【内定者が教える】早期選考に落ちたらどうなる? | 落ちる確率,原因,本選考に再応募できるか

本ページはプロモーションを含みます

この記事で分かること
\ 就活生2人に1人が利用! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり! 

皆さん、こんにちは。
「就活の教科書」編集部です。
そろそろ本選考に向けて、早期選考を受けている就活生も多いのではないでしょうか。

「就活の教科書」編集部

就活生くん

僕は第一志望の企業の早期選考を受ける予定なのですが、早期選考に落ちても本選考って受けられるんですか

もしかして、早期選考に落ちたら企業の本選考って受けれないんですか?

就活生ちゃん

私は今度、早期選考で落ちた企業の本選考に参加します。

絶対に内定が欲しいので、早期選考に落ちてから、本選考に参加する時の見直すべきポイントを知りたいです!

早期選考に落ちたら本選考にどう影響するかは、確かに気になるポイントですよね。
僕も早期選考に落ちて、本選考に再挑戦した経験があります。

とても悔しい思いをし、自分のあらゆるポイントを見直した結果、第一志望の企業から内定を貰えました。

僕の実体験を踏まえて「早期選考に落ちたら」について解説していきますね!

ちなみに、「効率的に就活を終わらせたい」「ホワイト企業の内定が欲しい」という方は、大手や優良企業から特別招待がもらえるOfferBox(オファーボックス)などのスカウトアプリを使うと良いですよ。

「就活の教科書」編集部

この記事では、実際に早期選考に落ちて本選考に再挑戦した経験のある「就活の教科書」編集部メンバーが、

①:早期選考に落ちても本選考を受けられるか
②:早期選考は本選考より通過しやすいのか
③:早期選考に通過する確立/落ちる確率

④:早期選考に落ちた原因を見直すポイント

など「早期選考に落ちたら」について解説します。

この記事を読み進めていけば、早期選考を安心して受けられるようになりますよ。

ぜひ最後まで読んでみて下さいね。

先に結論をお伝えすると、「早期選考を受けて早く就活を終わらせたい!」なら、就活生の2人に1人が利用するOfferBoxで、自分に合う優良企業から特別スカウトをもらうのが一番おすすめです。

ちなみにOfferBox以外にも、5つの質問で就活の軸を診断できる「キャリアチケットスカウト」、強み診断後に優良企業からスカウトが来る「Lognavi」、Webテストで頻出の問題がわかる「SPI頻出問題集もおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生向け】早期選考企業に出会うために使えるおすすめツール(無料)
\ 就活生2人に1人が利用! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり! 

「どのサービスを使えば良いかわからない…」という方はOfferBoxで早期内定をGETでき優良企業からスカウトをもらうのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

目次

早期内定を狙うならスカウトアプリがおすすめ

「早期内定をもらいたい!」「早期選考をしている企業を知りたい!」と思う方は、OfferBox」を使うのがおすすめです!

 

OfferBoxは、あなたの強みや性格が詳しくわかる適性診断を受けられ、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接スカウトがもらえるアプリです。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、あなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

\ 就活生2人に1人が利用! /   大手,優良企業からスカウトGET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

【ショック】早期選考で落ちたら本選考はもう一度受けられる?

就活生くん

僕は今度、第一志望の企業の早期選考を受けようか迷っています。

早期選考に落ちても、もう一度本選考は受けられるんですか?

早期選考を受けようか迷っているのですね。

この項目で「早期選考に落ちたら」について説明していきますね。

また、早期選考を受けるメリット/デメリットを知りたい方は、「【早期選考を受ける3つの方法】本選考より有利?受かりやすい? 内定率,デメリットについても」で解説していますので、合わせて読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

結論:早期選考で落ちたら本選考にもう一度応募できるかは企業による

結論から言うと、早期選考で落ちたら本選考も受けられるかは企業によります。

本選考で再挑戦できるか確認する方法は、企業の募集要項を確認する」「人事部に問い合わせる」の2択です。

早期選考に落ちても本選考に挑戦できるチャンスがある場合は、積極的に挑戦してみましょう。

しかし、一般的には早期選考で落選した就活生が再度本選考を応募できることは少ないです。

それは、選考を効率化させるべく、早期選考で落選した就活生は本選考時も変わらない、という考えの下で判断されています。

また、もしエントリーできても人事サイドが提示するハードルが高くなってしまうこともあります。

早期選考の自身の状態と本選考の自身の状態を比較され、あまり伸びていなければ落とされてしまうようです。

番外編として、早期選考に落ちた就活生が、同じ企業に再受験できる確率も説明します。

「就活の教科書」編集部

転職コンシュルジュのワークポートが、企業の採用担当者50名に「過去に不採用にした人からの“再応募”は、どの程度の期間が空いてれば可能か」というアンケート調査をしました。

その結果は、「再応募は不可」と回答した企業はたったの10%で、多くの企業が再応募を受けつけていることがわかりました。

そして「再応募には1年程度空いていればいい」という答えが全体の32%と、最も多い回答でした。

 

ここまで見てきたように、早期選考は決して簡単ではありません

簡単でない分、手持ちの企業をなるべく多く持っておくと精神的に余裕が出てくるので良いです。

「就活の教科書」編集部

就活生ちゃん

どうすれば、早期選考を受ける企業の数を増やせますか?

そんな簡単に早期選考の案内なんて手に入らないです。

早期選考は、就活エージェントに相談すれば、簡単に紹介してもらえますよ。

例えば「ゼロキャンバスは、今までに5,000以上の採用支援実績があり、特別ルートや早期選考の求人も多いです。

他にも、まだ選考の準備が出来ていない人も経験豊富なアドバイザーがサポートしてくれて、とても頼りになりますよ。

「就活の教科書」編集部

また早期選考に落ちてからもう一度本選考に挑戦する時には、見直すべきポイントがいくつかあります。

この記事の後半で、早期選考に落ちた就活生が見直すべきポイントを説明していますので、合わせて確認してくださいね。

ちなみに、「効率的に就活を終わらせたい」「ホワイト企業の内定が欲しい」という方は、大手や優良企業から特別招待がもらえるOfferBox(オファーボックス)などのスカウトアプリを使うと良いですよ。

「就活の教科書」編集部

 

注意点:落ちたら書類選考さえ通さない企業も

企業によっては、早期選考に落ちた就活生は、本選考の書類選考でさえ落とす場合もあります。

そのため、早期選考を受ける時は、本選考を受けるように「一度きりのチャンス」のつもりで挑戦すべきです。

面接などの選考対策が万全でない就活生は、しっかりと選考対策をしてから早期選考を受けるようにしましょう。

特に「前回の印象を覆す必要」があります。

書類選考~面接まで、以前と同じままでは再応募・再選考の意味がありません。

落選時の選考結果やフィードバックを踏まえて担当者に熱意をアピールしましょう。

早期選考に落ちてから、もう一度本選考を受けられるかは企業次第で、基本的に「チャンスは一度切り」と考えた方が良いです。
「面接対策ってどうやれば良いの…」という就活生は、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

もし早期選考や本選考に落ちても、本当に行きたい企業なら、就職浪人をしてもう一度再応募するか、転職する手段もあります。

「就活の教科書」編集部

また、下記の記事では、早期内定を獲得する具体的な方法や早期内定を行っている企業を一覧で紹介しています。

早期内定についてさらに詳しく知りたいという方は、合わせて読むことをおすすめします。

また「早期選考を受けるメリットや、早期選考に落ちた時の対処法」について、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!

⇒  【落ちたらどうするの?】 早期選考を受けるメリット3選|本選考より受かりやすい?|落ちたらどうするの?の質問にも答えます!

 

「早期内定が欲しい…」「できるだけ就活を早く終わらせたい」という就活生には、OfferBoxがおすすめです。

OfferBoxを利用すると、251問の質問の性格診断とあなたが登録したプロフィールを見た優良大手~ベンチャー企業からオファーがもらえます。

自分に合った企業への就職を目指す方、短期間で内定獲得したいと思う方は、OfferBoxでスカウトをもらって選考に進んでみましょう。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxで強みと適性職種を発掘し、優良企業のスカウトGET
  • あなたの経験や強みから優良企業の特別スカウトが届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
\ 就活生2人に1人が利用! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

早期選考に落ちる確率は約80%ほど!

就活生くん

僕は早期選考の方が本選考よりも通過しやすいイメージがあります。
でも実際のところ、早期選考って落ちるんですか?

確かに、早期選考の方が本選考よりも人数が少ないことから、通過しやすそうではありますよね。

この項目では、実際のところ早期選考の方が本選考よりも通過しやすいのか、落ちる確率について説明していきます。

「就活の教科書」編集部

結論から言うと、早期選考で落ちる確率(早期選考で内定を得られない確率)は約80%と推定されます。

理由は、本選考が本格化する3月以前に就活を開始する学生は全体の約6割で、3月以前に内々定を獲得している学生の割合は約1割だからです。

「8割も落ちる確率がある」と言うと、早期選考で内定を得られる確率は低く感じるかもしれません。

しかし、早期選考段階では、本格的な選考対策をして応募する学生は少ないため、早期選考は選考対策が万全なら、本選考より通過しやすいです

ですので、選考対策をしっかりすれば、容易に早期選考で内々定を得ることができます。

 

落ちる確率は「選考対策の深さ」によって変わる

以上に述べたように、早期選考に落ちる確率は「いかに選考対策を行ったか」によって変わってきます。

そもそも企業が早期選考を行うのは、以下の考えがあるからです。

早期から就活を始めている学生の中には、優秀な学生が多いはずだ!

人事さん

ここから分かるように、企業が早期選考で狙っているのは優秀な就活生です。

そのため、早期選考で内定を狙うなら、しっかりと選考対策をして、優秀な人材だと企業に思わせる必要があります。

以上の理由から、早期選考の方が本選考よりも通過しやすいのかは、就活生の選考対策の程度によります。

早期内定を獲得するには、「【内定者が教える】早期内定が出る企業と時期 | 辞退,保留方法,僕の体験談も」で解説しているので、合わせて参考にしてみてください。

優秀な就活生しか勝ち残れないという点では、早期選考の方が本選考よりも難しいように感じます。

しかし早期選考の時期で、選考対策が万全な就活生は滅多にいません。

なので、早期選考に落ちてもそこまで落ち込むことはありません!

「就活の教科書」編集部

 

番外編:インターンシップの早期選考と本選考の因果関係はない

インターンシップの早期選考と本選考の因果関係はないと言えます。

インターンシップ選考に落ちる人は、本選考に落ちる人以上に多くいます。

しかし、インターンシップ選考に落選してしまっても内定を獲得する人も数多くいるのです。

早期選考と本選考の因果関係については先述した通り、少なからずあると思われますが、インターンシップ選考とはありません。

そのため、選考があるインターンシップは積極的に受けてみましょう。

 

早期内定を狙うならスカウトアプリがおすすめ

「早期内定をもらいたい!」「早期選考をしている企業を知りたい!」と思う方は、OfferBox」を使うのがおすすめです!

 

OfferBoxは、あなたの強みや性格が詳しくわかる適性診断を受けられ、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接スカウトがもらえるアプリです。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、あなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

\ 就活生2人に1人が利用! /   大手,優良企業からスカウトGET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

【早期選考に落ちた!】次に受ける企業を効率的に探す方法

就活生くん

就活を早く終わらわせたいです。

内定を早くもらうには具体的にどんな行動をすればいいのでしょうか。

早期内定を獲得するにはどうすれば良いのでしょうか?

就活を早く終わらせたいと考える就活生は非常に多いですよね。

そこで早期内定や早期選考を受けられる方法を紹介しますね。

就活アドバイザー 京香

【結論】早期内定を獲得する時に使うべきおすすめサービス

◆ あなたに合う優良企業からスカウトをもらって早期選考に進みたい

◆ インターンシップに参加して早期内定をもらいたい

◆ 優良IT企業から早期内定をもらいたい

どのサービスも多くの就活生が利用しており、早期内定や早期選考がもらえるサービスばかりなので、使っておいて損はないですよ。

就活アドバイザー 京香

早期内定を獲得する方法
  • 方法:逆求人アプリを使って優良企業からスカウトをもらう
  • 方法:インターンシップに参加して早期内定をもらう
  • 方法:就活のプロにあなたに合う企業紹介してもらう
  • 方法:IT業界志望なら優良IT企業から早期内定をもらう
  • 方法:早期選考イベントに参加する
  • 方法:小規模の合同説明会(合説)に参加する
  • 方法:OB/OG訪問をする
  • 方法:コネを使う

それでは早期内定を獲得する方法を1つずつ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部

 

方法:逆求人アプリを使って優良企業からスカウトをもらう

早期内定を獲得する方法は、「逆求人アプリを使って優良企業からスカウトをもらう」です。

逆求人アプリで企業からオファーが来た場合、早期選考やインターンシップの案内もされることが多いです。

逆求人アプリでは企業からオファーをしているため、通常の選考よりも内定率が高くなります

イベントや就活エージェントのハードルが高く感じる就活生の方は、逆求人サイトなら気軽に始められるのでオススメです。

数ある逆求人サイトの中でも特におすすめなのが、OfferBoxです。

OfferBoxは、あなたの強みや専攻、希望勤務地などのプロフィールを入力するだけで、大手や優良企業から特別招待がもらえるアプリです。

OfferBoxを使えばあなたの希望に合う優良企業から特別オファーGET

  • あなたの経験や強みから優良企業の特別スカウトが届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も

\ 就活生2人に1人が利用! /
 大手優良企業から特別スカウト
(OfferBox)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!
 

 

ちなみに僕も、逆求人サイト経由で早期選考を3社ほど受けていました。

エース級の社員が登場する「特別説明会」などに呼ばれることも多いため、オススメです!

以下の記事でおすすめの逆求人サイトを紹介しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

 

方法:インターンシップに参加して早期内定をもらう

早期内定を獲得する方法は「インターンシップに参加して早期内定をもらう」です。

外資、内資系企業問わず、早期選考ルートへ乗り内定をもらうには、インターンシップに参加し、インターン選考ルートに進むのがベストです。

企業は優秀な就活生を早期に引き込むために、インターンシップを実施しています。

ただ注意点として、インターンシップに参加するだけでは、早期選考に呼ばれません。

インターンシップに参加して優秀だと判断された人のみ、早期選考ルートに乗れることが多いです。

また、インターンシップの情報は、ネットで「◯月 メガベンチャー インターン」などと検索すればヒットしますよ。

インターンシップを探すならインターンシップガイドを使うのが一番おすすめです。

日本最大の掲載企業数なので、大学1年生から利用可能で、有給・長期・職種・業界なども検索でき、早期選考につながるインターンを探せます。

大手などの有名企業や隠れ優良企業のインターンもあります。

インターンシップガイドは意外と知られていないサイトなので、他の就活生よりも早くに利用するのが良いですよ。

就活アドバイザー 京香

長期おすすめ③:インターンシップガイド

インターンシップガイドのおすすめポイント
  • 日本最大のインターン掲載企業数
  • 超大手~ベンチャー企業のインターンシップを探せる
  • 大学1年生や2年生からでもインターンを探せる

>> インターンシップガイドを試してみる

 

実際に僕も、3年生の夏頃からインターンシップに参加をし、インターン選考ルートに進んだ結果、早期内定をもらうことができました。

インターンシップ参加は業界・企業研究にも役立つため、早期内定を狙う方には非常におすすめです。

インターンシップについては、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

また、インターンシップに参加した場合、その経験をガクチカでアピールすることもできます。

インターンシップ経験を上手にアピールする方法は、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

「就活の教科書」編集部

 

方法:就活のプロにあなたに合う企業紹介してもらう

早期内定を獲得する方法は「就活のプロにあなたに合う企業紹介してもらう」です。

就活エージェントに頼ると就活のプロが内定までサポートしてくれ、あなたに合う企業を紹介してくれます。

就活のプロに頼ることで、早期選考を受けられる企業紹介だけでなく、ES添削や面接対策まで行ってくれるので、内定獲得率もUPしますよ。

以下の記事で、オススメの就活エージェントを紹介しているので、興味のある方は、ぜひ比較してみて下さい。

「就活の教科書」編集部

 

方法:IT業界志望なら優良IT企業から早期内定をもらう

早期内定を獲得する方法は「IT業界志望なら優良IT企業から早期内定をもらう」です。

ITエンジニアやWebエンジニア、AIエンジニアになれる優良企業を目指すなら、IT就活に特化した就活のプロに頼るのが良いです。

IT就活のプロに任せることで、あなたが生き生きと働ける優良IT企業を紹介してくれ、IT企業特有の選考対策まで対応してくれます。

そのため、ITの優良企業を探すなら、ITエンジニア就職を目指せるサービスを使ってみてくださいね。

数ある就活サービスの中で、優良IT企業に一番強いのはレバテックルーキーです。

レバテックルーキーは、レバテック株式会社が運営するITエンジニア就活に特化した就職エージェントです。

ITエンジニア就活のプロが、あなたに合った優良IT企業を紹介してくれます。

レバテックルーキーを使うと、Fラン就活生でもIT未経験でも、選考を突破できる対策もしてくれるので、優良IT企業に就職できる可能性が高くなりますよ。

就活アドバイザー 京香

レバテックルーキーのおすすめポイント
  • ポイント①:5,000社以上の大手~優良IT企業の中からあなたに合う企業を紹介してくれる
  • ポイント②:IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • ポイント③:IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • ポイント④:志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる

>> レバテックルーキーで優良IT企業を紹介してもらう

 

「レバテックルーキー」の就活生の評判についてはこの記事で紹介していますので、合わせて参考にしてください。

 

方法:早期選考イベントに参加する

早期内定を獲得する方法は「早期選考イベントに参加する」です。

早期選考イベントの中には、企業が複数集まり、就活生のグループワークを見て、早期選考ルートに勧誘するイベントがあります。

一般的には企業説明、グループディスカッション(GD)、座談会、早期選考の案内の流れでイベントが進められます。

ここでは、早期内定へ繋がりやすいという理由から、早期選考イベントの「ミーツカンパニー(Meets Company」(株式会社DYM運営)をオススメします。

ミーツカンパニーは1年中、年1000回以上、全国32か所で開催されています。

「就活の教科書」編集部

ミーツカンパニーは、企業の社長や人事と直接話せる座談会形式で、業界大手の企業やトップベンチャー企業が1日最大2~8社参加します。

ミーツカンパニーには、早期選考の案内に意欲的な企業が多く参加しています。

また、合同説明会後には就活アドバイザー(リクルーター)と面談でき、そこで早期選考の案内を受けることも出来ます。

さらに、ミーツカンパニーは、就活エージェントのサービスも行っています。

「1日でも早く優良企業から内定が欲しい…」という方はぜひ使ってみてくださいね。

ミーツカンパニーは、全国32か所で開催されているため、地方の人でも早期選考を受けるチャンスがあります。

早期選考を効率的に探したい人は、ミーツカンパニーに参加してみましょう。

「就活の教科書」編集部

ミーツカンパニー(Meets Company)を見てみる

ミーツカンパニーについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事を読んでみて下さい。

以下の記事では、ミーツカンパニーの評判についてまとめてあります。

「就活の教科書」編集部

早期選考の就活イベントについては、以下の記事におすすめをまとめていますので、合わせて参考にしてください。

「就活の教科書」編集部

 

方法:小規模の合同説明会(合説)に参加する

早期内定をもらう具体的な方法は、「合説に参加する」です。

小規模の合説には、経団連に所属していない中小企業が参加しています。

学校や人材サービスの企業、学生団体が開催している小規模の合説に参加し、中小企業とコンタクトしてみてください。

中小企業から早期内定をもらいたい場合は、小規模の合説に参加をすることで、合説ルートで選考に進むことができます。

また、他にも一年中どの時期でも採用活動をしている通年採用している企業も存在するので確認してみてください。

僕も実際に中小企業が集まる小規模な合説に参加したことがあります。

どこの企業も、それから選考ルートが用意されており、早期内定をもらうことができます。

「就活の教科書」編集部

メモ

ちなみに、高学歴の就活生にはレクミー(Recme)がおすすめです。

一流企業の合同説明会を、1回10名ほどの少人数で行うので近い距離で話すことができます。

東一工や早慶など、大学別にイベントが開催されているのでぜひ参加してみてくださいね。

レクミー(Recme)を見てみる

また他にも、早期選考を受ける方法が知りたい就活生の方は、以下の記事で紹介します。

「早期選考を受けるメリット」なども分かるので、合わせて参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部

 

方法:OB/OG訪問をする

早期内定を獲得する方法は「OB/OG訪問をする」です。

OB/OG訪問をして社員に推薦してもらい特別な選考ルートに進むことができれば、早期内定をもらうことができます。

デベロッパーなどでは、社員による推薦制度も存在します。

社員からの推薦を受けると、本選考でインターンの参加者や優秀者と同じ優遇ルートに案内されます。

また、OB/OG訪問で有名なサービスはVISITS OBというサービスです。

VISITS OBでは、コンサルやメーカー、IT企業といった様々な企業のOB/OGの方と話すことができますよ

VISITS OBを利用して、特別選考ルートに進んだ友人がいます。

OB/OG訪問を活用して、早期内定をもらうことができるようです。

OB/OG訪問やVISITS OBに関して、体験談や使い方などをまとめた記事がありますので、そちらも合わせてぜひチェックしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

 

方法:コネを使う

早期内定を獲得する方法は「コネを使う」です。

俗に言う「コネ入社」は昔と比べればかなり減りましたが、それでも企業によっては今もなお一定数の人がコネで入社をしています。

具体的には、サークルの先輩や親戚の紹介などがコネ入社の典型例です。

コネ入社は元々持っている人脈が全てなので、チャンスがあればラッキーぐらいに考えておくのが無難です。

コネ入社について詳しく知りたい方は、下記の記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

また、早期内定を獲得したいなら「就活の教科書公式LINE」がおすすめです。

「就活の教科書公式LINE」は、毎日あなたに合った就活情報をお届けしています。

登録すると、「就活完全マニュアル」が貰え、自己分析の仕方や就活の軸の決め方についての配信を毎日受け取れます。

「就活の教科書公式LINE」のLINE講座を受けると、早期選考を獲得するために必要なことが理解できるでしょう。

「早期選考を受けたいけどどうすればいいかわからない」という就活生は、「就活の教科書公式LINE」に登録してみてくださいね。

「就活の教科書公式LINE」の配信内容や特典内容については、こちらの記事にまとめています。

どんな情報を受け取れるのか気になる就活生は、ぜひチェックしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部

 

 

                                                   

早期内定に関する記事一覧

早期内定をもらうには、ただやみくもに就活をしてはいけません。

就活を早く終わらせる方法 という記事を読めば、「就活を早く終わらせるにはどうすればいいの?」「早期内定をもらうにはいつから準備すればいいの?」という疑問を解決できるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「早期内定が欲しい…」「できるだけ就活を早く終わらせたい」という就活生には、OfferBoxがおすすめです。

OfferBoxを利用すると、251問の質問の性格診断とあなたが登録したプロフィールを見た優良大手~ベンチャー企業からオファーがもらえます。

自分に合った企業への就職を目指す方、短期間で内定獲得したいと思う方は、OfferBoxでスカウトをもらって選考に進んでみましょう。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxで強みと適性職種を発掘し、優良企業のスカウトGET
  • あなたの経験や強みから優良企業の特別スカウトが届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
\ 就活生2人に1人が利用! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

早期選考に落ちたら原因を見直そう

就活生ちゃん

私は早期選考で落ちた企業の本選考に挑戦します!
絶対にその企業から内定をもらいたいので、早期選考で落ちた原因を見直したいです。
選考に落ちた原因は、どこを中心に見直すべきですか?
良い心がけですね。
早期選考で落ちた就活生が、本選考を受ける前に見直すべきポイントはこの4点です。

「就活の教科書」編集部

見直すべきポイント
  • エントリーシート(ES)・履歴書
  • 業界・企業研究
  • 志望動機
  • 面接対策
  • 企業と自分がマッチしているか

 

ポイント①:エントリーシート(ES)・履歴書

早期選考で落ちた就活生が見直すべきポイントの1つ目は「エントリーシート(ES)・履歴書」です。

エントリーシートと履歴書を見直すことで、書類選考で落ちることを防げます。

僕はADKという会社の早期選考のESは通過しましたが、本選考に同じエントリーシートを提出したところ、落ちてしまいました。
したがって、本選考ではクオリティの高いエントリーシートや履歴書を提出するように心がけましょう。

エントリーシートの書き方については、以下の記事が参考になります。

合わせて確認してくださいね。

「就活の教科書」編集部

 

ポイント②:業界・企業研究

早期選考で落ちた就活生が見直すべきポイントの2つ目は「業界・企業研究」です。

業界や企業に対しての理解が浅いと、ESや志望動機に説得力を持たせることができません。

業界にどんな特徴があるのか、競合企業と志望企業の強みの違いについて理解しておきましょう。

僕は徹底的に企業研究をしたことで、他の就活生と差別化をすることができました。

業界・企業研究については、以下の記事が参考になります。

ぜひ参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部

 

ポイント③:志望動機

早期選考で落ちた就活生が見直すべきポイントの3つ目は「志望動機」です。

企業は「なぜ一度落ちた企業をわざわざ受けるのか」と考えています。

したがって、志望動機は「この会社でなければダメなんです!」と熱意が伝わる内容を心がけましょう。

志望動機は、早期選考に落ちた就活生が最も振り返るべきポイントです。

「就活の教科書」編集部

 

ポイント④:面接対策

早期選考で落ちた就活生が見直すべきポイントの4つ目は「面接対策」です。

面接で落ちてしまった就活生は、面接の中で何か不備があったはずです。

面接は話した内容の他に、表情や言葉遣い、間の取り方なども評価されています。

早期選考の面接の段階で落ちてしまった就活生は、必ず面接対策を深めましょう。

表情や間の取り方に関しては、模擬面接を繰り返すことで練習できます。
面接の練習方法に関しては、以下の記事で説明しているので確認してみて下さいね。

「就活の教科書」編集部

 

ポイント⑤:企業と自分がマッチしているか

早期選考で落ちた就活生が見直すべきポイントの5つ目は「企業と自分がマッチしているか」です。

もし、企業と自分がマッチしていないなら、何度選考を受けたとしても通過できません。

例えば、自分の「得意なこと」「できること」が企業が求めるスキルなのかも確認が必要です。

早期選考に落ちて本選考も受ける際は、企業と自分がマッチしているかを必ず確認しましょう。

紹介してきた中でも「志望動機の高さ」と「企業と自分がマッチしているか」は特に重要です。

一度選考に落ちてしまった就活生は、本選考を受ける前に必ずチェックしてくださいね。

ここまで早期選考で落ちた就活生が、本選考を受ける前に見直すべきポイントについて説明してきました。
紹介してきた中でも「志望動機の高さ」と「企業と自分がマッチしているか」は特に重要です。
一度選考に落ちてしまった就活生は、本選考を受ける前に必ずチェックしてくださいね。

「就活の教科書」編集部

 

早期内定を狙うならスカウトアプリがおすすめ

「早期内定をもらいたい!」「早期選考をしている企業を知りたい!」と思う方は、OfferBox」を使うのがおすすめです!

 

OfferBoxは、あなたの強みや性格が詳しくわかる適性診断を受けられ、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接スカウトがもらえるアプリです。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、あなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

\ 就活生2人に1人が利用! /   大手,優良企業からスカウトGET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

【体験談】早期選考に落ちてショックを受けた僕の話

就活生くん

早期選考に落ちた経験があるんですか?
はい、実はあるんです。

ここで、僕が早期選考に落ちた時の体験談を紹介させてもらいますね。

「就活の教科書」編集部

僕は、大手広告代理店のADK(アサツーディ・ケイ)の早期選考に落ちました。

志望度はそこまで高くありませんでしたが、正直、内定はとても欲しかったです。笑

 

早期選考のES課題は、クリエイティビティを問われる自由度の高いESでした。

僕は多くの方からフィードバックを頂き、完成度の高いESを作成し提出しました。

そして見事、ES選考は通過しました。

しかし、その次の選考の一次面接で落ちてしまいました。

当時の僕は面接の場を自分語りの場所と考えており、アピールポイントを間違えていたのが敗因です。

 

そして一か月後、本選考(早期選考二次募集?)のチャンスが巡ってきました。

ES課題の内容は、前回の課題と全く同じ。

自分のESに絶対的な自信があった僕は、前回作成したESを少しだけ変えて提出しました。

「ESは通過するハズだから、面接内容を改善したら通過できる」と考えていたのです。

そして来たる面接の日に備えて、面接練習ばかり繰り返しました。

しかし、ふたを開けてみると結果はES落ち。笑

二回目(本選考)は、ES選考さえ通過しませんでした。

早期選考には通過したのに、本選考は通過しなかった理由としては以下の3点の理由を考えました。

僕の失敗談をあなたの就職活動にぜひ活かしてくださいね。

「就活の教科書」編集部

本選考に通過しなかった理由:考察
  • 早期選考に落ちた人は、本選考には通過できない決まりがあった
  • 早期選考からESが進化していなかった
  • 本選考の方が倍率が高く、単純に他の就活生に負けた

 

「早期内定が欲しい…」「できるだけ就活を早く終わらせたい」という就活生には、OfferBoxがおすすめです。

OfferBoxを利用すると、251問の質問の性格診断とあなたが登録したプロフィールを見た優良大手~ベンチャー企業からオファーがもらえます。

自分に合った企業への就職を目指す方、短期間で内定獲得したいと思う方は、OfferBoxでスカウトをもらって選考に進んでみましょう。

就活アドバイザー 京香

OfferBoxで強みと適性職種を発掘し、優良企業のスカウトGET
  • あなたの経験や強みから優良企業の特別スカウトが届く
  • 自己PRなどの登録や性格診断をすることでスカウト率UP
  • オファーが来ると一部選考が免除になる可能性も
\ 就活生2人に1人が利用! / 大手,優良企業のスカウトGET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

「早期選考に落ちた」に関するよくある質問

就活生くん

早期選考の仕組みから落ちる確率、体験談まで、しっかりと理解することができました!

最後に、なにか早期選考について知っておくべきことはありますか?

では最後に、「早期選考に落ちた」に関するよくある質問をご紹介します。

「就活の教科書」編集部

「早期選考に落ちた」に関するよくある質問
  • 質問①:早期選考のES/Webテスト/最終面接で落ちる確率はどれくらい?
  • 質問②:早期選考と本選考の難易度の差はどれくらいある?

 

質問①:早期選考のES/Webテスト/最終面接で落ちる確率はどれくらい?

「早期選考に落ちた」に関するよくある質問その1は、「早期選考のES/Webテスト/最終面接で落ちる確率はどれくらい?」です。

結論から申し上げますと、選考フローごとの合格率・不合格率は公表されていませんでした。

ただし、内閣府の学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査によると、2月以前に採用面接を受けた人の割合は53.9%でした。

そして、3月以前に最初の内々定を受けた人の割合は34.4%でした。

このことから、早期選考の面接で落ちる確率は35~40%程度だと考えられます。

面接の合格率が50%を超えていると考えると、少しほっとしてしまいますね。

ですが、油断せずにしっかりと選考対策を練って、面接に挑むようにしましょう!

「就活の教科書」編集部

 

質問②:早期選考/本選考の難易度はどれくらい?早期選考のほうが受かりやすいの?

「早期選考に落ちた」に関するよくある質問その2は、「早期選考と本選考の難易度の差はどれくらいある?」です。

結論から述べると、選考対策が万全なら、本選考よりも早期選考のほうが受かりやすいといえます。

確かに、早めに就活をしている学生の中には、選考対策がばっちりな優秀な学生もいます。

しかし現実的には、早めに就活をしていても、選考対策がまだまだ十分でない就活生の方が多いです。

そのため、もしあなたの選考対策が万全ならば、他の就活生よりも評価されやすく、有利に選考を進めます。

以上の理由から早期選考は、就活生の選考対策が万全ならば有利に選考を進められ、本選考よりも受かりやすいです。

準備を万全に整えてから選考に挑むことが大切ですね。

「就活の教科書」編集部

 

早期内定を狙うならスカウトアプリがおすすめ

「早期内定をもらいたい!」「早期選考をしている企業を知りたい!」と思う方は、OfferBox」を使うのがおすすめです!

 

OfferBoxは、あなたの強みや性格が詳しくわかる適性診断を受けられ、あなたを魅力に感じた大手を含む優良企業から直接スカウトがもらえるアプリです。

大手を含む隠れ優良企業からのスカウトをもらうには、あなたの自己PRやガクチカをOfferBoxのプロフィールに登録しておくだけでOK!

以下の口コミのようにOfferBoxを活用することで、優良企業の早期選考への案内や、選考がスキップできるなど短期内定を目指すことができますよ。

\ 就活生2人に1人が利用! /   大手,優良企業からスカウトGET
(OfferBox)
公式サイト
(https://offerbox.jp/)

*ニトリや資生堂など大企業のスカウト実績あり!

まとめ:早期選考に落ちたら、本選考に向けてしっかり対策し直そう

今回の「【内定者の体験談】早期選考に落ちたら本選考はどうなるの? | 本選考より通過しやすいのかも」は、いかがでしたでしょうか。

この記事では、実際に早期選考に落ちて本選考に挑戦した「就活の教科書」編集部メンバーが、
①:早期選考に落ちたら本選考を受けられるか
②:早期選考は本選考より通過しやすいのか
③:早期選考に落ちた原因を見直すポイントなど、「早期選考に落ちたら」について解説してきました。

あなたの「早期選考に落ちたら」という悩みにしっかり貢献できたハズです。

この記事で解説してきたことをおさらいしていきます。

「就活の教科書」編集部

この記事で解説してきたこと

早期選考に落ちたら本選考を受けられるか

  • 結論:本選考も受けられるかは企業による
  • 落ちたら書類選考から通さない企業もある

早期選考は本選考より通過しやすいのか

  • 結論:就活生の対策の程度による
  • 番外編:早期選考に落ちて再受験できる可能性

早期選考に落ちたら原因を見直そう

  • ポイント①:エントリーシート(ES)・履歴書
  • ポイント②:志望動機
  • ポイント③:面接対策
  • ポイント④:企業と自分がマッチしているか

全落ちを防ぐために、手持ちの早期選考を増やしておこう(方法2つ紹介)

  • 見つけ方①:就活エージェントに紹介してもらう
  • 見つけ方②:選考付きの合同説明会でオファーを受ける

 

あなたの「早期選考に落ちたら」という悩みは解決できましたね。

当サイト「就活の教科書」では、他にも役立つ記事をたくさん更新しています。

ぜひまた読みに来てくださいね。

「就活の教科書」編集部