>> 就活生を救うクラウドファンディング準備中!

【内定者が教える】就活が難しいと感じやすいランキングTOP3 | それぞれの対処法も

【内定者が教える】就活で"難しい"と感じやすい3つのこと | それぞれの対処法も

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること
  • 就活で難しいと感じやすいランキングTOP3
  • 自己分析が難しいと感じた時の対処法3つ
  • 将来したいことが決まらない時の対処法3つ
  • 内定獲得が難しいと感じた時の対処法3つ
就活生のみなさんこんにちは。「就活の教科書」編集部の堀本です。

今回は就活が難しいと感じる時の対処法について解説していきます。

就活をしていると、就活が難しいと感じることはありませんか?

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

就活は自己分析など、やることが多くて、どれも大変で難しすぎる…

就活生ちゃん

先輩の話を聞いていると、就活って難しいんだろうなと感じる。
ちゃんと内定が取れるのか、とても心配…。

人それぞれですが、みなさん就活が難しいと感じていますね。

「就活の教科書」編集部 堀本

そこで今回の記事では、就活で難しいと感じやすい3つのことと、それぞれの対処法について紹介します。

この記事を読めば、就活が難しいと感じる原因がわかり、前向きに就活に取り組めるようになります。

ぜひ、最後まで読んでみてください。

 

就活で難しいと感じやすいランキングTOP3

就活生ちゃん

私は就活って難しすぎると思うんですけど、他の就活生たちも「就活は難しい」と思っているのかな?

就活の何が難しいのかわからないと、対処の仕様がないですよね。
就活生が難しいと感じやすいことは大きく分けて3つあります。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活で難しいと感じやすいランキングTOP3
  • パターン①:自己分析が難しい
  • パターン②:将来したいことを決めることが難しい
  • パターン③:内定を獲得することが難しい
それでは、就活で難しいと感じやすい3つのことを、それぞれ解説しますね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

パターン①:自己分析が難しい

多くの就活生が就活で難しいと感じること1つ目は、自己分析が難しいことです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

自己分析って、なんだか難しそうです。
やったことも無いし、やり方がそもそもわかりません。
自己分析とは、「自分がどのような人間か知るため」に、過去の経験などを分析することです。

「就活の教科書」編集部 堀本

自己分析をおそろかにすると、面接の質問に答えられないのはもちろん、業界選びや企業の選定もできません。

ただ、自己分析が難しいと感じる就活生や、やり方がわからないという就活生もいますよね。

自己分析が苦手だと感じる就活生は、自己分析ツールの利用をオススメします。

 

自己分析ツールとは、用意されたいくつかの設問に答えるだけで、自動的に自己分析を行ってくれるツールです。

自己分析ツールの中でも特におすすめなのが、利用学生数No.1の適性診断AnalyzeU+」です。

なぜなら、用意されている設問数が250問と多く、診断結果の質が圧倒的に高く、自己分析が難しいと感じる方でも精度の高い自己分析を一人で行えるからです。

適性診断AnalyzeU+は、無料求人サイトOfferBox(オファーボックス)に登録すれば、利用できます。

適性診断AnalyzeU+の特徴は以下です。

「就活の教科書」編集部 堀本

適性診断AnalyzeU+の特徴

  • 問題に答えるだけで自己分析ができる
  • 診断結果の質が圧倒的に高い(質問数が250問と多い)
  • 利用学生数No.1(利用学生数125,000人)
  • 適正診断の結果をもとに企業側からスカウト
  • スカウトオファーの質が高い(1企業100通まで)
  • 大手有名企業も多数参加(東証一部上場企業の19%が登録)

 

「適性診断AnalyzeU+」は、診断結果を見た企業が選考案内のオファーをくれるので、就活の軸が決まっていなくて、企業選びが難しいと感じる方も、自分にあった企業を見つけられ、簡単に就活を進められます。

就活が難しいと感じる方は、適性診断AnalyzeU+を利用して、自分に合った優良企業の持ち駒を増やしていきましょう。

OfferBoxを特に利用すべき方は以下の特徴に当てはまる方です!

「就活の教科書」編集部 堀本

OfferBoxを利用すべき就活生

  • 初めての就活が難しいと感じる
  • 自分に会う会社がわからない
  • 自分の強みがわからない
  • 自己分析が苦手
  • とにかく内定が欲しい
  • 持ち駒を増やしたい

 

OfferBoxを利用して、あなたに合った企業からオファーを貰って内定に近づけましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

>>OfferBox(オファーボックス)で自分に合う会社を診断してみる

 

1度自分のプロフィールを登録するだけで、後は自動的にスカウトしてくれるのでとても便利ですよね。

スカウトアプリをもっと知りたい人は、オススメのスカウトアプリ15選が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

パターン②:将来したいことを決めることが難しい

多くの就活生が就活で難しいと感じること2つ目は、将来したいことを決めることです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

将来したいことなんて無いんですが…。
どの企業に就職したらいいのか決めるのが、難しいです。
小さいころの夢とは違い、現実的に将来したいことについて考えている人は、少ないと思います。
しかし、将来したいことがなければ、就職したい企業も決まりません。

「就活の教科書」編集部 堀本

将来したいことが決まらなければ、就活のモチベーションを保つことも難しいです。

将来したいことへ向かうための「手段」として就活を行うべきであって、就職を「ゴール」と考えてはいけません。

将来したいことへ向かって働いていると、少々の困難では挫折しません。

 

パターン③:内定を獲得することが難しい

多くの就活生が就活で難しいと感じること3つ目は、内定を獲得することです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

就活で内定を獲得するためには、面接を何度も受けないといけないし、難しそうです。
今まであんまり面接とかしたことないし、選考対策のやり方もわからないです。
就活では、内定を取るまでに平均3~5回の面接があります。
これまで面接経験が無い人、またはバイトの面接ぐらいの経験しかない就活生は、難しく感じるかもしれません。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

内定が無くて焦っている人は、自分に内定がない原因と対処法をもう一度考え直してみましょう。

内定が決まらない人の原因と対処法が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

これで就活で難しいと感じることについて、具体的に知ることが出来ましたね。
それではこれから、「自己分析」「将来したいこと」「内定獲得」の対処法について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

就活の教科書公式LINEで、学歴では測れない「就活戦闘力」を測ろう!

実は、学歴が高くても就活で苦戦する就活生が毎年多くいます。

原因の一つとして、自分の就活戦闘力がわかっていない状態でレベルの高すぎる企業の選考を受けてしまうことがあります。

自分の就活戦闘力を測るには、就活の教科書公式LINEの機能である「就活力診断」が役立ちます!

「就活力診断」では、あなたの現状や足りていないところを見つけ、あなたにあったアドバイスを受け取ることができます。

アドバイスを実践することで内定に近づけるので、気軽にこちらから診断してみてください。

>> 就活力診断を試してみる

 

自己分析が難しいと感じたときの対処法3つ

就活生くん

就活で難しいと思うことについては、具体的について知れたので、対処法を知りたいです。
ではまず、就活でもっとも大事な自己分析についての対処法から解説しますね。
対処法は大きく分けて、これら3つです。

「就活の教科書」編集部 堀本

自己分析が難しいときの対処法3つ
  • 対処法①:アプリの自己分析から始める
  • 対処法②:モチベーショングラフを書いてみる
  • 対処法③:他己分析する
それでは、自己分析が難しいと感じたときの対処法3つを順番に説明しますね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

対処法①:アプリの自己分析から始める

自己分析が難しいと感じるときの対処法1つ目は、アプリの自己分析から始めることです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

なるほど、アプリだとなんだか気軽に始められそう。
机に向かって自分で何か書いたりするのが面倒だったんですよね。
「自己分析」って名前からして、難しそうですもんね。
最近は自己分析のツールやアプリがたくさんあるので、ベッドにごろごろしながら、気軽に自己分析に取り組めていいですよ。

「就活の教科書」編集部 堀本

一見難しそうな自己分析も、アプリなどで行えば、質問に答えるだけで自分の特徴がわかります。

アプリなどの自己分析診断結果はとても面白いので、自己分析が面白くなれば、自分で手を動かして自己分析をしてみてください。

 

たくさんある自己分析アプリ・ツールのどれを使うべきかわからない就活生は、こちらの記事を参考にしてください。

厳選して紹介しているアプリ・ツールは全て無料ですので、安心して使えますよ。

 

対処法②:モチベーショングラフを書いてみる

自己分析が難しいと感じるときの対処法2つ目は、モチベーショングラフを書いてみることです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生ちゃん

自己分析で、効果的なやり方を知りたいと思ってましたが、モチベーショングラフがいいんですね。
どうしてですか?
モチベーションを書くと、自分のモチベーションの高いとき、低いときが可視化されて、自分の特性がわかるからです。

「就活の教科書」編集部 堀本

例えば、「自分はみんなで頑張っているときにモチベーションが高いな」などが、わかります。

そうすれば、個人の力が重視される職場よりも、チームで目標を追いかける職場の方が向いているとわかりますよね。

 

「モチベーショングラフを書くのは、難しいのでは…」と思っている就活生は、次のリンクで紹介しています。

モチベーショングラフの実際の例や書き方が分かるので、ぜひ読んでみてください。

 

対処法③:他己分析する

自己分析が難しいと感じるときの対処法3つ目は、他己分析をすることです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

自分で分析するのではなくて、他の人に分析してもらうということですか?
その発想は無かったです!
実際に、自分が思う自分と、他者から見た自分は違うこともあります。
自分では気づけない、新たな発見もあるかもしれないので、貴重な意見になりますよ。

「就活の教科書」編集部 堀本

他己分析は、できるだけあなたのことをよく知る、家族、親友、先生、などにしてもらいましょう。

面接の質問内容で「あなたは、周りからどんな人だと言われますか?」と聞かれることもあるので、他己分析をして損はないです。

他己分析のやり方や就活の相談相手が分からない人は、他己分析をするために必要な情報が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

将来したいことが決まらないときの対処法3つ

就活生くん

将来したいことを決めるのが難しいです。
どうしたら将来したいことが、見えてきますか?
今まで将来について真剣に考えたことがある就活生は少ないので、しょうがないです。
しかし、就活のモチベーションを上げるためにも、将来したいことは決めておくべきですね。

「就活の教科書」編集部 堀本

将来したいことを決めるのが難しいときの対処法は、こちらの3つです。

将来したいことが決まらないときの対処法3つ
  • 対処法①:内定者・社会人と話す
  • 対処法②:業界研究を行う
  • 対処法③:自己分析を基に自分が好きな仕事を探す
それでは、上記3つの対処法についてそれぞれ説明していきます。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

対処法①:内定者・社会人と話す

将来したいことが決まらないときの対処法1つ目は、内定者・社会人と話すことです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生ちゃん

そうか、自分一人で漠然と将来のことを考えていてもしょうがないですもんね。
内定者や社会人の将来したいことを聞いてみて、参考にしてみます。

今ではOB訪問のアプリがたくさんあるので、「先輩がいなくて、就活の話を聞けない」という就活生でも難なく社会人に会うことができます。

 

「OB訪問に役立つアプリ・サイトで、どれを使えばいいかわからない」就活生は、こちらの記事を参考にしてください。

OB訪問のやり方についても、詳しく解説してあるのでぜひ読んでください。

 

また、OB・OG訪問については以下の記事で、OB・OG訪問のやり方やOB・OG訪問で質問すべき事が分かります。

ぜひ合わせて読んでみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

 

対処法②:業界研究を行う

将来したいことが決まらないときの対処法2つ目は、業界研究を行うことです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

どうして将来したいことが決まらないときは研究を行うべきなんですか?
各業界で働いている人が、将来なにを目指して働いているのか知るためです。
もし将来したいことについて知ることができたら、自分もどのように働いたらいいのかイメージできますよね。

「就活の教科書」編集部 堀本

業界研究の入り口として、合同説明会に参加することを僕はおすすめします。

合同説明会では、たくさんの企業の情報を一気に知ることができるので、効率よく情報収集できます。

合同説明会で気になった業界があれば、自分で調べたり、OB訪問をするようにしましょう。

 

業界研究の方法を他にも知りたい就活生は、以下の記事を参考にしてみてください。

業界研究の方法や、ブラック企業/業界の見分け方が理解できます。

 

対処法③:自己分析を基に自分が好きな仕事を探す

将来したいことが決まらないときの対処法3つ目は、自己分析を基に自分が好きな仕事を探すことです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生ちゃん

いろいろ考えてみたけど、どうしても就活中には将来したいことが見つかりませんでした。
でも自己分析はしっかりできたので、これを基に仕事を探します。
自己分析で自分がどのような環境で、どのようなときに頑張れるのかが分かったと思います。
入社後も、モチベーションが下がらずに全力で働ける職場を見つけてください。

自己分析を基に自分の好きな仕事を探すコツが知りたい就活生は、以下の記事で企業選びの軸について学ぶのがおすすめです。

自分の企業選びの軸が分かれば、以前よりも就活が上手く進みます。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

内定獲得が難しいと感じたときの対処法5つ

就活生くん

内定獲得するのって、難しそう…。
内定が取れない場合は、どのように対処したらいいのでしょうか?
内定は、対策さえきっちり行えば無い内定になることはありません。
内定がもらえない理由は様々ですが、対処法としては以下の6つがあげられます。

「就活の教科書」編集部 堀本

内定獲得が難しいときの対処法
  • 対処法①:高望みをしすぎない
  • 対処法②:自己分析をやり直す
  • 対処法③:面接でのマナーをおさらいする
  • 対処法④:企業・業界研究をやり直す
  • 対処法⑤:就活エージェントを利用する
  • 対処法⑥:就活イベントを利用する
それでは、それぞれの対処法について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

対処法①:高望みをしすぎない

内定獲得が難しい場合の対処法1つ目は、高望みをしすぎないことです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

大企業ばかり受けていました。
でもよく考えてみると、ネームブランドに惹かれていただけかも…受ける企業を見直してみます。
大企業を片っ端から受けていく気持ちもわかりますが、選考倍率は数百倍以上~数千倍です。
そのため、難易度がとても高く、内定を取ることが難しいことは明白です。

「就活の教科書」編集部 堀本

選考難易度が低い会社から内定を貰って、心に余裕をもってから大企業の選考を受けるようにしましょう。

そして、内定をもらうためには、採用に積極的な企業が集まる就活イベントに参加して、選考を複数同時に受ける方法がおすすめです。

就活イベントに参加すれば、1日に複数の企業をまとめて受験できますよ。

【通常の選考の流れ】

企業を探す→エントリーする→選考の日程調整をする→1社ずつ受験する

【就活イベントの選考の流れ】

就活イベントに参加する→参加企業と接触する→複数の選考を1日で一気に受験する

就活イベントの利用で、内定獲得までの選考の流れが省略化されるので、効率よく内定を獲得したい方には、特におすすめのサービスです。

「就活の教科書」編集部 堀本

そして、就活イベントの中で最もおすすめなのが、Meets Company(ミーツカンパニー)です。

Meets Companyは、年間のサービス利用者が10万人超えのイベントで、「利用学生数数」、「開催数」、「登録企業数」共に第1位の人気イベントです。

さらに、Meets Companyの最大の特徴は、1日に最大8社同時に選考を進められる点です。

ほとんどの就活生が利用しているため、就活が難しいと感じる就活生は、一度は参加すべきイベントだといえます。

Meets Companyの特徴をおさらい

  • 全国開催で全就活生が利用可能
  • 「利用学生数数」、「開催数」、「登録企業数」共に第1位
  • 1日に最大8社同時に選考を進められる

人気就活イベント「Meets Company」に参加して、複数の企業を受験して内定獲得に近づきましょう!

「就活の教科書」編集部 堀本

>>Meets Company(ミーツカンパニー)のイベント内容をみてみる

 

他にも参加すべき就活イベントがいくつかあります。

下記の記事で一覧にしてまとめたので、就活のやり直しがしたい人はぜひ合わせて読むことをおすすめします。

[box class="box26" title="合わせて読みたい"] ⇒【内定者が選んだ】就活イベントおすすめ30選! 業界で分類(大手/ベンチャー/マスコミ/体育会/理系など) [/box]

「就活の教科書」編集部 堀本

 

対処法②:自己分析をやり直す

内定獲得が難しい場合の対処法2つ目は、自己分析をやり直すことです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生ちゃん

いつも面接で、質問されると詰まってしまうのは自己分析が足りていなかったのか。
面接では自分に関しての質問が多いため、自己分析ができていなければ、面接が難しく選考突破できません。
一度だけではなく、何度もしてみることをおススメします。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

自己分析に終わりはないと僕は思います。

自己分析の色んなやり方を試してみてみたいという就活生は、以下の記事で自己分析のオススメの方法・添削サイトを紹介しているので、読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

 

対処法③:面接でのマナーをおさらいする

内定獲得が難しい場合の対処法3つ目は、面接でのマナーをおさらいすることです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

内定に関わる最終面接までいけないんですが、マナーの問題だったんですかね。
質問に答えられるかどうかだと、ばかり思っていました。
みなさんが質問に答えることばかりに気を取られて、マナーをないがしろにしてしまっています。
いくら良いことを言っていても、マナーがなっていなければ、選考突破は難しいです。

就活の面接のマナーは、一度覚えてしまえば難しくありません。

そして面接に場慣れする必要があります。

「就活の教科書」編集部 堀本

面接に場慣れするためには複数の企業を受けなければなりません。

そこで、逆求人サイトに登録すれば、効率よく面接に進むことができます。

スカウトアプリの中でも最もオススメのサービスが「OfferBox(オファーボックス)」です。

OfferBox(オファーボックス)は、プロフィールを記入して登録した後、企業側からスカウトがくるサービスです。

OfferBox(オファーボックス)はサイト内で適職診断を受けられるので、あなたに合った会社からスカウトがきますよ。

 

>>OfferBox(オファーボックス)でスカウトを受け取ってみる

 

1度自分のプロフィールを登録するだけで、後は自動的にスカウトしてくれるのでとても便利ですよね。

スカウトアプリをもっと知りたい人は、オススメのスカウトアプリ15選が分かりますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 天野

 

対処法④:企業・業界研究をやり直す

内定獲得が難しいときの対処法4つ目は、企業・業界研究をやり直すことです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生ちゃん

最終面接までは何度か進んだんですけど、なかなか最終面接が受からないんですよ。
この原因は企業・業界研究が出来ていないかったんですね。
内定がかかっている最終面接では、企業が就活生の志望度を見ています。
そのため、企業について詳しい状態で挑み、具体的な話をしなければ最終面接に受かることは難しいです。

「就活の教科書」編集部 堀本

最終面接では、当社の志望理由を伝えたり、逆質問も設けられています。

業界についてはもちろん、企業についてもホームページは隅から隅まで読んだりして、企業に詳しくなった状態で挑まなければいけません。

 

就活生が難しいと感じがちな逆質問について、まとめている記事はこちらです。

逆質問で具体的に何を聞けばいいのかわからないという就活生は、ぜひ読んでください。

 

対処法⑤:就活エージェントを利用する

内定獲得が難しい場合の対処法5つ目は、就活エージェントを利用することです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生ちゃん

自分でいろいろしたけど、内定が取れない…このままじゃ無い内定です。
もうどうしたらいいのかわかりません。
どうしても内定獲得が難しいときもありますよね。
そんなときは、プロが相談に乗ってくれる就活エージェントを利用してみてください。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

就職エージェントとは、個別でES対策や面接対策を内定が貰えるまでサポートしてくれる就活支援サービスです。

そして就活エージェントの中でも特におすすめなのが、「キャリアチケット」です。

キャリアチケットは、ES添削や面接対策を実績のある就活アドバイザーが内定がもらえるまで個別でサポートしてくれるため、面接やES執筆が苦手で就活が難しいと感じる方は、ぜひ利用すべきサービスです。

他にも、キャリアチケットは、厳選したホワイト企業を中心に紹介してくれるため、企業選びが難しいと感じる方にもおすすめです。

キャリアチケットを利用すれば、効率よく就活を進められ、厳選されたホワイト企業から、最短2週間で内定を獲得できますよ。

「就活の教科書」編集部 堀本

>>キャリアチケットの個別サポートを受けてみる

 

まずは「キャリアチケット」に登録して、面談をしてもらい、自己分析の深堀りをしたい旨を伝えましょう。

ほかにオススメできる就職エージェントはたくさんあります。

就職エージェントについてもっと知りたい人は、下記の記事を参考にしてくださいね。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

対処法⑥:就活イベントを利用する

内定獲得が難しい場合の対処法6つ目は、就活イベントを利用することです。

内定獲得が難しいと感じるのには、大きく2つの原因があります。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

内定獲得が難しいと感じる理由

  • 受けている選考の数が少ない
  • 難易度の高い企業ばかりを受けている

逆に内定を獲得するためには、とにかく色々な企業の選考をたくさん受ける必要があります。

 

そのため、複数の選考を効率よく受験する必要があります。

就活イベントに参加すれば、1日に複数の企業をまとめて受験できるため内定獲得が近づきます。

【通常の選考の流れ】

企業を探す→エントリーする→選考の日程調整をする→1社ずつ受験する

【就活イベントの選考の流れ】

就活イベントに参加する→参加企業と接触する→複数の選考を1日で一気に受験する

就活イベントの利用で、内定獲得までの選考の流れが省略化されるので、効率よく内定を獲得したい方には、特におすすめのサービスです。

「就活の教科書」編集部 堀本

そして、就活イベントの中で最もおすすめなのが、Meets Company(ミーツカンパニー)です。

Meets Companyは、年間のサービス利用者が10万人超えのイベントで、「利用学生数数」、「開催数」、「登録企業数」共に第1位の人気イベントです

さらに、Meets Companyの最大の特徴は、1日に最大8社同時に選考を進められる点です。

全国で開催されているため、全就活生が一度は参加すべきイベントだといえます。

Meets Companyの特徴をおさらい

  • 全国開催で全就活生が利用可能
  • 「利用学生数数」、「開催数」、「登録企業数」共に第1位
  • 1日に最大8社同時に選考を進められる

人気就活イベント「Meets Company」に参加して、複数の企業を受験して内定獲得に近づきましょう!

「就活の教科書」編集部 堀本

>>Meets Company(ミーツカンパニー)のイベント内容をみてみる

 

他にも参加すべき就活イベントがいくつかあります。

下記の記事で一覧にしてまとめたので、就活のやり直しがしたい人はぜひ合わせて読むことをおすすめします。

[box class="box26" title="合わせて読みたい"] ⇒【内定者が選んだ】就活イベントおすすめ30選! 業界で分類(大手/ベンチャー/マスコミ/体育会/理系など) [/box]

「就活の教科書」編集部 堀本

 

就活がうまくいかないなら就活のプロに相談してみよう

就活生くん

僕は就活が全然うまくいかなくて、つらくなってきました。

周りはもう内定をもらってるのに、どうすればいいのかわからないです・・・

就活がうまくいかず行き詰まっているなら、就活のプロに相談してみましょう。

就活エージェントなら就活相談はもちろん、あなたに合った企業の紹介や選考対策ができます。

DiG UP CAREER」なら、採用のプロ(元人事・人材会社出身)に自分に合った企業を紹介してもらえます。

気軽に面談ができるので、まずは就活エージェントに相談してみましょう。

人事さん

>> DiG UP CAREERを見てみる

 
メモ

ちなみに早く内定がほしいなら、合同選考イベントに参加するのがおすすめです。

たとえば「ミーツカンパニー」は、1回最大8社の選考を同時に受けられ、早ければ1週間で内定をもらえますよ。

 

まとめ:就活は難しいことだらけ。でも対処法はある

いかがだったでしょうか。

今回の記事では、就活で難しいと感じることとその対処法についてまとめました。

まず具体的に何が難しいと感じているのかを、理解してから対処するようにしてください。

それでは、記事のおさらいをしていきましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活で難しいと感じること|対処法まとめ

就活で難しいと感じる3つのこと

  • 自己分析が難しい
  • 将来したいことを決めることが難しい
  • 内定を獲得することが難しい

自己分析が難しいと感じたときの対処法3つ

  • 対処法①:アプリの自己分析から始める
  • 対処法②:モチベーショングラフを書いてみる
  • 対処法③:他己分析する

将来したいことが決まらないときの対処法3つ

  • 対処法①:内定者・社会人と話す
  • 対処法②:業界研究を行う
  • 対処法③:自己分析を基に自分が好きな仕事を探す

内定獲得が難しいと感じたときの対処法5つ

  • 対処法①:高望みをしすぎない
  • 対処法②:自己分析をやり直す
  • 対処法③:面接でのマナーをおさらいする
  • 対処法④:企業・業界研究をやり直す
  • 対処法⑤:新卒エージェントを利用する

就活は、人生で初めて経験するため、難しいと感じる就活生は多いです。

しかし、何に対して難しいと感じているかを理解して、それらにしっかり対処して向きあえば、大丈夫です。

この記事を読み終えたあなたは、「就活が難しい…。」と思わずに、前向きに就活ができるはずです。

みなさんの就活が成功することを心より願っています!

 

最後に、就活ができないと感じている人に、ぜひ読んでほしい他の記事を紹介しておきます。

納得のいく就活を目指している人は、あなたのためになる情報が載っていますので、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 堀本