【適職】深く考えることが好きな人に向いている仕事の特徴と職業 | 向いてない仕事も

本ページはプロモーションを含みます

この記事からわかること
\ すでに180,000人以上が利用中! / あなたの適職を無料で診断する
(LINE適職診断)

*就活の教科書公式LINEから限定無料診断中!

はじめに

 この記事では考えることが好きな人にぴったりな職業について説明します。

あわせて、考えることが好きな人の特徴や診断方法もご紹介します。

ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

この記事を読めば考えることが好きな人に合う職業に関する理解が深まります。

考えることが好きな人の適職について詳しく知りたい就活生はぜひ最後まで読んでください。

「自分に合う仕事がわからない...」「自分の適職って何だろう?」という方は、【就活/転職】LINE適職診断を使うと、たった12問であなたに合う仕事を16タイプに診断してくれ、強みを活かせる職業がわかります。

ちなみに【就活/転職】LINE適職診断以外にも、251問で性格診断、人気No.1の「【就活】適性診断AnalyzeU+」、性格テスト90問、SPI練習問題ができる「【就活】Lognavi適性診断」、プロの適職診断でスピード転職「【転職】ハタラクティブもおすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

【就活生/転職者向け】あなたの適職を教えてくれるおすすめツール(無料)
\ 30秒のLINE登録で診断が受けられる! / あなたの適職を16タイプで診断
(LINE適職診断)

*既に180,000人以上が利用 

どのサービスで適職を見つけたら良いかわからない…」という方は、LINE適職診断を使うのが一番おすすめですよ。

就活アドバイザー 京香

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【自己分析】深く考えることが好きな人って?特徴と調べ方

考えることが好きな人の特徴

就活生くん

僕って今まで考えることが好きな方だと自負してきたけれど本当にそうなのかな…。

少し自信がなくなってきてしまいました。

では、考えることが好きな人の特徴をいくつか確認していきましょう。

併せて診断方法もご紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 はるな

考えることが好きな人の特徴
  • 特徴①:好奇心旺盛で何でも知りたいと思う
  • 特徴②:分析力がある
  • 特徴③:想像力がある

ちなみに「自分の強みを活かして、楽しめる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

特徴①:好奇心旺盛で何でも知りたいと思う

考えることが好きな人の特徴1つ目は、好奇心旺盛で何でも知りたいと思うことです。

物事に対して「知りたい」「知識を得たい」という欲求を強く持っている人は、考えることが好きな人だと言えるでしょう。

未知の物事に対して幅広く興味関心を持つことができ、知識を増やしていくことができます。

また、得た知識を用いて再び何かを考えることにも楽しみを見出すことができるでしょう。

特徴②:分析力がある

考えることが好きな人の特徴2つ目は、分析力があることです。

「分析」とは細かな構成要素に分解して物事の内容・性質などを明らかにすることなので、「分析力」とは物事を正確に理解する力と言うことができます。

いつも考え事をしている人は、考えている間に分析力が培われているため、高い分析力を持っている傾向にあります。

分析力があると物事を客観的にとらえることができたり、問題が発生した時に冷静な判断ができたりと、仕事を進めるのに役立ちます。

特徴③:想像力がある

考えることが好きな人の特徴3つ目は、想像力があることです。

考えることに楽しさを見出すためには、豊かな想像力が必要不可欠と言えるでしょう。

好きなことを考えるのは楽しい⇒様々なことを考える⇒考えること自体が楽しい

といった過程があるのではないでしょうか。

「就活の教科書」編集部 はるな

そのため、考えることが好きな人は想像力を持っていて日々考えることでさらにその想像力を成長させていく傾向にあると考えられますね。

性格の診断方法:無料性格診断テストを使う

就活生くん

考える人は好奇心を持っていたり、分析力があったりするんですね。

僕自身が本当に考えることが好きな人なのか、まだ自信は持てそうにないです。

自分の性格がつかめなくなってしまったという就活生の皆さんには、無料の性格診断テストを使うことをお勧めしたいです。

「就活の教科書」編集部 はるな

以下の記事ではより詳しい性格診断テストについての情報をご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

「就活の教科書」編集部 はるな

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【適職】深く考えることが好きな人に向いている仕事の特徴

向いている仕事

就活生ちゃん

考えることが好きな私に向いている仕事が知りたいです。

考えることが好きであることを活かせる職業ってどんな仕事があるのでしょうか?

では考えることが好きな人に向いていると思われる仕事の特徴をいくつかご紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 はるな

考えることが好きな人に向いている仕事の特徴と職業
  • 適職①:専門知識が必要な仕事⇒弁護士、データサイエンティスト、コンサルタント、税理士
  • 適職②:ノルマや納期などの制約が少ない仕事⇒ブロガー、アフィリエイト
  • 適職③:論理的思考が必要な仕事⇒プログラマー、建築士、セキュリティアナリスト
  • 適職④:1人で作業を進められる仕事⇒ハンドメイド販売、ライター、フリーランス
  • 適職⑤:クリエイティブな仕事⇒システムエンジニア、WEBデザイナー、小説家、イラストレーター、ネイリスト
ちなみに「自分に合った仕事を知りたい」「活き活きと働ける職業がわからない」という人は、自分に合った仕事が分析できる「LINE適職診断(公式LINEで無料診断)などのサービスを活用しましょう。

就活アドバイザー 京香

適職①:専門知識が必要な仕事

考えることが好きな人に向いている仕事の特徴1つ目は、専門知識が必要な仕事であることです。

考えることが好きな人は勉強をあまり苦に思わず新しい知識を得ることや考え方を知ることに楽しさを見出す傾向にあります。

そのため専門知識が必要な仕事に就いて、勉強しながら仕事をすることが向いていると考えることができます。

また、専門知識が必要な仕事では深い知識と持ち前の分析力を活かして問題解決することを求められることも楽しみの一つとすることができるでしょう。

 

適職②:ノルマや納期などの制約が少ない仕事

考えることが好きな人に向いている仕事の特徴2つ目は、ノルマや納期などの制約が少ない仕事であることです。

考えることが好きな人にとってノルマや納期といった制約はストレスとなり得ます。

考えることが好きな人は、自分が納得するまでとことん考えて物事を進めたいと思う傾向にあります。

ノルマや納期は思考する時間を制限してしまうので、ストレスの原因となってしまうこともあるでしょう。

とはいえ、企業の顧客との信頼関係に関わる部分でもあるためノルマや納期が全くない仕事は少ないように思います。

ノルマや納期があっても自分ができると感じる範囲内に収まっていれば、考えることが好きな人もストレスなく働くことができますよ。

「就活の教科書」編集部 はるな

 

ちなみに「自分の強みを活かして、楽しめる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

適職③:論理的思考が必要な仕事

考えることが好きな人に向いている仕事の特徴3つ目は、論理的思考が必要な仕事であることです。

考えることが好きな人は、何か問題が発生するとなぜ問題が起こったのかを様々な事実をもとに客観的に考えて対処することができます。

また、自分の考えを発表する際には何度も考え直して、自分の考えが理にかなったものになるように念入りに準備する傾向にあります。

そのため、考えることが好きな人は論理的思考力を持ち合わせている傾向にあると言うことができるでしょう。

 

また、「この職業の他に自分が向いている仕事を知りたい…」という方は、LINE適職診断を利用してましょう。

LINE適職診断では、8つの簡単な質問に答えるだけで、あなたに向いている職業を紹介してくれるので、忙しい方にもおすすめです。

就活アドバイザー 京香

 

適職④:1人で作業を進められる仕事

考えることが好きな人に向いている仕事の特徴4つ目は、1人で作業を進められる仕事であることです。

考えることが好きな人には、考えや作品を自身が納得できるものに仕上げるために、1人で考える時間が必要です。

そのため誰かとペースを合わせて一緒に作業するよりも、自分1人でマイペースに作業する方を好む傾向にあるでしょう。

 

ちなみに「自分の強みを活かして、楽しめる仕事を見つけたい!」という方は、12問の質問だけであなたにぴったりな仕事を教えてくれるLINE適職診断を使うのがおすすめです。

自分の適職を見つけたい方は、ぜひお試しで診断してみてくださいね。

就活アドバイザー 京香

\ 140,000人以上が利用! /
お試しに適職を診断する
LINE適職診断

*就活の教科書公式LINEから受けられる!

 

適職⑤:クリエイティブな仕事

考えることが好きな人に向いている仕事の特徴5つ目は、クリエイティブな仕事であることです。

考えることが好きな人は、マニュアルに沿って働く仕事よりも自由度の高い作業をする仕事が向いていると言えるでしょう。

また自分の思考をもとに作品を作り上げたり、作業をおこなったりするクリエイティブな仕事においては持ち前の想像力を活かすことができるでしょう。

 

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

【適職】深く考えることが好きな人に向いている職業一覧

続いて、深く考えることが好きな人に向いている職業一覧を先程解説した5つの特徴に分けて紹介します。

深く考えることが好きな人に向いている職業一覧

専門知識が必要な仕事
弁護士、データサイエンティスト、コンサルタント、税理士

ノルマや納期などの制約が少ない仕事
ブロガー、アフィリエイト

論理的思考が必要な仕事
プログラマー、建築士、セキュリティアナリスト

1人で作業を進められる仕事
ハンドメイド販売、ライター、フリーランス

クリエイティブな仕事
システムエンジニア、WEBデザイナー、小説家、イラストレーター、ネイリスト

[/box]

 

                                                   

就活生におすすめの仕事一覧

「なりたい職業がない」「やりたいことがない」という就活生には、 おすすめの職業ランキング という記事がおすすめです。

以下の記事を読めば、就活生におすすめの仕事が分かり、あなたが行きたい企業をみつけられるので、ぜひ参考にしてください。

就活アドバイザー 京香

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

【注意】深く考えることが好きな人に向いていないかもしれない仕事の特徴

 

頭を使う仕事

就活生くん

考えることが好きだと、マイペースに進められる仕事や日々勉強や思考が必要だったりする仕事が向いているんですね!

逆に考えることが好きな人に向いていない仕事もあるのでしょうか?

確かに、自分に向いていないと思われる仕事はどんなものがあるのか気になりますよね。

今回は考えることが好きな人には向いていないかもしれない仕事の特徴をいくつかご紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 はるな

考えることが好きな人に向いていないかもしれない仕事の特徴
  • 特徴①:体力を使う仕事
  • 特徴②:人と競い合う仕事
  • 特徴③:複数のことを同時進行する仕事
  • 特徴④:単純作業が多い仕事
  • 特徴⑤:対人関係が重視される仕事

特徴①:体力を使う仕事

考えることが好きな人に向いていないかもしれない仕事の特徴1つ目は、体力を使う仕事です。

英国ケント大学で運動生理学を研究するSamuele Marcora教授の研究から、人間は頭を使って考えるときにエネルギーだけでなく体力も消耗しているということがわかっています。

つまり考えることにも体力は必要なのです。

参照:popular science

「就活の教科書」編集部 はるな

考えることが好きな人は考えることに体力を使いたいと思うために、体を動かす必要のある仕事や長時間立ち続けていなくてはならない仕事などは楽しく思えない可能性があります。

特徴②:人と競い合う仕事

考えることが好きな人に向いていないかもしれない仕事の特徴2つ目は、人と競い合う仕事です。

じっくり考えるためには精神的な安定が必要です。

しかし、人と競い合わなくてはならない仕事だと、他の人の仕事の成果が逐一気になったり不安や焦りを感じたりして落ち着くことができなくなってしまいます。

そのため考えることが好きな人にとっては、自分のペースで落ち着いて仕事が進められる環境を整えることが重要となりそうです。

特徴③:複数のことを同時進行する仕事

考えることが好きな人に向いていないかもしれない仕事の特徴3つ目は、複数のことを同時進行する仕事です。

考えることが好きな人は、何か一つのことに集中して取り組むことが得意な傾向にあります。

私は二つの物事を同時にしようとした結果、いつも自分の納得いくほどではない中途半端な形でどちらも終わってしまうんです。

就活生の皆さんも同じような経験があるのではないでしょうか?

「就活の教科書」編集部 はるな

また、複数の物事を同時に進める際にはまとまった思考がしずらくなり、「これについて考えたら次はあれについて考えなくては」と思考が忙しなくなってしまうので苦手と言う人もいるでしょう。

考えることが好きな人は一つに集中して取り組む方が、落ち着いて深く思考することができてより良いパフォーマンスが行えるでしょう。

特徴④:単純作業が多い仕事

考えることが好きな人に向いていないかもしれない仕事の特徴4つ目は、単純作業が多い仕事です。

マニュアル通りに作業を行う仕事は基本的にあまり思考を必要としません

しかし仕事中は間違えないように注意を払ったり、体を動かして仕事をしたりするために疲れてしまうことが考えられます。

そのため、深く思考する時間を思うように取ることができなかったり、仕事で自分の思考力を活かすことができなかったりして不満を感じてしまう可能性があります。

持ち前の思考力を活かすことや思考する時間とることを考えると、単純作業が多い仕事は向いていないと言うことができるでしょう。

特徴⑤:対人関係が重視される仕事

考えることが好きな人に向いていないかもしれない仕事の特徴5つ目は、対人関係が重視される仕事です。

考えることが好きな人は、落ち着いて自分のペースで考えながら仕事を進めたいと思っています。

しかし対人関係が重視されるような複数人が共同で行う仕事だと、作業ペースを他の人と合わせなくてはなりません

そのため、考えることが好きな人は自分のペースで思考を深めて作業を行うことができないことに難しさを感じることがあるでしょう。

また、対人関係が重視される仕事においては他の人に気を遣うことが求められます

他の人への配慮に頭を使わなくてはならず、仕事に集中して取り組むことができないと言う点も、考えることが好きな人にとっては難しさを感じる原因の一つとなるでしょう。

自分に合った仕事や職種はどうやって見つける?

「自分に合った仕事がわからない…」「自分の強みや適性がわからない」という方には、LINE適職診断を受けるのがおすすめです。

 

LINE適職診断は、たった12問の質問で16タイプの中からあなたにあった職業を診断してくれます。

また実際に利用した学生からは、「自分では気が付かなかったことに気付き、主観だけではない適している職種を見つけられたのでありがたいです。」などの口コミもいただいています。

適職を知った後には、あなたが何をすべきかのアドバイスを教えてくれるので、「自分の適性がわからない…」という人は、自己分析だけではなく、LINE適職診断を受けてみると良いですよ!

深く考える仕事に関するよくある質問3選

就活生ちゃん

考えることが好きな自分の性格に合った仕事の選び方がわかってきたような感じがします!

他に知っておくべきことはありますか?

では最後に考えることが好きな人の仕事に関して、よくある質問をいくつかご紹介しますね。

「就活の教科書」編集部 はるな

考える仕事に関するよくある質問3つ
  • 質問①:好きなことを仕事にしていいの?
  • 質問②:考える仕事で高収入な仕事は?
  • 質問③:考える仕事は、残業時間が長い?

質問①:好きなことを仕事にしていいの?

考える仕事に関するよくある質問1つ目は、「好きなことを仕事にしていいの?」です。

もちろんです!

好きなことを仕事にすることで一生懸命になれますし、世の中において仕事で成功している人は自分の仕事が好きな人が多いと思いますよ。

「就活の教科書」編集部 はるな

ただし、好きなことを仕事にしたことで

好きなことが強制的にしなくてはならないことになった

仕事でつらいことがあった

等の理由から、好きなことを好きと思えなくなってしまうことも考えられるので、覚悟が必要なことには注意が必要です。

しかし、好きなことを仕事にすることでつらい局面に立たされた時も「自分の仕事が好き」と言う気持ちが大きな力となってくれるでしょう。

質問②:考える仕事で高収入な仕事は?

考える仕事に関するよくある質問2つ目は、「考える仕事で高収入な仕事は?」です。

専門性が高かい仕事は希少性が高く高収入になる傾向にあります。

考えることが好きな人は頭を使って考える作業である勉強を苦に思わない傾向にあるため、勉強して専門資格を取ったり知識を増やしたりして、専門性の高い仕事に就くと高収入が期待できるでしょう。

◆考える仕事で高収入な仕事例

  • 弁護士
  • コンサルタント
  • 税理士
  • 研究者
  • システムエンジニア・プログラマー

質問③:考える仕事は、残業時間が長い?

考える仕事に関するよくある質問3つ目は、「考える仕事は、残業時間が長い?」です。

考える仕事にもさまざまな職種があり、様々な企業があります。

そのため、一口に残業が多いかどうかをお答えするのは大変難しく「職種や企業によって異なります

例えば、弁護士だと裁判所への提出書類の作成等の書面作成を行うときは、まとまった時間と集中力が必要となるため夜遅くまで仕事をするということも珍しくないようです。

専門性が高い仕事を行っている時は特に仕事をこなせる人が限られてしまうため、どうしても忙しい時期できてしまうのかもしれません。

「就活の教科書」編集部 はるな

とはいえ忙しさは職種や企業によって異なるので、仕事を選ぶ時は仕事環境や社員のライフスタイルなども考慮して選ぶことが大切です。

「人気の職業より自分に合った職に就きたい…」「自分の強みを知って就職活動したい」という方は適職診断をしてみるのがおすすめです。

その中で特におすすめなのはLINE適職診断で、すでに140,000人以上の就活生や転職者が利用しています。

適職がわからず悩んでいる方は、ぜひ適職診断ツールまとめを見て、自分に合ったものを探してみてください。

就活アドバイザー 京香

「LINE適職診断」なら12問の質問でおすすめの仕事と業界がわかる
  • LINEで簡単な質問に答えるだけ(診断時間は30秒!)
  • 16タイプの中からあなたにあった職業を診断
  • 適職を知った後、何をすべきかのアドバイス付き

まとめ:自分の性格に合った向いている仕事を探してみよう

いかがでしたか。

今回は考えることが好きな人の特徴や適した仕事についてご紹介させていただきました。

就活生の皆さんが自分に合った仕事を探すのに、この記事が少しでも役立ったなら幸いです。

また、自分に向いている仕事がわからないという方は、以下の記事を参考にして、適職を探してみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

また次の記事でお会いしましょう。

「就活の教科書」編集部 はるな

最後に今回の記事の内容を簡単にまとめておきます。

この記事のまとめ

◆【自己分析】考えることが好きな人って?特徴と調べ方

  • 特徴①:好奇心旺盛で何でも知りたいと思う
  • 特徴②:分析力がある
  • 特徴③:想像力がある
  • 性格の診断方法:無料性格診断テストを使う

◆【適職】考えることが好きな人に向いている仕事の特徴と職業一覧

  • 適職①:専門知識が必要な仕事
  • 適職②:ノルマや納期などの制約が少ない仕事
  • 適職③:論理的思考が必要な仕事
  • 適職④:1人で作業を進められる仕事
  • 適職⑤:クリエイティブな仕事

◆就活を効率よく進める方法

  • 方法:スカウトアプリを使って直接オファーを受け取る
  • 方法:就活のプロに内定までサポートしてもらう
  • 方法:就活力診断で自分の実力を把握する
  • 方法:プログラミング経験を活かしてITエンジニアとして就職する

◆【注意】考えることが好きな人に向いていないかもしれない仕事の特徴

  • 特徴①:体力を使う仕事
  • 特徴②:人と競い合う仕事
  • 特徴③:複数のことを同時進行する仕事
  • 特徴④:単純作業が多い仕事
  • 特徴⑤:対人関係が重視される仕事

◆考える仕事に関するよくある質問3選

  • 質問①:好きなことを仕事にしていいの?
  • 質問②:考える仕事で高収入な仕事は?
  • 質問③:考える仕事は、残業時間が長い?

◆まとめ:自分の性格に合った向いている仕事を探してみよう