>> しっかり確認! 就職活動の流れ <<

【ジョブトライアウトの評判は?】実際に利用した僕の感想 | イベント内容,就活生の口コミも

【内定者の体験談】”ジョブトライアウト”ってどんなイベント? | 本当の評判,口コミ

こんにちは、「就活の教科書」編集部の西川です。
今回は選考直結型の合同説明会イベントジョブトライアウトについて紹介します。

「就活の教科書」編集部 西川

就活生くん

ジョブトライアウトっていうイベントを見つけたけど、あんまり聞かない名前だし、難関企業に内定多数というのも怪しいです。

就活生ちゃん

グループディスカッションの練習がしたくてイベントを探していたらジョブトライアウトを見つけたのですが、これって参加する価値はありますか?

結論から言いましょう。

あります。

「就活の教科書」編集部 西川

 

そこでこの記事では、「就活の教科書」編集部でジョブトライアウト経験者の西川が、

ジョブトライアウト(Job Tryout)について、評判や口コミ、イベントに参加している企業、イベントの流れについてまとめてみました。

この記事を読めば、ジョブトライアウトとはどんなイベントなのかが分かります。

「ジョブトライアウトって実際どうなの?怪しい?」と考えている就活生の悩みが解消するはずです。ぜひ最後まで読んでみてください。

調査したサービス
● ジョブトライアウトhttps://rebe.jp/jobtryout/
ちなみにジョブトライアウトは略して”ジョブトラ”と呼ばれます。

「就活の教科書」編集部 西川

ジョブトライアウトってどんなイベント?

ジョブトライアウトってどんなイベント?

JobTryout(ジョブトライアウト)の特徴は、以下の通りです。

ジョブトライアウトの特徴
  • ビジネスゲームを通じて人事からのフィードバックが得られる
  • 学生の中で自分が何位の実力を持っているのかが分かる
  • イベントの参加費は無料

 

ジョブトライアウトのイベント内容は、難解なグループワークに挑戦する合同選考会イベントです。

その様子はiPad(アイパッド)を持った企業の人事から評価されます。

 

成績上位者には、特別選考権、役員・人事部長面接権、ランチ招待権、1次選考スキップ権等を付与されます。

他にもワーク後の座談会では、かなり近い距離で人事と話せるので、業界や仕事について深く知ることができます。

またワークの評価次第では、最大6社同時に選考が受けられます。

 

ジョブトライアウトのイベント内容については、こちらの公式動画もわかりやすいです。

引用 : https://rebe.jp/jobtryout/

 

実際に参加して感じたジョブトライアウトの良い点

実際に僕が参加して感じた、ジョブトライアウトの良い点は以下の4点です。

  1. ハイレベルなグループワーク
  2. 楽しみながら選考を受けられる
  3. 有名企業の人事・経営者の方と積極的に話ができる
  4. 自己分析ができる
以下でそれぞれについて見てきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

① ハイレベルなグループワーク

僕は、数ある就活イベントの中で、ジョブトライアウトが最もレベルの高いグループワークイベントだと思います。

僕は過去3度、大阪開催のイベントに参加しましたが、参加する学生は、難関私立大学・京阪神大学に通う学生ばかりでした。

さらにグループワークの内容は、このレベルの学生たちでも苦戦するビジネスゲームです。

 

ハイレベルな学生とハイレベルなワークに本気で取り組む。

これ以上の経験値を積むことが出来るイベントは、他にないと僕は思います。

僕自身、ジョブトライアウトでの経験が、後のハイレベルな大企業の選考を勝ち抜くヒントになりました。

 

② 楽しみながら選考を受けられる

ジョブトライアウトのイベントで扱うゲームの種類は、6種類あります。

  • IT業界理解プログラム : INNOVATION
  • 業務改善プログラム  : IMPROVEMENT
  • 組織体感プログラム  : DISCOVERY
  • 職種体感プログラム  :  REALIZE
  • 業界体感プログラム  : INDUSTRY
  • 顧客課題解決プログラム: SOLUTION SALES

 

プログラムの名前を見ると分かるように、それぞれのプログラムは実際のビジネスや業界をイメージしたゲームとなっています。

例えば、INDUSTRY では、日本経済30年を舞台に、チームで企業経営を行います。

企業間でヒト・モノ・カネ・情報がどのように巡るのかを体感し、その売り上げをチーム対抗で競い合います。

チームカラーのたすきをかけて、会場内を走り回るうちに、選考という事を忘れていつの間にかゲームに熱中してしまいます。

走り回るというのは比喩表現ではなく、制限時間内でチーム間での交渉などが必要とされるので、全員が必死に動き回っています。

このゲームの中で、ビジネスや業界のことが楽しく体感的に学ぶことができます。

「就活の教科書」編集部 西川

 

③ 人事・経営者の方と積極的に話ができる

このワークで人事に高く評価された学生は、「特別選抜面談カード」が個別に配布され、企業の人事と一対一で話すことができます。

もちろん配布されない学生のほうが多いです。

もらえなくても座談会という形で人事1名に対して学生5~6名の座談会が開催されるので安心してください。

 

しかし、もしこの特別選抜面談まで漕ぎつけれたなら、自分を売り込む絶好のチャンスです。

もし、指名された企業が自分の関心のない企業だとしても、社会人の方が学生の自分に興味を持ってくれた上で話せる機会なんてそうないチャンスです。

積極的に情報収集に使いましょう。

僕自身も、関心のない業界の方ともお会いし、積極的に情報を集めることで自己分析を深めていきました。

関心のある理由・ない理由を明らかにすることは、自身の価値観の理解に繋がると考えているからです。

そのためにあらゆる業界を社会人の声をもって理解する。

社会人の生の声というのは、どんな情報源よりも信頼度が高く有益だと思います。

「就活の教科書」編集部 西川

 

④ 自己分析ができる

ジョブトライアウトの一番の特徴は、自己分析に繋がるフィードバックシートです。

ジョブトライアウトでは、6社の人事(15名前後)がワークの様子をチェックしています。

採点項目は以下の写真の通りです。このシートは実際に僕がもらったシートです。

 

評価項目は、協働力・交渉力・論理的思考力・行動力という4項目に分類され、それぞれ2つの点から評価されます。

自身のグループワークスキルの長所と短所が数字で具体的にわかるので、その後の改善にとても役立ちます。

 

そしてこの評価項目は、実際のグループワークの選考基準項目と構成がかなり近いと聞いたことがあります。

つまりジョブトライアウトでの評価が、そのまま普段のグループワーク選考の評価であるといっても過言ではないでしょう。

ジョブトライアウトでは、通常の選考では明かされない「自分の評価」を知る事が出来ます。
そんなイベントに参加する価値が無いわけないですよね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ジョブトライアウトに参加した就活生・人事の感想

次は、ジョブトライアウトに参加した就活生と人事の感想を、Twitterから4つ集めてきました。一緒に見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

① 参加した学生の感想(ポジティブ)

こちらの学生は、ジョブトライアウト特有のフィードバックシートについて好感をもったようですね。
点数(評価)が悪くても、次にどう活かすかを考えることが大切だと思います。
僕も1回目は16位と低めでしたが、3回目では4位になり、反省と改善の実感が出来ました。

「就活の教科書」編集部 西川

 

② 参加した学生の感想(ポジティブ)

こちらの学生は、ジョブトライアウトについてポジティブな感想をもたれたようです。
僕も上に書いたように、ハイレベルな学生が多いのですね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

③ 参加した学生の感想(ネガティブ)

こちらの学生は、ジョブトライアウトについてネガティブな感想をもたれたようですね。
このように、全員が一様に良いと感じるイベントはなかなか無いと思います。
自分自身で体感した上で、その良し悪しを判断してみてください。

「就活の教科書」編集部 西川

 

④ 参加した人事の感想

こちらの人事の方は、参加する学生の意識の高さを評価されているようですね。
このツイートの内容から、人事側もしっかりと評価しようとする積極的な姿勢がうかがえます。

「就活の教科書」編集部 西川

 

参加者は様々な感想を持ったようです。
ジョブトライアウトのホームページでも「参加者満足度99%」とうたっているように、参加者にそれぞれの感じ方があると思います。

だからこそ、この記事は1つの参考程度に留めておいて、次は実際に足を運んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ジョブトライアウトは、こんな就活生にオススメ

そんなジョブトライアウトはこのような学生にオススメです。

「就活の教科書」編集部 西川

  • 自分の実力が知りたい学生
  • ハイレベルなグループワークに取り組みたい学生
  • 早期で内定を得たい学生
  • 業界研究に役立てたい学生
  • 人事と近い距離で話したい学生

 

ジョブトライアウトの参加企業

ジョブトライアウトの参加企業は、多種多様で、有名企業も多数参加しています。

  • 株式会社サイバーエージェント
  • ユニ・チャーム株式会社
  • 楽天株式会社
  • 株式会社フォトクリエイト
  • 株式会社マネジメントソリューションズ
  • 株式会社オプト
  • 株式会社オービック
  • ロート製薬株式会社
  • パーク24株式会社
  • 株式会社パソナキャリアカンパニー
  • 株式会社キャリアデザインセンター
  • 株式会社ネオキャリア
  • GMOアドパートナーズ株式会社
  • EMCジャパン株式会社
  • 株式会社マクロミル
  • 株式会社CHINTAI
  • 株式会社レオパレス21
  • ほけんの窓口グループ株式会社
  • 株式会社リッチメディア
  • 株式会社アシスト
  • 株式会社じげん
  • 株式会社リスト
  • スターティア株式会社
  • レイス株式会社
  • ヴァンテージマネジメント株式会社
  • イシン株式会社
  • 株式会社オープンハウス
  • ギークス株式会社
  • ソウルドアウト株式会社
  • 株式会社KDDIエボルバ
  • 株式会社ウィルグループ
  • 株式会社ウィルゲート
  • 株式会社クロス・マーケティング
  • ブロードマインド株式会社
  • 株式会社ポジティブドリームパーソンズ
  • 株式会社PLAN-B
  • 株式会社キャリアブレイン
  • 株式会社フルスピード
  • レバレジーズ株式会社
  • 三幸グループ
  • 株式会社フレンテ
  • 株式会社MS&Consulting
  • 株式会社アイドマ・ホールディングス
  • エン・ジャパン株式会社
  • 株式会社LITALICO
  • 株式会社いえらぶGROUP
  • 株式会社ウエディングパーク
  • 株式会社ビースタイル
  • コネクシオ株式会社
  • 株式会社エスワンオーインタラクティブ
  • 株式会社シンクスマイル
  • 株式会社ピーアンドエフ
  • 株式会社プライムクロス
  • アクセルマーク株式会社
  • 株式会社Speee
  • 株式会社アイスタイル
  • 株式会社きちり
  • 株式会社メタルワン
  • エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社

引用:https://rebe.jp/jobtryout/

自分が知らない業界の知識も得ることができるチャンスにもなります。

「就活の教科書」編集部 西川

 

ジョブトライアウトへの参加方法

ここまで説明してきたジョブトライアウトの参加方法は以下の通りです。

  1. ジョブトライアウト公式HPを開く
  2. 開催地域を選択
  3. 日程を選択する

 

 

まとめ : ジョブトライアウトは参加価値のあるイベント

この記事では、実際にイベントに参加した僕が、ジョブトライアウトの良い点やイベントに参加している企業などについて解説しました。

ジョブトライアウトは多くの優良企業が参加しており、早期で内定をもらうチャンスがあるグループワークイベントです。

ジョブトライアウトに少しでも魅力を感じた就活生は、ぜひ参加してみてください。

「就活の教科書」編集部 西川

 

グループワークの対策方法はこちらの記事が参考になります。ぜひ参考にしてください。

 

就活イベントに参加するなら、就活の教科書は株式会社DYMが運営する「ミーツカンパニーをおすすめしています。

「ミーツカンパニー」は、一回のイベントで最大8社の社長/人事責任者とマッチングでき、評価次第で特別選考フローを獲得できます。

全国10都市以上で年回200会以上のイベントを開催、10万人以上の就活生が登録している国内最大手の就活イベントサイトです。

 

「就活イベントに参加したいけど、どんなサイトがあるの?」という就活生には、就活イベントを網羅的にまとめたこちらの記事がおすすめ。