【例文あり】自己PR「傾聴力」の魅力的な伝え方 | 言い換え一覧,長所/強みに使えるエピソードも

本ページはプロモーションを含みます

この記事で分かること
  • 企業の求める傾聴力/ヒアリング力は「相手の要求を察知して改善策など話を進めていく能力」
  • 傾聴力を用いた自己PR例文5つ
  • 傾聴力を上手く伝えるには、傾聴力を得た方法を伝える
  • 傾聴力を伝える時は、主体性が無いと思われないようにする
  • 【優良版】自己PRで使える長所を診断できるおすすめツール
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /
客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)

公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

 

はじめに

この記事では、「傾聴力(ヒアリング力)」があることを自己PRでアピールする時の伝え方を解説していきます。

合わせて、自己PRで「傾聴力」を伝えている例文や注意点などについても解説しています。

ちなみに、「自分に合った業界が知りたい」「自分の強みがわからない…」という方は、100万人のデータからあなたの強みや性格を分析する適性診断AnalyzeU+などで自己分析を終わらせましょう。

この記事を読めば「傾聴力とは実際どういうスキルなの?上手くアピールするには?」といった不安を解決できます。

「自己PRで自分の傾聴力を最大限にアピールして、面接官に好印象を与えたい!」という方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

「自分の強みを知って上手く自己PRを書きたい!」という就活生は、適性診断AnalyzeU+で性格診断をし、「就活の軸」「強み」などを知るのがおすすめです。

ちなみに適性診断AnalyzeU+以外にも、性格テスト90問で長所や適職を診断できる「Lognavi適性診断」、あなたの適職を16タイプで診断できる「LINE適職診断もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生向け】無料診断で自分の短所を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / あなたの強みを徹底診断
適性診断AnalyzeU+

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

「結局どのサービスを使えば良いかわからない…」という就活生は、【就活生】適性診断AnalyzeU+であなたの強みを正確に診断するのがおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

目次

 

自己PRでアピールできる強みが見つからない…という時は?
 

「自己PRで言える強みが見つからない…」「自分の強みを知りたい」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの強みを見つけるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

「自分の強みがわからない…」という方こそ、強みを見つけてくれ、企業からのスカウトにつながる適性診断AnalyzeU+を受けてみてくださいね。

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

そもそも自己PRで使える「傾聴力」とは?

就活生くん

傾聴力って言葉は知っていても具体的な意味は説明できないような気がします。

傾聴力は相手の話を聞き出す能力のことですよね?

就活生ちゃん

私はこの前の面接の自己PRで傾聴力についてうまく話せなかったので、魅力的な伝え方や例文も教えて欲しいです。

「傾聴力」という言葉はよく耳にしますが、もし「傾聴力の意味について説明してください」って聞かれた時に意外と答える時に自信が持てなかったりするんですよね。

実は、傾聴力は相手の話をじっと聞いたり、話を聞き出す能力だけではないんです。

「就活の教科書」編集部 坂本

「傾聴力(ヒアリング力)」とは相手の話をじっと聞く力に加えて、相手のことを理解するために言葉の真意を考えながら聞いたり、相手に信頼感を持ってもらうように熱心に聞く姿勢を指します。

相手の話の途中でアドバイスや説教をしてしまうことは「傾聴力」とは言いません。

特に、「傾聴力」はカウンセリングやコーチングでも重視されているコミュニケーションスキルです。

「傾聴力」の意味は意外と誤解されがちだと言われていますので、自己PRで使うときには気をつけておきましょう。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

企業が求める「傾聴力」とは

就活生ちゃん

じゃあ、企業側が自己PRやエントリーシート(ES)で求めている「傾聴力」とは一体どんな能力なの?

企業が自己PRやESで求めている「傾聴力」とは相手に信頼を持ってもらうために熱心に話を聞く力ではありません。

企業が自己PRやESで求めている「傾聴力」とは、相手の話を聞いた上で、相手が本当に求めていることを感じ取り、改善策を提案できるように話を進めていく力です。

例えば、部活のキャプテンとしてチームが練習メニューに不満を抱いているのを感じ、1人1人に話を聞き各人にあった練習メニューを提案しました。などです。

自己PRのときは相手の話を聞いた上で改善したことがあればセットで話すようにすると面接官に良い印象を与えられます。

小さな改善策でも面接官は評価してくれるので、傾聴(ヒアリング)→改善の流れはしっかり作るようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

傾聴力が高い人の特徴

傾聴力が高い人の特徴
  • 相手に話に興味を持ち質問をどんどん投げかける
  • 相手の価値観を受け入れ、肯定する
  • 相槌を打つのが上手く、相手に気分良く話させる
  • 話を最後まで聞き、自分の考えを話す
  • 「わかる」「確かに」などの共感を多く使う
  • 知ったかぶりせず、話を聞く

相手の話を聞き出し、気持ちよく話させることが傾聴力の高い人の特徴と言えます。

このようなスキルは、組織で働く社会人として必要なので、傾聴力は就活での効果的なアピールポイントとなると言えるでしょう。

傾聴力がある人には複数の共通点がありますが、面接の場だけで意識すると必ずボロが出るので普段から意識しましょう。

傾聴力を自己PRとして話すか迷っている人は、傾聴力が高い人の共通点を見て、3つ以上合う場合は自己PRの長所で話してみましょう。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

「就活で使える自分の強みと弱みを教えて欲しい!」という方は適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの長所と短所を詳しく診断してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手、優良企業から特別スカウトも来ます。

「強み・短所がわからない…」と不安な就活生は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強みと弱みを診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

また、「自己PRで使える自分の強みがわからない…」「自分の長所・短所って何?」という就活生には、自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)がおすすめです。

この記事では、自分に合った自己分析ツールや診断後の活かし方まで知ることができます。

就活アドバイザー 京香


「傾聴力」の自己PR例文/エピソード5選

就活生ちゃん

確かに話をじっと聞くだけだとただの聞き上手ですもんね。

では「傾聴力」を用いて実際にどうやって自己PRすればいいんでしょうか。

私が今から「傾聴力」を用いた自己PRの例文を5つ紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 坂本

「傾聴力」の自己PR例文/エピソード
  • 例文①:サッカー部編(意見に耳を傾け、チーム全体で納得のいく決断をしたエピソード)
  • 例文②:予備校のアルバイト編(相手に寄り添う力をアピールするエピソード)
  • 例文③:携帯販売のアルバイト編(顧客の意見や不満を聞き出す力をアピールするエピソード)
  • 例文④:合唱部編(コミュニケーション能力と行動力をアピールするエピソード)
  • 例文⑤:ボランティアのサークル編(相手の立場に立って考え行動したエピソード)

それでは、「傾聴力」を用いた自己PRの例文を1つずつ見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

 

例文①:サッカー部編(意見に耳を傾け、チーム全体で納得のいく決断をしたエピソード)

傾聴力(ヒアリング力)に関する自己PRの例文1つ目はサッカー部編です。

「就活の教科書」編集部 坂本

私の強みは「相手の立場に立って考えることができる」ことです。

自分の意見を客観的に見て他社の意見と比較し、その真意を引き出すことができます。

この強みを発揮した場面はサッカー部の幹部会議でのことです。

今後、サッカー部として弱点を補うためにディフェンス練習の時間を増やすのか、それとも強みであるオフェンスの練習時間を増やし弱点をカバーしていくのという問題がありました。

私はキャプテンとしてチームの弱点を改善するためにディフェンスの練習を増やそうと考えていました。

ところが、メンバーの話を聞いていくことで、他の強豪校にはディフェンスが弱いチームが多く攻撃力を上げることで勝機が生まれる可能性があること、オフェンス向きの選手が多いことからオフェンスの練習を増やすことでチームの雰囲気を上げれるという話が出てきました。

一方でディフェンスの練習を増やすべきだという声もわかりました。

最終的にはチームにとって、チームの雰囲気を良くし強豪校に勝つためにオフェンスの練習を増やすことにしました。

結果的に、強豪校に勝つことはできませんでしたが、チーム全体で納得の行く決断ができたと思います。

貴社では私の傾聴力に磨きをかけて、貴社の業績アップに貢献していきたいと思います。

この例文は、就活の教科書が内定者から譲り受けたもので、その他の例文は、公式LINEからGETできる「選考通過ES」で無料公開しています。

また、面接対策をしたい方は、内定者の面接の回答が無料で見放題「面接回答集100選(公式LINEで無料配布中)」もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

\ すでに180,000人以上が利用! / 内定者のESを見てみる
(選考通過ES)

内定者の面接回答を見る
(面接回答集100選)

*就活の教科書公式LINEで無料配布中! 

 

例文①の自己PRでは「具体的なエピソードを伝えている」がポイントです。

採用担当者は具体的に置かれている状況や傾聴力を深く理解できます。

自分の意見を客観的に見れることは社会人になってからも必要な能力なので非常に魅力的です。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

例文②:予備校のアルバイト編(相手に寄り添う力をアピールするエピソード)

傾聴力(ヒアリング力)に関する自己PRの例文2つ目は予備校のアルバイト編です。

「就活の教科書」編集部 坂本

私は人の話をよく聞き、相手に寄り添った改善策を提案できます。

私はアルバイトの予備校の担任助手をしています。主な仕事は生徒の成績を管理し、生徒と面談を行うことや生徒に必要な授業を提案することです。

初めは成績が伸びない生徒に自分の経験を元に一方的にアドバイスを行っていました。

しかし、生徒の成績は一向に伸びず私に勉強や志望校の相談をしてきてくれる生徒はいなくなってしまいました。

そんなとき、塾長から「あなたの勉強方法に合わない人もいるから生徒に応じた方法で成績を伸ばすことが大切だと言われました。」

それを聞いてからは自分の経験談を話すのではなく、まず生徒の話を聞くことに徹底しました。

その上で生徒の成績や性格それぞれに応じた勉強方法をアドバイスするように改善しました。

その結果、生徒の成績は右肩上がりに伸びるようになり志望校へ導くことができました。

私はこの経験から大切なことは一方的に話すのではなく、その人に寄り添った対応策を考えることだと学びました。

貴社の営業職でもお客様の悩みを深く聞き入れ、IT技術を不満を改善できるような提案をしていきたいと思います。

この例文は、就活の教科書が内定者から譲り受けたもので、その他の例文は、公式LINEからGETできる「選考通過ES」で無料公開しています。

また、面接対策をしたい方は、内定者の面接の回答が無料で見放題「面接回答集100選(公式LINEで無料配布中)」もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

\ すでに180,000人以上が利用! / 内定者のESを見てみる
(選考通過ES)

内定者の面接回答を見る
(面接回答集100選)

*就活の教科書公式LINEで無料配布中! 

 

例文②の自己PRでは「どのように傾聴力を会得したのか伝えている」がポイントです。

生徒の成績向上をさせるために傾聴力を身につけているのがわかります。

また、生徒を想う優しい人柄もアピールできており、非常に高評価です。

また、「自己PRがうまく書けない…」という就活生には、適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+では、診断結果からワンポイントアドバイスを貰えるため、自己PRの参考にできます。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

例文③:携帯販売のアルバイト編(顧客の意見や不満を聞き出す力をアピールするエピソード)

傾聴力(ヒアリング力)に関する自己PRの例文3つ目は携帯販売のアルバイト編です。

「就活の教科書」編集部 坂本

私の強みはは傾聴力です。

この強みは携帯電話販売のアルバイトで身に付けました。

現在、携帯電話の普及率は90%以上を超えお客様に携帯を購入してもらうことは難しくなっています。

そのため自分の売りたい商品のアピールだけでは全然売れませんでした。

ある日先輩から「相手の話を聞いて、不満や要望を引き出しなさい」とアドバイスを受けました。

話を聞きながら、商品のアピールではなく現状のお客様の携帯電話に関する不満や欲しい機能などをたくさん質問するようにしました。

その上で、お客様の不満や要望を解決できる商品を提案することで、私の売りたい商品をお客様が契約してくれるようになりました。

貴社では自己本位な営業ではなく、顧客に興味を持ち、共に問題の発見や解決を行っていく営業マンになりたいと思っています。

この例文は、就活の教科書が内定者から譲り受けたもので、その他の例文は、公式LINEからGETできる「選考通過ES」で無料公開しています。

また、面接対策をしたい方は、内定者の面接の回答が無料で見放題「面接回答集100選(公式LINEで無料配布中)」もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

\ すでに180,000人以上が利用! / 内定者のESを見てみる
(選考通過ES)

内定者の面接回答を見る
(面接回答集100選)

*就活の教科書公式LINEで無料配布中! 

 

例文③の自己PRでは「企業でどのように活かせるか伝えている」がポイントです。

「傾聴力」をアピールするだけでなく、実ときにどう活かせるか伝えることで面接官はより入社後をイメージできます。

またアピールした能力が企業の求める能力であると非常に好印象を与えられます。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

例文④:合唱部編(コミュニケーション能力と行動力をアピールするエピソード)

傾聴力(ヒアリング力)に関する自己PRの例文4つ目は合唱部です。

「就活の教科書」編集部 坂本

私の強みである「コミュニケーション力と行動力」は高校時代の部活や様々な挑戦で培いました。

一つ具体例を挙げると、部長を務めた合唱部では「大会での金賞」を目標としていましたが、新入生の入部で総勢50人を超え、半数を新入部員が占め、歌がまとまらないという現状がありました。

課題解決を目的に私は部員一人一人の声に耳を傾け、複数人での練習の難しさと部員同士の交流の少なさを問題として発見しました。

そこで、より少人数の練習を性別の垣根を超え実施する重要性を周囲に説明し、新たな練習体制を整えました。

また、話を聞くことで気づいた新入部員の向上心を顧問や現役部員へ訴え、顧問から朝練習など自主練習の許可を得つつ、現役部員の自主練習への自発的な参加も促しました。

その結果、部全体が一つとなり成長したことで、目標だった「初の大会金賞」をいただくことができ、喜び、幸せを全部員で掴むことができました。

この経験で得ることのできたコミュニケーション能力と行動力は、アルバイトや視野を広げるための一人旅、ヒッチハイクなどの挑戦で課題や困難に直面したときにも「自ら考え、人にアプローチをすることで仲間や人の助けを得て乗り越える行動」に現れています。

貴社では、このコミュニケーション力と行動力、そして様々な挑戦で得た視野と知識を持って、価値のない建築から豊かさと喜びを作り出したいと考えています。

この例文は、就活の教科書が内定者から譲り受けたもので、その他の例文は、公式LINEからGETできる「選考通過ES」で無料公開しています。

また、面接対策をしたい方は、内定者の面接の回答が無料で見放題「面接回答集100選(公式LINEで無料配布中)」もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

\ すでに180,000人以上が利用! / 内定者のESを見てみる
(選考通過ES)

内定者の面接回答を見る
(面接回答集100選)

*就活の教科書公式LINEで無料配布中! 

 

例文④の自己PRでは、コミュニケーション能力を発揮したエピソードを通して傾聴力やチームメンバーに寄り添う力をアピールできていますね。

また、その経験から身につけた力を現在と将来どのように活かしていくのかを具体的に伝えられていて良いと思います。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

例文⑤:ボランティアのサークル編(相手の立場に立って考え行動したエピソード)

傾聴力(ヒアリング力)に関する自己PRの例文5つ目はサークルです。

「就活の教科書」編集部 坂本

私の強みは「相手の立場に立って考え行動するホスピタリティ」です。

その強みはボランティアサークルの副主幹として運営に携わった経験から培ってきました。

コロナの影響からミーティングができず、部員の縦と横の繋がりが薄く、活動に参加しづらい問題がありました。

幹部で協力し、メンバー同士が打ち解けるよう交流の場を毎月のペースで設けました。

私は副主幹としてみんなに楽しんでもらいたいという想いが強く、部員から希望する行事を聞き取る役目を申し出ました。

そこで、私は6人の後輩に希望を聞くと合宿や運動などを行いたいことがわかりました。

その想いを幹部に共有することで運営に生かしました。

私は後輩が運動系のイベントをやりたいという気持ちを代弁して伝えることができました。

その後、新企画である「逃走中」を含む8個のイベントが行われました。

以上から私は相手の立場に立って考え行動する力が強みだと考えます。

この例文は、就活の教科書が内定者から譲り受けたもので、その他の例文は、公式LINEからGETできる「選考通過ES」で無料公開しています。

また、面接対策をしたい方は、内定者の面接の回答が無料で見放題「面接回答集100選(公式LINEで無料配布中)」もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

\ すでに180,000人以上が利用! / 内定者のESを見てみる
(選考通過ES)

内定者の面接回答を見る
(面接回答集100選)

*就活の教科書公式LINEで無料配布中! 

 

例文⑤の自己PRでは、メンバーと幹部の架け橋になるような役目を受け持ち、メンバーの意見を代弁することができた経験を上手く伝えられていますね。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

自己PRでアピールできる強みが見つからない…という時は?
 

「自己PRで言える強みが見つからない…」「自分の強みを知りたい」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの強みを見つけるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

「自分の強みがわからない…」という方こそ、強みを見つけてくれ、企業からのスカウトにつながる適性診断AnalyzeU+を受けてみてくださいね。

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

「傾聴力」の言い換え表現一覧

次に「傾聴力」を別の言葉で言い換えた表現を紹介します。

「就活の教科書」編集部 坂本

「傾聴力」の言い換え表現一覧
  • 聞き上手:相手の話を引き出し理解を深める
  • 相手の意見を聞きだす力がある:適切な質問を通して意見や考えを引き出す
  • 共感力が高い:相手の感情や状況に共感しそれを表現する
  • 意見の調整力がある:異なる意見や立場をまとめる
  • コミュニケーション能力が高い:効果的な意思疎通と関係性を深めるスキルがある
  • 思いやりがある:他者の感情や状況に気遣う
  • ヒアリング力:相手の意見や感情を把握する
  • 洞察力:意見の背後にある動機を想像する
  • 寄り添う力:相手に合わせて求めているものを提供する

以上が「傾聴力」の言い換え表現です。

「傾聴力」以外の言葉も使うことで、ESや自己PRが単調では無くなります。

言い換え表現を用いて、分かりやすい自己PRを心掛けましょう。

 

「自分の強みを言い換えたり、キーワードを使って他の就活生と差別化したい!」という方はキャリアチケットスカウト診断性格適性診断LINE適職診断の同時利用がおすすめです。

「キャリアチケットスカウト診断」を使うことで、5つの質問に答えるだけで、あなたの強みや価値観を言語化。

「性格適性診断」「LINE適職診断」を使うことで、あなたの長所や性格が見える化でき、あなたの適職を16タイプで診断します。

利用すると、あなたの長所が文章でわかるので、面接官に評価される言い換え表現が簡単に見つかりますよ。

就活アドバイザー 京香

自己PRの言い換え表現/キーワードが見つかるおすすめ性格診断

\ 無料性格診断であなたの強みを知ろう /

 

                                                   

自己PR・強みに関する記事一覧

「自己PR/強みなんて自分にはない」という就活生は 自己PR/強み一覧 からあなたの強みを選んでみましょう。

また、コミュニケーション能力」 「主体性」 「協調力」 「チャレンジ精神」 「傾聴力 は、実際に企業が採用の際に重要視しているスキルなので、ここから選んでみるのもおすすめです。

以下の記事では、例文や書き方のポイントも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「就活で使える自分の強みと弱みを教えて欲しい!」という方は適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの長所と短所を詳しく診断してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手、優良企業から特別スカウトも来ます。

「強み・短所がわからない…」と不安な就活生は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強みと弱みを診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

また、「自己PRで使える自分の強みがわからない…」「自分の長所・短所って何?」という就活生には、自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)がおすすめです。

この記事では、自分に合った自己分析ツールや診断後の活かし方まで知ることができます。

就活アドバイザー 京香


「傾聴力」が自己PRで強み/長所となる理由

就活生くん

ESや面接の自己PRとして「傾聴力」を伝えてもいいのかな・・・?

マイナスのイメージを持たれないですか?

「傾聴力」が自己PRの際に強み/長所となる理由はちゃんとあります!

以下でその理由を3つ紹介します。

「就活の教科書」編集部 坂本

「傾聴力」が自己PRで強み/長所となる理由
  • 理由①:集団行動に適しているから
  • 理由②:会社に尽くしてくれるから
  • 理由③:相手の立場で考えられる人だから

では、それぞれについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

理由①:集団行動に適しているから

自己PRで「傾聴力」が強みになる理由1つ目は、集団行動に適しているからです

集団行動などのチームプレイでは、各々が自分のことだけを考えていては仕事は円滑に進みません。

しかし、相手の話を聞くのが上手なメンバーがいれば、その集団は上手く機能します。

特に、チームで仕事をすることが多い仕事において「傾聴力」は必須のスキルです。

多くの会社は集団行動ができる人材を求めているので、「傾聴力」は自己PRの題材としてうってつけと言えるでしょう。

面接では集団についての役割など、集団行動の質問が飛ぶことも良くあるので、下記の記事を参考にして、準備しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

理由②:会社に尽くしてくれるから

自己PRで「傾聴力」が強みになる理由2つ目は、会社に尽くしてくれるからです。

傾聴力のある人は自己犠牲の精神が強く、仕事においても会社のために全力で働く場合が多いです。

加えて、仮に会社がピンチになったとしても思いやりのある社員ならばプライベートな時間を多少削ってでも会社のために働いてくれるんじゃないか、というイメージを人事担当者に与えることも可能です。

「傾聴力」を自己PRで伝えることで、会社に尽くせる人材であることを存分にアピールできます。

採用担当としても、愛社精神がありそうな人となさそうな人では、前者を採用したくなりますよね?

「就活の教科書」編集部 坂本

 

理由③:相手の立場で考えられる人だから

自己PRで「傾聴力」が強みになる理由3つ目は、相手の立場で物事を考えられる人だからです。

傾聴力がある人は、相手が何を求めているのかを知るために、相手の立場になって考える力が自然と身についています。

つまり、客観的な視野を持っている人が多いのです。

客観的視野はどんな仕事においても非常に重要なスキルです。

特に営業職では、相手のニーズを予測する必要があるため、客観的視野がとても大切になります。

さらに、想像力を働かせられる余裕を持っているという印象も与えることができるため、高評価につながりやすくなります。

相手のニーズを考えるのって、意外と難しいですよね。

なので、ヒアリング力は企業でしっかりとアピールできる強みなんですよ。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

自己PRでアピールできる強みが見つからない…という時は?
 

「自己PRで言える強みが見つからない…」「自分の強みを知りたい」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの強みを見つけるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

「自分の強みがわからない…」という方こそ、強みを見つけてくれ、企業からのスカウトにつながる適性診断AnalyzeU+を受けてみてくださいね。

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

【落ちない】ES/面接で受かるためのコツ3選

就活生ちゃん

私はエントリーシートや面接が苦手です…
選考に通過しやすくなるコツがあれば教えてください。

エントリーシートや面接では何をどのように伝えれば良いか難しいですよね。
エントリーシートや面接で落ちないためのコツを以下で紹介するのでぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

ES/面接で受かるためのコツ
  • コツ①:選考通過ESを参考にする
  • コツ②:他の就活生と差別化する
  • コツ③:PREP法を意識する

コツ①:内定者のESを参考にする

ES/面接で受かるためのコツ1つ目は、「内定者のESを参考にする」です。

内定者のESを見ることで、どのような内容や経験をアピールすればいいのかが分かるようになります。

そこで選考通過ESがおすすめです。

選考通過ESのおすすめポイント
  • 選考通過ES」なら有名企業や大手企業内定者のESが無料で見放題
  •  内定者のガクチカ、自己PR、志望動機を参考にすることでESや面接での伝え方が分かる
  • 選考通過ESを見れば、ES通過のための対策法が分かり、ESで落ちなくなる
\ すでに164,973人以上が利用中 /
 無料で選考通過ESを見てみる
*公式LINEに参加後、30秒で無料受取できます

「面接に絶対受かりたい」「ESをどのように書けばいいか分からない」という就活生には、選考通過ESを参考にするのがおすすめです。
あなたが志望する企業の内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことで、ES/面接通過率が上がるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

 

コツ②:他の就活生と差別化をする

ES/面接で受かるたのコツ2つ目は、「他の就活生と差別化する」です。

人事の方は1日に何人もの就活生を評価しています。

そのため、他の就活生と差別化しなければ、落ちてしまいます。

就活生ちゃん

でも、どのように差別化すればいいのでしょうか?

差別化するためには、具体性が大切です。

就活アドバイザー 京香

ガクチカや自己PR、志望動機の内容が似てしまうことは仕方のないことですが、同じ経験であっても、「どうしてその活動をしようと思ったのか」「その経験からどのようなことを学んだのか」「なぜそのような考えに至ったのか」という内容は他の就活生と全く同じにはならないと思います。

その部分を具体的に書いたり、伝えたりすることで、他の就活生と差別化でき、あなたの人となりや大切にしている価値観を人事の方に理解してもらえます

 

コツ③:PREP法を意識する

ES/面接で受かるためコツ3つ目は、「PREP法を意識する」です。

人事は、「相手にわかりやすく伝えようとしているか」を見ています。

わかりやすく書くためにはPREP法がおすすめです。

PREP法とは、結論・理由・具体例・結論の順番に伝える方法で、わかりやすく簡潔に伝えられます。

ESや面接で伝える場合であれば以下のようになります。

PREP法
  • 結論:設問に対する回答
  • 理由:その結論に至った理由
  • 具体例:その結論が生まれた背景(過去の経験)

PREP法は、ガクチカ、自己PR、志望動機のいずれの場合でも使えます。
論理的に伝えられるので、人事から高く評価され、ESや面接で落ちにくくなりますよ。

就活アドバイザー 京香

 

 

「就活で使える自分の強みと弱みを教えて欲しい!」という方は適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの長所と短所を詳しく診断してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手、優良企業から特別スカウトも来ます。

「強み・短所がわからない…」と不安な就活生は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強みと弱みを診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

また、「自己PRで使える自分の強みがわからない…」「自分の長所・短所って何?」という就活生には、自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)がおすすめです。

この記事では、自分に合った自己分析ツールや診断後の活かし方まで知ることができます。

就活アドバイザー 京香


「傾聴力」のエピソードを自己PRで上手く伝えるためのポイント3つ

自己PRで「傾聴力」のエピソードを上手く伝えるには3つのポイントがあります。

今から紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 坂本

「傾聴力」のエピソードを伝えるポイント3つ
  • ポイント①:どのように傾聴力を会得したのか伝える
  • ポイント②:具体的なエピソードを伝える
  • ポイント③:企業でどのように活かせるか伝える

3つのポイントを抑えるだけで自己PRで他の就活生と大きな差をつけることができます!

それでは、自己PRで「傾聴力」を上手く伝えるためのポイントを1つずつ確認していきましょう。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

ポイント①:どのように「傾聴力」を会得したのか伝える

自己PRで「傾聴力」を上手く伝えるためのポイント1つ目は、「どのように傾聴力を会得したのか伝える」です。

企業にとって「傾聴力」を会得している就活生は魅力的ですが、目的を持って「傾聴力」を身につけたのか、それとも自然と「傾聴力」を身につけたのかでは大きく違うからです。

例えば、

私は元々人の話を聞くのが苦手でした。そのため、常に人の話を聞き、相手の求めていることは何かを考え続けるようにした結果傾聴力を身につけました。などと話すと好印象を受けます。

企業は就活生がどのような能力を持っているかも大事にしています。

しかし、新卒採用はポテンシャル採用と言われているようにその就活生がどのような目的を持ち成長してきたかの過程も評価します。

そのため、自己PRでは目的を持って「傾聴力」を身につけたとアピールしましょう。

あなたが傾聴力を身につけた過程を書き出し言語化しておきましょう。

また、就活では自分を誇張しすぎずありのままを見せることも大切です。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

ポイント②:具体的なエピソードを伝える

自己PRで「傾聴力」を上手く伝えるためのポイント2つ目は、「具体的なエピソードを伝える」です。

面接官はあなたの友人とは違いあなたの性格を知らないため、30分から1時間の短い間であなたの性格を理解する必要があります。

短い時間の中で口先だけでなく、実ときに今までの「傾聴力」を発揮したエピソードを話すことで面接官も納得感を持って話を聞けます

自己PRで具体例が思いつかないときは友達に「傾聴力」を発揮したエピソードがないか確認することも1つの手になります。

友達と過去のエピソードを話し合うことは自己分析にも繋がるので非常にオススメです。

私も自己PRで話すネタに困ったときはよく友達と昔話をしてました。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

ポイント③:企業でどのように活かせるか伝える

自己PRで「傾聴力」を上手く伝えるためのポイント3つ目は、「企業でどのように活かせるか伝える」です。

「傾聴力」は業界、企業を問わず仕事に必要な能力ですが、具体的に「傾聴力」を仕事にどう活かせるかをアピールしければ意味がないからです。

例えば、

私はアルバイトリーダーとしてアルバイト生に仕事の不満を聞き、全員が楽しく働けるように仕事内容を改善しました。

そのため私は傾聴力を使って、相手の提案を聞き入れ改善まで実行する力があります。などです。

 

今までの経験を踏まえて、自分の強みを説明し企業への活かし方を自己PRで伝えることで面接官に好印象を与えられます。

企業での活かし方を伝えきれない学生は多いので、他の就活生と差別化できます。

自己PRで企業での活かし方が具体的に思いつかない人はOB訪問をしたときに、どのように活かせるかOBに聞いてみましょう

「就活の教科書」編集部 坂本

 

自己PRでアピールできる強みが見つからない…という時は?
 

「自己PRで言える強みが見つからない…」「自分の強みを知りたい」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの強みを見つけるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

「自分の強みがわからない…」という方こそ、強みを見つけてくれ、企業からのスカウトにつながる適性診断AnalyzeU+を受けてみてくださいね。

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

「傾聴力」を自己PRする時のNG例文とやってはいけないこと

就活生くん

「傾聴力」の企業での活かし方などは考えていなかったので「自己PRで「傾聴力」を上手く伝えるためのポイント3選」は参考になりました。

自己PR「傾聴力」を伝えるときの注意点などはありますか。

もちろんありますよ。

自己PR「傾聴力」を伝えるときの注意点は3つあるので紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 坂本

自己PR「傾聴力」を伝えるときの注意点3つ
  • 注意点①:多くの就活生が「傾聴力」をアピールする
  • 注意点②:自己PRで「傾聴力」のみを話す
  • 注意点③:主体性がないと思われる

それでは、NG例文と一緒に、自己PR「傾聴力」を伝えるときの注意点を1つずつ見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

「傾聴力」のNG例文

ゼミの班で意見の食い違うメンバーの話を毎日聞き入れ、彼らの不満を解消していました。

以上が「傾聴力」を伝える際に、やってはいけないNG例文です。

このNG例文では、この就活生がただの聞き上手だという認識で終わっています。

これではもったいないので、以下のように改善しましょう。

ゼミの班で意見の食い違うメンバーの話を毎日聞き入れ、彼らの不満をなくすために様々な改善策を行いました

この就活生は「傾聴力」を備えつつ主体性も持ち合わせていると評価されます。

NG例文のようにならないために、3つの注意点について解説します!

「就活の教科書」編集部 坂本

 

注意点①:多くの就活生が「傾聴力」をアピールする

自己PR「傾聴力」を使うときの1つ目の注意点は、「多くの就活生が傾聴力をアピールする」です。

傾聴力をアピールする学生は多いため、話にオリジナルティや具体性がないと面接官の印象に残ることはできません。

自己PRで傾聴力についてのエピソードを話すときは、あなたが「どのような思いで取り組んでいたのか」を入念に掘り下げ面接官に伝わるようにしましょう。

自己PRでは他の学生と差別化し面接官に高評価をもらう必要があります。

ありきたりなエピソードでは他の就活生に埋もれてしまうので気をつけましょう。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

注意点②:自己PRで「傾聴力」のみを話す

自己PR「傾聴力」を使うときの2つ目の注意点は、「自己PRで傾聴力のみを話す」です。

傾聴力がある就活生かどうかは30〜60分面接をしているとある程度わかります。

そのため、面接官に「傾聴力があるのは話していて分かるから他の強みも知りたい」と感じられます。

面接官の期待に答えるためにも自己PRでは他の強みも合わせて話をするようにしましょう。

自己PRで他の強みを合わせて話すことで、他の就活生との差別化を図ることもできますね。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

注意点③:主体性がないと思われる

自己PR「傾聴力」を使うときの3つ目の注意点は、「主体性がないと思われる」です。

面接官に伝え方を間違えると、ただ聞き上手なだけで「自分から何かを始めることや発信するのが苦手な人」だと思われるからです。

ただの聞き上手な人材を企業は必要としていないので、主体性が伝わるように改善策までアピールしましょう。

ビジネスマンとして必要な能力は相手の不満や課題を聞き出し、その改善案を提案できる力です。

あなたがしっかりと改善策まで提案できる力があることを示しましょう。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

また、自己PRでは他にも意識しなければならないポイントが多くあります。

「自己PRが苦手で上手くできない…」「今よりもっと自己PRの完成度を上げたい!」という就活生は以下の記事が、参考になります。

自己PRができない人のおすすめの対処法や真似すればESがバンバン選考に通過するようになる自己PRの作り方を解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

 

「就活で使える自分の強みと弱みを教えて欲しい!」という方は適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの長所と短所を詳しく診断してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手、優良企業から特別スカウトも来ます。

「強み・短所がわからない…」と不安な就活生は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強みと弱みを診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

また、「自己PRで使える自分の強みがわからない…」「自分の長所・短所って何?」という就活生には、自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)がおすすめです。

この記事では、自分に合った自己分析ツールや診断後の活かし方まで知ることができます。

就活アドバイザー 京香


「傾聴力」が求められる仕事

就活生くん

傾聴力が高い人の特徴はわかりましたが、実際に傾聴力が必要とされる仕事は何があるんでしょうか。

それでは、傾聴力が求められる仕事を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 坂本

傾聴力が求められるのは人事職管理職です。

若手、中堅は自分の声が企業に届きづらく、悩みや不満などが重なりがちですが、人事職や管理職の社員が聞き役に回ることで不満が解消され、気持ちよく仕事に取り組めるからです。

例えば、不満を話しても、「不満を言わずさっさと仕事しろ」という上司と「自分にできることはなんでもするから相談してね」と親身に聞いてくれる上司では全然違いますよね。

企業では人手不足が最も痛いので、離職率低下に向けた働きやすい職場づくりのために人事職、管理職には傾聴力が求められます。

傾聴力のある人は企業にとって、とても重要な人材です。

自分の悩みを相談できる人が職場に一人でもいることで、安心感がありますよね。

「就活の教科書」編集部 坂本

 

自己PRでアピールできる強みが見つからない…という時は?
 

「自己PRで言える強みが見つからない…」「自分の強みを知りたい」という方には、適性診断AnalyzeU+であなたの強みを見つけるのがおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、15分程度で終わる質問と100万人のデータからあなたの強みを診断後、あなたを魅力に感じた優良企業から直接スカウトがもらえます。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、診断後にあなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

「自分の強みがわからない…」という方こそ、強みを見つけてくれ、企業からのスカウトにつながる適性診断AnalyzeU+を受けてみてくださいね。

\ 大手/優良企業からスカウトが届く! /  あなたの性格を徹底診断
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

その他の自己分析ツールを利用してみたいという就活生には自己分析ツールおすすめ25選という記事がおすすめです。

就活アドバイザー 京香

「傾聴力」以外におすすめの強み/長所一覧

就活生くん

自己PRで「傾聴力」を伝える方法は分かりました!

「傾聴力」以外で僕におすすめの長所を教えてもらえませんか?

傾聴力のある人には、次に挙げる5つの長所/強みがおすすめです。

以下の記事では自己PR例文も紹介いているので、ぜひ参考にして下さい!

「就活の教科書」編集部 坂本

 

 

「就活で使える自分の強みと弱みを教えて欲しい!」という方は適性診断AnalyzeU+がおすすめです。

適性診断AnalyzeU+は、100万人のデータをもとに10分~15分で終わる質問からあなたの長所と短所を詳しく診断してくれます。

診断結果をあなたの自己PRに使用でき、プロフィールに入力することで、大手、優良企業から特別スカウトも来ます。

「強み・短所がわからない…」と不安な就活生は、適性診断AnalyzeU+を利用してみてください。

就活アドバイザー 京香

「適性診断AnalyzeU+」なら今から10分後にあなたの正確な強みがわかる

  • 251問の質問と100万人のデータから強みと弱みを診断してくれるのでかなり正確な結果がわかる
  • 診断結果からあなたにおすすめの職種もわかる
  • 診断により自己PRが書きやすくなり、ESや面接で人事に評価されるアピールができる
\ 大手/優良企業からスカウトが届く! / 客観的な性格診断を受ける
(適性診断AnalyzeU+)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*プロフィール登録で優良企業のスカウトGET!

また、「自己PRで使える自分の強みがわからない…」「自分の長所・短所って何?」という就活生には、自己分析ツールおすすめ25選 | アプリ,簡単な適性診断サイト(全て無料)がおすすめです。

この記事では、自分に合った自己分析ツールや診断後の活かし方まで知ることができます。

就活アドバイザー 京香


まとめ:自己PRで「傾聴力」は最強の武器になる

「【例文あり】自己PR「傾聴力」の正しい答え方!伝え方のコツも!」の記事はいかがでしたか。

この記事では自己PRで傾聴力を魅力的に伝える例文コツを解説しました。

合わせて、自己PRで傾聴力を魅力的に伝えるためにやってはいけないことも解説しました。

 

最後に、この記事のまとめをおさらいしましょう。

「就活の教科書」編集部 坂本

この記事のまとめ

◆そもそも「傾聴力」って一体どんな意味なの?

  • 企業が求める「傾聴力」とは
  • 傾聴力が高い人の特徴

◆「傾聴力」の自己PR例文/エピソード5選

  • 例文①:サッカー部編(意見に耳を傾け、チーム全体で納得のいく決断をしたエピソード)
    例文②:予備校のアルバイト編(相手に寄り添う力をアピールするエピソード)
    例文③:携帯販売のアルバイト編(顧客の意見や不満を聞き出す力をアピールするエピソード)
    例文④:合唱部編(コミュニケーション能力と行動力をアピールするエピソード)
    例文⑤:ボランティアのサークル編(相手の立場に立って考え行動したエピソード)

◆「傾聴力」の言い換え表現一覧

◆「傾聴力」が自己PRで強み/長所となる理由

  • 理由①:集団行動に適しているから
  • 理由②:会社に尽くしてくれるから
  • 理由③:相手の立場で考えられる人だから

◆「傾聴力」のエピソードを上手く伝えるためのポイント3つ

  • ポイント①:具体的なエピソードを伝える
  • ポイント②:どのように傾聴力を会得したのか伝える
  • ポイント③:企業でどのように活かせるか伝える

◆「傾聴力」を使う時のNG例文と注意点3つ

  • 注意点①:多くの就活生が傾聴力をアピールすること
  • 注意点②:自己PRで傾聴力のみを話すこと
  • 注意点③:主体性がないと思われること

◆「傾聴力」が求められる仕事

◆「傾聴力」以外におすすめの強み/長所一覧

◆まとめ:自己PRで傾聴力は最強の武器になる

自己PRで傾聴力を伝える時は、具体的なエピソードや傾聴力を会得した過程をアピールすることが大切でしたね。

また、傾聴力を企業でどのように活かせるかを伝えると説得力が増すんでしたね。

あなたが自己PRで傾聴力を魅力的に伝え、納得のいく内定をもらえることを心から祈っています。

この記事が良いなと思った人は、ぜひ友人や後輩にもシェアしてあげてくださいね!

「就活の教科書」には、就活に役立つ記事が他にもたくさんありますよ。

他の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 坂本