【適職がわからない】自分に合った仕事とは?|探し方、ポイント、おすすめ診断まで

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事からわかること

皆さんこんにちは!「就活の教科書」編集部のりなです。

この記事では、自分に合った仕事について詳しく解説していきます。

就活生の皆さんは、「自分に合った仕事は何だろう?」と疑問に思っている方は多いのではないでしょうか。

「就活の教科書」編集部 りな

就活生くん

現在、就職活動を行っているのですが、どういう仕事が自分に合っているのかわかりません・・・

自分に合った仕事を見つけるポイントなどあれば知りたいです。

就活生ちゃん

私は、来年就活をしないといけないのですが、将来どういう仕事をしたいのか決められないです・・・

確かに、自分に合った仕事を探すのは難しいですよね。

就職や転職をする際に、自分に合った仕事は何なのか把握しておきたいですよね。

「就活の教科書」編集部 りな

そこでこの記事では、「自分に合った仕事」について解説していきます。

合わせて、「自分に合った仕事の見つけ方/探し方」や、「自分に合った仕事を探すときのポイント」を紹介していきます。

この記事を読めば、自分に合った仕事の見つけ方や、見つけるときの注意点などを知ることができます!

自分に合った仕事が何なのかまだ分からない方は、ぜひ最後までこの記事を読んで参考にしてみてください!

 

「仕事や就活が上手くいかない…自分の適職って何だろう?」という方は適職診断(公式LINE)を使ってあなたに向いている仕事を把握するのが一番おすすめです。

あなたの強みと向いている仕事がわかるので、あなたがこれから進むべき道が見えてきます。

仕事や就活が上手くいっていないから将来が不安…」という方は、ぜひ適職診断を試してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 適職診断を試してみる(公式LINE)

 

目次

 

そもそも自分に合った仕事/適職とは?

就活生くん

そもそも、他の就活生は自分に合った仕事を見つけているのでしょか・・・

僕だけが、自分に合った仕事を見つられていない気がします・・・

そんなことはないです!

自分に合った仕事がわからない就活生や転職者は多くいます。

ここで、自分に合った仕事がわからない方の悩みの声を紹介したいと思います。

「就活の教科書」編集部 りな

 

自分に合った仕事がわからない方は多い | 悩みの声も紹介

やはり、多くの就活生や転職者の中で「自分に合った仕事が何なのか」が大きな悩みとなっていますね・・・

「就活の教科書」編集部 りな

 

【適職がわからない…】自分に合った仕事の見つけ方/探し方

就活生くん

自分に合った仕事なんてあるのでしょうか・・・

自分に合った仕事の見つけ方などあれば教えて欲しです!

大丈夫です!

自分に合った仕事は見つけることができますよ!

なので、ここからは自分に合った仕事の見つけ方/探し方について解説したいと思います!

「就活の教科書」編集部 りな

5つの自分に合った仕事の見つけ方/探し方
  • 見つけ方①:自己分析をして長所を生かせる仕事を探す
  • 見つけ方②:「AnalyzeU+」や「ミイダス」などの適職診断を試してみる
  • 見つけ方③:やりたくない仕事を整理する
  • 見つけ方④:周りから評価の高かった仕事や業務を深堀る
  • 見つけ方⑤:没頭できたり主体的に取り組める仕事をまとめる

 

見つけ方①:自己分析をして長所を活かせる仕事を探す

5つの自分に合った仕事の見つけ方/探し方の1つ目は、「自己分析をして長所を活かせる仕事を探す」です。

実は、「好きなこと=適職」ではないのです。

「自分に合った仕事」とは、自分の長所を活かして活躍できる仕事のことです。

つまり、自分に合った仕事を見つけるためには、自分の長所について知っておく必要があります。

自己分析を行い、「自分の長所は何か」「どんなことにやりがいを感じるのか」などを客観的に分析することで、仕事のミスマッチを無くすことができます。

自己分析を行う事で、自分についてよく知ることができるので、履歴書や面接などの自己PRも行いやすくなると思います!

「就活の教科書」編集部 りな

 

見つけ方②:適職診断を試してみる

5つの自分に合った仕事の見つけ方/探し方の2つ目は、「適職診断を試してみる」です。

自分がどの業界や仕事に向いているのかを調べる目安として、適職診断があります。

適職診断は短時間で行えるものが多く、スキマ時間を利用して診断することができるので、おすすめです。

適職診断では、自分に合った仕事がわかるだけでなく、自分の性格についても分析してくれるため、自己分析ツールとしても利用できます。

適職診断に関しては、本記事の「自分に合った仕事を探せるおすすめの適職診断」で【新卒者向け】と【転職者向け】に分けて、詳しく解説しています。

新卒者向けにおすすめの適職診断が、「適職診断AnalyzeU+」です。

また、転職者向けにお勧めの適職診断が、「ミイダス」です!

ぜひ利用してみてください!

「就活の教科書」編集部 りな

 

見つけ方③:やりたくない仕事を整理する

5つの自分に合った仕事の見つけ方/探し方の3つ目は、「やりたくない仕事を整理する」です。

自分に合った仕事を探す際に、「自分が主体的に取り組める仕事」の範囲を見極める必要があります。

そこで、就職サイトや転職サイトで、さまざまな職種をチェックし、「やりたくない仕事」や「興味のない仕事」を書き出してみましょう。

やりたくない仕事を明確にすることで、反対に「できそうな仕事」が見え来るので、あなた自身の適職範囲を見つけることができます

 

見つけ方④:周りからの評価が高かった仕事や業務を深掘る

5つの自分に合った仕事の見つけ方/探し方の4つ目は、「周りから評価が高かった仕事や職務を深掘る」です。

自分の好みに関係なく、客観的に評価の高かった仕事や業務が適職になることもあります

そのため、これまで経験したアルバイトや、会社の業務で受け持ったものから、エピソードをまとめてみましょう。

過去の功績をまとめることで、第三者から評価されたことを認識でき、自分の新たな強みを確認できるきっかけにもなるかもしれません!

「就活の教科書」編集部 りな

 

見つけ方⑤:没頭できたり主体的に取り組める仕事をまとめる

5つの自分に合った仕事の見つけ方/探し方の5つ目は、没頭できたり主体的に取り組める仕事をまとめる事です。

何時間も没頭できることや、主体的に取り組めることが適職になる可能性は高いです

これまで、主体的に行ったことや、没頭してより多く時間をかけたことは、あなたの強みだといえます。

そのため、これまで主体的に行ってきたことや、没頭できることを整理することで、自分に合った仕事が見つかるかもしれません。

自分に合った仕事はそれぞれに絶対にあります。

この5つの見つけ方を参考に自分に合った仕事を見つけてもらえればと思います!

「就活の教科書」編集部 りな

 

ちなみに「自分の今の仕事や志望業界は本当に向いてるのかな…」とモヤモヤしている方は適職診断(公式LINE)を使って向いている仕事を知るのが一番おすすめです。

適職診断を使うことで、あなたの強みを活かせる仕事がわかるので、将来の不安や悩みを解消できます。

すでに30,000人以上の方が利用しているので「向いている仕事を診断したい!」という方は、ぜひ適職診断を利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 適職診断であなたの向いている仕事を見つける

 

【向いている仕事がわからない!】自分に合った仕事を探す時のポイント3選

就活生くん

自分に合った仕事の見つけ方はなんとなくわかりました!

自分に合った仕事を見つける時に何かポイントとかありますか?

はい、もちろんあります!

では、ここからは自分に合った仕事を探す時のポイントについて解説したいと思います。

以下が、自分にあった仕事を探す時のポイント一覧です。

「就活の教科書」編集部 りな

自分に合った仕事を探す時のポイント3選
  • ポイント①:幅広い視野を持つ
  • ポイント②:理想的な仕事や会社を求めすぎない
  • ポイント③:求人を細かく研究する

 

ポイント①:幅広い視野を持つ

自分に合った仕事を探す時のポイント1つ目は、「幅広い視野を持つ」です。

自分に合った仕事を探す際、自分ひとりで考えていると、どうしても視野が狭くなってしまいます。

狭い視野で自分に合った仕事を探していると、自分では気づけないことや、見逃してしまうことがあります。

そのため、周りの人にアドバイスをまとめたりし、客観的で広い視野で自分に合った仕事を探すことが大切になってきます

自分に合った仕事を探す時には、自分だけでは気づけないことがあることを理解し、広い視野で探すことがポイントになります!

「就活の教科書」編集部 りな

 

ポイント②:理想的な仕事や会社を求めすぎない

自分に合った仕事を探す時のポイント2つ目は、「理想的な仕事や会社を求めすぎない」です。

完璧な仕事や会社があるとは限らないことを念頭に置くことは、大切なポイントです。

少しでもいい仕事や会社を探すことは大切ですが、大抵の場合、すべてが理想通りな仕事や会社はなかなか見つかることがありません。

そのため、理想を追い求めるあまり、一向に就職先が決まらなくなったりする可能性があります

自分に合った仕事を探す時に、理想を求めすぎない事は大切なポイントになります。

 

ポイント③:求人を細かく研究する

自分に合った仕事を探す時のポイント3つ目は、「求人を細かく研究する」です。

求人を細かく研究することで、自分が進みたい業界や企業が何なのかを把握することができます

また、勤務時間や福利厚生の充実度など、求人を細かく研究し、働きたい職場環境課などを把握しておくことは大切なポイントです。

求人からも、仕事に対する「譲れるポイント」と「譲れないポイント」を明確にすることで、失敗しないで自分に合った仕事を探すことができます!

「就活の教科書」編集部 りな

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

【新卒向け!】自分に合った仕事を探せるおすすめの適職診断

就活生ちゃん

自分に合った仕事を探す方法やポイントについてよくわかってきました!

なので、自分に合った仕事を探す時におすすめの適職診断などあれば教えて欲しいです!

わかりました!

では、ここからは新卒者向けに「自分に合った仕事を探せるおすすめの適職診断」について紹介していきます。

以下が、その一覧になります。

「就活の教科書」編集部 りな

おすすめの適職診断一覧
  • 適職診断①:適職診断AnalyzeU+(一番おすすめ)
  • 適職診断②:キミスカ適性検査
  • 適職診断③:Future Finder(ジェイック)

 

適職診断①:適性診断AnalyzeU+(一番おすすめ)

おすすめの適職診断1つ目は、適性診断AnalyzeU+です。

個人的に一番おすすめの適職診断ツールです。

「適性診断AnalyzeU+」は25項目の診断結果を偏差値として正確なデータで表してくれます。

新卒に必要な社会人基礎能力・次世代リーダー力といった社会に出た時に活かせる強みがわかり、自分の適職を知れます。

また、適性結果とプロフィール入力で7,580社以上の企業の中から自分に合う企業の紹介が来るので、適職だけでなく、向いている企業や自分に合う仕事まで知ることができます。

適性診断AnalyzeU+」について気になった方は、以下のサイトで診断をする事ができます。

ようこそワクワクする就職活動へ。|OfferBox(オファーボックス)

「就活の教科書」編集部 りな

 

適職診断②:キミスカ適性検査

おすすめの適職診断2つ目は、「キミスカ適性検査」です。

キミスカ適性検査は、5分~10分で150の質問に答えるだけで、価値観や職務適性などあらゆる観点から診断してくれます。

キミスカ適性検査は、普通の自己分析ツールと比べて、職務適性の項目が非常に多いのが特徴です。

さらに診断結果と相性の良い企業からスカウトが来るため、ミスマッチない業界や企業を知る機会にもなります。

キミスカ適性検査」について気になった方は、以下のサイトで診断をすることができます。

キミスカ|スカウトで就活をする逆求人型サイト (kimisuka.com)

「就活の教科書」編集部 りな

 

適職診断③:Future Finder(ジェイック)

おすすめの適職診断3つ目は、「Future Finder(ジェイック)」です。

Future Finder(フューチャーファインダー)は、株式会社ジェイックが運営するマッチング求人サイトです。

「Future Finder」は心理学統計に基づいた特性検査の結果から、自分の強みを生かせる企業を探せます。

自分のプロフィールと検査結果を見た企業からオファーが届く、日本で唯一の特性マッチング就活サイトです。

Future Finder(ジェイック)」について気になった方は、以下のサイトで診断をすることができます。

適性診断結果を基にした自己分析セミナー|ジェイック (futurefinder.net)

「就活の教科書」編集部 りな

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

【転職者向け!】自分に合った仕事を探せるおすすめの適職診断

就活生くん

僕は、転職を考えています!

転職者向けにおすすめの適職診断などありますか・・・?

もちろんあります!

では、ここからは転職者向けに「自分に合った仕事を探せるおすすめの適職診断」について紹介したいと思います。

以下がその一覧です。

「就活の教科書」編集部 りな

おすすめの転職者向け適職診断一覧
  • 適職診断①:ミイダス(一番おすすめ)
  • 適職診断②:キャリアインデックス
  • 適職診断③:適職診断16

 

適職診断①:ミイダス(一番おすすめ)

おすすめの転職者向け適職診断1つ目は、「ミイダス」です

個人的に1番おすすめの転職者向け適職診断です

転職アプリのミイダスでは市場価値を分析して、17,000社の中であなたを求める企業から、直接オファーが届くサービスです。

ミイダスでは次の3つの診断コンテンツが無料で使えます。

  • ミイダス市場価値診断(市場価値を診断し、選考条件に合致した企業を算出)
  • コンピテンシー診断(ビジネスマンとしての行動特性を分析)
  • パーソナリティ診断(個性を診断し、力の発揮する場面を分析)

ミイダス」について気になった方は、以下のサイトで診断をすることができます。

転職アプリならミイダス| 市場価値を見いだす転職サービス (miidas.jp)

「就活の教科書」編集部 りな

 

適職診断②:キャリアインデックス

おすすめの転職者向け適職診断2つ目は、「キャリアインデックス」です。

キャリアインデックスは登録なしでビジネスにおける自分の強みや自分が仕事に求めているものを診断してくれます。

強みだけでなく、逆にビジネスにおいて改善すべき点や仕事で重視していない点についてもわかります。

「キャリインデクス」について気になった方は、以下のサイトで診断をすることができます。

適職診断(無料) | 転職なら【キャリアインデックス】 (careerindex.jp)

「就活の教科書」編集部 りな

 

適職診断③:適職診断16

おすすめの転職者向け適職診断3つ目は、「適職診断16」です。

「適職診断16」はお手軽版と精度重視版に分かれており、精度重視版でも36問と手軽に診断できます。

登録なしですぐに結果がわかり、具体的な職業も挙げてくれるので、わかりやすいです。

「適職診断16」について気になった方は、以下のサイトで診断をすることができます。

適職診断16 ~理想の職業「天職」は?~

「就活の教科書」編集部 りな

ここまでで、新卒者向けと転職者向けにおすすめ適職診断を紹介してきました。

どれも無料で診断することができるので、自分に合った仕事を探す時の参考に使っていただければと思います。

「就活の教科書」編集部 りな

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

自分に合った仕事を探す時の注意点

就活生ちゃん

自分に合った仕事と見つけ方やポイント、おすすめの適職診断など、詳しく理解できました!

なので、自分に合った仕事を探す時の注意点などがあれば、知りたいです!

わかりました!

では、ここからは自分に合った仕事を探す時の注意点について解説していきます!

以下が注意点の一覧です。

「就活の教科書」編集部 りな

自分に合った仕事を探す時の注意点一覧
  • 注意点①:初めから職種にこだわってしまう
  • 注意点②:「好きなこと=自分に合った仕事」だと思ってしまう
  • 注意点③:将来のことを考えていない

 

注意点①:初めから職種にこだわってしまう

自分に合った仕事を探す時の注意点1つ目は、「初めから職種にこだわってしまう」です。

自分に合った仕事を探す時に、初めから職種だけに目を向けるのは避けましょう。

職種だけに目を向けて、働く環境などに目を向けないのは危険です。

働く環境によって、仕事のモチベーションや、やりがいは変化します。

そのため、職種だけでなく働く環境にも目を向けて、自分に合った仕事を探す必要があります

また、「この職種なら将来安泰!」などの様に考えて、職種にこだわって探す方もいますが、100%将来の保証された仕事はありません。

そのことも踏まえて自分に合った仕事を探す必要があります。

「就活の教科書」編集部 りな

 

注意点②:「好きなこと=自分に合った仕事」だと思ってしまう

自分に合った仕事を探す時の注意点2つ目は、「好きなこと=自分に合った仕事」だと思ってしまうことです。

好きなことを仕事にした方がいいとよく言われていますが、それだけの理由で仕事を選ぶと失敗することもあります。

「好きなこと」と「向き・不向き」は必ずしも一致しません。

そのため、好きなことを仕事にしてもやりがいを感じられない場合あり、「好きなこと=自分に合った仕事」という考え方は避けた方が良いです

自分に合った仕事を探す時は、「好きなこと」よりも「得意なこと」を中心に探した方がいいかもしれませんね!

「就活の教科書」編集部 りな

 

注意点③:将来のことを考えていない

自分に合った仕事を探す時の注意点3つ目は、「将来のことを考えていない」です。

今の自分に合った仕事を探すことも大切ですが、今後何十年も務めていくということを念頭に、将来のことも踏まえて仕事を探す必要があります

「10年後どのような生活を送っていたい」などと、将来から逆算して就くべき仕事を見つけることも大切です。

新卒での就職なら定年まで約40年は同じ仕事を続けることになるので、長い目でみて仕事選びをする必要があります。

「就活の教科書」編集部 りな

 

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

まとめ:自分に合った仕事がわからない方は適職診断から見つけよう

本記事「【適職がわからない】自分に合った仕事とは?|探し方、ポイント、おすすめ診断まで」はいかがだったでしょうか?

この記事では、「自分に合った仕事」について解説しました。

合わせて、「自分に合った仕事の見つけ方/探し方」や、「自分に合った仕事を探すときのポイント」を紹介しました。

この記事を参考に、新卒の方と転職を考えている方が、自分に合った仕事を見つけれるとうれしいです!

では、最後にこの記事を簡単にまとめておきます。

「就活の教科書」編集部 りな

この記事のまとめ

◆そもそも自分に合った仕事/適職とは?

◆自分に合った仕事がわからない方は多い | 悩みの声も紹介

◆【適職がわからない…】自分に合った仕事の見つけ方/探し方

  • 見つけ方①:自己分析をして長所を活かせる仕事を探す
  • 見つけ方②:適職診断を試してみる
  • 見つけ方③:やりたくない仕事を整理する
  • 見つけ方④:周りからの評価が高かった仕事や業務を深掘る
  • 見つけ方⑤:没頭できたり主体的に取り組める仕事をまとめる

◆【向いている仕事がわからない!】自分に合った仕事を探す時のポイント3選

  • ポイント①:幅広い視野を持つ
  • ポイント②:理想的な仕事や会社を求めすぎない
  • ポイント③:求人を細かく研究する

◆【新卒向け!】自分に合った仕事を探せるおすすめの適職診断

  • 適職診断①:適性診断AnalyzeU+(一番おすすめ)
  • 適職診断②:キミスカ適性検査
  • 適職診断③:Future Finder(ジェイック)

◆【転職者向け!】自分に合った仕事を探せるおすすめの適職診断

  • 適職診断①:ミイダス(一番おすすめ)
  • 適職診断②:キャリアインデックス
  • 適職診断③:適職診断16

◆自分に合った仕事を探す時の注意点

  • 注意点①:初めから職種にこだわってしまう
  • 注意点②:「好きなこと=自分に合った仕事」だと思ってしまう
  • 注意点③:将来のことを考えていない

◆まとめ:自分に合った仕事がわからない方は適職診断から見つけよう