【平均は何歳?】企業の平均年齢ランキング | 調べ方,わかることも

kigyo_heikinnenrei

サイト監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career)

この記事を読めばわかること
  • 上場企業の平均年齢は41.4歳
  • 東証一部上場企業の平均年齢ランキング一覧
  • 企業の平均年齢からわかることは社内の雰囲気など
  • 企業の平均年齢の調べ方
  • 企業の平均年齢に関するよくある質問
  • 「自分に合った優良企業を見つけたい」という就活生は、キャリアチケットスカウトを使うのがおすすめ

 

就活生の皆さんこんにちは、「就活の教科書」編集部のゆきです。

この記事では、上場企業の平均年齢について解説していきます。

就活生の皆さんは企業の平均年齢を見て、高いのか低いのかわからなかった経験ありませんか?

「就活の教科書」編集部 ゆき

就活生くん

企業のホームページやマイナビ・リクナビの募集ページに平均年齢は書いてありますよね。

ですが、平均年齢を言われても今いちピンとこないです・・・

就活生ちゃん

正直企業の平均年齢が30歳なのと、40歳なのとで、体感でどの程度違いがあるのかわからないです・・・

平均年齢から何がわかるんでしょうか?

企業の採用ページでは平均年齢が書かれている場合が多いですよね。

ですが、平均年齢によって何がどう違うのかわからず、スルーしている就活生が多いと思います。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

そこでこの記事では、上場企業の平均年齢について紹介していきます。

合わせて、東証一部上場企業の平均年齢ランキングや企業の平均年齢から分かることについても解説しています。

この記事を読めば、企業の平均年齢による違いがわかり、自分が働きやすい企業を見つけやすくなります。

「平均年齢が違うと、何が違うの?」と思っている就活生は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

先に結論をお伝えすると、「自分に合う業界がわからない!」「どの業界を選べば良いのかわからない…」なら、簡単な質問で自分のキャリアの価値観が診断できる「キャリアチケットスカウト診断」がおすすめです。

また「自分に合う業界を教えて欲しい」「どんな業界が良いのか知りたい」なら、あなたに合う業界をプロに相談できる「DiG UP CAREER」がおすすめです。

その他にも業界選びに役立つ就活サービスがありますので、就活に役立ててください。

就活アドバイザー 京香

就職活動に役立つサイト(無料)

\ 適職業界が分かるおすすめ診断 /

\ あなたに合う業界をプロに相談! /

*参考:就活サイトおすすめ40選

 

 

上場企業の平均年齢は約41歳

就活生くん

そもそもですが、上場企業の平均年齢ってどのくらいなんですか?

平均年齢30歳と言われても、高いのか低いのかわからないです・・・

2020年3月期決算時点での上場企業1,792社の平均年齢は41.4歳ですが、単に年齢だけ言われても判断できないですよね。

そこで、平均年齢別に向いている就活生の特徴を紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

上場企業の平均年齢はどれくらい?
  • 早くから成長したい人:平均年齢が若い企業がおすすめ
  • ワークライフバランスを重視している人:平均年齢が35歳以上の企業がおすすめ

以上の2つに分けて、上場企業の平均年齢別に向いている就活生の特徴について解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

早くから成長したい人:平均年齢が若い企業がおすすめ

「早くから成長したい」「裁量権を持ちたい」と考えている就活生は、平均年齢が35歳未満の企業がおすすめです。

企業の平均年齢が若いということは、新卒などの若い社員にも大きな仕事を行うチャンスが有るということです。

平均年齢=中堅の管理職の平均年齢とも言えるので、平均年齢が35歳未満の企業はそれだけ早く役職につけるでしょう。

そのため、上昇志向が強く成長したいと考えている就活生は、平均年齢が35歳未満で若い企業がおすすめです。

平均年齢が若い企業=若くから活躍できる会社だと思って間違いではないでしょう。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

ワークライフバランスを重視している人:平均年齢が35歳以上の企業がおすすめ

「しっかりと休日は休みたい」「まったり長く働きたい」と考えている就活生は、平均年齢が35歳以上の企業がおすすめです。

平均年齢が高い企業は40代以上の比較的年配の方が多いため、20代のうちに役職につくことは難しいでしょう。

一方で、平均年齢が高い企業は一つの企業に長く勤められる場合が多いです。

そのため「一つの企業に長く勤めたい」「ワークライフバランスを重視したい」就活生には、平均年齢が35歳以上の企業をおすすめします。

昇進は遅いかもしれませんが、年功序列で長く働ける場合が多いですね。

まったり働きたい人におすすめです。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 


東証一部上場企業の平均年齢ランキング一覧

就活生くん

なんとなく平均年齢からどんな企業なのかがわかるんですね。

ですが、具体的にどの企業がどれくらいの平均年齢なのかわからないと、いまいちイメージしづらいです。

皆さんが知っている企業の平均年齢を実際に見てみたほうが、イメージがしやすいですよね。

そこで、平均年齢が高い順に東証一部上場の平均年齢を紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

平均年齢が高い東証一部上場企業TOP200
  • 1位:株式会社エス・サイエンス:59.8歳
  • 2位:ウエルシアホールディングス株式会社:58.3歳
  • 3位:太平洋興発株式会社:58.2歳
  • 4位:アクシアル リテイリング株式会社:56.1歳
  • 5位:株式会社ビーアールホールディングス:54.8歳
  • 6位:E・Jホールディングス株式会社:54.6歳
  • 7位:株式会社ファルコホールディングス:54歳
  • 8位:日本管財株式会社:53.6歳
  • 9位:株式会社G-7ホールディングス:53.2歳
  • 10位:宮越ホールディングス株式会社:53.1歳
  • 11位:EPSホールディングス株式会社:53歳
  • 12位:サクサホールディングス株式会社:53歳
  • 13位:ゼビオホールディングス株式会社:52.8歳
  • 14位:株式会社ダイドーリミテッド:52.2歳
  • 15位:クボテック株式会社:52.1歳
  • 16位:アサヒホールディングス株式会社:51.8歳
  • 17位:キュービーネットホールディングス株式会社:51.8歳
  • 18位:OUGホールディングス株式会社:51.5歳
  • 19位:三井住友トラスト・ホールディングス株式会社:51.3歳
  • 20位:株式会社スカパーJSATホールディングス:50.8歳
  • 21位:丸善CHIホールディングス株式会社:50.7歳
  • 22位:株式会社ジーエス・ユアサ コーポレーション:50.6歳
  • 23位:朝日放送グループホールディングス株式会社:50.6歳
  • 24位:株式会社夢真ビーネックスグループ:50.5歳
  • 25位:株式会社コメダホールディングス:50.3歳
  • 26位:イオン株式会社:49.9歳
  • 27位:神奈川中央交通株式会社:49.8歳
  • 28位:株式会社クリエイトSDホールディングス:49.7歳
  • 29位:昭和電線ホールディングス株式会社:49.6歳
  • 30位:株式会社JVCケンウッド:49.5歳
  • 31位:株式会社三城ホールディングス:49.4歳
  • 32位:相鉄ホールディングス株式会社:49.4歳
  • 33位:宮地エンジニアリンググループ株式会社:49.3歳
  • 34位:あい ホールディングス株式会社:49.2歳
  • 35位:株式会社吉野家ホールディングス:49.2歳
  • 36位:日本アジア投資株式会社:49.1歳
  • 37位:燦ホールディングス株式会社:49歳
  • 38位:株式会社Olympicグループ:48.9歳
  • 39位:オエノンホールディングス株式会社:48.8歳
  • 40位:株式会社すかいらーくホールディングス:48.8歳
  • 41位:株式会社コシダカホールディングス:48.7歳
  • 42位:宝ホールディングス株式会社:48.7歳
  • 43位:株式会社テレビ東京ホールディングス:48.7歳
  • 44位:株式会社井筒屋:48.6歳
  • 45位:日本テレビホールディングス株式会社:48.6歳
  • 46位:株式会社TBSホールディングス:48.4歳
  • 47位:岩崎通信機株式会社:48.3歳
  • 48位:株式会社ルックホールディングス:48.3歳
  • 49位:キヤノンマーケティングジャパン株式会社:48.3歳
  • 50位:株式会社学研ホールディングス:48.2歳
  • 51位:ダイワボウホールディングス株式会社:48.1歳
  • 52位:株式会社バイタルケーエスケー・ホールディングス:48.1歳
  • 53位:ティアック株式会社:48歳
  • 54位:株式会社ヴィア・ホールディングス:48歳
  • 55位:フランスベッドホールディングス株式会社:47.9歳
  • 56位:株式会社ランドビジネス:47.9歳
  • 57位:MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社:47.8歳
  • 58位:株式会社インプレスホールディングス:47.8歳
  • 59位:株式会社イエローハット:47.7歳
  • 60位:ダントーホールディングス株式会社:47.6歳
  • 61位:スギホールディングス株式会社:47.5歳
  • 62位:株式会社オークワ:47.5歳
  • 63位:東邦ホールディングス株式会社:47.4歳
  • 64位:株式会社高島屋:47.4歳
  • 65位:住石ホールディングス株式会社:47.3歳
  • 66位:三菱製紙株式会社:47.3歳
  • 67位:ホシデン株式会社:47.3歳
  • 68位:OBARA GROUP株式会社:47.3歳
  • 69位:株式会社ジャパンインベストメントアドバイザー:47.3歳
  • 70位:日産東京販売ホールディングス株式会社:47.3歳
  • 71位:トナミホールディングス株式会社:47.2歳
  • 72位:株式会社インテージホールディングス:47.1歳
  • 73位:富士興産株式会社:47.1歳
  • 74位:未来工業株式会社:47.1歳
  • 75位:スパークス・グループ株式会社:47.1歳
  • 76位:平河ヒューテック株式会社:47歳
  • 77位:株式会社シンニッタン:47歳
  • 78位:ペガサスミシン製造株式会社:46.9歳
  • 79位:ルネサスエレクトロニクス株式会社:46.9歳
  • 80位:エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社:46.9歳
  • 81位:京阪神ビルディング株式会社:46.9歳
  • 82位:東武鉄道株式会社:46.9歳
  • 83位:オリエンタル白石株式会社:46.8歳
  • 84位:カシオ計算機株式会社:46.8歳
  • 85位:株式会社進学会ホールディングス:46.8歳
  • 86位:サッポロホールディングス株式会社:46.7歳
  • 87位:株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス:46.7歳
  • 88位:株式会社メディパルホールディングス:46.7歳
  • 89位:株式会社バルカー:46.7歳
  • 90位:光世証券株式会社:46.7歳
  • 91位:ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス株式会社:46.6歳
  • 92位:片倉コープアグリ株式会社:46.5歳
  • 93位:住友ベークライト株式会社:46.5歳
  • 94位:アジアパイルホールディングス株式会社:46.5歳
  • 95位:古河機械金属株式会社:46.5歳
  • 96位:東亜建設工業株式会社:46.4歳
  • 97位:株式会社東京エネシス:46.4歳
  • 98位:株式会社電通グループ:46.4歳
  • 99位:株式会社小林洋行:46.4歳
  • 100位:株式会社昭文社ホールディングス:46.4歳
  • 101位:原田工業株式会社:46.3歳
  • 102位:株式会社ポプラ:46.3歳
  • 103位:HOYA株式会社:46.3歳
  • 104位:株式会社チヨダ:46.3歳
  • 105位:株式会社PALTAC:46.3歳
  • 106位:株式会社ナカノフドー建設:46.2歳
  • 107位:アサヒグループホールディングス株式会社:46.2歳
  • 108位:株式会社トーア紡コーポレーション:46.2歳
  • 109位:エコナックホールディングス株式会社:46.2歳
  • 110位:コニカミノルタ株式会社:46.2歳
  • 111位:池上通信機株式会社:46.2歳
  • 112位:三井住友建設株式会社:46.1歳
  • 113位:株式会社ココカラファイン:46.1歳
  • 114位:株式会社THEグローバル社:46.1歳
  • 115位:株式会社SRAホールディングス:46.1歳
  • 116位:ERIホールディングス株式会社:46.1歳
  • 117位:株式会社正興電機製作所:46.1歳
  • 118位:株式会社アドバンテスト:46.1歳
  • 119位:日本ユニシス株式会社:46.1歳
  • 120位:株式会社T&Dホールディングス:46.1歳
  • 121位:イオンディライト株式会社:46.1歳
  • 122位:株式会社不動テトラ:46歳
  • 123位:東亜道路工業株式会社:46歳
  • 124位:PCIホールディングス株式会社:46歳
  • 125位:日本ヒューム株式会社:46歳
  • 126位:北陸電気工業株式会社:46歳
  • 127位:株式会社ブイ・テクノロジー:46歳
  • 128位:明豊ファシリティワークス株式会社:45.9歳
  • 129位:デリカフーズホールディングス株式会社:45.9歳
  • 130位:日本板硝子株式会社:45.9歳
  • 131位:日本鋳鉄管株式会社:45.9歳
  • 132位:SMK株式会社:45.9歳
  • 133位:第一生命ホールディングス株式会社:45.9歳
  • 134位:佐田建設株式会社:45.8歳
  • 135位:アレンザホールディングス株式会社:45.8歳
  • 136位:株式会社三菱ケミカルホールディングス:45.8歳
  • 137位:株式会社ダスキン:45.8歳
  • 138位:ダイコク電機株式会社:45.8歳
  • 139位:株式会社ジャパンディスプレイ:45.8歳
  • 140位:パナソニック株式会社:45.8歳
  • 141位:株式会社河合楽器製作所:45.8歳
  • 142位:株式会社キムラタン:45.8歳
  • 143位:株式会社いなげや:45.8歳
  • 144位:センコーグループホールディングス株式会社:45.8歳
  • 145位:安藤ハザマ:45.7歳
  • 146位:WDBホールディングス株式会社:45.7歳
  • 147位:J.フロント リテイリング株式会社:45.7歳
  • 148位:株式会社ワールド:45.7歳
  • 149位:タツモ株式会社:45.7歳
  • 150位:サンデンホールディングス株式会社:45.7歳
  • 151位:株式会社アクセル:45.7歳
  • 152位:シャープ株式会社:45.7歳
  • 153位:アズビル株式会社:45.7歳
  • 154位:光村印刷株式会社:45.7歳
  • 155位:近鉄グループホールディングス株式会社:45.7歳
  • 156位:株式会社スズケン:45.7歳
  • 157位:三協立山株式会社:45.6歳
  • 158位:レオン自動機株式会社:45.6歳
  • 159位:荏原実業株式会社:45.6歳
  • 160位:株式会社TAKARA & COMPANY:45.6歳
  • 161位:株式会社ランド:45.6歳
  • 162位:東海運株式会社:45.6歳
  • 163位:KNT-CTホールディングス株式会社:45.6歳
  • 164位:飛島建設株式会社:45.5歳
  • 165位:株式会社植木組:45.5歳
  • 166位:若築建設株式会社:45.5歳
  • 167位:富士フイルムホールディングス株式会社:45.5歳
  • 168位:ビーピー・カストロール株式会社:45.5歳
  • 169位:サトーホールディングス株式会社:45.5歳
  • 170位:日本CMK株式会社:45.5歳
  • 171位:株式会社大真空:45.5歳
  • 172位:ホンダ:45.5歳
  • 173位:株式会社パイロットコーポレーション:45.5歳
  • 174位:4℃ホールディングス:45.5歳
  • 175位:株式会社ナイガイ:45.5歳
  • 176位:西日本鉄道株式会社:45.5歳
  • 177位:株式会社長大:45.5歳
  • 178位:アルテック株式会社:45.5歳
  • 179位:三菱化工機株式会社:45.4歳
  • 180位:株式会社東京機械製作所:45.4歳
  • 181位:株式会社コンコルディア・フィナンシャルグループ:45.4歳
  • 182位:トッパン・フォームズ株式会社:45.4歳
  • 183位:株式会社タケエイ:45.3歳
  • 184位:株式会社トーメンデバイス:45.3歳
  • 185位:株式会社マツモトキヨシホールディングス:45.3歳
  • 186位:カナレ電気株式会社:45.3歳
  • 187位:木村化工機株式会社:45.3歳
  • 188位:岩崎電気株式会社:45.3歳
  • 189位:信越ポリマー株式会社:45.3歳
  • 190位:愛眼株式会社:45.3歳
  • 191位:日比谷総合設備株式会社:45.2歳
  • 192位:東海染工株式会社:45.2歳
  • 193位:大正製薬ホールディングス株式会社:45.2歳
  • 194位:株式会社ノエビアホールディングス:45.2歳
  • 195位:日本電気硝子株式会社:45.2歳
  • 196位:日精樹脂工業株式会社:45.2歳
  • 197位:船井電機株式会社:45.2歳
  • 198位:横河電機株式会社:45.2歳
  • 199位:株式会社三井E&Sホールディングス:45.2歳
  • 200位:株式会社リコー:45.2歳

就活生くん

一番平均年齢が高い企業だと59歳にもなるんですね!

平均年齢が59歳って、想像できない世界です・・・

このランキングの中には「持ち株会社」と言う特殊な会社も混じっていて、経営層の平均年齢だけが出ている場合もあります。

ですが、全体として平均年齢が45歳以上であれば、平均年齢が高い企業だと言えますね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 


企業の平均年齢から分かること

就活生くん

この記事の最初に平均年齢から「早くから成長したい人におすすめ」など解説していましたよね。

他にも、平均年齢から読み取れることってあったりしますか?

企業情報の中ではスルーされやすい「平均年齢」ですが、実は様々な情報を読み取ることが出来ます。

なので「平均年齢」から読み取れることについて解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

企業の平均年齢から分かること
  • 分かること①:社内の雰囲気
  • 分かること②:離職率
  • 分かること③:採用数
  • 分かること④:企業の環境
  • 分かること⑤:平均年収との関係

以上の5つに分けて、平均年齢からわかることを解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

分かること①:社内の雰囲気

企業の平均年齢から分かる1つ目のことは「社内の雰囲気」です。

この記事の冒頭でも解説したとおり「平均年齢」によって、社内の雰囲気が変わってきます。

平均年齢が若ければ「活発」「風通しがいい」社風であり、高ければ「保守的」「昔ながら」な社風の確率が高いです。

そのため、平均年齢を見ておけば「成長志向」「ゆったり働く」どちらのキャリアに合った企業なのかがわかりますよ。

当たり前ですが、平均年齢が若いほうが活動的でエネルギッシュですよね。

とは言え、平均年齢は若ければそれでいいというものでもないので、あくまで参考程度にしてください。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

分かること②:離職率

企業の平均年齢から分かる2つ目のことは「離職率」です。

「平均年齢が高い企業=安定」と思っている人が多いかも知れませんが、意外な落とし穴があります。

「平均年齢が高い=年配の方が多い」ということですが、若い社員がすぐに辞め、結果的に平均年齢が高いだけの可能性があります。

そのため、平均年齢が高い企業については「新卒の3年後離職率」と合わせて確認することをおすすめします。

平均年齢は常に離職率とセットで確認すると、より有意義な数値になりますよ。

また、離職率が低い企業については以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

分かること③:採用数

企業の平均年齢から分かる3つ目のことは「採用数」です。

設立から50年以上経っており、社員の平均年齢が40歳よりも極端に高い企業は、新卒採用数が少ない可能性があります。

社員が在籍し続ける以上、新卒を採用しない限り平均年齢は高くなる一方です。

なので、平均年齢が極端に高い企業は、新卒社員の採用を絞っている可能性がありますね。

リクルートは平均年齢を若く保つために「卒業文化」を作り新卒を積極的に採用しています。

平均年齢からも実にたくさんの情報を読み取ることが出来るんですね。

また、採用人数が多い企業ランキングについては以下の記事で解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

分かること④:企業の環境

企業の平均年齢から分かる4つ目のことは「企業の環境」です。

この記事の冒頭で解説したとおり、平均年齢が若い企業は若手社員に多く仕事が回って来やすい傾向にあります。

一方で、平均年齢が高い企業は年功序列で、新卒から数年間は半分研修のような状態になりがちです。

どちらが良いかは人によりますが、若いうちから活躍したい方は平均年齢が若い企業をおすすめします。

平均年齢が高いほど年配の方が多く、上の役職が詰まっている傾向にあります。

一生一つの会社に勤める、いわゆる「就社」の文化が強い可能性がありますね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

分かること⑤:平均年収との関係

企業の平均年齢から分かる5つ目のことは「平均年収との関係」です。

企業の平均年齢と平均年収をあわせてデータを見てみると、以下のような関連性があります。

平均年収と平均年齢の関連性
  • 平均年収くて平均年齢い=年功序列
  • 平均年収くて平均年齢い=成果主義
  • 平均年収くて平均年齢い=昇給があまりない
  • 平均年収くて平均年齢い=ベンチャー気質

多くの就活生は平均年齢と平均年収を別々に見ていますが、合わせてみることで企業の給与体系がわかります。

自分が理想とする給与体系の企業を探すために、ぜひ平均年収と平均年齢のデータを活用してみてくださいね。

ベンチャー企業は創業間もないため、平均年収も平均年齢も低い傾向にあります。

なので、平均年収の推移を見るデータとしてはあまり役に立たないかも知れません。

また、平均年収が高い企業ランキングについては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

\あなたは強者?それとも就活苦手? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

企業の平均年齢の調べ方

就活生くん

企業の平均年齢からいろいろな情報を読み取れることはわかりました。

ですが、そもそも企業の平均年齢はどうやって調べたらいいんでしょうか?

そもそも、企業の平均年齢がわからないと情報の活かしようがないですよね。

そこで、企業の平均年齢の調べ方を紹介していきますね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

企業の平均年齢の調べ方
  • 調べ方①:企業のホームページから探す
  • 調べ方②:就活サイトから探す
  • 調べ方③:就職四季報から探す
  • 調べ方④:OB訪問を行う
  • 調べ方⑤:インターンシップに参加する

以上の5つに分けて、企業の平均年齢の調べ方を解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

調べ方①:企業のホームページから探す

企業の平均年齢を調べる方法の1つ目は「企業のホームページから探す」です。

企業のホームページには「企業概要」が掲載されており、概要の一部として平均年齢が記載されている場合があります。

また、以下のように新卒採用ページに「平均年齢」「男女比率」などが記載されている場合もあります。

参考:LITALICO公式ホームページ

企業の平均年齢を知りたいときは、まず企業のホームページを見ることをおすすめします。

特に新卒向けの採用ページは、企業の様々な情報がつまっているので、一度は見てみることをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

調べ方②:就活サイトから探す

企業の平均年齢を調べる方法の2つ目は「就活サイトから探す」です。

マイナビ・リクナビなどの就活情報サイトは、企業の平均年齢や平均勤続年数などの情報を掲載しています。

参考:マイナビ「トヨタ自動車」ページ

以上のように、企業について詳しい情報がまとまっているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

特にマイナビは掲載企業へのインタビューも掲載されているので、企業の雰囲気がよくわかりますよ。

おすすめの就活サイトについては以下の記事でさらに詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

調べ方③:就職四季報から探す

企業の平均年齢を調べる方法の3つ目は「就職四季報から探す」です。

就職四季報は東洋経済新報社が出版している本で、就活で必要になる企業の情報が掲載されています。

就職四季報総合版

このように、企業の平均年齢だけでなく平均年収や平均勤続年数など、就活生が欲しい情報が詰まっています。

就職四季報を買うと前年度版の業界地図も見れるので、企業を詳しく調べたい就活生におすすめですね。

就職四季報は就活生が買う鉄板の本ですね。

企業へのアンケートを基にした情報なので、信頼性も高いのでおすすめです。

就職四季報についてさらに詳しく知りたいという就活生は、以下に就職四季報について詳しく解説された記事を貼っておくので、読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

調べ方④:有価証券報告書を見る

企業の平均年齢を調べる方法の4つ目は「有価証券報告書を見る」です。

上場している企業は、有価証券報告書を公開する義務があり、有価証券報告書には平均年齢を記載する欄があります。

「EDINET」を使ってトヨタ自動車の有価証券報告書を見てみると、以下のように平均年齢が記載されています。

平均年齢だけでなく平均年収や平均勤続年数もわかるので、ぜひ企業研究の一環として有価証券報告書を見てみましょう。

有価証券報告書は企業研究する際にとても役に立つので、ぜひ一度は見てみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

調べ方⑤:OB訪問を行う

企業の平均年齢を調べる方法の5つ目は「OB訪問を行う」です。

上記のどの方法でも企業の平均年齢がわからない場合は、企業の人に直接聞くのが一番有効でしょう。

大学のキャリアセンターを経由したり「Matcher」などのOB訪問アプリを活用したりすることで、OB訪問ができます。

今では気軽にOB訪問が可能なため、どうしても平均年齢を知りたい場合はOB訪問を行うことをおすすめします。

せっかくOB訪問をするなら、平均年齢だけでなく企業内の情報や選考について聞いてみるのもいいですね。
どのOB訪問アプリを使えばいいのかわからないという就活生は、以下にOB訪問アプリについて詳しく解説された記事を貼っておくので、読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

【今すぐできる!】あなたに合う業界/企業の見つけ方

「自分に合う業界や企業はどこだろう…」と悩んでいる方は、自己分析をしてあなたの強みやキャリアの価値観を知るのが一番おすすめです。

しかし「自己分析なんてめんどくさいし時間がかかる…」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、自己分析を簡単に終わらせられる方法を紹介しますね。

就活アドバイザー 京香

【結論】自己分析をすぐに終わらせるおすすめサービス

自己分析を簡単に終わらせて、あなただけの強みを見つけるならキャリアチケットスカウト診断(career ticket)を使うのがおすすめです。

キャリアチケットスカウト診断を使うと、あなたのキャリアに対する価値観を診断できるため、あなたの強みを活かせる業界や企業はどういう特徴があるのかがわかります。

そのため、後悔しない業界・企業選びができるようになります。

アプリから簡単に診断でき、多くの就活生が利用しているので、自己分析をすぐに終わらせたい方はぜひ診断してみてくださいね。

試しに診断したので、診断結果を紹介しますね。

就活アドバイザー 京香

キャリアチケットスカウト診断のおすすめポイント
  • 5つの質問に回答するだけであなたのキャリアに対する価値観が分かる
  • あなたの強みを活かせる企業の特徴が明確になる
  • アプリでも利用できるため、いつでもどこでも簡単に自己分析ができる

「キャリアチケットスカウト」については、こちらの記事で詳しく解説していますよ。

就活アドバイザー 京香

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

企業の平均年齢に関するよくある質問

就活生くん

平均年齢からわかることや、平均年齢の調べ方はわかったのですが、まだまだ平均年齢に関して聞きたいことがあります・・・

平均年齢に関してわからないこともありますよね。

そこで、平均年齢に関するよくある質問に対してお答えしていきますね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

企業の平均年齢に関するよくある質問
  • 質問①:平均年齢が若い企業はブラックが多い?
  • 質問②:平均年齢が高い企業はブラックが多い?
  • 質問③:企業の平均年齢の基準はどれくらい?

以上の3つに分けて、企業の平均年齢に関するよくある質問にお答えしていきます。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

質問①:平均年齢が若い企業はブラックが多い?

就活生くん

平均年齢が若い企業って、若い社員しか居ないってことですよね?

長年働けないくらいのブラック企業が多いってことなのでしょうか?

平均年齢が若い=ブラック企業とは言えません。

ベンチャー企業は設立から日が浅いので平均年齢が若くなりますし、リクルートのように意図的に平均年齢を下げている企業もあります。

「就活の教科書」編集部 ゆき

就活生くん

平均年齢が若い=ブラック企業とは言えないんですね!

志望している企業の平均年齢が若かったので安心しました。

業界によっても平均年齢は全く違うので、まずは同じ業界の他の企業と比べてみましょう。

競合他社と比べても極端に平均年齢が若ければ、離職率が高い可能性もありますからね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

質問②:平均年齢が高い企業はブラックが多い?

就活生くん

平均年齢が高い企業は若い社員がやめている可能性があるんですよね。

ということは、平均年齢が高い企業ってブラック企業なんでしょうか?

平均年齢が高い企業=ブラック企業とは言えません。設立から年数が経っている場合は、単に新卒採用数が少ない可能性が高いです。

とは言え、新卒の社員が辞めてしまっているので平均年齢が高い可能性もありますね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

就活生くん

やっぱり新入社員がすぐに辞めている可能性もあるんですよね。

じゃあ、どうやって新卒社員がすぐ辞めている企業なのか見分けたらいいんですか?

企業の平均年齢だけでなく、平均勤続年数も同時に確認すると、すぐに辞めてしまっているのかがわかります。

また、3年後離職率がわかれば新卒社員がすぐ辞めているのかも分かりますね。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

質問③:企業の平均年齢の基準はどれくらい?

就活生くん

企業の平均年齢って何歳だったら普通なのでしょうか?

40歳と言われても高いのか低いのかがわからないんですが・・・

2020年3月期時点の上場企業1,792社の平均年齢は41.4歳なので、41.4歳がひとつの基準になりますね。

もちろん、業界によっても変わってくるので同じ業界の複数社の平均年齢を見比べてみるのもいいですよ。

「就活の教科書」編集部 ゆき

 

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

キャリアチケットスカウト」は5つの質問に答えるだけであなたのキャリアに対する考えがわかり、あなたらしく働ける優良企業に出会えるスカウトサイトです。

多くの就活生が利用しているキャリアチケットスカウトを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> キャリアチケットスカウトを見てみる

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

まとめ:企業研究をする時は平均年齢もしっかりと見よう

この記事では、企業の平均年齢から分かる情報企業の平均年齢の調べ方について解説しました。

一度にたくさんの情報を見て整理がついていないと思うので、ここで一度この記事で学んだことを振り返ってみましょう。

「就活の教科書」編集部 ゆき

この記事で学んだこと

◆ 上場企業の平均年齢はどれくらい?

  • 早くから成長したい人:平均年齢が若い企業がおすすめ
  • ワークライフバランスを重視している人:平均年齢が35歳以上の企業がおすすめ

◆ 東証一部上場企業の平均年齢ランキング一覧

◆ 企業の平均年齢から分かること

  • 分かること①:社内の雰囲気
  • 分かること②:離職率
  • 分かること③:採用数
  • 分かること④:企業の環境
  • 分かること⑤:平均年収との関係

◆ 企業の平均年齢の調べ方

  • 調べ方①:企業のホームページから探す
  • 調べ方②:就活サイトから探す
  • 調べ方③:就職四季報から探す
  • 調べ方④:有価証券報告書を見る
  • 調べ方⑤:OB訪問を行う

◆ 企業の平均年齢に関するよくある質問

  • 質問①:平均年齢が若い企業はブラックが多い?
  • 質問②:平均年齢が高い企業はブラックが多い?
  • 質問③:企業の平均年齢の基準はどれくらい?

企業の平均年齢はスルーされがちな情報ですが、さまざまな企業の情報を読み取れるんですね。

志望企業についての情報を無駄にせず、自分にあった企業を探すようにしましょう。

「就活の教科書」編集部 ゆき