【もう辞めたい…】インターンシップがつらい時の対処法3つ | 参加者の声,原因も紹介

【もう辞めたい...】インターンシップがつらい時の対処法3つ | 原因も紹介

サイト監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career)

この記事でわかること

こんにちは。「就活の教科書」編集長の岡本恵典です。
この記事では、インターンがつらい時の対処法について解説します。
あなたは、インターンに参加してつらいと感じた経験はありますか?

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

就活生くん

僕はこの前インターンに参加したのですが、周りの就活生に圧倒されて、つらい気持ちでいっぱいでした。

就活生ちゃん

私は長期インターンをしているのですが、社員さんに怒られてばかりでつらいです。
インターンを辞めたいとも思いますが、始めたばかりですぐ辞めると、悪い評価をされないか不安です…

インターンで社員さんに怒られたり、嫌なことがあると、つらい気持ちになりますよね…
しかし、辛い気持ちをうまく対処できれば、インターンで活躍でき、高評価につながる可能性がありますよ。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

そこでこの記事では、インターンがつらい時の対処法を解説します。

合わせて、インターンをつらいと感じる理由や、実際につらいと感じた就活生の声も紹介します。

この記事を読めば、「インターンがつらいから、もう辞めたい…」と悩むこともなくなります。

「インターンをなんとか最後まで続けて、社員に高評価されたい!」そんな就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

先に伝えておくと「インターンに行きたいけど、どこで探そう…」と悩んでいる方はインターンシップガイド」を使うのが一番おすすめです。

インターンシップガイドは、大手~ベンチャーまでたくさんの企業のインターンを掲載しており、自分の行きたいインターンを簡単に見つけられますよ。

また「自分の専攻を活かせる隠れホワイト企業を探したい!」なら、プロフィール次第で優良企業からスカウトが来るキャリアチケットスカウト「自分に合うどの業界・企業がわからない…」なら、あなたの適職が分かるLINE適職診断を使うのが一番おすすめです。

さらに「自分に合う優良企業を紹介してほしい」なら、あなたに合う隠れ優良企業をプロから教えてもらえるスタキャリ(24卒)レバテックルーキー(ITエンジニア就活特化)がおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

就職活動に役立つサイト(無料)

\ インターンを探せるおすすめサイト /

\ インターンに役立つサイト /

\ あなたに合う隠れ優良企業を紹介してくれるサイト /

*参考:就活サイトおすすめ40選

「どのサービスを使えば良いかわからない…」と悩んでいる方は「インターンシップガイド」「キャリアチケットスカウト」を併用して使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

 

インターンをつらいと感じる就活生は多い

就活生くん

インターンに参加しても、怒られたり、周りの就活生に圧倒されて、いつもつらい気持ちになります。
こんな風にインターンがつらいと感じているのは、自分だけなんでしょうか…?

インターンをつらいと感じている就活生は、意外にも多いです。
なので、インターンに参加するのがつらいと感じているのは、あなただけではありませんよ。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

「価値観が合わない」「周りの就活生に圧倒される」などの原因から、インターンをつらいと感じる就活生は多いです。

一度つらいと感じると、その後のインターンに参加するのも億劫になり、休んでしまうこともあります。

しかしインターンを休んでしまうと、高評価されない早期選考に案内されないなど、メリットの多くを失ってしまいます。

そのため、つらい気持ちを上手に対処して、インターンに参加した方が良いです。

就活が実際、つらいと感じた就活生の声を紹介しますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 


インターンをつらいと感じた就活生の声

実際にインターンをつらいと感じた就活生の声を紹介しますね。
インターンをつらいと感じている就活生は、本当に多いです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

インターンをつらいと感じた就活生の声
  • 就活生①:思考力の差を見せつけられてつらい
  • 就活生②:そもそもESが通らなくてつらい
  • 就活生③:悪い評価がされていないか不安でつらい
  • 就活生④:インターン先でミスをしてしまいつらい
  • 就活生⑤:プライベートの予定が入れることができなくてつらい

 

就活生①:思考力の差を見せつけられてつらい

インターンで自分との差が大きすぎると、インターンを怖く感じてしまうこともあります。

インターンに恐怖を感じている人は、インターンが怖いと感じる時の対処法が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

就活生②:そもそもESが通らなくてつらい

選考のあるインターンでは、エントリーシート(ES)の提出や、WEBテストの受験などを求められます。
あらかじめ選考対策をしておかないと、インターンの選考も落ちてしまうので注意が必要です。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

就活生③:悪い評価がされていないか不安でつらい


あまり気にしておどおどしていると、パフォーマンスが悪くなり、逆に評価が悪くなってしまいます。

目の前の課題を上手にこなすことに集中すると、不安も忘れますよ。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

就活生④:インターン先でミスをしてしまいつらい


インターン先でミスをしてしまうと落ち込みますよね。

次にインターンに行った時、もう一度謝って同じミスをしないようにしましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

就活生⑤:プライベートの予定が入れることができなくてつらい

プライベートの予定が入れることができないのは辛いのは分かります。

しかし、「この企業の内定に近づいている」と思って頑張りましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

インターンに関するよくある質問については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

 

具体的な対処法を知る前に、まずはインターンがつらいと感じる理由を知っておくことが大切です。
つらいと感じる理由を知ることで、具体的な対処法を実践できるからです。
それでは次に、インターンをつらいと感じる理由を紹介しますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

「インターンシップに参加したいけど、どこで探せば良いかわからない…」という方はインターンシップガイドを使うのが一番おすすめです。

日本最大の掲載企業数で、大手~ベンチャー人気企業のインターンシップを見つけられるので、志望業界に合わせて簡単に探せます。

「インターンを早く見つけて他の就活生よりも有利になりたい!」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

ちなみに「どの企業のインターンに行くべきかわからない…」という方は、インターンシップ診断を使って診断してみるのもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

>> インターンシップガイドを見てみる

>> インターンシップ診断で診断してみる

当サイトがおすすめするインターンシップを探せるサイトは以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 


【つらくない!】あなたに合った優良インターンシップの見つけ方

就活生くん

隠れ優良企業のインターンを見つけたいのですが、イマイチ見つけ方がわかりません。

何か良い方法はないのでしょうか?

大手企業のインターンならすぐに探せますが、優良企業のインターンシップはなかなか見つけにくいですよね。

結論から言うと、優良企業のインターンも簡単に見つけられます。

そこでここでは、あなたに合う隠れ優良企業のインターンの見つけ方を特別に紹介しますね。

就活アドバイザー 京香

インターンシップのオススメな見つけ方
  • 見つけ方:就活情報サイトから見つける
  • 見つけ方:逆求人サイト(アプリ)であなたに合う優良企業を見つける
  • 見つけ方:IT志望なら、就活のプロに優良IT企業を紹介してもらう
  • 見つけ方:大学のキャリアセンターを利用する
【結論】優良企業のインターンシップを見つける方法

◆ インターンシップ情報サイトから見つけたいなら以下のサービスがおすすめ!

◆ あなたの価値観に合う企業のインターンシップを見つけたいなら以下のサービスがおすすめ!

◆ IT業界の優良企業のインターンシップを見つけたいなら以下のサービスがおすすめ!

インターンシップの見つけ方にはいくつかありますが、自分に合った見つけ方で探しましょう!

それではインターンシップの見つけ方について1つずつ詳しく解説していきます!

就活アドバイザー 京香

 

見つけ方:就活情報サイトから見つける

優良インターンシップのオススメな見つけ方は「就活情報サイトから探す」です。

大手の就活情報サイトなら特に、ほとんどの業界の企業を掲載しているので、幅広い企業を比較して選ぶことができます。

また、業種・業界・実施期間を検索すると、当てはまる企業の一覧を見ることができるので、インターンシップの選び方が非常に効率的になります。

数ある就活情報サイトの中から、隠れ優良企業のインターンシップを見つけるなら、インターンシップガイドを使うのが一番おすすめです。

インターンシップガイドを使うと、日本最大の掲載企業数なので、意外と知られていない優良企業のインターン情報をゲットできます。

大手などの有名企業などのインターンもあります。

大学1年生からも利用可能で、有給・長期・職種・業界なども検索でき、早期選考につながるインターンを探せますよ。

就活アドバイザー 京香

長期おすすめ③:インターンシップガイド

インターンシップガイドのおすすめポイント
  • 日本最大のインターン掲載企業数
  • 超大手~ベンチャー企業の隠れ優良企業のインターンシップが見つかる
  • 大学1年生や2年生からでもインターンを探せる

>> インターンシップガイドを試してみる

 

私も利用して優良企業のインターンシップを見つけられました。

インターンシップ参加は業界・企業研究にも役立つため、早期内定を狙う方にも非常におすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

 

見つけ方:逆求人サイト(アプリ)であなたに合う優良企業を見つける

優良インターンシップのオススメな見つけ方は「逆求人サイト(アプリ)であなたに合う優良企業を見つける」です。

逆求人アプリを使うことで、あなたのプロフィールを見た企業からスカウトが来るので、あなたにぴったりな優良企業のインターンにも参加できます。

また、オファーを貰った企業の選考には、Webテスト免除や一次選考免除などの特典が付いている場合もあります。

そのため、就活をかなり有利に進められますよ。

数ある逆求人アプリの中でも特におすすめなのが、キャリアチケットスカウトです。

キャリアチケットスカウトは、あなたの価値観を診断できるので、あなたの強みを活かせる隠れ優良企業と出会えます。

「自分らしく働きたい!」と思っている方は、ぜひ利用してみてくださいね。

キャリアチケットスカウトには以下のような特徴がありますよ。

就活アドバイザー 京香

キャリアチケットスカウトのおすすめポイント
  • 「あなたの価値観に合った企業」を紹介してくれる
  • スカウトから短期選考やインターンシップへの優先招待などがある
  • あなたの価値観を考えたかなり詳しい自己分析診断ができる

>> キャリアチケットスカウトを試してみる

 

「スカウトがもらえるか不安…」「キャリアチケットスカウトって実際どう?」など不安な方は、ぜひ以下の記事も参考にしてみてくださいね。

キャリアチケットスカウトを利用すべき就活生の特徴や、利用するメリットなどについて詳しく解説しています。

就活アドバイザー 京香

 

見つけ方:IT志望なら、就活のプロに優良IT企業を紹介してもらう

優良インターンシップのオススメな見つけ方は「IT志望なら、就活のプロに優良IT企業を紹介してもらう」です。

ITエンジニアやWebエンジニア、AIエンジニアになれる優良企業を見つけるなら、IT就活に特化した就活のプロに頼るのが良いです。

IT就活のプロに任せることで、あなたが生き生きと働ける優良IT企業やインターンを紹介してくれ、IT企業特有の選考対策まで対応してくれます。

そのため、ITの優良企業を探すなら、ITエンジニア就職を目指せるサービスを使ってみてくださいね。

数ある就活サービスの中で、優良IT企業に一番強いのはレバテックルーキーです。

レバテックルーキーは、レバテック株式会社が運営するITエンジニア就活に特化した就職エージェントです。

ITエンジニア就活のプロが、あなたに合った優良IT企業を紹介してくれます。

レバテックルーキーを使うと、Fラン就活生でもIT未経験でも、選考を突破できる対策もしてくれるので、優良IT企業に就職できる可能性が高くなりますよ。

就活アドバイザー 京香

レバテックルーキーのおすすめポイント
  • ポイント①:5,000社以上の大手~優良IT企業の中からあなたに合う企業を紹介してくれる
  • ポイント②:IT業界の豊富な人脈/ノウハウがあるプロに相談できる
  • ポイント③:IT企業向けのES添削・ポートフォリオ作成のサポートあり
  • ポイント④:志望度の高い企業の社員と面談のチャンスがもらえる

>> レバテックルーキーで優良IT企業を紹介してもらう

 

「レバテックルーキー」の就活生の評判についてはこの記事で紹介していますので、合わせて参考にしてください。

 

見つけ方:大学のキャリアセンターを利用する

優良インターンシップのオススメな見つけ方は「大学のキャリアセンターを利用する」です。

キャリアセンターは今まで多くの就活生の相談をしてきた就活のプロフェッショナルであり、その大学の学生に特化した情報をもとにインターンシップを紹介してくれます。

「この学部の学生は〇〇業界に就職したから、〇〇業界のインターンシップがオススメ」と先輩たちの過去の情報をもとに自分に合ったインターンシップを紹介してくれます。

インターンシップで行きたい業界や職種が決められていない方は、キャリアセンターの人に相談して、自身のインターンシップの選び方を明確にしましょう。

キャリアセンターのデメリットとしては、過去の先輩たちの情報に依存しているので、紹介している企業が地元の企業であったリ、企業数が少ない場合があります。

また、学校によっては予約制の場合もあるので、キャリアセンターのホームページを一度見ておきましょう。

「キャリアセンターって本当に良いの?」という方は、以下の記事で詳しく解説しているので合わせて読んでみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

 

\あなたは強者?それとも就活苦手? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

インターンをつらいと感じる原因

就活生くん

そもそも、インターンがつらいと感じるのはなんでだろう。

就活をする前までは、あんなにもインターンへのやる気があったのに…

やる気はあるのに、インターンがつらいと感じるのは不思議ですよね。
インターンをつらいと感じる原因には、次の3つがあります。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

インターンをつらいと感じる原因
  • 原因①:価値観が合っていないから
  • 原因②:思うように成果が出せないから
  • 原因③:実際の仕事がつまらないから

それでは、インターンがつらいと感じる原因をそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

原因①:価値観が合っていないから

インターンがつらいと感じる原因1つ目は、「価値観が合っていないから」です。

社風や社員の雰囲気が、あなたの性格と合っていない場合、インターンをつらいと感じやすいです。

しかし苦手な性格の人や、考え方の合わない人なんて誰にでもいます。

そのため、価値観が合わずインターンがつらいと感じることは、ごく自然なことです。

価値観が合わずインターンがつらいと感じる場合は、価値観の合う先輩や同僚を探してみましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

原因②:思うように成果が出せないから

インターンがつらいと感じる原因2つ目は、「思うように成果が出せないから」です。

インターンは実務をこなす必要があり、社員同様の仕事を求められる場合もあります。

大学生活とは異なり、社会人としてインターンに参加する必要があるため、思うように成果を出せない場合は、インターンがつらいと感じてしまいます。

インターンに参加する時は、自分に合った仕事ができる企業を選ぶことが大切です。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

原因③:実際の仕事がつまらないから

インターンがつらいと感じる原因3つ目は、「実際の仕事がつまらないから」です。

楽しい仕事を想像していたのに、実際の仕事がつまらなかった場合、インターンがつらいと感じることもあります。

そのため、インターンに参加する前には、実際にどのような業務をするのか調べておくことが重要です。

インターンによっては本当につまらない内容のものもありますよね!

つまらないインターンには行きたくないという人は、つまらないインターンを避ける方法が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

インターンがつらい時の対処法

就活生ちゃん

どうしても長期インターンを辞めたいほどつらいのですが、なんとか続けた方が良いと家族に言われ、悩んでいます。
長期インターンがつらい時には、どうすれば良いでしょうか…?

インターンがつらい時には、以下の対処法を試してみてください。
つらい気持ちが収まり、前向きにインターンに参加できるかもしれません。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

インターンがつらい時の対処法
  • 対処法①:社員に相談する
  • 対処法②:趣味に使う時間を増やし、ストレスを解消する
  • 対処法③:インターンを辞めてみる

それでは、インターンがつらい時の対処法をそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

対処法①:社員に相談する

インターンがつらい時の対処法1つ目は、「社員に相談する」です。

インターンがつらいと感じていることを社員に相談してみることで、労働内容や人間関係など、配慮をしてもらえる可能性があります。

また悩みを他人に打ち明けることで、インターンに対するストレスを抱え込まずに済みます。

そのため、インターンがつらい場合は、まずは社員に相談してみましょう。

相談できる社員がいない場合は、インターン先の友達や、家族などでも構いません。
とにかく、つらい気持ちを誰かに相談してみることが大切です。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

対処法②:趣味に使う時間を増やし、ストレスを解消する

インターンがつらい時の対処法2つ目は、「趣味に使う時間を増やし、ストレスを解消する」です。

趣味に時間を使うことで、インターンと休日のオンオフを区別でき、つらい気持ちをコントロールできる可能性があります。

例えば、「好きな映画を見る」「友達と旅行に行く」など、趣味に使う時間を増やしてみましょう。

僕は数百人の就活生と面談をしてきましたが、インターンを長く続けられている学生は、オンオフをしっかりと切り替えられる人が多いです。
そのため、インターンで働く日は働く、休む日は休むといったように、区切りをつけることが大切です。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

対処法③:インターンを辞めてみる

インターンがつらい時の対処法3つ目は、「インターンを辞めてみる」です。

どうしてもインターンがつらいと感じる場合は、思い切ってインターンを辞めてみるのも良いでしょう。

貴重な学生時代に、1つのインターンに固執する必要はありません。

他のインターンやアルバイトに参加してみることで、自分に向いているインターン先が見つかる可能性もあります。

インターンに限らず、就活自体がつらい・しんどいと感じてしまうのはおかしなことではありません。

自分の将来がわからない中、就活に向き合おうとしているからこそしんどい状態になるんですね。

「就活がつらい・しんどい」と感じている就活生は、同じような経験をした先輩のアドバイスを見て、気持ちを楽にしてください。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

さらにインターンシップに関する悩みとその悩みの解決策について以下の記事で詳しく解説しています。
インターンシップで悩みを抱えている就活生は、悩みが解決されるのでぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

ちなみに、「就活の教科書」でもWebコンテンツを作成するインターン生を募集しています。
インターン内容の詳細については、以下の記事で詳しく紹介しているので、興味のある人はぜひ応募してみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

 

内定者がおすすめするインターンシップに役立つサイト

就活生くん

インターンシップに参加してみたいけど、たくさんありすぎてどこから参加していいかわからないです・・・

インターンシップを見つけられるサイトがあれば教えてください。

インターンシップに役立つサイトとして「インターンシップガイド」と「キャリアチケットスカウト」が最もおすすめですね。

インターンシップガイドは全国47都道府県のインターン情報があり、日本最大の掲載企業数を誇るインターンシップサイトです。

インターン選考通過のノウハウや、体験記もあるので自分のいきたいインターンシップを見つけられます。

キャリアチケットスカウトは5つの質問に答えるだけであなたのキャリアに対する考えがわかり、あなたらしく働ける優良企業に出会えるスカウトサイトです。

プロフィール登録をするだけで、インターンシップへのスカウトが企業から届きますよ。

就活アドバイザー 京香

>> インターンシップガイドでインターンを見つけてみる

>> キャリアチケットスカウトでインターンシップスカウトを受けてみる

その他のインターンシップが探せるサイトはこちらの記事でまとめているので、あなたに合ったインターンシップを見つけてみてくださいね。

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

まとめ:インターンがつらい時は、社員に相談してみよう

この記事では、インターンがつらい時の対処法を解説しましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、インターンをつらいと感じる理由や、実際につらいと感じた就活生の声も紹介しました。

この記事の内容をまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典

インターンがつらい時の対処法まとめ

インターンをつらいと感じた就活生の声

  • 就活生①:思考力の差を見せつけられてつらい
  • 就活生②:そもそもESが通らなくてつらい
  • 就活生③:悪い評価がされていないか不安でつらい
  • 就活生④:インターン先でミスをしてしまいつらい
  • 就活生⑤:プライベートの予定が入れることができなくてつらい

インターンをつらいと感じる原因

  • 原因①:価値観が合っていないから
  • 原因②:思うように成果が出せないから
  • 原因③:実際の仕事がつまらないから

インターンがつらい時の対処法

  • 対処法①:社員に相談する
  • 対処法②:趣味に使う時間を増やし、ストレスを解消する
  • 対処法③:インターンを辞めてみる

インターンがつらいと感じる場合は、まずはつらいと感じている原因を知ることが大切です。
そしてこの記事で紹介した対処法を実践して、インターンに前向きに取り組んでみましょう。
どうしてもインターンがつらい場合には、思い切って辞めてみるのも1つの手段ですよ。

「就活の教科書」では他にも、就職活動に関する記事をたくさん掲載しています。
合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本恵典