>> 就活生を救うクラウドファンディング準備中!

【履歴書/面接】希望勤務地の正しい書き方/答え方 | 希望理由,注意点も

監修者:岡本 恵典株式会社Synergy Career CEO)

この記事を読めば分かること
  • 履歴書/面接で聞かれる希望勤務地について
  • 場所別希望勤務地に使える理由
  • 履歴書編希望勤務地の書き方のポイントと例文
  • 面接編希望勤務地を聞かれた時の答え方と例文
  • 履歴書/面接で希望勤務地を伝える時の注意点

みなさん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の実来です。

この記事では、就職における希望勤務地について解説します。

みんさんは、就活の際に面接や履歴書において、希望勤務地の質問に対する答え方や、どうしたら希望勤務地に配属されるか気になったことはありませんか?

「就活の教科書」編集部 実来

就活生ちゃん

私は、実家の近くに勤務したいのですが、面接や履歴書で正直に伝えていいのか分かりません。

就活生くん

僕は勤務地にこだわりがないのですが、希望勤務地について聞かれたときになんと答えたらよいのか分かりません。

勤務地にこだわりがある人も、いない人もいると思いますが、面接官に好印象を与える希望勤務地の答え方って難しいですよね。

また、正直に答えたときに、就活に悪影響を及ぼすのかも気になりますよね。

「就活の教科書」編集部 実来

そこでこの記事では、面接や履歴書での希望勤務地についての質問に対する答え方を解説します。

合わせて、場所別の希望勤務地に使える理由や履歴書での希望勤務地の書き方のポイントと例文を解説します。

この記事を読めば、「希望勤務地をきちんと伝えておけばよかった・・・」という後悔を避けられます。

上手な希望勤務地の伝え方をマスターして、無事就活を成功させたい就活生は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

履歴書/面接で聞かれる希望勤務地について

就活生ちゃん

私は希望勤務地について質問されたら、「実家の近くが良い」と答えることを決めています。

しかし、面接官に悪印象を伝えていないか不安です。

また、希望勤務地を伝えてもそれが叶うのかも分かりません。

希望勤務地を聞かれたときに、何と答えれば面接官に好印象を与えられるのか気になりますよね。

会社に希望勤務地を伝えるときは、いくつかの注意が必要です。

最初に、そもそも希望勤務地は叶うのかについて説明します。

「就活の教科書」編集部 実来

 

希望勤務地は叶うの?

就活生ちゃん

どうしても、地元に就職したいのですが、そもそも希望勤務地は叶うのでしょうか?

20年以上前の日本であれば、希望勤務地はほぼ通りませんでした。

しかし、近年は労働力の減少などにより、企業は労働者に長く働いてもらう必要があるので、希望勤務地が叶う可能性が高いようです。

しかし、特別な事情がない限りは、希望がかなわない可能性もあります。

「就活の教科書」編集部 実来

 

理由があれば希望勤務地で自分の希望を言ってもよい

就活生くん

僕は親が病気で介護をする必要があるため、地元で勤務する必要があります。

この場合は正直に理由を答えてもよろしいのですか?

就活生ちゃん

私は特別な希望はないですが都会に強い憧れがあり、都会勤務を希望しています。

この場合は正直に、理由を伝えてもよいのか気になります。

特別な事情がある場合は、希望勤務地を聞かれたときは正直に言ってもよです。

しかし、基本的には「御社の意向に従います」と答えるべきです。

「就活の教科書」編集部 実来

 

希望勤務地は基本的に「御社の意向に従います」と答える

希望勤務地は基本的に「御社の意向に従います」と答えるべきです。

希望勤務地にこだわりすぎてしまうと、企業側からの印象が悪くなり、採用されにくくなる可能性があります。

そのため「御社の意向に従います」と答えた方が無難です。

しかし、特別な事情がある場合は、その理由を答えた方が良い可能性もあります。

就活生ちゃん

希望勤務地の質問に対してどのような内容で答えれば良いかは分かりましたが、具体的に履歴書にどう書けば良いか分かりません。

もし、履歴書に希望勤務地を書く際のポイントなどがあれば教えてください。

また、面接での答え方も知りたいです。

分かりました!

では、今から希望勤務地の伝え方を履歴書編と面接編に分けて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 実来

 

【履歴書/ES編】希望勤務地の書き方のポイントと例文

就活生くん

僕は勤務地にこだわりがなく、どこの勤務になっても良いのですが面接官に良い印象を与えることができる履歴書の答え方はありますか?

就活生ちゃん

私は、地元を離れたくないので地元で就職したいです。

この場合、履歴書にはどう書けば良いのでしょうか?

希望勤務地がない場合もある場合も、履歴書への書き方は難しいですよね。

これから、以下の2つの場合で、例文を紹介します。

この例文を読めば、どう書いたら良いのかポイントが分かりますよ。

「就活の教科書」編集部 実来

【履歴書編】希望勤務地の書き方の例文とポイント
  • 例文①:希望勤務地がない場合
  • 例文②:希望勤務地がある場合

 

例文①:希望勤務地がどこでもいい場合

希望勤務地がどこでもいい場合でも、本人希望記入欄を空欄にして出したり、特になしと書くのはNGです。

絶対条件がない限りは本人希望記入欄に、以下のように書く必要があります。

貴社規定に従います。

 

例文②:希望勤務地がある場合

希望勤務地がある場合は、基本的には本人希望記入欄には、希望勤務地がない場合と同じように書く必要があります。

どうしても譲れない条件がある場合のみ、希望勤務地を書いてください。

もし、希望勤務地を書く場合は以下の例文のように書いてください。

母の介護のため、勤務先を大阪とさせていただければ幸いです。

希望勤務地がある場合はこのように、具体的な理由と希望勤務地を書く必要があります。

「就活の教科書」編集部 実来

 

【面接編】希望勤務地を聞かれた時の答え方と例文

就活生くん

希望勤務地の履歴書での書き方が分かりました!

面接での答え方も、履歴書と同じで良いのでしょうか。

面接の場合も履歴書の伝え方と大体同じですが、具体的な答え方を知りたいですよね!

今から、面接での希望勤務地を聞かれた場合の答え方を以下の3つに分けて説明します。

「就活の教科書」編集部 実来

【面接編】希望勤務地を聞かれた時の答え方と例文
  • 答え方①:「貴社の規定に従います」とはっきりと伝える
  • 答え方②:勤務地を希望する場合は正当な理由と共に伝える
  • 答え方③:自分のキャリアプランを伝える

 

答え方①:「貴社の規定に従います」とはっきり伝える

希望勤務地を聞かれた時の答え方1つ目は、「貴社の規定に従います」とはっきり伝えることです。

答え方の例文は以下の通りです。

貴社の規定に従います。

もし、転勤があるのであれば前向きに検討したいです。

このように、会社の規定に従いますとはっきり伝え、転勤があっても前向きであることを伝えるとよいでしょう。

「就活の教科書」編集部 実来

 

答え方②:勤務地を希望する場合は正当な理由と共に伝える

希望勤務地を聞かれた時の答え方2つ目は、勤務地を希望する場合は正当な理由と共に伝えるです。

答え方の例文は以下の通りです。

母が病気で介護が必要なので、地元である大阪を希望します。

もし、勤務地を希望する場合は履歴書を書くときと同様に、具体的な理由と希望勤務地を伝える必要があります。

「就活の教科書」編集部 実来

 

答え方③:自分のキャリアプランを伝える

希望勤務地を聞かれた時の答え方3つ目は、自分のキャリアプランを伝えるです。

答え方の例文は以下の通りです。

都会の方が業務レベルが高く、自身のキャリアアップに繋がると考えたため都会の勤務を希望します。

もし、都会勤務を希望する際は、自分のキャリアプランを伝えることで意欲が面接官に伝わるようにすればよいです。

就活生ちゃん

履歴書においても、面接においても、基本的には貴社の規定に従いますと伝える方が良いのですね。

そうですね!基本的には、貴社の規定に従いますと伝える必要があります。

希望勤務地の理由を正直に伝えても面接官には通用しないことが多いです。

次に、希望勤務地を説明するのに使える理由について解説します。

「就活の教科書」編集部 実来

 

【場所別】希望勤務地に使える理由

就活生くん

僕はどうしても地元で勤務したいと思っています。
けど、大きな理由は今のところないです・・・。
希望勤務地を言う時に使える理由について教えていただきたいです。

わかりました!

では、場所別で希望勤務地に使える理由を説明します。

以下の3つの場合に分けて、解説していきます。

「就活の教科書」編集部 実来

【場所別】希望勤務地に使える理由
  • 地元が希望勤務地の場合に使える理由
  • 都会(東京、大阪など)が希望勤務地の場合に使える理由
  • 彼女・彼氏のいる場所が希望勤務地の場合に使える理由

 

地元が希望勤務地の場合に使える理由

地元が希望勤務地の場合に使える理由は以下の通りです。

地元が希望勤務地の場合に使える理由
  • 父や母の看病をしなければならない

地元に友達がたくさんいるからや、実家から通うのが楽だからという理由は、面接官には通用しない可能性が高いです。

また、転勤がある会社であれば、入社後に希望勤務地である地元に配属されたとしても、地元から離れないといけなくなります。

なので、ずっと地元を離れたくないのであれば、エリア職などの転勤がない職種を選ぶのが良いでしょう。

どうしても転勤や希望勤務地で働きたい場合は、大手企業ではなく中小企業やベンチャー企業などがおすすめです。

「就活の教科書」編集部 実来

 

都会(東京、大阪など)が希望勤務地の場合に使える理由

都会(東京、大阪など)が希望勤務の場合に使える理由は以下の通りです。

都会(東京、大阪など)が希望勤務地の場合に使える理由
  • 自分が志望している職種が都会に集中しているから
  • 業務レベルが高く自己の成長につながると考えたから

都会の方が便利だからや、都会に住んでみたいからという理由は面接官には通用しません。

都会が希望勤務地の場合は、意欲を表す方が面接官に好印象を与えられる可能性が高いです。

もし、本心は便利だからだという理由でも面接や履歴書には面接官に好印象を与えられるような回答を心がけましょう

「就活の教科書」編集部 実来

 

彼女・彼氏のいる場所が希望勤務地の場合に使える理由

彼女・彼氏のいる場所が希望勤務地の場合は、前提として嘘をつくしかないことを認識しておく必要があります。

彼女・彼氏のいる場所が希望勤務地の場合に使える理由
  • 〇〇の部署でやっている仕事が私のやりたい仕事であるから

彼女・彼氏がいるからという理由は面接などでは通用しません。

その場所ではいけない他の理由を用意する必要があります。

具体的には、やりたい仕事内容がその部署にしかないことをアピールすることです。

また、彼女・彼氏を嘘でも婚約者と伝えておくと、認められる場合もあるようです。(リスキーですが・・・)

就活生ちゃん

面接などで希望勤務地などを聞かれた場合は、正直に答えすぎてはいけないのですね!

面接官に好印象を当たられるような答え方ができるように心がけます。

そうですね!嘘をつくのはよくないですが、どうしても希望勤務地を叶えたいときは、本音と他の理由を用意しておいた方が良いかもしれませんね。

「就活の教科書」編集部 実来

 

就活力診断をしてみてください! 一気に企業の人事からの評価を上げることができます。

就活力診断では、あなたの就活戦闘力(Sランクは約2%)や、あなたが今するべき就活対策の全てがわかります。

診断結果から自分の足りていないところがわかり、一気に人事からの評価を上げることができます。

もし「このままで内定取れるのかな」「今、何をするべきか分からない」と悩んでいるなら就活力診断を試してみてください。

>> 就活力診断をしてみる(LINEで無料診断)

 

希望勤務地を叶える方法

就活生くん

履歴書や面接での希望勤務地の伝え方は分かりました。

やはり、特別な理由がない限り、希望勤務地は叶わないのでしょうか。

特別な理由がなくても、希望勤務地を叶えたい人はいますよね。

そういう人はどうしたらよいのか、今から3つの方法に分けて説明します。

「就活の教科書」編集部 実来

希望勤務地を叶える方法
  • 方法①:具体的な理由を伝える
  • 方法②:譲歩できる範囲を広げる
  • 方法③:転職制度を確認する

 

方法①:具体的な理由を伝える

希望勤務地を叶える方法1つ目は、具体的な理由を伝えることです。

希望だけを伝えるのではなく、納得感のある理由を伝えることが大事です。

「都会がいいから」、「地元がいいから」では具体的な理由が分からず、面接官も希望勤務地の意図を理解できません。

なので、「父や母が病気で介護が必要だから」「東京の方が、キャリアアップに繋がるから」など具体的な理由を伝えるように心がけましょう

 

方法②:譲歩できる範囲を広げる

希望勤務地を叶える方法2つ目は、譲歩できる範囲を広げることです。

希望勤務地をこだわりすぎなると、それが理由で不採用になる可能性が高くなる可能性があります。

具体的には、「実家から電車で2時間以内の場所なら良い」、「東京ではなくとも、大阪や名古屋であればよい」などです。

自分の中で、ここまでなら許せるという範囲をしっかりと決めておくことが大事です。

 

方法③:転職制度を確認する

希望勤務地を叶える方法3つ目は、転職制度を確認することです。

もし、ファーストキャリアで希望勤務地に配属されなくても、後に希望勤務地に転職できる会社もあります。

なので、入社前に転職制度を確認しておいて、入社後に希望勤務地に転勤するという手もあります。

しかし、必ずしも希望通りにならない可能性もあるので、事前に社員の人に確認などをしておいた方が無難です。

就活生くん

希望勤務地を叶える方法が分かりました!

もし、希望勤務地がある場合の伝え方などで注意点があったら教えてください。

わかりました!

それでは、注意点について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 実来

 

履歴書/面接で希望勤務地を伝える時の注意点

就活生くん

実際に、今から希望勤務地を履歴書に書こうと思っています。

上記の例文でどのように書けば良いかは理解しましたが、注意点などはないですか?

就活生ちゃん

私も、都会に住みたいので面接で希望勤務地を伝えようと思っています。

例文のように答える以外に注意点があったら教えてほしいです。

実際に希望勤務地を伝えるとき、どこに気を付ければよいのか分かりませんよね。

今から、履歴書/面接で希望勤務地を伝える時の注意点を3つ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 実来

履歴書/面接で希望勤務地を伝える時の注意点
  • 注意点①:「特になし」と伝えない
  • 注意点②:希望する場合に消極的な理由を言う
  • 注意点③:安易に「全国転勤可能」と言わない

 

注意点①:「特になし」と伝えない

注意点の1つ目は「特になし」と伝えないことです。

「特になし」と伝えると働く意欲がない印象を面接官に与えてしまうかもしれません。

なので、本心では希望勤務地が無かったとしても、「貴社の規定に従います」と伝える必要があります。

履歴書の本人希望記入欄を空欄にしたり、面接で「特になし」と伝えるべきではないです。

 

注意点②:希望する場合に消極的な理由を言う

注意点の2つ目は希望する場合に消極的な理由を言わないことです。

消極的な理由を伝えると、面接官に意欲が伝わりにくい可能性が高いです。

例えば、都会勤務を希望する場合は、「田舎が嫌だから」という理由ではなく、「都会が良い」という理由を伝えるようにしたほうが面接官からの印象が良い場合が多いです。

なので、もし希望勤務地がある場合は、積極的な理由を言うようにしましょう。

 

注意点③:安易に「全国転勤可能」と言わない

注意点の3つ目は安易に「全国転勤可能」と言わないことです。

特に何も考えずに「全国転勤可能」と伝えてしまうと、企業側は優先的に全国転勤を命じる可能性があります。

本当に全国転勤に抵抗がない人であれば問題ないですが、少しでも抵抗がある人は、安易に「全国転勤可能」と伝えてしまうと、後で後悔する可能性があります。

自分のキャリアプランをしっかりと考えた上で、勤務地について伝えるようにしましょう。

就活生ちゃん

希望勤務地を伝える時の注意点が分かりました。

今から、履歴書を書こうと思っていましたが、希望勤務地に関しては「特に無し」と書こうと思っていました。

「特に無し」ではなく、「貴社の規定に従います」と書く必要があるのですね

就活生くん

僕は、面接官に対する印象が良いと思って、面接で「全国転勤可能」と伝えようとしていました。

しかし、自分のキャリアプランをしっかりと考えてから伝える必要がありますね。

そうですね!

面接官からの印象をよくするために、希望勤務地は正直に答えすぎずに工夫して伝える必要がありますね。

「就活の教科書」編集部 実来

 

まとめ:希望勤務地を指定する時は正当な理由を伝えよう

本記事「【履歴書/面接】希望勤務地の正しい伝え方 | 希望理由,注意点も」はいかがだったでしょうか?

この記事では「希望勤務地の伝え方」について解説しました。

合わせて、場所別の希望勤務地に使える理由や履歴書での希望勤務地の書き方のポイントと例文について解説しました。

最後に、この記事の内容をおさらいしましょう。

この記事のまとめ

◆履歴書/面接で聞かれる希望勤務地について

  • 希望勤務地は叶うの?
  • 理由があれば希望勤務地で自分の希望を言ってもよい
  • 希望勤務地は基本的に「御社の意向に従います」と答える

◆【場所別】希望勤務地に使える理由

  • 地元が希望勤務地の場合に使える理由
  • 都会(東京、大阪など)が希望勤務地の場合に使える理由
  • 彼女・彼氏のいる場所が希望勤務地の場合に使える理由

◆【履歴書編】希望勤務地の書き方のポイントと例文

  • 例文①:希望勤務地がない場合
  • 例文②:希望勤務地がある場合

◆【面接編】希望勤務地を聞かれた時の答え方と例文

  • 答え方①:「貴社の規定に従います」とはっきりと伝える
  • 答え方②:希望する場合は正当な理由と共に伝える
  • 答え方③:自分のキャリアプランを伝える

◆希望勤務地を叶える方法

  • 方法①:具体的な理由を伝える
  • 方法②:譲歩できる範囲を広げる
  • 方法③:転勤制度を確認する

◆履歴書/面接で希望勤務地を伝える時の注意点

  • 注意点①:「特になし」と伝えない
  • 注意点②:希望する場合に消極的な理由を言う
  • 注意点③:安易に「全国転勤可能」と言わない