

結論:分析力は自己PRに使える

結論から言うと、分析力は自己PRに使えます

企業は分析力がある人を評価します。

理由は、正しく現在の状況を分析することができれば、将来の予測の確実性が増すからです。

企業は、データを読み解き、起こっている事象を正しく把握できる力を求めています。

そのため、分析力は積極的に自己PRとして使っていきたいところですね!

就活アドバイザー 京香

 

分析力がある就活生に対して、企業は「課題を見つけ、行動できる人」という印象を抱く

企業が求める分析力とは、データを細かく分析し現在の状況を把握し行動できる力です。

そのため、データを読解する力と、問題点を見つけ対応策を提示し実行できる力が求められます。

これらのことから、企業が分析力があると感じた場合、「課題を見つけ、行動できる人」という印象を持つでしょう。

自分の強みが分析力に当てはまる場合は、積極的にアピールすることがおすすめです!

 

補足:分析力がある人の特徴とは?

分析力がある人の特徴として、以下の点が挙げられます。

分析力がある人の特徴
  • データを客観的に筋道を立てて分析し、結論を出すことが得意
  • 発生した問題の本質的な理由・原因を追求することができる
  • 他人からは「論理的に物事を考える人」と評価される

物事を考えることが好きな人に多い傾向があります。

気づいてないだけで、分析力がある人もいるかもしれません。

自己分析をしたり、自分を振り返ったりしてみて、分析力があるか考えてみましょう。

自己分析のやり方やおすすめツールについては、以下の記事でより詳しく解説しています。

ぜひご覧ください。

就活アドバイザー 京香

 

「就活で使える自分の強みと弱みを教えて欲しい!」という方は適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの長所と短所を詳しく診断してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手、優良企業から特別スカウトも来ます。

「強み・短所がわからない…」と不安な就活生は、就活生人気No.1の適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強みと弱みを診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

また、「自己PRで使える自分の強みがわからない…」「自分の長所・短所って何?」という就活生には、自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)がおすすめです。

この記事では、自分に合った自己分析ツールや診断後の活かし方まで知ることができます。

就活アドバイザー 京香


【NG例も】分析力をアピールできる自己PR例文5選

就活生ちゃん

分析力について分かってきました。

分析力をアピールする自己PRには、どんなものがありますか?

それでは、分析力をアピールできる自己PR例文を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

分析力をアピールできる自己PR例文
  • 例文①:部活で分析力を発揮した例
  • 例文②:サークルで分析力を発揮した例
  • 例文③:アルバイトで分析力を発揮した例
  • 例文④:学業/ゼミで分析力を発揮した例
  • 例文⑤:インターンシップで分析力を発揮した例
  • NG例文

 

例文①:部活で分析力を発揮した例

例文その1は、「部活で分析力を発揮した例」です。

私の強みは分析力です。

この分析力を発揮し、大学のバスケ部での都大会優勝という目標を達成しました。

入学したての頃からチームとして上記の目標を掲げていましたが、当初は地区大会を勝ち上がることができず、都大会に出場することすらできない状況でした。

そこで、過去の大会を振り返って徹底的に分析することで強豪校の弱みを見つけ、それに沿った練習方法や施策を考案しました。

加えて、我々のチームの弱みが〇〇にあることも明らかにし、それを補えるような練習メニューを導入しました。

その結果、2年後の地区大会では勝ち上がることができ、さらに都大会でも優勝することができました。

課題に対して適切な対処法を見つけ、実践する力を発揮することで、御社に貢献していきたいです。

上記の例文では、大会で結果が出なかった時期の現状分析を踏まえて、工夫して施策を行ったことがわかりますね。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

例文②:サークルで分析力を発揮した例

私の強みは分析力です。

この強みを活かして、所属するバドミントンサークルのイベント参加率向上に貢献しました。

私のサークルでは、会員数に対してイベントの参加人数が少ないことが課題でした。

そこで、私はその原因を横のつながりが薄いからだと考え、普段の練習でのチーム分けを同学年中心で振り分けるようにした。

その結果、どの学年も同級生のつながり強くなり、メインイベントである夏合宿では過去最高の参加人数を集めることができた。

この経験を通じて鍛えた分析スキルは、仕事での提案業務やプロジェクト進行でも必ず役に立つと考えています。

この例文では、サークルのメンバー目線で現状を分析し、イベントの参加人数増加につながった体験をアピールできていますね。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

例文③:アルバイトで分析力を発揮した例

私は分析力があると感じています。特に、現状の問題を分析し解決する力があります。

私はコンビニでアルバイトをしていました。住宅街にあり、夕方にはたくさんのお客さんが来ました。そのため、レジは大変混雑していました。なぜレジが混雑してしまうか分析したところ、お客の支払い方法多様化による遅延が原因でした。

そこで、すべてをセルフレジにするのではなく、現金以外の支払いをセルフレジにしたらどうかと提案したところ、導入され、混雑率を50%程度解消しました。

これらの経験から、顧客の目線も忘れずに、顧客満足度のアップにつながる分析力で御社に貢献したいです。

上記の例文では、顧客目線で考えた結果、課題の特定ができた成功体験が伝わってきますね。

また、混雑率を50%解消できたということで、数字があることで、具体的な状況が想像しやすくなっています。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

例文④:学業/ゼミで分析力を発揮した例

私の長所は分析力です。私は大学のゼミで電子デバイスに関する研究をしています。新しいデバイスを作製する課題に取り組みました。

最初に作詞したデバイスでは、想定通りの結果を得ることができず、原因分析を行うことになりました。従来のデバイスと作製プロセスを比較したところ、プロセスの順番や条件が異なっていることがわかりました。

これらの違いをまとめ、それぞれの違いがデバイスに与える影響を分析、結果をまとめました。

その結果○○という新しいデバイスを作製することができました。

この経験を活かし、御社でも課題がある場合の解決策を分析し、貢献したいと考えています。

この例文では、分析段階で実際に何をしたか具体的に書かれているところが良いですね。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

例文⑤:インターンシップで分析力を発揮した例

私の強みは分析力です。

私は大学時代にWebライティングの長期インターンに参加しました。

ですが、作成したコンテンツの検索順位がなかなか上がらないこと課題を感じていました。

そこで、私はその原因を読者のニーズやトレンドの分析が足りていないことだと考え、改善に努めました。

たとえば、特定のキーワードやトピックの検索頻度やSNS上での反応を継続的にモニタリングし、その情報を基にターゲット読者にリーチするコンテンツを制作しました。

これにより、どのコンテンツが読者に受け入れられ、共有されやすいかを理解し、コンテンツ戦略を改善することが出来ました。

結果、コンテンツの検索順位が改善し、Webサイトのトラフィックを増加させることが出来ました。

この経験を活かして、御社でも顧客のニーズを捉えた戦略策定に貢献していきたいです。

最後の例文では、分析の結果行った施策が詳しく書かれています。

また、「自己PRがうまく書けない…」という就活生には、適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+では、診断結果からワンポイントアドバイスを貰えるため、自己PRの参考にできます。

さらに就活生の2人に1人が利用しているサービスなので、まずは一度試してみてください。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

NG例文

私は飲食店でアルバイトをしていました。そこでは毎日お客で混んでいました。

そこで、料理を早く作ったところ、お客がすぐに帰るようになりました。

この経験を御社で活かしたいと考えています。

 

上記のように、分析力を使った具体的なエピソードがなく、また分析の成果がわからない自己PRはあまり印象がよくありません。

お店が混んでいる原因は何だったのか、それに対してどのような施策を行ったのかを具体的に伝えるようにしましょう

「就活の教科書」編集部 吉田

 

 

自己PRでアピールできる強みが見つからない…という時は?
 

「自己PRで言える強みが見つからない…」「自分の強みを知りたい」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの強みを見つけるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

「自分の強みがわからない…」という方こそ、強みを見つけてくれ、企業からのスカウトにつながる適性診断AnalyzeU+を受けてみてくださいね。

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

分析力の言い換え表現一覧

就活生ちゃん

分析力をアピールできるはとても参考になりました!

分析力以外に言い換え表現も知りたいです。

そうですね、自分の強みを理解するためにも、言い換え表現を知っておくことは大事です。

以下で分析力の言い換え表現を紹介します。

「就活の教科書」編集部 吉田

分析力の言い換え
  • 洞察力がある:物事や相手の本質を見通す力があることをアピールできる。
  • データを解析する力がある:現状をデータから読みとき、理解し判断できる力をアピールできる。
  • 課題解決能力がある:現状/課題を理解し、それに対して具体的な施策を行動に移す能力をアピールできる。
  • 向上心がある:自分で目標を見つけ、達成に向けて取り組む意志をアピールできる。
  • 論理的思考力がある:複雑な事柄をわかりやすく説明する能力をアピールできる。
  • 広い視野を持っている:さまざまな意見を取り入れる柔軟性をアピールできる。
  • 情報収集能力がある:分析に必要な情報をリサーチし収集できる能力をアピールできる。
  • 客観的視点を持っている:データや現状に基づいて、客観的に物事を見て判断する能力をアピールできる。

分析力と関連した以下の強みのアピール方法にについて興味がある人は、ぜひこれらの記事も読んでみてください!

 

                                                   

自己PR・強みに関する記事一覧

「自己PR/強みなんて自分にはない」という就活生は 自己PR/強み一覧 からあなたの強みを選んでみましょう。

また、コミュニケーション能力」 「主体性」 「協調力」 「チャレンジ精神」 「傾聴力 は、実際に企業が採用の際に重要視しているスキルなので、ここから選んでみるのもおすすめです。

以下の記事では、例文や書き方のポイントも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「就活で使える自分の強みと弱みを教えて欲しい!」という方は適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの長所と短所を詳しく診断してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手、優良企業から特別スカウトも来ます。

「強み・短所がわからない…」と不安な就活生は、就活生人気No.1の適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強みと弱みを診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

また、「自己PRで使える自分の強みがわからない…」「自分の長所・短所って何?」という就活生には、自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)がおすすめです。

この記事では、自分に合った自己分析ツールや診断後の活かし方まで知ることができます。

就活アドバイザー 京香


分析力を用いた自己PRの文章構成「4STEP」

就活生くん

分析力をアピールする自己PRの例が分かりました。

分析力を用いた自己PRはどう書けばいいのでしょうか?

それでは、分析力を用いた自己PRの文章構成を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

分析力を用いた自己PRの文章構成
  • STEP①:結論(相手に伝えたい部分)を述べる
  • STEP②:主張の根拠となる具体的なエピソード
  • STEP③:分析力を重視している理由
  • STEP④:分析力がどのように就職後活かせるのか

 

STEP①:結論(相手に伝えたい部分)を述べる

分析力を用いた自己PRの文章構成STEP1は「結論(相手に伝えたい部分)を述べる」です。

結論を最初に言うと、文章の要点が伝わりやすくなります。

面接官はたくさんの自己PRを読んだり、聞いたりしています。

聞きやすかったり読みやすい文章だと印象に残りやすいです。

結論ファーストとはよく言われますよね。

まずは結論を言って、言いたいことの要点を伝えましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

STEP②:主張の根拠となる具体的なエピソード

分析力を用いた自己PRの文章構成STEP2は「主張の根拠となる具体的なエピソード」です。

次に分析力を発揮したエピソードを書きます。

エピソードはなるべく具体的に書きましょう。

抽象的な文章だと、分析力のアピールにつながりづらくなります。

また、分析力をアピールするエピソードを話す際には、数字などを用いて、具体的な成果を話すとより良いでしょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

STEP③:分析力を重視している理由

分析力を用いた自己PRの文章構成STEP3は「分析力を重視している理由」です。

なぜ分析力が必要だったのかを話しましょう。

分析力を活かした経験から繋げられます。

分析力を重視している理由をアピールすると、面接官の印象に残りやすいです。

分析力を強みとして覚えてもらいたい場合は、なぜ分析力が必要だったのかも積極的にアピールしましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

STEP④:分析力がどのように就職後活かせるのか

分析力を用いた自己PRの文章構成STEP4は「分析力がどのように就職後活かせるのか」です。

最後に、分析力が企業でどのように活かせるかを話しましょう。

学生時代に培った分析力をどのように活かすかを話すと将来がイメージしやすくなります。

面接官も、将来をイメージできる就活生は好印象です。

事前に、受ける企業について調査し、分析力が活かせる業務を見つけておくといいでしょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

自己PRでアピールできる強みが見つからない…という時は?
 

「自己PRで言える強みが見つからない…」「自分の強みを知りたい」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの強みを見つけるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

「自分の強みがわからない…」という方こそ、強みを見つけてくれ、企業からのスカウトにつながる適性診断AnalyzeU+を受けてみてくださいね。

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

分析力を自己PRでアピールする際の注意点3選

就活生ちゃん

分析力を用いた自己PRの文章構成方法が分かりました。

分析力を自己PRでアピールする際に、注意するべきポイントはありますか?

それでは、分析力を自己PRでアピールする際の注意点を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

分析力を自己PRでアピールする際の注意点
  • 注意点①:分析の背景や課題を具体的に話す
  • 注意点②:数字を用いて分析方法の成果を伝える
  • 注意点③:「分析力を仕事にどう活かすのか」を考える

 

注意点①:分析の背景や課題を具体的に話す

分析力を自己PRでアピールする際の注意点1つ目は「分析の背景や課題を具体的に話す」です。

一概に分析力と言っても面接官には伝わりづらいです。

分析の背景を話すことで、なぜ分析が必要だったかを伝えることができます。

背景として課題や考えた解決策などを合わせて話しましょう。

具体的に話すことで、面接官の印象に残りやすくなります。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

注意点②:数字を用いて分析方法の成果を伝える

分析力を自己PRでアピールする際の注意点2つ目は「数字を用いて分析方法の成果を伝える」です。

分析方法やその成果は詳しく話さないと伝わりません。

そこで、明確な数字を使って話しましょう。

「混雑率を50%緩和」など数値による変化を聞くとイメージが格段にしやすいことがわかりますね。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

 

注意点③:「分析力を仕事にどう活かすのか」を考える

分析力を自己PRでアピールする際の注意点3つ目は「「分析力を仕事にどう活かすのか」を考える」です。

分析力があることが伝わっても、仕事でどう活かすのかイメージしづらいです。

そこで、分析力をどこで活かすのか自分で考えてきましょう。

そのためには、企業でどのような業務があるか知る必要があります。

企業のホームページなどで、実際の業務や求められている人物像などを事前に調査することが大事です。

それらの内容から、分析力をどのように活かすのか考えましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

 

「就活で使える自分の強みと弱みを教えて欲しい!」という方は適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの長所と短所を詳しく診断してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手、優良企業から特別スカウトも来ます。

「強み・短所がわからない…」と不安な就活生は、就活生人気No.1の適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強みと弱みを診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

また、「自己PRで使える自分の強みがわからない…」「自分の長所・短所って何?」という就活生には、自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)がおすすめです。

この記事では、自分に合った自己分析ツールや診断後の活かし方まで知ることができます。

就活アドバイザー 京香


分析力をアピールする自己PRに関するよくある質問

就活生くん

分析力をアピールする自己PRについて分かりました。

何かほかに、分析力をアピールする自己PRについて知っておくべきことはありますか?

それでは、分析力をアピールする自己PRについてよくある質問を見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 吉田

よくある質問
  • 質問①:どんなエピソードが分析力に結び付くの?
  • 質問②:分析力が評価されやすい職種は?

 

質問①:どんなエピソードが分析力に結び付くの?

よくある質問1つ目は「どんなエピソードが分析力に結び付くの?」です。

分析力が結びつくエピソードには様々なものがあります。

現状を分析し、課題を特定し、解決策を考えて実行した経験を思い出してみましょう。

分析力が結びつくエピソードの例
  • 部活/サークルでチームの弱点を分析した
  • アルバイトで売上や環境を改善するために現状を分析した
  • インターンシップで目標を達成するために必要なことを分析した
  • 学業/ゼミで研究や勉強を改善するために現状を分析した

このように、分析力は様々な場面で発揮されることがわかりますね。

 

質問②:分析力が評価されやすい職種は?

よくある質問2つ目は「分析力が評価されやすい職種は?」です。

以下が分析力があることが望ましいと言われている職種です。

分析力が評価される職種の例
  • 研究職
  • マーケター
  • 経理
  • データアナリスト
  • システムエンジニア

これらのような、現状やデータを分析して解決策を見出していくような職種では分析力が高く評価される傾向があります。

もちろんこれら以外の他の職種でも、分析力は評価対象になるので、強みとしてアピールしていきましょう。

 

自己PRでアピールできる強みが見つからない…という時は?
 

「自己PRで言える強みが見つからない…」「自分の強みを知りたい」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの強みを見つけるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

「自分の強みがわからない…」という方こそ、強みを見つけてくれ、企業からのスカウトにつながる適性診断AnalyzeU+を受けてみてくださいね。

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

まとめ:紹介した自己PR例文を参考にして、分析力をしっかりとアピールできるように準備しよう!

今回は、分析力をアピールする自己PRついて紹介しました。

合わせて、「そもそも分析力とは?」や「分析力は自己PRに使えるの?」についても詳しく解説しました。

ぜひ参考にしてみてください。

この記事のまとめ

◆そもそも分析力とは?自己PRに使えるの?

  • 結論:分析力は自己PRに使える
  • 分析力がある就活生に対して、企業は「課題を見つけ、行動できる人」という印象を抱く
  • 補足:分析力がある人の特徴とは?

◆【NG例も】分析力をアピールできる自己PR例文3選

  • 例文①:部活で分析力を発揮した例
  • 例文②:アルバイト/インターンシップで分析力を発揮した例
  • 例文③:学業で分析力を発揮した例
  • 例文④:学業/ゼミで分析力を発揮した例
  • 例文⑤:インターンシップで分析力を発揮した例
  • NG例文

◆分析力の言い換え表現一覧

◆就活を効率よく進める方法

  • 方法:スカウトアプリを使って直接オファーを受け取る
  • 方法:就活のプロに内定までサポートしてもらう
  • 方法:就活力診断で自分の実力を把握する
  • 方法:プログラミング経験を活かしてITエンジニアとして就職する

◆分析力を用いた自己PRの文章構成「4STEP」

  • STEP①:結論(相手に伝えたい部分)を述べる
  • STEP②:主張の根拠となる具体的なエピソード
  • STEP③:分析力を重視している理由
  • STEP④:分析力がどのように就職後活かせるのか

◆分析力を自己PRでアピールする際の注意点3選

  • 注意点①:分析の背景や課題を具体的に話す
  • 注意点②:数字を用いて分析方法の成果を伝える
  • 注意点③:「分析力を仕事にどう活かすのか」を考える

◆分析力をアピールする自己PRに関するよくある質問

  • 質問①:どんなエピソードが分析力に結び付くの?
  • 質問②:分析力が評価されやすい職種は?

◆まとめ:紹介した自己PR例文を参考にして、分析力をしっかりとアピールできるように準備しよう!