【コスパ◎】Web(オンライン)面接におすすめのカメラ5選 | 選び方,高さ/位置についても解説

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事で分かること
  • Web(オンライン)面接用にカメラを買うべきかどうか
  • Web(オンライン)面接で使えるおすすめのカメラ
  • Web(オンライン)面接で使えるカメラの選び方は角度調節がしやすいものを選ぶこと
  • Web(オンライン)面接を受ける時のカメラの設置方法
  • Web(オンライン)面接を受ける時のカメラに関する注意点はカメラをしっかりと固定すること
  • 「Web面接で上手く回答を伝えられない…」という方は面接質問集(公式LINE)で対策するのがおすすめ

こんにちは。「就活の教科書」編集部のハリーです。

今回は、Web面接のカメラについて解説していきます。

みなさんは、Web面接を受けるときに専用のカメラを使って受けていますか?

「就活の教科書」編集部 ハリー

就活生くん

今は、パソコンに内蔵されているカメラを使っています。

Web面接は、専用のカメラを使って受けた方がいいんですか?

就活生ちゃん

私は専用のカメラが欲しいんですけど、いいカメラがなかなか見当たらなくて・・・

Web面接に使えるおすすめのカメラがあれば教えてほしいです。

確かに、Web面接に専用のカメラを使うかどうかは悩みどころですよね・・・

「就活の教科書」編集部 ハリー

そこで、このページではWeb(オンライン)面接でおすすめのカメラについて解説します。

あわせて、Web(オンライン)面接を受ける時のカメラの設置方法を紹介します。

この記事を読めば、Web面接使えるカメラを上手に使いこなす方法が分かり、Web面接の突破に大きく近づけるようになります。

Web(オンライン)面接で内蔵カメラをおすすめしない理由も紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

先に伝えておくと「志望企業の面接質問にどのように答えたら良いかわからない…」という方は「面接回答100選(公式LINEで配布)」で内定者の回答を参考にするのが一番おすすめです。

面接回答集を使うと、面接官に評価される回答方法が丸わかりになるので、面接・ESの突破率も上がります。

「内定者の回答を参考にして就活を有利に進めたい!」という方は、公式LINEからGETしてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 「面接回答100選(公式LINEで配布)」を使ってみる

 

目次

 

Web(オンライン)面接用にカメラを買った方がいいの?

就活生くん

そもそも、Web面接用にカメラって買った方がいいんですか?

結論から言えば、Web面接用のカメラは買うべきです。

「就活の教科書」編集部 ハリー

最近のパソコンはあらかじめカメラが内蔵されているものがほとんどですが、このパソコン内蔵のカメラの性能は、お世辞にも高いとは言えないものが多いです。

ほとんどのノートパソコンのカメラは100万画素以下のものが多く、これはiPhoneのカメラの10分の1以下の画質です。

綺麗な画像とぼやけた画像では、綺麗なな画像の方が面接官に良い印象を与えられるのは明白。

少しでもWeb面接を有利に進めたいのであれば、Web面接用のカメラは買うべきなのです。

実際に私も、就活中はWeb面接用のカメラを買って就活していました!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

Web(オンライン)面接で使えるおすすめのカメラ

就活生ちゃん

やっぱり、Web(オンライン)面接用のカメラは買った方がいいんですね!

けど、どんなカメラを使えばいいのか分からないです・・・

Web(オンライン)面接で使えるおすすめのカメラは下記の5つです。

「就活の教科書」編集部 ハリー

Web(オンライン)面接で使えるおすすめのカメラ
  • ロジクール ウェブカメラ C920n
  • エレコム Webカメラ UCAM-C820ABBK
  • Bxote Webカメラ フルHD1080P/30fps
  • Conico Webカメラ フルHD
  • Sinvitron webカメラ LEDライト付き

では、それぞれ解説していきますね!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

カメラ①:ロジクール ウェブカメラ C920n

Web(オンライン)面接で使えるおすすめのカメラ1つ目は、ロジクール ウェブカメラ C920nです。

ロジクール ウェブカメラ C920nは、1080p・フルHDの高性能Webカメラです。

HD光調整機能により最適な光の量をカメラが調節するため、顔の写りが良くなって確実にWeb面接で好印象を与えられるようになります。

Web面接のカメラに迷った場合には、真っ先におすすめできるカメラです。

ロジクールというスイスの大手企業が開発した製品なので、サポート体制・品質もバッチリです。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

カメラ②:エレコム Webカメラ UCAM-C820ABBK

Web(オンライン)面接で使えるおすすめのカメラ2つ目は、エレコム Webカメラ UCAM-C820ABBKです。

エレコム Webカメラ UCAM-C820ABBKは、フルHDの高画質Webカメラです。

最大の特徴はノイズ低減機能で、一般的なカメラでは処理しきれないノイズ(画像の乱れ)が乗りますが、このWebカメラはノイズを低減することができます。

また、エレコムは日本メーカーのため、安心の日本製を使いたい方にはおすすめです。

エレコムは日本のメーカーのため、安心して使えるのが特徴です。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

カメラ③:‎Bxote Webカメラ フルHD1080P/30fps

Web(オンライン)面接で使えるおすすめのカメラ3つ目は、‎Bxote Webカメラ フルHD1080P/30fpsです。

‎Bxote Webカメラ HD1080P/30fpsは、フルHDカメラを搭載したWebカメラです。

オートフォーカス機能が搭載されており、セッティングの時間を短縮できます。

また、USBケーブルをパソコンに挿すだけですぐに使えるという手軽さも魅力の一つです。

難しいセッティングを避けたい方におすすめです!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

カメラ④:Webカメラ eMeet C960

Web(オンライン)面接で使えるおすすめのカメラ4つ目は、Webカメラ eMeet C960です。

Webカメラ eMeet C960は、フルHDカメラを搭載したWebカメラです。

デュアルビルトイン全方向マイクで、どの角度からでも明確な集音が可能と、音質がかなりハイスペックな製品と言えます。

また、HD光補正も装備されており、照明条件に合わせて光の状態を微調整しすることも可能です。

まさに、万能型Webカメラって感じですね!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

カメラ⑤:Sinvitron webカメラ LEDライト付き

Web(オンライン)面接で使えるおすすめのカメラ5つ目は、Sinvitron webカメラ LEDライト付きです。

Sinvitron webカメラ LEDライト付きは、LEDリングライトと一体型になったユニークな形が特徴のWebカメラです。

Web面接用のカメラを選ぶ基準としてカメラの解像度はもちろん重要ですが、それ以上に光の量がなければ顔を明るく写すことができません。

その点、このWebカメラはLEDリングライトが付属しているため、光の量を自由にコントロールすることが可能なのです。

ちなみに、カメラの画質もフルHDの1080pと、申し分ありません!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

「面接で上手く回答できなくて落ちた…」なんてことになりたくない方は「面接回答100選(公式LINEで配布)」とunistyle同時利用して内定者の回答をまねるのが一番おすすめです。

同時に使うと、面接での頻出質問難関企業内定者の回答が無料で見れるので、本番で評価される回答ができますよ。

「志望企業の質問内容を知って対策したい!」という方は、ぜひ利用してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 面接回答100選を受けとって頻出質問を確認する

>> unistyleで内定者の回答を見る

 

Web(オンライン)面接で使えるカメラの選び方

就活生くん

Web(オンライン)面接で使えるおすすめのカメラは分かりました!

けど、何を基準にして選べばいいんですか?

Web(オンライン)面接で使えるカメラの選び方は下記の3つです。

「就活の教科書」編集部 ハリー

Web(オンライン)面接で使えるカメラの選び方
  • 無線より有線タイプのものを選ぶ
  • 角度調節がしやすいものを選ぶ
  • 画質が良いもの(100万画素・720p以上)を選ぶ

では、それぞれ解説していきますね!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

選び方①:無線より有線タイプのものを選ぶ

Web(オンライン)面接で使えるカメラの選び方1つ目は、無線より有線タイプのものを選ぶです。

Web面接用のカメラには有線と無線の2種類がありますが、Web面接で使うのであれば、絶対に有線タイプを選ぶべきです。

なぜなら、無線タイプは便利な反面、接続が途切れやすいといったデメリットがあるからです。

逆に、有線タイプは接続の安定性が高く、値段も無線タイプより安いモデルが多いため、Web面接を受ける就活生にとってメリットしかありません。

有線タイプのWeb面接用カメラの安心感はピカイチです!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

選び方②:角度調節がしやすいものを選ぶ

Web(オンライン)面接で使えるカメラの選び方2つ目は、角度調節がしやすいものを選ぶです。

Web面接において、カメラの角度調節は非常に重要です。

ほとんどのカメラは角度調節可能ですが、その中でもカメラの可動域が大きいものを選びましょう。

可動域が大きければ大きいほどカメラを様々な角度に調整できるため、使い勝手は抜群です。

カメラの角度次第で顔の見え方は大きく変わるため要注意です!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

選び方③:画質が良いもの(100万画素・720p以上)を選ぶ

Web(オンライン)面接で使えるカメラの選び方3つ目は、画質が良いもの(100万画素・720p以上)を選ぶです。

綺麗な画像ほど面接官に与えられる印象は良くなりますが、画質は上がれば上がるほど価格は高くなってしまいます。

そこで、大学生目線でコスパを考えると、カメラのスペックとしては100万画素・720p以上のモデルがおすすめです。

Web面接のカメラを買うのであれば、画質にもしっかりとこだわるべきです。

カメラの画質はこだわれば限界が無いので、コスパ重視で選んでみましょう!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

【位置/高さ/角度】Web(オンライン)面接を受ける時のカメラの設置方法

就活生ちゃん

Web(オンライン)面接で使えるカメラの選び方は分かりました!

次は、位置とか角度とか高さとか、カメラの設置方法を知りたいです。

Web(オンライン)面接を受けるときに注意すべきカメラの設置方法は以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 ハリー

Web(オンライン)面接を受けるときのカメラの設置方法
  • パソコンのディスプレイ上部にしっかりと固定する
  • ディスプレイの角度は変更しない
  • カメラ角度はモニター越しに見て目線の位置がおかしくならないように調整する

以上の方法は、Web面接用のカメラを使う場合の方法ですが、内蔵カメラ、もしくはスマホでWeb面接を受ける場合も、注意点は同じです!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

Web(オンライン)面接を受ける時のカメラに関する注意点

就活生くん

Web(オンライン)面接を受ける時のカメラの設置方法は分かりました!

あとは、Web(オンライン)面接を受ける時のカメラに関する注意点があれば知りたいです。

Web(オンライン)面接を受ける時のカメラに関する注意点は下記の3つです。

「就活の教科書」編集部 ハリー

Web(オンライン)面接を受ける時のカメラに関する注意点
  • 顔とカメラが近すぎないようにする
  • カメラをしっかりと固定する
  • 明るすぎたり暗すぎたりしないようにする

では、それぞれ解説していきますね!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

注意点①:顔とカメラが近すぎないようにする

Web(オンライン)面接を受ける時のカメラに関する注意点1つ目は、顔とカメラが近すぎないようにするです。

Web面接は対面の面接よりも面接官の顔が小さく映ることもあり、無意識のうちにカメラに近づいてしまいがちです。

特に、キーボードを使おうとすると自然に顔がカメラに近づいてしまい、自分の顔を必要以上に映すことになってしまいます。

それだけで不採用になることはありませんが、好印象を持たれないことは確実なため、Web面接でのマナーとして意識しておくべきです。

喋るのに熱中してるときも、要注意です!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

注意点②:カメラをしっかりと固定する

Web(オンライン)面接を受ける時のカメラに関する注意点2つ目は、カメラをしっかりと固定するです。

Web面接でカメラが揺れていると、面接官は画面酔いしてしまう可能性があります。

加えて、仮にWeb面接でどんなに良い回答をしても、ずっと画面が揺れていれば、面接官の頭に話の内容はが入っていくことはほぼありません。

パソコンの内蔵カメラの場合は心配ありませんが、Web面接用のカメラを使う場合はしっかりと固定することが大切です。

ずっと相手の画面が揺れていたら、気持ち悪いですよね(笑)

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

注意点③:明るすぎたり暗すぎたりしないようにする

Web(オンライン)面接を受ける時のカメラに関する注意点3つ目は、明るすぎたり暗すぎたりしないようにするです。

室内が暗いと表情が見えづらくなり、逆に明るすぎても表情が分かりづらくなります。

また、自分では明るいと感じても、カメラを通して見ると画面が暗く映っていることもあります。

画面の明るさに関しては、Web面接を受ける前に自分で一度チェックしておくべきです。

小さめのリングライトを使うのも、一つの手ですよ!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

【詳しく解説】Web(オンライン)面接で内蔵カメラをおすすめしない理由

就活生ちゃん

Web(オンライン)面接を受ける時のカメラに関する注意点は分かりました!

けど、やっぱりお金のことを考えたら、パソコンの内蔵カメラでいいかなって思っちゃうんですけど・・・

Web(オンライン)面接で内蔵カメラをおすすめしない理由は下記の3つです。

「就活の教科書」編集部 ハリー

Web(オンライン)面接で内蔵カメラをおすすめしない理由
  • 内蔵カメラは画質が悪くなりやすいから
  • 内蔵カメラは角度の調節ができないから
  • 内蔵カメラの位置は目線より低いから

では、それぞれ解説していきますね!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

理由①:内蔵カメラは画質が悪くなりやすいから

Web(オンライン)面接で内蔵カメラをおすすめしない理由1つ目は、内蔵カメラは画質が悪くなりやすいからです。

多種多様な性能・画質の製品が販売されているWebカメラと違って、どんなにハイスペックなPCでも内蔵カメラの性能には限界があります。

そして、当たり前ですが、Webカメラの性能が良ければ顔もクリアに見えるため、自分の表情や雰囲気などをより面接官に伝えやすくなります。

伝えられる情報量が対面面接よりも圧倒的に少なくなるWeb面接においては、画質の低い内蔵カメラはおすすめできません。

一度Webカメラを使ってみれば分かりますが、画質は雲泥の差ですよ(笑)

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

理由②:内蔵カメラは角度の調節ができないから

Web(オンライン)面接で内蔵カメラをおすすめしない理由2つ目は、内蔵カメラは角度の調節ができないからです。

顔の映りを良くするためにカメラの角度調整は必須ですが、パソコンの内蔵カメラでは角度調整ができません。

ですが、Webカメラを使えば角度調節が簡単に行えて、面接官に好印象を与えられます。

角度を自分で調整できない内蔵カメラは、Web面接にはおすすめできません。

角度によって顔の印象は大きく変わるので、角度調整は必須です。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

理由③:内蔵カメラの位置は目線より低いから

Web(オンライン)面接で内蔵カメラをおすすめしない理由3つ目は、内蔵カメラの位置は目線より低いからです。

目線が低くなることのマイナスポイントは、カメラ越しに見ると見下されているように映ってしまうことです。

面接官に媚びを売る必要はありませんが、就活生と面接官では基本的に面接官の方が立場は上であるため、相手に失礼になる可能性がある事象は、できるだけ排除する必要があります。

内蔵カメラを使ってしまうと、角度によっては相手を見下しているように映ってしまうため、おすすめしません。

細かい話かもしれませんが、面接の合否は小さな印象の積み重ねで決まるのです!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

Web(オンライン)面接のカメラに関するよくある質問

就活生くん

Web(オンライン)面接で内蔵カメラをおすすめしない理由は分かりました!

他にWeb(オンライン)面接用のカメラで知っておくべきことってありますか?

それでは、Web(オンライン)面接用のカメラに関してよくある質問を紹介します!

Web(オンライン)面接のカメラに関するよくある質問は下記の2つです。

「就活の教科書」編集部 ハリー

Web(オンライン)面接のカメラに関するよくある質問
  • 目線は画面とカメラのどっちに向ける?
  • カメラと顔の距離はどれくらいがいいの?

では、それぞれ解説していきますね!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

質問①:目線は画面とカメラのどっちに向ける?

Web(オンライン)面接のカメラに関するよくある質問1つ目は、「目線は画面とカメラのどっちに向ける?」です。

結論から言えば、Web面接中の目線はカメラに向けるべきです。

Web面接では、ディスプレイに映っている面接官を見てしまいがちですが、 目線が下がってしまい、面接官からは自信がないように見えてしまいます。

カメラ目線に慣れていないとカメラに向かって話すのは難しいですが、しっかりとカメラを見ながら話す意識を持つべきです。

これは意外と難しいので、何度か練習しておくのがベターです。

また、Web面接での目線については以下の記事でも詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

質問②:カメラと顔の距離はどれくらいがいいの?

Web(オンライン)面接のカメラに関するよくある質問2つ目は、「カメラと顔の距離はどれくらいがいいの?」です。

カメラと顔の距離の目安としては、画面面積の3分の1ぐらいを顔が占めている状態がベストです。

顔以外にも全身を映す場合は、もう少し遠くする必要があります。

ただ、あまりにも近すぎたり遠すぎたりしなければ、カメラと顔の近さが問題になることはそこまでないため、その他に注意すべきことを意識しておきましょう。

ある程度の距離を保てていれば、オッケーです!

「就活の教科書」編集部 ハリー

 

面接を突破するために、自分の強みを明らかにしよう

就活生くん

面接で自己PRにいつもうまく答えられなくて困っています・・・

そもそも、自分の強みってどうやって見つけるのかな。

面接で話せる自分の強みを簡単に見つけたいなら、「自己分析の診断ツールを利用する」という方法もありますよ。

自己分析の診断ツールは、いくつかの質問に答えるだけで、あなたの性格や強みが分かるツールです。

かかる時間も10分ほどで、手軽に客観的な自己分析ができます。もちろん無料です。

就活アドバイザー 京香

メモ

代表的な自己分析ツールには、以下のようなものがあります(同時利用がおすすめ)

自己分析ツールで自己分析すると、あなたの診断結果に魅力を感じた企業から直接スカウトが届きます。

自己分析を進めつつ、企業からのオファーも来るなんて一石二鳥ですよ。

おすすめの自己分析ツールの評判や使い方は、【内定者が選んだ】自己分析ツールおすすめ16選 | 簡単な適性診断サイト,アプリ (全て無料)という記事で解説しているので、参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

 

面接の勝率を上げるために、場数を踏んでおこう

就活生ちゃん

面接での対策はなんとなくわかったけど、面接当日にうまく話せないんですよね。

面接の勝率を上げるためには、今から何をしたらいいんでしょうか・・・?

頭で理解することも大切ですが、面接では場数を踏むことが最も重要です。

スカウトサイトの「OfferBox」を使うと、自分に興味のある企業から直接スカウトが届き、面接を受けられます。

7,600社以上の中から自分が活躍できる企業選びもでき、面接に慣れることができますね。

240,000人が使う人気No.1サイトで面接の場数を踏んでみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBoxで面接の場数を踏んでみる

 

また、面接のおすすめ練習方法をこちらの記事で紹介していますので、自分に合った方法を見つけてみてください。

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

まとめ:Web(オンライン)面接ではウェブカメラを使うのがおすすめ

さて、【コスパ◎】Web(オンライン)面接におすすめのカメラ5選 | 選び方,高さ/位置についても解説はいかがだったでしょうか?

このページではWeb(オンライン)面接でおすすめのカメラについて解説しました。

あわせて、Web(オンライン)面接を受ける時のカメラの設置方法、Web(オンライン)面接で使えるカメラの選び方、Web(オンライン)面接を受ける時のカメラに関する注意点も紹介しました。

本記事のまとめ

◆Web(オンライン)面接用にカメラを買うべき

◆Web(オンライン)面接で使えるおすすめのカメラ

  • カメラ①:ロジクール ウェブカメラ C920n
  • カメラ②:エレコム Webカメラ UCAM-C820ABBK
  • カメラ③:Bxote Webカメラ フルHD1080P/30fps
  • カメラ④:Conico Webカメラ フルHD
  • カメラ⑤:Sinvitron webカメラ LEDライト付き

◆Web(オンライン)面接で使えるカメラの選び方

  • 選び方①:無線より有線タイプのものを選ぶ
  • 選び方②:角度調節がしやすいものを選ぶ
  • 選び方③:画質が良いもの(100万画素・720p以上)を選ぶ

◆【位置/高さ/角度】Web(オンライン)面接を受ける時のカメラの設置方法

◆Web(オンライン)面接を受ける時のカメラに関する注意点

  • 注意点①:顔とカメラが近すぎないようにする
  • 注意点②:カメラをしっかりと固定する
  • 注意点③:明るすぎたり暗すぎたりしないようにする

◆【詳しく解説】Web(オンライン)面接で内蔵カメラをおすすめしない理由

  • 理由①:内蔵カメラは画質が悪くなりやすいから
  • 理由②:内蔵カメラは角度の調節ができないから
  • 理由③:内蔵カメラの位置は目線より低いから

Web面接用のカメラを選ぶのは難しいかもしれませんが、ぜひ本記事を参考にして、自分に合ったWeb面接用のカメラを選んでみてください!

「就活の教科書」編集部 ハリー