【入社難しい?】化学メーカー就職偏差値ランキング113社 | 年収,上位企業7社の解説も

監修者:岡本 恵典(株式会社Synergy Career CEO)

この記事でわかること

 

皆さん、こんにちは。「就活の教科書」編集部の潤です。
この記事では、化学メーカーの就職偏差値ランキングについて解説していきます。
就活生の皆さんは、化学メーカーの就職偏差値ランキングを知っていますか?

「就活の教科書」編集部 潤

就活生くん

僕は大学で化学系の学部にいます。
将来、良い企業に就職したいのですが、就職偏差値が高い化学メーカーはないのかな?

就活生ちゃん

私は、有機化学を専攻していて、将来はホワイト企業で働きたいです。
就職偏差値ランキングで上位の化学メーカーはホワイト企業が多いって聞きました。
「待遇は良いけど、なるべく入社が難しくない」わがままですがそんな化学メーカーを探しています。
やっぱり就職するなら、就職偏差値ランキングで上位の企業が良いですよね。
その分、高学歴出身の就活生が応募するから、内定を取るのも難しくなります。
ホワイト企業で、かつ就職偏差値も高い穴場の化学メーカーを探している就活生も多いです。

「就活の教科書」編集部 潤

 

そこでこの記事では、化学メーカーの就職偏差値ランキングについて解説していきます。

合わせて、化学メーカーの年収別ランキング売上高別ランキングホワイト企業別ランキング化学メーカーの就職偏差値ランキングTOP7の企業や、就職偏差値ランキングの概観についても紹介します。

この記事を読めば、就職偏差値ランキング上位の化学メーカーや、年収・売上が高い化学メーカーがわかり、ホワイト化学メーカーに出会えるチャンスが増えます。

化学メーカーの就職偏差値ランキングを知りたい就活生や、就職偏差値の高い化学メーカーに就職したい就活生は、ぜひ最後まで読んでみてください。

「就職偏差値が低い負け組企業なんかに就職したくない…」という方は就活力診断(公式LINE)を使って、今あなたがすべき対策を把握するのが一番おすすめです。

就活力診断を使うことで、志望企業から内定をもらうためにどんなことをすれば良いのかが明確になります。

「就職偏差値が高い企業に就職して、勝ち組になりたい!」という方は、まずは「就活力診断(公式LINE)」を使って診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

>> 「就活力診断(公式LINE)」を使ってみる

 

また、メーカー業界の就職偏差値ランキングについて解説している記事があるので、メーカーに興味のある就活生は、ぜひ読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

 

そもそも就職偏差値とは?

就活生くん

よくネットで就職関係のことを見ていると、「就職偏差値」という言葉を目にします。
就職偏差値ってそもそも何なのでしょうか?
結論から言うと、就職偏差値とは、2ch就職版でユーザー達が企業の難易度・人気度を議論し数値化したものです。

「就活の教科書」編集部 潤

つまり、就職偏差値は企業が正式に作成したわけではなく、一般人の主観によって作られているランキングです。

就職偏差値ランキングは、主に以下のような要素をもとに作られています。

就職偏差値ランキングの要素
  • 年収
  • 将来性
  • 人気度
  • 求人倍率
  • ホワイト度
  • 内定者の学歴
  • 企業の知名度

など

 

このような要素をもと作られているので、就活生が企業を選ぶときの判断要素にはなります。

しかし、就職偏差値ランキングは、個人が勝手に作っているものなので、作る人や年度によって順位が変動することは覚えておきましょう。

就職偏差値に関する詳しいことは「就職偏差値ランキング(2020最新版)信用して大丈夫?」にまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

就職偏差値は大学の偏差値とは全く異なるので、就職偏差値が高い企業に入ったからと言って、必ずしも幸せになるとは限りません。

次は、いよいよ化学メーカーの就職偏差値ランキングを紹介します。

「就活の教科書」編集部 潤

 

また「化学メーカーの就職偏差値について、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!


【就活】化学メーカーの就職偏差値ランキング&年収調査!(信越化学/三菱ケミカル/住友化学/東レ/三井化学/旭化成/富士フィルム/日東電工)

 

【入社難しい?】化学メーカー就職偏差値ランキング(最新版)

就活生ちゃん

化学メーカーの就職偏差値ランキングってどんな感じになっているのでしょうか?

大学や友達からも、化学メーカーは入社が難しいと聞くのですが。

科学メーカーの入社難易度は、説明するよりも見たほうが早いですね。
では、化学メーカーの就職偏差値ランキングについてSSS級~B級までまとめたので、ぜひ見てみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

SSS級(東京一工レベル)
[67] 信越化学 三菱ケミカル

 

SS級
[66] 住友化学 東レ
[65] 旭化成 富士フイルム

 

S級(難関国公立レベル)
[64] 三井化学 日東電工

 

A+級(上位国公立レベル)
[63] 積水化学 昭和電工 東ソー 宇部興産 帝人 DIC JSR
[62] 三菱ガス化学 クラレ 日立化成 大陽日酸 エア・ウォーター

 

A級
[61] カネカ 日本触媒 日本ゼオン 日産化学 日本ペイント 三菱レイヨン ダイセル
[60] ADEKA 電気化学 関西ペイント 高砂香料 日本化薬 日清紡
[59] 長谷川香料 三菱樹脂 日本エアリキード 東洋インキ トクヤマ 東洋紡 東京応化

 

B+級(地方国公立レベル)
[58] クレハ 大日精化 日本曹達 住友ベークライト 東亞合成 日油
[57] 三洋化成 コニシ サカタインクス 新日鐵化学 JNC セントラル硝子 JSP
[56] アイカ 石原産業 堺化学 住友精化 本州化学 積水化成品 ユニチカ 日本高純度化学 曽田香料

 

B級(産近甲龍レベル)
[55] 荒川化学 関東電化 四国化成 積水樹脂 ダイソー 日亜化学 ニチバン 日本ピグメント テイカ 大塚化学
[54] リケンテクノス 日本合成化学 ハリマ化成 藤倉化成 日本精化 日本農薬 メック 未来工業 エスケー化研
[52] 第一工業製薬 大日本塗料 日本カーリット 第一稀元素化学 大阪有機化学 北興化学 多木化学 保土谷化学
[48] 日東紡 日本化学 日本化成 田岡化学 川崎化成 群栄化学 タキロン 伊勢化学 関西熱化学 シーアイ化成
[46] 大倉工業 コープケミカル 東洋合成 有機合成薬品 チタン工業 片倉チッカリン 日東エフシー
[44] クラボウ 日本カーバイド ラサ工業 旭有機材 児玉化学

化学業界ランキング – 就職偏差値ランキング完全版 (shusyokuhensachi.com)

ちなみに、人気企業から内定をもらいたいならスカウトサイトがおすすめです。

たとえば「OfferBox」は、プロフィール登録をするだけで、あなたの人柄に関心のある企業から直接オファーが届きます。

大手からベンチャー企業まで7,700社以上の中から、興味ある企業へすぐに選考を受けられますよ。

就活アドバイザー 京香

OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

当サイトがおすすめするスカウトサイトは以下の記事にまとめていますので、合わせて参考にしてください。

 

就活の教科書公式LINEで、学歴では測れない「就活戦闘力」を測ろう!

実は、学歴が高くても就活で苦戦する就活生が毎年多くいます。

原因の一つとして、自分の就活戦闘力がわかっていない状態でレベルの高すぎる企業の選考を受けてしまうことがあります。

自分の就活戦闘力を測るには、就活の教科書公式LINEの機能である「就活力診断」が役立ちます!

「就活力診断」では、あなたの現状や足りていないところを見つけ、あなたにあったアドバイスを受け取ることができます。

アドバイスを実践することで内定に近づけるので、気軽にこちらから診断してみてください。

>> 就活力診断を試してみる

 

ここで紹介している企業は、どれも優良企業ばっかりです。
「B級だから悪い」というのではないので、心配しないでくださいね。

次は、化学メーカーの年収別のランキングについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

【年収編】化学メーカー企業ランキング一覧

就活生くん

僕は化学メーカーに就職したいのですが、その中でも年収が高い化学メーカーに入社したいです。
化学メーカーの年収ランキングについて教えて欲しいです。
わかりました。
確かに、就職するなら年収の高い企業に就職したいですよね。
では、化学メーカーの年収ランキングについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

【年収編】化学メーカーの企業ランキング
  • 1位:三菱ケミカルホールディングス(平均年収:1738万円)
  • 2位:ウルトラファブリックス・ホールディングス (平均年収:1202万円)
  • 3位:富士フイルムホールディングス(平均年収:997万円)
  • 4位:積水化学工業(平均年収:912万円)
  • 5位:住友化学(平均年収:904万円)
  • 6位:三菱ガス化学(平均年収:864万円)
  • 7位:信越化学工業(平均年収:856万円)
  • 8位:コーセー(平均年収:854万円)
  • 9位:三井化学(平均年収:850万円)
  • 10位:大陽日酸(平均年収:848万円)
  • 11位:ユニ・チャーム(平均年収:843万円)
  • 12位:マンダム(平均年収:842万円)
  • 13位:関西ペイント(平均年収:827万円)
  • 14位:日東電工(平均年収:823万円)
  • 15位:昭和電工(平均年収:815万円)
  • 16位:本州化学工業(平均年収:814万円)
  • 17位:JCU(平均年収:813万円)
  • 18位:花王(平均年収:812万円
  • 19位:日本高純度化学(平均年収:807万円)
  • 20位:日本触媒(平均年収:797万円)
  • 21位:住友ベークライト(平均年収:796万円)
  • 22位:日産化学(平均年収:796万円)
  • 23位:東ソー(平均年収:794万円)
  • 24位:旭化成(平均年収:787万円)
  • 25位:東京応化工業(平均年収:787万円)
  • 26位:太陽ホールディングス(平均年収:784万円)
  • 27位:ポーラ・オルビスホールディングス(平均年収:784万円)
  • 28位:高砂香料工業(平均年収:783万円)
  • 29位:日本パーカライジング(平均年収:783万円)
  • 30位:大日精化工業(平均年収:777万円)
  • 31位:日本ペイントホールディングス(平均年収:777万円)
  • 32位:日油(平均年収:776万円)
  • 33位:ダイセル(平均年収:769万円)
  • 34位:DIC(平均年収:768万円)
  • 35位:新田ゼラチン(平均年収:766万円)
  • 36位:ニイタカ(平均年収:756万円)
  • 37位:JSR(平均年収:755万円)
  • 38位:カネカ(平均年収:753万円)
  • 39位:上村工業(平均年収:752万円)
  • 40位:大阪有機化学工業(平均年収:749万円)
  • 41位:ハリマ化成グループ(平均年収:748万円)
  • 42位:日本化薬(平均年収:746万円)
  • 43位:日立化成(平均年収:744万円)
  • 44位:トリケミカル研究所(平均年収:742万円)
  • 45位:第一工業製薬(平均年収:742万円)
  • 46位:関東電化工業(平均年収:739万円)
  • 47位:日本ゼオン(平均年収:736万円)
  • 48位:第一稀元素化学工業(平均年収:734万円)
  • 49位:東洋インキSCホールディングス(平均年収:731万円)
  • 50位:三洋化成工業(平均年収:727万円)

参考:https://www.ts-hikaku.com/clist/a0/v8s19t0p.html

化学メーカーで優良企業はたくさんありますが、どの企業も年収がかなり高くなっています。
次は、売上高別の企業ランキングについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

「高年収の化学メーカーに就職したいけど学歴大丈夫かな…」という方は、「unistyle(ユニスタイル)」を使うと行きたい企業に就職できるのかがわかりますよ。

「unistyle」は、業界ごとの選考状況がわかるので、自分の大学から就職できるのかを把握できます。

また、過去の内定者のESや面接質問と回答が53,305枚見放題になるので、選考を受ける時に役立ちますよ。

「就活の教科書」編集部 潤

>> 「unistyle」を使ってみる

 

また「化学メーカーの年収ランキングについて、Youtube動画でも簡単に解説しています。ぜひ見てみてくださいね!

【超ホワイト企業確定!?】ホワイト&高収入な化学メーカー年収ランキングTOP30 | 三菱ケミカルホールディングス,積水化学工業,住友化学,三菱瓦斯化学,コーセー,信越化学工業,三井化学【就活:転職】

 

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

【売上高編】化学メーカー企業ランキング一覧

就活生くん

化学メーカーの年収ランキングはよくわかりました。
ついでに、化学メーカーの売上高ランキングについても教えて欲しいです。
わかりました。
では、化学メーカーの売上高企業ランキングについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

【売上高編】化学メーカー企業ランキング
  • 1位:三菱ケミカルホールディングス(3兆5805億円)
  • 2位:富士フイルムホールディングス(2兆3151億円)
  • 3位:住友化学(2兆2258億円)
  • 4位:旭化成(2兆1516億円)
  • 5位:信越化学工業(1兆5435億円)
  • 6位:花王(1兆3819億円)
  • 7位:三井化学(1兆3389億円)
  • 8位:積水化学工業(1兆1292億円)
  • 9位:昭和電工(9737億円)
  • 10位:資生堂(9208億8800万円)
  • 11位:日本酸素ホールディングス(8502億3900万円)
  • 12位:エア・ウォーター(8090億8300万円)
  • 13位:東ソー(7860億8300万円)
  • 14位:日本ペイントホールディングス(7811億4600万円)
  • 15位:日東電工(7410億1800万円)
  • 16位:ユニ・チャーム(7274億7500万円)
  • 17位:DIC(7012億2300万円)
  • 18位:宇部興産(6678億9200万円)
  • 19位:日立化成(6314億3300万円)
  • 20位:三菱瓦斯化学(6133億4400万円)
  • 21位:カネカ(6015億1400万円)
  • 22位:クラレ(5417億9700万円)
  • 23位:JSR(4719億6700万円)
  • 24位:ダイセル(4128億2600万円)
  • 25位:関西ペイント(4068億8600万円)
  • 26位:デンカ(3808億300万円)
  • 27位:ライオン(3553億5200万円)
  • 28位:コーセー(3277億2400万円)
  • 29位:日本ゼオン(3219億6600万円)
  • 30位:トクヤマ(3160億9600万円)
  • 31位:ADEKA(3041億3100万円)
  • 32位:日本触媒(3021億5000万円)
  • 33位:ニフコ(2880億1200万円)
  • 34位:東洋インキSCホールディングス(2576億7500万円)
  • 35位:セントラル硝子(2224億6900万円)
  • 36位:日産化学(2068億3700万円)
  • 37位:住友ベークライト(2066億2000万円)
  • 38位:アース製薬(1960億4500万円)
  • 39位:アイカ工業(1915億100万円)
  • 40位:エフピコ(1863億4900万円)
  • 41位:ダイキョーニシカワ(1822億1900万円)
  • 42位:日油(1809億1700万円)
  • 43位:ポーラ・オルビスホールディングス(1763億1100万円)
  • 44位:日本化薬(1751億2300万円)
  • 45位:森六ホールディングス(1707億7300万円)
  • 46位:サカタインクス(1615億700万円)
  • 47位:三洋化成工業(1555億300万円)
  • 48位:大日精化工業(1551億800万円)
  • 49位:高砂香料工業(1524億5500万円)
  • 50位:小林製薬(1505億1400万円)

参考:https://strainer.jp/categories/23

次は、化学メーカーの売上高ランキングについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

【ホワイト企業編】化学メーカー企業ランキング一覧

就活生ちゃん

化学メーカーの年収ランキングや売上高ランキングについてはよく理解できました。
私は、化学メーカーの中でもホワイト企業に就職したいので、化学メーカーのホワイト企業ランキングについても教えて欲しいです。
年収ランキングや売上高ランキングも大事ですが、ホワイト企業かどうかも重要なポイントですよね。
それでは、化学メーカーのホワイト企業ランキングについて解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

【ホワイト企業編】化学メーカーの企業ランキング
  • 1位:花王(平均年収 812万円)
  • 2位:日立化成(平均年収 744万円)
  • 3位:旭化成(平均年収 787万円)
  • 4位:三井化学(平均年収 850万円)
  • 5位:住友化学(平均年収 904万円)
  • 6位:信越化学工業(平均年収 856万円)
  • 7位:DIC(平均年収 768万円)
  • 8位:クラレ(平均年収 699万円)
  • 9位:日東電工(平均年収 823万円)
  • 10位:カネカ(平均年収 753万円)
  • 11位:昭和電工(平均年収 815万円)
  • 12位:デンカ(平均年収 707万円)
  • 13位:三菱ガス化学(平均年収 864万円)
  • 14位:住友ベークライト(平均年収 796万円)
  • 15位:ライオン(平均年収 707万円)
  • 16位:東ソー(平均年収 794万円)
  • 17位:トクヤマ(平均年収 714万円)
  • 18位:積水化学工業(平均年収 912万円)
  • 19位:宇部興産(平均年収 689万円)
  • 20位:ダイセル(平均年収 769万円)
  • 21位:日本触媒(平均年収 797万円)
  • 22位:日油(平均年収 776万円)
  • 23位:クレハ(平均年収 680万円)
  • 24位:関西ペイント(平均年収 827万円)
  • 25位:東京応化工業(平均年収 787万円)
  • 26位:大日精化工業(平均年収 777万円)
  • 27位:デクセリアルズ(平均年収 696万円)
  • 28位:東亞合成(平均年収 689万円)
  • 29位:資生堂(平均年収 717万円)
  • 30位:日産化学(平均年収 796万円)
  • 31位:日本曹達(平均年収 661万円)
  • 32位:大陽日酸(平均年収 848万円)
  • 33位:日本化薬(平均年収 746万円)
  • 34位:ユニ・チャーム(平均年収 843万円)
  • 35位:JSR(平均年収 755万円)
  • 36位:日本ゼオン(平均年収 736万円)
  • 37位:石原産業(平均年収 667万円)
  • 38位:ADEKA(平均年収 702万円)
  • 39位:アキレス(平均年収 585万円)
  • 40位:タキロンシーアイ(平均年収 707万円)
  • 41位:ダイキョーニシカワ(平均年収 536万円)
  • 42位:未来工業(平均年収 643万円)
  • 43位:信越ポリマー(平均年収 611万円)
  • 44位:三洋化成工業(平均年収 727万円)
  • 45位:日本パーカライジング(平均年収 783万円)
  • 46位:コーセー(平均年収 854万円)
  • 47位:東京インキ(平均年収 715万円)
  • 48位:セントラル硝子(平均年収 641万円)
  • 49位:長谷川香料(平均年収 704万円)
  • 50位:サカタインクス(平均年収 724万円)

参考:https://www.ts-hikaku.com/clist/a0/v8s33t0p.html

化学メーカーは全体的にホワイト企業が多く、穴場の業界です。
ホワイト企業に就職したい方は、化学メーカーを狙うことをおすすめします。

次は、化学メーカーの種類について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

化学メーカーの種類3選

就活生くん

化学メーカーってどんな種類の会社があるのでしょうか?
就職偏差値以外にも化学メーカーの種類について教えて欲しいです。
わかりました。
化学メーカーには、以下の3つの種類があります。

「就活の教科書」編集部 潤

化学メーカーの種類3選
  • 種類①:総合化学メーカー
  • 種類②:誘導品メーカー
  • 種類③:電子材料メーカー
化学メーカーの種類3つについて、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

種類①:総合化学メーカー

化学メーカーの種類1つ目は「総合化学メーカー」です。

総合化学メーカーは、自分の会社で原料の調達から製品開発まで一貫して行う企業です。

原料の取得から開発までを一貫して行うため「総合」と呼ばれます。

総合化学メーカーの代表的な企業は、次のようになります。

総合化学メーカーの代表的な企業例
  • 三菱ケミカル
  • 住友化学
  • 旭化成
  • 三井化学
  • 昭和電工
  • 東ソー
  • デンカ

など

 

また、一貫製造なので、技術力はかなり高いです。

一貫製造を行っている化学メーカーで働きたい就活生は、総合化学メーカーがおすすめです。

総合化学メーカーは、電子部品だけでなく、CDやDVDなど一貫して製造します。

「就活の教科書」編集部 潤

 

種類②:誘導品メーカー

化学メーカーの種類2つ目は「誘導品メーカー」です。

誘導品メーカーは、製品化する時に使われる部品を開発する企業です。

例えば、塩化ビニルや半導体シリコンのみを作っているメーカーがあります。

誘導品メーカーの代表的な企業は、次のようになります。

誘導品の代表的な企業例
  • 信越化学
  • 三菱ガス化学
  • 日本触媒
  • 日本ゼオン
  • ダイセル
  • 日産化学
  • JSR

など

 

誘導品メーカーは最終的な製品は作りません。

また、生産した商品を別のメーカーや商社に販売しています。

顧客は、電機メーカーや、化学メーカー、化粧品メーカーなど様々な業界のメーカーが多いです。

「就活の教科書」編集部 潤

 

種類③:電子材料メーカー

化学メーカーの種類3つ目は「電子材料メーカー」です。

電子材料メーカーは、名前のとおり電子材料を作る企業です。

例えば、液晶パネルの部品や、半導体などがあります。

電子材料メーカーの代表的な企業は、次のようになります。

電子材料メーカーの代表的な企業例
  • 富士フイルム
  • 日東電工
  • 日立化成
  • 住友ベークライト
  • ADEKA
  • 東京応化工業

など

 

電子材料メーカーは、総合化学メーカや誘導品メーカーから材料を購入して、電子材料を作ることがほとんどです。

また、自社で生産する企業もあります。

電子材料メーカーも化学メーカーであることは覚えておきましょう。

化学製品に必要な材料を作るためには、かなり高い技術力が求められるため、メーカーの分野ごとに分かれています。

次は、、化学メーカー就職偏差値ランキングTOP7社の解説をしていきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

\あなたは強者?それとも就活弱者? /

>>就活力診断を受けるには(無料)<<

化学メーカー就職偏差値ランキングTOP7社の解説

就活生くん

化学メーカー就職偏差値ランキングの上位7社の企業について教えて欲しいです。
わかりました。
では、化学メーカー就職偏差値ランキングTOP7の企業について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

化学メーカー就職偏差値ランキングTOP7社
  • 1位:信越化学
  • 2位:三菱ケミカル
  • 3位:住友化学
  • 4位:東レ
  • 5位:旭化成
  • 6位:富士フイルム
  • 7位:三井化学
化学メーカー就職偏差値ランキングTOP10の企業について、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

1位:信越化学

化学メーカー就職偏差値ランキング1位は「信越化学」です。

信越化学についてまとめておきます。

信越化学について
  • 売上高⇒ 約1.5兆円
  • 従業員数⇒ 単独:約2800人/連結:約18000人
  • 平均年収⇒ 約850万円
  • 強み⇒ ポリ塩化ビニル/半導体用シリコンで世界首位

 

信越化学は、化学メーカーの中でも材料に特化している誘導品メーカーです。

また、自動車やPC、スマホなどに使われている半導体ウエハーでは、信越化学とSUMCOで世界シェア6割を占めています。

さらにグローバル化が進んでおり、売上の7割~8割が海外で売上です。

このように、信越化学は経営が安定しており、高年収で働きやすいホワイト企業になります。

信越化学の自己資本率は約80%なので、かなりの優良企業に入ります。

「就活の教科書」編集部 潤

 

2位:三菱ケミカル

化学メーカー就職偏差値ランキング2位は「三菱ケミカル」です。

三菱ケミカルは、三菱化学・三菱樹脂・三菱レイヨンが2017年に合併してできた総合化学メーカーです。

三菱ケミカルの情報についてまとめておきます。

三菱ケミカルについて
  • 売上高⇒ 約3.9兆円
  • 従業員数⇒ 単独:約5700人/連結:約27300人
  • 平均年収⇒ 約840万円
  • 強み⇒ MMA(アクリルガラスの材料)が世界シェア40%

 

三菱ケミカルは、材料・部品・製品までを一貫して製造しています。

また、アクリルガラスやその材料にも強く、酸素・窒素・アルゴンなどの産業ガス市場では、国内シェア40%になっています。

さらに、海外での売り上げが全体の40%程度で、グローバル市場での拡大にも力を入れています。

三菱ケミカルは知名度がそこまで高くないので、かなり穴場の企業となっています。

「就活の教科書」編集部 潤

 

3位:住友化学

化学メーカー就職偏差値ランキング3位は「住友化学」です。

住友化学は国内2位の総合化学メーカーです。

住友化学の情報についてまとめておきます。

住友化学について
  • 売上高⇒ 約2.3兆円
  • 従業員数⇒ 単独:約6000人/連結:約31000人
  • 平均年収⇒ 約760万円
  • 強み⇒ 農薬の国内最大手

 

住友化学は、医薬品や農薬以外に、電池材料やアルミニウムなどの材料系と、液晶ディスプレイやフィルム、センサーパネルなどの電子部品などにも力を入れています。

海外売上も全体の60%を超えており、世界で活躍できる企業です。

住友化学は、チャレンジ精神や積極性を大切にしています。

「就活の教科書」編集部 潤

 

4位:東レ

化学メーカー就職偏差値ランキング4位は「東レ」です。

東レは合成樹脂合成繊維をはじめとする化学製品を扱う企業です。

東レの情報をまとめておきます。

東レについて
  • 売上高⇒ 約2.3兆円
  • 従業員数⇒ 単独:約7500人/連結:約30000人
  • 平均年収⇒ 約720万円
  • 強み⇒ 炭素繊維のシェアは世界トップクラス

 

東レは、繊維・プラスチック・ケミカル事業で売り上げの3分の2を占めています。

また、化学系の製品だけでなく、電子材料にも力を入れている企業です。

さらに、海外事業の売り上げが全体の半分程度なので、世界的に活躍できます。

化学メーカーの就職偏差値ランキングで上位の企業は、世界的に活躍できる企業ばかりですね。

「就活の教科書」編集部 潤

 

5位:旭化成

化学メーカー就職偏差値ランキング5位は「旭化成」です。

旭化成は大手の総合化学メーカーです。

旭化成の情報についてまとめておきます。

旭化成について
  • 売上高⇒ 約2.1兆円
  • 従業員数⇒ 単独:約7500人/連結:約34000人
  • 平均年収⇒ 約990万円
  • 強み⇒ リチウムイオン電池材料のセパレーターで世界トップクラス

 

旭化成は、幅広い事業展開を行っています。

例えば、住宅の材料や医薬品、医療機器、ゴム、電子材料などの分野も扱っています。

旭化成は、海外での売上にも力を入れていて、知名度がある企業なので、就活では激戦になります。

「就活の教科書」編集部 潤

 

6位:富士フイルム

化学メーカー就職偏差値ランキング6位は「富士フイルム」です。

富士フイルムは、写真フイルムで得た技術を応用した事業を行っている企業です。

富士フイルムの情報についてまとめておきます。

富士フイルムについて
  • 売上高⇒ 約2.5兆円
  • 従業員数⇒ 単独:約616人/連結:約72000人
  • 平均年収⇒ 約990万円
  • 強み⇒ 医療用画像システム/偏光板保護フィルムで世界トップシェア

 

富士フイルムは、医療機器・化粧品・半導体材料・パネルディスプレイ材料などの幅広い事業に取り組んでいます。

また、医薬品や化粧品、コピー機やコピー機のインクなどの事業を行っているので、安定性はかなり高いです。

富士フイルムは、かなり知名度の高い企業なので、就活でも激戦企業に入ります。

「就活の教科書」編集部 潤

 

7位:三井化学

化学メーカー就職偏差値ランキング7位は「三井化学」です。

三井化学は国内3位の総合化学メーカーです。

三井化学の情報についてまとめておきます。

三井化学について
  • 売上高⇒ 約1.5兆円
  • 従業員数⇒ 単独:約4400人/連結:約17000人
  • 平均年収⇒ 約1000万円
  • 強み⇒ メガネレンズ材料で世界トップシェア

 

三井化学は、機能性材料に力を入れており、自動車に使われるコンパウンドや、リチウムイオン電池用の電解液、食品用高機能フィルムなどの事業を行っています。

また、海外売り上げが全体の45%で、グローバルでの活躍ができます。

三井化学は、ポリエチレンやポリプロピレンに関することも行っており、幅広い事業展開をしています。

次は、化学メーカー就職偏差値ランキングの概観について解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

\よく出るSPI問題まとめました/

>>SPI頻出問題集を貰うには(無料)<<

化学メーカー就職偏差値ランキングの概観3選

就活生ちゃん

化学メーカー就職偏差値ランキングで紹介した企業についてのことや、化学メーカーの全体的な概観について知りたいです。
わかりました。
では、化学メーカー就職偏差値ランキングの概観を以下の3つの観点から解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

化学メーカー就職偏差値ランキングの概観3選
  • 概観①:年収
  • 概観②:福利厚生
  • 概観③:残業時間
化学メーカー就職偏差値ランキングの概観3つについて、それぞれ解説していきます。

「就活の教科書」編集部 潤

 

概観①:年収

化学メーカー就職偏差値ランキングの概観1つ目は、年収についてです。

結論から言うと、化学メーカーの平均年収は、約650万円です。

この記事で紹介した就職偏差値ランキングのほとんどは、平均年収かそれ以上の企業ばかりです。

就職偏差値ランキングで上位にある企業ほど、年収も高くなります。

三菱ケミカルや、住友化学、三井化学のような財閥系の企業は、年収が高くなる傾向があります。

また、平均年収が高い業界や企業について知りたい就活生は、ぜひ以下の記事も読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

概観②:福利厚生

化学メーカー就職偏差値ランキングの概観2つ目は、福利厚生についてです。

化学メーカーは、技術力が要求される職種なので、その分、福利厚生が手厚くされている企業も多いです。

化学メーカーの福利厚生(例)
  • 退職金が多い
  • 住宅手当も多い
  • 家族手当がある
  • 食事補助がある
  • 独身寮がある
  • 転勤者用住宅がある

 

このように、社員のことをかなり大切に扱います。

そのため、化学メーカーの就職偏差値ランキング上位の会社では、かなり福利厚生が充実しています。

ちなみに、化学メーカーのホワイト度ランキングで断トツの1位は、旭化成です。

「就活の教科書」編集部 潤

 

概観③:残業時間

化学メーカー就職偏差値ランキングの概観3つ目は、残業時間についてです。

化学メーカーは、残業時間はが10時間前後で、残業が非常に少ない企業が多いです。

多くても20時間以下で、多くの就活生が化学メーカーの残業時間の短さに魅力的を感じています。

化学メーカーの就職偏差値ランキングで上位の企業は、比較的残業時間が少ないので、労働時間の満足度も高いです。

もちろん、部署や企業によっては残業時間が異なりますし、激務の場合もありえます。

以上のことを踏まえて考えると、化学メーカーはホワイト企業が多く、特にBtoB企業が狙い目です。

志望動機で「福利厚生」について伝えたい就活生は、ぜひ以下の記事も読んでみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

 

企業研究に役立つスカウトサイトを活用してみよう

就活生くん

企業研究を進めているつもりですが、正直できている実感があまりありません・・・

どうすれば上手に企業選びができるのでしょうか。

企業選びにはスカウトサイトを活用するのがおすすめです。

スカウトサイトは、あなたの人柄や経験を見た企業から、面談やインターンのオファーが直接届くので自分に合った企業が選べます。

OfferBox(オファーボックス)」は7,600社以上の企業から、あなたに合ったスカウトを獲得できます。

就活生人気No.1のOfferBoxを使って、自分に合った企業を見つけてみましょう。

就活アドバイザー 京香

>> OfferBox(オファーボックス)を見てみる

 

企業からオファーが届くスカウトサイトとして、他にも「キミスカ」「dodaキャンパス」があります。

同時活用して自分が活躍できる企業を見つけてみましょう。

 

また、企業選びが上手にできるスカウトサイトの記事をまとめたので、読んでみてくださいね。

\自分に合う仕事と業界、分かります/

>>適職診断を受けるには(無料)<<

まとめ:就職偏差値が高いホワイト化学メーカーを狙うならBtoB企業を探そう!

この記事では、化学メーカーの就職偏差値ランキングについて解説しました。

合わせて、化学メーカーの年収別ランキング売上高別ランキングホワイト企業別ランキング化学メーカーの就職偏差値ランキングTOP7の企業や、就職偏差値ランキングの概観についても紹介しました。

いかがだったでしょうか。

最後にこの記事のまとめを書いておきます。

就職偏差値ランキング上位の化学メーカーに就職したい人は、ぜひ復習してみてください。

「就活の教科書」編集部 潤

この記事のまとめ

そもそも就職偏差値とは2ch就職版でユーザーが勝手に作ったもの

【最新】化学メーカー就職偏差値ランキング

【年収編】化学メーカー企業ランキング一覧

【売上高編】化学メーカー企業ランキング一覧

【ホワイト企業編】化学メーカー企業ランキング一覧

◆ 化学メーカーの種類3選

  • 種類①:総合化学メーカー
  • 種類②:誘導品メーカー
  • 種類③:電子材料メーカー

化学メーカー就職偏差値ランキングTOP7社の解説

  • 1位:信越化学
  • 2位:三菱ケミカル
  • 3位:住友化学
  • 4位:東レ
  • 5位:旭化成
  • 6位:富士フイルム
  • 7位:三井化学

化学メーカー就職偏差値ランキングの概観3選

    • 概観①:年収
    • 概観②:福利厚生
    • 概観③:残業時間
化学メーカーは全体的にホワイト企業が多いです。
また、BtoB企業が多いため、年収も高く、事業内容もしっかりと安定しています。
高学歴の就活生なら、就職偏差値ランキングの上位にある企業を受けても十分戦えますが、そうでない就活生は、化学メーカーの中でもBtoB企業を狙うと良いです。
この記事で紹介した就職偏差値ランキングから自分に合う化学メーカーを見つけよう!

「就活の教科書」編集部 潤