>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【めんどくさいけど…】インターンシップに参加する3つのメリット | 見つけ方も

こんにちは。「就活の教科書」編集長の岡本恵典です。
この記事では、インターンシップに参加する3つのメリットを解説します。
就活生のみなさんは、「インターンシップって行かないといけないけど、めんどくさい…」と悩んだ経験はありますか?

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

就活生くん

インターンシップって行かないといけないとは思っていますが、応募するのがめんどくさくて、どうしても参加できません。
めんどくさいと思いながらも、インターンシップには参加した方が良いんでしょうか。

就活生ちゃん

私はこの前インターンシップに参加しましたが、企業説明や座談会しかなく、めんどくさい…と感じました。
もうインターンシップには行きたくないと思うのですが、本当にこれで良いんでしょうか…?

インターンシップって目的が明確になっていないと、「めんどくさい…」と感じてしまいますよね。
しかしきちんと目的を持っていれば、インターンシップには参加するメリットがたくさんあります。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

そこでこの記事では、インターンシップに参加する3つのメリットを解説します。

合わせて、インターンシップの簡単な見つけ方も紹介します。

この記事を読めば、「インターンシップに参加しておけば良かった…」なんて後悔もせずに済みます。

「インターンシップってめんどくさいけど、参加した方が良いのかな?」そんな悩みを抱える就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

インターンシップをめんどくさいと感じる就活生は多い

就活生くん

めんどくさいイメージがあって、インターンシップには参加したくないです。
でもインターンシップに参加しなかったら、内定をもらえないのではないかと不安に感じています…

インターンシップってめんどくさくて、できれば参加したくないですよね。
しかし多少めんどくさくても、インターンシップには参加した方が良いです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

めんどくさいと感じて、インターンシップに参加しない就活生は多いです。

確かにインターンシップは、興味のある企業を探すのに時間がかかります。

さらに企業によっては、エントリーシート(ES)を提出したり、面接を受けたりする必要があって、めんどくさいと感じるのもわかります。

しかし「企業理解が深まる」「エントリーシートを免除してもらえる」などメリットが多いため、少し面倒でもインターンシップには参加するのがおすすめです。

では具体的に、インターンシップに参加すればどんなメリットがあるのでしょうか。
そこで次は、インターンシップに参加する3つのメリットを解説します。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

インターンシップに参加する3つのメリット

就活生くん

どうしてもめんどくさいと思ってしまい、インターンシップに参加したくありません。
インターンシップに参加すれば、どんなメリットがあるのでしょうか。

先述した通り、めんどくさいと感じてもインターンシップには参加した方が良いです。
インターンシップに参加するメリットは、次の3つです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

インターンシップに参加する3つのメリット
  • メリット①:企業理解が深まる
  • メリット②:早期選考を受けられる
  • メリット③:選考の一部を免除してもらえる

それでは、インターンシップに参加する3つのメリットをそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

メリット①:企業理解が深まる

インターンシップに参加するメリット1つ目は、「企業理解が深まる」です。

インターンシップでは、業界説明・企業説明に加えて、事業内容の一部を体験できることが多いです。

例えば、「実際の顧客情報を用いたコンサルティング」「社員とフラットに話せる座談会」など、インターンシップは企業理解が深まる内容がたくさんあります。

インターンシップに参加して企業理解を深めることで、より志望度が上がる、熱意をもって本選考の面接で話せるなどのメリットもあります。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

メリット②:早期選考を受けられる

インターンシップに参加するメリット2つ目は、「早期選考を受けられる」です。

早期選考とは、大学3年生4月〜大学3年生2月頃など、通常の本選考よりも早い時期に行われる選考のことです。

早期選考を受ければ、早い時期から選考練習をできたり、早い時期に内定をもらうことで、他企業の選考に余裕をもって臨めたりします。

早期選考の内定を持っていれば、優秀なことを企業にもアピールできるので、ぜひインターンシップを通して早期選考にも挑戦してみましょう。

早期選考・早期内定については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

メリット③:選考の一部を免除してもらえる

インターンシップに参加するメリット3つ目は、「選考の一部を免除してもらえる」です。

企業によっては、インターンシップの参加者限定で、選考の一部を免除する企業も存在します。

例えば「エントリーシート(ES)」「グループディスカッション(GD)」「一次面接」などは、インターンシップ参加者は免除されやすいです。

選考を免除してもらえば、いきなり二次面接から選考を受けられたりするので、めんどくさい選考もスキップできます。
めんどくさいインターンシップにも参加してみて、選考を有利に進めましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

インターンシップの簡単な見つけ方

就活生くん

インターンシップってめんどくさいと思っていたけど、意外と参加するメリットは多いんですね。
インターンシップに参加してみようと思うのですが、どうやって探せば良いのかわかりません…

インターンシップって、どうやって探すのか、どうやって応募するのかなど気になりますよね。
そこで次は、インターンシップの簡単な見つけ方を3つ紹介します。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

インターンシップの簡単な見つけ方
  • 見つけ方①:インターンシップサイトを使う
  • 見つけ方②:就活サイトを使う
  • 見つけ方③:就活エージェントを使う

それでは、インターンシップの簡単な見つけ方3つをそれぞれ紹介していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

見つけ方①:インターンシップサイトを使う

インターンシップの簡単な見つけ方1つ目は、「インターンシップサイトを使う」です。

インターンシップサイトには、長期インターンシップ・短期インターンシップがまとめて掲載されています。

そのため、インターンシップを使えば、あなたの希望に沿ったインターンシップを簡単に見つけられます。

ちなみに「就活の教科書」編集長の僕が本当におすすめするインターンシップサイトはOfferBox(オファーボックス)です。
OfferBoxを使えば、企業からインターンシップや選考のオファーが届くので、自分で探すのがめんどくさい就活生におすすめです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

インターンシップを探せるサイトおすすめについては、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

 

見つけ方②:就活サイトを使う

インターンシップの簡単な見つけ方2つ目は、「就活サイトを使う」です。

就活サイトには、応募する就活生が多い人気なものや、締切間近なものなど、インターンシップが条件によって分類されています。

就活サイトとインターンシップサイトと併用することで、より多くのインターンシップを見つけられます。

就活サイトのおすすめについては、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

見つけ方③:就活エージェントを使う

インターンシップの簡単な見つけ方3つ目は、「就活エージェントを使う」です。

就活エージェントとは、あなたに合った企業の紹介や、面接対策、エントリーシート添削(ES添削)など、内定までをサポートしてもらえるサービスです。

就活を始めたばかりの大学生でも、本当に自分に合ったインターンシップを紹介してもらえます。

ちなみに、「就活の教科書」編集長の僕が本当におすすめする就活エージェントはキャリアチケットです。
厳選されたホワイト企業のみを紹介してもらえるので、就活生の4人に1人(130,000人以上)が利用しており、安心して利用できます。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

就活エージェントおすすめ10選については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

 

インターンシップに関するよくある質問

インターンシップに関するよくある質問については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

 

インターンシップはめんどくさいけど行くべき

この記事では、インターンシップに参加する3つのメリットを解説しましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、インターンシップの簡単な見つけ方も紹介しました。

この記事の内容をまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

インターンシップに参加する3つのメリットまとめ

インターンシップに参加する3つのメリット

  • メリット①:企業理解が深まる
  • メリット②:早期選考を受けられる
  • メリット③:選考の一部を免除してもらえる

インターンシップの簡単な見つけ方

  • 見つけ方①:インターンシップサイトを使う
  • 見つけ方②:就活サイトを使う
  • 見つけ方③:就活エージェントを使う

インターンシップの選考で落ちてしまって、めんどくさいと感じてしまうこともあります。
インターンシップで落ちた場合については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

インターンシップは確かにめんどくさいと感じる時もありますが、参加するメリットは非常に多いです。
「ちゃんと内定をもらえるのか不安…」そんな就活生は、ぜひインターンシップに参加して、早期選考や早期内定も目指してみましょう。

「就活の教科書」では他にも、就職活動に役立つ記事をたくさん掲載しています。
合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典