>> 内定者が選んだ就活に役立つサービス15選 <<

【内定者が教える】就活で自信がない時の対処法5つ | 自信を持てない理由も

みなさんこんにちは、「就活の教科書」編集部の堀本です。
現在、就職活動中で自信を持って就活できていますか?

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

就活に自信がないです。
うまくいくか不安でしかないです。

就活生ちゃん

就活に自信がないときに、どうすればいいのかわからないです。

就活は人生で初めてですし、先輩の話を聞いているとなんだか難しそうで自信も持てないですよね。
しかし、自信がないことは相手へも伝わってしまうのでよくないです。

「就活の教科書」編集部 堀本

そこで今回の記事では、就活で自信がない理由と、その対処法について解説します。

さらに、どうしても自信が持てない就活生でも、自信があるように見える方法も最後にお伝えします。

この記事を読めば、自信を持って堂々と就活を進めることができるようになります。

ぜひ、最後まで読んでください。

 

就活では、自信がないより自信があった方が良い

就活生くん

僕は就活に関わらず、基本的に何に対しても自信が持てません。
自信が持てないと、どうしてダメなんですか?
自信が無ければ、相手に自信の無さが伝わり、相手を不安にさせてしまいます。
自信がない就活生を見れば、「この就活生は入社後もこんな感じなのかな。」と面接官にマイナスイメージを持たれます。

「就活の教科書」編集部 堀本

あなたが面接官をしているとイメージしてください。

「ハキハキしていて、自信がある就活生」と、「雰囲気が暗く自信が無さそうな就活生」どちらのほうが採用したいですか?

 

前者の「ハキハキしていて、自信がある就活生」を採用したいと思いますよね。

自信を持って就活に取り組むことは大事なため、自信がない就活生は対処できるようにしましょう。

自信がありすぎて、生意気に見えると面接官に嫌われる可能性もあるため、そこは注意が必要です。

次に、就活をするうえで自信がない理由を紹介していきます。
どうして自信がないのかを理解して、自信がない自分とうまく付き合っていきましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

就活をするうえで自信がない理由5つ

就活生ちゃん

私は就活をするうえで自信がないのですが、どうして自信がないのかあまりわかっていません。
これでは、対処のしようがないです…。
自信がない理由を知るだけでスッキリしたり、対処できるようになりますよ。
就活をするうえで自信がない主な理由は、次の5つです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活をするうえで自信がない主な理由5つ
  • 面接の質問に答えられるか不安になる
  • 自己PRすることがない
  • 学歴に不安がある
  • 人前で話すことに慣れていない
  • 選考に落ちる気がする

それでは、上記5つの自信がない理由について、それぞれ見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

理由①:面接の質問に答えられるか不安になる

就活をするうえで自信が持てない理由1つ目は、面接の質問に答えられるか不安だからです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

就活の面接は、難しそうな質問をされそうで不安です。

確かに、いきなり聞かれると苦戦する質問もあります。

しかし、あなた自身に関する質問が多かったり、よく聞かれる質問もあるため、対策することで自信を持てます。

面接でよく聞かれる質問について知りたい就活生は、以下の記事で面接の質問内容・質問の答え方が分かるので、参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

理由②:自己PRすることがない

就活をするうえで自信が持てない理由2つ目は、自己PRすることがないからです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生ちゃん

就活では、自己PRをすると聞きましたが、自分のアピールポイントなんてないです。

しっかり自己分析を行えば、自分の強みは少なくとも2~3つは出てくるはずです。

面倒かもしれませんが、もう一度自己分析をしましょう。

自分の原体験をもとに、自己PRをすれば面接官に響きます。

自己分析のやり方・自己PRの方法を知りたい人は、次の記事で自己PRの見つけ方・自己分析が簡単にできるアプリも紹介しているので読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

理由③:学歴に不安がある

就活をするうえで自信が持てない理由3つ目は、学歴に不安があるからです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

僕が通っている大学は、俗に言うFラン大学のため就活で不利になるし、自信がないです。

 

学歴はどうすることもできないので、長期インターンシップに参加して実績を積むなどの対策をしましょう。

また、論理的に話す練習をしたり、自分に関する質問を完璧に応えることより、面接官に学歴を感じさせないようにするのも一つの作戦です。

自分の学歴に不安のある就活生は、以下の記事で企業の選び方や周りよりも早めに就活を始めることの大切さが分かります。

学歴にコンプレックスのある人は、こちらを参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

理由④:人前で話すことに慣れていない

就活をするうえで自信が持てない理由4つ目は、人前で話すことに慣れていないからです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生ちゃん

面接では、1対1または1対数名の社員と話さなくてはいけないと聞きました。
あまり人前で話すことに慣れていないので自信がないです。

就活の面接では、普段は話さないような年齢の相手と話さなくてはいけません。

そのため、大人と話すことに慣れるためにも面接練習をしておくのがおすすめです。

 

面接練習のやり方が分からない就活生は、以下の記事を参考にして「人前で話すことに慣れていない」苦手意識を早めに克服しましょう。ぜひ読んでみてください。

 

理由⑤:選考に落ちる気がする

就活をするうえで自信が持てない理由5つ目は、選考に落ちる気がするからです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

正直、それが就活に対して自信がない一番大きな理由ですね…。
大企業などの人気企業に行きたい気持ちは強いですが、なかなか受かる気がしません。

受かるイメージが湧かないまま、本命の企業を受けるのはおすすめできません。

そのため、自分が行きたい企業を受ける前に有名企業ではなくても、内定をもっておきましょう。

 

選考に落ちるかもしれないと、漠然とした不安のある人は、自分が落ちる理由を知ることも大切です。

以下の記事で、エントリーシート・選考が通らない理由を解説しているので参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

それでは、就活で自信がない理由がわかったところで、次はその対処法について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

自信がない就活生がすべき対処法5つ

就活生ちゃん

自分が就活に対して自信がない理由がわかってきました。
では、どのように対処すれば自信が持てるようになるのですか。

就活に対して自信が持てない就活生がすべき対処法は、こちらの5つです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活に自信がない就活生がすべき対処法5つ
  • 対処法①:自己分析をする
  • 対処法②:周りを気にしない
  • 対処法③:面接の場数を踏む
  • 対処法④:社会人と話すことに慣れる
  • 対処法⑤:内定をとりあえず持っておく
それでは、就活に自信がない就活生がすべき5つの対処法について、それぞれ見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

対処法①:自己分析をする

就活に自信がない就活生がすべき対処法1つ目は、自己分析をすることです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生ちゃん

自己分析をすると、どうして自信が持てるようになるのですか?

 

自己分析をすると、面接の質問内容の大半を占める、自分に関する質問が答えられるようになります。

また、エントリーシート(ES)の設問にも答えられるようになるので、選考に強くなります。

 

自己分析は選考対策だけではなく、仕事選びのためにも必要で、就活で最も重要です。

自己分析を何から始めたら良いか分からない就活生は、以下の記事を参考にすると自己分析のやり方等の悩みを解消できるので、ぜひ読んでみてください。

 

対処法②:周りを気にしない

就活に自信がない就活生がすべき対処法2つ目は、周りを気にしないことです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

友達で、超高学歴、インターンシップを大学1年生のときからやっている超エリートがいて、自分に自信がなくなってきました。

就職活動で出会う人の中にはエリートもいますが、気にしたり、自分と比べていてもしょうがないです。

「自分は自分、他は他」と割り切って就活を行いましょう。

自分に本当に合った仕事を見つけ、大成すれば社会人になってからエリートたちを追い抜かすこともできるかもしれません。

まずは周りを気にせず、自分ができることに集中して、自信を持ちましょう。

 

対処法③:面接の場数を踏む

就活に自信がない就活生がすべき対処法3つ目は、面接の場数を踏むことです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

面接をあまり受けたことがことが無くて、面接がどのような感じかもわかりません。
このままでは自信がないまま面接を迎えてしまう…。

それほど志望度が高くない企業でも、一度選考を受けてみるべきです。

模擬面接では味わえない本番特有の雰囲気はありますし、もし失敗しても改善できます。

 

模擬面接のことはこちらの記事で詳しく解説しています。

面接に自信のない人に向けて、就活支援や就活エージェントのことが分かるので読んでみてください。

 

対処法④:社会人と話すことに慣れる

就活に自信がない就活生がすべき対処法4つ目は、社会人と話すことに慣れることです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

普段大人と機会が少なく、会社の重役クラスの面接官を想像したらうまく話せる自信がありません。

 

最近では、OB訪問を簡単できるアプリも出てきていて、社会人と気軽に会って話すことができます。

OB訪問は、面接ほど硬い雰囲気ではありませんが、社会人と話すことに慣れることができるのでおすすめです。

OB訪問のこと・OB訪問のおすすめアプリが知りたい人は、以下の記事でOB訪問の概要やオススメのアプリ・サイトが書いてあります。

社会人と話すことに早めに慣れておきたい就活生は、こちらを参考にしてみてください。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

対処法⑤:内定をとりあえず持っておく

就活に自信がない就活生がすべき対処法5つ目は、内定をとりあえず持っておくことです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

ちょっと自信がないような僕でも、内定を取ることはできるのですか。

内定をもらう自信がない人は、まずは高望みをすることはやめましょう。

そして内定が獲得できそうな企業から、内定をもらいましょう。

どんな企業からでも、とりあえず内定をもらうことによって、自信が付きます。

そして、本命の企業を受けるときにも自信を持った、心に余裕がある状態で受けられます。

それでは最後に、就活で自信があるように思われる方法3つについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

就活で自信があるように思われる方法3つ

就活生ちゃん

就活で自信がない理由、自信がない場合の対処法については理解できました。
しかし、自信が本当につくのかどうかは正直わからないです…。

自分が自信があるかどうか、わからなくても自信があるように見えれば大丈夫です。
自信があるように思われる方法は、こちらの3つです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活で自信があるように見える方法3つ
  • 方法①:声は1トーン高めでハキハキと話す
  • 方法②:姿勢を正して胸を張る
  • 方法③:自然な笑顔を心がける
それでは、上記3つの自信があるように見える方法3つについて、見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

方法①:声は1トーン高めでハキハキと話す

就活で自信があるように見える方法1つ目は、声は1トーン高めでハキハキと話すことです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

あまり声の高さまで気にしたことが無かったですが、これからは気を付けてみます。

友達と話すときのように話さないように気を付けましょう。

声が低く、ぼそぼそ話しているよりもずっと自信があるように見えます。

 

方法②:姿勢を正して胸を張る

就活で自信があるように見える方法2つ目は、姿勢を正して胸を張ることです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生ちゃん

私は普段猫背ぎみなので、気を付けます。

姿勢はとても大事なので、椅子に座ってからも背筋を伸ばして座り続けるようにしましょう。

話すときは少し前かがみにすると、自信があるように見えるだけでなく、熱意も伝わります。

 

方法③:自然な笑顔を心がける

就活で自信があるように見える方法3つ目は、自然な笑顔を心がけることです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生ちゃん

面接とか、緊張してつい笑顔を忘れてしまいます。
自然な、笑顔ですね、心がけてみます。

笑顔でいるだけで緊張がほぐれますし、面接官にも「この就活生は余裕が見えるし、自信もありそうだ。」と思われます。

不自然なほどに笑わなくても大丈夫ですが、口角を上げるぐらいは意識しましょう。

 

まとめ:就活で自信がない人は対策をして就活を乗り切ろう

いかがだったでしょうか。

今回の記事では、就活で自信がない理由と、それらの対処法について解説しました。

また、自信がどうしても持てなくても、自信があるように見える方法についても紹介しました。

では今回の記事の内容について、おさらいしましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

今回の記事のまとめ

就活をするうえで自信がない理由5つ

  • 理由①:面接の質問に答えられるか不安になる
  • 理由②:自己PRすることがない
  • 理由③:学歴に不安がある
  • 理由④:人前で話すことに慣れていない
  • 理由⑤:選考に落ちる気がする

自信がない就活生がすべき対処法5つ

  • 対処法①:自己分析をする
  • 対処法②:周りを気にしない
  • 対処法③:面接の場数を踏む
  • 対処法④:社会人と話すことに慣れる
  • 対処法⑤:内定をとりあえず持っておく

就活で自信があるように思われる方法3つ

  • 方法①:声は1トーン高めでハキハキと話す
  • 方法②:姿勢を正して胸を張る
  • 方法③:自然な笑顔を心がける

就活では、自信をもって取り組むことが大切です。

そのためには、準備をしっかりしなければいけません。

準備をしたり、いろいろ調べて就活に詳しくなると、自信もついてきます。

まずはとにかく行動してみてください。

みなさんの就活がうまくいくことを、心より願っております!

「就活の教科書」には他にも、就活に関する記事がたくさんありますので、ぜひ合わせて参考にしてください。

「就活の教科書」編集部 堀本