【高年収/土日休み】人と話すおすすめの仕事/職業一覧 | 向いている人の特徴,デメリットも

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ 自分に合う仕事がわかる「適職診断」/
あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

LINE適職診断とは
(https://reashu.com/)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

はじめに

 この記事では「人と話す仕事」について解説していきます。

あわせて、人と話す仕事の中でも収入が高い仕事土日に休むことができる仕事人と話す仕事に向いている人の特徴、さら人と話す仕事のメリット/ デメリットについても紹介します。

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

この記事を読めば人と話す仕事にはなにがある?」「人と話す仕事にはどんな人が向いているの?」なんて悩みや疑問が解決できます。

「人と話す仕事が気になる!」という就活生はぜひ最後まで読んでください。

 

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断できる「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! /
LINE適職診断 あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

目次

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

人と話すのが好きな人におすすめの仕事/職業19選

人と話すのが好きな人の適職

就活生くん

僕は、人と話す仕事に興味を持っているのですが、人と話せる仕事には、どのような仕事があるのかよくわかりません・・・。

人と話せるおすすめの仕事を教えてください!

就活生ちゃん

私は、人前で話せるような仕事を探しているのですが、どんな職業に就きたいのかまだ決められません・・・。

何か人前で話せるおすすめの職業はありますか?

人と話す仕事は、いろいろな方々と出会えたり、お客さんに直接感謝をされるのでやりがいを感じますよね。

以下で、人と話すのが好きな人におすすめの仕事を紹介していきます!

人前で話せる仕事の一覧は以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 采耶

人前で話せる仕事一覧
  • 仕事①:営業職(平均年収:480万円)
  • 仕事②:販売職(平均年収:375万円)
  • 仕事③:飲食店スタッフ(平均年収:350万円)
  • 仕事④:講師業(平均年収:420万円)
  • 仕事⑤:介護職(平均年収:440万円)
  • 仕事⑥:看護師(平均年収:492万円)
  • 仕事⑦:カウンセラー(平均年収:353万円)
  • 仕事⑧:美容師(平均年収:340万円)
  • 仕事⑨:就職・転職エージェント(平均年収:510万円)
  • 仕事⑩:ホテルマン(平均年収:368万円)
  • 仕事⑪:保育士(平均年収:314万円)
  • 仕事⑫:コールセンター(平均年収:410万円)
  • 仕事⑬:アナウンサー(平均年収:682万円)
  • 仕事⑭:スポーツトレーナー(平均年収:356万円)
  • 仕事⑮:キャビンアテンダント(平均年収:496万円)
  • 仕事⑯:キャリアコンサルタント(平均年収:450万円)
  • 仕事⑰:ウェディングプランナー(平均年収:350万円)
  • 仕事⑱:記者(平均年収:846万円)
  • 仕事⑲:ツアーガイド(平均年収:300~400万円)

それでは人と話せる仕事について詳しく解説していきます。

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

仕事①:営業職(平均年収:480万円)

人と話すのが好きな人におすすめの仕事1つ目は、営業職です。

営業職は平均年収が約480万円となっています。

営業職では、ヒアリング力、コミュニケーション力、人脈構築力、情報伝達能力の四つの力が必要とされています。

数年間同じ顧客の方と良好な関係を持ち続けないといけない場合もあるので、信頼関係を構築する力も非常に大切です。

以下は営業職のメリットとデメリットです。

営業職のメリットとデメリット

メリット

  • 論理的思考(課題解決能力)が身につく
  • 数字に強くなる
  • 本当の意味での実力主義
  • 独立の準備がしやすい

デメリット

  • 休日営業が必要な場合もある
  • 関係各所の板挟み
  • インセンティブなしの場合安月給に

仕事②:販売職(平均年収:375万円)

人と話すのが好きな人におすすめの仕事2つ目は、販売職です。

販売職は平均年収が約375万円となっています。

他の仕事と比べれば、若干平均年収が低いですが、販売職は早くから重要なポジションを任せられたり、お客さんとのつながりもより広く深くなっていきます。

立ち仕事に自信があり、お客さんと話すことが好きな人は販売職に向いています。

以下は販売職のメリットとデメリットです。

販売職のメリットとデメリット

メリット

  • コミュニケーションスキルが向上する
  • 店舗運営に携われる
  • 商品知識を得られる

デメリット

  • 勤務時間が不規則
  • 土日休みが取りにくい

ちなみに「自分の強みを活かして、楽しめる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事③:飲食店スタッフ(平均年収:350万円)

人と話すのが好きな人におすすめの仕事3つ目は、飲食店スタッフです。

飲食店スタッフは平均年収が約350万円となっています。

飲食店スタッフは、ホールスタッフとして勤務する場合、

  • 入店後の案内
  • 注文の受付
  • レジ対応

など、お客さんと話す機会が非常に多いです。

そのため、たくさんのお客さんと関わり、話すことが好きな人には飲食店のホールスタッフがおすすめです。

以下は飲食店スタッフのメリットとデメリットです。

飲食店スタッフのメリットとデメリット

メリット

  • 人脈が広がる
  • 調理スキルが身につく
  • 店舗運営に携われる
  • コミュニケーションスキルが上がる

デメリット

  • 拘束時間が長い
  • 土日休みが取りづらい
  • 肉体的にきついこともある

 

仕事④:講師業(平均年収:420万円)

人と話すのが好きな人におすすめの仕事4つ目は、講師業です。

講師業は平均年収が約420万円となっています。

講師業は、自分のスキルや好きなことを活かして仕事をすることができます。

さらに、自分の生徒に「ありがとう」と感謝される機会も多く、仕事にやりがいを感じやすいです。

自分の好きなことをしながら、人と話す仕事がしたい人には講師業がおすすめです。

以下は講師業のメリットとデメリットです。

講師業のメリットとデメリット

メリット

  • 現場での経験が詰める
  • さまざまな生徒との交流ができる
  • 自分の得意や好きを仕事にすることができる

デメリット

  • 雇用が安定しない場合もある
  • 給料が上がりにくいこともある

 

仕事⑤:介護職(平均年収:440万円)

人と話すのが好きな人におすすめの仕事5つ目は、介護職です。

介護職は平均年収が約440万円となっています。

介護職での仕事は、特に「肯定的に話を聞く」ことが求められています。

人の話を聞くことが好き、お年寄りの方が好きという人は、介護職に向いているといえます。

以下は介護職のメリットとデメリットです。

介護職のメリットとデメリット

メリット

  • コミュニケーションをするのが仕事
  • 資格を持っていれば、全国で仕事ができる
  • 介護士の需要の高さから、安定した雇用

デメリット

  • 平均給与が低い
  • 肉体労働である

 

ちなみに「自分の強みを活かして、楽しめる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事⑥:看護師(平均年収:492万円)

人と話すのが好きな人におすすめの仕事6つ目は、看護師です。

看護師は平均年収が約492万円となっています。

看護師は、患者さんだけでなくご家族の方や医者など幅広い年齢層で多くの人達と関われます。

看護師は毎日忙しい仕事ではありますが、患者さんとたくさん話すことができる職業だからこそ、感謝されてやりがいを感じやすい職業です。

看護師は、人のために尽くすことが好き、たくさんの人と関わって成長したいという人に向いています。

以下は看護師のメリットとデメリットです。

看護師のメリットとデメリット

メリット

  • 患者や患者家族から感謝される
  • 平日休みを取得しやすい
  • 給料が良い
  • 転職がしやすい

デメリット

  • 就業時間が不安定
  • ミスが許されない
  • 家庭との両立が難しい

 

仕事⑦:カウンセラー(平均年収:353万円)

人と話すのが好きな人におすすめの仕事7つ目は、カウンセラーです。

カウンセラーは平均年収が約353万円となっています。

カウンセラーは、直接的に人の役に立つことができるので、やりがいを感じやすいです。

また、カウンセラーで人と深い話をすることで、人の考え方や価値観をたくさん学ぶことができます。

人が好き、人の役に立ちたいという人は、カウンセラーがおすすめです。

以下はカウンセラーのメリットとデメリットです。

カウンセラーのメリットとデメリット

メリット

  • 人の役に立てる
  • 人と深いコミュニケーションを取れる

デメリット

  • プレッシャーが多い

 

仕事⑧:美容師(平均年収:340万円)

人と話すのが好きな人におすすめの仕事8つ目は、美容師です。

美容師は平均年収が約340万円となっています。

美容師は、お客さん1人と約1時間程度、お話をします。

お客様と話す時は、話を引き出し、お客様の話を「聞く」ことが求められています。

髪を切ることが好き、お客様を笑顔にしたいという人は美容師に向いています。

以下は美容師のメリットとデメリットです。

美容師のメリットとデメリット

メリット

  • お客さんを喜ばせることができる
  • 仕事の成果を、お客さんの反応で直接感じられる
  • 独立すれば、高収入を目指せる

デメリット

  • ノルマが大変
  • 最初は薄給
  • 土日休みが取りにくい

また、「この職業の他に自分に向いている仕事を知りたい…」という方は、LINE適職診断を利用してましょう。

LINE適職診断では、8つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに向いている職業を紹介してくれるので、忙しい方にもおすすめです。

就活アドバイザー 京香

 

仕事⑨:就職・転職エージェント(平均年収:510万円)

人と話すのが好きな人におすすめの仕事9つ目は、就職・転職エージェントです。

就職・転職エージェントは平均年収が約510万円となっています。

平均年収は、人と話す仕事の中でも割と高収入な方です。

エージェントは求職者と1~2時間面談し、求職者の経歴やスキルなどをヒアリングしながら今後のキャリアプランに合った求人を紹介します。

キャリアプランについて多くの人と話したり、人生の大きな選択に関わることでやりがいを感じたいという人は就職・転職エージェントが向いています。

以下は就職・転職エージェントのメリットとデメリットです。

就職・転職エージェントのメリットとデメリット

メリット

  • 求職者の望むキャリアを提供できる
  • 他人の人生の分岐点に関わることができる
  • 求職者が喜ぶ姿を見ることができる

デメリット

  • 責任重大

 

仕事⑩:ホテルマン(平均年収:368万円)

人と話すのが好きな人におすすめの仕事10つ目は、ホテルマンです。

ホテルマンは平均年収が368万円となっています。

ホテルマンは、1日に数10組のゲストをお迎えしておもてなしをする必要があるので、人と話すことが大好きな人にはピッタリです。

世界中の人と話すことができるため、語学力を活かしたい人にも向いています。

以下はホテルマンのメリットとデメリットです。

ホテルマンのメリットとデメリット

メリット

  • 多くのお客さんに感謝される
  • 様々な人に出会うことができる
  • 雑談力が身につく

デメリット

  • 給料が低い
  • クレームが多い
  • 勤務時間が不規則

 

仕事⑪:保育士(平均年収:314万円)

人と話すのが好きな人におすすめの仕事11つ目は、保育士です。

保育士は平均年収が314万円となっています。

保育士は、子どもだけでなく、仕事仲間、保護者や祖父母、園長などさまざまな人と話す必要があります。

また、保育園にはいろいろな子供がいるため、どんな場面でも前向きに挑める強い精神力など様々な能力が求められています。

子供と話したい、子供の成長を見て感動したいという人は、保育士がおすすめです。

以下は保育士のメリットとデメリットです。

保育士のメリットとデメリット

メリット

  • たくさんの子供たちと関わることができる
  • 世間的な評価が高い
  • 資格職のため、就職や転職に強い

デメリット

  • 休日出勤がある
  • 実働時間が多い

 

仕事⑫:コールセンター(平均年収:410万円)

人と話すのが好きな人におすすめの仕事12つ目は、コールセンターです。

コールセンターは平均年収が410万円となっています。

コールセンターは、お客様からの電話に対応する受信業務と、こちらから電話をかける発信業務があります。

どちらの業務も電話を通して常にお客様と会話をするため、会話が得意な人に向いています。

人と話すこと・聞くことが好き気持ちの切り替えが早いという人はコールセンターの仕事がおすすめです。

以下はコールセンターのメリットとデメリットです。

コールセンターのメリットとデメリット

メリット

  • マナーが身につく
  • 丁寧な言葉遣いができるようになる
  • 自由な時間帯で働くことができる

デメリット

  • 覚えることが多い
  • 悪質なクレーム対応もしなければならない

 

ちなみに「自分の強みを活かして、楽しめる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

仕事⑬:アナウンサー(平均年収:682万円)

人と話すのが好きな人におすすめの仕事13つ目は、アナウンサーです。

アナウンサーは平均年収が約682万円と、他の仕事よりも高収入となっています。

しかし、平均年収が高いように思われますが、テレビ局の違いやフリーアナウンサーであるかどうかによって年収が500万円~1000万円と大きく変わります。

アナウンサーの仕事は、テレビに向かって一方的に人前で話すだけでなく、話を回したり、ディレクターの方と連携をとったりします。

生放送や速報に対しての柔軟な対応力、言いたいことを瞬時にまとめ上げる瞬発力が必要となってきます。

高収入を狙いたい、話すスキルを活かしたい人はアナウンサーを目指してください。

以下はアナウンサーのメリットとデメリットです。

アナウンサーのメリットとデメリット

メリット

  • 人気者になれる
  • 様々な人と会って、話をすることができる
  • 人々に大切な情報を伝えることができる

デメリット

  • プライベートが制限される
  • 世間から批判や評価を受けやすい

 

仕事⑭:スポーツトレーナー(平均年収:356万円)

人と話すのが好きな人におすすめの仕事14つ目は、スポーツトレーナーです。

スポーツトレーナーは平均年収が約356万円となっています。

スポーツトレーナーにとって人と話すことは重要なスキルです。

なぜなら、選手が持つ目標に向かって、長期間サポートをし続けるからです。

1人1人と深い関わりが欲しい、スポーツに関わりながら人の役に立ちたい人にはおすすめです。

以下はスポーツトレーナーのメリットとデメリットです。

スポーツトレーナーのメリットとデメリット

メリット

  • 好きなスポーツを仕事にできる
  • アスリートやスポーツ愛好家をそばで支えることができる
  • スポーツの普及に貢献できる

デメリット

  • 肉体的にキツイ
  • 場合によっては、給与が低い

 

仕事⑮:キャビンアテンダント(平均年収:496万円)

人と話すのが好きな人におすすめの仕事15つ目は、キャビンアテンダントです。

キャビンアテンダントは平均年収が496万円となっています。

仕事では、飲み物や食事の提供、新聞・毛布などの回収をするときにお客様1人1人と会話をします。

さらに、お客様からのお問い合わせに回答したリ、小さな子供のお世話をしたりなど、柔軟なサービスを行います。

接客が大好きという人は、キャビンアテンダントになることをおすすめします。

人と話す仕事は、お客様の反応をダイレクトに見ることができるので、ほかの仕事と比べてやりがいを感じやすい仕事ですよね。

「就活の教科書」編集部 采耶

以下はキャビンアテンダントのメリットとデメリットです。

キャビンアテンダントのメリットとデメリット

メリット

  • 国内外、様々なところに行ける
  • 休暇はしっかりある
  • 様々な人と出会い、コミュニケーションを取れる
  • マナーやサービスのスキルを取得できる

デメリット

  • 体力勝負であること

 

仕事⑯:キャリアコンサルタント(平均年収:450万円)

人と話すのが好きな人におすすめの仕事16つ目は、キャリアコンサルタントです。

キャリアコンサルタントは平均年収が450万円となっています。

キャリアコンサルタントは、相談者が持つ適性や才能を見極め、将来のキャリア形成のための助言を行う専門家です。

キャリアコンサルタントは相談者の抱える悩み・課題を把握したうえで助言をします。

そのため、人と話すことが好きな人には向いている仕事だと言えます。

以下はキャリアコンサルタントのメリットとデメリットです。

キャリアコンサルタントのメリットとデメリット

メリット

  • 相談者の課題や悩みを一緒に解決できる
  • コミュニケーションを取りながら、仕事ができる

デメリット

  • ストレスが多い

仕事⑰:ウェディングプランナー(平均年収:350万円)

人と話すのが好きな人におすすめの仕事17つ目は、ウェディングプランナーです。

ウェディングプランナーは平均年収が350万円となっています。

ウェディンプランナーは、新郎新婦の希望に沿った結婚式のプランを立てる仕事です。

また、式当日の進行管理なども行うなど、結婚式全体をプロデュースします。

このような業務内容のため、様々な人との関わる仕事です。

そのため、人と話すのが好きな人にとって、ウェディングプランナーはおすすめの仕事の1つであると言えます。

以下はウェディングプランナーのメリットとデメリットです。

ウェディングプランナーのメリットとデメリット

メリット

  • 新郎新婦の人生に大きな影響を与えることができる
  • 新郎新婦の幸せな瞬間に立ち会える
  • 人生の一大イベントをやり遂げる、満足感が得られる

デメリット

  • ストレスが多い
  • 給料が安い

 

仕事⑱:記者(平均年収:846万円)

人と話すのが好きな人におすすめの仕事15つ目は、記者です。

記者は平均年収が846万円(新聞記者)となっています。

記者の仕事は、政治・経済・国際情勢など世の中の様々な出来事を取材し、情報発信することです。

記者は取材をすることが大切な仕事の1つであり、多くの人とコミュニケーションを取ることが必要です。

そのため、人と話すことが好きな人にとって、記者という仕事はピッタリの仕事であると言えます。

以下は記者のメリットとデメリットです。

記者のメリットとデメリット

メリット

  • 自分の仕事が多くの人に伝わる
  • 誰にでも会って、話をすることができる
  • いろんな場所に行くことができる

デメリット

  • プライベートと仕事の境目がない
  • 拘束時間が長い

 

仕事⑲:ツアーガイド(平均年収:300万円~400万円)

人と話すのが好きな人におすすめの仕事15つ目は、ツアーガイドです。

ツアーガイドは平均年収が300~400万円となっています。

ツアーガイドは、ツアー参加者に観光地を案内する仕事です。

ツアープランの作成から、情報提供、緊急時の対応も仕事に含まれます。

ツアーガイドは、ツアー参加者の要望を察する能力や楽しませる気持ちが大切です。

そのため、人と話すことが好きな人にはツアーガイドという仕事は適職かもしれません。

以下はツアーガイドのメリットとデメリットです。

ツアーガイドのメリットとデメリット

メリット

  • 様々な場所に仕事で行けること
  • 様々な人と出会い、コミュニケーションを取れること
  • 自分の知識や趣味を活かすことができること

デメリット

  • 不規則な生活になりがち
  • 長時間労働

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

人と話す高収入な仕事ランキング一覧

就活生くん

僕は、人と話す仕事がしたいのですが、その中でも高収入な仕事に就きたいと思っています。

どんな仕事が人と話せて高収入なのかいまいちまだわかりません・・・。

人と話せる高収入な仕事を教えてください!

販売職などの仕事は、あまり高収入を期待できないイメージがありますよね。

人と話せる高収入な仕事はいくつか存在しているので、紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 采耶

人と話す高収入な仕事ランキング
順位 仕事/職業 平均年収
1位 講師業(大学教授) 1100万円
2位 講師業(大学准教授) 872万円
3位 アナウンサー 682万円
4位 就職・転職エージェント 510万円
5位 営業職(海外営業) 507万円
6位 キャビンアテンダント 496万円
7位 看護師 492万円
8位 営業職(医療品業界) 489万円
9位 営業職(ソフトウェア業界) 462万円
10位 介護職 440万円

就活生ちゃん

大学教授の平均年収はこんなに高いんですね!

大学教授は、高収入なうえに自分の好きな研究に没頭できますし、たくさんの学生と話すこともできます。

特にゼミの学生とはより親しくなり、刺激をもらえる仕事だと思います。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【土日休み】人と話す仕事一覧

就活生ちゃん

私は、人と話せるような職業に就きたいのですが、土日にいつも家族と集まるので、どうしても土日休みの仕事がいいです。

でも、人と話す仕事は、やっぱり平日しか休めない気がします・・・。

人と話せる仕事の中で、土日に休める仕事はありますか?

接客業は、土日にお客さんが多く集まるので、土日に休むことは難しいですよね。。。

しかし、土日に休める仕事も存在しているので、一覧にして紹介していきます!

「就活の教科書」編集部 采耶

 

土日が休み&人と話す仕事一覧
1 学校教諭
2 メーカー営業
3 代理店営業
4 商社営業
5 保育士
6 銀行の窓口
7 市役所
8 県庁
9 郵便局の窓口
10 病院の窓口

BtoBの会社や、休日に稼働せずに成立する仕事は、土日休みである場合が多いようです。

保育士や学校教諭も、基本は土日が休みですが、運動会などのイベントや、部活動などで休めない場合も多いです。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

                                                   

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

人と話す仕事に簡単に就職する方法

人と話す仕事に簡単に就職する方法は、「転職エージェントを利用する」です。

転職エージェントはこれまで何百人以上の就職をサポートしており、人と話す仕事についても熟知しています。

そのため、転職エージェントを使うことで、人と話す仕事を簡単に知り選考対策のサポートを受けることで効率的に就職できます。

数ある転職エージェントの中でもおすすめのものを紹介するので、登録してサポートをもらいましょう!
おすすめの転職エージェント

「リクルートエージェント」21万件以上の非公開求人を持っており、転職成功実績No.1のためとてもおすすめです!

あなたに寄り添って企業の紹介から年収・条件の交渉までプロがサポートしてくれますよ。

また、ITエンジニア転職希望の人は、ITエンジニア専門転職エージェントの「レバテックキャリア」を利用してみると良いですよ。

就活アドバイザー 京香

 

「リクルートエージェント」ではあなたの希望に沿った企業の紹介から採用まで、プロがフルサポートしてくれます。

また、自分から言い出しにくい年収、条件、入社日などについても、アドバイザーが交渉してくれます。

評判もとても良い転職エージェントなので、まずは転職の相談をしてみましょう!

>> 転職相談してみる
(リクルートエージェント)

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

人と話す/しゃべる仕事に向いている人の特徴

人と話す仕事に向いてる人

就活生くん

僕は、将来人と話すことができる仕事を中心に就活をしているのですが、自分が人と話す仕事に向いているのか自信がありません・・・。

人と話す仕事をしている人は、どういった特徴の人が多いのでしょうか?

人と話す仕事は、向き不向きがはっきり分かれるので、自分に向いているのかどうかを確かめる必要があります。

人と話す仕事に向いている人の特徴は以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 采耶

人と話す仕事に向いている人の特徴
  • 特徴①:沈黙が苦手な人
  • 特徴②:明るい人
  • 特徴③:積極的に行動できる人

 

特徴①:沈黙が苦手な人

人と話す仕事に向いている人の特徴1つ目は、沈黙が苦手な人です。

沈黙が苦手な人は、話すことが好きなため、沈黙になれていません。

常に誰かと話したい人は、沈黙が苦手ということができます。

 

特徴②:明るい人

人と話す仕事に向いている人の特徴2つ目は、明るい人です。

明るい人は、いつも笑顔でいるため、人と話す仕事に非常に向いています。

「明るく接客する」というだけで、お客様からの印象もアップしますし、クレームも減ります。

明るい人は、お客様を呼び寄せる力を持っているので、人と話す仕事がおすすめです。

 

特徴③:積極的に行動できる人

人と話す仕事に向いている人の特徴3つ目は、積極的に行動できる人です。

積極的に行動できる人は、人とも積極的に話すことができる人が多いです。

積極的な人は、人と積極的に話す必要のある販売職や営業職に向いています。

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

人と話せる仕事のメリット3つ

人と話せる仕事のメリット

就活生くん

僕は、人と話せる仕事がしたいです!

人と話す仕事には、どんなメリットやデメリットがありますか?

人と話せる仕事は、人と関わることが好きな人にとっては魅力的な仕事ですよね。

以下で人と話せる仕事の特徴について、メリット・デメリットに分けて解説していきます!

以下ではまず「人と話す仕事のメリット」について紹介していきます。

「就活の教科書」編集部 采耶

人と話す仕事のメリット
  • メリット①:お客様に直接感謝されやすい
  • メリット②:コミュニケーション能力が身に付く
  • メリット③:礼儀や身だしなみへの意識が高まる

 

メリット①:お客様に直接感謝されやすい

人と話せる仕事のメリット1つ目は、「お客様に直接感謝されやすい」です。

お客様への反応がダイレクトにわかるということは、直接感謝されることが多く、それがやりがいにつながるということです。

人の喜ぶ顔を見ると、人を幸せにしたという実感がわき、自分自身も幸せになれます。

 

メリット②:コミュニケーション能力が身に付く

人と話せる仕事のメリット2つ目は、「コミュニケーション能力が身に付く」です。

コミュニケーション能力は人間が生きていく中では必要不可欠なものです。

人とうまくコミュニケーションをとっていくことができると、信頼関係が構築されていくので、人と話す仕事にとっては大きなメリットです。

 

メリット③:礼儀や身だしなみへの意識が高まる

人と話せる仕事のメリット3つ目は、「礼儀や身だしなみへの意識が高まる」です。

人と話す仕事、特に接客業や営業の仕事をしていると、礼儀や身だしなみには気を遣う必要があります。

礼儀や身だしなみへの意識が高まることで、相手に好印象を与えることができます。

そして、ビジネスや人間関係がスムーズにいくので、人と話す仕事の大きなメリットとなっています。

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

人と話せる仕事のデメリット3つ

人と話せる人のデメリット

人と話す仕事で身に付けた能力は、仕事だけでなく、これから生涯にわたって必要なものですよね。

以下では「人と話す仕事のデメリット」について紹介します!

「就活の教科書」編集部 采耶

人と話す仕事のデメリット
  • デメリット①:多くの人と知り合うことでストレスになる
  • デメリット②:相手に話を合わせすぎて疲れる
  • デメリット③:お客様からのクレームがある

 

デメリット①:多くの人と知り合うことでストレスになる

人と話せる仕事のデメリット1つ目は、「多くの人と知り合うことでストレスになる」です。

人と関わる仕事であると、人間関係の構築が大きなメリットとなりますが、かえってそれが、ストレス源となる人間関係を構築することがあります。

 

デメリット②:相手に話を合わせすぎて疲れる

人と話せる仕事のデメリット2つ目は、「相手に話を合わせすぎて疲れる」です。

人と話す仕事の多くは、「お客様の話を聞く」ことです。

話を聞いている中には、「負の感情」を含んだ話で自分自身もネガティブになり、疲れることも多いそうです。

 

デメリット③:お客様からのクレームがある

人と話せる仕事のデメリット3つ目は、「お客様からのクレームがある」です。

人と話す仕事をしている中で大変なことが「クレームの対応」です。

時には理不尽に起こってくる人もいるため、人と話す仕事ではかなりの疲労の原因になります。

人と話すことで、嬉しく感じることも多いですが、その分疲れることもあるようですね。

「就活の教科書」編集部 采耶

 

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

まとめ:人と話す/しゃべる仕事は自分に合ったものを選ぼう

本記事「【高年収/土日休み】おすすめの人と話す仕事/職業一覧 | 向いている人の特徴,デメリットも」はいかがだったでしょうか?

この記事では、人と話す仕事について紹介しました。

合わせて、人と話す高収入な仕事土日が休みの人と話す仕事一覧人と話す仕事に向いている人の特徴、さらに人と話す仕事のメリット/ デメリットにについても紹介しました。

最後に、今回の内容を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆人と話すのが好きな人におすすめの仕事/職業15選

  • 仕事①:営業職(平均年収:480万円)
  • 仕事②:販売職(平均年収:375万円)
  • 仕事③:飲食店スタッフ(平均年収:350万円)
  • 仕事④:講師業(平均年収:420万円)
  • 仕事⑤:介護職(平均年収:440万円)
  • 仕事⑥:看護師(平均年収:492万円)
  • 仕事⑦:カウンセラー(平均年収:353万円)
  • 仕事⑧:美容師(平均年収:340万円)
  • 仕事⑨:就職・転職エージェント(平均年収:510万円)
  • 仕事⑩:ホテルマン(平均年収:368万円)
  • 仕事⑪:保育士(平均年収:314万円)
  • 仕事⑫:コールセンター(平均年収:471万円)
  • 仕事⑬:アナウンサー(平均年収:682万円)
  • 仕事⑭:スポーツトレーナー(平均年収:356万円)
  • 仕事⑮:キャビンアテンダント(平均年収:496万円)

◆人と話す高収入な仕事ランキング一覧

◆土日が休みの人と話す仕事一覧

◆人と話す/しゃべる仕事に向いている人の特徴

  • 特徴①:沈黙が苦手な人
  • 特徴②:明るい人
  • 特徴③:積極的に行動できる人

◆ 人と話す仕事のメリット

  • メリット①:お客様に直接感謝されやすい
  • メリット②:コミュニケーション能力が身に付く
  • メリット③:礼儀や身だしなみへの意識が高まる

◆人と話す仕事のデメリット

  • デメリット①:多くの人と知り合うことでストレスになる
  • デメリット②:相手に話を合わせすぎて疲れる
  • デメリット③:お客様からのクレームがある

◆まとめ:人と話す/しゃべる仕事は自分に合ったものを選ぼう