>> 当メディアの自己分析が書籍化しました! <<

【内定者が教える】新卒向け”非公開求人”ってナニ?見つけ方 | デメリット,メリットも

こんにちは、「就活の教科書」編集部の「よこ」です。

今回は、「新卒の非公開求人」について解説します。

就活生の皆さんも一度は「新卒の非公開求人」という言葉を聞いたことがありますよね。

「就活の教科書」編集部 よこ

就活生くん

「新卒の非公開求人」という言葉だけ聞いたことがありますが、どんな求人なのかわかりません。

就活生ちゃん

そもそも新卒の非公開求人がどんな求人なのかあまりわかりません。

リクナビとかに載っている求人情報とは違うんですか?

「新卒の非公開求人」って一度は聞いたことがあっても、どんな求人なのかわからないですよね。

「就活の教科書」編集部 よこ

そこでこの記事では、「就活における新卒の非公開求人」について紹介しています。

そもそも「新卒の非公開求人」がどういうものなのか、から「新卒の非公開求人と公開求人の違い」を解説しています。

合わせて、「新卒の非公開求人」の見つけ方と応募するメリット・デメリットもお伝えします。

この記事を読めば、「新卒の非公開求人」がどんなものかわかり、就活を有利に進められますよ。

「新卒の非公開求人」について初めて聞いた方や、応募しようか悩んでいる方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

 

新卒の非公開求人ってなに?

就活生くん

そもそも新卒の非公開求人ってなんですか。

就活生ではあまり聞いたことがないですよね。
僕も初めは「非公開って何やねん」と思いました(笑)

今から「新卒の非公開求人」について詳しく解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 よこ

新卒の非公開求人とは、その名の通り一般に公開されていない新卒の求人です。

求人を出している企業には、一般ではなかなか見つからない優秀な就活生を採用したいという思いがあるそうです。

新卒の非公開求人では、一般に公開されていない新卒の求人をすることで、ハイスペック人材を採用することを目的としています。

エンジニアで実績のある方はTwitter上で採用されるケースをいくつかみてきました。

選考ルートにはいろんなルートがありますね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

新卒の「非公開求人」と「公開求人」の違い

就活生くん

「新卒の非公開求人」については理解することができました!

「新卒の非公開求人と公開求人の違い」がよくわからないです・・・

そうですよね、非公開求人が一般に公開されていないとはいえ、公開求人と同じ求人情報に変わりありません。

それでは次に「新卒の非公開求人と公開求人の違い」についてお伝えしますね。

「新卒の非公開求人と公開求人の違い」は下記の2つです。

「就活の教科書」編集部 よこ

新卒の非公開求人と公開求人の違い
  • 不特定多数の就活生が応募できるかどうか
  • 直接採用かどうか

就活生くん

「新卒の非公開求人と公開求人の違い」についてそれぞれ解説していきますね。

 

違い①:不特定多数の就活生が応募できるかどうか

新卒の非公開求人と公開求人の違い1つ目は、不特定多数の就活生が応募できるかどうかです。

新卒の公開求人にはどんな就活生でも基本的には応募することができます。

一方、新卒の非公開求人では、ほとんどの求人情報に「条件」がついています。

たとえば、「実務経験レベルのプログラミング経験がある」や「TOEICが800点以上ある」などです。

新卒の非公開求人では、「条件」を満たしている就活生のみが応募できます

新卒の非公開求人は、企業の「条件」にあった就活生が応募できる求人情報です。

後の項目で紹介する就活エージェントなどで、求人情報が入手できます。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

違い②:直接採用かどうか

新卒の非公開求人と公開求人の違い2つ目は、直接採用かどうかです。

一般的な新卒の公開求人では、求人サイトなどを通すとはいえ、企業の人事・採用担当者が直接対応して採用するという直接採用のルートになっています。

一方、新卒の非公開求人では、就活エージェントなどが企業と就活生の間に入り、採用をするルートになります。

新卒の非公開求人は簡単に言うと、就活生が企業に自由応募することができない間接的な求人です。

新卒の非公開求人に応募する場合、就活エージェントを必ず通す必要があります。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

新卒の非公開求人の見つけ方・探し方

就活生ちゃん

「新卒の非公開求人と公開求人の違い」について理解することができました!

一度、新卒の非公開求人に応募してみたいのですが、どうすればいいですか?

「新卒の非公開求人と公開求人の違い」について理解できてよかったです。

次は、「新卒の非公開求人の見つけ方・探し方」についてお伝えしますね。

新卒の非公開求人には、「就活エージェント」に登録する必要があります。

「就活の教科書」編集部 よこ

就活生ちゃん

「就活エージェント」に登録すれば、新卒の非公開求人に応募することができるんですね!

そもそも「就活エージェント」ってなんですか?

「就活エージェント」は簡単にいうと、専属のエージェントが就職活動の始めから終わりまで、無料で就活生を支援してくれるサポートのことです。

「新卒の非公開求人」を見つけるための下記4つの「就活エージェント」のサービスがあります。

就活エージェントサービス
  • マイナビ新卒紹介エージェント
  • リクナビ就職エージェント
  • doda新卒エージェント
  • ジョブラス(JOBRASS)新卒紹介

それでは、「新卒の非公開求人」を見つけるための就活エージェント4つを紹介します。

 

マイナビ新卒紹介エージェント

「新卒の非公開求人」を見つけるための就活エージェント1つ目は、マイナビ新卒紹介エージェントです。

マイナビ新卒紹介エージェントは、大手マイナビが運営している新卒紹介サービスです。

マイナビのキャリアアドバイザーが、就活生の性格や能力にあった企業を紹介してくれます。

>> マイナビ新卒紹介エージェントへ

 

マイナビ新卒紹介エージェントのサイト内には、就活ノウハウといったものもあるため見るだけでも面白いかもしれません。

「就活の教科書」編集部 よこ

マイナビ新卒エージェントについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

 

リクナビ就職エージェント

「新卒の非公開求人」を見つけるための就活エージェント2つ目は、リクナビ就職エージェントです。

リクナビ就職エージェントは、最大手リクナビを運営するリクルートの新卒紹介サービスです。

「一緒に見つけよう、働きたい会社を」というコンセプトに新卒の紹介サービスをしています。

>> リクナビ就職エージェントへ

 

リクナビ就職エージェントの参加企業には、名だたる大企業が参加しているのも一つの魅力ですね。

「就活の教科書」編集部 よこ

リクナビ就職エージェントについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

 

doda新卒エージェント

「新卒の非公開求人」を見つけるための就活エージェント3つ目は、doda新卒エージェントです。

doda新卒エージェントは、パーソルキャリアが運営する新卒紹介サービスです。

「プロと一緒に行こう、あなたにとってのNo.1企業へ!」をコンセプトに新卒の紹介サービスをしています。

専門知識のあるプロの就活エージェントが就活生にあった企業を紹介してくれます。

>> doda新卒エージェントへ

 

doda新卒エージェントから紹介された企業は、面接の合否理由を教えてくれるそうです。

たとえ一度失敗しても対策して、次に活かすことができるのでいいですね!

「就活の教科書」編集部 よこ

doda新卒エージェントについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

 

ジョブラス(JOBRASS)新卒紹介

「新卒の非公開求人」を見つけるための就活エージェント4つ目は、ジョブラス新卒紹介です。

ジョブラス新卒紹介は、AiDEMが運営する新卒紹介サービスです。

「あなたが活躍できる企業へ」をコンセプトに新卒の紹介サービスをしています。

>> ジョブラス新卒紹介へ

 

ジョブラス新卒紹介では、専任の担当エージェントが厳選した約600社の優良企業から就活生にあった企業を紹介してくれるそうですよ。

「就活の教科書」編集部 よこ

ジョブラス (JOBRASS)の評判については以下の記事で詳しく解説しています。

 

非公開求人の見つけ方・探し方まとめ

上記4つの就活エージェントを紹介してきました。

もう一度おさらいすると、「就活エージェント」とは、専属のエージェントが就職活動の始めから終わりまで、無料で就活生を支援してくれるサポートのことです。

就活エージェントは、「内定をすぐに取りたい」「面接練習をしたい」、「自分にあった業界・企業を知りたい」といった就活生におすすめです。

「とりあえず内定を持っておきたい」という就活生は多くいるのではないでしょうか。

そんな就活生も「就活エージェント」は使っておくことをおすすめします。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

新卒の非公開求人を知っている就活生の評判・口コミ

就活生くん

なんだか新卒の非公開求人に興味が湧いてきました。

さっき紹介してくれた就活エージェントに登録して、キャリアアドバイザーの方と話したいと思います!

あと気になったのが、実際に「新卒の非公開求人」のことを知っている人の評判とか、実際どうなの?というところが気になります・・・

新卒の非公開求人に少しでも興味が湧いたようでよかったです!

それじゃあ次は、新卒の非公開求人を知っている就活生の評判、口コミを紹介します。

「就活の教科書」編集部 よこ

自己否定の毎日からうまく抜け出せたんですね。

悩みを抱えた就活生は一度、就活エージェントに頼ってみてもいいかもしれませんね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

就活エージェントがすごく親身になってくれたのこと!

寄り添ってくれる就活エージェントの人はとても頼りになりますね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

LinkedInとは、海外ではよく使われている名刺交換の代わりになるようなSNSのことです。

LinkedInを通じて普段新卒をとっていない企業がインターン⇒そのまま採用ということもあるんですね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

新卒の非公開求人を出す3つの理由

これまで、「新卒の非公開求人と公開求人の違い」と「新卒の非公開求人の見つけ方」をお伝えしました。

しかし、企業側としてあえて「非公開求人」にする理由はどのようなのでしょうか?

新卒の非公開求人を出す理由は下記の3つです。

「就活の教科書」編集部 よこ

新卒の非公開求人を出す3つの理由
  • 応募するのに特殊なスキルが必要
  • コスト的な理由
  • 戦略上の理由

新卒の非公開求人を出す3つの理由について、それぞれ解説していきますね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

理由①:応募するのに特殊なスキルが必要

新卒の非公開求人を出す理由1つ目は、応募するのに特殊なスキルが必要だからです。

新卒の求人で、特殊なスキルを持った就活生が必要な時、そのまま求人を公開してしまうと、条件に合わない人も応募する可能性があります。

そのため、企業は求人は非公開にし、条件にあった就活生だけを就活エージェントを通して紹介してもらうことができます。

就活生自身が特殊なスキルを持っていれば、就活エージェントを通して、企業を紹介してくれるかもしれません。

新卒の非公開求人では、全ての企業が「特殊なスキル」を必要としているわけではないですよ。

その企業が出している条件にあった就活生を就活エージェントが紹介するといったイメージで大丈夫です。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

理由②:コスト的な理由

新卒の非公開求人を出す理由2つ目は、コスト的な理由です。

新卒の非公開求人では、「条件」が設けられており、その「条件」に合わない就活生は申し込むことができません。

仮に、「条件」を設けずに求人を公開してしまうと、企業が求める就活生以外も応募してしまい、応募書類を吟味する企業側のコストが余分にかかってしまいます。

あらかじめ非公開求人にして条件を設けることで、企業側の選考コストを下げる狙いもあります。

新卒の非公開求人では、企業側の手間を省きたいということですね。

就活生を吟味するのも、その企業の人手を割くわけですからかなりのコストになってそうですね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

理由③:戦略上の理由

新卒の非公開求人を出す理由3つ目は、戦略上の理由です。

戦略上の理由というのは、ライバル企業に自分たちの求人内容を公開してしまえば、自分たちの戦略がバレてしまう可能性があるからです。

求人情報一つとっても、ライバル企業から極秘のプロジェクトの存在がバレることもあるようです。

そんな企業側の戦略上の都合によって、新卒の非公開求人が出ている場合もあります。

新卒の非公開求人にはこんな企業側が出す理由があったんですね。

就活生からはなかなか気付きにくい部分になっていたのではないでしょうか。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

新卒の非公開求人に応募する3つのメリット

就活生ちゃん

新卒の非公開求人をなぜ企業が出すのかについて理解できました!

ちなみに、新卒の非公開求人に応募すると就活生にどんなメリットがあるんですか?

新卒の非公開求人をなぜ企業が出すのか理解できてよかった!

それでは次に、新卒の非公開求人に応募すると就活生にどんなメリットがあるのか解説するね。

新卒の非公開求人に応募するメリットは3つあるよ。

「就活の教科書」編集部 よこ

新卒の非公開求人に応募するメリット3つ
  • 条件が求人情報に出会える
  • 高確率で内定がもらえる
  • 企業探しを就活エージェントに任せられる

新卒の非公開求人に応募するメリット3つについて、それぞれ解説していくね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

メリット①:良い求人情報に出会える

新卒の非公開求人に応募するメリット1つ目は、良い求人情報に出会えることです。

企業側は「条件」を満たす就活生を採用するために、良い求人情報を出すことがあります。

そんな良い求人情報を就活エージェントに紹介してもらうことで、出会えることがあります。

新卒の非公開求人ならではの良い求人情報に興味があるからは一度就活エージェントに登録してみるのも良いかもしれません。

新卒の公開求人にはない、「非公開求人ならではの良い求人情報」気になりますね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

メリット②:高確率で内定がもらえる

新卒の非公開求人に応募するメリット2つ目は、高確率で内定がもらえることです。

就活エージェントの方は、就活生にあった求人のみを紹介してくれます。

そのため、就活生が受かりにくそうな新卒の非公開求人を最初から省いてくれます。

結果的に、就活エージェントから紹介された企業の面接に受かりやすく、高確率で内定がもらえることになります。

ほとんどの就活生は落ちることが当たり前のなか、新卒の非公開求人には高確率で内定がもらえるメリットがあったんですね!

「就活の教科書」編集部 よこ

 

メリット③:企業探しを就活エージェントに任せられる

新卒の非公開求人に応募するメリット3つ目は、企業探しを就活エージェントに任せられることです。

先ほど「新卒の非公開求人の見つけ方・探し方」について紹介しました。

この中のマイナビやリクナビなどから就活生に適した企業・求人を就活エージェントが紹介してくれることも大きなメリットの一つです。

▲新卒の非公開求人の見つけ方・探し方に飛びます▲

 

企業選びまで就活エージェントに任せられるなんてメリットだらけですね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

新卒の非公開求人に応募する3つのデメリット

就活生ちゃん

新卒の非公開求人に応募するメリットは理解することができました!

逆に、新卒の非公開求人に応募するデメリットはどんなものがあるのでしょうか?

新卒の非公開求人に応募するメリットについて理解してもらえてよかった!

それじゃあ次は、新卒の非公開求人に応募するデメリットはどんなものがあるのか紹介するね。

新卒の非公開求人に応募するデメリットは下記の3つです。

「就活の教科書」編集部 よこ

新卒の非公開求人に応募するデメリット3つ
  • デメリット①:紹介される企業の質がまばらである
  • デメリット②:必ずしも希望の職種を紹介してくれるわけではない
  • デメリット③:カウンセリングの予約ができない時がある

新卒の非公開求人に応募するデメリット3つについて、実際に就活エージェントを利用した就活生の声も合わせてそれぞれ解説していくね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

デメリット①:紹介される企業の質がまばらである

新卒の非公開求人に応募するデメリット1つ目は、紹介される企業の質がまばらであることです。

就活エージェントに登録している企業の中には、中小企業・中堅企業の登録も多いからです。

上記のツイートのように大企業を紹介されることもあれば、今までは微妙な企業の紹介を受けていたけど初めてまともな企業の紹介を受けた人もいるようです。

就活エージェントに登録しているのは大手企業だけではないので、紹介される企業の質がまばらになることは覚悟しておきましょう。。

ソフトバンクの面接が昨日の今日決まることはとても珍しいですね。

新卒の非公開求人には、大手企業の紹介を受けられるチャンスがありそうですね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

デメリット②:必ずしも希望の職種を紹介してくれるわけではない

新卒の非公開求人に応募するデメリット2つ目は、必ずしも希望の職種を紹介してくれるわけではないことです。

就活生と就活エージェントが面談をし、いざ紹介を受けた企業が就活生の希望する職種ではないことがあります。

それは、就活エージェントは自分の持っている求人しか就活生に紹介することができないからです。

上記のツイートのように、時には希望しない職種も就活エージェントが紹介することはあります。

確かに、面談をしたのに自分の希望する職種を紹介してもらえないと「あの時間はなんだったんだ」となりますよね。

その辺りも面談の時に就活エージェントにきちんと確認できれば良いかもしれないですね。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

デメリット③:カウンセリングの予約ができない時がある

新卒の非公開求人に応募するデメリット3つ目は、カウンセリングの予約ができない時があることです。

就活エージェントは、就活生の面談にじっくり時間をとってくれます。

そのため面談できる就活生に限りがあり、ピーク時や休みの日にはすでに予約がいっぱいでカウンセリングの予約ができない時があります。

上記のツイートのように登録した直後の日程はカウンセリング全日満席ということもあるそうです。

余裕を持って就活エージェントに登録するようにしましょう。

就活エージェントのカウンセリングの予約ができないということは、それだけ丁寧に就活生と面談しているということですね。

少しでも新卒の非公開情報が気になる人は、就活エージェントのカウンセリングを予約しておきましょう。

「就活の教科書」編集部 よこ

 

36個の質問に答えて、自己分析をしよう

就活は、あなた自身を企業に売り込む場。だから、自己分析をして、自分の強みを理解しておく必要があります。ただ、そんな時間がない方も多いはず。

そんな時は、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして、あなたの本当の強み・適職を発見しましょう。

まとめ:就活エージェントを通して、新卒の非公開求人に応募しよう!

いかがだったでしょうか。

今回は「就活の教科書」編集部のよこが、新卒の非公開求人と公開求人の違いついて解説しました。

合わせて、新卒の非公開求人の見つけ方と評判非公開求人に応募するメリット・デメリットも紹介しました。

これらをまとめると、以下の通りです。

「就活の教科書」編集部 よこ

今回の記事で学んだこと

新卒の「非公開求人」と「公開求人」の違い

  • 違い①:不特定多数の就活生が応募できるかどうか
  • 違い②:直接採用かどうか

新卒の非公開求人の見つけ方・探し方

  • マイナビ新卒紹介
  • リクナビ就職エージェント
  • デューダ新卒エージェント
  • ジョブラス新卒紹介

新卒の非公開求人を出す3つの理由

  • 理由①:応募するのに特殊なスキルが必要
  • 理由②:コスト的な理由
  • 理由③:戦略上の理由

新卒の非公開求人に応募する3つのメリット

  • メリット①:良い求人情報に出会える
  • メリット②:高確率で内定がもらえる
  • メリット③:企業探しを就活エージェントに任せられる

新卒の非公開求人に応募する3つのデメリット

  • デメリット①:紹介される企業の質がまばらである
  • デメリット②:必ずしも希望の職種を紹介してくれるわけではない
  • デメリット③:カウンセリングの予約ができない時がある

新卒の非公開求人についての記事いかがだったでしょうか。

新卒の非公開求人では、企業ごとに「条件」が定められている場合があります。

その条件をクリアしていることは必要ですが、クリアしていれば「内定をもらいやすい」などのメリットがあります。

今回紹介した就活エージェントなどに登録してみて、実際に使ってみてください。

うまく就活エージェントを利用して、悔いのない就活ができるようにしてくださいね!

「就活の教科書」編集部 よこ