【例文あり】「仕事をする上で大切なことは?」面接/ESでの答え方 | 大事にしたい価値観一覧も

mensetsu-sigoto

サイト監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career)

この記事で分かること

 

こんにちは!「就活の教科書」編集部のかめさんです。
今回は面接でよく聞かれる質問の対策です!

「就活の教科書」編集部 かめさん

仕事をする上で大切なことは何ですか?

就活生ちゃん

仕事って人とかかわることが多いと思うから、コミュニケーションだと思います!

就活生くん

うーん、お金かな、、。

皆さん、あまり聞かれたことがない質問のためか悩みがちですよね。

ですが就活ではよく聞かれるんです。

そこで今回は「仕事をする上で大切なことは何ですか」という質問に対する回答例文をお伝えします。

また、「仕事をする上で大切なこと」を答える時のポイントについても併せて解説していきます。

またこの質問意図にも触れているので、自分で答えを考えるときに参考にしてくださいね。

先に伝えておくと「面接・ESの質問で評価される回答がわからない…」という方は「面接回答100選(公式LINEで配布)」で内定者の回答を参考にするのが一番おすすめです。

面接回答集を使うと、内定者の回答が丸わかりになるので、面接・ESで落ちにくくなります。

「内定者の回答をまねて就活を有利に進めたい!」という方は、公式LINEからGETしてくださいね。

就活アドバイザー 京香

就職活動に役立つサイト(無料)

\ 面接突破に役立つおすすめサービス /

\ プロに面接対策してもらおう /

どのサービスを使えば良いかわからない…」という方は「面接回答100選(公式LINEで配布)」で内定者の回答を参考にするのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

目次

就活で質問される「仕事をする上で大切なこと」とは?

初めに「仕事をする上で大切なことは何ですか?」という質問そのものについて考えてみましょう。

「仕事をする上で大切なことは何ですか?」は、どんな回答を求められているかわかりますか?

「就活の教科書」編集部 かめさん

就活生くん

「仕事を通して成長したい」とかですかね?

でも、正直よくわからないです。

就活生ちゃん

プライベートも充実した生活がしたいので「ワークライフバランスを大切にしたい」と答えると思います。

これで、正しい回答になりますか?

「仕事を通して成長したい」という回答は、「どうして仕事をするのか?」の回答に近いです。

「ワークライフバランス」も「将来、大事にしたい価値観は?」の回答になっているので、「仕事をする上で大切なこと」とは少しズレます。

ここでは、「仕事をする上で大切なことは何ですか」で何が問われているのかをしっかり理解しましょう。

「就活の教科書」編集部 かめさん

業務を行う上で、優先したい考えや価値観のこと

「仕事をする上で、大切にしたいこと」の質問で求められる回答は、「業務を行う上で、優先したい考えや価値観のこと」です。

主に「会社やチームのために何を大事にするか」を聞かれている質問です。

より簡単な言葉にすると「仕事を円滑に進め、高い成果を出すために、特に心がけたいことは何ですか?」のようになります。

面接官の意図としては、入社後どんな風に働いてくれそうか?ということを理解したいと思って質問しています。

ですので、例えば「顧客の意見をしっかり聞くこと」「周囲の人と協力して進めること」「責任感を持ってミスなく遂行すること」などが求められている回答です。

 

「将来、大事にしたい価値観は?」との違い 

「仕事をする上で、大切にしたいこと」と一緒にされやすい質問に「将来、大事にしたい価値観は?」という質問があります。

「将来、大事にしたい価値観は?」は、個人が実現させたいことについて問われている質問です。

この質問は、仕事に限定した価値観を問われておらず、プライベートも含めた生活全体で大事にしたいことが問われています。

面接官の意図としては、就活生の人柄を見たい意図が大きいです。

ですので、「ワークライフバランスを充実させて、家族との時間も大切にしたい」「働ける内はバリバリ働きたい」などが意図に合った回答です。

 

「あなたにとって仕事とは?」との違い

もう1つ一緒にされやすい質問に「あなたにとって仕事とは?」という質問があります。

「あなたにとって仕事とは?」の質問は、「何のために働くのか?」のような哲学的な価値観が問われています。

この質問も、面接官の意図としては、就活生の人柄や考え方の個性を見たい意図が主です。

「あなたにとって仕事とは?」の回答は、「一生遊んで暮らせるだけのお金を持っていたとしら、それでも働きたいですか?」という質問を考えると分かりやすいです。

もし、「お金があるなら、働かない」なら、「あなたにとって仕事とは、お金を稼ぐこと」でしょう。

「お金を持っていても、働きたい」と思うなら、その理由が「あなたにとっても仕事とは?」の回答です。

例えば、「仕事を通して成長したい」「活躍の場を広げたい」「社会に貢献したい」などが「あなたにとって仕事とは?」の意図に合った回答です。

メモ

「仕事をする上で大切なこと」=「会社が成果を出すために、心がけること」

入社後にあなたが働く姿を、面接官がイメージできるように回答することがポイント!

 

面接の対策の仕方がわからない…」という就活生の方は、面接の質問集100選と答え方も参考にするのが一番おすすめです。

内定者の回答を見るには、就活サイトなどを参考にする就活生が多いですが、他にも面接回答集100選を参考にする就活生も多くいます。

面接の対策をするなら、模擬面接も大切ですが、内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことも大切です。

そのため、面接の質問集100選と答え方を見て、面接対策に活かしてくださいね。

就活アドバイザー 京香


【例文を紹介】「仕事をする上で大切なこと」に内定者が答えてみた!

実際に就活の時に「就活の教科書」の内定者がどのように答えていたかの例文を紹介します。

仕事をする上で大切なこと
  • 例文①:主体性を持つこと
  • 例文②:面白い発想を大切にすること
  • 例文③:誠実でいること
  • 例文④:本質を見つめること
  • 例文⑤:周囲に気を配ること
  • 例文⑥:効率よく業務を行うこと

面接やESで良い回答をしたい方は、文章を考える前にキャリアチケットスカウト診断性格適性診断」「LINE適職診断を同時に利用して自己分析をしてください。

面接やESでは、あなたの強みとの一貫性がないと確実に落とされてしまいます。

3つの診断を行うことで、短時間であなたの強みあなたに合う仕事が分かるので、落とされにくい質問回答の土台を固められます。

多くの方が利用しているので、自己分析をして自分自身を知ってから、回答を考えるようにしてみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> キャリアチケットスカウト診断で自己分析してみる(無料)

>> 性格適性診断でお試しに診断してみる(無料)

>> LINE適職診断で診断してみる(無料)

 

例文①:主体性を持つこと

私が仕事をする上で大切にしたいのは「主体性を持つこと」です。

任された仕事をその通りにこなすだけではなく、主体的にできることを増やしていくことが大切だと考えています。

特に、入社してすぐは、分からないことやできないことも多いと思いますが、新入社員であることに甘えず、積極的に仕事に関わることを意識したいです。

主体性を持つことは、自身の成長に繋がる上、成長することで会社に貢献できる人材に一歩でも早くなれるように努めたいと思っています。

エピソードに個別性はありませんが、入社してからバリバリ働きたい意欲は良く伝わりますね。

自分の成長のためではなく、会社に貢献するためと締め括っている点も、意図に合った回答のポイントです。

「就活の教科書」編集部 かめさん

 

例文②:面白い発想を大切にすること

私が仕事をする上で大切にしたいのは「面白い発想を大切にすること」です。

面白さを上手く取り入れることで、

人と違った面白い発想を持つことは、新しい企画を立案する時に大切だと考えております。

また、働くチームに面白さを取り入れることは、メンバーとの円滑にコミュニケーションを図る上でも大事な要素だと思っています。

私は、学校のクラスやサークルなど組織の中でムードメーカー役になることが多くあり、実際にコミュニケーションを良くしていくためには、面白さの大切さを身にしみて感じました。

良い緊張感を保ちつつ、適度な面白さを取り入れることで、あらゆる困窮した場面でも新たな一手を発想することで状況を前に進めたり、仕事を円滑に進めていったりしたいと思います。

面白さは、伝え方を間違えると仕事を遊びのように考えている印象を与えてしまうので、注意が必要です。

自分の人柄も合わせて答えられると、仕事に対する姿勢と意欲をもって行動するイメージを伝えられます。

「就活の教科書」編集部 かめさん

 

例文③:誠実でいること

私が働く上で大切にしたいのは「仕事に対して誠実でいること」です。

会社は利益を生むことが目的だと思いますが、不誠実なことで利益を追求しないことを忘れずに働きたいと思っています。

誠実でいることは、会社が積み上げてきた信頼やブランドを守ると共に、お客様に良い印象を持ってもらうことで新しいビジネスチャンスを生むきっかけになると考えています。

今の時代は、SNSなどで悪い印象や出来事はすぐに拡散されてしまう恐れがあるため、誠実さを第一に考えて働きたいと思います。

偽りのない自分で御社のモットーである「働き、笑う」を実現することで、仕事でも人として信頼のおける人になります。

信頼がより大切になった今の時代背景を踏まえたうえで、簡潔に伝えられていますね。
なぜそう思うのか自分の考えもあるので、面接官はより知りたいという気持ちになります。

「就活の教科書」編集部 かめさん

 

例文④:本質を見つめること

私が働く上で大切にしたいのは「本質を見つめること」です。

目の前の細かい課題に注力するあまり、ものごとの本質を見失わないことが大切だと思っています。

私は、学生時代のマーケティングのインターンで、顧客が本当に求めていることは実際の声になっていない場合が多いことを学びました。

顧客の要望をその通りに答えることが、必ずしも正解ではないと気づいた時は衝撃でしたが、本質を考えるようになってからは、インターンでも成果を上げられるようになりました。

この経験から、社会人として仕事をする上でも、広い視野で全体を見て、課題の本質を見つめることが大切だと考えています。

学生時代の経験を根拠として伝えられているので、「本質を見つめる」ことがどういうことなのか、分かりやすく伝えられています。

ガクチカそのものが問われている訳ではないので、簡潔にまとめている点も良いです!

「就活の教科書」編集部 かめさん

 

例文⑤:周囲に気を配ること

私が仕事をする上で大切にするのは「周囲に気を配ること」です。

チームで働く時、チーム全体を見て他のメンバーに気を配ることが、業務を円滑に行う上で大切だと思っています。

私は、学生時代に部活の副代表をしていました。

部活のリーダーは先導力がある人だったので、私は部内の細かい意見を拾いチームのベースアップする役割を担うことが多かったです。

その経験で、チームの上位層の人だけが活躍するのでなく、全体として成長できることがチームのモチベーションや成果に繋がると学びました。

社会人として働く上でも、周囲に気を配ることでチームに貢献したいと考えております。

学生時代の経験を中心に、自分の役割をはっきりさせていることで説得力のある回答になっています。

「就活の教科書」編集部 かめさん

 

例文⑥:効率よく作業をすること

私が仕事をする上で大切にするのは「効率よく作業をすること」です。

良く残業をたくさんする人の方が、仕事をしているように評価されることがありますが、私の考えは違います。

与えられた時間の中で、効率的に作業をする工夫をして成果を上げることが大事だと思っております。

効率よく作業をすることで、残業時間を短縮できるだけでなく、余った時間は業務の精度の向上や、新しい取り組みをする時間に充てられるので、質の向上にも繋がると考えています。

自分の考えを明確にして、テキパキ仕事をしてくれそうな印象を上手く伝えられていますね。

「就活の教科書」編集部 かめさん

 

他の質問の答え方や例文は【内定者が教える】面接の質問内容100選と答え方 | NG回答例,注意点もで網羅的にまとめています。
時間がある就活生の方は、質問にチャレンジをしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 かめさん

 

公式LINEで「面接回答集100選」を無料で配布中!

面接回答集100選を利用すれば、実際の面接でよく聞かれる質問やその質問に対する内定者の回答を見ることができ、選考通過にも役立ちます。

また、面接回答集は、公式LINEで配布しており、回答集の他にも「就活力診断」「適職診断」などの診断を無料で受けることもできます。

すでに60,000人以上の就活生が利用しているので、面接で不利になりたくない方は、早めに面接回答集を利用してくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 面接質問集100選(公式LINE)を受け取る


働く上で大事にしたい価値観一覧

次に、働く上で大切にしたい価値観の例を紹介します。

ESや面接で「仕事をする上で大切なことは何ですか?」という質問に答える時の参考にしてください。

働く上で大事にしたい価値観一覧
  • チームワーク
  • 周りと協力すること
  • 信頼関係
  • 丁寧さ
  • やる気
  • 臨機応変に対応すること
  • 技術力
  • すぐに行動すること
  • 他の人の話をよく聞くこと
  • 責任感
  • 作業の効率化

 

\あなたは強者?それとも就活苦手? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

「仕事をする上で大切なこと」を伝えるポイント

例文を通して、「仕事をする上で大切なこと」の回答の仕方がわかったのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 かめさん

就活生ちゃん

なんとなく答えられそうです

でも、どんなところがポイントなのか、まだ整理できていないです。

分かりました。

それでは、「仕事をする上で大切にしたいこと」を伝える時のポイントを解説します。

「就活の教科書」編集部 かめさん

簡潔な表現にまとめる

ポイントの1つ目は、簡潔な表現にまとめることです。

「仕事をする上で大切にしたいこと」の回答を一言にまとめてみましょう。

就活生ちゃん

「私が仕事をする上で大切にしたいことは、周囲の人の話を良く聞くことです。」

ー 大切にしたいこと = 話を聞くこと だね! ー

就活アドバイザー 京香

就活生ちゃん

「私が仕事をする上で大切だと思うことは、良く仕事をしていると、トラブルが起こると思うのですが、

臨機応変に問題を対処しようとしても、特に新入社員の内は一人できないことも多いと思うので、自分を過信しすぎずに、

周りの先輩や同期の人たちに積極的に意見を求めて、少しずつ改善してみることが大切だと思います…」

ー 色々言っているけど、臨機応変に対応すること?周りを頼ること?業務を改善していくこと?

どれが言いたいことだろう?ー

就活アドバイザー 京香

結論から答える

ポイントの2つ目は、結論から答えることです。

上の例にもあるように、最初に簡潔な表現で回答を伝えることで、面接官に伝わりやすくなります。

「仕事をする上で大切にしたいこと」の質問だけでなく、面接やESの回答では、結論ファーストを心がけると印象が良くなります。

具体的なエピソードを根拠にする

ポイントの3つ目は、具体的なエビソードを根拠にするです。

自分の考えに説得力を持たせるために、過去の経験を話すこと効果的です。

実体験を自分にしか答えられないことなので、人柄や個性を伝える手段にもなります。

ガクチカで経験したことで、仕事にも活かしたいことを中心にまとめると話しやすいでしょう。

入社後にどのように活かすかを伝える

ポイントの4つ目は、入社後にどのように活かすかを伝えることです。

「仕事をする上で大切なこと」の質問で面接官が知りたいことは、入社後に働く就活生の姿です。

実際に業務を担当した時に、どんな働きをしてくれるのかを想像できるように伝えることが必要です

回答の締めくくりとして、入社後にどのように活かすかを伝えられると、高評価につながります。

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

面接で「仕事をする上で大切なこと」を質問する意図

では、なぜ面接で「仕事をする上で大切なことは何ですか?」という質問をするのでしょうか。

それは面接官が以下の3点を知りたいと思っているためです。

「仕事をする上で大切なことは何ですか?」の質問意図
  • 価値観を知るため
  • 仕事に対する意欲を見るため
  • 職場の人と信頼関係を築けるか確認するため
それでは、一つずつ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 かめさん

 

価値観を知るため

面接での「仕事をする上で大切なことは何ですか?」の質問意図の1つ目は就活生の考え方・価値観を知るためです。

採用担当者は共に働きたいと思う就活生を採用するため、同じような価値観を持つ人を選びます。

それを短い面接時間(平均で30分~1時間)で判断していきます。

短い時間の中では、志望動機・学生時代頑張ったことなどを聞くだけでは把握できません。

そのため、どういう価値観をもって今まで行動してきたか知るために、「仕事をする上で大切なこと」を採用担当者は質問します。

 

仕事に対する意欲を見るため

面接での「仕事をする上で大切なことは何ですか?」の質問意図の2つ目は仕事に対する意欲を見るためです。

人によって仕事に対する姿勢は違うため、会社へどのような効果が期待できるか図ることができます。

この質問を通して、社員としてどのような働き方が期待できるか、また会社にどのような貢献(メリット)があるのかを確認します

  • 「お金を稼ぐこと」
  • 「簡単で楽な仕事ができること」
  • 「福利厚生を有効活用したワークライフをすること」

上記のような意欲に欠ける発言・仕事の取り組み方に消極的な回答をすると、働き方だけでなく人格すら疑われてしまいます。

かといって、社会人として無難で当たり前すぎる回答をしてしまうと、好印象に繋がりません。

面接では正直に答える必要もありますが、この質問に対しては事前に準備しておく必要がありそうですね。

「就活の教科書」編集部 かめさん

 

職場の人と信頼関係を築けるか確認するため

面接での「仕事をする上で大切なことは何ですか?」の質問意図の3つ目は職場の人と信頼関係を築けるか確認するためです。

会社で仕事をすることとは、大勢の人と関わりを持ち、信頼関係を築くことです。

あらゆる年代や業種の人と、毎日の仕事をこなしていかなければいけないので、コミュニケーション能力は必要不可欠です。

また、グループでプロジェクトを遂行するチームワークがカギとなる会社では、お互いが信頼関係を築けていなければ仕事が捗りません。

つまり、会社が求めている人は、「仕事で関わる人とトラブルになることなくコミュニケーションがとれる人」です。

信頼関係を築くことができるかどうかもこの質問で見ています。

「就活の教科書」編集部 かめさん

 

また、面接の練習方法はこの記事で詳しく解説しているので参考にしてみてください。

 

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

面接での「仕事をする上で大切なことは何ですか?」の答え方

次に、「仕事をする上で大切なことは何ですか?」の質問の答え方を解説します。

面接での「仕事をする上で大切なことは何ですか?」の答え方は次の2点を意識してください。

「仕事をする上で大切なことは何ですか?」の答え方
  • 実体験に基づくエピソードで伝える
  • 企業が求めている人物像に寄せる
それでは一つずつ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 かめさん

 

実体験に基づくエピソードで伝える

面接での「仕事をする上で大切なことは何ですか?」の答え方1つ目は、実体験に基づくエピソードで伝えることです。

「以前このような経験があったからこそ、当時学んだ◯◯は仕事する上で大切だと感じました」のように、実体験に基づくエピソードを盛り込んだ話し方を工夫しましょう。

例)アルバイトを通して周りとのコミュニケーションをとる重要性に気づき、仕事をしていく上では積極的に声をかけ物事を進めていきたいです。

実体験があるだけで、話の信ぴょう性が高くなるため、面接官にも伝わりやすくなります。

 

企業が求めている人物像に寄せる

面接での「仕事をする上で大切なことは何ですか?」の答え方2つ目は、企業が求めている人物像に寄せることです。

面接官は、自分たちの企業にとって利益になる就活生を探しているため、採用サイトに求めている人材を記載しています。

求めている人材は各業界・会社によって異なります。

そのため、企業が求めている人物像に当てはまる内容を取り入れることが大切です。

これは嘘をつく必要はなく、考えていることを正直に話してください。

その中で、努力して自分が大切にしているものと、企業の大切にしているものの共通点を探し、比較してみましょう。

例えば、企業が挑戦する姿勢を大切にし、自分が新規性を大切にするならば、その間には多くの共通点があるはずです。

自分自身の言葉にして表現するためには、客観的に自分を分析して、文章で結果がわかる自己分析診断がおすすめです。

たとえばキミスカ適性検査」を同時利用して、仕事をする上で大切なことを様々な観点から分析してみましょう。

「就活の教科書」編集部 かめさん

 

面接を最速で対策する方法

面接を最速で対策したいのなら、プロに頼りつつ自分でも回答の準備をするのが一番おすすめです。

「プロと面接対策を行う方法」「自分で回答の準備をする方法」についてそれぞれ説明しますね。

就活アドバイザー 京香

自己分析をして回答に一貫性を持たせる

「面接でなんで落ちるの?」という方には、自己分析をして、自分の回答に一貫性を持たせるのが一番おすすめです。

面接では、回答の一貫性を重視するため、一貫性がない回答をする就活生は余裕で落とされます。

自己分析をするならキャリアチケットスカウト診断であなたの強みを見つけるのが良いですよ。

就活アドバイザー 京香

キャリアチケットスカウト診断のおすすめポイント
  • 価値観ベースのマッチングだから、本当に気の合う企業に効率よく出会える
  • アプリでも利用できるため、いつでもどこでも利用できる
  • 用意された質問に答えるだけで、簡単に自己分析ができる

面接対策をプロに手伝ってもらう

「徹底的に面接練習がしたい!」という方には、面接対策が受けられる就活エージェントの利用がおすすめです。

その中でも、就活生の間でも評判の良いDiG UP CAREERでも面接対策を始めとした丁寧な選考サポートを受けられます。

IT企業やエンジニア志望の方は、面接後のフィードバックがもらえる「レバテックルーキーも利用してみると良いですよ。

就活アドバイザー 京香

面接対策を手伝ってくれるサービス
 

面接で聞かれる質問を知って回答を考えておく

「面接で上手く回答できなくて落ちた…」なんてことになりたくない方は「面接回答100選(公式LINEで配布)」とunistyle同時利用して内定者の回答をまねるのが一番おすすめです。

同時に使うと、面接での頻出質問難関企業内定者の回答が無料で見れるので、本番で評価される回答ができますよ。

「志望企業の質問内容を知って対策したい!」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

面接の質問対策に役立つサービス
  • 面接回答100選
    - よく聞かれる質問と回答を紹介
    - 圧倒的分量で万全な対策が可能
  • unistyle
    - 内定/選考突破したESを69,538枚以上見放題
    - 質の良い就活情報が知れる情報サイト

 

 

「仕事をする上で大切なこと」に似た質問の対策は、以下の記事も参考にしてみてください。

 

\あなたの性格,強みが分かります/

>>性格適性診断を受けるには(無料)<<

まとめ:「仕事をする上で大切なこと」に自信をもって答えられると内定が一歩近づく

いかがでしたか。

今回は就職活動でよく聞かれる質問「仕事をする上で大切なことは何ですか?」について詳しく書いてきました。

面接での「仕事をする上で大切なことは何ですか?」の質問意図は次の3つです。

「仕事をする上で大切なことは何ですか?」の質問意図
  • 価値観を知るため
  • 仕事に対する意欲を見るため
  • 職場の人と信頼関係を築けるか確認するため

「仕事をする上で大切なことは何ですか?」の答え方は次の2つです。

「仕事をする上で大切なことは何ですか?」の答え方
  • 実体験に基づくエピソードで伝える
  • 企業が求めている人物像に寄せる

 

今回の質問をはじめ見たとき、「この質問ってそんなに重要視されるの?」と感じた人もいるかもしれません。

ですが、今回でいかに面接官にとって判断資料として必要か理解できたのではないでしょうか。

最後にこの質問への回答の簡単な作り方を紹介しておきます。

  1. 質問の意図を理解する
  2. 選考を受ける業界・企業での求められる人材と自分自身を比較し共通点を見つける
  3. 実体験を踏まえたうえで自分の価値観を伝える

上記の順で取り組めば一日でオリジナルの回答を作ることができます。

これから本選考を迎える就活生、インターンシップの選考を受けようか考えている学生の皆さん、ぜひ一度時間をとって考えてみてくださいね!

「就活の教科書」では他にもたくさん記事を掲載しているので確認してみてください。

「就活の教科書」編集部 かめさん