>> 内定者が選んだ就活に役立つサービス15選 <<

【就活まだ何もしてない】就活を簡単に進める5ステップ | 早めに内定を取る方法も

この記事で分かること
  • 就活何もしてなくても、今から対策すればまだ間に合う
  • 就活何もしてない人は、就活のスケジュールを把握しよう
  • 就活何もしてない人が「まず」すべきこと3つ
  • 就活何もしてない人のための就活のやり方5STEP
  • 就活何もしてない人が、就活をより深める方法3つ

 

こんにちは。「就活の教科書」編集部の西川です。

そろそろ就職活動が本格化してきて、動き出す就活生が増えてきましたね。

皆さんの就活の具合はどうですか?

「就活の教科書」編集部 西川

就活生くん

正直に言うと、僕はまだ就活何もしてないです。

でもこれから始めようと思っているので、これから何をすべきか教えて欲しいです。

就活生ちゃん

私も就活はまだ何もしてないです。

大きな声では言いにくいのですが、できるだけ早く簡単に内定を貰える方法などあれば教えてほしいです…。

分かりました。

皆さんはいま、就活で何もしてないと焦り出してる状態なんですね。

僕がこの記事で、その焦りを解決していきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

「そろそろ就活はじめなきゃ…」

「でも何をしたらいいかよく分からないし、めんどくさい。」

僕も本格的に就活を始める前は、同じことを考えていました。

しかし、とりあえず参加してみた就活イベントをきっかけに、何をすればいいか次第に分かり始め、無事に就活を終わらせられました。

そこでこの記事では、就活ですべきことを把握して効率的に就活を終わらせた西川が、就活何もしてない人が「まず」すべきことや、就活何もしてない人がこれからすべき事など「就活を何もしてない」と焦る就活生の悩みを完全解説していきます。

この記事を読み進めていけば、これから何をすべきなのか分かり、就活を無事に終わらせれるようになりますよ。

ぜひ最後まで読んでみて下さいね。

画像タップでページ内に飛びます

就活 何もしてない すべきこと>> 「まず」すべきこと

就活 何もしてない 今後すること>> 就活を深めるためには

就活対策を何もしてない人は多いが、今から対策すれば大丈夫

就活生くん

僕はまだ就活を始めていません。

周りでは、既に何個か内定を得ている人もいて正直不安です・・・。

就活対策を何もしていない人は、何から手をつければいいのかな?

周りの就活の流れについていけず、そもそも何をしたらいいのか分からない就活生もいますよね。

「でも何をしたらいいかよく分からないし、就活をするのがめんどくさい。」という就活生も少なくはありません。

「就活の教科書」編集部 西川

 

就活を何もしてない人は、まず就活の流れを知り正確な現状の理解が大切です。

就活はまだ始まったばかりで、今からの行動次第で結果は変わってきます。

今から対策を立ててやるべきことを一生懸命頑張れば、必ず自分が納得する形で就活を終えれるのです。

そこで次の項目では、就活を何もしてない人が知っておくべき、就活を成功させるための就活生のスケジュールを説明します。

一般的な就活の流れを把握して、今後の対策を考えてみましょうね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

就活を成功させるために、理想の就活スケジュールを知っておこう

始めに就活をまだ何もしてない人に知って欲しいのは、就活を成功させるための理想の就活スケジュールです。

「就活の教科書」編集部 西川

 

就活生の理想の就活スケジュールを知れば、今後就活を生活させるには何月に何を済ませておけば良いのかがイメージしやすいです。

就活を成功させるために、理想の就活スケジュールをざっくりと表すと、以下のスケジュールが理想的です。

  • 12月 早期選考を受け出す
  •   2月 選考対策を完了する
  •   3月 企業にエントリー開始
  •   4月 選考スタート
  •   6月 内定をもらう

就活の良いスタートを切るには、3月までに選考対策を万全にして準備しましょう。

しかし、現在ではこのスケジュールよりも速く選考する企業が多いため、準備は早いほど良いです。

ここまで、就活をまだ何もしてない人が知っておくべき選考スケジュールを説明してきました。

何においてもそうですが、今から全力で始めればいい結果に繋がります。

就活の対策をまだ何もしていないという就活生は、次にまず何から行動したら良いのかを紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

就活何もしてない人が「まず」すべきこと

就活何もしてない人が「まず」すべきこと

就活生ちゃん

私は、そろそろ就活始めないと焦っているのですが、何から手をつけたらいいのか分かりません・・・。

私みたいに、就活を始めたいけど何から始めたらいいか悩んでいる就活生はどうすればいいですか?

就活ってやることが多すぎて何から手をつけたらいいのか最初は戸惑いますよね。

それでは次に、まだ何も就活を始めてない人が、簡単始めれることを紹介します。

「就活の教科書」編集部 西川

就活何もしてない人が「まず」すべきこと
  • やること①:就活サイトに登録する
  • やること②:自己分析診断を受けてみる
  • やること③:説明会に1つ参加してみる

それでは、就活何もしてない人が「まず」すべきことをそれぞれ解説しますね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

やること①:就活サイトに登録する

就活何もしてない人が「まず」すべきこと1つ目は、「就活サイトに登録する」です。

就活サイトに一度登録しておけば、多くの企業情報が送られてきて興味のある企業を見つけるきっかけができます。

また、就活サイトに登録しておけば「企業説明会の案内」「履歴書やエントリーシートの書き方」などの就活情報が多く掲載されているので、今まで低かった就活に対する意識が一気に高まります。

就活対策を何もしていない人は、就活サイトに登録して多くの求人情報をチェックしてみましょう。

就職サイトは複数のサイトに登録しておくと、1つのサイトだけでしか掲載されない求人情報が手に入れられるため、より多くの情報を得ることができるのでおすすめです。

おすすめの就活サイトが知りたい就活生は、以下の記事で何個も就活サイトが比較できるため、ぜひ参考にして自分に合った就活サイトを2,3個登録してみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

やること②:自己分析診断を受けてみる

就活何もしてない人が「まず」すべきこと2つ目は、「自己分析診断を受けてみる」です。

自己分析を簡単に診断してくれる自己分析診断ツールを使えば、今後の就活の軸を決めやすくなります。

自己分析は、やり方も難しく自己分析で苦労している就活生は多いです。

いくつかの質問に回答するだけで自己分析が済むツールを効率的に使い、自分の就活の軸を早めに把握しましょう。

僕が実際に利用したおすすめの自己分析診断ツールは、OfferBoxの提供する適性検査「適性診断AnalyzeU+(アナライズユー プラス)」です。

問題数が多く分析結果が詳しいので、多くの就活生が登録している人気の自己診断ツールです。

「就活の教科書」編集部 西川

 

適性診断AnalyzeU+について知りたい就活生は、以下の記事で適性診断AnalyzeU+の評判などを解説しているので参考にしてください。

また、他にも無料で使える自己分析診断のサイトが分かる記事も合わせて参考にしてみてくださいね。

 

やること③:説明会に1つ参加してみる

就活何もしてない人が「まず」すべきこと3つ目は、「説明会に1つ参加してみる」です。

説明会に参加すれば、企業のことや自分の興味のある業界がなんとなく分かるようになります。

また、実際の職場働く雰囲気を感じ取ることもできます。

思いもがけない企業との出会いもあるので、参加して損することはありません。

就活の対策をまだ何もしてなくて、自分の働きたい企業が分からない就活生は積極的に参加してみましょう。

説明会に関してもっと知りたい就活生は、以下の記事で解説しています。

説明会の流れなども把握できるので、合わせて参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

就活何もしてない人は、この流れで就活を進めよう

就活生くん

なるほど。

就活がどんな感じかざっくり分かったので、やる気が出てきました!

それは良かったです。

これまで就活で何もしてない状態でも、いまから頑張れば大丈夫です。

そこでこの項目では、これから何をすべきか説明していきますね。

この項目で紹介するすべき事は、以下の5点です。

「就活の教科書」編集部 西川

就活何もしてない人がこれからすべき事
  • ステップ①:自己分析
  • ステップ②:業界と企業を知る
  • ステップ③:エントリーシートの準備
  • ステップ④:適正検査の準備
  • ステップ⑤:面接の準備

 

ステップ①:自己分析から始めよう

就活を何もしてない人の1つ目のステップは、「自己分析」です。

しかし、自己分析と言われても具体的に何をしたらいいか分からないですよね。

そこでまずは簡単に、自己分析をしなければならない理由から説明します。

自己分析をしなければならない理由は、主に3つの理由があります。

自己分析をする理由

自己分析とは”自分”を理解すること

自己分析をする目的は以下の3つ

  • “自分”を理解して、幸せになれる道を探すため
  • もしその幸せが、就職を通じて実現するなら、”自分”を理解すれば、どんな仕事が向いているか考えやすくなるから
  • そして”自分”を理解すれば、面接官に”自分”を分かりやすく伝えられるから

自己分析は「自分がしたいことを見つけ」「したいことを実現できる企業に自己PRをするため」に行います。

 

そのため、自己分析では、自分がしたいこと・自己PRに関することを分析する必要があります。

自分がしたいこと・自己PRに関する分析項目は、例を挙げると以下の項目などが当たります。

自己分析に必要な分析項目
  • どんな時に幸せを感じるか
  • なにが得意か/できるか
  • やりたいこと/やりたくないこと
  • 長所/短所
  • 両親を尊敬するポイント/嫌いなポイント など
自己分析の入門編の方法として「モチベーショングラフを書く」方法があります。

モチベーショングラフに関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。参考にしてみて下さいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

モチベーショングラフ以外にも、自己分析の方法はあります。

自己分析を徹底的にしたい人は、以下の記事で正しい自己分析のやり方や、自己分析を添削してもらえるサービスも紹介しています。

ぜひ参考にしてください。

 

ステップ②:業界と企業を知ろう

就活を何もしてない人の2つ目のステップは、「業界と企業を知る」ことです。

自己分析をして、自分がしたいこと・なりたい姿を言語化したら、次はそれがどの業界や企業で実現できるか調べましょう。

業界や企業を知るための方法としては、以下の方法などが考えられます。

業界や企業を知る方法
  • 合同説明会に参加する
  • 企業説明会に参加する
  • 四季報などの就活情報紙を見る
  • リクナビ・マイナビで検索する
  • OB・OG訪問で教えてもらう
  • 就活エージェントに紹介してもらう

ここで紹介した方法以外でも業界や企業を知ることができます。

また、企業研究の方法が知りたい人は、こちらの記事で企業研究で調べるべきポイントなどが分かるので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ステップ③:ESの準備をしよう

就活を何もしてない人の3つ目のステップは、「ESの準備」です。

エントリーシートの準備では、よく聞かれる質問項目に対して、自分の回答を書き出してみましょう。

エントリーシートでよく聞かれる質問項目の例としては、以下の5点を紹介します。

エントリーシートでよく聞かれる質問項目
  • 志望動機
  • 学生時代に力を入れて取り組んだこと
  • 自己PR
  • 就活の軸
  • 苦難を乗り越えてきた経験
エントリーシートは、多くの企業が提出を求めてくる選考です。

就活をまだ何もしてない人は、よく聞かれる質問項目を参考にして、エントリーシートの準備も進めましょう。

エントリーシートの書き方や、よく聞かれる質問項目に関してはこちらの記事を読めば分かりやすいので、ぜひ参考にして下さいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ステップ④:適正検査の準備をしよう

就活を何もしてない人の4つ目のステップは「適正検査の準備」です。

はじめに適正検査の説明をします。

適正検査とは

「SPIと呼ばれる国語や数学の問題などを通じて、就活生が入社に必要な最低限度の知的能力を持っているか確認する検査」のこと

国語系の問題を「言語問題」、数学系の問題を「非言語問題」と言います。

また適正検査には、就活生と企業が性格的にマッチするか確認する「性格検査」もあります。

適正検査は、入社基準を満たしてない就活生をまとめて落とす「足切り」として、最初の選考に用いられる場合が多いです。

そのため就活生は、最低基準を超えるだけの練習をする必要があります。

僕は、下のSPI対策本を使って適正検査の対策をしていました。

僕は数学の問題が苦手だったので、回答速度を上げるためにこの対策本で苦手箇所を中心に7周ほど勉強しました。

「就活の教科書」編集部 西川

 

また、適性検査(SPI)については、こちらの記事が参考になります。

 

ステップ⑤:面接の準備をしよう

就活を何もしてない人の5つ目のステップは、「面接の準備」です。

面接の準備では、ざっくり以下のことをするべきです。

面接の準備ですること
  1. 面接で何を聞かれそうか調べる
  2. 質問に対して答える内容を考える
  3. 実際に面接を受けてみる
  4. 面接をしてみて、改善点を洗い出す
  5. 改善し、また面接を受けてみる
  6. 受け答えをより洗練させていく
「調べろ」「練習しろ」と言わても、それぞれ具体的なやり方が分からない就活生の方もいるかと思います。

そこで、「質問内容の調べ方」と「面接の練習の仕方」について簡単に紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

まず「面接で何を聞かれそうか調べる」方法は、就活アプリ「ワンキャリアが参考になります。

ワンキャリアには、各企業を受けてきた先輩就活生の選考体験談が記載されており、面接で何を聞かれたかが分かります。

しかし、まだ受ける企業が決まっていない就活生には、「【内定者が教える】面接の質問内容100選と答え方 | NG回答例,注意点も」の記事がオススメです。

面接でよく聞かれる質問100個が網羅されているので、この記事だけであらゆる企業の面接対策ができます。

 

そして「実際に面接を受けてみる」方法に関しては、こちらの記事が参考になります。

模擬面接を無料で受ける方法を、14個紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

 

ここまで就活をまだ何もしてない人が、これからすべきことについて説明しました。

しかし、ここまでは「やるべきこと」として認知していた就活生の方が多いと思います。

そこで次の項目では「実行すれば、より就活が進んでいく3つのコト」を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

就活何もしてない人が、就活をより深めるためには

就活何もしてない人が、就活をより深めるためには

就活生くん

これから一生懸命頑張れば、まだ間に合うんですね。

これまで就活まだ何もしてないと焦ってきたけど、今から頑張りたいと思います。

まずは何をすべきか教えて欲しいです!

分かりました。

それではこの項目で、就活をまだ何もしてない人におすすめの事について説明します。

ここで紹介するおすすめしたいことは、以下の3点です。

「就活の教科書」編集部 西川

就活をまだ何もしてない人におすすめ
  • とりあえず就活セミナーに参加して”知識”を得る
  • インターンでざっくり”仕事”を教えてもらう
  • OB・OG訪問人で”働く姿”を参考にする

 

就活セミナーに参加して”知識”を得る

就活をまだ何もしてない人におすすめしたいことの1つ目は、「就活セミナーに参加して”知識”を得る」です。

 

「セミナーて意味あるの?」「就活セミナーってなんとなく行きたくない」

僕は就活時代に、こんなことを考えていました。

 

しかし実はこれは食わず嫌いで、「何か学んで帰るぞ」という目的意識を持って参加すれば就活セミナーはとても有意義です。

そのため、就活をまだ何もしてない人は、目的意識を持って就活セミナーに参加するのがおすすめです。

就活セミナーへいくべきかどうかについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

 

インターンでざっくり”仕事”を教えてもらう

就活をまだ何もしてない人におすすめしたいことの2つ目は、「インターンでざっくり”仕事”を教えてもらう」です。

 

あなたは、業界や企業について調べている時に、「この仕事ってつまりなんなの?」とか「小難しく書かれていてよく分からない」と感じた経験はないですか。

ちなみに僕は、就活時代によく思っていました。笑

そこでこの「よく分からない…」という疑問を解消するのに便利なのが、インターンシップです。

「就活の教科書」編集部 西川

インターンシップに参加すると言うと、少しハードルが高いように感じるかもしれませんが、大丈夫です。

ざっくりと仕事を知るには、1Dayインターンシップで十分です。

1Dayインターンシップは、参加するためにESが要らないパターンが多く、参加すれば業界説明や企業説明を受けられるので、とてもコスパが良いです。

また、人数が少ないインターンシップなら社員の方としっかり話せる機会があるので、参加するメリットがたくさんあります。

就活をまだ何もしてない人はインターンシップに参加することで、一気に情報を集められるのでオススメです。

僕は、広告業界のビジネスの仕組みを教えてもらうために、広告業界の中小企業の1Dayインターンシップに何社か参加しました。

中小企業なら、大手と違って簡単にインターンシップに参加できるので、情報収集したい就活生におすすめです。

インターンシップを募集している企業を知りたい人は、以下の記事でインターンシップの情報を探せれるので、参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 西川

 

OB・OG訪問で”働く姿”を参考にする

就活をまだ何もしてない人におすすめしたいことの3つ目は、「OB・OG訪問で”働く姿”を参考にする」です。

 

「みんな仕事を頑張っているけど、何がやりがいはあるのかな」「社会人はどんな理由で仕事を決めたんだろう」

あなたもこんなことを思ったことは無いでしょうか。

 

OB・OG訪問では、「社会人がその仕事をしている理由」が分かります。

もしその理由に共感できたなら、あなたもその社会人を参考にしたキャリアを描けば、幸せになれる確率が高いです。

就活をまだなにもしてない就活生は、OB・OG訪問をすれば「働くイメージ」ができるという意味でオススメです。

OB・OG訪問については以下の記事で詳しく説明しています。

OB・OG訪問のやり方や注意すべきことが分かるので、ぜひ参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

就活のやるべきことは本当にたくさんあります。

ここまでの話をより詳しくまとめた情報を知りたい人は、就活やるべきことリスト10選が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

就活何もしてない人が揃えるべきアイテム

就活生くん

なるほど…!

やるべきことが分かってきて、やる気が出てきました!

今からめちゃくちゃ頑張りたいと思います。

それは良かったです!

それではやる気が出てきたあなたに、持っておくべきアイテムを紹介してますね。

ここで紹介する持っておくべきアイテムは、以下の3点です。

「就活の教科書」編集部 西川

持っておくべきアイテム
  • スケジュール帳
  • 就活ノート
  • 就活カバン

 

アイテム①:スケジュール帳

就活で持っておくべきアイテムの1つ目は、「スケジュール帳」です。

就活を何もしてない人で持っていなかった就活生は、持っておきましょう。

就活では複数の企業の選考やイベントが同時進行していくため、正確なスケジュール管理が欠かせません。

またスケジュール帳は、選考やイベントによっては、スマホを使用できない場面があります。

そのため、スマホアプリよりも紙媒体のスケジュール帳がおすすめです。

就活を何もしてない人でスケジュール帳を持っていなかった就活生は準備しておくことがおすすめです。

ちなみに僕は、スケジュール管理を失敗してリクルートの二次面接を受けられませんでした。

自分では、月曜日に面接を予約したつもりが、押し間違えて日曜日に予約していました…笑

僕はその時点で本命の企業に内定を貰えていたので良かったですが、皆さんは選考の予約をする際は、しっかり注意してくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

アイテム②:就活ノート

就活で持っておくべきアイテムの2つ目は、「就活ノート」です。

就活を何もしてない人で持っていなかった就活生は、持っておきましょう。

就活ノートが必要な理由は、就活で得た情報を1か所に集めておかなければ、使いたい時にその情報を使えないからです。

またOB・OG訪問や説明会では、メモを取る姿勢が無いと、「この就活生は聞く気がないのかな」と思われてしまいます。

就活を何もしてない人で就活ノートを持っていなかった就活生は準備しておくことがおすすめです。

 

アイテム③:就活カバン

就活で持っておくべきアイテムの3つ目は、「就活カバン」です。

就活を何もしてない人で持っていなかった就活生は、持っておきましょう。

就活カバンの中でも、置いた時に自立するタイプのカバンがおすすめです。

就活では説明会や面接など、カバンを置く機会が多いので自立している方が使いやすいです。

大学の入学式や成人式でビジネスバッグを購入している方は、そのカバンでも大丈夫です。

 

ここまで就活を何もしてない方におすすめの持っておくべきアイテムについて紹介してきました。

それぞれ使う場面の多いアイテムなので、持っておくことをオススメします。

そして、次がこの記事の最後の項目です。

最後に「できるだけ手軽に内定が欲しい」という就活生におすすめの方法を紹介します。

「就活の教科書」編集部 西川

 

就活何もしてない人が手軽に内定を取る方法

就活生ちゃん

ここまで就活何もしてない人がすべきことについては理解できました。

でも私は、できるだけ簡単に内定が欲しいです…

なにか方法はないでしょうか?

実は、普通に選考を受けるよりも簡単に内定を貰う方法はあります。

就活をまだ何もしてない方にもおすすめなので、ぜひ参考にしてください。

普通に選考を受けるよりも簡単に内定を貰う方法は、就活エージェントを使う方法です。

「就活の教科書」編集部 西川

 

無料で人気の高いエージェントを使う

普通に選考を受けるよりも簡単に内定を貰う方法は「就活エージェント」です。

就活エージェントの利用は、就活をまだ何もしてない方におすすめの方法です。

就活エージェントとは、無料であなたの就活をマンツーマンでサポートしてくれるサービスです。

就活エージェントで得られるサービスは、主に以下の4点です。

就活エージェントの代表的なサービス
  • 自分にあった企業の紹介
  • 1対1の面談で自己分析のサポート
  • エントリーシート(ES)の添削
  • 面接練習のフィードバック
就活エージェントは多く存在しますが、内定者の僕が最もおすすめするエージェントは「キャリアチケット」です。

キャリアチケットのことを知りたい人は、こちらの記事を読めば評判や体験談を知ることができるので、気になる方はぜひ読んでみて下さいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

また以下の記事では、就活エージェントを10個をまとめて紹介しています。

各エージェントの長所・短所も比較できるので、就活エージェントに興味がある方は読んでみて下さいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ちなみに、大手企業でも通年選考をしている企業や、秋採用をしている企業もあります。

秋採用を開始している企業については、以下の記事で詳しく説明しているので読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 西川

 

「就活をまだ何もしてない人」はじめにやることをまとめました

就活まだ何もしてない就活生は、なにから始めればよいのか分からない人も多いのではないでしょうか。

「就活の教科書」編集部 西川

 

なにから就職活動を進めたらよいか分からない就活生のために、就活を始める人が読むべき記事をまとめました!

「早めに内定もらう方法」「就活の始め方」「就職活動の流れ」などが分かるので、ぜひ読んでみて周りの就活生よりも早めに就活のスタートを切りましょう!

 

まとめ:就活何もしてないと焦る人は、とりあえず動いてみよう!

今回の「【焦ってる就活生へ】「就活まだ何もしてない」を解決する5つのステップ | より簡単に内定を取る方法も」はいかがだったでしょうか。

この記事では、就活ですべきことを把握して、効率的に就活を終わらせた西川が、

①:就活何もしてない人もまだ間に合うのか
②:就活何もしてない人がすべきこと
③:就活何もしてない人にお勧めしたいこと
④:就活何もしてない人が揃えるべきアイテム
⑤:就活何もしてない人ができるだけ簡単に内定を取る方法

など「就活を何もしてない」と焦る就活生の悩みを完全解説していきました。

この記事で焦るあなたの悩みを解決できたはずです。

それでは、この記事で紹介してきた内容をおさらいしていきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

この記事で紹介してきた内容

大企業を狙う就活生のスケジュール

  • 大企業を狙うなら最低3月までに選考対策を完了させる
  • もちろん3月より速く選考を始める企業もある

就活何もしてない人にお勧めしたいこと

  • とりあえず就活セミナーに参加して”知識”を得る
  • 1Dayインターンでざっくり”仕事”を教えてもらう
  • OB・OG訪問人で”働く姿”を参考にする

就活何もしてない人がすべき 5ステップ

  • ステップ①:自己分析から始めよう
  • ステップ②:業界と企業を知ろう
  • ステップ③:ESの準備をしよう
  • ステップ④:適正検査の準備をしよう
  • ステップ⑤:面接の準備をしよう

就活何もしてない人が揃えるべきアイテム

  • アイテム①:スケジュール帳
  • アイテム②:就活ノート
  • アイテム③:就活カバン

就活何もしてない人が手軽に内定を取る方法

 

あなたの「就活を何もしてない」という悩みは解決できましたね。

当サイト「就活の教科書」では、他にも役立つ記事をたくさん更新しています。

ぜひまた読みに来てくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川