>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【もう辞めたい…】インターンがつらい時の対処法3つ | 原因も紹介

こんにちは。「就活の教科書」編集長の岡本です。
この記事では、インターンがつらい時の対処法について解説します。
あなたは、インターンに参加してつらいと感じた経験はありますか?

「就活の教科書」編集長 岡本

就活生くん

僕はこの前インターンに参加したのですが、周りの就活生に圧倒されて、つらい気持ちでいっぱいでした。

就活生ちゃん

私は長期インターンをしているのですが、社員さんに怒られてばかりでつらいです。
インターンを辞めたいとも思いますが、始めたばかりですぐ辞めると、悪い評価をされないか不安です…

インターンで社員さんに怒られたり、嫌なことがあると、つらい気持ちになりますよね…
しかし、辛い気持ちをうまく対処できれば、インターンで活躍でき、高評価につながる可能性がありますよ。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

そこでこの記事では、インターンがつらい時の対処法を解説します。

合わせて、インターンをつらいと感じる理由や、実際につらいと感じた就活生の声も紹介します。

この記事を読めば、「インターンがつらいから、もう辞めたい…」と悩むこともなくなります。

「インターンをなんとか最後まで続けて、社員に高評価されたい!」そんな就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

インターンをつらいと感じる就活生は多い

就活生くん

インターンに参加しても、怒られたり、周りの就活生に圧倒されて、いつもつらい気持ちになります。
こんな風にインターンがつらいと感じているのは、自分だけなんでしょうか…?

インターンをつらいと感じている就活生は、意外にも多いです。
なので、インターンに参加するのがつらいと感じているのは、あなただけではありませんよ。

「就活の教科書」編集長 岡本

「価値観が合わない」「周りの就活生に圧倒される」などの原因から、インターンをつらいと感じる就活生は多いです。

一度つらいと感じると、その後のインターンに参加するのも億劫になり、休んでしまうこともあります。

しかしインターンを休んでしまうと、高評価されない早期選考に案内されないなど、メリットの多くを失ってしまいます。

そのため、つらい気持ちを上手に対処して、インターンに参加した方が良いです。

具体的な対処法を知る前に、まずはインターンがつらいと感じる理由を知っておくことが大切です。
つらいと感じる理由を知ることで、具体的な対処法を実践できるからです。
それでは次に、インターンをつらいと感じる理由を紹介しますね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

インターンをつらいと感じる原因

就活生くん

そもそも、どうしてインターンがつらいと感じるのでしょうか。
就活をする前までは、あんなにもインターンへのやる気があったのに…

やる気はあるのに、インターンがつらいと感じるのは不思議ですよね。
インターンをつらいと感じる原因には、次の3つがあります。

「就活の教科書」編集長 岡本

インターンをつらいと感じる原因
  • 原因①:価値観が合っていないから
  • 原因②:思うように成果が出せないから
  • 原因③:実際の仕事がつまらないから

それでは、インターンがつらいと感じる原因をそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

原因①:価値観が合っていないから

インターンがつらいと感じる原因1つ目は、「価値観が合っていないから」です。

社風や社員の雰囲気が、あなたの性格と合っていない場合、インターンをつらいと感じやすいです。

しかし苦手な性格の人や、考え方の合わない人なんて誰にでもいます。

そのため、価値観が合わずインターンがつらいと感じることは、ごく自然なことです。

価値観が合わずインターンがつらいと感じる場合は、価値観の合う先輩や同僚を探してみましょう。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

原因②:思うように成果が出せないから

インターンがつらいと感じる原因2つ目は、「思うように成果が出せないから」です。

インターンは実務をこなす必要があり、社員同様の仕事を求められる場合もあります。

大学生活とは異なり、社会人としてインターンに参加する必要があるため、思うように成果を出せない場合は、インターンがつらいと感じてしまいます。

インターンに参加する時は、自分に合った仕事ができる企業を選ぶことが大切です。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

原因③:実際の仕事がつまらないから

インターンがつらいと感じる原因3つ目は、「実際の仕事がつまらないから」です。

楽しい仕事を想像していたのに、実際の仕事がつまらなかった場合、インターンがつらいと感じることもあります。

そのため、インターンに参加する前には、実際にどのような業務をするのか調べておくことが重要です。

インターンによっては本当につまらない内容のものもありますよね!

つまらないインターンには行きたくないという人は、つまらないインターンを避ける方法が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

インターンがつらい時の対処法

就活生ちゃん

どうしても長期インターンを辞めたいほどつらいのですが、なんとか続けた方が良いと家族に言われ、悩んでいます。
長期インターンがつらい時には、どうすれば良いでしょうか…?

インターンがつらい時には、以下の対処法を試してみてください。
つらい気持ちが収まり、前向きにインターンに参加できるかもしれません。

「就活の教科書」編集長 岡本

インターンがつらい時の対処法
  • 対処法①:社員に相談する
  • 対処法②:趣味に使う時間を増やし、ストレスを解消する
  • 対処法③:インターンを辞めてみる

それでは、インターンがつらい時の対処法をそれぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

対処法①:社員に相談する

インターンがつらい時の対処法1つ目は、「社員に相談する」です。

インターンがつらいと感じていることを社員に相談してみることで、労働内容や人間関係など、配慮をしてもらえる可能性があります。

また悩みを他人に打ち明けることで、インターンに対するストレスを抱え込まずに済みます。

そのため、インターンがつらい場合は、まずは社員に相談してみましょう。

相談できる社員がいない場合は、インターン先の友達や、家族などでも構いません。
とにかく、つらい気持ちを誰かに相談してみることが大切です。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

対処法②:趣味に使う時間を増やし、ストレスを解消する

インターンがつらい時の対処法2つ目は、「趣味に使う時間を増やし、ストレスを解消する」です。

趣味に時間を使うことで、インターンと休日のオンオフを区別でき、つらい気持ちをコントロールできる可能性があります。

例えば、「好きな映画を見る」「友達と旅行に行く」など、趣味に使う時間を増やしてみましょう。

僕は数百人の就活生と面談をしてきましたが、インターンを長く続けられている学生は、オンオフをしっかりと切り替えられる人が多いです。
そのため、インターンで働く日は働く、休む日は休むといったように、区切りをつけることが大切です。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

対処法③:インターンを辞めてみる

インターンがつらい時の対処法3つ目は、「インターンを辞めてみる」です。

どうしてもインターンがつらいと感じる場合は、思い切ってインターンを辞めてみるのも良いでしょう。

貴重な学生時代に、1つのインターンに固執する必要はありません。

他のインターンやアルバイトに参加してみることで、自分に向いているインターン先が見つかる可能性もあります。

ちなみに、「就活の教科書」でもWebコンテンツを作成するインターン生を募集しています。
インターン内容の詳細については、以下の記事で詳しく紹介しているので、興味のある人はぜひ応募してみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

インターンをつらいと感じた就活生の声

最後に、実際にインターンをつらいと感じた就活生の声を紹介しますね。
インターンをつらいと感じている就活生は、本当に多いです。

「就活の教科書」編集長 岡本

インターンをつらいと感じた就活生の声
  • 就活生①:思考力の差を見せつけられてつらい
  • 就活生②:そもそもESが通らなくてつらい

 

就活生①:思考力の差を見せつけられてつらい

インターンで自分との差が大きすぎると、インターンを怖く感じてしまうこともあります。

インターンに恐怖を感じている人は、インターンが怖いと感じる時の対処法が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

就活生②:そもそもESが通らなくてつらい

選考のあるインターンでは、エントリーシート(ES)の提出や、WEBテストの受験などを求められます。
あらかじめ選考対策をしておかないと、インターンの選考も落ちてしまうので注意が必要です。

「就活の教科書」編集長 岡本

 

インターンに関するよくある質問については、以下の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてくださいね。

 

 

まとめ:インターンがつらい時は、社員に相談してみよう

この記事では、インターンがつらい時の対処法を解説しましたが、いかがだったでしょうか。

合わせて、インターンをつらいと感じる理由や、実際につらいと感じた就活生の声も紹介しました。

この記事の内容をまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集長 岡本

インターンがつらい時の対処法まとめ

インターンをつらいと感じる原因

  • 原因①:価値観が合っていないから
  • 原因②:思うように成果が出せないから
  • 原因③:実際の仕事がつまらないから

インターンがつらい時の対処法

  • 対処法①:社員に相談する
  • 対処法②:趣味に使う時間を増やし、ストレスを解消する
  • 対処法③:インターンを辞めてみる

インターンをつらいと感じた就活生の声

  • 就活生①:思考力の差を見せつけられてつらい
  • 就活生②:そもそもESが通らなくてつらい

インターンがつらいと感じる場合は、まずはつらいと感じている原因を知ることが大切です。
そしてこの記事で紹介した対処法を実践して、インターンに前向きに取り組んでみましょう。
どうしてもインターンがつらい場合には、思い切って辞めてみるのも1つの手段ですよ。

「就活の教科書」では他にも、就職活動に関する記事をたくさん掲載しています。
合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集長 岡本