【将来有望!】20代で年収500万稼げる仕事一覧| 高年収の業界/勝ち組企業ランキングも

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事で分かること
  • 20代で年収500万円は勝ち組
  • 【20代で年収500万超え!】勝ち組職業/仕事ランキング
  • 【20代で年収500万超え!】勝ち組企業ランキング
  • 【20代で年収500万超え!】勝ち組業界ランキング
  • 20代で年収500万円以上の勝ち組になるには資格を取得して昇格を目指す
  • 「自分に合う業界や企業がわからない…」という方は「適性診断AnalyzeU+」で診断するのがおすすめ

こんにちは。「就活の教科書」編集部のハリーです。

今回は、20代で年収500万円について解説していきます。

20代で年収500万円を超えている人って、どういう人だと思いますか?

「就活の教科書」編集部 ハリー

就活生くん

20代で年収500万円って凄そう・・・

僕みたいな何のとりえもない就活生でも、20代で年収500万円を目指せるんですか?

就活生ちゃん

確かに、どんな人が20代で年収500万円を超えているかは想像できないです・・・

20代で年収500万円を超える仕事って、どんな仕事があるんですか?

確かに、20代で年収500万円って、イメージできないですよね。

「就活の教科書」編集部 ハリー

そこで、この記事では20代で年収500万円は勝ち組か否かについて解説します。

あわせて、20代で年収500万円の仕事、企業、業界を紹介します。

最後に、勝ち組企業に就職するための対策方法、勝ち組になる方法についても解説します。

この記事を読めば、20代で年収500万円になるためにはどうすればいいのかがわかるようになります。

「20代で年収500万円は勝ち組?」「20代で年収500万円を稼ぐにはどうすればいい?」などの疑問を持っている就活生は最後まで読んでみてください。

自分に合う業界がわからないから、業界研究ができない…」という方は適性診断AnalyzeU+適職診断(就活の教科書公式LINE)同時利用して、まずは長所を知るのが一番おすすめです。

自己分析ツールを複数使うことで、自分の強みが活かせる業界を簡単に見つけやすくなるので、業界研究もスムーズにできるようになりますよ。

業界選びで後悔したくない…」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>>「適性診断AnalyzeU+」を使ってみる

>> 「適職診断」を受けてみる(就活の教科書公式LINE)

 

目次

 

【夢見すぎ?】20代で年収500万円は勝ち組なの?

就活生くん

そもそも20代で年収500万円ってすごいんですか?

20代で年収500万円がある人は、将来有望と言えます。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

結論:20代で年収500万円は勝ち組

20代で年収500万円を超えている人はかなりの有望株です。

国税庁の調査によれば、20代前半の男性の平均年収は277万円 、20代後半では393万円となっています。

このことから、20代で年収500万円を稼ぐ人材は勝ち組と言えるのです。

ちなみに、年収500万円だと税金を差し引くと、手取りはおよそ400万円になります。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

割合:年収500万円の男性/女性はどれくらいいるの?

年収500万円を月収に直すと約42万円で、厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査」によると、月給40万円以上45万円未満の男性は20~24歳のうちの0.2%、25~29歳の1.1%です。

女性の場合は20~24歳のうち0.1%、25~29歳の0.7%と男性より低い割合となります。

また、令和2年9月に発表された「民間給与実態統計調査」によると、令和元年の給与所得者のうち年収500万円台の人は全体の10.1%です。

このことから、20代で年収500万円を得ている人は、かなり少数であると言えます。

やっぱり、20代で年収500万円は難しいですよね・・・

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

【20代でも到達可能!】年収500万円を超える勝ち組職業/仕事ランキング

就活生ちゃん

20代で年収500万円ってすごいんですね!

じゃあ、実際に20代で年収500万円を超える仕事ってどんな仕事があるんですか?

20代で年収500万円を超える仕事は以下の5つです。

「就活の教科書」編集部 ハリー

年収500万円を超える勝ち組職業/仕事ランキング
  • 営業職
  • 事務職・管理職
  • 医療系の専門職
  • 技能工
  • ITエンジニア

それでは、一つずつ解説していきますね!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

職業①:営業職(平均年収:520万円)

年収500万円を超える勝ち組職業/仕事1つ目は、営業職です。

営業はインセンティブ比率の高い職種で、結果を出せば給料の上昇が容易です。

慣れるまでは大変ですが、結果さえ出せば20代で年収400万円を稼げる仕事が営業職なのです。

ちなみに、文系就職をする人の多くは営業職に配属されます。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

職業②:管理職(平均年収:644万円)

年収500万円を超える勝ち組職業/仕事2つ目は、管理職です。

管理職とは、課長や部長など、部下を持っている職業が該当します。

管理職の年収は高いのが一般的ではありますが、企業によっては管理職でも年収が低いところもあります。

とはいえ、平社員より給料が高いことは確実なので、20代で管理職のポストに就ければ、年収500万円を超えることも実現可能です。

20代で年収500万円稼いで、管理職の肩書も持っていたら、かなりレアな人材ですね!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

職業③:医療系の専門職(平均年収:420万円)

年収500万円を超える勝ち組職業/仕事3つ目は、医療系の専門職です。

「医療系専門職」とは、看護師や理学療法士、薬剤師など、医療に携わる仕事を指します。

国家資格や専門知識が必要な職種ということもあり、 高収入な仕事が多いのが特徴です。

就職するためにかなりの勉強が必要ですが、その対価である収入を考えるとコスパはいいと言えます。

ただし、同じ職業でも就職先によっては給料が低い場合もあるため、職場選びは慎重にしたほうがいいですね。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

職業④:技能工(平均年収:670万円)

年収500万円を超える勝ち組職業/仕事4つ目は、技能工です。

現場作業員や製造職、 職人などの「技能工」も技術があれば高年収に繋がる仕事です。

ただし、会社によっては能力が高くても給料が低いところもあります。

また、下積み期間が長い場合もあり、20代で年収500万円は可能ですが、最も目指しづらい仕事でもあります。

自分の腕一本で稼ぐ仕事って感じですね!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

職業⑤:ITエンジニア(平均年収:452万円)

年収500万円を超える勝ち組職業/仕事5つ目は、ITエンジニアです。

エンジニアの場合は、雇われエンジニアよりもフリーランスのエンジニアの方が稼げます。

もちろん、技術があることが前提ですが、20代で年収500万円を稼ぐことは可能です。

フリーランスエンジニアは実力さえあれば、20代で年収500万円はもちろん、600万円、700万円を実現できる職種でもあります。

ただし、実力がないと稼げない世界でもあるので、のんびりと働きたい人には向いていないかもしれません。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

20代で年収500万円を超える勝ち組企業ランキング一覧

就活生くん

20代で年収500万円を超える仕事については分かりました!

今度は、20代で年収500万円を超える企業について知りたいです。

20代で年収500万円を超える企業は以下の通りです。

※()内は平均年収

「就活の教科書」編集部 ハリー

20代で年収500万円を超える勝ち組企業ランキング
  1. キーエンス(1751万円)
  2. ヒューリック(1708万円)
  3. 三菱商事(1678万円)
  4. マクニカ富士エレ(1633万円)
  5. 伊藤忠商事(1627万円)
  6. TBS(1501万円)
  7. 三井物産(1482万円)
  8. スクウェア・エニックス(1469万円)
  9. ソフトバンクグループ(1405万円)
  10. 日本テレビ(1384万円)
  11. 住友商事(1356万円)
  12. 電通(1341万円)
  13. 東京海上日動火災保険(1292万円)
  14. テレビ東京(1289万円)
  15. テレビ朝日(1280万円)
  16. MS&AD(1,278万円)
  17. 東京エレクトロン(1277万円)
  18. 丸紅(1276万円)
  19. 第一三共(1275万円)
  20. コンコルディアフィナンシャルグループ(1,274万円)
  21. 野村総合研究所(1,274万円)
  22. 三井不動産(1273万円)
  23. 三菱地所(1267万円)
  24. 日本M&Aセンター(1243万円)
  25. 野村総合研究所(1225万円)
  26. ジャフコ(1220万円)
  27. ジャストシステム(1198万円)
  28. 丸紅(1192万円)
  29. 東京エレクトロン(1179万円)
  30. サントリー(1118万円)

どの企業も有名な企業ばかりですね!

そして、平均年収が1000万円を超えている企業ばかりです。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

20代で年収500万円を超える勝ち組業界ランキング一覧

就活生ちゃん

20代で年収500万円を超える業界については分かりました!

今度は、20代で年収500万円を超える業界について知りたいです。

20代で年収500万円を超える業界は以下の通りです。

※()内は平均年収

「就活の教科書」編集部 ハリー

20代で年収500万円を超える勝ち組業界ランキング
  1. メーカー(453万円)
  2. 金融(448万円)
  3. 総合商社(446万円)
  4. IT/通信(444万円)
  5. メディカル(426万円)
  6. 建設/プラント/不動産(418万円)
  7. インターネット/広告/メディア(407万円)
  8. 専門商社(406万円)
  9. サービス(369万円)
  10. 小売/外食(353万円)

業界単位で見ると年収500万円を超えていませんが、役職が付けば500万円を超えることができます。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

たった10分で自分の強みと弱みがわかる!就活生の4人に1人が使っている自己分析法

「自分に合った業界や企業がわからない…」という方は適性診断AnalyzeU+を使って自己分析をするのが一番おすすめです。

適性診断AnalyzeU+を使うと、5分~10分で自分の強みや弱みが正確にわかるので、自分の長所を活かせる業界や企業を簡単に見つけられます。

「業界/企業選びや仕事選びで後悔したくない!」という方は、ぜひ適性診断AnalyzeU+を利用してみてくださいね。

診断結果は次のようにかなり詳しく分析されます。

就活アドバイザー 京香

自分の強みや弱みが詳しく分析されるので、自己分析や自己PRにも十分使えます。

例えば、ESや面接で「あなたの長所は?短所は?」なんて聞かれた時も簡単に答えられるようになります。

就活生の4人に1人が利用しているので「強みを活かせる業界や企業を見つけたい!」「自分に合う仕事に就きたい!」という方は、せひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 適性診断AnalyzeU+を使ってみる

 

当サイトがおすすめする自己分析のやり方は以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

20代でも年収500万円を超える勝ち組企業に就職する対策法

就活生くん

20代で年収500万円を超える業界については分かりました!

けど、20代で年収500万円を超える企業に就職するにはどうすればいいですか?

20代年収500万円を超える企業に就職するための対策法は以下の5つです。

「就活の教科書」編集部 ハリー

20代でも年収500万円を超える勝ち組企業に就職する対策法
  • 大学3年生の4月頃から就活を始める
  • 自己分析をして自分を理解しておく
  • インターンシップに参加して早期選考枠を狙う
  • 業界や企業を徹底的に研究しておく
  • ES・面接対策を誰よりも行う

では、一つずつ解説していきますね!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

対策法①:大学3年生の4月頃から就活を始める

20代でも年収500万円を超える勝ち組企業に就職する対策法1つ目は、大学3年生の4月頃から就活を始めるです。

一般的な就活のスタートは大学4年の春ですが、20代で年収500万円を稼げる優良企業に就職するためには、大学3年の4月頃から動き始めておく必要があります。

なざなら、日本の就活では「早期選考」という、一般的な本選考よりも早い段階で行われる就活が存在し、早期選考の難易度は本選考よりも低いとされているからです。

大学3年生の4月頃から動き始めることが、20代で年収500万円を稼ぐための秘訣なのです。

早期選考は非常におすすめなので、優良企業に就職したい人は受けてみて下さい!

就活を始めたいけど始め方がわからないという就活生は、以下の記事で就活のやり方について解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

対策法②:自己分析をして自分を理解しておく

20代でも年収500万円を超える勝ち組企業に就職する対策法2つ目は、自己分析をして自分を理解しておくです。

自己分析をしっかりと行うことで「なぜ自分はこの会社を志望しているのか」を明確に言語化することができます。

この自己分析を怠って面接に落ちる就活生はかなり多いです。

面接を突破して20代で年収500万円を稼ぐためにも、徹底的に自己分析を行いましょう。

個人的に、自己分析にはかなり時間をかけるべきだと思っています。

自己分析のやり方については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

対策法③:インターンシップに参加して早期選考枠を狙う

20代でも年収500万円を超える勝ち組企業に就職する対策法3つ目は、インターンシップに参加して早期選考枠を狙うです。

インターンシップは企業の理解を深めて、志望理由をクリアにするのに役立ちます。

加えて、一部の企業では、インターンシップ参加者に特別選考ルートや早期選考枠を用意している場合もあり、インターンシップに参加するだけで、内定に大きく近づくことも可能です。

インターンシップへの参加は、20代で年収500万円を目指す人には必須と言っても過言ではありません。

実際に私もインターンシップに参加して、早期選考枠を勝ち取りました!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

対策法④:業界や企業を徹底的に研究しておく

20代でも年収500万円を超える勝ち組企業に就職する対策法4つ目は、業界や企業を徹底的に研究しておくです。

就活の基本ですが、業界・企業研究はとても重要です。

なぜなら、業界・企業研究を怠ると、面接で志望動機を答えられなかったり、面接官の質問に曖昧に回答してしまうことになるからです。

業界・企業研究をしっかり行うことで、20代で年収500万円を稼げる企業に就職できる可能性が高まるのです。

業界・企業分析も自己分析と同じくらい時間をかけて行いましょう!

業界研究や企業研究のやり方については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

対策法⑤:ES・面接対策を誰よりも行う

20代でも年収500万円を超える勝ち組企業に就職する対策法5つ目は、ES・面接対策を誰よりも行うです。

当然ですが、選考を突破するためにはES・面接対策は必須です。

特に、20代で年収500万円を超える優良企業に就職するなら、人一倍ES・面接対策に時間をかける必要があります。

ES・面接対策を完璧にこなすことで、面接に自信を持って臨めるようになるのです。

特にESは、書いたら必ず誰かに添削してもらいましょう!

ESの書き方や面接対策については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

【20代の就活生必見!】年収500万円以上の勝ち組になる方法

就活生くん

20代でも年収500万円を超える勝ち組企業に就職する方法はわかりました!

けど、もし新卒でそういった企業に就職できなかったら、どうすればいいですか?

年収500万円以上の勝ち組になる方法は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 ハリー

年収500万円以上の勝ち組になる方法
  • 平均年収が高い企業に転職する
  • 副業で稼ぐ
  • 資格を取得して昇格を目指す

では、一つずつ解説していきますね!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

方法①:平均年収が高い企業に転職する

年収500万円以上の勝ち組になる方法1つ目は、平均年収が高い企業に転職するです。

会社で稼げる給料の幅は、その会社がいくらの給料を出せるか、つまり平均年収によって大きく異なります。

特に、20代で年収500万円を目指すのであれば、大企業、もしくは急成長中のベンチャー企業などに転職する必要があります。

年収を上げたいのであれば、平均年収の高い企業に転職するのがシンプルかつ効果的な方法なのです。

企業の面接で「20代でどれぐらい稼げますか?」と聞いてみてもいいかもしれませんね!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

方法②:副業で稼ぐ

年収500万円以上の勝ち組になる方法2つ目は、副業で稼ぐです。

スキルや経験不足で転職が難しい場合は、今の会社に留まりながら副業で稼ぐという手段もあります。

アフィリエイトやプログラミングなど、副業の種類は様々ですが、本業に差し障りがない程度に働いて稼ぐことも十分可能です。

特にここ数年は「副業解禁」を宣言している企業も多く、副業自体が追い風になっているため、副業で年収500万円を目指すのは、かなり現実味があると言えます。

個人的にも、就職しても副業はしたいと思っていますね。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

方法③:資格を取得して昇格を目指す

年収500万円以上の勝ち組になる方法3つ目は、資格を取得して昇格を目指すです。

職業によっては、資格を取得することで、よりハイレベルな業務に携わることができることがあります。

そういった職業を生業としている企業の場合、資格取得をサポートしてくれたり、資格取得で昇格・昇給が望める場合もあります。

もちろん資格にも良し悪しはありますが、本当に必要な資格なら、取得に挑戦してみてもいいかもしれませんね。

私は勉強が苦手なので、資格がいる職業には就職しないですね・・・(笑)

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

年収500万円が勝ち組かどうかに関するよくある質問

就活生ちゃん

20代年収500万円を超える方法については分かりました!

あとは、他の人たちがどんなことを疑問に思っているのか知りたいです・・・

年収500万円の20代に関するよくある質問は以下の3つです。

「就活の教科書」編集部 ハリー

年収500万円が勝ち組かどうかに関するよくある質問
  • 年収500万円は難しい?
  • 年収500万円は夢見すぎなの?
  • 地方の年収500万円は勝ち組?

では、一つずつ解説していきますね!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

質問①:年収500万円は難しい?

年収500万円が勝ち組かどうかに関するよくある質問1つ目は、「年収500万円は難しい?」です。

結論から言えば、年収500万円は難しくはありません。

40代、50代で正社員であれば、ボーナスなども合わせれば、年収500万円は平均的な額です。

ただし、20代で年収500万を稼ぐのは難しいです。

20代で年収500万円を稼ぐためには、かなりの努力が必要になります。

年収500万円を20代で稼げる人はかなり優秀です!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

質問②:年収500万円は夢見すぎなの?

年収500万円が勝ち組かどうかに関するよくある質問2つ目は、「年収500万円は夢見すぎなの?」です。

年収500万円を求めることは、夢を見すぎでもなんでもありません。

20代で年収500万円に到達するのは難易度が高いですが、実際に稼いでいる人はたくさんいます。

努力次第ではありますが、年収500万円は誰でも到達可能なラインです。

30代、40代まで待てるなら、年収500万円は十分現実的だと思います!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

質問③:地方の年収500万円は勝ち組?

年収500万円が勝ち組かどうかに関するよくある質問3つ目は、「地方の年収500万円は勝ち組?」です。

地方で年収500万円を稼ぐ人材は、文句なしの勝ち組です。

なぜなら、地方には高給を払う会社が少なく、そもそも年収が高い業界の企業自体が地方には少ないからです。

そのため、地方で年収500万円を稼ぐのであれば公務員が妥当な選択肢ですが、公務員は試験があるため、誰でもなれるわけではありません。

つまり、地方で年収500万円を稼げる人材は勝ち組と言えるのです。

地方で「公務員になる!」と言うと、ものすごく親孝行になるみたいですね。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:20代の年収500万円は勝ち組だけどかなり難しい!

本記事、「【将来有望!】20代で年収500万を稼げる仕事一覧 | 高年収の業界/企業ランキングも」はいかがだったでしょうか?

この記事では20代で年収500万円は勝ち組か否かについて解説しました。

あわせて、20代で年収500万円の仕事、企業、業界を紹介しました。

最後に、勝ち組企業に就職するための対策方法、勝ち組になる方法についても解説しました。

この記事のまとめは以下の通りです。

本記事のまとめ

◆【男性でも一握り!】年収500万円の20代は勝ち組なの?

  • 結論:20代で年収500万円は勝ち組
  • 割合:年収500万円の男性/女性はどれくらいいるの?

◆【20代でも到達可能!】年収400万円の職業/仕事ランキング一覧

  • 職業①:営業職(平均年収:〇〇万円)
  • 職業②:管理職(平均年収:〇〇万円)
  • 職業③:医療系の専門職(平均年収:〇〇万円)
  • 職業④:技能工(平均年収:〇〇万円)
  • 職業⑤:ITエンジニア(平均年収:〇〇万円)

◆20代で年収500万円を超える業界ランキング一覧

◆20代で年収500万円を超える企業ランキング一覧

◆20代でも年収500万円を超える勝ち組企業に就職する対策法

  • 対策法①:大学3年生の4月頃から就活を始める
  • 対策法②:自己分析をして自分を理解しておく
  • 対策法③:インターンシップに参加して早期選考枠を狙う
  • 対策法④:業界や企業を徹底的に研究しておく
  • 対策法⑤:ES・面接対策を誰よりも行う

◆【20代の就活生必見!】年収500万円以上の勝ち組になる方法

  • 方法①:平均年収が高い企業に転職する
  • 方法②:副業で稼ぐ
  • 方法③:資格を取得して昇格を目指す

◆年収500万円が勝ち組かどうかに関するよくある質問

  • 質問①:年収500万円は難しい?
  • 質問②:年収500万円は夢見すぎなの?
  • 質問③:地方の年収500万円は勝ち組?