>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【就活やり直しはアリ?】いつまでなら大丈夫? | やり直しを成功させるポイント

【まだ間に合う】就活をやり直せるのはいつまで? _ やり直しを成功させるポイントも

この記事でわかること
  • 就活のやり直しは入社の2週間前までは可能
  • 就活をやり直す人は意外と多い
  • 就活をやり直しても良いのは現状に納得いかないケース
  • 就活のやり直しを成功させる5つのポイント
  • 就活をやり直す以外の3つの選択肢

 

こんにちは。「就活の教科書」編集部の天野です。

今回は「就活やり直し」について解説していこうと思います。

就活生のみなさんは、就活をやり直すかどうか考えたことはありますか?

「就活の教科書」編集部 天野

就活生くん

自己分析をした結果、業界選びからもう一度しなければいけないことが分かったので、就活をやり直したいです。

就活をもう一度やり直しができるのはいつまでなんでしょうか・・・

就活生ちゃん

さすがに内定式に出席したら、就活のやり直しはできないですよね?

10月から就活のやり直しをしようとしても、受けれる企業も残ってなさそうだな・・・

就活がいつまでならやり直しができるか、あまりよくわからないですよね。
実は、内定承諾書を提出しても、就活はやり直しができます。

「就活の教科書」編集部 天野

この記事では、就活をやり直せる時期や特徴を解説します。

合わせて、就活のやり直しを成功させるポイント、就活をやり直す以外の選択肢も紹介します。

この記事を読めば、「就活のやり直しってできるんだろうか…」と悩むこともなくなります。

「就活をやり直したいけど、勇気が出ない…」そんな就活生は、ぜひ最後まで読んでください。

 

画像タップでページ内に飛びます

就活 やり直し ケース>> しても良いケース

就活 やり直し ポイント>> 成功させるポイント

 

【間に合うのはいつまで?】就活のやり直しが可能な期間

就活生くん

僕は就活を初めてから少し時間がたっています。

そもそも就活ってやり直せるんですか?

結論から言うと、就活はやり直せます。

「就活の教科書」編集部 天野

法的には、入社の2週間前までは就活をやり直せます。

内定式や懇親会で、他の内定者や社員と話してみると、就活中のイメージと違うこともあります。

どうしても入社するのが嫌な場合は、内定承諾後も就活のやり直しはできます。

内定承諾書の提出以降、企業はあなたの入社に向けて準備をしています。
内定を辞退することは、企業に迷惑をかける行為だということを忘れないようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

就活生くん

就活はいつでもやり直すことができるのですね。

就活をやり直す時期で、おすすめのタイミングはありますか?

就活のやり直しは、いつの時期でも大丈夫です。

「就活の教科書」編集部 天野

9月〜11月は、通年採用の企業と、夏から採用を継続している企業が秋採用を行なっています。

また12月〜3月は、新卒採用を行っている企業の半分以上が冬採用を行なっています。

そのため、就活をやり直す時期は、いつでも大丈夫です。

大学卒業が目前だとしても、就職エージェントを使えば、企業を紹介してもらえますよ。
就活エージェントについて詳しく知りたい就活生は、以下の記事も参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 天野

 

就活生ちゃん

でもやっぱり、就活をやり直す人って少ないんですよね・・・

みんなと違う行動をするのは少し不安になります。

実は意外と多くの就活生が、就活をやり直す・就活をやり直したいと考えているんですよ!

次に実際に就活のやり直しを考えている人の声を聞いてみましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

就活をやり直す就活生は意外と多い

就活をやり直したいと考える人には、理由は様々です。

具体的には、今の就活に納得できない、留年が確定した、内定が無い、もっと自分のしたいことをしたい…などポジティブな理由やネガティブな理由があります。

こちらは実際に就活をやり直す就活生の声です。

「就活の教科書」編集部 天野

就活生くん

理由はどうであれ、就活をやり直す人は意外とたくさんいるんですね。

就活生ちゃん

でもやっぱりネガティブな理由が多く、社会的にあまり受け入れられない気がします・・・

そんなことありませんよ。

考え方は人それぞれですが、人生において大切な就活を納得いくまでやり直すことにポジティブなイメージを持っている人もいます。

「就活の教科書」編集部 天野

 

就活生ちゃん

就活をやり直すことが完全にネガティブなものではないのですね。

では実際に留年などの外的要因を除くと、どのような人が就活をやり直すことを検討するのでしょうか?

就活をやり直すにしても、意思決定の理由が大切になりますよね。

では次に、自分が本当に就活をやり直すべきなのかを判断するために、就活をやり直しても良いケースを見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

就活をやり直しても良いケース

就活をやり直しても良いケース

ここでは就活をやり直すことを検討している人が、本当に就活をやり直すべきなのかを判断するために、実際に就活をやり直す人の特徴を解説していきます。

就活をやり直しても良いケースは3つあります。

「就活の教科書」編集部 天野

就活をやり直しても良いケース
  • ケース①:志望している業界・企業の内定をとれなかった
  • ケース②:周りに合わせてなんとなくの感覚で就活をした
  • ケース③:就活を早く終わらせたいから内定が取れた時点で就活を終えた

それでは1つずつ確認して、自分がどの特徴に当てはまっているかを把握しましょう。

そして、最適な判断が出来る準備を整えていきましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

ケース①:志望している業界・企業の内定をとれなかった

就活をやり直しても良いケース1つ目は、志望している業界・企業の内定をとれなかったということです。

企業やキャリアプランにこだわりを持っていたり、志望業界を絞っているからです。

こだわりを持っていることや志望業界を絞っていることが悪いということではありません。

でも例えば、IT業界だけを考えている人と、商社、金融、IT業界などの広い業界で就活を進めている人。

また、人材業界の〇〇会社だけを考えている人と、人材業界の会社をまんべんなく考える人。

どちらも後者の方が選択肢が多く、内定がもらえる可能性が高いですよね。

人事さん

業界や企業の選択肢が少なかったら就活の選択肢も当然少なくなってしまいます。

なので、就活をやり直しても良いケースとして志望している業界・企業の内定をとれなかったということがあります。

できるだけ広い視野で就活を進めていくことは大切です。

業界をもっと知りたい人は、志望業界の見つけ方などが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

ケース②:周りに合わせてなんとなくの感覚で就活をした

就活をやり直しても良いケース2つ目は、周りに合わせて、なんとなくの感覚で就活をしたということです。

就活に対する準備や知識が甘いと、内定後や就職後に理想とのギャップが生まれるからです。

就活をやり直す多くのパターンとして、内定後のOBとの座談会や仕事が始まってみて「思っていたのと違う」となることです。

その原因は、就活を進める時に周りの友達が大企業を受けているから大企業を受けるや、メディアが華やかなイメージがあるからメディア業界を志望していたなどがあげられます。

これらのように、周りに合わせてなんとなくの感覚で就活をすると、結果的にもう一度就活をやり直す必要があることが多いです。

このように1回目の就活できちんと知識を付けたり、準備をしなければ、2度手間になってしまうということがあります。

就活は本当に知識と準備が大切なんですよね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

ケース③:就活を早く終わらせたいから内定が取れた時点で就活を終えた

就活をやり直しても良いケース3つ目は、就活を早く終わらせたいから内定が取れた時点で就活を終えたということです。

就活がしんどくて辛いので、納得していないけど妥協して早く終わらせてしまうことが多いからです。

就活は半年から1年の辛抱ですが、会社に勤めると最長で約40年ほどその環境で働くことになります。

どれだけ就活での選択が大切で、本当に自分にとってしんどいかを考えることが大切です。

このように、就活を早く終わらせたいから内定が取れた時点で就活を終えると就活をまたやり直す人が多いとうことは把握しておく必要があります。

就活をやり直したくないのであれば、内定が出たからと就活を終えるのではなく、本当に自分が納得のいく選択なのかをもう一度判断することが大事ですよね。

「就活の教科書」編集部 天野

就活生くん

なるほど。就活をやり直しても良いケースは様々なのですね。

他にも、就活で後悔するパターンはいくつかありますよ。

先に後悔パターンを知って対策をしたい人は、就活の後悔パターンと対処法が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

就活のやり直しを成功させるポイント

就活のやり直しを成功させるポイント

就活をやり直すと決めた人が、もう2度と就活を失敗しないようにするために、就活のやり直しを成功させるポイントを解説します。

就活のやり直しを成功させるポイントは5つあります。

「就活の教科書」編集部 天野

就活のやり直しを成功させるポイント
  • ポイント①:受ける企業を変えてみる
  • ポイント②:他己分析をしてみる
  • ポイント③:大学のキャリアセンターを活用してみる
  • ポイント④:就職エージェントを活用してみる
  • ポイント⑤:スカウトアプリを活用してみる
それでは1づつ確認し、改めて就活を成功させる準備を整えていきましょうね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

ポイント①:受ける企業を変えてみる

就活のやり直しを成功させるポイントの1つ目は、「受ける企業を変えてみる」です。

内定がもらえなかった人は、受ける業界や企業が自分と合っていない可能性が高いからです。

今までは業界トップの企業しか受けていなかったものを業界3位まで視野に入れてみる。

商社しか視野に入れていなかったものをITや金融業界なども視野に入れてみる。

このようにもう一度、志望企業や業界を検討し、受ける企業を変えてみると就活のやり直しが成功する可能性が高まります。

就活生ちゃん

もっと多くの業界を視野に入れるとか、業界規模を変えるって何をすればいいかわからない・・・

大丈夫です。そんな時は、こちらの「業界地図」を用いてください。

業界内における企業の業績や順位、提携関係などを「地図」の形にして、視覚的にわかりやすく解説されています。

さまざまな業界を「深く広く」知るには最適なこの1冊を是非読んで見てくださいね。

「就活の教科書」編集部 天野

「会社四季報」業界地図 2020年版

「会社四季報」業界地図 2020年版

2,410円(11/28 15:42時点)
発売日: 2019/08/23
Amazonの情報を掲載しています

 

ポイント②:他己分析をしてみる

就活のやり直しを成功させるポイントの2つ目は、「他己分析をしてみる」です。

自己分析がきちんと行えていなかったから、現状の就活に満足いかないということが多いからです。

そのために自己分析を再度行うのもいいですが、おすすめは「他己分析」です。

自分では気づくことが出来ない新たな一面を知ることが出来るからです。

他己分析をして、就活の軸や、志望理由と企業が本当にマッチしているかをもう1度検討し直すことで、就活のやり直しが上手くいくことがあります。

そして、様々な企業の説明会に参加したり、面接を経て自分を見つめ直すことで、就活の軸も定まっていきます。

他己分析のやり方がわからない人や、自己分析が苦手だと感じる人は下記の記事で詳しく解説しているので、合わせて読むことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 天野

 

ポイント③:大学のキャリアセンターを活用してみる

就活のやり直しを成功させるポイントの3つ目は、「大学のキャリアセンターを活用してみる」です。

大学のキャリアセンターには、全国の求人情報が集まってきます。

またどんなに遅いタイミングで就活をやり直しても、親切に対応してくれます。

キャリアセンターは就活に困っている就活生の心強い味方です。
大学のキャリアセンターにしか掲載されていない企業情報もありますよ。

キャリアセンターについてもっと知りたい人は、使い方やメリットが分かりますので、こちらの記事で参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

ポイント④:就職エージェントを活用してみる

就活のやり直しを成功させるポイントの4つ目は、「就職エージェントを活用してみる」です。

就職エージェントには、中小企業やベンチャー企業など、多くの企業から求人情報が集まってきます。

また早期選考ルートの紹介もしてくれるので、就活を最速でやり直せます。

今すぐ、最速で就活をやり直したいなら専属アドバイザーが豊富に在籍する「キャリアチケット」がおすすめです。

なぜなら、キャリアチケットを利用すれば、厳選されたホワイト企業から最短2週間で内定を獲得できるため、最速で就活をやり直せるからです。

就活をやり直す上で大切なのは、企業を効率よく複数受けられるスピード感と、内定を1つでも早く獲得して、本命企業を受けるまでに気持ちに余裕を持つことです。

内定が無い状態では、内定をもらうことがゴールになってしまい納得のいく就活ができません。

そのため、就活をやり直したい方には、キャリアチケットはぴったりのサービスであるといえます。

キャリアチケットを利用すれば、専属アドバイザーが個別でES対策や面接対策を内定が貰えるまでサポートしてくれますよ。

まずは「キャリアチケット」に登録して、個別面談をしてもらい、就活をやり直す旨を伝えましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

>>キャリアチケットの個別サポートを受けてみる

 

ほかにオススメできる就職エージェントはたくさんあります。

就職エージェントについてもっと知りたい人は、下記の記事を参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

ポイント⑤:スカウトアプリを活用してみる

就活のやり直しを成功させるポイントの5つ目は、「スカウトアプリを活用してみる」です。

スカウトアプリとは企業側が就活生のプロフィールを見てオファーを出す「逆求人サービス」のことです。

スカウトアプリを利用すれば、自分が知らなかった優良企業からのオファーや自分の特性を活かせる企業とマッチできるため、納得のいく就活ができ、満足していない今の現状をすぐにやり直すことができます。

そして、就活生におすすめのスカウトアプリが「OfferBox(オファーボックス)」というサービスです。

OfferBoxは、「登録企業数」、「利用学生数」共に第1位の逆求人サイトで、今や就活生の4人に1人が利用している人気逆求人サイトです。

逆求人サイトOfferBoxの特徴は以下です。

「就活の教科書」編集部 天野

OfferBoxの特徴

  • 自己分析ツールを利用できる(適性診断が無料)
  • オファーの質が高い(1企業100通まで)
  • 大手有名企業も多数参加(東証一部上場企業の19%が登録)
  • 選考をスキップできる本気のオファーが多い

OfferBoxは、登録企業数が多いだけでなく、有名大手企業や採用に積極的な企業が多数登録しています。

さらに、1企業100通までしかオファーの送信ができないため、一斉送信でむやみやたらにオファーを出すことがありません。

そのため、オファーの質が非常に高く自分の特性に合った企業とマッチするため、今の内定先に満足していなくて就活をやり直したいと思う方にぴったりのサービスです

サイト内で自己分析ツールが無料で利用できるので、自己分析に自信がない人も使うべきサービスだといえます。

OfferBoxを特に利用すべき方は以下の特徴に当てはまる方です!

「就活の教科書」編集部 天野

OfferBoxを利用すべき就活生

  • 就活をやり直したい
  • 自分に会う会社がわからない
  • 自分の強みがわからない
  • 自己分析が苦手
  • とにかく内定が欲しい
  • 持ち駒を増やしたい

上記の特徴に当てはまった方は、OfferBoxを利用して企業からオファーを貰い、効率よく就活を進めていきましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

>>OfferBox(オファーボックス)で自分に合う会社を診断してみる

 

1度自分のプロフィールを登録するだけで、後は自動的にスカウトしてくれるのでとても便利ですよね。

スカウトアプリをもっと知りたい人は、オススメのスカウトアプリ15選が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

ポイント⑥:就活イベントに参加してみる

就活のやり直しを成功させるポイントの6つ目は、「就活イベントに参加してみる」です。

就活をやり直して、早く内定を獲得するためには、複数の選考を効率よく受験して内定獲得のチャンスを増やす必要があります。

就活イベントに参加すれば、1日に複数の企業をまとめて受験できます。

「通常の選考の流れ」と「就活イベントを利用した選考の流れ」の違いを下記にまとめました!

「就活の教科書」編集部 天野

【通常の選考の流れ】

企業を探す→エントリーする→選考の日程調整をする→1社ずつ受験する

【就活イベントの選考の流れ】

就活イベントに参加する→参加企業と接触する→複数の選考を1日で一気に受験する

就活イベントの利用で、内定獲得までの道のりが省略されるので、効率よく内定を獲得して、就活をやり直したい方には、特におすすめのサービスです。

「就活の教科書」編集部 天野

そして、就活イベントの中で最もおすすめなのが、Meets Company(ミーツカンパニー)です。

Meets Companyとは、年間のサービス利用者が10万人を超えるビッグイベントで、「利用学生数数」、「開催数」、「登録企業数」共に第1位の人気イベントです

さらに、Meets Companyの最大の特徴は、1日に最大8社同時に選考を進められる点です。

全国で開催されているため、全就活生が一度は参加すべきイベントだといえます。

Meets Companyの特徴についておさらいです!

「就活の教科書」編集部 天野

Meets Companyの特徴をおさらい

  • 全国開催で全就活生が利用可能
  • 「利用学生数数」、「開催数」、「登録企業数」共に第1位
  • 1日に最大8社同時に選考を進められる

人気就活イベント「Meets Company」に参加して、まとめてたくさんの企業を受験して内定獲得に近づきましょう!

「就活の教科書」編集部 天野

>>Meets Company(ミーツカンパニー)の参加企業をみて見る

 

他にも参加すべき就活イベントがいくつかあります。

下記の記事で一覧にしてまとめたので、就活のやり直しがしたい人はぜひ合わせて読むことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 天野

 

ちなみに、”就活の教科書公式LINE”では「今から内定を取る方法」を配信しています。

「就活の教科書公式LINE」は、このサイトが配信しているLINEメルマガです。

就活のやり直しをしたい就活生にオススメです。

「就活の教科書」編集部 天野

【就活の教科書LINE】内定者が"本当の就活情報" をLINEにお届け

「内定がもらえていない」「内定はもらえたけど本当に入社すべきなのか迷っている」という学生は、今すぐ就活の教科書公式LINEに登録してください。

さらに今だけ、特典として”就活逆転マニュアル”をプレゼントしています。

就活の教科書LINEメルマガの配信内容や特典内容については、下記の記事にまとめています。

 

就活をやり直す以外の3つの選択肢

就活をやり直す以外の選択肢には、以下の3つがあります。

「就活の教科書」編集部 天野

就活をやり直す以外の3つの選択肢
  • とりあえず就職してみる
  • 就職浪人(留年)して、新卒として再挑戦する
  • 既卒として来年度の就活に再挑戦する
それでは、就活をやり直す以外の選択肢を1つずつ紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 天野

 

選択肢①:とりあえず就職してみる

就活をやり直す以外の選択肢の1つ目は「とりあえず就職してみる」です。

とりあえず今の内定先に就職して、転職するという手段もあります。

働く経験は決して無駄にはならず、働いてみてから自分のしたいことが見えてくることもあります。

ただし、中途半端な気持ちで働くのは会社に失礼なので、働くと決めたら全力で働きましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

選択肢②:就職浪人(留年)して、新卒として再挑戦する

就活をやり直す以外の選択肢の2つ目は「就職浪人(留年)して、新卒として再挑戦する」です。

どうしても内定先で働きたくない場合、就職浪人して、新卒として再挑戦する手段もあります。

1年の期間は空きますが、自分としっかり向き合えるので納得のいく就活ができます。

就職留年について知りたい人は、就職留年のメリット・デメリットが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

選択肢③:既卒として来年度も就活に再挑戦する

就活をやり直す以外の選択肢の3つ目は「既卒として来年度も就活に再挑戦する」です。

新卒という肩書きにこだわらないのであれば、既卒として来年度も就活に再挑戦する手段もあります。

留年とは違い、大学の授業にも出なくていいので、より就活に集中できます。

就職浪人(既卒)について知りたい人は、就職浪人のメリット・デメリットが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

内定承諾書の提出後でも就活のやり直しはできる?

就活生くん

内定先の企業に、内定承諾書をもう出してしまいました。
それでも内定辞退をして、就活のやり直しはできますか?

内定承諾書を出した後でも、内定は辞退できます。

「就活の教科書」編集部 天野

法的には、入社の2週間前までは内定を辞退できます。

しかし入社まで2週間を切っている場合に内定辞退をすると、損害賠償を請求される可能性もあるので注意しましょう。

また企業側が内定辞退を承諾してくれても、企業も費用と時間を使ってあなたを採用したことを忘れず、誠実に謝罪しましょう。

内定承諾書を出してしまっていても、内定辞退はできます。
自分の納得がいくまで、就活をやり直しましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

内定辞退ついては、こちらの記事で例文やマナーを紹介していますので、合わせて参考にしてください。

 

 

まとめ:就活のやり直しは広い視野をもって考えよう

この記事では、就活をやり直せる時期を解説しましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、就活のやり直しを成功させるポイント、就活をやり直す以外の選択肢も紹介しました。

今回学んだことは、以下の通りです。

そもそも、就活のやり直しってできるの?間に合うのはいつまで?就活をやり直す就活生は意外と多い

就活をやり直しても良いケース

  • ケース①:志望している業界・企業の内定をとれなかった
  • ケース②:周りに合わせてなんとなくの感覚で就活をした
  • ケース③:就活を早く終わらせたいから内定が取れた時点で就活を終えた

就活のやり直しを成功させるポイント

  • ポイント①:受ける企業を変えてみる
  • ポイント②:他己分析をしてみる
  • ポイント③:大学のキャリアセンターを活用してみる
  • ポイント④:就職エージェントを活用してみる
  • ポイント⑤:スカウトアプリを活用してみる

就活をやり直す以外の3つの選択肢

  • 選択肢①:とりあえず就職してみる
  • 選択肢②:就職浪人(留年)して、新卒として再挑戦する
  • 選択肢③:既卒として来年度も就活に再挑戦する

内定承諾書の提出後でも就活のやり直しはできる?

まとめ:就活のやり直しは広い視野をもって考えよう

就活は、法的には入社の2週間前まではやり直しできます。
また大学のキャリアセンターや就職エージェントを利用すると、すぐに内定をもらえる場合もあります。
どうしても内定先に就職したくない場合は、広い視野と覚悟をもって、就活をやり直しましょう。

「就活の教科書」編集部 天野

 

最後に、就活のやり直しを考えている人に、ぜひ読んでほしい他の記事を紹介しておきます。

納得のいく就活を目指している人は、あなたのためになる情報が載っていますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。