【20選】人に寄り添う仕事一覧 | 向いている人の特徴も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
  • 人に寄り添う仕事は、「ライター」「塾講師/家庭教師」など一覧はこちら
  • 人に寄り添う仕事の魅力は、「自分自身の成長にもつながる」など
  • 人に寄り添う仕事に向いている人の特徴は、「相手の話を親身に聞いて共感できる」など
  • 人に寄り添う仕事に就く上での注意点は、
    ①責任感を持って取り組むことが重要な仕事が多い ②忍耐力や精神力が必要
  • 自分に合う業界や企業を診断できるおすすめツール
\ すでに180,000人以上が利用中! / あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

皆さんこんにちは。「就活の教科書」編集部のはるなです。

今回は「人に寄り添う仕事」についてご紹介させていただこうと思います。

就活生の皆さんは、「人に寄り添う仕事」と聞くとどのような職業を思いつきますか?

「就活の教科書」編集部 はるな

就活生くん

カウンセラーやアドバイザーなどは、お客さんに寄り添っているイメージがありますね。

就活生ちゃん

やはり社会福祉関係のお仕事が多いのではないでしょうか?

また、教師は生徒に寄り添う仕事と言えそうですよね。

皆さんはどんな仕事を思いつくことができましたでしょうか?

「就活の教科書」編集部 はるな

というわけで、この記事では「人に寄り添う仕事」とはどのような仕事で、具体的にはどのような職業があるのかをご紹介させていただこうと思います。

併せて、「人に寄り添う仕事」の魅力や、「人に寄り添う仕事」に就く際の注意点なども確認したいと思います。

◆この記事を特に読んでほしい就活生の皆さん

  • 誰かを助けたり支えたりする仕事がしたいという就活生の皆さん
  • 人に寄り添うにはどんな仕事があるのか気になっている就活生の皆さん

ぜひ最後までこの記事をご覧になってください。

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断、人気No.1の「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! / あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

人に寄り添う仕事とは

就活生くん

そもそもどんな仕事が人に寄り添う仕事と言えるでしょうか?

まずは、「人に寄り添う仕事」とはどのような仕事を指すのかを確認していきましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

 

人に寄り添う仕事=人が抱える悩みや問題に寄り添って対処するのを支援する仕事

就活生くん

どんな仕事もクライアントについて考えたり、顧客の気持ちに寄り添うことで、顧客の要望に合わせた商品を開発することができたり、クライアントを満足させることができる、と考えると…。

どんな仕事も「人に寄り添う」ことが根幹にある、と言うこともできそうですね。

その通りです。

しかし、仕事の種類によっては仕事を遂行する上で人に寄り添うことが特に求められる仕事、他の仕事よりも人に寄り添って行動することが多い仕事も存在しますよね。

そこでこの記事では、「人が抱える悩みや問題に寄り添って対処するのを支援する仕事」を特に人に寄り添うことが求められる仕事と考えて、「人に寄り添う仕事」と呼ぶことにしたいと思います。

「就活の教科書」編集部 はるな

 

注意:悩みを解決するのではなく、解決するのを手助けすることが仕事

一つだけ注意しなければならないことがあります。

「人に寄り添う仕事」とは「悩みを解決する仕事」を指すのではなく、「悩みを解決するのを手助けする仕事」と捉えることです。

「就活の教科書」編集部 はるな

就活生くん

どういうことでしょうか?

この後「人に寄り添う仕事」の一つとしてご紹介する医師を例に考えてみましょう。

医師だった場合、延命治療を望んでいない患者に無理に延命治療を施すことは、「患者の命を救う」と言う医師の仕事の根幹には背いていませんが、決してほめられたことではありませんよね。

医師には患者が出した自己決定に寄り添ってその実現を手助けする立場となることが求められれている、と考えることができるはずです。

「就活の教科書」編集部 はるな

就活生くん

なるほど。

 

人に寄り添う仕事は3タイプに分けられる

人に寄り添う仕事は3タイプに分けられると考えられます。

「就活の教科書」編集部 はるな

就活生くん

どのようなタイプに分けられるのでしょうか?

医師や看護師などの仕事は「人を助ける仕事」と言えます。

カウンセラーやコンサルタントなどの仕事は「人に助言する仕事」と考えられますね。

生活相談員や介護士の仕事は、それぞれ利用者が安心して生活を送れるように支援する、「人を応援/支援する仕事」と言えそうですね。

「就活の教科書」編集部 はるな

◆人に寄り添う仕事の特徴3つ

  • 人を助ける仕事:医師・看護師・研究員など
  • 人に助言する仕事:カウンセラー・アドバイザー・コンサルタントなど
  • 人を応援/支援する仕事:介護士・生活相談員・母子支援員など

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【資格なしでもできる】人に寄り添う仕事9選

就活生ちゃん

人に寄り添う仕事が気になっているので、どんな仕事があるのか教えてください!

まずは、特別な資格がなくても就くことができる「人に寄り添う仕事」を担う職種をご紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 はるな

◆【資格なしでもできる】人に寄り添う仕事

  • 仕事①:ライター
  • 仕事②:コンサルタント
  • 仕事③:塾講師/家庭教師
  • 仕事④:メンタルトレーナー
  • 仕事⑤:研究者
  • 仕事⑥:営業職
  • 仕事⑦:NGO団体
  • 仕事⑧:ITエンジニア
  • 仕事⑨:Webデザイナー
ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

就活アドバイザー 京香

仕事①:ライター

資格がなくても就くことができる仕事1つ目は、ライターです。

ライターの仕事は、書籍・新聞・雑誌などの出版物や、Webメディアに掲載する記事、広告主の依頼を受けて作成する広告記事(PR記事)などの文章を執筆することです。

ライターが寄り添うべき対象としては「依頼先」「インタビューを受ける人」「読者」の3つを挙げることができます。

まず、ライターは依頼先がどのような文章を執筆してほしいと思って依頼してきたのかを考えて文章を書かなくてはなりません。

また、誰かにインタビューをして記事を作成する際には、インタビューを受けてくれた人に対して配慮した記事を執筆する必要があります。

最後に、記事を読んでくださる読者の方々が求める読みやすい記事に仕上げなくてはなりません。

以上を踏まえると、ライターは人に寄り添う仕事の一つと考えることができます。

ライターとして働く方法としては、新聞社や出版社、編集プロダクションなどの出版業界、広告制作会社などの企業に所属する方法、フリーのライターとなって企業や個人から依頼を受ける方法があります。

 

仕事②:コンサルタント

資格がなくても就くことができる仕事2つ目は、コンサルタントです。

コンサルタントの仕事は、企業や機関の抱えている課題についての相談に乗り、その解決をサポートすることです。

どのようにサポートするかを考えていく上で、依頼先から課題の現状や今後どうしたいのかといった要望をしっかりと聞き出すことが大切です。

上手に聞き出すためには、コミュニケーション力や依頼先の気持ちに寄り添う姿勢を示すことが重要だと考えられます。

 

仕事③:塾講師/家庭教師

資格がなくても就くことができる仕事3つ目は、塾講師/家庭教師です。

塾講師も家庭教師も生徒に勉強を教えることが仕事となりますが、塾講師は塾や予備校で授業を行う講師のこと、家庭教師は生徒の自宅を訪問して指導を行う講師を指します。

どちらの仕事にも、生徒とコミュニケーションを取って生徒の希望・ニーズをくみ取り、生徒との交流を通して学習意欲を高めながら目標が達成できるように指導することが求められます。

また、家庭教師の場合は保護者と生徒の学習状況についての情報を綿密に交換し合うなど、保護者からの信頼を獲得することも重要です。

どちらの仕事でも、生徒や保護者の「勉強ができるようになりたい」と言う気持ちに寄り添って生徒一人一人に合わせた勉強方法を提供したり、進路相談に乗ったりすることが重要です。

「塾講師・家庭教師の仕事に興味があるけど自分に向いているか分からない…」という方は、LINE適職診断を利用して自分に向いている職業を見つけましょう。

LINE適職診断では、8つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに向いている職業を紹介してくれるので、忙しい方にもおすすめです。

「就活の教科書」編集部 はるな

 

仕事④:メンタルトレーナー

資格がなくても就くことができる仕事4つ目は、メンタルトレーナーです。

メンタルトレーナーはクライアントの精神面の問題に対してケアを行う職業です。

メンタルトレーニングは以下のように定義されています。

◇メンタルトレーニングの定義(1997年、国際メンタルトレーニング学会)

  • 身体的な部分にかかわらないすべてのトレーニングであり、ピークパフォーマンスとウェルネスを導くための準備。
  • スポーツのパフォーマンスや人生の向上をさせるための、ポジティブ(プラス方向の)な態度、考え(プラス思考)、集中力、メンタル、感情などを育成/教育することが中心である。

参照:一般社団法人 日本メンタルトレーナー協会

メンタルトレーナーの仕事は、クライアントの話をよく聴いて相手の望む目標や課題・悩みを知り信頼関係を築いて様々なトレーニングを促したり、励ましたりしながら、目標達成・課題解決まで寄り添うことです。

クライアントの思いを尊重しながら、クライアントが満足するまで話を聞いたり、寄り添ってあげることが求められます。

メンタルトレーナーとして仕事をするには心理学や脳科学、行動科学などの専門的な知識が必要です。

資格がなくてもメンタルトレーニングの仕事をすることはできますが、

  • スポーツメンタルトレーニング指導士
  • メンタルトレーナー2級

といった資格を取得しておくことが望ましいでしょう。

 

仕事⑤:研究者

資格がなくても就くことができる仕事5つ目は、研究者です。

研究者とは、様々な学術分野で新たな知識や法則などを発見したり、科学的な知識・法則の新しい活用方法を見つけたりするために探求する人を指します。

研究者は大学や国立研究所などの研究機関だけでなく、医薬品メーカーのような民間企業まで幅広い場所で活躍しています。

研究者には、人々の暮らしに寄り添って人々が求めている製品開発に関わる研究や人々の暮らしをより良くするための研究を行うことが求められます

研究者になるためには、大学から大学院に進学して自分の専門分野に対する学びを深めてから、大学や国立の研究所などの研究機関に所属したり、民間の企業の研究部門に就職したりすることが一般的です。

 

仕事⑥:営業職

資格がなくても就くことができる仕事6つ目は、営業職です。

営業職の仕事は、メーカーや商社に所属し、企業や顧客に自社のサービスや製品を使ってもらうための営業を行うことです。

実際に顧客や企業のもとへ赴き、顧客との対話から顧客の抱えている課題や願望を見つけ、自社の製品・サービスがその解決策となることをアピールして購入や契約に繋げます

顧客の求める製品を上手にお勧めするためには、顧客の気持ちや悩みに寄り添ってどのような解決策があるのかを考え、顧客からの信頼を獲得する必要があります。

 

仕事⑦:NGO団体

資格がなくても就くことができる仕事7つ目は、NGO団体です。

NGOとは、Non-governmental Organization(非政府組織)の略称で、NGO団体とは開発,貧困,平和,人道,環境などの問題に自発的に取り組む非政府非営利組織を指します。

NGO団体のスタッフには、貧困や紛争、差別などで苦しむ人々に寄り添い、状況を改善するために人々に訴えかける活動、食糧支援などを行うことが求められます。

苦しんでいる人の立場に立って、どうすればよいのか、何を望んでいるのかを正確に把握し対応していくことが重要です。

◇主なNGO団体

  • グリーンピース・インターナショナル:気候変動(地球温暖化)、エネルギー問題、遺伝子組み換え問題、海洋生態系保護などに取り組み、環境問題の解決のために行動している
  • WWF(世界自然保護基金):地球の自然環境の悪化を食い止め、人類が自然と調和して生きられる未来を築くことを使命として活動する環境保全団体
  • アムネスティ・インターナショナル:人権侵害のない世界を願って、女性や子どもの権利、企業の社会的責任、難民と移民の権利、死刑制度の廃止などを世界に訴える国際人権NGO団体
  • セーブ・ザ・チルドレン:苦しむ子供を救うために行動する、国連に公式に承認されたNGO団体

 

仕事⑧:ITエンジニア

資格がなくても就くことができる仕事8つ目は、ITエンジニアです。

ITエンジニアとは、IT技術者の総称です。

「IT(Information Technology)」とは情報技術を指し、「エンジニア」とは、工学の専門的な知識・スキルを持つ人を指します。

ITエンジニアには、クライアントの気持ちに寄り添って、彼らの要求に合わせたシステムを構築・運用することが求められます。

ITエンジニアには以下の様な職種が含まれます。

  • SE/システムエンジニア(システムの開発から運用までを手掛ける)
  • プログラマー(SEが作成した設計を基に、コードを書いてプラグラムを作る)
  • インフラエンジニア(サーバーやネットワークなどのITインフラの開発から保守点検まで行う)
  • セキュリティエンジニア(情報セキュリティ対策の専門家)
  • サポートエンジニア(IT製品に関するカスタマーサポートを行う)
  • Webエンジニア(Webサイトやアプリの設計を行う)

 

仕事⑨:Webデザイナー

資格がなくても就くことができる仕事9つ目は、Webデザイナーです。

Webデザイナーは、「Webクリエイター」「ホームページデザイナー」と呼ばれることもあります。

企業や個人などのクライアントから依頼されたWebサイト・サービスのデザインをすることが仕事となります。

クライアントの希望どおりのWebサイト・サービスを制作するためには、クライアントの趣味嗜好や要望に寄り添ったデザインを心がけたり、クライアントと足取りを合わせて作業を行うことが重要です。

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【資格が必要】人に寄り添う仕事11選

就活生くん

ライターや営業職にも人に寄り添うことが特に重要で求められているんですね。

資格があると就くことができる仕事の幅が広がるんでしょうか…?

資格が必要な仕事についても知りたいです!

では、続いて資格が必要な「人に寄り添う仕事」を担う職種をご紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 はるな

◇【資格が必要】人に寄り添う仕事

  • 仕事①:保育士
  • 仕事②:生活相談員
  • 仕事③:医師/看護師
  • 仕事④:教師
  • 仕事⑤:精神保健福祉士
  • 仕事⑥:介護スタッフ
  • 仕事⑦:作業療法士
  • 仕事⑧:弁護士
  • 仕事⑨:母子支援員
  • 仕事⑩:公認心理師/臨床心理士
  • 仕事⑪:キャリアコンサルタント
ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

就活アドバイザー 京香

 

仕事①:保育士

資格が必要な人に寄り添う仕事1つ目は、保育士です。

保育士の仕事は、乳児から小学校入学前の子どもたちを預かり、食事、排せつ、着替えなどのお世話をしながら基本的な生活習慣を身につけさせることです。

他にも、集団生活を通して社会性を身に着けさせるためにルールのある遊びや、ごっこ遊び、保護者や地域の大人とのイベントを計画したり、保育計画書や配布物の作成、連絡帳の記入などで保護者の方々と連絡を取ることも保育士の仕事です。

子供たちの健やかな成長を支えるためには、子供の気持ちに寄り添ったり、保護者の気持ちに寄り添うことが重要です。

保育士になるには、「指定保育士養成施設」という、学校その他の施設(大学・短大・専門学校など)で学んで卒業する、もしくは年2回実施される保育士試験を受験して合格する必要があります。

 

仕事②:生活相談員

資格が必要な人に寄り添う仕事2つ目は、生活相談員です。

生活相談員とはソーシャルワーカーとも呼ばれ、主に特別養護老人ホーム・デイサービス・ショートステイなどの介護福祉施設で、利用者さんやその家族と介護福祉施設との連携の調整や相談対応をすることが主な仕事です。

そのほか、施設の入退所手続き、地域やケアマネジャーとの連携・調整、介護職員のサポート、他機関との連絡・手配や窓口業務なども担います。

利用者やその家族側の事情だけでなく、介護施設側の都合も踏まえて連携の調整を行ったり、介護職員が職務を全うできるようにサポートしたりするなど、様々な人の事情に寄り添った対応をすることが求められます。

生活相談員になるためには、一般的には以下の様な資格が必要であるとされていますが、具体的な資格要件は各自治体ごとに定められているため、確認することをお勧めします。

◆生活相談員になるために必要な資格(一例)

  • 社会福祉士
  • 精神保健福祉士
  • 社会福祉主事任用資格

 

仕事③:医師/看護師

資格が必要な人に寄り添う仕事3つ目は、医師/看護師です。

医師の仕事は、患者を診察し、治療することです。

看護師の仕事は、医師の診察に基づいて診療や治療の補助を行ったり、けが人の手当を行ったりすることです。

どちらの仕事にも患者の気持ちや意思を尊重し、治療をしていくこと、入院生活をサポートしていくことが求められます。

また、患者が回復するまで治療を乗り切ることができるように、患者やその家族に寄り添って励まし、サポートすることも医師・看護師の重要な役割です。

医師になるためには、医科大学や大学医学部などで6年間学んだ後、医師国家試験に合格する必要があります。

看護師になるためには、大学や3年制短大の看護系学科、または病院や大学の医学部に付属する3年制看護学校を卒業し、看護師国家試験に合格する必要があります。

 

仕事④:教師

資格が必要な人に寄り添う仕事4つ目は、教師です。

小学校・中学校・高校の教師は、学問だけでなく生活や社会のマナー、道徳なども教えて子供たちを社会人として自立できるような指導・支援を行います。

児童/生徒たちの受験に関する相談や、人間関係のトラブル、家庭での悩みなどの相談にも真摯に乗って子供たちの学生生活がより良いものとなるように手助けをする必要があります。

そのため、生徒たちの気持ちや悩みに寄り添って、これからどうしていきたいのかを一緒に模索したり、生徒が抱える問題の解決策を考えたりすることが求められる仕事であると考えることができるでしょう。

教師になるためには、大学などで教職課程を履修して教職免許を取得し、教員採用試験に合格する必要があります。

 

仕事⑤:精神保健福祉士

資格が必要な人に寄り添う仕事5つ目は、精神保健福祉士です。

精神保健福祉士とは、心の病を抱えた人の地域相談支援の利用に関する相談や社会復帰に関する相談に応じ、助言、指導、日常生活への適応のために必要な訓練などのサポートを行う仕事を担う人を指します。

相談しに来る患者さんの心に抱えている病や障がい、症状、原因やこれまでの経緯などは様々であるため、精神保健福祉士には一人一人の事情や気持ちに寄り添った対応が求められます

精神保健福祉士になるためには、大学などで指定科目を履修する、短大などで指定科目を履修して1~2年実務を経験する、養成施設に通うなどの過程を経て「精神保健福祉士国家試験」に合格する必要があります。

 

仕事⑥:介護スタッフ

資格が必要な人に寄り添う仕事6つ目は、介護スタッフです。

介護スタッフとは、日々の生活において他の人からの介護を必要とする方々(要介護者)に対して、その人らしく生き生きと暮らすことができるように日常生活の援助を行う人々を指します。

要介護者の自宅を訪問して食事や入浴のサポートを行う形式や、社会福祉施設に所属して入居している人々のお世話をする形式などがあります。

要介護者やその家族の気持ち・事情に寄り添って、どのような支援を行っていくかを考えることが重要です。

資格がなくても介護サービスを提供する事業所で働くことはできますが、以下の様な資格を持っていることで、提供できるサービスの幅が広がります。

◇介護スタッフ関連の資格

  • 介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)入門編として位置付けられている資格で、取得すると無資格では行うことができない、食事・着替え・入浴介助などの「身体介護」ができるようになる
  • 介護福祉士実務者研修介護職員初任者研修の上級資格で、取得すると訪問介護サービスの事業所における「サービス提供責任者」として、介護サービスの内容を作成したり、実施内容を管理したりする仕事ができるようになる。
  • ケアマネジャー(介護支援専門相談員)介護保険サービスを提供するのに必要なケアプランを作成したり、新たに介護施設に入所する要介護者の介護計画を立てたりすることができるようになる公的な資格
  • 介護福祉士実務だけでなく介護スタッフをまとめる管理者としての業務に就くことができるようになる国家資格

上記のような介護スタッフに興味がある方には、あなたの“想い”に寄り添うコンシェルジュサービス「スマートシニア」がおすすめです。
介護・福祉の国家資格を活かしてコンシェルジュとしてサポートできますよ。

参考:老人ホーム・介護施設の検索は施設入居特化のクチコミ | スマートシニア

就活アドバイザー 京香

 

仕事⑦:作業療法士

資格が必要な人に寄り添う仕事7つ目は、作業療法士です。

作業療法士とは、心身に障害を持っている人の「こころ」と「からだ」のリハビリテーションをサポートする職業です。

作業療法士の「作業」とは、誰もが普段日常生活の中で行っている「食事」「入浴」などの諸活動を指します。

作業療法士は、以下の様な3つの能力の改善・維持を促進して「その人らしい」生活の獲得を達成することをサポートする役目を担っています。

  1. 基本的動作能力:運動、感覚・知覚、心肺や精神、認知機能
  2. 応用的動作能力:食事やトイレ、家事など、日常生活で必要とされる活動
  3. 社会的適応能力:地域活動への参加、就労、就学、趣味活動など

参照:日本作業療法士協会

対象者の「自分らしい生き方」を支援するために、対象者の身体・精神機能、置かれている環境、本人の要望などに寄り添ったリハビリテーションを行うことが重要です。

作業療法士になるためには、作業療法士養成校と認められている大学や専門学校を卒業し、毎年2月に行われる作業療法士国家試験に合格する必要があります。

 

仕事⑧:弁護士

資格が必要な人に寄り添う仕事8つ目は、弁護士です。

弁護士の仕事は、依頼人の裁判手続きや交渉を代理で行ったり、依頼人の法律相談にのってアドバイスしたりすることです。

法律の専門家として、人々の自由、財産、健康などの権利を守る役割を担っています。

弁護士には依頼人に対して愚直に、誠実に向き合い、寄り添って依頼者のために最善を尽くすことが求められます。

弁護士になるためには、法科大学院で法律の理論や実務を勉強した後で司法試験に合格し、1年間研修(司法修習)を受ける必要があります。

法科大学院に通うことができない場合は、予備試験に合格することで司法試験を受験することができます。

 

仕事⑨:母子支援員

資格が必要な人に寄り添う仕事9つ目は、母子支援員です。

母子支援員の仕事は、配偶者との離婚や死別などで生活や経済の基盤を失ったり、精神的なケアが必要となったりと生活に関する課題を抱える母親に対して、就労支援や育児相談、関係機関との連絡調整などを行うことです。

母子支援員を頼ってくる母親の中には、経済的な問題だけではなく、精神的なダメージを負っている方も多いので、母子支援員には心に寄り添う精神的なケアも含めた自立支援が求められます

母子支援員になるためには、以下の様な条件のいずれかを満たしている必要があります。

◆母子支援員になるための条件

  • 厚生労働大臣の指定する児童福祉施設の職員の養成学校や養成施設を卒業すること
  • 保育士資格を所有している
  • 社会福祉士資格を所有している
  • 精神保健福祉士資格を所有している
  • 児童福祉事業において2年以上の実務経験があること

 

仕事⑩:公認心理師/臨床心理士

資格が必要な人に寄り添う仕事10個目は、公認心理師/臨床心理士です。

公認心理士とは、心理学に関する専門的知識および技術をもって相談者の心理状態を観察・分析し、アドバイスやサポートなどを行う心理の専門家です。

臨床心理士とは、臨床心理学に基づいた知識と技術で、相談者の抱える心理的な問題の解決を援助する専門家です。

どちらの職種も、心理学に精通し相談者の抱える心理的な問題の改善・予防などのサポートを担います。

相談者の気持ちに寄り添って、心の不調の原因を分析したり、状況を改善するにはどうしたらよいのかを一緒に考えていく姿勢が求められます。

公認心理士になるためには、大学・大学院で必要な科目を履修し、国家試験に合格する必要があります。

臨床心理士になるためには、日本臨床心理士資格認定協会が認定する大学院を修了し、同協会が実施する資格試験に合格する必要があります。

 

仕事⑪:キャリアコンサルタント

資格が必要な人に寄り添う仕事11個目は、キャリアコンサルタントです。

キャリアコンサルタントとは、労働者の職業選択や職業生活設計、職業能力の向上のためにサポートやアドバイスをおこなう職種です。

キャリアコンサルタントには、相談者の気持ちに寄り添ってより良いキャリアプランを見つけ歩んでいくサポートに尽力することが求められます。

キャリアコンサルタントは企業、ハローワーク、教育機関、若者自立支援機関など幅広い分野で活躍しています。

キャリアコンサルタントになるためには、キャリアコンサルタント登録試験機関が行う試験に合格する必要があります。

 

                                                   

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

人に寄り添う仕事の魅力

就活生ちゃん

クライアントや患者さんに寄り添う仕事って色々あるんですね。

人に寄り添う仕事の魅力も気になります!

それでは、人に寄り添う仕事の特に大きな魅力をいくつかご紹介させていただきますね。

「就活の教科書」編集部 はるな

◆人に寄り添う仕事の魅力

  • 魅力①:人から直接感謝されたり認められたりするので、やりがいを感じやすい
  • 魅力②:自分の知識や経験を活かすことができる
  • 魅力③:自分自身の成長にもつながる

 

魅力①:人から直接感謝されたり認められたりするので、やりがいを感じやすい

人に寄り添う仕事の魅力1つ目は、人から直接感謝されたり認められたりするので、やりがいを感じやすいことです。

クライアントや相談者に寄り添って彼らを支えたり、助けたりする際には、クライアントや相談者と密接に関わることが必要不可欠です。

そのため、クライアントや相談者の悩み事が解決したり、状況が改善したりした場合には、直接感謝されたり認められたりすることも多く、やりがいを感じやすいと考えられます。

 

魅力②:自分の知識や経験を活かすことができる

人に寄り添う仕事の魅力2つ目は、自分の知識や経験を活かすことができることです。

人に寄り添う仕事には、培ってきた知識や経験を活かして物事を解決するための助言をしたり、人に何かを教えたりする仕事が多くあります。

例えば、教師や塾講師などは今まで培ってきた知識を生徒に教えることが仕事になりますよね。

「就活の教科書」編集部 はるな

そのため、人に寄り添う仕事は自分の知識や経験を活かしやすい仕事だと言うことができるでしょう。

 

魅力③:自分自身の成長にもつながる

人に寄り添う仕事の魅力3つ目は、自分自身の成長にもつながることです。

人に寄り添う仕事に就くと、様々な状況における様々な人々の悩みに寄り添うことになります。

様々な状況下における様々な課題を、どのように改善したら良いのか、どのように解決するかをクライアントと一緒に考えることは自分自身の経験知を増やすことにもなります。

また人に寄り添う仕事では、前述したように問題が解決した後にクライアントから感謝されることも多く、人のためになったと実感して向上心が芽生えると考えられます。

人に寄り添う仕事を通して、クライアント・相談者の問題解決を図ることだけでなく、自分自身の成長にもつなげることができると言えるでしょう。

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

人に寄り添う仕事に向いている人の特徴

就活生くん

僕はNGO団体に所属して、困っている人を助ける仕事がしたいと思っています!

ですが、自分に向いているのかちょっと自信がありません…。

どんな人が人と関わる仕事に向いているのでしょうか?

誰かの力になりたいという素敵な思いをお持ちなんですね。

それでは、人と関わる仕事に向いている人の特徴をご紹介しますので、一緒に確認してみましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

◆人に寄り添う仕事に向いている人の特徴

  • 特徴①:相手の話を親身に聞いて共感できる
  • 特徴②:客観的に物事を見ることができる
  • 特徴③:相手のペースを尊重して物事を進めることができる

 

特徴①:相手の話を親身に聞いて共感できる

人に寄り添う仕事に向いている人の特徴1つ目は、相手の話を親身に聞いて共感できることです。

自分が何かを話している時に、相手から「その気持ち、わかるよ」と共感を示してもらえたり、最後まで親身になって話を聞いてもらえると、嬉しくなったりもっと聞いてもらいたいと思ったりしませんか?

人の話を聞く仕事をするうえで重要になってくるポイント1つ目は共感できることです。

「就活の教科書」編集部 はるな

共感を示しながらクライアント・相談者の話を聞くことで、クライアント・相談者に「あなたの気持ちを受けとめる」という姿勢を示し、信頼関係を構築しやすくなります。

また、クライアント・相談者がリラックスして話をしやすい雰囲気を作ることもできるでしょう。

ここでもう一つ注意しておきたいことは、「共感」と「同感」の違いです。

人の話を聞いている時に、自分も相手と同じ気持ちになってしまい、「わたしもつらい」と自分の気持ちも揺れ動いてしまうことを「同感する」と言います。

同感してしまうと、相手が抱えるストレスを自分も同じように抱えることになってしまい、相談を受ける側のメンタルも不安定になってしまいます。

人に寄り添う仕事を行う上で大切なのは、「同感すること」ではなく「共感すること」です。

「就活の教科書」編集部 はるな

 

特徴②:客観的に物事を見ることができる

人に寄り添う仕事に向いている人の特徴2つ目は、客観的に物事を見ることができることです。

物事を客観的に見ることができれば、課題解決の糸口を見つけたり、自分がどうするべきかを把握しやすくなります

人に寄り添う仕事をする上では、クライアント・相談者の抱える課題を客観視して、どのように助言すべきか、サポートすべきかを考えることが必要です。

そのため、客観的に物事を見ることができる人は人に寄り添う仕事に向いていると考えられます。

 

特徴③:相手のペースを尊重して物事を進めることができる

人に寄り添う仕事に向いている人の特徴3つ目は、相手のペースを尊重して物事を進めることができることです。

人に寄り添う仕事の多くは、クライアント・相談者と直接関わりを持ち、クライアント・相談者の気持ちに寄り添って物事を進めることが重要です。

前述したとおり、人に寄り添う仕事の本質は悩みを解決することではなく、解決するのを手助けすることです。

解決策を押し付けるのではなく、クライアント・相談者が自分の気持ちと向き合って自分らしく行動することを促進できるように、相手のペースに合わせたサポートを行うことが求められます。

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

人に寄り添う仕事に就く上での注意点

就活生ちゃん

人に寄り添う仕事は、お客様に直接自分の頑張りを認めてもらいやすく、やりがいのある仕事と言えそうですね。

なんだか私にぴったりの仕事であるような気がします!

ちょっとお待ちください!

人に寄り添う仕事に就くうえで考慮に入れておく必要があることもあります。

一緒に確認していきましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

◇人に寄り添う仕事に就く上での注意点

  • 注意点①:責任感を持って取り組むことが重要な仕事が多い傾向がある
  • 注意点②:忍耐力や精神力が必要

 

注意点①:責任感を持って取り組むことが重要な仕事が多い傾向がある

人に寄り添う仕事に就く上での注意点1つ目は、責任感を持って取り組むことが重要な仕事が多い傾向があることです。

人に寄り添う仕事の中には、医師や看護師といったように生命にかかわる仕事、メンタルトレーナーや生活相談員などの人の人生に関わる仕事も多く含まれます。

そのような仕事を遂行するにあたっては、自分のやるべきことをしっかり果たそうとする気持ちをもって臨むことが必要です。

そのため、責任をもって取り組むことが求められる仕事が多い傾向にあると言うことができるでしょう。

 

注意点②:忍耐力や精神力が必要

人に寄り添う仕事に就く上での注意点2つ目は、忍耐力や精神力が必要であることです。

繰り返しになりますが、人に寄り添う仕事の本質は悩みを解決することではなく、解決するのを手助けすることです。

解決策を無理やり押し付けることなく、提案・助言を通して相手のペースで前に進んでいくことをサポートする役割を果たすことが求められます。

また、相手のためを思っての行動を意識することも重要です。

相手のためを思って行動していても、いつの間にか自分のためになる行動を選んでしまっていた、なんてことはありませんか?

人間も生物なので、個体として生き残っていくということが最も重要であるという生物の本能によって、利己的な行動をとってしまうことは個体の生存戦略上当然のことと言えます。

「就活の教科書」編集部 はるな

しかし人に寄り添う仕事をする上では、クライアント・相談者を第一に考えて、彼らの悩みを解決するにはどうしたらよいのかを彼らの目線で考えることが求められます

そのため、人に寄り添う仕事には忍耐力・精神力が必要であると考えることができます。

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

人に寄り添う仕事 」に関するよくある質問

就活生くん

人に寄り添う仕事に関して、だんだんわかってきたような気がします。

他に知っておくべきことはありますか?

それでは最後に、「人に寄り添う仕事 」に関するよくある質問をいくつかご紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 はるな

◆「人に寄り添う仕事 」に関するよくある質問

  • 質問①:人に寄り添う仕事で役に立つ資格はどんなものがあるの?
  • 質問②:人の人生に寄り添う仕事ってどんなものがあるの?

 

質問①:人に寄り添う仕事で役に立つ資格はどんなものがあるの?

「人に寄り添う仕事 」に関するよくある質問1つ目は、「人に寄り添う仕事で役に立つ資格はどんなものがあるの?」です。

人に寄り添う仕事につながる資格には以下の様なものがあります。

◆心理的な支えとなる

  • メンタルトレーニング検定
  • 公認心理士資格
  • 臨床心理士資格
  • 精神保健福祉士資格

◆生命を助ける

  • 医師免許
  • 看護師資格

◆暮らしを助ける

  • 保育士資格
  • 社会福祉士資格
  • 介護職員初任者研修
  • 介護福祉士資格

◆権利を守る

  • 教師免許
  • 弁護士資格

 

質問②:人の人生に寄り添う仕事ってどんなものがあるの?

「人に寄り添う仕事 」に関するよくある質問2つ目は、「人の人生に寄り添う仕事ってどんなものがあるの?」です。

どんな仕事も誰かの人生に寄り添っていると言えると思います。

例えば製造業の枕を作っている企業で働いている場合、貴方が仕事をすることで誰かの睡眠を支えていると考えることができますね。

就活アドバイザー 京香

就活生ちゃん

そういわれると、確かにそうですね!

より誰かの人生に寄り添っていると実感しやすいのは、やはり人と直接かかわる仕事ではないかと思います。

就活アドバイザー 京香

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

まとめ:人に寄り添う仕事では、クライアントの気持ちに寄り添いながら、支援したり助言することが求められる!

いかがでしたか。

今回は人に寄り添う仕事について、職種や魅力などをご紹介させていただきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな