>> 内定者が選んだ就活に役立つサービス15選 <<

【内定者が教える】就活が難しいと感じる理由 | 3つの対処法も

【内定者が教える】就活で"難しい"と感じやすい3つのこと | それぞれの対処法も

就活生のみなさんこんにちは。「就活の教科書」編集部の堀本です。
就活をしていると、就活が難しいと感じることはありませんか?

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

就活はやることが多くて、どれも大変で難しい…

就活生ちゃん

先輩の話を聞いていると、就活って難しいんだろうなと感じる。
ちゃんと内定が取れるのか、とても心配…。

人それぞれですが、みなさん就活が難しいと感じていますね。

「就活の教科書」編集部 堀本

そこで今回の記事では、就活で難しいと感じやすい3つのことと、その対処法について紹介します。

この記事を読めば、就活が難しいと感じる原因がわかり、前向きに就活に取り組めるようになります。

ぜひ、最後まで読んでみてください。

 

就活で難しいと感じやすい3つのこと

就活生ちゃん

そもそも、就活ってなんで難しいんだろう。
漠然と「就活は難しい」と思っているけど、他の就活生たちも「就活は難しい」と思っているのかな?
就活の何が難しいのかわからないと、対処の仕様がないですよね。
就活生が難しいと感じやすいことは大きく分けて3つあります。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活で難しいと感じやすい3つのこと
  • パターン①:自己分析が難しい
  • パターン②:将来したいことを決めることが難しい
  • パターン③:内定を獲得することが難しい

それでは、就活が難しいと感じる3つのことについて、見ていきましょう。

 

パターン①:自己分析が難しい

多くの就活生が就活で難しいと感じること1つ目は、自己分析が難しいことです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

自己分析って、なんだか難しそうです。
やったことも無いし、やり方がそもそもわかりません。
自己分析とは、「自分がどのような人間か知るため」に、過去の経験などを分析することです。

「就活の教科書」編集部 堀本

自己分析にはさまざまなやり方があり、名前もなんだか難しそうだと敬遠する就活生が多いです。

しかし、自己分析をしっかりしなければ、入社後に自分に合っていないという理由で仕事をすぐに辞めてしまうかもしれません。

自己分析は、面接やエントリーシート(ES)にも役立つため、真剣に取り組みましょう。

 

自己分析のやり方についてはこの記事で解説しているので参考にしてみてきださい。

 

パターン②:将来したいことを決めることが難しい

多くの就活生が就活で難しいと感じること2つ目は、将来したいことを決めることです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

将来したいことなんて無いんですが…。
どの企業に就職したらいいのか決めるのが、難しいです。
小さいころの夢とは違い、現実的に将来したいことについて考えている人は、少ないと思います。
しかし、将来したいことがなければ、就職したい企業も決まりません。

「就活の教科書」編集部 堀本

将来したいことが決まらなければ、就活のモチベーションを保つことも難しいです。

将来したいことへ向かうための「手段」として就活を行うべきであって、就職を「ゴール」と考えてはいけません。

将来したいことへ向かって働いていると、少々の困難では挫折しません。

 

パターン③:内定を獲得することが難しい

多くの就活生が就活で難しいと感じること3つ目は、内定を獲得することです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

就活で内定を獲得するためには、面接を何度も受けないといけないし、難しそうです。
今まであんまり面接とかしたことないし、選考対策のやり方もわからないです。
就活では、内定を取るまでに平均3~5回の面接があります。
これまで面接経験が無い人、またはバイトの面接ぐらいの経験しかない就活生は、難しく感じるかもしれません。

「就活の教科書」編集部 堀本

しかし、対策方法もあり、しっかり対策した上で、堂々と面接に挑めば怖くありません。

 

面接対策についてはこちらの記事で詳しく解説しています。参考にしてみてください。

これで就活で難しいと感じることについて、具体的に知ることが出来ましたね。
それではこれから、「自己分析」「将来したいこと」「内定獲得」の対処法について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

自己分析が難しいと感じたときの対処法3つ

就活生くん

就活で難しいと思うことについては、具体的について知れたので、対処法を知りたいです。
ではまず、就活でもっとも大事な自己分析についての対処法から解説しますね。
対処法は大きく分けて、これら3つです。

「就活の教科書」編集部 堀本

自己分析が難しいときの対処法3つ
  • 対処法①:アプリの自己分析から始める
  • 対処法②:モチベーショングラフを書いてみる
  • 対処法③:他己分析する

それでは、それぞれについて見ていきましょう。

 

対処法①:アプリの自己分析から始める

自己分析が難しいと感じるときの対処法1つ目は、アプリの自己分析から始めることです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

なるほど、アプリだとなんだか気軽に始められそう。
机に向かって自分で何か書いたりするのが面倒だったんですよね。
「自己分析」って名前からして、難しそうですもんね。
最近は自己分析のツールやアプリがたくさんあるので、ベッドにごろごろしながら、気軽に自己分析に取り組めていいですよ。

「就活の教科書」編集部 堀本

一見難しそうな自己分析も、アプリなどで行えば、質問に答えるだけで自分の特徴がわかります。

アプリなどの自己分析診断結果はとても面白いので、自己分析が面白くなれば、自分で手を動かして自己分析をしてみてください。

 

たくさんある自己分析アプリ・ツールのどれを使うべきかわからない就活生は、こちらの記事を参考にしてください。

厳選して紹介しているアプリ・ツールは全て無料ですので、安心して使えます。

 

対処法②:モチベーショングラフを書いてみる

自己分析が難しいと感じるときの対処法2つ目は、モチベーショングラフを書いてみることです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生ちゃん

自己分析で、効果的なやり方を知りたいと思ってましたが、モチベーショングラフがいいんですね。
どうしてですか?
モチベーションを書くと、自分のモチベーションの高いとき、低いときが可視化されて、自分の特性がわかるからです。

「就活の教科書」編集部 堀本

例えば、「自分はみんなで頑張っているときにモチベーションが高いな」などが、わかります。

そうすれば、個人の力が重視される職場よりも、チームで目標を追いかける職場の方が向いているとわかりますよね。

 

「モチベーショングラフを書くのは、難しいのでは…」と思っている就活生は、ぜひ読んでみてください。

 

 

対処法③:他己分析する

自己分析が難しいと感じるときの対処法3つ目は、他己分析をすることです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

自分で分析するのではなくて、他の人に分析してもらうということですか?
その発想は無かったです!
実際に、自分が思う自分と、他者から見た自分は違うこともあります。
自分では気づけない、新たな発見もあるかもしれないので、貴重な意見になりますよ。

「就活の教科書」編集部 堀本

他己分析は、できるだけあなたのことをよく知る、家族、親友、先生、などにしてもらいましょう。

面接の質問内容で「あなたは、周りからどんな人だと言われますか?」と聞かれることもあるので、他己分析をして損はないです。

自己分析が難しいと思うときの対処法がわかったところで、次は将来したいことが決まらないときの対処法について見ていきましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

 

将来したいことが決まらないときの対処法3つ

就活生くん

将来したいことを決めるのが難しいです。
どうしたら将来したいことが、見えてきますか?
今まで将来について真剣に考えたことがある就活生は少ないので、しょうがないです。
しかし、就活のモチベーションを上げるためにも、将来したいことは決めておくべきですね。

「就活の教科書」編集部 堀本

将来したいことを決めるのが難しいときの対処法は、こちらの3つです。

将来したいことが決まらないときの対処法3つ
  • 対処法①:内定者・社会人と話す
  • 対処法②:業界研究を行う
  • 対処法③:自己分析を元に自分が好きな仕事を探す

それでは、上記3つの対処法についてそれぞれ説明していきます。

 

 

対処法①:内定者・社会人と話す

将来したいことが決まらないときの対処法1つ目は、内定者・社会人と話すことです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生ちゃん

そうか、自分一人で漠然と将来のことを考えていてもしょうがないですもんね。
内定者や社会人の将来したいことを聞いてみて、参考にしてみます。

今ではOB訪問のアプリがたくさんあるので、「先輩がいなくて、就活の話を聞けない」という就活生でも難なく社会人に会うことができます。

 

「OB訪問に役立つアプリ・サイトで、どれを使えばいいかわからない」就活生は、こちらの記事を参考にしてください。

15種類のサイトについて、解説してあるのでぜひ読んでください。

 

 

対処法②:業界研究を行う

将来したいことが決まらないときの対処法2つ目は、業界研究を行うことです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

どうして将来したいことが決まらないときは研究を行うべきなんですか?
各業界で働いている人が、将来なにを目指して働いているのか知るためです。
もし将来したいことについて知ることができたら、自分もどのように働いたらいいのかイメージできますよね。

「就活の教科書」編集部 堀本

業界研究の入り口として、合同説明会に参加することを僕はおすすめします。

合同説明会では、たくさんの企業の情報を一気に知ることができるので、効率よく情報収集できます。

合同説明会で気になった業界があれば、自分で調べたり、OB訪問をするようにしましょう。

 

対処法③:自己分析を元に自分が好きな仕事を探す

将来したいことが決まらないときの対処法3つ目は、自己分析を元に自分が好きな仕事を探すことです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生ちゃん

いろいろ考えてみたけど、どうしても就活中には将来したいことが見つかりませんでした。
でも自己分析はしっかりできたので、これを元に仕事を探します。
自己分析で自分がどのような環境で、どのようなときに頑張れるのかが分かったと思います。
入社後も、モチベーションが下がらずに全力で働ける職場を見つけてください。

「就活の教科書」編集部 堀本

続いては、内定を獲得するのが難しいときの対処法5つについて解説していきます。

 

内定獲得が難しいと感じたときの対処法5つ

就活生くん

内定獲得するのって、難しそう…。
内定が取れない場合は、どのように対処したらいいのでしょうか?
内定は、対策さえきっちり行えば無い内定になることはありません。
内定がもらえない理由は様々ですが、対処法としては以下の5つがあげられます。

「就活の教科書」編集部 堀本

内定獲得が難しいときの対処法
  • 対処法①:高望みをしすぎない
  • 対処法②:自己分析をやり直す
  • 対処法③:面接でのマナーをおさらいする
  • 対処法④:企業・業界研究をやり直す
  • 対処法⑤:就活エージェントを利用する

それでは、それぞれの対処法について解説していきます。

 

対処法①:高望みをしすぎない

内定獲得が難しい場合の対処法1つ目は、高望みをしすぎないことです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

大企業ばかり受けていました。
でもよく考えてみると、ネームブランドに惹かれていただけかも…受ける企業を見直してみます。
大企業を片っ端から受けていく気持ちもわかりますが、選考倍率は数百倍以上~数千倍です。
そのため、難易度がとても高く、内定を取ることが難しいことは明白です。

「就活の教科書」編集部 堀本

自己分析をすると、大企業でなくとも行きたい企業は見つかるはずです。

大企業以外の会社から内定をもらっておいて、「内定がある」という余裕をもってから大企業の選考を受けるようにしましょう。

 

対処法②:自己分析をやり直す

内定獲得が難しい場合の対処法2つ目は、自己分析をやり直すことです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生ちゃん

いつも面接で、質問されると詰まってしまうのは自己分析が足りていなかったのか。
面接では自分に関しての質問が多いため、自己分析ができていなければ、面接が難しく選考突破できません。
一度だけではなく、何度もしてみることをおススメします。

「就活の教科書」編集部 堀本

自己分析に終わりはなく、いろんなやり方があるので試してみてください。

 

対処法③:面接でのマナーをおさらいする

内定獲得が難しい場合の対処法3つ目は、面接でのマナーをおさらいすることです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生くん

内定に関わる最終面接までいけないんですが、マナーの問題だったんですかね。
質問に答えられるかどうかだと、ばかり思っていました。
みなさんが質問に答えることばかりに気を取られて、マナーをないがしろにしてしまっています。
いくら良いことを言っていても、マナーがなっていなければ、選考突破は難しいです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活の面接のマナーは、一度覚えてしまえば難しくありません。

 

入社後にも役立つマナーが多いので、ぜひこちらの記事を参考にして面接では失礼のないようにしましょう。

面接当日の、受付から退室までの流れの中で注意すべきマナーが詳しく書かれているので、読んでみてください。

 

 

対処法④:企業・業界研究をやり直す

内定獲得が難しいときの対処法4つ目は、企業・業界研究をやり直すことです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生ちゃん

最終面接までは何度か進んだんですけど、なかなか最終面接が受からないんですよ。
この原因は企業・業界研究が出来ていないかったんですね。
内定がかかっている最終面接では、企業が就活生の志望度を見ています。
そのため、企業について詳しい状態で挑み、具体的な話をしなければ最終面接に受かることは難しいです。

「就活の教科書」編集部 堀本

最終面接では、当社の志望理由を伝えたり、逆質問も設けられています。

業界についてはもちろん、企業についてもホームページは隅から隅まで読んだりして、企業に詳しくなった状態で挑まなければいけません。

 

就活生が難しいと感じがちな逆質問について、まとめている記事はこちらです。

具体的に何を聞けばいいのかわからないという就活生は、ぜひ読んでください。

 

対処法⑤:就活エージェントを利用する

内定獲得が難しい場合の対処法5つ目は、就活エージェントを利用することです。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活生ちゃん

自分でいろいろしたけど、内定が取れない…このままじゃ無い内定です。
もうどうしたらいいのかわかりません。
どうしても内定獲得が難しいときもありますよね。
そんなときは、プロが相談に乗ってくれる就活エージェントを利用してみてください。

「就活の教科書」編集部 堀本

最近はプロの就活アドバイザーが内定までサポートしてくれるサービスが増えてきています。

しかし、どの就活エージェントがいいのかわかりませんよね。

 

おすすめ就活エージェントについてまとめている、こちらの記事を参考にしてみてください。

内定者が選んだ就活エージェントで、それぞれの就活エージェントの評判やメリットがまとめられています。

 

まとめ:就活は難しいことだらけ。でも対処法はある

いかがだったでしょうか。

今回の記事では、就活で難しいと感じることとその対処法についてまとめました。

まず具体的に何が難しいと感じているのかを、理解してから対処するようにしてください。

それでは、記事のおさらいをしていきましょう。

「就活の教科書」編集部 堀本

就活で難しいと感じること|対処法まとめ

就活で難しいと感じる3つのこと

  • 自己分析が難しい
  • 将来したいことを決めることが難しい
  • 内定を獲得することが難しい

自己分析が難しいと感じたときの対処法3つ

  • 対処法①:アプリの自己分析から始める
  • 対処法②:モチベーショングラフを書いてみる
  • 対処法③:他己分析する

将来したいことが決まらないときの対処法3つ

  • 対処法①:内定者・社会人と話す
  • 対処法②:業界研究を行う
  • 対処法③:自己分析を元に自分が好きな仕事を探す

内定獲得が難しいと感じたときの対処法5つ

  • 対処法①:高望みをしすぎない
  • 対処法②:自己分析をやり直す
  • 対処法③:面接でのマナーをおさらいする
  • 対処法④:企業・業界研究をやり直す
  • 対処法⑤:新卒エージェントを利用する

就活は、人生で初めて経験するため、難しいと感じる就活生は多いです。

しかし、何に対して難しいと感じているかを理解して、それらにしっかり対処して向きあえば、大丈夫です。

この記事を読み終えたあなたは、「就活が難しい…。」と思わずに、前向きに就活ができるはずです。

 

みなさんの就活が成功することを心より願っています!

「就活の教科書」ではたくさんの記事を掲載しています。
ぜひ他の記事も参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 堀本

\ すでに400人以上の21卒が参加!! /
内定者が経験した就活情報をLINEにお届け
無料登録はコチラ