>> しっかり確認! 就職活動の流れ <<

【ゼミを武器にしろ】エントリーシート(ES)のゼミの書き方や例文|入ってない人の対処法も

エントリーシートのゼミ欄の書き方

こんにちは!「就活の教科書」編集部の松村です。
この記事では、エントリーシート(ES)の「ゼミ」の欄が書けなくてお困りの方のために記事を書きました。

「就活の教科書」編集部 松村

就活生ちゃん

エントリーシートを提出したいけど、ゼミの欄の書き方がわからない

就活生くん

ゼミで書きたいことはあるんですけど、実際の例文を参考にしてから書き始めたいです。

 

そこでこの記事では「就活の教科書」編集部の松村が、「エントリーシートのゼミ欄の書き方」や「例文」を紹介します。

加えて、「ちょっとした注意点」「そもそもゼミに入っていない就活生はどうすればいいのか」も説明しています。

「エントリーシートのゼミ欄の書き方がわからない」「例文を参考にしたい」と思っている就活生は、ぜひ最後まで読んでください。

そもそも、エントリーシートでゼミ欄はどう評価されるの?

今からエントリーシートのゼミ欄を書き始める前に、そもそものエントリーシートのゼミ欄の評価ポイントを知っておきましょう。

ただ規定の文字数を埋めただけでは、逆効果になります。

手を抜いて書くと、人事に志望度が低いと思われてしまいますよ。

人事の目線に立って考えてみると、提出されたエントリーシートが明らかに手抜きだったら嫌ですよね。

「就活の教科書」編集部 松村

 

人事は、ゼミ欄から大きく3つのポイントに注目しています。

エントリーシートのゼミ欄の評価ポイント
  • 協調性
  • 課題の取組み方
  • 言語化能力

エントリーシートのゼミ欄で評価されているのは、「会社で働くために必要な能力があるかどうか」です。

ゼミ欄がしっかり書けていれば、エントリーシート通過後の面接でもゼミについて質問されます。

面接されること前提で考えましょう。

良いエントリーシートのゼミ欄は話が広がり、面接でも良い結果になることがよくあります。

「就活の教科書」編集部 松村

 

ポイント①:協調性

ゼミ欄で評価される一つ目のポイントは、協調性です。

ここでいう協調性とは、意味を少し広くとって、集団での立ち回り方のことを指します。

例えば、「コミュニケーション能力やチームワークが取れているか」や「リーダーシップや与えられた役割をきちんとこなせているか」という点を人事は見ています。

ゼミで人をまとめるポジションだった学生は、良いエピソードが見つかるはずです。

協調性とは、集団行動では欠かせない能力です。
会社は必ずチームで動くので、協調性がなければチームで動くことができません。

「就活の教科書」編集部 松村

 

ポイント②:課題の取り組み方

ゼミ欄で評価されるポイントの2つ目は、課題の取組み方です。

課題の取組み方とは、ゼミの課題に対して真面目に取り組んでいるか、どんな工夫をして進めてきたかなどです。

つまり、課題解決するために必要なマインド面の力がどれだけ身に付いているか見られています。

課題を簡単に諦めていたり、何の工夫もなく取り組んでいたりしても評価されません。

ゼミ欄を書く上でヒントになるのが、「自分なりに何をしたか」です。

「就活の教科書」編集部 松村

 

ポイント③:言語化能力

ゼミ欄で評価されるポイントの3つ目は、言語化能力です。

言語化能力とは、話し手の思い描いているものを言語のみで聞き手にわかってもらうことです。

しっかり言語化したゼミ欄のエントリーシートは、人事の目にも留まりやすくなります。

一方、どれだけ「協調性」「課題の取り組み方」がよかったとしても、それを言語化できなければ人事には伝わりません。

言語化能力の高い人は、エントリーシートでも面接でもとても良い評価を受けやすいです。きちんと言語化しましょう。

エピソードの内容が派手ではなくても、うまく言語化できていれば問題ありません。

 

エントリーシートのゼミ欄がどのように評価されているかわかりましたね。
次はエントリーシートのゼミ欄を読みやすくするための書き方を紹介します。

「就活の教科書」編集部 松村

 

エントリーシートのゼミ欄の書き方はどうするの?

エントリーシートのゼミ欄には3つのステップで書いていきます。

エントリーシートのゼミ欄の書き方
  1. 何を目標にしてゼミに取り組んだか
  2. どういう課題に直面し、どう乗り切ったか
  3. ゼミでの経験を会社でどう活かすか
この3つのステップで書いていけば、あなたの経験を武器にしたゼミ欄ができあがります。

「就活の教科書」編集部 松村

 

ステップ①:何を目標にしてゼミに取り組んだか

エントリーシートのゼミ欄にまず最初に書くのが、「何を目標にしてゼミに取り組んできたか」です。

具体的には、ゼミ選びの理由やゼミで何を学んできたか、ゼミで何を実現したかったかなどです。

私は○○ゼミに所属しています。私が○○ゼミを選んだのは、△△だからです。

 

ゼミ欄の1文目では、メインの文章のステップ②のために、必要な前提知識にも触れておきましょう。

登場する単語を事前に知らせることえ、読み手が理解しやすい文章にできます。

文量はステップ②より短くしましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

 

ステップ②:どんな課題に直面し、どう乗り切ったか

エントリーシートのゼミ欄の次に書くのは、「どんな課題に直面しどう乗り切ったか」です。

ステップ②には、課題に対する姿勢や思考性が現れます。

自分の性格や特徴を表すエピソードを選ぶと良いです。

ゼミの課題を頑張った人もいれば、チームのマネジメントを頑張った人もいるでしょう。

自分だけの体験を自分の言葉で表現すれば、あなただけのエントリーシートができあがります。

このステップ②が人事が一番見たいと思っているポイントです。
しっかり言語化して書いていきましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

 

ステップ③:ゼミでの経験を会社でどう活かすか

そしてエントリーシートのゼミ欄の最後に書くのは、「ゼミでの経験を会社でどう活かすか」です。

エントリーシートのゼミ欄の3つの評価ポイントは、入社後のどのように活躍するか予想するための材料です。

人事がゼミ欄を読み終わった後に、「だから何?」と思われないように、自分の考えを示しておきましょう。

エントリーシートに書くゼミでの経験は、成功体験が好ましいです。
試行錯誤の結果上手くいったというエピソードのほうが、読み手は話を受け入れやすいですよね。

「就活の教科書」編集部 松村

 

ゼミの書き方以外で、エントリーシートの書き方をもっと詳しく知りたい就活生はこの記事をご覧ください。

 

エントリーシートのゼミ欄の書き方の例文2パターン

エントリーシートのゼミ欄の書き方はわかりましたが、実際に就活生がどのように書いているのか気になりますよね?
ゼミ欄の例文を2つ用意したので参考にしてみてください。

ステップごとに段落を分けておきました。どちらの例文もステップごとにきちんとまとまっています。

「就活の教科書」編集部 松村

 

ゼミ欄例①:国際文化

1つ目は、国際文化をテーマにしたゼミの例です。

私はゼミで東南アジアの人々の生活について研究しています。私がこのゼミを選んだきっかけは、食事、法律、宗教などおよそ全てが日本と異なる生活に興味を持ったことです。
そして、東南アジア料理のレストランは日本でもよく見られて自分にも身近だと思ったので、東南アジアの食事を専門に研究しています。食事について調べていくうちに、現地の味と日本にある東南アジア料理のレストランは本当に同じ味なのか気になり始めました。一度気になり始めると夜も眠れなくなる性格なので、ついに私は長期休暇を利用して一人で東南アジアを回り自分の舌で味を確かめるに至りました。
私は御社に入社した後も、気になったことは自分で動いて確かめることで正しい価値判断をして、お客様に満足していただけるサービスを提供していこうと考えています。(344字)

 

ゼミ欄例②:法律の憲法

もう1つは、法律の憲法をテーマにしたゼミの例です。

私は法学部で憲法ゼミに所属しています。私が憲法ゼミに入ろうと思ったきっかけは、本来公平であるはずの裁判で「公権力」対「一個人」で争いが起きた時、納得のいく説明なしに国側に有利な判決が下ることが多いことに疑問を抱き、興味を持ったことです。
ゼミでは人権に関する裁判例を取り上げ、原告と被告に分かれ討論を行います。私にとって憲法は難しく、ゼミが始まった当初は全く討論で発言できませんでした。それを教授にも指摘され、とても悔しい思いをしました。討論で発言できるようになるため、原告と被告の両者の立場になって裁判例を何度も読み返しました。すると、その後の討論では相手の反論のパターンをいくつか予想しながらこちらの主張をするといった風に、私も討論の当事者として活発に議論に参加できるようになりました。
この経験から私は、ある問題に対してそれぞれの当事者の目線に立って考えることで問題全体を俯瞰する大切さを学びました。(401字)
あくまで書き方の例なので、話の内容までは真似しないでくださいね。

「就活の教科書」編集部 松村

 

エントリーシートのゼミ欄を書く時の注意点

例文でゼミ欄の書き方は理解できたと思うので、これからは実際に書いていきましょう。

ただその前に、エントリーシートのゼミ欄を書く時に注意しなければならない点が3つあります。

エントリーシートのゼミ欄の注意点
  • 具体的に書く
  • 専門的なことはわかりやすく書く
  • ウソは書かない
この3つの注意点に気をつけるとより良いエントリーシートのゼミ欄がに書きあがります。

「就活の教科書」編集部 松村

 

注意点①:具体的に書く

エントリーシートのゼミ欄を書く時の注意点の1つ目は、「具体的に書くこと」です。

抽象的な内容では、誰でも書けるエントリーシートになってしまいます。

また人事との間に共通認識が作れず、アピールしたいことが伝わりません。

特に、ゼミで研究する分野は専門性が高いので、企業の人事にもわかるように書かなければなりません。

○○%や〇位という具体的な数字を用いると、格段にわかりやすい文章になります。

「就活の教科書」編集部 松村

 

注意点②:専門的なことはわかりやすく書く

エントリーシートのゼミ欄を書く時の注意点の2つ目は、「専門的なことはわかりやすく書くこと」です。

1つ目の注意点で述べた「具体的に書く」とは、専門用語をどんどん使いましょうという意味ではありません。

専門用語を使うとますますわからなくなります。

しかし、研究にどっぷりつかっている方は、何が専門用語で何がそうでないかわからなくなることがあると思います。

 

何が専門用語かわからなくなったときは、その文章を高校生が読んでも理解できるかどうか確認してみてください。

「高校生だったころの自分でも理解できる」かつ「具体的」だったら、とてもよいゼミ欄といえます。

書いた次の日に見返してみると、修正点を見つけやすいですよ。

「就活の教科書」編集部 松村

 

注意点③:ウソは書かない

エントリーシートのゼミ欄を書く時の注意点3つ目は、「ウソは書かない」です。

とてもシンプルですが、エントリーシートでウソを書く人はよくいます。

人事は毎年多くのエントリーシートを見てきています。

エントリーシートにウソが書かれていれば簡単に気づきますよ。

僕も「書くことがなかったから、ウソを書いた」と自慢げに話している就活生と会ったことが有ります。
そんな人に耳を傾けてはダメですよ。

「就活の教科書」編集部 松村

 

もしウソがバレなかったとしても、こう考えてみてください。

「簡単なウソが見抜けない人事のいる会社で働きたいか?」と。

働くなら優秀な人材が集まっている会社の方がいいですよね。

ウソに割く時間があれば、より良い本当の文章を考えましょう。

「就活の教科書」編集部 松村

 

ゼミの書き方以外で、エントリーシートの書き方をもっと詳しく知りたい就活生はこちらをご覧ください↓

ここまで、「ゼミに入っている就活生向け」にエントリーシートのゼミ欄の書き方や注意点を書いてきました。

一方ゼミに入っていない学生は、何を書けばいいのでしょうか。

「就活の教科書」編集部 松村

 

そもそもゼミに入っていない場合

ゼミに入っていない就活生は、エントリーシートのゼミ欄に「なぜゼミに入らなかったのか」や「ゼミの代わりに何をしていたのか」を書いてください。

空欄での提出はおすすめしません。

何かしら書いておいた方が、エントリーシート全体の見栄えも良くなりますよ。

ゼミに入っていなくても心配しないでください。
ゼミに入っていない就活生はそれほど珍しくないですよ。

「就活の教科書」編集部 松村

 

 

まとめ:エントリーシートのゼミ欄は面接での話のきっかけに!

いかがだったでしょうか。

この記事では、「就活の教科書」編集部の松村が、エントリーシートのゼミ欄の書き方例文を紹介しました。

加えて、書く時の注意点とゼミに入ってない人の対処法を述べました。

この記事を簡単にまとめたものがこちらです。

エントリーシートのゼミ欄

◆ ゼミ欄の評価ポイント3つ

  • 協調性
  • 課題の取組み方
  • 言語化能力

◆ ゼミ欄の書き方のステップ3つ

  1. 何を目標にしてゼミに取り組んだか
  2. どういう課題に直面し、どう乗り切ったか
  3. ゼミでの経験を会社でどう活かすか

◆ ゼミ欄の書くときの注意点3つ

  • 具体的に書く
  • 専門すぎることはわかりやすく書く
  • ウソは書かない

この記事を参考にゼミについて何を書けばよいか方向性をつかめたはずです!
さっそくエントリーシートのゼミ欄を埋めていきましょう!

「就活の教科書」では、就活に関する様々な記事を投稿しています。
ぜひ他の記事も読んでください。

「就活の教科書」編集部 松村

 

「エントリーシートの書き方がわからない!」「質問項目の答え方がわからない」という就活生には、ESについて網羅的に解説した記事がおすすめです。