>> 【20卒向け】年内に内定を獲得するには <<

【内定者が教える】エントリーシートの通過率が低い原因と対策|難しい業界の特徴も

エントリーシート通過率

こんにちは!「就活の教科書」編集部の松村です。

この記事では、エントリーシート(ES)の通過率についてまとめました。

「就活の教科書」編集部 松村

就活生ちゃん

エントリーシートの通過率の通過率ってどれくらいなの?

就活生くん

エントリーシートの通過率を上げるには、何をしたらいいんですか?

そんなあなたのために、この記事では、エントリーシート(ES)の通過率が低い業界・企業の特徴3つと通過率が低い原因3つに加えて、エントリーシート(ES)の通過率を上げるために対策3つをまとめています。

エントリーシート(ES)の通過率が低くて悩んでいる方業界・企業選びでエントリーシートの通過率が気になる方は、この記事を読めばエントリーシートの通過率の心配はなくなるはずです。

ぜひ最後まで読んでください。

選考におけるエントリーシートの役割・重要性

そもそもエントリーシート(ES)は何のためにあるのか知っていますか?

エントリーシートの通過率を高める上で、エントリーシートの役割を知ることはとても重要なので、説明しておきます。

 

エントリーシートの役割は2つあります。

1つ目は、「選考を進むための最低ライン」としての役割です。

「足切り」とも言います。

企業は、効率良く採用活動を進めたいので、あまりに能力の低い人だと会う時間がもったいないと考えています。

エントリーシートをもとに選考に進むべきかどうかを審査します。

 

2つ目は、「面接で質問する時の手がかり」としての役割です。

面接の質問は、エントリーシートに書いてある内容から聞かれます。

「エントリーシート=書面上の自己紹介」だと思ってもらって構いません。

就活以外でも、初対面の人と話すときも自己紹介に基づいて質問していきますよね。

「就活の教科書」編集部 松村

 

2つの目的で企業はエントリーシートを提出させますが、目的の比重は企業によって違います。

エントリーシートの通過率が低い企業は、1つ目の「選考を進むための最低ライン」としての役割を重視しています。

エントリーシートの通過率が低い企業は、求める人材の最低レベルが非常に高く設定されています。

 

最初のエントリーシートの時点で、就活生は、その人のレベルや質問内容が決まってしまいます。

できるだけ優秀な人材だと評価されて、で今後の選考フローを有利に進めたい方は、しっかりとエントリーシートを書きましょう。

エントリーシートは選考においてとても大切だということがわかりましたか?

「就活の教科書」編集部 松村

エントリーシートについてもっと知りたい方こちらをどうぞ。

 

エントリーシートの平均通過率

就活生一人当たりの平均通過率は約50%です。

ただ、「就活生本人のレベル」と「エントリーする企業」によって大幅に通過率は変わります。

当然ですが、優秀な就活生のエントリーシートの通過率は高いです。

エントリーシートの通過率の低い業界や企業もあります。

 

自分のエントリーシートの通過率の低さを企業や優秀な就活生のせいにしていても現状は変わりません。

エントリーシートの通過率を上げるための原因を分析して対策をしましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

 

エントリーシートの通過率が低い原因3つ

エントリーシート(ES)の通過率が低い業界・企業の特徴はわかりましたが、就活生本人に原因がある場合は、どこの業界・企業にエントリーシートを出しても通過率は低いままです。

エントリーシートの通過率が低い人は、原因を突き止めましょう。

エントリーシートの通過率が低くなる原因は3つあります。

  1. 質問の意図を理解していない
  2. 文章が下手
  3. 受けている企業が身の丈に合っていない
自分のエントリーシートを見直してみてください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

原因①:質問の意図を理解していない

エントリーシートの通過率が低い原因の1つ目は、質問の意図を理解していないことです。

なぜなら、企業がその質問をしている意図が理解できないと的外れな回答をしてしまうことがあるからです。

企業側の視点に立つとその質問から何が知りたいのかわかります。

例えば、「学生の時に力を入れたこと」という質問でいうと、企業はその就活生の思考力や能力について知りたいと思っています。

質問の意図を理解できればエントリーシートの書き方は変わってくるはずです。

質問の意図を理解することが重要だということは、面接でも同様のことが言えます。

「就活の教科書」編集部 松村

 

原因②:文章が下手

エントリーシートの通過率が低い原因の2つ目は、文章が下手なことです。

なぜなら、文章が下手だと読み手が理解できず、伝えたいことが伝わらないからです。

書いている自分が理解できる文章ではなく、読み手が理解できる文章でなければ、エントリーシートを出す意味がありません。

よく言われる例としては、「主語を明確にする」や「結論から書く」、「一文は短く」などが挙げられます。

文章の書き方は学校で教えてもらえるものではないので、文章が下手でも仕方ありません。

社会人になっても文章が下手で言いたいことが伝わらなかったら困りますよね。

「就活の教科書」編集部 松村

 

原因③:受けている企業自分に合っていない

エントリーシートの通過率が低い原因の3つ目は、受けている企業が自分に合っていないことです。

なぜなら、企業は効率的な採用をするので、エントリーシートの段階で適性がないことがわかれば容赦なく不採用にするからです。

業界や企業に対する憧れだけで志望していると、自分の適性に気が付かずエントリーシートを出しても通過できません。

 

就活生の中にはエントリーシートを出す企業の業界や職種が企業によって異なる人がいます。

志望する業界や職種が異なることは構いませんが、志望動機や自己PRなど業界や企業ごとに使い分けなければ、適性がないと評価されてしまいます。

エントリーシートを書く人によって原因は異なります。

自分のエントリーシートを見直してみましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

 

エントリーシートの通過率を高める対策3つ

エントリーシート(ES)の通過率が低い原因がわかりましたね。

それでは、エントリーシートの通過率を高めるための対策を紹介していきます。

エントリーシートの通過率を高めるための対策は3つあります。

  1. オリジナルのエントリーシートを書く
  2. 読みやすい文章を書く
  3. 業界・企業に合ったエントリーシートを書く
自分の原因に合った対策をしてください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

対策①:オリジナルのエントリーシートを書く

エントリーシートの通過率を高める対策の1つ目は、オリジナルのエントリーシートを書くことです。

なぜなら、オリジナルのエントリーシートは人事に「この人と話してみたい」と思わせることができるからです。

みんなと同じエピソードだと印象に残らないですよね。

オリジナルのエントリーシートを書くには、しっかり自己分析をしましょう。

しっかり自己分析をして、オリジナルの自分を見つけ出しましょう。

 

対策②:読みやすい文章を書く

エントリーシートの通過率を高める対策の2つ目は、読みやすい文章を書くことです。

なぜなら、読みやすい文章を書くことで言いたいことが伝わり、さらに、言語化能力アピールできるからです。

就活において言語化能力は非常に重視されているので、読みやすい文章書けることはそれだけで評価されるのです。

読みやすい文章を書くには、たくさんの大人に文章を添削してもらいましょう。

より多くの大人に見てもらうことで多角的な視野で添削されるので、語彙力や論理的な思考を補えます。

 

対策③:業界・企業に合ったエントリーシートを書く

エントリーシートの通過率を高める対策の3つ目は、業界・企業に合ったエントリーシートを書くことです。

なぜなら、業界・企業に合ったエントリーシートを書くことで、企業に適正があるとアピールできるからです。

業界・企業に合ったエントリーシートを書くには、業界・企業研究をしましょう。

エントリーシートの通過率を高めるための対策がわかりましたね。

さっそく自分のエントリーシートを添削していきましょう。

ただ、いくら良いエントリーシートを提出しても、通過できる企業とできない企業があります。

同じレベルのエントリーシートでも企業によって通過率が違うのは、提出する業界が違うからです。

「就活の教科書」編集部 松村

 

 

業界・企業によるエントリーシートの通過率の特徴

エントリーシート(ES)の通過率は業界によって違います。

ではどのような企業の通過率が低く、どのような企業の通過率が高いのでしょうか?

自分がエントリーシートを出そうとしている、もしくは、出した企業の通過率は低そうなのか、高そうなのか、確認してみましょう。

 

エントリーシートの通過率の低い業界・企業の特徴3つ

まずはエントリーシートの通過率が低い業界・企業の特徴から説明します。

エントリーシートの通過率が低い業界・企業には特徴があり、大きく3つに分けることができます。

  1. 求めている人材のレベルが非常に高い
  2. 知名度が高く応募者が多い
  3. 募集人数が少ない
就活生に人気の企業は、特徴1か2うちどちらかに当てはまる企業です。

「就活の教科書」編集部 松村

 

特徴①:求めている人材のレベルが非常に高い

エントリーシートの通過率が低い業界・企業の特徴の1つ目は、求めている人材のレベルが非常に高いことです。

世界レベルで活躍していたり高度なスキルが必要な仕事をしていたりする企業のことです。

具体例としては、外資系企業や業界大手企業、コンサル業界などが挙げられます。

求めている人材のレベルが非常に高い企業は、エントリーシートの質問内容から難しくなっています。

ワンチャンを狙ってエントリーシートを出す人もいますが、ある程度の勝算がない限り時間の無駄になりそうです。

「就活の教科書」編集部 松村

 

特徴②:知名度が高く応募者が多い

エントリーシートの通過率が低い業界・企業の特徴の2つ目は、知名度が高く応募者が多いことです。

消費者向けのサービスを提供している業界やみんなが知っているような巨大企業のことです。

具体例としては、メーカーやマスコミ、食品業界が挙げられます。

「単純接触効果」という言葉を知っていますか?

ただ接触回数が多いだけのものに、好感を持つようになる心理学的な現象です。

単純接触効果のせいでメーカーやテレビ局など日常生活でよく目にする企業は、それだけで応募者が多くなります。

ニュースに取り上げられた企業も応募者数は増えます。

「就活の教科書」編集部 松村

 

特徴③:募集人数が少ない

エントリーシートの通過率が低い業界・企業の特徴の3つ目は、募集人数が少ないことです。

新卒の採用が必要なかったり会社の規模が小さかったりする企業のことです。

具体例としては、石油やコンサル業界などが挙げられます。

少数精鋭の企業ですね。

反対に、エントリーシートの通過率が高い業界・企業も気になりますよね。

「就活の教科書」編集部 松村

 

エントリーシートの通過率の高い業界・企業の特徴

エントリーシートの通過率が高い業界・企業の特徴は、人手不足だということです。

少しでも多くの人に入社してほしいと思っている業界・企業は、「選考を進むための最低ライン」なんて言ってられません。

たとえば、ITや介護業界です。

ITは人気な業界ですが、人手不足によりエントリーシートの通過率はとても高いです。

エントリーシートの通過率と業界の特徴を見てきました。

しかし、自分が提出しようとしている業界のエントリーシート通過率に関係なく、手を抜かずに書きましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

 

 

まとめ:エントリーシートの通過率で持ち駒が決まる

いかがだったでしょうか?

この記事では、エントリーシート(ES)の通過率が低い原因と3つと対策3つに加えて、業界・企業による通過率の特徴や平均通過率についてまとめました。

簡単にまとめるとこんな感じです。

 

エントリーシートの通過率

平均通過率:約50%

 

通過率が低い業界の特徴

  • 求めている人材のレベルが非常に高い
  • 知名度が高く応募者が多い
  • 募集人数が少ない

 

通過率が高い業界の特徴:人手不足

 

通過率が低い原因

  • 質問の意図を理解していない
  • 文章が下手
  • 受けている企業が身の丈に合っていない

 

通過率を高める対策

  • オリジナルのエントリーシートを書く
  • 読みやすい文章を書く
  • 業界・企業に合ったエントリーシートを書く

エントリーシートの通過率は、持ち駒にそのまま影響してきます。

エントリーシートの通過率を上げて、就活で良いスタートダッシュを決めましょう。

「就活の教科書」は就活に関する有益な記事を載せています。

他の記事が気になった方はぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

「エントリーシートの書き方がわからない!」「質問項目の答え方がわからない」という就活生には、ESについて網羅的に解説した記事がおすすめです。