適性検査ヒューマネージ社のテストセンターとは?問題と対策を解説

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事を読めばわかること
  • ヒューマネージ社のテストセンターとは、専用会場で受けるTG-WEBのこと
  • ヒューマネージ社のテストセンターの言語は長文が出題され、時間制限が厳しい
  • ヒューマネージ社のテストセンターの非言語は、玉手箱に似た問題が出題される
  • ヒューマネージ社のテストセンターは大企業で実施されている
  • ヒューマネージ社のテストセンター の対策には、SPI頻出問題集(LINEで無料配布)を使うのがおすすめ

 

「ヒューマネージ社のテストセンターを課されたけど、ヒューマネージ社とは?」と思っている皆さん。この記事では、ヒューマネージ社のテストセンターとは何か・どんな問題が出題されるのかといった概要について紹介していきます。
この記事を読むだけでヒューマネージ社のテストについてわかるので、今すぐ読んでみてください。

 

先に伝えると「SPIやWebテストで落ちたくない!」という方は、SPI頻出問題集を同時に使うのが一番おすすめです。

同時に使うと、苦手な単元の演習ができたり、性格検査で時間切れになって落ちる心配がなくなるので、面接対策に専念できるようになります。

「第一志望企業のWebテストはなんとしても通過したい!」という方は、すでに多くの就活性がこの方法で対策しているので、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> SPI頻出問題集を使ってみる(公式LINEで配布)

 

 

ヒューマネージ社のテストセンター(適性検査)とは?

就活生ちゃん

適性検査に、ヒューマネージ社のテストセンターというものがあると聞きました。

ヒューマネージの適性検査とは何ですか?

ヒューマネージ社は人材採用サービスを提供する会社で、就職試験を企業向けに提供しています。

ヒューマネージの適性検査は「TG-WEB」と呼ばれており、テストセンター方式、自宅WEB方式、マークシート方式の3種類の受験方式があります。

従来は自宅WEB方式のみでしたが、現在はテストセンターでも受験できるようになりました。

 

専用会場でTG-WEBを受験するWEBテストのこと

ヒューマネージ社のテストセンターとは、専用会場でTG-WEBを受験するWEBテストのことを指します。

そのため従来のTG-WEBとの違いは「専用会場で受験するか自宅で受験するか」という受験場所の違いです。

ヒューマネージ社のテストセンターでは、言語・計数・適性検査が出題され、企業によっては英語も出題されます。

またヒューマネージ社のテストセンターはSPIと比べて難易度が高いので、しっかり対策をしてから望むようにしましょう。

 

ヒューマネージ社のテストセンターの出題内容

ヒューマネージのテストセンターは①性格検査(適性検査)、②言語、③計数で構成されます。

性格検査(適性検査)は事前に自宅で受験し、言語・計数はテストセンター会場で受験します。

科目 制限時間
性格検査(適性検査) 事前に自宅受験
言語 30問・15分
計数 四則演算 40問・8分
図表の読み取り・推論 12問・15分

ここからは言語・計数の2つの科目の出題内容・対策方法について紹介していきます。

 


ヒューマネージ社のテストセンター(適性検査):言語

ヒューマネージ社のテストセンターの言語では8つの長文が出題され約30問の問いに解答します。制限時間は15分です。

出題形式は長文のみですが2種類の長文が課されます。

前半は1つの長文に対して4つの小問が出題されます。そしてその小問が正しい・誤り・どちらともいえないのどれに該当するか選択していきます。

後半も前半と同様に1つの長文に対して4つの小問が出題されます。その小問それぞれが筆者が最も言いたいことである・本文に書かれているが最も言いたいことではない・本文に書かれていないの3択のうちどれにあてはまるかを解答します。

極端に難しい問題が課されるわけではありませんが、1問あたり30秒ほどで解答しなければならないので時間との勝負になります。

短い時間の中で効率的に解答するために、事前にTG-WEBの問題を解いておきましょう

また本番では前の問題に戻って解答することが可能なので、わからない問題があったら止まらず次の問題に進むことがポイントです。

 

 

ヒューマネージ社のテストセンター(適性検査):計数

ヒューマネージ社のテストセンターの計数は2部構成になっており、第1部では四則演算第2部では図表の読み取り推論が出題されます。

 

第1部 四則演算

四則演算は8分間で40問出題されます。

問題としては一般的な四則演算ですが、ヒューマネージ社のテストセンターでは電卓の使用は禁止されているので、時間内に終わらせるためには相当な勉強が必要です。

四則演算は玉手箱の問題集にも掲載されているので、多くの問題をこなし速く解ける解法を覚えるようにしましょう。

 

第2部 図表の読み取り・推論

第2部では図表の読み取りと推論が合わせて12題出題され、制限時間は15分です。

図表の読み取りは玉手箱で出題される形式と同じです。

しかしヒューマネージ社のテストセンターでは電卓を使用できないため、大きな数を自分で計算しなければなりません。

そのため、できるだけ計算を楽にするためにおおよその値で計算するようにしましょう。

玉手箱の問題を解くときに電卓を使わず自力で解いてみることが1番良い対策方法であるといえます。

また推論は与えられた文章から推測して解答を導き出します。これはSPIの非言語で出題される推論と非常によく似ているので、SPI対策も行うとより高得点が狙えるでしょう。

 

例題

ヒューマネージ社のテストセンターの問題はTG-WEBと同じです。

以下の記事で例題を紹介しているので、読んでみて下さい。

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

ヒューマネージ社のテストセンター(適性検査)を実施する企業

就活生くん

ヒューマネージのテストセンターを実施している企業ってどこですか?

ここまではテストの内容について紹介してきましたが、ヒューマネージ社のテストセンターが課される企業はどこか気になっている方も多いのではないでしょうか?

そこでヒューマネージ社のテストセンターを実施したことのある企業を紹介していきます。

ヒューマネージ社のテストセンターは就活で出題されるWebテストの中でも高難易度なので、以下の表に掲載されている企業を志望している方は、今すぐ対策を始めましょう!

【ヒューマネージ実施企業】
東京海上日動火災保険
モルガンスタンレー証券
東急不動産
日本ハム
セイコーウオッチ
コニカミノルタ
大成建設
ジェイテクト

 

「SPIやWebテストで第一志望企業の選考に落ちたくない!」という方はSPI頻出問題集」「キミスカ適性検査の同時利用が一番おすすめです。

同時に使うことで、SPIやWebテストの苦手分野を簡単に演習でき、性格検査をお試しで受けて練習することができます。

すでに多くの就活性が使っているので、SPIやWebテストの選考を突破したい方は、ぜひ両方とも利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> SPI頻出問題集を受け取る(公式LINE)

>> キミスカ適性検査で性格検査を練習する

 

SPIやWebテストに関する詳しい解説は、以下の記事でまとめているので、興味のある就活生はぜひ読んでみてくださいね。

 

「WebテストやSPIで落ちるかもしれない」「対策が間に合わず、手遅れになりそう…」と悩んでいるなら「SPI頻出問題集」が便利です。

SPI頻出問題集は公式LINEに登録することで無料で受け取れます。

頻出問題と丁寧な解説、頻繁に使われる単語をまとめているので、Webテスト対策に活用してください。

>>SPI頻出問題集を受け取る

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

ヒューマネージ社のテストセンターの答え・解答集の入手方法

就活生くん

ヒューマネージのテストセンターの答え一覧はありませんか?

結論から言うと、ヒューマネージのテストセンターの答え一覧はあります。

以下の記事でTG-WEBの答え・解答集の入手方法を紹介しているので、参考にしてください。

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

まとめ:ヒューマネージ社のテストセンター(適性検査)を受ける上でのポイント

この記事ではヒューマネージ社のテストセンターとは何か・具体的な出題内容・対策方法について紹介してきましたがいかがでしたか?

ヒューマネージ社のテストセンターとTG-WEBの違いは、専用会場で受けるか自宅で受けるか、受験場所の違いです。

そのためTG-WEBの対策を行うことは必須です。

くわえてヒューマネージ社のテストセンターの非言語は、他のテストと比べて非常に難易度が高いテストです。

そのためTG-WEBの対策だけではなく、玉手箱の四則演算・図表の読み取り、SPIの推論も解くことを強くおすすめします。

ヒューマネージ社のテストセンターは難易度が高い分、周りの就活生と差をつけることのできるテストです。事前にしっかりと対策を行って、希望する企業の選考に通過しましょう!

   

【やばい人必見!】SPI/Webテストが短時間で対策できるおすすめのサービス

就活生ちゃん

WebテストやSPIの対策をしているけど、全落ちしてしまいます。

このままだと、就職できないかもしれません…

どうすれば良いのでしょうか?

WebテストやSPIは対策していないとよく落ちますよね。

しかし、ESや面接対策でなかなかWebテストを対策する時間が取れない就活生も多いです。

そこで、SPIやWebテストの対策が短時間でできるおすすめの無料サービスを特別に紹介するので、併用して使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

SPI頻出問題集

SPI頻出問題集のおすすめポイント
  • 「SPI頻出問題集」ならSPIで出題される問題と対策方法がわかる
  • やるべき選考対策がわかるので、選考で落ちにくくなる
  • 意中の企業から内定が貰えて、就活を最短で終えられる
  • SPI以外のWebテストにも対応している
  • すでに就活生61,079人以上が登録済み

>> SPI頻出問題集を見てみる

 

キミスカ適性検査

キミスカ適性検査のおすすめポイント
  • 他のサービスよりも、企業からオファーを受け取りやすい
  • キミスカ適性検査で、職務適性ビジネス戦闘力まで分かる
  • 自己PRや人物像、就活軸を書いておけばキミスカがあなたを企業に推薦してくれる
  • 自分の選考状況を書いておけば、選考をスキップできる場合もある

>> キミスカ適性検査を見てみる

上記のサービスを併用して使えば、就活WeテストSPIの対策に時間が取れない就活生でも短時間で十分に合格できるレベルに到達します。

「WEbテストとSPIがやばい…けど、落ちたくない!」という方は、ぜひ使ってみてくださいね。

就活アドバイザー 京香