【不合格確定?】面接で落とされる時のサイン10選|落とされる人の特徴も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ 短時間で対策できる「面接回答集100選」/
内定者の面接回答を見てみる
(面接回答集100選)

面接回答集100選とは
(https://reashu.com/)

*就活の教科書公式LINEから限定無料配布!

こんにちは。「就活の教科書」編集部です。

今回は、面接に落とされるサインについて解説します。

皆さんは、こういったサインを感じたことはありますか?

就活アドバイザー 京香

就活生くん

面接官の反応が悪いと感じた時は、全部落ちていたと思います。

もしかして、不合格サインだったのかなぁ…。

就活生ちゃん

面接中に不合格サインが出されたら動揺してしまう気がします。

どういう人が不合格になってしまうのでしょうか?

不合格サインは、意外と気づいてしまいますし、気づいたら集中できませんよね。

ちなみに、「志望企業の面接で落ちたくない!」という方は、内定者の面接の質問と回答例が無料で見れる「面接質問集100選(公式LINEで無料配布)などのサービスを活用しましょう。

就活アドバイザー 京香

本記事では、面接で落とされるサインを解説します。

併せて、「面接で落とされる人の特徴」や「面接で落とされないための対策法」についても解説します。

面接の不合格サインってどんなものなの?」、「面接ってどうやって対策すればいいの?」という疑問を持っている就活生は、ぜひこの記事を最後まで読んでみてください。

「面接の質問で評価される回答がわからない…」という方は、面接回答集100選(公式LINEで無料見放題)で内定者の回答を参考にし、面接・ESを突破できる回答を作るのが一番おすすめです。

ちなみに面接回答集100選(公式LINEで無料見放題)以外にも、プロが内定獲得まで面接対策してくれる「キャリアチケット」、 難関企業内定者のES見放題の「選考通過ES」、選考通過ESが71,733枚見放題の「unistyleもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生向け】面接・ES対策に役立つおすすめツール(無料)
\ 180,000人以上が利用中! /
面接回答集100選 内定者の面接回答を見てみる
(面接質問集100選)

*就活の教科書公式LINEから限定無料配布!

どのサービスを使えば良いかわからない…」という方は面接回答集100選(公式LINEで無料見放題)内定者の回答を参考にするのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

目次

面接の質問に上手く答えるには?

「面接対策は何から始めれば…?」「面接の質問にきちんと答えられるか少し不安」という方は、面接の質問集100選で面接対策を行うのがおすすめです。

面接質問解答集100選は、面接でよく聞かれる頻出質問と内定者の回答をまとめたもので、面接質問回答集をマスターすると、面接での通過率が格段に上がります。

面接の対策では、模擬面接も大切ですが、内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことも大切です。

そのため、「面接対策はどこからやれば…」という方は、面接の質問集100選と答え方を見て、面接対策に活かしてくださいね。

面接に落とされるサインってあるの?

就活生くん

そもそも面接に落とされるサインなんてあるんでしょうか?

気のせいなんじゃ…。

確かに、明確にサインがあるとは思えないですよね。

それでは、まず面接に落とされるサインの有無について解説します。

就活アドバイザー 京香

面接官の態度に落とされるサインが現れているかも・・・

結論から言うと不合格サインが出ることもあります

面接官の方は、基本的にすべての就活生に同じ態度で接しています。

しかし、面接官も人間ですので合否の判断がついたときは、態度に現れてしまうことがあります

その態度が、不合格サインと言われているわけです。

面接の途中から、態度が変わってしまったら要注意です。

就活アドバイザー 京香

面接の段階によってサインは変わる場合がある

面接での不合格サインは、態度以外にも様々なものがあります

そして、面接の段階によってサインが変わる場合もあります。

例えば、一次面接では、「面接時間が短い」ことは不合格サインの可能性があります。

これは、面接官が不合格にすることを決めたため早く面接を終わらせようとしているためです。

しかし、最終面接では、「面接時間が短い」ことは合格サインです。

なぜなら、面接前に内定を出すことを決めていて最低限のことだけ聞こうとしているためです。

このように、面接の段階でサインは変わる場合があることも知っておきましょう

実際に、最終面接は、面接時間よりも逆質問の時間が長いことが多いです。

就活アドバイザー 京香

落とされるサインがあったとしても、受かっている場合はある

ただここで知っておいてほしいのは、不合格サインは、絶対ではないということです。

要は、「落とされるサインがあったとしても、受かっている場合はある」ということです。

面接官の方は、もともと無表情の方もいます。

また、合格不合格に関わらず面接時間が短い面接官もいます。

そのため、不合格サインと思っていたことが勘違いという場合もあります。

不合格サインが出たと思っても諦めないことが大切です。

就活アドバイザー 京香

「面接の対策の仕方がわからない…」という就活生の方は、面接の質問集100選と答え方(公式LINEで無料配布)も参考にするのが一番おすすめです。

内定者の回答を見るには、就活サイトなどを参考にする就活生が多いですが、他にも面接回答集100選(公式LINEで無料配布)を参考にする就活生も多くいます。

面接の対策をするなら、模擬面接も大切ですが、内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことも大切です。

そのため、面接の質問集100選と答え方(公式LINEで無料配布)を見て、面接対策に活かしてくださいね。

就活アドバイザー 京香

「面接回答集100選」なら面接で失敗しない回答法がわかる
  • 面接頻出質問と回答が無料で見れる
  • 面接で失敗しない回答の仕方がわかる
  • 結果、面接で落ちにくくなる

面接に落とされるサイン10選

就活生ちゃん

やっぱり不合格サインはあるんですね。

具体的にどういったサインがあるんですか?

どうしても具体的なサインは気になりますよね。

それでは、面接の不合格サインについて解説します。

就活アドバイザー 京香

面接に落とされるサイン10選
  • サイン①:回答への反応がそっけない
  • サイン②:回答への深掘りがない
  • サイン③:向いていないと言われる
  • サイン④:仕事に関係ない話が多い
  • サイン⑤:面接時間が予定よりも短い
  • サイン⑥:合否をメールで連絡すると言われる
  • サイン⑦:面接官がメモを取らない
  • サイン⑧:次の選考に関する説明がない
  • サイン⑨:逆質問の機会がない
  • サイン⑩:会社の仕事内容に関する説明がない

サイン①:回答への反応がそっけない

面接に落とされるサイン1つ目は、「回答への反応がそっけない」です。

面接官の返事が「そうですか」、「分かりました」といった一言のみの場合は、不合格サインである可能性があります。

一般的な面接では、質問の回答をさらに深掘ることがよくあります。

しかし、興味がなさそうだったり、話しを広げてくれなかったりするのは、応募者への関心が薄い証拠でしょう。

また、良いリアクションであっても上辺っぽさがあるときも合格のサインが低いかもしれません。

一生懸命回答しても反応が薄いのはきついですよね…。

就活アドバイザー 京香

サイン②:回答への深掘りがない

面接に落とされるサイン2つ目は、「回答への深掘りがない」です。

サイン①と似ていますが、人事の方が積極的に質問してこないときは、不合格サインの可能性があります。

自己PRや志望動機を話した後に深堀りがない場合は、危険なサインかもしれません。

しかし、深堀りがないというのは完璧な回答であった可能性もあります。

また、最終面接など合格を決めている場合は、最終確認として基本的な質問だけで終わることもあります。

そのため、回答への深堀りが無くてもそこまで落ち込む必要はありません。

深堀りが無くても自分の回答がよかったと思うようにしましょう。

就活アドバイザー 京香

サイン③:向いていないと言われる

面接に落とされるサイン3つ目は、「向いていないと言われる」です。

面接官の方に「うちの仕事に向いていないよ」「ほかの会社のほうがあってる」と言われる時があります。

これは、不合格サインの可能性があります。

しかし、このような厳しい言葉は、「圧迫面接」でも聞かれます。

あえて向いていないと言ってどのような反応を見せるか試している可能性もあります

そのため、決して諦めずに、前向きな回答で巻き返しを図りましょう。

向いていないと言われたらもう一度自分の就活を見直してみるのもいいかもしれません。

就活アドバイザー 京香

サイン④:仕事に関係ない話が多い

面接に落とされるサイン4つ目は、「仕事に関係ない話が多い」です。

よく面接官との会話が盛り上がると合格のことが多いと言われます。

しかし、話の内容が仕事に関係のないものばかりだった場合は要注意です。

企業にとって就活生は、未来のお客様になる可能性があります。

そのため、面接官は、「不合格の人にも企業に悪いイメージを持たれないようにしよう。」と考えています。

その手段としてあえて会話を盛り上げている面接官は多いようです。

あえて仕事に関係のない話をして就活生の人物像を探ろうとしている場合もあるので気を抜かずに臨みましょう。

就活アドバイザー 京香

サイン⑤:面接時間が予定よりも短い

面接に落とされるサイン6つ目は、「面接時間が予定よりも短い」です。

面接時間が極端に短いのも、不合格のサインである可能性が高いです。

面接時間が短い理由が話が盛り上がらなかった結果だとしたら、面接官に興味を持ってもらえなかった可能性が高いです。

この場合は、不合格の可能性が高いでしょう。

しかし、面接時間が短いのは、もう合格を決めているという場合もあります。

そのため、面接時間が短かった場合もあきらめず逆質問をたくさんして有効に時間を使いましょう。

特に最終面接では、事前に内定を決めているために、面接時間が短いという場合が多いです。

就活アドバイザー 京香

サイン⑥:合否をメールで連絡すると言われる

面接に落とされるサイン6つ目は、「合否をメールで連絡すると言われる」です。

不合格の場合わざわざ電話で伝えてくる企業はあまりいないです。

そのため「合否をメールで連絡すると言われる」という言葉が出た場合、不合格サインである可能性があります。

しかし、合格・不合格に関わらず、すべての連絡をメール・書面で行う企業も多いです。

このことから過度に不安になる必要はありません。

不合格のことを伝えない「サイレントお祈り」というのもあるのでメールで伝えてくれるだけ親切かもしれません。

就活アドバイザー 京香

サイン⑦:面接官がメモを取らない

面接に落とされるサイン7つ目は、「面接官がメモを取らない」です。

当然ですが、合格にするかどうかの判断は面接などで得られた情報をもとに決められます。

そのため、面接で得た情報についてメモをとっておかないと合否の判断ができなくなってしまいます

求職者が多い場合はとくにメモを取らないとおかしいです。

しかし、最終面接の場合は、人事の決定権を持っている人が出てくることが多いです。

その場合は、その場で合否を決めているため、メモを取らないことも多いです。

面接官も人間なのでメモを取らないと忘れてしまいますからね。

就活アドバイザー 京香

サイン⑧:次の選考に関する説明がない

面接に落とされるサイン8つ目は、「次の選考に関する説明がない」です。

次の選考に関する説明がないときは、採用する意思が低いことが考えられます。

しかし、今後のスケジュールを合格通知のときに話すと決めていたりする会社も多いです。

そのため、落ち着いて連絡を待ちましょう。

選考フローを公式発表していない企業は、次の選考について説明がないことが多いです。

就活アドバイザー 京香

サイン⑨:逆質問の機会がない

面接に落とされるサイン9つ目は、「逆質問の機会がない」です。

逆質問の機会が与えられないのも不合格のサインといわれています。

面接官は入社してほしい人に対して、自社の良さを知ってもらおうとアピールするものです。

そのため、企業にとってアピールチャンスである逆質問が省かれることは珍しいです。

また、逆質問の機会が与えられたとしても、回答が丁寧でない場合も不合格を疑っても良いでしょう。

逆質問は皆さんだけでなく企業もアピールするチャンスなんです。

就活アドバイザー 京香

サイン⑩:会社の仕事内容に関する説明がない

面接に落とされるサイン10個目は、「会社の仕事内容に関する説明がない

多くの会社は、求職者にしっかりと入社後の業務内容などを説明することでミスマッチを防ごうとしています。

そのため、業務内容の具体的な説明などがない場合にも不採用である可能性があります。

しかし、選考がある程度進んでいる場合はこういった説明がないことのほうが多いです。

あまりなじみのない会社は、特に仕事内容の説明は多いです。

就活アドバイザー 京香

 

面接の質問に上手く答えるには?

「面接対策は何から始めれば…?」「面接の質問にきちんと答えられるか少し不安」という方は、面接の質問集100選で面接対策を行うのがおすすめです。

面接質問解答集100選は、面接でよく聞かれる頻出質問と内定者の回答をまとめたもので、面接質問回答集をマスターすると、面接での通過率が格段に上がります。

面接の対策では、模擬面接も大切ですが、内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことも大切です。

そのため、「面接対策はどこからやれば…」という方は、面接の質問集100選と答え方を見て、面接対策に活かしてくださいね。

面接で落とされる人の特徴

就活生くん

こんなに不合格サインがあるんですね。

こういうサインが出されてしまう人の特徴ってあるんですか?

確かにこういったサインは出されたくないですよね。

それでは、ここからは、面接で落とされる人の特徴を解説します。

就活アドバイザー 京香

面接で落とされる人の特徴
  • 特徴①:最低限のマナーが守れていない
  • 特徴②:話し方や態度が良くない
  • 特徴③:質問と回答がずれている
  • 特徴④:純粋に企業とマッチしていない
  • 特徴⑤:面接に慣れていない

特徴①:最低限のマナーが守れていない

面接で落とされる人の特徴1つ目は、「最低限のマナーが守れていない」です。

社会人として基本のビジネスマナーを守るのは、合格の最低条件です。

服装や髪型は、清潔感が出るように心がけましょう。

また、入退室のあいさつや面接中の姿勢も気を配りましょう。

携帯電話や電子機器の電源はオフにしておくことも忘れないようにしましょう。

面接官がフランクであっても目上の人間であることを忘れないようにしましょう。

就活アドバイザー 京香

特徴②:話し方や態度が良くない

面接で落とされる人の特徴2つ目は、「話し方や態度が良くない」です。

話し方や態度がよくないと印象が悪くなってしまいます。

特に注意したいのは声が小さくなってしまうことです。

面接は緊張するのでどうしても声が小さくなってしまいます。

そのため、なるべく大きな声ではきはきしゃべるようにしましょう。

面接では、少しうるさいかなと感じるくらいの声量がちょうどいいです。

就活アドバイザー 京香

特徴③:質問と回答がずれている

面接で落とされる人の特徴3つ目は、「質問と回答がずれている」です。

意外と多くの人がこの失敗を犯しています。

自分が面接前に用意していた回答にこだわりすぎると的外れな回答になってしまうことがあります。

このような回答をしてしまうと「コミュニケーション力がない」という評価をうけてしまいます。

そのため、焦らず、質問の意図を理解するようにしましょう。

回答する前に一拍おくとうまくいきやすいです。

就活アドバイザー 京香

特徴④:純粋に企業とマッチしていない

面接で落とされる人の特徴4つ目は、「純粋に企業とマッチしていない」です。

面接で落ちた原因が必ずあなたというわけではありません

誰にでも合わない人がいるように、企業と就活生の間にも合う・合わないという相性があります。

企業の社風や雰囲気はそれぞれ違いますが、それにたまたま合わずに落ちてしまうことも考えられます。

そのため、面接に落ちてしまっても相性が悪かっただけと考え切り替えるようにしましょう。

特に最終面接で落ちる原因は、このケースが多いです。

就活アドバイザー 京香

特徴⑤:面接に慣れていない

面接で落とされる人の特徴5つ目は、「面接に慣れていない」です。

面接ではどうしても緊張してしまい、普段の自分の実力を発揮できません。

そのため、自己紹介や志望動機など、定番の質問はあらかじめ回答を用意し、話す練習をしておきましょう

また、志望度の高い企業の面接を受ける前に志望度の低い企業の面接を受けるのもいい練習になります。

本番の雰囲気に慣れることもできるのでおすすめです。

友人や家族に協力してもらいアドバイスを聞いたりするのもおすすめです。

就活アドバイザー 京香

                                                   

面接対策に役立つ記事一覧

「もうすぐ面接があるけどどうやって対策すればいいか分からない」という就活生は、 面接での想定質問の回答を考える実戦形式で面接練習をする という順序で対策を行いましょう。 以下の記事を読めば、面接でのよくある質問や実践的な面接練習のやり方が分かるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

【短時間でできる!】面接対策のやり方

①面接の形式を知り、よくある質問に対する回答を考える
→詳しくは「面接選考の対策」の記事を読んでみる

②実戦形式で面接対策をする
→詳しくは「面接練習のやり方」の記事を読んでみる

「面接の対策の仕方がわからない…」という就活生の方は、面接の質問集100選と答え方(公式LINEで無料配布)も参考にするのが一番おすすめです。

内定者の回答を見るには、就活サイトなどを参考にする就活生が多いですが、他にも面接回答集100選(公式LINEで無料配布)を参考にする就活生も多くいます。

面接の対策をするなら、模擬面接も大切ですが、内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことも大切です。

そのため、面接の質問集100選と答え方(公式LINEで無料配布)を見て、面接対策に活かしてくださいね。

就活アドバイザー 京香

「面接回答集100選」なら面接で失敗しない回答法がわかる
  • 面接頻出質問と回答が無料で見れる
  • 面接で失敗しない回答の仕方がわかる
  • 結果、面接で落ちにくくなる

面接で落とされないための対策法

就活生ちゃん

面接で落とされる人の特徴はわかりました。

面接で落とされないようにする対策法はありますか?

それでは、面接に落とされる人に該当しないようにするための対策法を解説します。

面接がなかなか突破できない人も読んでみてください。

就活アドバイザー 京香

面接で落とされないための対策法
  • 対策法①:よく聞かれる質問と回答をリストアップしておく
  • 対策法②:基本的なマナーと身だしなみを身につける
  • 対策法③:とにかく面接練習を繰り返して、慣れておく
ちなみに「面接に受かりたい!」という方面接回答集100選(公式LINE限定配布)を使うと、内定者の答え方がわかり、面接対策が簡単にできますよ。

就活アドバイザー 京香

対策法①:よく聞かれる質問と回答をリストアップしておく

面接で落とされないための対策法1つ目は、「よく聞かれる質問と回答をリストアップしておく」です。

面接でどうしても緊張してしまう人におすすめです。

よく聞かれる質問に対しては、自分なりの回答を用意しておきましょう。

こうすれば少しは、落ち着いて面接に臨むことができます。

ただし、回答を覚えすぎると的外れな回答になることもあるので一言一句覚えるのはやめておきましょう。

面接でよく聞かれる質問について知りたい人は、以下の記事も読んでみてください。

就活アドバイザー 京香

対策法②:基本的なマナーと身だしなみを身につける

面接で落とされないための対策法2つ目は、「基本的なマナーと身だしなみを身につける」です。

マナーや身だしなみがしっかりしていないと印象がかなり悪くなります。

しかし、社会人としてのマナーを学生の内に身に着けている人は少ないです。

また、身だしなみには普段気を使わない人も多いでしょう。

そのため、マナーや身だしなみを普段から意識して行動しましょう

マナーや身だしなみについて知りたい方は、以下の記事も読んでみてください。

就活アドバイザー 京香

対策法③:とにかく面接練習を繰り返して、慣れておく

面接で落とされないための対策法3つ目は、「とにかく面接練習を繰り返して、慣れておく」です。

面接練習を重ねることにより自信がついて、緊張を和らげることができます

そのとき面接で自分がどんな風に見えるか鏡やスマホでチェックするようにしましょう。

また、家族や友人などにアドバイスをもらうのも有効です。

実際の面接で経験を積むとより効果的です。

就活アドバイザー 京香

面接の質問に上手く答えるには?

「面接対策は何から始めれば…?」「面接の質問にきちんと答えられるか少し不安」という方は、面接の質問集100選で面接対策を行うのがおすすめです。

面接質問解答集100選は、面接でよく聞かれる頻出質問と内定者の回答をまとめたもので、面接質問回答集をマスターすると、面接での通過率が格段に上がります。

面接の対策では、模擬面接も大切ですが、内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことも大切です。

そのため、「面接対策はどこからやれば…」という方は、面接の質問集100選と答え方を見て、面接対策に活かしてくださいね。

面接で落とされるサインについてのよくある質問

就活生くん

面接で落とされるサインや対策法についてよくわかりました。

ほかにも知っておいたほうがいいことはありますか?

それでは、面接で落とされるサインについてのよくある質問を解説します。

就活アドバイザー 京香

面接で落とされるサインについてのよくある質問
  • 質問①:面接中に落とされるサインに気づいたらどうしたらいい?
  • 質問②:選考の合格通知は早い方が良いの?
  • 質問③:面接の合格サインはあるの?

質問①:面接中に落とされるサインに気づいたらどうしたらいい?

面接で落とされるサインについてのよくある質問1つ目は、「面接中に落とされるサインに気づいたらどうしたらいい?」です。

結論から言うと気にしないことが一番です。

そもそも、反応が薄いのが面接官の特徴というだけの場合もあります。

不合格サインはあくまで目安にして、全力を尽くしましょう。

実際、不合格かなと思っていたが合格だったというケースは結構あります。

就活アドバイザー 京香

質問②:選考の合格通知は早い方が良いの?

面接で落とされるサインについてのよくある質問2つ目は、「選考の合格通知は早い方が良いの?」です。

選考の合格通知が面接からどれくらいの期間で来るかは、企業によって全然違います。

また、合格通知は、合格者に一斉で通知されることが多いです。

そのため、合格通知が早ければいいというわけではありません。

落ち着いて連絡を待ちましょう。

面接終了後に「結果は◯日以内に連絡します」とアナウンスされることが多いのでその日まで待ちましょう。

就活アドバイザー 京香

質問③:面接の合格サインはあるの?

面接で落とされるサインについてのよくある質問3つ目は、「面接の合格サインはあるの?」です。

結論から言うと合格サインもあります

主な合格サインは以下の通りです。

主な合格サイン
  • 面接時間が長い
  • 適性があると言われる
  • 面接官がたくさんメモを取る
  • 他社の選考状況について聞かれる

ただし、これも絶対ではないことを意識しましょう。

とはいえこうしたサインが出たら自信をもっていきましょう。

就活アドバイザー 京香

 

 

「面接の対策の仕方がわからない…」という就活生の方は、面接の質問集100選と答え方(公式LINEで無料配布)も参考にするのが一番おすすめです。

内定者の回答を見るには、就活サイトなどを参考にする就活生が多いですが、他にも面接回答集100選(公式LINEで無料配布)を参考にする就活生も多くいます。

面接の対策をするなら、模擬面接も大切ですが、内定者がどんな回答をしているのかを知っておくことも大切です。

そのため、面接の質問集100選と答え方(公式LINEで無料配布)を見て、面接対策に活かしてくださいね。

就活アドバイザー 京香

「面接回答集100選」なら面接で失敗しない回答法がわかる
  • 面接頻出質問と回答が無料で見れる
  • 面接で失敗しない回答の仕方がわかる
  • 結果、面接で落ちにくくなる

まとめ:面接で落とされるサインを見つけても、気にせずに最後までやりきろう

この記事では、面接で落とされるサインについて解説しました。

また、面接で落とされる人の特徴面接で落とされないための対策法についても解説しました。

最後にこの記事をまとめておきます。

この記事のまとめ

面接に落とされるサインってあるの?

  • 面接官の態度に落とされるサインが現れているかも・・・
  • 面接の段階によってサインは変わる場合がある
  • 落とされるサインがあったとしても、受かっている場合はある

面接に落とされるサイン10選

  • サイン①:回答への反応がそっけない
  • サイン②:回答への深掘りがない
  • サイン③:向いていないと言われる
  • サイン④:仕事に関係ない話が多い
  • サイン⑤:面接時間が予定よりも短い
  • サイン⑥:合否をメールで連絡すると言われる
  • サイン⑦:面接官がメモを取らない
  • サイン⑧:次の選考に関する説明がない
  • サイン⑨:逆質問の機会がない
  • サイン⑩:会社の仕事内容に関する説明がない

面接で落とされる人の特徴

  • 特徴①:最低限のマナーが守れていない
  • 特徴②:話し方や態度が良くない
  • 特徴③:質問と回答がずれている
  • 特徴④:純粋に企業とマッチしていない
  • 特徴⑤:面接に慣れていない

面接で落とされないための対策法

  • 対策法①:よく聞かれる質問と回答をリストアップしておく
  • 対策法②:基本的なマナーと身だしなみを身につける
  • 対策法③:とにかく面接練習を繰り返して、慣れておく

面接で落とされるサインについてのよくある質問

  • 質問①:面接中に落とされるサインに気づいたらどうしたらいい?
  • 質問②:選考の合格通知は早い方が良いの?
  • 質問③:面接の合格サインはあるの?

まとめ:面接で落とされるサインを見つけても、気にせずに最後までやりきろう