【就職難易度は?】アクセンチュアの採用大学ランキング|学歴フィルター,倍率,選考フローも

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
  • アクセンチュアの採用について
  • アクセンチュアの採用大学/学歴一覧
  • アクセンチュアの採用/就職難易度は高い
  • アクセンチュアに採用されるための対策法は「目標達成/チャレンジ精神などの経験をアピールできるエピソードを探す」など
  • アクセンチュアの採用に関するよくある質問
  • 「IT業界の優良企業に就職したい!」という就活生は、レバテックルーキーの利用が一番おすすめ
\ 隠れ優良IT企業を紹介! / ITエンジニア就職を目指す
(レバテックルーキー)

*5,000社の中から自分に合う大手優良IT企業を提示!

はじめに

この記事では、「アクセンチュアの採用大学と就職難易度」を紹介していきます。

あわせて、アクセンチュアの選考フローや学歴フィルターの有無にも答えていきます。

この記事を読めばアクセンチュアの採用に関する疑問が解決できます。

アクセンチュアに就職したいけど自分の学歴が心配な就活生はぜひ最後まで読んでください。

先に結論をお伝えすると、「優良IT企業から内定をもらいたい!」という方にはレバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーを利用すれば、ITのプロの就活サポート(ES添削、面接対策など)が受けられ、難関IT企業や優良IT企業の内定率がアップしますよ。

また、IT企業への転職を目指している方にはレバテックキャリア未経験からIT業界を志望する方にはウズキャリITがおすすめです。

就活アドバイザー 京香

就職活動に役立つサイト(無料)

\ エンジニア就職に役立つサービス /

\ エンジニア就活力を試そう /

レバテックルーキーをおすすめする理由

レバテックルーキー

ITエンジニアの特化度
(5.0)
選考サポートの質
(5.0)
紹介企業の優良度
(4.5)
相談のしやすさ
(4.5)
総合評価
(5.0)
レバテックルーキーの口コミ
レバテックルーキーおすすめポイント
  • ①:IT就活のプロがES添削・面接対策などで内定サポート
  • ②:優良IT企業・非公開求人を紹介してもらえる
  • ③:文系出身でも手厚い就職サポートが受けられる

すでに多くの就活生がレバテックルーキーを利用していますので、充実した選考サポートを受けるなら、早めに登録しておいてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> レバテックルーキーを見てみる(無料)

 

目次

 

 

ITエンジニアとして優良企業から内定をもらうには?

「ITエンジニアとして就職したい!」「優良Web系企業への内定を目指している!」という方は、レバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーでは、大手や隠れ優良IT、Web系企業5,000以上の中から「あなたの強みを活かせる企業」を教えてくれます。

また、ITエンジニア就活のプロによるカウンセリング・選考対策・ポートフォリオ添削など内定までのサポートが受けられるため、選考突破率も上がります。

優良IT企業に内定が欲しい方や、自分に合うIT企業を教えて欲しい方は、IT就活サービスの中でも特に評判の良いレバテックルーキーを利用してみてくださいね。

公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

【どんな会社?】アクセンチュアの採用について

アクセンチュアはどんな企業か

就活生くん

アクセンチュアに興味を持っているのですが、アクセンチュアの採用について、そもそも知りません。

アクセンチュアの採用について、教えてください!

分かりました。

では、アクセンチュアの採用について以下の観点から解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 原田

アクセンチュアの採用について

①:採用人数について

301名~

②:採用の男女比について

約50%ずつ

③:採用倍率について

約20倍~約50倍以上

 

 

アクセンチュアの就職難易度/偏差値は65~68

就活生ちゃん

私はアクセンチュアで働きたいです!

やはり、人気ということもあり就職難易度は高いのでしょうか?

就活をするうえで、就職難易度は気になってしまいますよね。

結論、就職難易度は高く、偏差値は「65~68」となっています。

以下がアクセンチュアの就職難易度です。

「就活の教科書」編集部 原田

アクセンチュアの採用/就職難易度
  • ビジネスコンサルタント職:かなり難しい
  • デジタルコンサルタント職:難しい
  • ソリューション・エンジニア職:難しい

 

ビジネスコンサルタント職:「かなり難」

アクセンチュアのビジネスコンサルタント職は、非常に就職難易度が高い職種です。

ビジネスコンサルタントとは、全社戦略に基づいてより実効性のある提案を行うコンサルタント職種です。

文系向けで、特に専門知識を問われないことから、不特定多数の学生が応募し、倍率が高くなります

 

デジタルコンサルタント職:「難」

アクセンチュアのデジタルコンサルタント職もまた、就職難易度が高い職種です。

営業という点で、上記のビジネスコンサルタント職と似ていますが、より技術的な提案をするのがデジタルコンサルタント職です。

技術職の中でも、営業を行う職種は、理系・文系ともに比較的に人気が低いため、就職難易度も若干下がります

 

ソリューション・エンジニア職:「難」

アクセンチュアのソリューション・エンジニア職もまた、就職難易度が高い職種です。

ソリューション・エンジニア職は、「エンジニア」という名前がついている通り、高度な専門的な知識を活用して提案するサービスや商品を開発したり、統計データを解析する職種になります。

応募する学生のほとんどは理系出身者であり、倍率はビジネスコンサルタント職より低くなります。

しかし、学生から人気の企業であるため、就職難易度は難レベルといえるでしょう。

就職偏差値について、コンサル業界の就職難易度や平均年収の比較を当サイトでまとめています。

コンサル業界についてもっと詳しく知りたい人は、こちらの記事もぜひ読んでみてください。

就活アドバイザー 京香

 

採用倍率は約20倍、採用人数は301名~

アクセンチュアの採用委倍率について、全体では約20倍程度と考えられています。

職種によっては50倍以上になる可能性も否定できません。

就職注目企業ランキングTOP20の中で1位に選ばれるほどの企業であるため、人気が集まり倍率が高くなると考えられます。

参考:【24卒就活生が選んだ】就職注目企業ランキングTOP20! 男性部門1位は「アクセンチュア」【2023年最新調査結果】

しかし、採用人数に関しては比較的多めとなっています。

リクナビ2022によると、アクセンチュアの採用人数は301名~となっています。

職種は数種類あるため、アクセンチュア全体での採用人数とお考え下さい。

最後に、アクセンチュアの採用男女比について解説していきます!

「就活の教科書」編集部 原田

アクセンチュアの採用男女比について、企業ホームページによると、男性:女性=51:49となっています。

また、アクセンチュアはジェンダーバランスのとれた組織を目指しています。

具体的に、2025年までに社員男女比(性別を便宜上の男女いずれかとして集計した場合)をそれぞれ50%ずつになることを目指しています

採用の際は、男女が偏らないように考慮していると考えられますね!

「就活の教科書」編集部 原田

 

「ITエンジニアになりたい!」「Web系優良企業を教えて欲しい!」という方には、レバテックルーキーを使うのが一番おすすめです。

レバテックルーキーは、IT系に特化した就活サイト/エージェントで、人気IT企業から内定をもらえる就活対策、優良企業を教えてくれます。

また、大手企業を含めた5,000社の優良企業の情報を持っているため、就活に有利になる情報もGETできますよ。

「エンジニア就職をしたい!」「有名IT企業から内定が欲しい!」というプログラミング経験者は、ぜひ利用してみてくださいね。

ちなみに、ITエンジニアのおすすめ就活サイト/エージェント10選では、IT就活に特化した就活サイト/エージェントを知れますよ。

就活アドバイザー 京香

「レバテックルーキー」なら、IT就活のプロの徹底サポートで難関Web系企業の内定可能
  • IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • 志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる
公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も!

アクセンチュアの採用大学ランキング一覧

就活生ちゃん

アクセンチュアは、女性が輝く場所がある会社であることが分かりました。

しかし、採用大学については高学歴しか採用されないのではないでしょうか?

アクセンチュアに採用されるのに、学歴が必要であるか気になりますよね。

そこで次に、アクセンチュアの採用大学/学歴一覧を紹介します。

「就活の教科書」編集部 原田

アクセンチュア採用大学一覧

【大学】

会津大学、青山学院大学、大阪大学、小樽商科大学、お茶の水女子大学、関西大学、関西学院大学、学習院大学、九州大学、京都大学、慶應義塾大学、神戸大学、公立はこだて未来大学、国際基督教大学、上智大学、創価大学、中央大学、筑波大学、東京外国語大学、東京工業大学、東京女子大学、東京大学、東京理科大学、東北大学、同志社大学、名古屋大学、一橋大学、広島大学、法政大学、北海学園大学、北海道情報大学、北海道大学、室蘭工業大学、明治大学、横浜国立大学、立教大学、立命館アジア太平洋大学、立命館大学、早稲田大学

【大学院】

青山学院大学大学院、大阪大学大学院、お茶の水女子大学大学院、関西大学大学院、関西学院大学大学院、学習院大学大学院、九州大学大学院、京都大学大学院、慶應義塾大学大学院、神戸大学大学院、国際基督教大学大学院、上智大学大学院、創価大学大学院、中央大学大学院、東京外国語大学大学院、東京工業大学大学院、東京理科大学大学院、東北大学大学院、同志社大学大学院、名古屋大学大学院、一橋大学大学院、広島大学大学院

【海外大学】

Cornell University、Lakeland College、Paul Smith’s College 、Saint Johns University、Stanford University、UC Berkeley、University of California, Los Angeles、Yonsei University 他

引用:リクナビ2022 アクセンチュア採用大学

御覧の通り、各地の大学・大学院からの採用があるようです。

採用大学上位5大学は以下のようになっています。

採用大学ランキングの1位は「慶應義塾大学:88人」でした。

アクセンチュア採用大学ランキング2022
順位 大学名 人数
1 慶應義塾大学 88人
2 早稲田大学 87人
3 東京大学 53人
4 大阪大学 28人
5 東京理科大学 27人

参照:アクセンチュアと野村総研、コンサル2社の「採用大学」ランキング2022!アクセンチュア1位は慶應、野村総研1位は? | 親と子のための大学研究2023 | ダイヤモンド・オンライン

また、コンサル業界の他の企業の採用大学・就職難易度についても以下で解説しています。

気になる企業のところをタップすると、その企業の採用大学や選考対策方法について知れますので、ぜひ参考にしてください。

また、これらの企業の就職偏差値について興味がある就活生は以下の記事を読んでみてください。

 

 

ITエンジニアとして優良企業から内定をもらうには?

「ITエンジニアとして就職したい!」「優良Web系企業への内定を目指している!」という方は、レバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーでは、大手や隠れ優良IT、Web系企業5,000以上の中から「あなたの強みを活かせる企業」を教えてくれます。

また、ITエンジニア就活のプロによるカウンセリング・選考対策・ポートフォリオ添削など内定までのサポートが受けられるため、選考突破率も上がります。

優良IT企業に内定が欲しい方や、自分に合うIT企業を教えて欲しい方は、IT就活サービスの中でも特に評判の良いレバテックルーキーを利用してみてくださいね。

公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

アクセンチュアの採用で学歴フィルターは存在するの?

就活生ちゃん

アクセンチュアの採用大学は高学歴ばかりですね。やはり、学歴フィルターは存在するのでしょうか?

結論か言うと、アクセンチュアの採用に学歴フィルターは存在しません。

以下に、その理由のついて、詳しく解説します。

「就活の教科書」編集部 原田

 

結論:アクセンチュアに学歴フィルターは存在しない

アクセンチュアを採用大学で、学歴フィルターがあるのかについて、結論から言うとアクセンチュアの採用大学に学歴フィルターはありません

したがって、自分の大学や学歴を気にして諦める必要はありません。

逆に、選考対策が非常に大事になってきます!

就活アドバイザー 京香

理由:中堅大学からの採用があるため

理由として、上記一覧からわかるように、中堅大学からの採用があるためです。

リクナビ2022アクセンチュア採用大学一覧からは、

小樽商科大学  50.0

公立はこだて未来大学 45.0

創価大学 40.0~50.0

室蘭工業大学  37.5

以上のような、偏差値50.0以下の大学でも採用されています。

以上のことから、必ずしも高学歴の人が採用されるとは限らないということが分かります。

 

注意点:下位私立大学レベル以下のはかなり厳しい

アクセンチュアの採用大学に学歴フィルターがないとはいえ、下位私立大学レベルからの採用は少なく、非常に厳しい就職活動を強いられるでしょう。

アクセンチュアの就職に、下位私立大学レベルからは就職が難しいようです。

次に、アクセンチュアの選考フローについてみていきましょう。

「就活の教科書」編集部 原田

コンサルティングファームの人材では、学歴があるとクライアントから信頼を得られるというメリットがあります。

ですが、学歴をひっくり返すくらいの努力と経験を積んで選考対策を行えば、アクセンチュアに合格することは可能です!

就活アドバイザー 京香

 

                                                   

コンサル・シンクタンク業界の就職偏差値に関する記事一覧

「自分が行きたい企業・業界の就職偏差値は高いの?」という就活生にはコンサルティング業界の就職偏差値ランキングという記事がおすすめです。

また、各企業の解説記事を見れば、あなたの志望する企業に学歴フィルターがあるかわかります。

これらの記事を読めば、あなたが志望する企業の就職偏差値が分かるので、ぜひ読んでみてください。

就活アドバイザー 京香

「ITエンジニアになりたい!」「Web系優良企業を教えて欲しい!」という方には、レバテックルーキーを使うのが一番おすすめです。

レバテックルーキーは、IT系に特化した就活サイト/エージェントで、人気IT企業から内定をもらえる就活対策、優良企業を教えてくれます。

また、大手企業を含めた5,000社の優良企業の情報を持っているため、就活に有利になる情報もGETできますよ。

「エンジニア就職をしたい!」「有名IT企業から内定が欲しい!」というプログラミング経験者は、ぜひ利用してみてくださいね。

ちなみに、ITエンジニアのおすすめ就活サイト/エージェント10選では、IT就活に特化した就活サイト/エージェントを知れますよ。

就活アドバイザー 京香

「レバテックルーキー」なら、IT就活のプロの徹底サポートで難関Web系企業の内定可能
  • IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • 志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる
公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も!

アクセンチュアの口コミ・評判まとめ

就活生ちゃん

アクセンチュアの就職難易度について知ることができました!

でも実際難しくて入った後ってどうなるんでしょうか?

アクセンチュアで働いている・働いていた人の口コミ・評判が知りたいです!

確かに、実際入ってみたらアクセンチュアってどうなのか、知りたいですよね!

こちらでは、項目別にアクセンチュアの口コミ・評判まとめを紹介します。

就活アドバイザー 京香

アクセンチュアの口コミ・評判まとめ
  • 年収・福利厚生に関する口コミ・評判
  • ワークライフバランス・働き方に関する口コミ・評判
  • 将来性に関する口コミ・評判

年収・福利厚生に関する口コミ・評判

まず、アクセンチュアの福利厚生は以下のようになっています。

アクセンチュアの年収・福利厚生

【年収】

平均年収:872万円

【福利厚生】

  • 確定拠出年金制度(401k)
  • 長期収入所得補償(LTD)
  • ポイント・割引サービス
  • 従業員株式購入プラン
  • 法人会員及び契約施設・ホテル等の割引特典
  • 健康サポート

 

参考:福利厚生・制度・手当 l 採用情報 | アクセンチュア

以下では、年収・福利厚生に関する口コミ・評判をいくつか紹介します。

給与制度: 給与はキャリアレベルごとに設定されている。スタッフは基本給+残業手当+ボーナス+住宅手当。 プロジェクトの予算状況によっては残業をすることができないため、入社する検討する際の給与は残業手当は割引いて考えるのが良いと思う。 評価制度: 年1回のタレントディスカッションで当該年度に参画したPJのSVからの評価を基にボーナス、キャリアレベル、翌年給与が決定される。 評価はSV主観であるため、PJでの貢献だけでなく、SVとの関係性も重要となる。

引用:openwork

 

給与制度: 基本給は高いと思う。しかしそのぶん、1人あたりの業務範囲が広く、通常の現場では3チームでやってるいることを1チームで賄っていたりする。給与が高い分、やはりその費用に見合った働きを期待されていると思う。 評価制度: 評価制度については納得いっていない。 仕事ができる云々よりは、体制表の上にいるかどうかのロールでプロモーションが決まるように思う。上のクラスでも仕事できない人もいれば、下のクラスでも仕事ができる人もいて、上司やクライアント先との関係がプロモーションに大きく影響してるように見える。

引用:openwork

コンサルティングファームということで、平均年収はやはり高いようです!

就活アドバイザー 京香

ワークライフバランス・働き方に関する口コミ・評判

アクセンチュアのワークライフバランスについて、まずアクセンチュアの月平均残業時間は35.2時間で、平均有給取得率は68%でした。

以下で、アクセンチュアのワークライフバランス・働き方に関する口コミ・評判を紹介します。

 

プロジェクトとより大きく変わる。残業時間が20時間以下に収まるプロジェクトもあれば、普通に45時間超えるプロジェクトも多数ある。また、クライアント先に出勤する場合は出張になることも多く、特に今のプロジェクトでは、県を跨ぐ出張が必要なため、プライベートとのバランスがなかなか取れない。ただ、コロナ以降、在宅勤務できるプロジェクトが非常に多くなってきているので、残業が多くなければプライベートの時間をとれたりすることも多くなってきてるのではないかと思う。

引用:openwork

 

プロジェクトにもよるのかも知れないが、過去に経験したSIをしているプロジェクトは全て炎上していた。また、スタッフが時間内に終わらない仕事はマネージャー以上の人間が対応しなくてはいけないため、連日朝の3時や4時まで仕事をしていることが多かった。休日も仕事をしないと回らなかったし、GWや年末年始も当たり前のように仕事をしていた。それどころかバケーションやシックリーブを使って、プロジェクトコストを浮かせてまで仕事をしていた。そのため、ワークライフバランスが取れなかった。年収は他と比べてる高いのかも知れないが、働いている時間、質からすると全く足りていないと思う。今はマネージャーかシニアマネージャーが一番損をしているような気もしている。ただし、スタッフについては、守られているのでワークライフバランスを取れている人も多くいた。一方で2014年(?)以前に入社した人たちとそれ以降に入社した人たちで、ワークライフバランスの取れ方は大きく異なるように思う。昔からいた人たちは働かないとOT(残業)を全く付けさせてもらえなかったりしたので、その頃の習慣からサービス残業も平気で行っていたりするのが実態である。

引用:openwork

将来性に関する口コミ・評判

アクセンチュアの将来性について、まず世界的企業であるアクセンチュアは、毎年利益を伸ばし、株価も上がり成長し続けている企業です。

以下でアクセンチュアの将来性に関する口コミ・評判を紹介します。

当面はDX支援を中心に、ますます業績は伸びると思い、コンサルファームの売上No1は維持するものと思う。

引用:openwork

 

日本法人は企業利益前年比20%増で成長しており、かなり好調。 グローバル全体で見ても、東南アジアや中南米で急成長しており、かなり盤石な経営状況。

引用:openwork

ITエンジニアとして優良企業から内定をもらうには?

「ITエンジニアとして就職したい!」「優良Web系企業への内定を目指している!」という方は、レバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーでは、大手や隠れ優良IT、Web系企業5,000以上の中から「あなたの強みを活かせる企業」を教えてくれます。

また、ITエンジニア就活のプロによるカウンセリング・選考対策・ポートフォリオ添削など内定までのサポートが受けられるため、選考突破率も上がります。

優良IT企業に内定が欲しい方や、自分に合うIT企業を教えて欲しい方は、IT就活サービスの中でも特に評判の良いレバテックルーキーを利用してみてくださいね。

公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

アクセンチュアの選考フローについて

選考フローは大きく分けて2つあります。夏に行われたサマーインターンシップに参加してそこから内定が出る「サマーインターンルート」と、秋から始まる「本選考」を受けてそこから内定をもらう「本選考ルート」の2つです。

僕は本選考ルートのため、自身の体験を基に「本選考ルート」の選考対策を中心に解説して行きます。
「本選考ルート」の選考フローは以下の5ステップです。

  1. ES
  2. ウェブテスト
  3. GD(グループディスカッション)
  4. 1次面接
  5. 最終面接

ここからはそれぞれについて説明していきます!

 

① ES選考

まずは通常の選考と同じように「ES」での選考になります。質問内容は以下の問いでした。

  1. どのような軸で就職活動を行っていますか
  2. 「未来のアクセンチュアに必要なDNA」のうち共感できるものを1つ選んでください。選択した理由をご自身の経験をふまえて記述してください。
  3. アクセンチュアを「社員一人ひとりが夢を実現するプラットフォーム」と捉えたとき、あなたはアクセンチュアで何を実現したいですか。
  4. 選んだ職種の志望理由

それぞれ400文字以上答えなくてはいけない問いであるため、のコンサルティングファームよりはESの量が多く、しっかりとESを見ています。特に僕の友人にはESで落ちている人も多くいたので、ここはかなりしっかりと書くことをお勧めします。

以下アクセンチュアのESにおいて大切なことをまとめます。

★将来にどういったビジョンを持っているか明確にする
★なぜアクセンチュアでなくてはいけないのかを明確にする

この2点を強くアピールした文章を意識しましょう。特に「なぜアクセンチュアか」に関しては、面接を通しても頻繁に聞かれる部分なのでしっかり固めておきましょう。

 

② ウェブテスト 

一般的な「玉手箱」をウェブテスト 形式で解く形になります。ここはしっかりと対策をしておきましょう!

 

③ グループディスカッション

アクセンチュアの選考において最初の難関はこの「グループディスカッション選考」になります。
特別な会場に呼ばれ、8人程度でディスカッションをしていく形になるのですが基本的に合格するのは「1人、2人」と言われています。そのためここでかなりのボリュームが落とされることになるので対策をしておくことが必要でしょう。テーマは以下の内容でした。
テーマ:大手書店チェーンの売上向上施策
自分が合格できた要因を話すと「議論を俯瞰的に見て発言できていた」ことが評価ポイントだったと感じています。人数が多い際には、無理に発言量を増やしていくことは「協調性がない」と認定されかねないためマイナスです。むしろ少ない発言回数であってもチームのアウトプットに良い影響を与えられるような発言を意識しましょう。基本的にグループディスカッションにおいては「協調性」が一番大切なので、そこを度外視した振る舞いはしないようにしましょう。

④ 1次面接(ケース面接)

1次面接は、マネージャークラスの社員と1対1で行う形式になります。この段階でも人数を絞るのでしっかりと準備しましょう。内容は、ケース面接及び通常面接(志望動機の深堀がメイン)を行います。流れとしては、【小部屋に案内される(8人ほど集められる)→個人でケース課題に取り組む(20分)→休憩(10分)→面接(30分)】になります。

お題は以下の内容でした。

テーマ:日本のキャッシュレス決済割合を増やすための施策を考えよ
この面接では当然「ケース問題」の内容についても深掘りされる他、アクセンチュアの志望理由についても質問されるので両方の対策が必要です。全体的に地頭の良さ等ももちろん見られていますが、「一緒に働きたいと思える人材か」といったソフトスキル面もかなり重視されているので、意識しておきましょう。
ケース面接に関しては「定量的な視点で考えること」という条件がついているため、序盤で「日本のキャッシュレス総決済額」についてフェルミ推定をする必要があります。フェルミ推定をベースに施策立案を行うように意識すると評価が高くなります。

その後のいわゆる「志望動機」を深掘りする面接については、「なぜコンサルか」と「なぜアクセンチュアか」をかなり深掘りされるので、しっかりと対策をしておきましょう。

 

⑤最終面接

1次面接を通れば、最終面接では「カルチャーフィット」に近い内容の質問をされ、アクセンチュアとの相性を見られており、落とされる人数は多くない印象です。面接官は「シニアマネージャークラス」が担当し、面接時間は30分ほどです。2週間後には結果通知がくる形となります。

内容としては、いわゆる「ガクチカ」に近い質問がされたり、「アクセンチュアで何をやりたいか」と「アクセンチュアで働くにあたって不安なことはあるか」などを聞かれます。ここでは、気張らずに素直な姿勢で臨むことをお勧めします。1次面接同様に「アクセンチュアの志望理由」を徹底することと、「自分の学生時代頑張ったこと」を自分の言葉で言えるようにしましょう。

 

>>WEB面接シミュレーションをやってみる

 

「ITエンジニアになりたい!」「Web系優良企業を教えて欲しい!」という方には、レバテックルーキーを使うのが一番おすすめです。

レバテックルーキーは、IT系に特化した就活サイト/エージェントで、人気IT企業から内定をもらえる就活対策、優良企業を教えてくれます。

また、大手企業を含めた5,000社の優良企業の情報を持っているため、就活に有利になる情報もGETできますよ。

「エンジニア就職をしたい!」「有名IT企業から内定が欲しい!」というプログラミング経験者は、ぜひ利用してみてくださいね。

ちなみに、ITエンジニアのおすすめ就活サイト/エージェント10選では、IT就活に特化した就活サイト/エージェントを知れますよ。

就活アドバイザー 京香

「レバテックルーキー」なら、IT就活のプロの徹底サポートで難関Web系企業の内定可能
  • IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • 志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる
公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も!

アクセンチュアに採用されるための対策法

就活生ちゃん

アクセンチュアの就職難易度は、高いことが分かりました。

どのように、選考までに対策をすればよいのでしょうか?

対策法が分からないですよね。

そこで、アクセンチュアに採用されるための対策法6つを紹介します。

「就活の教科書」編集部 原田

アクセンチュアに採用されるための対策法
  • 対策法①:「なぜアクセンチュアなのか」を明確にしておく
  • 対策法②:IT業界特化の就活のプロに選考対策と優良IT企業を紹介してもらう
  • 対策法③:「目標達成/チャレンジ精神」などの経験をアピールできるエピソードを探す
  • 対策法④:「unistyle」を使って内定者のESや面接回答を把握しておく
  • 対策法⑤:インターンシップに参加して選考を有利に進められるようにしておく
  • 対策法⑥:OBOG訪問などをして他の就活生と差別化する

 

対策法①:「なぜアクセンチュアなのか」を明確にしておく

アクセンチュアの選考で採用されるための対策法1つ目は、「なぜアクセンチュアなのか」を明確にしておくことです。

これは、どこの企業を受ける場合でも同じですが、志望動機が薄いと簡単に落とされてしまいます。

企業は、会社で活躍し得る人・自社で働いてくれる人を採用したいと考えています。

そのため、「なぜアクセンチュアなのか」を明確にしておくことは非常に重要です。

 

対策法②:IT業界特化の就活のプロに選考対策と優良IT企業を紹介してもらう

IT業界で優良企業や希望職種に就くための対策法は「IT業界特化の就活のプロに選考対策と優良IT企業を紹介してもらう」ことです。

就活生はIT業界にどんな種類があって、どんな優良企業がどんなレベルの人材を求めているのかなど、わからないことがたくさんありますよね。

IT業界のことにかなり詳しい就活のプロから紹介してもらうことで、自分と合わないIT企業への就職を防げます。

そこで、プログラミング経験者で自分に合う隠れ優良IT企業を教えてもらうなら、レバテックルーキーが一番おすすめです。

レバテックルーキー

「レバテックルーキー」なら、IT就活のプロの徹底サポートで難関Web系企業の内定可能
  • レバテックルーキーを使うと、IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • 志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる
\ 有名IT企業内定も可能! /
 お試しに適職を診断する
(レバテックルーキー)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

レバテックルーキー「8,000社以上の中からあなたに合う優良企業を紹介してくれて、ES通過率90%以上」という非常に良い実績があるので、信頼性も高いですよ。

就活アドバイザー 京香

 

 

対策法③:「目標達成/チャレンジ精神」などの経験をアピールできるエピソードを探す

アクセンチュアの選考で採用されるための対策法3つ目は、「目標達成/チャレンジ精神」などの経験をアピールできるエピソードを探すことです。

アクセンチュアが求める人物像は、アクセンチュアによって自らを進化させ、予測不可能な未来のアクセンチュアを造ることができるDNAです。

未来のアクセンチュアに必要なDNA
  • 背伸びをしてでも目標へ手を伸ばさずにはいられない
  • チャレンジに、手加減をしない
  • 自分も会社も世の中までも、変えたいと望む
  • 常に次のステージを見据え、自らの開拓に貪欲である
  • タフな状況も、先頭に立ち楽しめる情熱がある
  • あるべき姿を追求するためには、立場や関係性を超えた主張を厭わない
  • 信念に基づき、主張し、実際にやりとげる
  • チームワークの可能性を信じる
  • 多様な文化、相違する意見の中にこそ宝石があると知っている
  • 常に誠実さを失わず、言行一致の気概がある

引用:accenture

具体的に、上記のような人物をアクセンチュアは求めています。

未来のアクセンチュアに必要なDNAを参考にし、「目標達成/チャレンジ精神」などの経験をアピールできるエピソードを探しておきましょう。

就活生くん

未来のアクセンチュアに必要なDNAの存在を初めて知りました。

今のうちから、アピールできるエピソードを探しておきます。

 

対策法④:「unistyle」を使って内定者のESや面接回答を把握しておく

アクセンチュアの選考で採用されるための対策法4つ目は、「unistyle」を使って過去のESや面接の質問を確認しておくことです。

「unistyle」は、総合商社や外資系コンサルなど有名企業の内定者が実際に書いたESなど約5万枚を見ることができる自己PR、志望動機、ESを書く際に役立つ就活支援サイトです。

では以下で、「unistyle」を使うメリットや特徴を紹介します。

「unistyle」を使うメリット
  • メリット①:大手企業の内定者のESが71,733枚が読み放題
  • メリット②:大企業の情報が豊富(ESだけでなく、各企業の選考レポートを閲覧できる)
  • メリット③:選考の締め切り期日がわかりやすい(締切・選考情報の一覧がある)
  • メリット④:選考対策のコンテンツが豊富
  • メリット⑤:就活イベントの企業のレベル(質)が高い

 

対策法⑤:インターンシップに参加して選考を有利に進められるようにしておく

アクセンチュアの選考で採用されるための対策法5つ目は、インターンシップに参加して選考を有利に進められるようにしておくことです。

実際に、アクセンチュアでは和魂偉才塾というインターンシップが行われているようです。

そのインターンシップを通じて、優遇選考ルートに乗ると選考が免除されて早期内定がもらえるという口コミもあります。

アクセンチュアのインターンシップはオンラインでの開催もあるため、周りと差をつけたい方は是非チャレンジしてみてください。

 

対策法⑥:OBOG訪問などをして他の就活生と差別化する

アクセンチュアの選考で採用されるための対策法6つ目は、OBOG訪問などをして他の就活生と差別化することです。

OBOG訪問とは、興味のある業界や企業で働いている先輩を訪ね、実際の仕事内容や社内の雰囲気などの情報を得て、「業界、企業研究」に役立てることです。

マイナビの就職モニター調査(2021年卒対象)によると、就活生の約25%がOBOG訪問を経験しています。

OBOG訪問のメリットととしては、インターネットでは入手できない現場のリアルな声を聴くことができることです。

また、面接時に、OBOG訪問で得た知識や経験をアピールすることで、より説得力のある面接ができます。

OBOG訪問について、もっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

>>OBOG訪問に役立つおすすめマッチングアプリ/サイトまとめ

 

ITエンジニアとして優良企業から内定をもらうには?

「ITエンジニアとして就職したい!」「優良Web系企業への内定を目指している!」という方は、レバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーでは、大手や隠れ優良IT、Web系企業5,000以上の中から「あなたの強みを活かせる企業」を教えてくれます。

また、ITエンジニア就活のプロによるカウンセリング・選考対策・ポートフォリオ添削など内定までのサポートが受けられるため、選考突破率も上がります。

優良IT企業に内定が欲しい方や、自分に合うIT企業を教えて欲しい方は、IT就活サービスの中でも特に評判の良いレバテックルーキーを利用してみてくださいね。

公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

アクセンチュアのようなIT企業に就職したいならIT就活のプロに頼るのがおすすめ

 

「ITエンジニアになりたい!」「Web系優良企業を教えて欲しい!」という方には、レバテックルーキーを使うのが一番おすすめです。

レバテックルーキーは、IT系に特化した就活サイト/エージェントで、人気IT企業から内定をもらえる就活対策、優良企業を教えてくれます。

また、大手企業を含めた5,000社の優良企業の情報を持っているため、就活に有利になる情報もGETできますよ。

「エンジニア就職をしたい!」「有名IT企業から内定が欲しい!」というプログラミング経験者は、ぜひ利用してみてくださいね。

ちなみに、ITエンジニアのおすすめ就活サイト/エージェント10選では、IT就活に特化した就活サイト/エージェントを知れますよ。

就活アドバイザー 京香

「レバテックルーキー」なら、IT就活のプロの徹底サポートで難関Web系企業の内定可能
  • IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • 志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる
公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も!

アクセンチュアの採用に関するよくある質問

就活生ちゃん

アクセンチュアの採用に関していくつか質問があるのですが・・・

原田さん、答えてもらってもいいですか?

わかりました!

それでは、アクセンチュアに関するよくある質問にお答えしていきます!

「就活の教科書」編集部 原田

アクセンチュアに関するよくある質問
  • 質問①:アクセンチュアは非高学歴からの採用はあるの??
  • 質問②:アクセンチュアの就職偏差値はどれくらい?
  • 質問③:アクセンチュアのインターンの倍率はどれくらい?
  • 質問④:コンサルティング業界には他にどんな企業がある?

 

質問①:アクセンチュアは非高学歴からの採用はあるの??

これは、非常に難しい質問です。採用大学を見る限り偏差値が低い大学からの採用はほぼないようです。

ただし、ネットでは学歴に自信が無い人でもESが通ったなどの報告があるため、いかに企業にアピールするかが大切です。

質問②:アクセンチュアの就職偏差値はどれくらい?

アクセンチュアの就職偏差値は、職種にもよりますが60~70と非常に高いです。

人気企業とあって、高い数値になっています。

質問③:アクセンチュアのインターンの倍率はどれくらい?

アクセンチュアのインターン倍率は、残念ながらわかりませんでした。

ただし、インターンも応募後、書類選考、グループディスカッション、面接等の選考プロセスを経て、参加が確定します。

そのため、インターンとは言えど、対策をきちんとしておくことが通過の鍵となるようです。

質問④:コンサルティング業界には他にどんな企業がある?

よくある質問4つ目は、「コンサルティング業界には他にどんな企業がある?」です。

コンサルティング業界は以下のとおりです。

気になる企業のところをタップすると、その企業の採用大学や選考対策方法について知れますので、ぜひ参考にしてください。

また、これらの企業の就職偏差値について興味がある就活生は以下の記事を読んでみてください。

 

ITエンジニアとして優良企業から内定をもらうには?

「ITエンジニアとして就職したい!」「優良Web系企業への内定を目指している!」という方は、レバテックルーキーの利用がおすすめです。

レバテックルーキーでは、大手や隠れ優良IT、Web系企業5,000以上の中から「あなたの強みを活かせる企業」を教えてくれます。

また、ITエンジニア就活のプロによるカウンセリング・選考対策・ポートフォリオ添削など内定までのサポートが受けられるため、選考突破率も上がります。

優良IT企業に内定が欲しい方や、自分に合うIT企業を教えて欲しい方は、IT就活サービスの中でも特に評判の良いレバテックルーキーを利用してみてくださいね。

公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も! 

「アクセンチュア」の新卒採用の選考対策を内定者が赤裸々に紹介!

今回はアクセンチュア(ビジコン)の内定者にインタビューをしました!今回もかなりぶっちゃけて答えてくれているのでこの特集ならではの「リアルな内定者の声」を知ることができるます!では早速見ていきましょう!

【内定者プロフィール】
慶應義塾大学
ITでの長期インターン経験あり
コンサル志望

 

そもそもアクセンチュアとはどんな会社?選考を受ける前に会社情報をチェック

アクセンチュアは世界最大のグローバルコンサルティングファームであり、日本においてもクライアントの数や従業員数において最大規模の会社です。

実際、アクセンチュアはコンサルティング企業としては、世界トップの時価総額を誇っています。

コンサルティングファームの種類としては「総合系ファーム」の代表であり、自社に「戦略部門」を保有しているだけでなく、「SI部門(システム構築系)」の部署も持っているので、クライアントに対して「戦略策定」から「実行支援」、そして最下流の「システム構築」まで一気通貫で行っているのがアクセンチュアの強みです。

近年はデジタル案件に力を入れており、「DX(デジタルトランスフォーメーション)」であったり、もともと通信分野のソリューションに強みを持っているので「5G」関連の案件に注力しているようです。さらにアクセンチュアは「ダイバーシティ(多様性)」を重んじる社風であり、異なるバックグラウンドを持つ人達が働きやすい環境を整えたり、ダイバーシティを認めていく活動を競合他社と比べてかなり早い時期から取り組んでいたのも特徴です。

転職サイトにおいても評価が高く、激務と言われるコンサルティング企業の中では、「働きやすい環境」が整っています。

 

なぜアクセンチュアの選考を受けたか

私の就活の軸として「幅広い業界と関われる仕事がしたい」「日本企業の成長に強く携わりたい」という2つの想いがあったため、メインとしてコンサルティング業界を志望していました。その中でもアクセンチュアはグローバルに活躍するファームですし、デジタル案件(5G等)に興味があったので、そこに強みを持っている点に強く惹かれました。

今答えたのが面接で使っていた建前の内容で、本音で言うと第一志望は戦略ファームだったのでそこのケースとフェルミの練習台として使おうかなくらいで受けてました(笑)。また就活序盤に内定を出してくれるので、自分の就活を有利に進めるためにも早めに有名ファームからもらっておきたいという気持ちが思いがあり、選考を受けました。

ただ、実際に選考を受けてみたら本当に優秀な社員さんが多く、志望度は選考を通して上がりました!

他に受けていた業界

  1. 戦略コンサルティングファーム
  2. ITベンチャー
  3. 通信業界

 

 

「ITエンジニアになりたい!」「Web系優良企業を教えて欲しい!」という方には、レバテックルーキーを使うのが一番おすすめです。

レバテックルーキーは、IT系に特化した就活サイト/エージェントで、人気IT企業から内定をもらえる就活対策、優良企業を教えてくれます。

また、大手企業を含めた5,000社の優良企業の情報を持っているため、就活に有利になる情報もGETできますよ。

「エンジニア就職をしたい!」「有名IT企業から内定が欲しい!」というプログラミング経験者は、ぜひ利用してみてくださいね。

ちなみに、ITエンジニアのおすすめ就活サイト/エージェント10選では、IT就活に特化した就活サイト/エージェントを知れますよ。

就活アドバイザー 京香

「レバテックルーキー」なら、IT就活のプロの徹底サポートで難関Web系企業の内定可能
  • IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • 志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる
公式サイト
(https://rookie.levtech.jp/)

*DeNAやサイバーエージェントなど大企業内定も!

まとめ:アクセンチュアの採用大学には学歴フィルターが存在しないが、就職難易度は高い

本記事「【学歴フィルターは?】アクセンチュアの採用大学/学歴一覧|就職難易度、対策法、選考フローも」はいかがだったでしょうか?

就活生の皆さんの悩みを少しでも解決できたならば幸いです!

この記事では、アクセンチュアの採用大学/就職難易度をメインにまとめました。

結論として、アクセンチュアの採用大学に、学歴フィルターは存在しないが、就職難易度は高いです。

最後にこの記事を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

【ざっくり解説】アクセンチュアの採用について

  • ①:採用人数について
  • ②:採用の男女比について
  • ③:採用倍率について

【出身大学はどこ?】アクセンチュアの採用大学/学歴一覧

アクセンチュアの採用大学で学歴フィルターは存在するの?

  • 結論:アクセンチュアに学歴フィルターは存在しない
  • 理由:中堅大学からの採用があるため
  • 注意点:下位私立大学レベル以下のはかなり厳しい

【新卒向け!】アクセンチュアの採用/就職難易度はどれくらい?

  • ビジネスコンサルタント職:「かなり難」
  • デジタルコンサルタント職:「難」
  • ソリューション・エンジニア職:「難」

アクセンチュアに採用されるための対策法

  • 対策法①:「なぜアクセンチュアなのか」を明確にしておく
  • 対策法②:IT就活に強いエージェントを活用する
  • 対策法③:「目標達成/チャレンジ精神」などの経験をアピールできるエピソードを探す
  • 対策法④:「unistyle」を使って内定者のESや面接回答を把握しておく
  • 対策法⑤:インターンシップに参加して選考を有利に進められるようにしておく
  • 対策法⑥:OBOG訪問などをして他の就活生と差別化する

◆アクセンチュアのようなIT企業に就職したいならIT就活のプロに頼るのがおすすめ

  • 方法:ITのプロと選考対策を行う(新卒向け)
  • 方法:IT転職のプロのサポートを受ける(転職者向け)
  • 方法:IT未経験に特化した就活サポートを受ける(新卒・転職者向け)

【採用されたい人必見!】アクセンチュアの新卒採用選考フローは?

アクセンチュアの採用に関するよくある質問

  • 質問①:アクセンチュアは非高学歴からの採用はあるの??
  • 質問②:アクセンチュアの就職偏差値はどれくらい?
  • 質問③:アクセンチュアのインターンの倍率はどれくらい?

学歴フィルターに関係のないスカウトサイトで就活を有利に進めよう

まとめ:アクセンチュアの採用大学には学歴フィルターが存在しないが、就職難易度は高い

 

「就活の教科書」では、高校生・大学生・就活生をターゲットに就活で役立つ様々な情報を発信しています。

ぜひ、他の記事も見てみてください。

「就活の教科書」編集部 原田