>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【通過しない…】今すぐ変わる面接に自信ない就活生の対処法5選 | 自信が持てない理由も

この記事で分かること
  • 意外に多くの就活生が面接に自信がない
  • 就活生が面接で自信がないのは、面接の準備不足が原因(他2つ)
  • 面接に自信ない就活生は、面接の場数を踏んでおこう(他4つ)
  • 面接で自信がない就活生が失敗したときの3つの対処法

 

皆さんこんにちは。「就活の教科書」編集部の森山です。

この記事では、面接に対して自信がなくてどうしようか悩んでいる就活生のために解説していきます。

就活生の皆さんは、就活の面接に対して「自信がない・・・」と悩んでいませんか?

「就活の教科書」編集部 森山

就活生くん

僕は、面接が苦手で面接の時になるといつも緊張してしまい、自分の思うように話せなくなってしまいます・・・。

どうすれば面接で自分の思うように話せられるようになるのでしょうか?

就活生ちゃん

私は、第一志望のエントリーシートが通過して、2週間後に面接が控えています。

けど、全然自信がありません・・・。

このままだと自信がないまま当日の面接を迎えてしまいそうで、毎日不安な気持ちで過ごしています。

僕も自信のないまま面接当日を迎えてしまったせいで、結果的に選考に落ちてしまったことがあります・・・。

面接で自信がない就活生は、何とかして克服したいですよね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

そこでこの記事では、あなたが面接に自信がないと感じてしまう理由を紹介します。

合わせて、面接に自信がない就活生が面接を通過する方法面接で失敗したときの対処法についても紹介していきます。

この記事を読めば、面接に対して苦手意識が減り、自信を持って面接に臨められるようになります。

普段から「面接に自信を持てず全然手応えを感じない・・・」と悩んでいる就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

「面接が苦手で自信ない・・・」と感じているのは、あなただけじゃない

就活生くん

僕は、面接に対して苦手意識を持っています。
面接になると自信がなくなり、普段思っていることを言えなかったりと、自分を上手くアピールできずにいて悩んでいます・・・

いつまでもこんな感じで大丈夫なのかな・・・?

面接本番になると急に自信がなくなってしまいますよね。

僕も、面接で緊張してしまい話す内容を全て忘れてしまった経験があります。

ですが、自信がないことに心配しすぎなくても大丈夫ですよ。

「就活の教科書」編集部 森山

 

就職活動の面接は、初めは誰もが自信なんてありません

そもそも、面接が得意な就活生なんてごくわずかでしょう。

今までに面接を一度も経験してことがない人だっています。

そのため、面接に対して「自信がない」と感じているのは、あなただけではないので、安心してください。

多くの就活生が、面接自体が初めてで自信がないものです。

また、自信がない就活生の原因はある程度分かっていて、対策方法もあります。

肩の力を抜いて、次の項目で自分がどれに当てはまるのか考えながら読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

多くの就活生が面接に自信がない理由3つ

面接に自信がなくて不安になる就活生は多いです。
多くの就活生が面接に対して自信がないのかは、いくつかの理由が考えられます。
以下の表を確認してください。

「就活の教科書」編集部 森山

就活生が面接に自信がない理由
  • 理由①:人と話すのが苦手だから
  • 理由②:面接準備が不足しているから
  • 理由③:緊張しやすい性格だから

面接に対して自信がなくて不安を感じる場合は、なぜ面接に苦手意識を持ってしまうのか原因を理解することが大切です。
それでは、面接に自信がない理由をそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

理由①:人と話すのが苦手だから

面接に自信がないと感じてしまう理由1つ目は「人と話すのが苦手だから」です。

人と話すのが苦手だという人は、面接を苦痛に感じてしまうでしょう。

面接では自分の考えや意見を、自分の言葉で採用担当者に伝えなければならないからです。

普段話さないような内容に関して、30分間近く初対面の人と話続けなければいけない就職活動の面接は、かなり大変な作業です。

そのため、人と話すのが苦手な人は面接に自信が持てなくなってしまうのです。

普段から上手く話ができない人だと、面接でも「質問に上手く回答できないのではないか?」と不安になってしまいますよね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

理由②:面接準備が不足しているから

面接に自信がないと感じてしまう理由2つ目は「面接準備が不足しているから」です。

面接に対して自信がない人は、事前の準備不足が原因なことが多いです。

就職活動中は、自己分析・エントリーシート提出など、同時に多くのことをする必要があり、肝心な面接対策が疎かになってしまう人が多いです。

「質問に上手く答えられるのだろうか」「予期していない質問がきたらどうしよう」と自信がない人は、圧倒的に準備不足が原因です。

そのため、事前に面接でどんなことが質問されてもいいように、しっかりと面接対策を済ませる必要があるのです。

事前に面接対策をせず自信がないまま面接をしても、上手くいくことは滅多にありません。

「どんな質問がきても答えられる」と自信を持てるまで、自己分析や企業研究を深掘っておきましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

 

理由③:緊張しやすい性格だから

面接に自信がないと感じてしまう理由3つ目は「緊張しやすい性格だから」です。

日頃のコミュニケーションとは違い、年上の社会人の方に鋭い質問をされる就活の面接は、普通の人でも緊張してしまいます。

当たり前ですが、面接は今後の人生を左右相手おり非常に緊張してしまいます

そのため、緊張してしまい上手く話せない場合は、面接官に「すみません。緊張しています。」と伝えるといいでしょう。

「緊張してしまうこと」「コミュニケーションに自信がないこと」はある程度当たり前のことだと割り切って、面接に臨んでみるのも良いでしょう。

無理に緊張や自信の無さを克服しなくても大丈夫です。

まずは、ありのままの自分を受け入れて、自分の性格と向き合い、少しずつ自信を持てるといいですね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

面接に自信がない就活生が面接を通過する方法5選

就活生くん

僕は、面接が苦手で面接の時になるといつも緊張してしまい、自分の思うように話せなくなってしまいます・・・。

どうすれば面接に自信を持って話せられるようになるのでしょうか?

それでは、面接に自信がない就活生が、面接に通過できるようになる具体的な方法を紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 森山

面接に自信がない就活生が面接を通過する方法
  • 方法①:面接の場数を踏む
  • 方法②:企業研究を徹底して行う
  • 方法③:自分より年上の人と会話する
  • 方法④:質問は簡潔に返す
  • 方法⑤:質問の答えを丸暗記しない
それでは、面接に自信がない就活生が面接を通過する方法をそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

方法①:面接の場数を踏む

面接に自信がない就活生が面接を通過する方法1つ目は「面接の場数を踏む」です。

面接で自信がなく悩んでいる就活生は、ひたすら面接をこなしましょう。

練習の数をこなすことで面接に慣れて、面接に対する苦手意識を克服できる可能性があります。

具体的には、友人や家族などに面接官の役をしてもらい、練習すると変に緊張せずに練習かできます。

そのため、面接に自信がない場合は、面接の数をこなして慣れるのも1つの手段です。

また、最近では面接練習ができる便利な就活サービスも多くあります。

家族や友人にお願いするのが恥ずかしいという人は、以下の記事で紹介している就活サービスを利用しましょう。

就活エージェントは、面接対策以外にも無料で就活の相談に乗ってくれるのでオススメですよ。

「就活の教科書」編集部 森山

 

方法②:企業研究を徹底して行う

面接に自信がない就活生が面接を通過する方法2つ目は「企業研究を徹底して行う」です。

採用担当者のありとあらゆる質問に柔軟に答えられるように、企業研究・業界研究をしておきましょう。

企業研究・業界研究によって企業が求めている人物像が明確になるため、そこに対して的確なアプローチができるようになります。

例えば、企業ホームページをチェックして、企業理念や競合他社との違いを調べることができます。

その企業ならではの質問の答えを事前に用意しておけば、不安も減り自信にも繋がるのです。

「企業研究って何を調べたらいいの・・・」という就活生は、内定者が実践していた企業研究の方法が分かる以下の記事を読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

方法③:自分より年上の人と会話する

面接に自信がない就活生が面接を通過する方法3つ目は「自分より年上の人と会話する」です。

面接で自信がない原因が「年上の人と上手く話す方法が分からない」という場合、慣れることが一番の対策です。

対策としては、アルバイトやOB訪問などで「苦手だな」「慣れてないな」と思う年齢層の人と接する機会を作ることです。

自分よりも年上の人と会話することに慣れれば、面接の不安も解消できます。

 

ちなみに、面接で採用担当者の目が笑っていない・にらんでいるように見える・怒った表情に見えると感じる時もあります。

これは、年を重ねて目の周りの表情筋を動かさなくなったり、口角が下がりがちになったりしているからです。

また、腕や足を組んでいる場合も、その方が楽だからというシンプルな理由です。

面接官は一見すると高圧的な態度ですが「年齢を重ねるとそういうものなんだ」という認識でいつも通り話をしましょう。

OB訪問に関しては、以下の記事で誰でも楽にOB訪問ができるアプリを紹介しています。
僕もこの記事で紹介されているアプリで何度もOB訪問をしたので、参考にして見てくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

方法④:質問は簡潔に返す

面接に自信がない就活生が面接を通過する方法4つ目は「質問は簡潔に返す」です。

面接で話すときには、結論から回答し、その後に結論に至った根拠や具体例を続けることを心がけましょう。

自分の回答が綺麗な一本の筋で通っていなくても、相手にとって分かりやすく回答をすることが出来ます。

具体的には、最初に述べた結論を説得力のあるものにするために、根拠や具体例を添えて補足するイメージです。

そのため、面接で話す時に苦手意識がある人は、結論を簡潔に述べることを心がけてみましょう。

面接では、常に「結論ファースト」を意識して話してみましょうね

「就活の教科書」編集部 森山

 

方法⑤:質問の答えを丸暗記しない

面接に自信がない就活生が面接を通過する方法5つ目は「質問の答えを丸暗記しない」です。

事前に回答を一言一句決めたり、ネットで調べたマニュアルを丸暗記するのは絶対にやめましょう。

あなたの本当の志望度が採用担当者伝わりにくくなってしまいます。

また、少し間違えただけで「終わった」「もうダメだ」と頭が真っ白になり、次の言葉が出てこなくなってしまうからです。

覚えた内容を話すことに気を取られて、棒読みで本気度が伝わってこない話し方になると本末転倒ですよね。

そのため、話の大事な要点を設定して、ある程度柔軟に対応できるようにしておきましょう。

面接に自信がない就活生は、上記で紹介した方法を参考にして、面接を通過できるように準備しておきましょうね!

「就活の教科書」編集部 森山

 

自信がない面接で失敗したときの対処法3つ

就活生ちゃん

以前の面接で、緊張しすぎて質問の意図とは違う回答をして失敗してしまいました・・・。
あの時に、どうしたら失敗を挽回できていたのかな?

自信のない面接で緊張して失敗してしまう就活生は、少なくはありません。
面接でミスをして冷静に対応できるよう、失敗したときの対処法をしっかりと把握しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 森山

自信がない面接で失敗したときの対処法3つ
  • 対処法①:始めから言い直す
  • 対処法②:いさぎよく謝罪する
  • 対処法③:失敗しても引きずらない
それでは、自信がない面接で失敗したときの対処法をそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

対処法①:始めから言い直す

自信がない面接で失敗したときの対処法1つ目は「始めから言い直す」です。

言葉が詰まり頭が真っ白になったときは最初から言い直せば問題ありません。

真っ白になってしまったときに何とか取り繕うために思いついたことをとりあえず口に出してしまうと、話が伝わりづらいだけでなく、話全体のつじつまが合わなくなってしまう可能性があります。

焦って言葉が出てこなくなってしまった時は「申し訳ありません。少しお時間頂戴してもよろしいですか」と伝え、深呼吸して頭の中を整理するとよいです。

そのため、緊張で失敗してしまった場合は、焦らずに最初から言い直しましょう

言葉に詰まってしまった人は、時間を気にせずにもう一度言い直すようにしましょうね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

対処法②:いさぎよく謝罪する

自信がない面接で失敗したときの対処法2つ目は「いさぎよく謝罪する」です。

自信のなさから緊張してしまいミスした時は、採用担当者に一言で謝罪を述べましょう

ミスをした後に変に取り繕おうとすると、あなたの対応が採用担当者に見苦しく映ってしまい、かえって印象が悪くなってしまう可能性があるのです。

注意したいのが、自分のミスに関する謝罪を長々と述べてしまうと、言い訳のように聞こえてしまい、逆に採用担当者の印象に悪影響を与えてしまうこともあります。

「申し訳ありません。緊張で上手く話せませんでした」などのように、正直かつ簡潔に謝罪を述べましょう

ミスしても、いさぎよく謝れば誠実さが伝わり、採用担当者の印象も良くなることもありますよ。

「就活の教科書」編集部 森山

 

対処法③:失敗しても引きずらない

自信がない面接で失敗したときの対処法3つ目は「失敗しても引きずらない」です。

面接で失敗しても必要以上に落ち込まず、気持ちを切り替えて面接を続けましょう。

誰にでも失敗はつきものなので、どれだけ念入りな事前準備をしても、ミスをしてしまうことは誰にでもあります

あなた自身が「失敗したからもうだめだ」と諦めてしまうと、挽回のしようがないので、その後の言動でミスをフォローしましょう。

面接で失敗してしまうと気持ちが沈んでしまいますが、それだけでは不合格にはならないので安心して面接を続けましょう。

 

また、覚えていてほしいのが、面接は誰でも多かれ少なかれ緊張するものです

志望度の高い企業であればなおさらです。

真剣に面接に臨むからこそ緊張するのであり、緊張していることはかえって面接官に好感を持たれやすいケースもあるということを忘れないでくださいね。

一度失敗しても合否はまだ決まっておらず、その後の対応も含めて評価されます。
失敗しても最後まで諦めずに取り組みましょうね。

「就活の教科書」編集部 森山

 

面接力診断で、苦手な分野を見つけよう

今年の就活は、web面接で選考を行う企業も増え対策法がわからず、戸惑っている方も多いはず。

そんな時は、「面接力診断」を活用してみましょう。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、自分の面接力をグラフで見える化し、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で分かります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考の突破しましょう。

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

就活アドバイザー

 

まとめ:面接で自信がない就活生は、正しい原因と対処法を把握して面接に挑もう!

この記事の「【通過しない…】今すぐ変わる面接に自信ない就活生の対処法5選 | 自信が持てない理由も」は、いかがだったでしょうか?

今回は「就活の教科書」編集部の森山が、多くの就活生が悩む面接に自信がないと感じてしまう理由を紹介しました。

合わせて、面接に自信がない就活生が面接を通過する方法、面接で失敗したときの対処法なども紹介しました。

 

これらをまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 森山

この記事のまとめ

◆「面接が苦手で自信ない・・・」と感じているのは、あなただけじゃない

 

◆多くの就活生が面接に自信がない理由3つ

  • 理由①:人と話すのが苦手だから
  • 理由②:面接準備が不足しているから
  • 理由③:緊張しやすい性格だから

 

◆面接に自信がない就活生が面接を通過する方法5選

  • 方法①:面接の場数を踏む
  • 方法②:企業研究を徹底して行う
  • 方法③:自分より年上の人と会話する
  • 方法④:質問は簡潔に返す
  • 方法⑤:質問の答えを丸暗記しない

 

◆自信がない面接で失敗したときの対処法3つ

  • 対処法①:始めから言い直す
  • 対処法②:いさぎよく謝罪する
  • 対処法③:失敗しても引きずらない

 

◆まとめ:面接で自信がない就活生は、正しい原因と対処法を把握して面接に挑もう!

 

面接が苦手で自信がない人には、必ず何らかの理由があります。

面接に対する苦手意識を克服するには、あなたが面接を苦手な理由を知り対策を考える必要があるのです。

面接に挑むときは、自分に自信を持ちましょう。

自信がなくて面接を迎えてしまい、後で後悔をすることがないよう、事前に十分な対策を取り、自信を持って面接に挑んでくださいね。

他にも「就活の教科書」では面接に関する就活生の悩みをはじめとする、就活でよくある疑問について解説しています。

ぜひ他の記事も参考にして就活に役立ててみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 森山