【おすすめ】教育業界のホワイト企業ランキング | 穴場の隠れ優良企業一覧も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること

 

皆さんこんにちは、「就活の教科書」編集部の潤です。

この記事では、教育業界で働きやすいホワイト企業について解説していきます。

教育業界に就職したい就活生は、「教育業界の中で働きやすいホワイト企業はどこだろう?」と悩んだことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 潤

就活生ちゃん

私はアルバイトで塾講師をしていて教育業界に就職したいと思っていますが、教育業界のホワイト企業はないのかなぁ…

就活生くん

就活で業界を見ていますが、教育業界はホワイトなんだろうか?

また、教育業界で働きやすいホワイト企業があれば教えて欲しいです。

教育業界はホワイトなんだろうかと思う方もいますし、教育業界に絞っていても働きやすいホワイト企業がどこかわからない就活生が多いですよね。

「就活の教科書」編集部 潤

 

そこでこの記事では、教育業界の中の働きやすいホワイト企業ランキングについて解説していきます。

合わせて、そもそも教育業界はホワイトなのか教育業界のホワイト企業5社の解説教育業界のホワイト企業の見分け方についても紹介します。

この記事を読めば、「教育業界ってホワイトなの?」「教育業界で働きやすいホワイト企業はどこ…」なんて疑問や悩みが解決できます。

「教育業界のホワイト企業に就職したい!」という就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

「自分に合ったホワイト業界を選びたい!」という方は適性診断AnalyzeU+キミスカ適性検査同時利用して、先に長所を知っておくのが一番おすすめです。

自分の長所を知っていると、自分の強みを活かせるホワイト業界が見つかり、面接でもアピールしやすくなります。

「ブラック企業だけは確実に避けたい!」と思っているなら、ぜひ利用して事前に強みを知っておいてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>>「適性診断AnalyzeU+」を使ってみる

>>「キミスカ適性検査」を使ってみる

 

目次

 

【ホワイト?】教育業界についてざっくり解説

就活生くん

僕は教育業界も就職先の視野に入れていますが、教育業界はそもそもホワイトな業界なのでしょうか?

教育業界がホワイトかどうかわからないという就活生は多いですよね。

そこでここでは、教育業界について以下の3つの観点から簡単に解説しますね。

「就活の教科書」編集部 潤

教育業界についてざっくり解説
  • 教育業界はブラック企業が多め
  • 教育業界の労働条件(平均年収・残業時間など)
  • 教育業界の会社に入社した人の声
それでは、教育業界についてざっくり解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

また「教育・塾業界の就職偏差値」について、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!

⇒ 【最悪ブラック業界?】教育・塾業界の就職偏差値ランキング【就活:転職】

 

教育業界はブラック企業が多め

就活生くん

教育業界はホワイト業界に含まれるのでしょうか?

結論から言うと、教育業界はブラック企業が多いです。

教育業界は塾や予備校が多く、基本的に学校が終わってから授業が行われるため、夜遅くまで仕事をしないといけないからです。

また、午前中に出社したり、残業が多かったりする場合もあります。

そのため、教育業界はホワイトな業界とは言えないでしょう。

しかし、ブラック企業かホワイト企業かどうかは企業によるので、教育業界でもホワイトな企業はありますよ。

「就活の教科書」編集部 潤

 

教育業界の労働条件(平均年収・残業時間など)

次は、教育業界の労働について解説します。

教育業界の平均年収や残業時間などは以下のようになっています。

教育業界の労働条件
  • 平均年収:約370万円
  • 残業時間:約30時間
  • 有給休暇取得率:約46%
教育業界は、残業時間が多いわりに平均年収は低めになっています。

「就活の教科書」編集部 潤

 

働く企業にもよりますが、実際に教育業界で働いている方も年収が低いと嘆いていますね。

また、教育業界で働きたいと思っていても年収が低いため、積極的になれない方もいますね。

「就活の教科書」編集部 潤

 

教育業界の会社に入社した人の声

ここでは、教育業界に入社した人の声を紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

このように、教育業界でもホワイトな企業で働いている方もいますね。

「就活の教科書」編集部 潤

 

一方で、教育業界はブラックだと言う方もたくさんいます。

SNSで探してみると、教育業界はブラックと感じている方はかなり多いです。

「就活の教科書」編集部 潤

 

【総合編】教育業界のホワイト/優良企業ランキング一覧

就活生くん

教育業界のホワイト企業に就職したいのですが、どの企業が良いかわかりません。

教育業界のホワイト企業について教えて欲しいです。

わかりました。

ここでは、教育業界のホワイト企業ランキング総合編を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 潤

【総合編】教育業界のホワイト/優良企業ランキング一覧
順位 企業名 ホワイト度(5段階評価)
1 株式会社ジェイック 4.05
2 株式会社ヒューマレッジ 4.05
3 株式会社ステップ 3.87
4 株式会社ベネッセホールディングス 3.79
5 株式会社さなる 3.70
6 株式会社臨海 3.49
7 株式会社Z会 3.49
8 株式会社湘南ゼミナール 3.38
9 株式会社東京アカデミー 3.37
10 株式会社学研ホールディングス 3.37
11 株式会社リソー教育 3.29
12 学校法人河合塾 3.24
13 株式会社進研アド 3.24
14 株式会社ウィルウェイ 3.19
15 株式会社東京個別指導学院 3.17
16 株式会社トライグループ 3.16
17 株式会社早稲田アカデミー 3.13
18 株式会社ナガセ 3.13
19 株式会社京進 3.09
20 株式会社ECC 3.03
21 株式会社秀英予備校 3.01
22 株式会社河合塾マナビス 2.96
23 株式会社ウィザス 2.93
24 学校法人駿台学園 2.92
25 TAC株式会社 2.86
26 学校法人大原学園 2.83
27 株式会社市進 2.82
28 ヒューマンアカデミー株式会社 2.79
29 株式会社成学社 2.79
30 株式会社やる気スイッチグループ 2.74
31 株式会社栄光 2.72
32 株式会社学究社 2.67
33 株式会社個別指導塾スタンダード 2.62
34 株式会社東京リーガルマインド 2.60

参考:openwork

教育業界のホワイト企業をランキング形式で表にしてみました。

教育業界のホワイト企業に就職したい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

また、教育業界の就職偏差値について詳しく知りたい方は、以下の記事も合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 潤

 

【年収編】教育業界のホワイト/優良企業ランキング一覧

就活生くん

僕は、教育業界の年収が高いホワイト企業に就職したいのですが、どの企業が良いかわかりません。

教育業界の年収が高いホワイト企業について教えて欲しいです。

わかりました。

ここでは、教育業界の年収が高いホワイト企業ランキングを紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 潤

【年収編】教育業界のホワイト/優良企業ランキング一覧
順位 企業名 平均年収
1 ベネッセホールディングス 約934万円
2 学研ホールディングス 約906万円
3 ナガセ 約751万円
4 進学会ホールディングス 約714万円
5 レアジョブ 約663万円
6 リソー教育 約655万円
7 ビジネス・ブレークスルー 約623万円
8 ステップ 約584万円
9 ヒューマンホールディングス 約559万円
10 開拓塾 約552万円
11 すららネット 約531万円
12 東進 約529万円
13 ヒューマレッジ 約516万円
14 ウィザス 約514万円
15 早稲田アカデミー 約513万円
16 TAC 約508万円
17 東京個別指導学院 約501万円
18 市進ホールディングス 約497万円
19 明光ネットワークジャパン 約491万円
20 幼児活動研究会 約488万円
21 河合塾 約485万円
22 JPホールディングス 約484万円
23 城南進学研究社 約474万円
24 学究社 約473万円
25 スプリックス 約472万円
26 京進 約457万円
27 秀英予備校 約447万円
28 ECC  約438万円
29 約436万円
30 栄光 約424万円
31 成学社 約421万円
32 エス・サイエンス 約414万円
33 さなる 約412万円
34 ジェイエスエス 約405万円
35 臨海 約398万円
36 クリップコーポレーション 約372万円

参考:業界動向

教育業界の年収別の企業ランキング表にしてみました。

教育業界の年収の高い企業に就職したい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

また、教育業界だけでなく他の業界・企業の平均年収を知りたい方は、以下の記事も合わせて読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

【詳しく解説!】教育業界のホワイト/優良企業5社

就活生くん

教育業界のホワイト企業ランキングや年収ランキングはわかりました。

教育業界のホワイト企業について具体的に知りたいです。

わかりました。

では、教育業界のホワイト企業について具体的に解説していきます。

先に伝えておくと、今回紹介する企業は次の5社です。

「就活の教科書」編集部 潤

【詳しく解説!】教育業界のホワイト/優良企業5社
  • 企業①:河合塾(平均年収:約485万円)
  • 企業②:株式会社ベネッセホールディングス(平均年収:約934万円)
  • 企業③:株式会社さなる(平均年収:約412万円)
  • 企業④:学研ホールディングス(平均年収:約906万円)
  • 企業⑤:株式会社臨海(平均年収:約398万円)
それでは、教育業界のホワイト企業5社について、それぞれ解説しますね。

「就活の教科書」編集部 潤

 

企業①:河合塾(平均年収:約485万円)

教育業界のホワイト企業の解説1つ目は、「河合塾」です。

河合塾は、大学進学のための教育サービス、高校や大学への各種サービスなどの幼児から社会人までの教育事業を行なっています。

河合塾について簡単にまとめてみました。

河合塾について
  • 従業員数:1307人
  • 平均年収:約485万円
  • 売上高:約495億円
  • 残業時間:約23時間

また、河合塾の事業内容は以下のようになっています。

「就活の教科書」編集部 潤

河合塾の事業内容
  • 進学教育事業
    幼児から社会人までを対象に、一人ひとりの自己実現をサポートし、「試験に合格するための教育」のみならず、「新しい教育」にも通じる自ら考え行動するための教育を提供
  • 教育活動支援事業
    高等学校・大学・企業等の法人を対象に、教育・学力評価・人材開発などに関する河合塾の知見を生かした各種ソリューションを提供
  • 教育研究開発活動
    学力の評価・育成や教育手法・教材などについて、調査・研究・実践を常に繰り返すことで、時代に即した教育を追究している

 

河合塾は教育業界の中でもかなりホワイトな企業です。

残業時間も低くなっているので、残業したくない方におすすめです。

平均年収も教育業界の平均年収より上回っています。

「就活の教科書」編集部 潤

 

企業②:株式会社ベネッセホールディングス(平均年収:約934万円)

教育業界のホワイト企業の解説2つ目は、「ベネッセホールディングス」です。

ベネッセホールディングスは、教育、シニア・介護、語学教育、グループの学習塾など幅広く事業を展開している企業です。

ベネッセホールディングスについて簡単にまとめました。

ベネッセホールディングスについて
  • 従業員数:20294人
  • 平均年収:約934万円
  • 売上高:約4301億円
  • 残業時間:約30〜40時間

また、ベネッセホールディングスの事業内容は以下のようになっています。

「就活の教科書」編集部 潤

ベネッセホールディングスの事業内容
  • 国内教育
    幼児から高校生、社会人に至るまで、学ぶ楽しさや自己成長の喜びを第一に、学習スタイルやニーズに合わせた教材、教育サービスを提供
  • グローバルこどもちゃれんじ
    子どもの発達段階に合わせたベネッセ独自の教育サービスを提供し、アジアを中心にグローバル展開を行なっている
  • ベルリッツ
    グローバルに活躍する人材の育成を目指し、語学やグローバルなマインドを養う学びの場を提供
  • 介護・保育
    ご高齢者、お子さま、そのご家族の「よく生きる」を支援しており、入居・介護サービスや配食サービスなどがある
  • その他
    女性やその家族のくらしがより豊かで充実したものになることを目指した商品やサービスのほか、質の高い通訳・翻訳サービスを提供

 

ベネッセホールディングスは、教育だけでなく介護系の事業も行っています。

また、平均年収も売上高もかなり高い企業です。

ベネッセホールディングスは、教育業界の中でもホワイト企業だと感じる方も多いですね。

「就活の教科書」編集部 潤

 

企業③:株式会社さなる(平均年収:約412万円)

教育業界のホワイト企業の解説3つ目は、「さなる」です。

さなるは、小学生から高校生までの予備校として人気がある企業です。

さなるについて簡単にまとめました。

さなるについて
  • 従業員数:1059人
  • 平均年収:約412万円
  • 売上高:約217億円
  • 残業時間:約20時間

 

さなるは、「小学生・中学生・高校生の学習及び進路指導」「各種講座・模擬試験等の実施」「教育に関する出版事業、教材制作事業」の事業を行なっています。

残業時間がかなり少ないので、教育業界の中でもホワイトな企業と言えます。

さなるでは、「人間的魅力」あふれる、リーダーを求めています。

「就活の教科書」編集部 潤

 

企業④:学研ホールディングス(平均年収:約906万円)

教育業界のホワイト企業の解説4つ目は、「学研ホールディングス」です。

学研ホールディングスは、学習塾などの教育サービス、出版物の発行や保育用品などの事業を行っています。

学研ホールディングスについて簡単にまとめました。

学研ホールディングスについて
  • 従業員数:6930人
  • 平均年収:約906万円
  • 売上高:約1435億円
  • 残業時間:約35〜40時間

学研ホールディングスの事業内容は以下のようになっています。

「就活の教科書」編集部 潤

学研ホールディングスの事業内容
  • 教室・塾事業
    地域に根差し、地域で信頼されている学習教室の運営及び、子どもたちの学びをしっかりとサポートする学習塾・進学塾の運営、家庭教師派遣サービス事業を全国・海外(シンガポール、台湾、ベトナム、タイ等)に展開
  • 出版コンテンツ事業
    児童書、学習参考書、辞典を中心に、多ジャンルにわたる書籍、雑誌を提供
  • 国・学校事業
    乳幼児期に、保育に携わる保育者さま・園さまのお手伝いができるような商品・サービスの提供や、小中高で使うテキストや基礎学力の確認、成績処理などを行なっている

 

学研ホールディングスは、平均年収や売上高も高い企業です。

また、残業時間も結構少なく、福利厚生も充実しているため、ホワイト企業の評判があります。

学研ホールディングスは、研修も充実していますね。

「就活の教科書」編集部 潤

 

企業⑤:株式会社臨海(平均年収:約398万円)

教育業界のホワイト企業の解説5つ目は、「臨海」です。

臨海は、「臨海セミナー」という神奈川県を中心として東京・千葉・埼玉・大阪に380校以上の教室を展開し、地域の学校に合わせた「地域密着指導」を実施しながら教室運営をしている学習塾です。

臨海について簡単にまとめました。

臨海について
  • 従業員数:1381人
  • 平均年収:約398万円
  • 売上高:約201億円
  • 残業時間:約39時間

 

臨海では、学習塾(臨海セミナー)、臨海セレクト、臨海グローバルなどを運営や、小中学生学習支援、中学・高校・大学受験指導、英会話、個別指導、委託指導、TOEIC指導を行なっています。

平均年収は低いですが、研修が多く、みなし残業手当もあるので教育業界の中ではホワイト企業だと言えます。

残業もブラック企業と同じくらい多いわけではないですね。

「就活の教科書」編集部 潤

 

ちなみに、人気企業から内定をもらいたいならスカウトサイトがおすすめです。

たとえば「OfferBox」は、プロフィール登録をするだけで、あなたの人柄に関心のある企業から直接オファーが届きます。

大手からベンチャー企業まで7,700社以上の中から、興味ある企業へすぐに選考を受けられますよ。

就活アドバイザー 京香

OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

当サイトがおすすめするスカウトサイトは以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

たった30秒の就活力診断で人事からの評価を一気に上げるポイントが分かります。

こちらの就活力診断では、あなたの就活戦闘力(Sランクは約2%)や、あなたが今するべき就活対策の全てがわかります。

診断結果から自分の足りていないところがわかり、一気に人事からの評価を上げることができます。

もし「このままで内定取れるのかな」「今、何をするべきか分からない」と悩んでいるなら就活力診断を試してみてください。

>> 就活力診断をしてみる(LINEで無料診断)

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

教育業界のホワイト/優良企業の見分け方

就活生くん

教育業界のホワイト企業ランキングや、ホワイト企業5社の解説はよくわかりました。

ですが、教育業界のホワイト企業の見分け方がよくわからないので教えて欲しいです。

わかりました。

では、教育業界のホワイト企業の見分け方について解説します。

先に結論を伝えておくと、教育業界のホワイト企業の見分け方は以下の3つあります。

「就活の教科書」編集部 潤

教育業界のホワイト/優良企業の見分け方
  • 見分け方①:女性が働きやすい環境かどうか
  • 見分け方②:福利厚生が充実しているかどうか
  • 見分け方③:残業代がしっかりと支払われるかどうか
それでは、教育業界のホワイト企業の見分け方について解説していきますね。

ちなみに、ブラック企業の見分け方について知りたい就活生は、以下の記事を読んでおくことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 潤

 

見分け方①:女性が働きやすい環境かどうか

教育業界のホワイト/優良企業の見分け方1つ目は、「女性が働きやすい環境かどうか」です。

教育業界では、女性が働く割合が多くなっており、女性が働きにくい職場はブラック企業だと言えます。

女性が結婚をして子供を産んだ後も働ける企業であれば、ホワイト企業の可能性がかなり高くなります。

そのため、教育業界でホワイト企業かどうかを見る時は、女性が働きやすい環境が整っているかを確認しておきましょう。

インターンシップやOB訪問に参加して確認してみるのもありです。

「OB訪問をしたいけど、やり方がわからない…」という方は、以下の記事も合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 潤

 

見分け方②:福利厚生が充実しているかどうか

教育業界のホワイト/優良企業の見分け方2つ目は、「福利厚生が充実しているかどうか」です。

福利厚生が充実していると、男性も女性もかなり働きやすい環境になります。

教育業界では、生徒に合わせた生活になるので、夜遅くに帰宅することがよくあります。

福利厚生が充実している企業では、しっかりと休みが取れる環境が整っているため、質の良い授業ができます。

ホワイト企業かどうかを見分ける時は、福利厚生が整っているかを確認してみてください。

会社の口コミを見ると福利厚生が整っているかはある程度把握できますね。

福利厚生が整っている企業について詳しく知りたい就活生は、以下の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 潤

 

見分け方③:残業代がしっかりと支払われるかどうか

教育業界のホワイト/優良企業の見分け方3つ目は、「残業代がしっかりと支払われるかどうか」です。

ブラックな企業では、残業しても残業代が支払われないことが多いです。

教育業界では、夜遅くまで残業することも珍しくないため、残業代が出るかどうかを見分けることでホワイト企業とブラック企業の区別ができます。

残業代が出るかどうかを確認するにはOB訪問をしてみると良いですよ。

「就活の教科書」編集部 潤

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

教育業界の会社ブラックだと言われる理由

就活生くん

教育業界のホワイト企業に就職したいですが、周りの友達から「教育業界の会社はブラックだからやめておけ」と言われます。

教育業界の会社がブラックだと言われる理由について教えて欲しいです。

確かによく「教育業界はブラック」だと聞きますね。

わかりました。

では、教育業界の企業がブラックだと言われる理由について解説していきます。

結論から言うと、主に以下の3つの理由で教育業界の企業がブラックだと言われています。

「就活の教科書」編集部 潤

教育業界の会社ブラックだと言われる理由
  • 理由①:勤務時間が昼~夜だから
  • 理由②:年収が低いから
  • 理由③:長時間労働のイメージがあるから
それでは、教育業界の会社がブラックだと言われる理由について、それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 潤

 

理由①:勤務時間が昼~夜だから

教育業界の会社がブラックだと言われる理由1つ目は、「勤務時間が昼〜夜だから」です。

教育業界では、小学生〜高校生などの生徒を対象にしているため、学校が終わる時間に合わせなければなりません。

そのため、勤務時間が13:00〜22:00などになりやすいです。

 

またこのように、授業の時間に合わせて仕事をしないといけないことが多いです。

勤務時間が一般的な会社とは違うので、ブラックだと言われますね。

塾や予備校だとクレームを言う親もいるため、もっと辛い環境になりやすいです。

「就活の教科書」編集部 潤

 

理由②:年収が低いから

教育業界の会社がブラックだと言われる理由2つ目は、「年収が低いから」です。

教育業界の平均年収は、約370万円と低い金額になっています。

平均年収が低く、夜遅くまで残業したり、朝から出社したりしないといけないこともあります。

仕事量と給与が釣り合っていないと感じる方も多いため、ブラックと言われています。

しっかりとした企業に就職できれば、休日も確保でき、長時間労働をする必要も無くなりますね。

教育業界はブラックだから底辺だと思う方もいますが、底辺かどうかは人それぞれです。

底辺の仕事について知りたい方は、以下の記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 潤

 

理由③:長時間労働のイメージがあるから

教育業界の会社がブラックだと言われる理由3つ目は、「長時間労働のイメージがあるから」です。

教育業界は、塾や予備校の先生、学校の先生のイメージがあるため、長時間労働をするのではないかというイメージにもつながります。

基本的には昼〜夜の勤務ですが、授業の準備や保護者への対応などを考えると、朝から来て夜遅くに帰宅する場合もあります。

 

このように、実際に教育・塾業界で働いていた方が言うには、社員が長時間労働を受け入れているため長く働くイメージが付きやすいですね。

長時間労働を想像する方が多いため、ホワイトではないと思う方もたくさんいます。

確かに学校の先生をイメージすると、朝早くから出社して夜遅くまで残業しているイメージがありますね。

「就活の教科書」編集部 潤

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

教育業界のホワイト/優良企業に就職するための対策法

就活生くん

教育業界のホワイト企業に就職したいのですが、どのように対策していけば良いのかわかりません。

教えて欲しいです。

わかりました。

では、教育業界のホワイト企業に就職するための対策法を説明していきます。

教育業界のホワイトな企業に就職するには、以下のような対策をすればOKです。

「就活の教科書」編集部 潤

教育業界のホワイト/優良企業に就職するための対策法
  • 対策法①:就職四季報で残業時間や離職率を確認する
  • 対策法②:逆求人サイトを利用する
  • 対策法③:口コミサイトを参考にする
それでは、教育業界のホワイト企業に就職するための対策法について、それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 潤

 

対策法①:就職四季報で残業時間や離職率を確認する

教育業界のホワイト企業に就職するための対策法1つ目は、「就職四季報で残業時間や離職率を確認する」ことです。

教育業界だけでなく、さまざまな業界の平均年収や残業時間、離職率、業績などを知りたい場合は、就職四季報を使うのが1番手っ取り早いです。

就職四季報は各企業の細かいデータがまとめられているので、業界研究や企業研究をする時にかなり役立ちます。

そのため、教育業界のホワイト企業に就職したい方は、就職四季報を使って残業時間や離職率を確認することをおすすめします。

就職四季報についてもっと詳しく知りたい就活生は、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 潤

 

対策法②:逆求人サイトを利用する

教育業界のホワイト企業に就職するための対策法2つ目は、「逆求人サイトを利用する」ことです。

逆求人サイトを利用すると、自分に合った企業からスカウトをもらえるため、就活生にとっておすすめのサービスです。

1番おすすめの逆求人サイトは「OfferBox」です。

「OfferBox」を使うと、プロフィールを入力するだけで、隠れホワイト企業からスカウトがもらえるので、教育業のホワイト企業も見つかりやすくなります。

「教育業界のホワイト企業に就職したい!」という方は、「OfferBox」も合わせて利用してみてくださいね。

「OfferBox」は就活生の4人に1人が利用しています。

僕も使っていますが、たくさんの優良企業からスカウトがほぼ毎日届きますし、中には一部選考を免除してくれる企業もありますよ。

「OfferBox」について詳しく知りたい就活生は、以下の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 潤

 

対策法③:口コミサイトを参考にする

教育業界のホワイト企業に就職するための対策法3つ目は、「口コミサイトを参考にする」ことです。

口コミサイトを参考にすることで、企業に不満を持つ方の声がわかります。

口コミサイトを見ると、「残業代が出ない」「福利厚生が良くない」などのさまざまな意見が見れます。

そのため、教育業界のホワイト企業に就職したい方は、口コミサイトを参考にしてブラック企業を避けることをおすすめします。

口コミサイトは誰でもすぐに使いやすいですが、不満の声を本気で信じるのはNGです。

あくまでも参考程度にしておきましょう。

「どの口コミサイトが使えるの?」「そもそも口コミサイトで調べるのはアリ?」と思った方は、以下の記事も読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 潤

 

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:教育業界の働きやすいホワイト/優良企業に就職するならランキングを見よう

本記事、「【おすすめ!】教育業界のホワイト企業ランキング一覧 | 優良企業の見分け方,就活対策方法も」はいかがだったでしょうか?

この記事では、教育業界のホワイト企業ランキングについて解説しました。

合わせて、そもそも教育業界はホワイトなのか教育業界のホワイト企業5社の解説教育業界のホワイト企業の見分け方についても紹介しました。

いかがだったでしょうか。

最後にこの記事のまとめを書いておきます。

この記事のまとめ

◆ 【ホワイト?】教育業界についてざっくり解説

  • 教育業界はブラック企業が多め
  • 教育業界の労働条件(平均年収・残業時間など)
  • 教育業界の会社に入社した人の声

◆ 【総合編】教育業界のホワイト/優良企業ランキング一覧

◆ 【年収別】教育業界のホワイト/優良企業ランキング一覧

◆ 【詳しく解説!】教育業界のホワイト/優良企業5社

  • 企業①:河合塾(平均年収:約485万円)
  • 企業②:株式会社ベネッセホールディングス(平均年収:約934万円)
  • 企業③:株式会社さなる(平均年収:約412万円)
  • 企業④:学研ホールディングス(平均年収:約906万円)
  • 企業⑤:株式会社臨海(平均年収:約398万円)

◆ 教育業界のホワイト/優良企業の見分け方

  • 見分け方①:女性が働きやすい環境かどうか
  • 見分け方②:福利厚生が充実しているかどうか
  • 見分け方③:残業代がしっかりと支払われるかどうか

◆ 教育業界の会社ブラックだと言われる理由

  • 理由①:勤務時間が昼~夜だから
  • 理由②:年収が低いから
  • 理由③:長時間労働のイメージがあるから

◆ 教育業界のホワイト/優良企業に就職するための対策法

  • 対策法①:就職四季報で残業時間や離職率を確認する
  • 対策法②:逆求人サイトを利用する
  • 対策法③:口コミサイトを参考にする

 

教育業界はブラック企業が多めですが、ホワイトな企業もあります。

最近では教育業界でも働きやすい企業が増えてきています。

そのため、教育業界のホワイト企業に就職したい方は、自分でしっかりと企業研究を行い、ホワイト企業かどうかを見極められるようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 潤