>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【圧迫面接=内定?】就活をうまく乗り切る対処法3つ | 面接官の意図は?

【圧迫面接=内定?】就活をうまく乗り切る対処法3つ | 面接官の意図は?

この記事で分かること
  • 圧迫面接=内定とは限らない
  • こんな面接は圧迫面接かもしれない!特徴4つ
  • 圧迫面接に上手く対処する方法3つ
  • 企業も目的があって圧迫面接をしている

 

こんにちは。「就活の教科書」編集部の西川です。
今回は就活生が避けたい「圧迫面接」について説明します。
就活生の皆さんは、圧迫面接にあった経験はありますか?

「就活の教科書」編集部 西川

就活生くん

僕はまだ圧迫面接をされたことが無いです。
でも怖いので、圧迫面接をされた場合の対処法を知っておきたいです。

就活生ちゃん

私も圧迫面接をされたことはありません。
圧迫面接ってどんな面接なんですか?特徴を知りたいです。

圧迫面接って名前はよく聞きますが、よくわかりませんよね。
この記事で就活生のために圧迫面接について詳しく説明しますね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

そこでこの記事では、圧迫面接について徹底的に調査してきた「就活の教科書」編集部の西川が
圧迫面接をされた場合の対処法を解説します。

合わせて、圧迫面接の特徴も解説します。

この記事を読み進めていけば、圧迫面接をされた時に上手く対処できるようになりますよ。

圧迫面接について詳しく紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

圧迫面接をされたら内定なの?

就活生くん

「圧迫面接をされたら内定のサインだ」とよく聞くのですが、本当ですか?

圧迫面接をされたからと言って、内定が決まっているとは限りませんよ。
その理由を解説してきますね。

「就活の教科書」編集部 西川

圧迫面接=内定とは限らない

圧迫面接をされたからと言って、内定を出すことが決まっているわけではありません。

就活生のストレス耐性を測るためなど、圧迫面接をする目的が企業にもあるからです。

そもそもコンプライアンスに対して厳しい現代において、圧迫面接をする企業は非常に少なくなってきています。

しかし、それでも圧迫面接を実施している企業が存在しているのは事実です。

急に圧迫面接をされると対応できないことが多いため、あらかじめ対処法を知っておく必要があります。
対処法の前に、そもそも圧迫面接とはどのようなものかを簡単に紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

圧迫面接のよくある特徴

就活生くん

圧迫面接ってどんな面接なんですか?

圧迫面接って名前は聞きますが、実際に経験したことのある就活生は少ないですよね。
圧迫面接のよくある特徴は、以下の4点です。

「就活の教科書」編集部 西川

圧迫面接のよくある特徴
  • 就活生の回答をとにかく深掘りする
  • 面接官の表情が硬い
  • 質問のペースが速い
  • 否定的な発言が多い

それでは、圧迫面接の特徴をそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

特徴①:就活生の回答をとにかく深掘りする

圧迫面接のよくある特徴1つ目は、「就活生の回答をとにかく深堀りする」です。

圧迫面接では、面接官が「なんで?」「本当にそう?」「他には?」と連続して質問し、就活生の対応力や思考力を試す場合があります。

何度回答しても質問される場合には、圧迫面接だと捉えて良いでしょう。

僕も実際に就活中に、同じ質問に対して「なんで?」「なんで?」と何度も聞かれた経験があります。
今思えば、あれは圧迫面接で、とても対応に困りました…

「就活の教科書」編集部 西川

 

特徴②:面接官の表情が硬い

圧迫面接のよくある特徴2つ目は、「面接官の表情が硬い」です。

圧迫面接では、就活生に緊張感を与えるために、面接官が表情を硬くし、雰囲気を重くされる場合があります。

就活生としては、一生懸命話しているのに相手にされず、自信をなくしてしまうかもしれません。

そんな時には、「これは圧迫面接だから」と前向きに捉えて、自分の話をしっかりと伝えきりましょう。

思っていることを伝えきれば、面接官も納得して話を聞いてくれるはずです。
圧迫面接とは言えども、相手を自分のペースに引き込むことが大切です。

「就活の教科書」編集部 西川

 

特徴③:質問のペースが速い

圧迫面接のよくある特徴3つ目は、「質問のペースが速い」です。

圧迫面接では、就活生のストレス耐性の高さや、頭の回転の速さを確認するために、次から次へと質問攻めをする場合があります。

質問にうまく答えられないこともありますが、1つ1つの質問を冷静に答えることを意識しましょう。

圧迫面接では、本当に早いペースで質問が進んでいくこともあります。
「これは圧迫面接だから」と割り切って、冷静に答えることが、面接を乗り切るポイントですよ。

「就活の教科書」編集部 西川

 

特徴④:否定的な発言が多い

圧迫面接のよくある特徴4つ目は、「否定的な発言が多い」です。

圧迫面接では、就活生の返答に対して、すべて否定的な発言で返される場合があります。

この圧迫面接の場合は、何を言っても否定されるので、どうしようもありません。

自分の考えに自信を持って、「自分はこう考えています。」と言い切りましょう。

しかし、明らかに面接官の言っている内容が正しければ「そのような見識はありませんでした。今後の参考にさせて頂きます。」と述べ、素直さをアピールするのも重要です。

ここまで、圧迫面接のよくある特徴4点について説明しました。
ここで挙げた特徴に当てはまる面接は、圧迫面接の可能性があります。
「これは圧迫面接だな」と気づいたら、次に紹介する対処法を実践してみましょう。
圧迫面接をうまく乗り切れるはずです。

「就活の教科書」編集部 西川

 

圧迫面接をされた場合の対処法

就活生くん

実際に圧迫面接をされた場合、どうやって対処したらいいんですか?

圧迫面接をされたら、どうやって対処すれば良いのか不安になりますよね。
圧迫面接をされた場合は、次の3つの対処法を実践してみましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

圧迫面接をされた場合の対処法
  • 自分の回答を事前に深堀りしておく
  • 想定質問を考えて準備しておく
  • 面接官も就活生をいじめたいわけではないと知る

 

対処法①:自分の回答を事前に深堀りしておく

圧迫面接をされた場合の対処法1つ目は、「自分の回答を事前に深堀りしておく」です。

自分の回答を事前に「なぜ?なぜ?」と深掘りしておくことで、面接官に深掘りされても答えられるようになります。

圧迫面接でいくら深堀りされても対応できるように、自分の回答を何度も深掘りしておくことが重要です。

面接でよく聞かれる質問については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

対処法②:想定される質問を考えて準備しておく

圧迫面接をされた場合の対処法2つ目は、「想定される質問を考えて準備しておく」です。

圧迫面接では、就活生にストレスがかかるような質問が多いです。

そして圧迫面接での面接官の発言には、以下の4点が例として挙げられます。

  • 「大学やあなたがこれまでの人生で学んだ内容は、弊社では活かせませんよ?」
  • 「そんな考え方では、社会で通用しないですよ?」
  • 「弊社は第一志望の企業ではないですよね?」
  • 「あなたは弊社の社風に合っていないと思いますよ?」

圧迫面接では、上記のようなストレスがかかる質問をされやすいです。
もし質問をされても、落ち着いて冷静に回答しましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

対処法③:面接官も就活生をいじめたいわけではないと知る

圧迫面接をされた場合の対処法3つ目は、「面接官も就活生をいじめたいわけではないと知ること」です。

圧迫面接では、就活生にストレスがかかる場面が多くありますが、面接官も就活生をいじめたいわけではありません。

面接官も仕事の一環で、圧迫面接を行っています。

そのため、自分に自信をなくしそうな場面に遭遇しても、「相手も本気で否定しているわけではないんだ」と捉え、気軽に面接に臨みましょう。

ここまで、圧迫面接をされた場合の対処法について説明してきました。
この項目で紹介した3つの対処法を理解すれば、落ち着いて圧迫面接に対処できます。
面接官もあくまで仕事の一環で圧迫面接をしています。
もし圧迫面接をされた場合は、落ち着いて処理してくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

圧迫面接をする企業の3つの目的

就活生くん

そもそも、圧迫面接ってなんのために行われるですか?
圧迫面接をしても、誰も得しないと思います。

そうですよね。でも、企業の人事にも圧迫面接をする意図があります。
この項目で、圧迫面接をする企業の意図について、詳しく説明していきますね。

「就活の教科書」編集部 西川

圧迫面接をする企業の3つの目的
  • コミュニケーション能力を測る目的
  • ストレス耐性を測る目的
  • 思考力を測る目的

 

目的①:コミュニケーション能力を測る

圧迫面接をする企業の目的1つ目は、「コミュニケーション能力を測る」です。

企業の人事は、就活生に対して答えづらい質問をすることで、とっさの判断ができるかどうかを見ています。

とっさに判断して回答できる就活生は、仕事をする可能性が高いからです。

就活生のコミュニケーション能力を測りたい企業は、圧迫面接をします。

「就活の教科書」編集部 西川

 

目的②:ストレス耐性を測る

圧迫面接をする企業の目的2つ目は、「ストレス耐性を測る」です。

ストレス耐性がある就活生ほど、仕事をするうえで活躍しやすいからです。

社会に出て働いていると、顧客との取引や社内の人間関係など、ストレスのかかる場面が多くあります。

そのため企業の人事は、就活生がストレスのかかる質問でもパニックに陥らず、冷静に対処できるか確認するために、圧迫面接をします。

「就活の教科書」編集部 西川

 

目的③:思考力を測る

圧迫面接をする企業の目的3つ目は、「思考力を測る」です。

社会に出ると、自分が事前に予測できなかったことが多く起こります。

予測できなかったことに上手く対処するためには、一定以上の思考力が必要になります。

そのため企業の人事は、就活生が予想外の出来事に上手く対処できるか確認するために、圧迫面接をします。

ここまで、圧迫面接をする企業の目的について説明してきました。
企業も目的があって、圧迫面接をしていることを覚えておきましょう。

「就活の教科書」編集部 西川

 

圧迫面接する企業ってブラック企業なの?

就活生ちゃん

圧迫面接をする企業はブラック企業と聞いたのですが、本当ですか?

「圧迫面接をする企業=ブラック企業」という話は、就活をしていると良く聞きますよね。
その噂が本当か、この項目で説明します。

「就活の教科書」編集部 西川

 

圧迫面接=ブラック企業とは限らない

結論から言うと、圧迫面接=ブラック企業とは限りません。

先述したような目的があって圧迫面接をしている企業もあるので、全ての企業がブラック企業と一概には言えません。

しかし面接官の態度があからさまに悪いなど、就活生に対しても横柄な態度を取る大人は、普段から社内でもパワハラまがいの態度を取っている可能性もあります。

そのため、あからさまに悪い態度で圧迫面接をする企業は、ブラック企業の可能性があります。

ブラック企業の見分け方については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

Web面接で圧迫面接をされても上手く立ち回ろう

最近では、選考でWeb面接を導入している企業が多いです。

Web面接では対面の面接と比べて、就活生の熱意が伝わらない傾向があります。

そのため、「これは圧迫面接かな?」と感じることもあるかもしれません。

Web面接であっても、先ほどの対処法を意識して上手く立ち回りましょう。

基本的には、Web面接と普通の面接は大きく変わりません。
事前に準備しておくことが大切です。
Web面接のやり方やマナーは以下の記事で紹介しているので、合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 西川

 

面接力診断で、苦手な分野を見つけよう

今年の就活は、web面接で選考を行う企業も増え対策法がわからず、戸惑っている方も多いはず。

そんな時は、「面接力診断」を活用してみましょう。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、自分の面接力をグラフで見える化し、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で分かります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考の突破しましょう。

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

就活アドバイザー

 

メモ

就活の教科書がおすすめする面接の練習方法は、就活エージェント「キャリアチケット」の活用です。

キャリアチケットは、就活生1人1人にアドバイザーが付いてくれるサービスで、面接練習に加えて、就活相談やES添削などで内定まで無料サポートしてくれます。

10,000人以上の就活生が利用した、新しい就活サービスです。

キャリアチケットの評判や使い方については、【キャリアチケットの評判は?】就活生の体験談,口コミまとめ | 実際に利用した20卒にもインタビューという記事で紹介しているので、参考にしてください。

就活アドバイザー

 

まとめ:就活で圧迫面接をされても冷静に対処しよう

今回の「【内定者が教える】圧迫面接の特徴と対処法 | 面接官の質問意図も」はいかがだったでしょうか。

この記事では、「就活の教科書」編集部の西川が、
圧迫面接をされた場合の対処法を解説しました。

合わせて、圧迫面接の特徴も解説しました。

この記事で紹介してきた内容をおさらいしていきます。

「就活の教科書」編集部 西川

圧迫面接をされた場合の対処法まとめ

圧迫面接をされたら内定なの?

  • 圧迫面接=内定ではない

良くある圧迫面接の特徴

  • 特徴①:就活生の回答をとにかく深掘りする
  • 特徴②:面接官に表情が無い
  • 特徴③:質問のペースが速い
  • 特徴④:否定的な発言が多い

圧迫面接をされた場合の対処法

  • 対処法①:自分の回答を事前に深堀りしておく
  • 対処法②:想定質問を考えて準備しておく
  • 対処法③:面接官も就活生をいじめたいわけではない

そもそも圧迫面接は何のために行われるの?

  • 目的①:コミュニケーション能力を測る
  • 目的②:ストレス耐性を測る
  • 目的③:思考力を測る

圧迫面接する企業ってブラック企業なの?

  • 圧迫面接=ブラック企業とは限らない

この記事であなたの圧迫面接に関する疑問はすべて解消できたはずです。
当サイト「就活の教科書」では、他にも就活に役立つ記事をたくさん更新しています。
また就活で困ったことがあれば、ぜひ読みに来てくださいね。
あなたの就職活動が上手くいくことを心から応援しています。

「就活の教科書」編集部 西川