>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【もう諦めたい…】就活を諦めるよくある理由 | 今から逆転する5つの方法も

【もう諦めたい...】就活を諦めるよくある理由 | 今から逆転する5つの方法も

この記事を読めばわかること
  • 「就活を諦めたい」と考える学生はあなただけではないので大丈夫
  • 就活生が就活を諦めてしまうよくある理由は「持ち駒がなくなったから」
  • 就活を諦める前にできる対策は5つもある
  • 就活を諦めた場合に考えられる3つの選択肢

就活生ちゃん

選考に落ちすぎて、心が折れてしまいそうです。

私を必要としてる会社なんてないのかも…。

でもちゃんと就職先を見つけてから笑顔で卒業したいです。

一体どうしたらいいですか?

就活生くん

なんで内定がもらえないんだよー!

30社以上も落ち続けているし、正直やってられない。

どうせ内定もらえそうにないし、面倒くさい就活なんてもう諦めてもいいよね…?

就活って本当に大変ですよね。

実は「就活を諦めたい」と考える就活生は結構いるんです!

だから心配しすぎなくて大丈夫!

「就活の教科書」編集部 小渕

 

ここでは就活を諦めたいと考えている就活生の本音や、その理由について解説します。

さらに今から逆転内定を取るための5つの対策、就活を諦める場合に考えられる3つの選択肢についてもお伝えします。

現在就活が上手くいかず諦めたいと思っている人も、内定に一歩近づくための打開策やヒントが見つかるはずです。最後まで読んでみて下さい。

「就活を諦めたい…」心配しすぎなくて大丈夫

就活生くん

就活諦めたいと思うなんて、やっぱり僕ってダメ人間ですか?

この先どうなっちゃんだろう…

「就職を諦めたい」と思う気持ちは、決してダメなものではありません。

自己分析、業界研究、ES対策、筆記試験対策、面接対策とやるべきことが多いですし、ベストを尽くしていたとしても簡単に内定をもらえるものではないですよね。

就活で落ち続けると、だんだんと自分を否定されているような気持ちにさえなってきます。「就活諦めたい」と考えてしまうのも当然です。

実際、多くの就活生が「就活を諦めたい」と考えています。

どんな気持ち、どんな理由で諦めたいと考えているのか、本音を聞いてみましょう。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

【みんなはどう思ってる?】就活をもう諦めたい学生の本音

就活生ちゃん

「就活諦めたい」って考えてる人って私の他にもいるの?

みんな本音ではどう思ってるの?

実際に「就活諦めたい」と考えている学生は、本音ではどんなことを考えているのでしょうか。

ここでは就活を諦めようかと考えている3人の就活生の正直な気持ちを紹介します。

  • 内定確実と思ったら結局落とされた!もうどうでもいい…
  • 就活辞めたくて仕方ない…でも後で苦労したくないから頑張る
  • 就活はもう諦めた!世の中どうにでもなる!→まさかの逆転内定
なぜ彼らは就活を諦めたいと思ったのか?

あなたと同じ気持ちの人が見つかるかもしれません。

「就活を諦めたい」と考えている学生の気持ちを順番にみてみましょう。

「就活の教科書」編集部 小渕

内定確実と思ったら結局落とされた!もうどうでもいい…

最終面接で「一緒に働けたら楽しそう」とまで言われたのに、結局落とされた就活生の悲痛な叫び…これはもう諦めたくもなりますね。

思わせぶりなことを言って突き落とすのは良くないです。

誠実さや思いやりのない企業なので、ある意味落ちて良かったのかもしれません。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

就活辞めたくて仕方ない…でも後で苦労したくないから頑張る

本当は就活を諦めたいけど、「辞めたら来年余計に苦労する」「就職浪人の肩書きがつく」と冷静かつ客観的に判断。

何とか今年中に就職先を決めないといけない!と頑張っている就活生です。

確かに、就活を諦めたことで、あとで余計に苦労するのはイヤですよね。最もな考え!

「就活の教科書」編集部 小渕

 

就活はもう諦めた ⇒ まさかの逆転内定

7月に一度就活を諦めて、3ヵ月後に内定をもらった会社に入社したという人です。鮮やかな逆転劇!

思い切って一度就活から離れてみて、やる気と気力が復活した頃に再チャレンジしたら上手くいく場合もあるようです。

落ち込みすぎず、「世の中どうにかなる!」と前向きに考えることも大切です。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

就活生が就活を諦めてしまうよくある理由3選

学生が「就活を諦めたい」と考える理由は、多くの場合、共通しています。

「就活の教科書」編集部 小渕

学生が就活を諦めてしまうよくある理由は以下の3つです。

  • 持ち駒がなくなったから
  • ストレスに耐えられなくなったから
  • 就活自体に疑問を感じてきたから

あなたが就活を諦めたいと考えてしまうのも、みんなと同じ理由かもしれませんよ。

それぞれ詳しくみていきましょう。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

持ち駒がなくなったから

持ち駒がなくなるにつれ、後がなくなったように感じて、就活を諦めようと考える就活生はとても多いです。

中には100社以上にエントリーしたにも関わらず、すべて落ちてしまい諦めようと思った学生もいます。

連続して選考に落ち続けると、「どうせダメだし…」と持ち駒を増やすことも諦めがちになってしまうようです。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

持ち駒がなくなってどうしたら良いか分からない人は、持ち駒0から内定を取る方法が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

ストレスに耐えられなくなったから

内定が決まらず先が見えないこと、選考に落ちることなどの就活のストレスに耐えられなくなり、不安から逃れようと就活を諦めてしまう人もいます。

忙しい就活の中でも、時間を見つけてほど良くリフレッシュできれば良いのですが、ついつい根詰めてしまう真面目な性格の人に多いのがこの理由です。

一生懸命やっているのに報われないのはとてもつらいことなので、思わず諦めたくなってしまうのも頷けます。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

就活のストレスに耐えられない人は、ストレスと向き合う方法やおすすめの曲が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

就活自体に疑問を感じてきたから

「ESなどの書類や、短い面接の中で人となりを完璧に判断するのはムリなのに、それで合否が決まるのはおかしい」と就活自体に疑問を感じ、もう諦めて投げ出したいと考える人もいます。

確かにエントリーシートや面接の中で、企業側が就活生のことを完璧に理解することは不可能です。

それなのに、ほんの一部をみて採用・不採用が決まってしまうというのは、就活生にとっては酷なことですよね。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

なぜ就活をしているか分からなくなった人は、就活の意味を考え直すきっかけになりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

就活を諦めるのは早い!今からでも逆転内定を取れる5つの対策

今「就活を諦めたい」と考えていても、就活のやり方を少し変えるだけで良い方へ一気に状況が変わっていくとしたら、ちょっと試してみたいと思いませんか?

「就活の教科書」編集部 小渕

就活を諦めたいと考えている人でも、やり方によっては今から逆転して内定を取ることも可能です。諦める前にやってみましょう。

就活を諦める前にできる対策は次の5つです。

  • 誰かに相談してみる
  • 就活エージェントに相談してみる
  • 面接の練習をする
  • 狙う業界や企業を変えてみる
  • 自己分析の精度を上げる

どういうことか一つ一つ説明していきます。

できそうなものからでも大丈夫なので、取り組んでみて下さい。意外とあっさり、今の状況を打開できるかもしれません。

 

誰かに相談してみる

就活を諦めたいと考える人は、自分ひとりで問題を抱え込みがちです。まずは身近な人に相談することから始めてみましょう。

同じ就活生や同世代の友達でも良いですが、おすすめは先輩や親など自分よりも年上の誰かに相談してみることです。

自分よりも人生経験の長い人に相談することで、狭くなりがちな視野が広がり打開策が見えてくることもあります。

就活を経験し実際に社会人として活躍している先輩、自分の性格や長所短所を誰よりも理解している親なら、きっとあなたのためになる助言をしてくれることでしょう。

誰かに「就活を諦めたい」という思いを打ち明けることで、精神的にも楽になります。

自然と前向きな気持ちになれるので、自分だけで悩まず必ず誰かに相談することをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

就活の相談相手に関して悩んでいる人は、就活の相談相手のおすすめが分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

 

就活エージェントに相談してみる

就活を諦める前に「就活エージェント」に登録して相談してみましょう。

就活エージェント就活のプロフェッショナルです。

自己分析、エントリーシート添削、面接対策、企業紹介など、あなたの就職活動をマンツーマンでサポートしてくれます。

自己流の就活だけで諦めようと考えているのであればもったいないです。

プロの力を借りて効率良く内定に近づきましょう。

「就活の教科書」編集部 小渕

就活エージェントの中では、レバレジーズ株式会社が運営する「キャリアチケット」が最もおすすめです。

最短2週間で内定をもらうことができるため、まだ就活を諦めずに済みますよ。

また、就活エージェントサービスによって、得意な地域や業種が存在します。

内定者が選んだ就活エージェントおすすめ10選」の記事で、おすすめの就活エージェントや各サービスの特徴について詳しく解説しています。就活エージェント選びの参考にして下さい。

 

面接の練習をする

面接が不得意だと選考に落ちやすいので、ついつい「もう就活諦めたいな…」という気持ちになりがちです。

いくらESや筆記を通過しても、面接を突破しないことには内定がもらえないので、面接スキルは就活生の必須課題です。

面接のテクニックについては本やネットなどで調べることができますが、いくら頭に知識として入っていても、実際に練習をして経験を積まなければ本番でうまくいきません。

面接はとにかく場数を踏むことが大切です。

就活を諦める前に、「面接が得意だ!」といえるくらいになるまで練習を繰り返しましょう。

面接の対策については以下の記事で詳しく解説しています。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

狙う業界や企業を変えてみる

就活を諦めてしまう人にありがちなのは、狙う業界や企業を絞りすぎているということです。

結局のところ、就活は学生と企業のマッチングイベントなので、絞りすぎずに色々な業界や企業にエントリーしてみることは就活の成功率を高めることになります。

諦める前に今まで見ていなかった業界や企業にも目を向けてみることをおすすめします。

すぐにできる方法としては、「逆求人サイト」に登録する方法があります。「逆求人サイト」は、登録しておくだけで企業から面接のスカウトがくる就活サービスです。

普通の就活サイトでは「学生側から企業側へ選考応募する」のが流れですが、逆求人サイトでは「企業側から学生側へオファーがくる」という真逆の流れになっています。

だから「あなたを必要としている会社」といち早く出会うことができます。

「登録しておくだけ」でチャンスが転がり込んでくるので、やらない手はありません。就活を諦める前に登録しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 小渕

逆求人サイトで最もおすすめなのは、OfferBoxです。

逆求人サイトの中で登録企業数が最も多く、大企業も多く紹介してもらえます。

 

内定者が選んだ逆求人サイトおすすめ15選」の記事で、おすすめの逆求人サイトを紹介していますので今すぐチェックして下さい。

 

自己分析の精度を上げる

就活を諦めてしまう前に、自己分析の精度アップを行うのも有効な方法です。

就活が上手くいかないのは、自己分析が不十分だからかもしれません。

自己分析を十分にしておけば、エントリーシートや面接において自分の魅力が企業に伝わりやすくなるので、選考の通過率アップにつながります。

そんな自己分析が簡単にできるサービスとして、自己分析診断ツールがあります。

短時間で詳しく自己分析ができるので、「もう就活を諦めたい…」と考える就活生の方は一度取り組んでみてください。

おすすめの自己分析診断ツールにはOfferBoxの提供する適性検査「適性診断AnalyzeU+(アナライズユー プラス)」があります。

適性診断AnalyzeU+は仕事力を6タイプ25項目で診断してくれるため、自分に向いている仕事が見つかりますよ。

エントリーシートや面接において必ず問われる「志望動機」も、自己分析の精度を上げるほど説得力のあるものに仕上がります。

改めて自己分析をきちんとしてみた結果、「就活を諦めて独立した方がいいのかも?」というような新たな選択肢が見つかる可能性もあります。

正しい自己分析のやり方については「自己分析のやり方」の記事を確認しましょう。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

就活を諦める場合の選択肢3選

十分に考えて対策をした結果、就活を諦める道を選んだ場合にも悲観することはありません。

企業に就職する以外にも選択肢はいろいろ考えられます。

例えば以下のような3つの選択肢があります。

  • フリーターとして社会に出る
  • お金のかからない地方に移住する
  • 独立・起業する

就活を諦めたからといって、人生が終わるわけではありません。

世の中は正社員として働いている人ばかりではないですよ。

就活を諦める場合の選択について、詳しく解説します。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

フリーターとして社会に出る

就活を諦めた場合、多くの人が真っ先に思いつく選択肢は「フリーター」ではないでしょうか。

特定の企業に正規雇用として勤めるのではなく、アルバイトやパート、派遣社員など非正規の雇用形態で働くという道です。

正社員に比べ、フリーターは働く時間を融通しやすいのが大きなメリットです。反面、賃金が安く、福利厚生面・安定雇用の面に不安が残るというデメリットがあります。

フリーターのメリット
  • 仕事を掛け持ちできる
  • 色々な職種に挑戦できる
  • 時間の融通がきく
フリーターのデメリット
  • 賃金が安い
  • 社会保険や有給休暇などの福利厚生面が弱い
  • 雇用の継続が保証されない

働く時間を融通できるのが最大のメリットですが、正社員に比べ、賃金や待遇が良くないのは無視できないデメリット。

実家に住まわせてもらうなど生活コストを下げればフリーターでも食べていくことはできるでしょう。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

長い人生の中で就職以外の選択肢を考えてみるのもいいかもしれませんね。

就職以外も考えている人は、就職以外の選択肢やメリット・デメリットが分かりますので、こちらの記事を読んでみてくださいね。

 

お金のかからない地方に移住する

就活を諦めるということは、稼ぎやすい正社員の道を一旦捨てるということです。

お金のかからない地方に移住して生活費を極限にまで抑え、極力働かないでのんびり生きていくという方法もあります。

地方には月々の家賃が2万円以下のような格安物件が存在し、食費や光熱費も工夫して節約すれば月5万円程で生活することも可能です。

月5万円であれば、バイトや日雇いなどでほんの少し働けば稼げてしまう金額です。「生活の質は落ちたとしても、就職してがっつり働くのはイヤだ」という人は、地方への移住を考えてみてもいいかもしれません。

地方に移住するほか、実家に住まわせてもらうなどの方法もあります。

「お金をかけない生活」は、生活する上での制約が多くなることを覚悟する必要があります。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

独立・起業する

就活を諦めて、企業に雇われずに独立・起業するという方法もあります。

独立・起業は敷居が高く感じるかもしれませんが、事業を始めること自体は難しいものではありません。

インターネットが発達している現代においては、お金やそれなりの準備が必要な事業ばかりでなく、初期費用なしで始められる事業もたくさんあります。

難しいのは事業を軌道に乗せること。継続して生活していける以上のお金を稼ぎ続けるのは簡単なことではありませんが、明確にやりたいこと・挑戦したいことがあるのなら、就活を諦めて独立・起業してみるのもひとつの選択です。

「フリーター」「地方移住」「独立・起業」はちょっと…。

「やっぱり起業に就職して安定した生活がしたいなぁ」と思ったら、もう少しだけ就職を頑張ってみましょう!

まずは【今からでも逆転内定を取れる5つの対策】から始めてみることをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

 

まとめ:就活諦めるもよし、頑張るもよし

「就活を諦めたい」と考える就活生はたくさんいます。そこで踏ん張って頑張るのか、思い切って就活を諦めて別の道に進むのか、どちらを選択しても良いのです。大切なのは、自分でよく考えて、納得した答えを出すこと。

後悔しないように、やれるだけの手を尽くした上で結論を出しましょう!

「就活の教科書」編集部 小渕

就活を諦めたい人が知っておくべきことまとめ

「就活を諦めたい」就活生はたくさんいる!

  • 「就活諦めたい」と思うことは悪いことではない。心配しすぎなくて大丈夫

 

就活生が就活を諦めてしまうよくある理由3選

  • 持ち駒がなくなったから
  • ストレスに耐えられなくなったから
  • 就活自体に疑問を感じてきたから

 

就活を諦める前にやるべき5つの対策

  • 誰かに相談してみる
  • 就活エージェントに相談してみる
  • 面接の練習をする
  • 狙う業界や企業を変える
  • 自己分析の精度を上げる

 

就活を諦める場合の選択肢3選

  • フリーターとして社会に出る
  • お金のかからない地方に移住する
  • 独立・起業する

 

まとめ:就活諦めるもよし、頑張るもよし

自分で考えて納得できる答えを出すのが大切

今まで一人だけで頑張っていた!という人は、一緒に就活を乗り越える仲間を見つけましょう。同じ就活生、先輩、親など、愚痴を言ったりアドバイスをもらったりすれば前向きな気持ちになれますよ!就活に詳しいプロ・就活エージェントに相談するのも有効な方法です。

「就活の教科書」編集部 小渕

 

最後に、就活を諦めかけている人に、ぜひ読んでほしい他の記事を紹介しておきます。

納得のいく就活を目指している人は、あなたのためになる情報が載っていますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。